週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実際に体験した事がある身近なSF

過去ログ
実際に体験した事がある身近なSF

1 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/05/31 01:00
こんな体験したことがあるけど、こりゃーまぎれもなくSFだぜ!!
っていう事を報告するスレッド。

---------------------------------------------------------

18 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/05/31 14:09
海上自衛官だった頃の話。
練習艦隊に配属され、世界一周の長期海上実習(遠洋航海)に行った時の事。
夜間にカリブ海を航行中、電波航法と衛星航法が両方狂いはじめ、正確な艦位が入らなくなった。

「もしや... 」と思い海図に線を引いてみたら、「魔の三角海域」の中だった。

なんだかもの凄く感動した。

23 :18 :02/05/31 15:00
あと、大平洋のど真ん中で直径3~4メートル、触手の長さが推定15~20メートルくらいの
巨大クラゲを見た時も、身体が震えた。
まさに「巨大生物」だったよ。
その時は海面が鏡のように静かで、海水の透明度も高かったので、はっきりと目撃できた。

あ、これはオカ板の話題かな...

---------------------------------------------------------

34 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/05/31 20:30
ロボットの暴走。
制御回路が破損して暴走。
プログラムどおりにしか動かない筈のものが、
勝手な動きをはじめたときにはかなり恐怖したよ。
パソコンのブラクラとかはしょせん画面だけのことだから
さほどでもないけど、立体物の暴走には神がかり的な迫力があるよ。
一瞬、意思を持ったように錯覚してしまう感じ。

---------------------------------------------------------

37 :田舎者 :02/05/31 22:22
また海ネタですまんけど、これはディックファンにおすすめ(w

春先になると釧路沖辺りすげー濃霧になることがあって
視界が50mも無いことがある。船の舳先も見えないし、
海面はベタ凪、見るものすべてガスで覆われ、静寂が支配する空間を
時折汽笛を鳴らしつつ船が進んで行く。

「この白い壁の向こうに、ほんとうにあの世界が存在するのだろうか?」
世界が閉じて行き、もはや時間も空間もこの船だけにしか無いように感じる。

ただ単にレーダー見ていないだけという罠

38 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/05/31 22:36
>>37
釧路帯広間の山間(地名までは失念した)で夜間尋常でない濃霧に遭遇する事がある。

車を走らせるのが躊躇われる(つか自分は徐行して休憩所で仮眠をとった)ほど。
車窓の外は真っ暗で室内灯に照らされた霧が灰色の固まりとして流れている。
ハインラインの短編を思い出した。(ジョナサン・ホーグ氏の不愉快な職業だったかな)

---------------------------------------------------------

111 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/06/30 17:24
ガキンチョのころ、ちょっと離れたところに大きな下水処理場が出来たんだが、
完成直前にひとりでその中に忍び込んだ。
圧倒的なコンクリートの壁、何処につながっているか想像もつかないトンネル、
そして何階もの鉄の階段を降りた最下層にスリーダイヤのついた巨大な機械を発見したとき。・・・・・
(三菱重工製だったんだろうねー)
その後、SF好きになって、話の中に巨大構築物が出てくると必ずその光景が甦る。
今は逆に現実の巨大建築や巨大プラントを見るとSFを感じてしまうが
その源流はあの日の下水処理場探検に有ったと思う。

---------------------------------------------------------

130 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/07/05 16:04
硫黄島に二週間、自衛隊の飯作りのバイトに行った体験はSFだった。軍用機や地下壕はもちろん、
切り立った海岸に座礁したと思われる大きな輸送船がサビサビで放ったらかしになっていたりして、
まさに「のこされ島」という感じ。米軍との合同演習だったので行きは米軍将校が乗る旅客機
だったが、帰りは何故か米兵と一緒に輸送機。エンジン音が凄いため支給された耳栓をして帰って来た。
これも「宇宙の戦士」という感じ。

---------------------------------------------------------

184 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/07/24 10:44
子供の頃、脳波に異常があったらしく、
病院で、頭に電極くっ付けて光などの刺激を与えて、脳波の検査をやった。
今では完治して後遺症などないが、人間の思考は電気信号であるのを実感した。
オールドSFの実験シーンやサイバーパンクを読むと、昔の体験を思い出す。

---------------------------------------------------------

204 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/07/25 17:51
昔加速器実験をした時にビームの発射スイッチを入れたら
いきなり安全装置が働き、原因を調べたらターゲットのそばに
人がまだ残っていました。

当たってもガンになる確率が上がるだけでしょうけど
さすがに中にいた人は真っ青になっていました。

発射スイッチは引金ではなくキーを回すタイプでしたが
トゥールハンマーとかの大出力砲はこうかも知れないと思いながら
実験をしていました。
後でビームを目で見る方法に気がついた時は残念でした。

206 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/07/25 21:32
>>204
加速器実験?
トリスタンとか?

207 :204 :02/07/26 04:17
>>206
加速器の名前を出すと誰がやったかばれてしまいそうなので
勘弁してください。
ビームは電子です。
実験は順調に言ったので最後のほうは趣味でやったりしましたが、
電気代は一日百万円...
最高エネルギーにしたら加速器が壊れたという話もあります。
知り合いのところでは連続照射しているとターゲットが真っ赤になって
冷却が大変だそうです。
逆にいうと武器のレベルにするのは相当大変ということで。

---------------------------------------------------------

215 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/07/30 23:40
昔長崎大学にいたとき、テスト明け休みに大学の研究室で端島?(通称 軍艦島)に行った。
昔炭坑があり、石炭が取り尽くされると無人島になったところで、狭い土地に団地の廃墟が
密集している。立ち入り禁止だったが入ってみると当時の雑誌や生活雑貨、おもちゃなどが
灰色の埃に混じって置き去りにされていた。それを触ろうとすると腐食が激しく、ぼろぼろ
落ちそうになった。

なんか、核戦争後の都市の廃墟を探索している気分だった。

(スマソ, ウマク カケナイ・・・。)

---------------------------------------------------------

288 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/08/18 11:58
とあるローカル線の鈍行に乗っていたとき。
ある駅で止まると、その小さなホームのベンチでは
おばあさんがアイスクリームを食べていた。
その右隣を見ると、おじいさんがアイスクリームを食べていた。
さらにその右隣にもおばあさんがいてアイスクリームを…
さらにその右隣にもおじいさんがいてアイスクリームを…
さらに…

結果的に、ホームのベンチの端から端までお年寄りが座っていて
皆一様にアイスクリームを食べていた。
SFだった。

---------------------------------------------------------

318 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/08/20 23:38
どっかの山へキャンプに行ったときに地熱発電所に遊びに行ったんだけど、
山奥の中から突如金属パイプが伸びているさまを見ると異様な光景に駆られる。
それまでずーっと深い森とボロっちい家とかしか見当たらないからそのギャップっと言ったらもう・・・

---------------------------------------------------------

344 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/08/29 15:37
 親指を含む5本の指が電動化されていて,
残存する前腕から検出した筋肉電流で制御される
義手の存在を知ったときには身震いがしましたです。

 最初にセンサーを装着してからパソコンに接続し,
画面上の指示に従って手の動きをイメージして
ユーザー固有の電気信号パターンをインストールするという
セットアップ方法。

 さらに買い取りなら約1000万円,リースなら月々20万円という
価格設定もSFでございました。

---------------------------------------------------------

349 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/08/30 10:06
生まれつき全盲のおじさんの脳に、カメラを繋いで物を見せる実験に感動した
…言うほど身近って感じじゃないけどさ

352 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/08/30 23:58
>349
うわ、もうそうな事出来るんだ。
でも、そのおじさんが見る景色は我々と同じなのか気になる……。

しっかし、何十年も四つの感覚だけで暮らしてきて、ある時突然視覚を持つって
どんな感じなんだろう。それまでの世界認識が足下から崩れ去る感じかなあ。

353 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/08/31 02:16
>>349
プラグ接続して電気信号送るっていう実験ならTVでみたなぁ・・・。
なんだっけ、点が三つ見えます。とかカラーパターンが見えますとか程度だったような。

354 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/08/31 10:52
.>>352-353
俺がみたヤツは、おじさんが部屋の中歩いてた
彼がみているのはこういう映像ですって紹介されたのは
解像度も低くてモノクロの画面だったけれども
テーブルや椅子をきちんと認識できる程度には映ってた

おじさんの目の前のカメラから伸びたケーブルの先が
頭蓋骨の中に入っている装着スタイルは確かにSFだった

---------------------------------------------------------

395 :AIRSHIP :02/09/12 20:38
ちょっと昔、JASDFでATCOをやってた時。 RAPCON勤務中(2030I
TIME頃)タワーから「320度12マイルに何か映ってないか?」と、ラインで質問
され。 スコープ上には何も見えず、CP懸けたりズームを懸けても何も無いので、
タワーに報告すると、「では、あれは何だと言う事になり、双眼鏡を持って休憩室の
窓から覗くと、何か分からない物が浮かんでるのが見えてました。 飛行隊の指揮所
やウエザーレーダーにTELして、見てもらっても肉眼では見えても、レーダー上で
は、何も無く。 近くのレーダーサイトからも確認してもらっても(3ヶ所)肉眼では
見えてもスコープ上には何も無い。 騒ぎは大きくなり、アラートハンガーからラン
ウエイ上にスクランブル機が待機し上がろうとした時。 肝心の物体が、消えて無く
なってしまい、フライトはキャンセル。 未だにあれが何だったかは謎のまま。
言っておきますが、仕事上、航空機や星等を見間違えたとは思えません。
これが、私が体験した最もSFな事件でした。

---------------------------------------------------------

491 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/09/21 00:58
子供の頃、周りは海に囲まれた田舎に住んでいた。
ある日の夕方、庭先で遊んでいると、空に赤とオレンジが混ざったような
球体の物体が飛んでいた。
呆然として眺めていると、今度はジャンボ旅客機に似たラインの透明で
光っている物体が上空に現れた。
恐ろしくなって家に入ろうとしたが体が硬直していた。
それからどのくらい時間が過ぎたのか、気が付くと自分が向いていた
方向と反対の方向を向いて立っていた。

今考えてもあれは一体何だったのか、想像すら出来ない・・・。

---------------------------------------------------------

537 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/09/25 09:42
俺なんかティッシュの空き箱を足に履いただけでSF気分だけどね。

538 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/09/25 11:47
>俺なんかティッシュの空き箱を足に履いただけでSF気分だけどね。

激しくわらた。あれなんだろーね、すごいワクワクすんだよね(w

540 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/09/25 22:25
サランラップの芯を背中に挿したり、家電の梱包にはいってる発泡スチロールを
体に装着したり、壊れた掃除機のホースを動力パイプ西足り、もちろん足にはティッシュ
の箱を履いたりと、身近にSF体感グッズは溢れかえっています。小物としては、
ムギ球や水中モーター、捨てられているテレビからもぎ取った基板のかけらなどがSFです。

541 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/09/26 01:44
小学生のときに聖闘士星矢の甲冑をティッシュの空箱と色紙で作ったのは
墓場まで持っていかねばならないひみつだ
驚くべきことに装着可能でちゃんと星座の形になった。

543 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/09/26 10:30
>>540
アルミ缶を靴に装着することでロボコップになれるSFを忘れてはいけない
ただズレないように90度の角度で踏まねばならないのと、
一体のロボコップを生産するのに2缶のアルミ缶を要するのがこの方法の難点だ
ちなみにスチール缶は敵だ
処分しろ

---------------------------------------------------------

565 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/09/29 01:36
裏山で「謎の部族ごっこ」をしていて
狩りに使う矢に塗る毒薬を作ろう、ということで
得体の知れん草やらフナの死体とか入れてツボに入れて熟成させたら
体に付いたらものすごい勢いでかぶれる液体ができてびびった。

---------------------------------------------------------

609 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/10/06 23:53
そういや、昔は半蔵門線の永田町駅が変に深すぎるってんで
地下に秘密の核シェルターがあるんだ! とか都市伝説になってましたな。
今じゃあアレくらいに深い駅はザラにありますが。南北線とか。

611 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/10/07 00:35
核はともかくシェルターには普通に使えそうだな。
WWIIの時のロンドンじゃ、あの程度の地下鉄駅でも公共シェルターとして使われてたし。

ところで、新宿新都心を夜霧・霧雨の中歩くと、ビルの10階から上くらいが、
全部霧の中に隠れて微かな光だけがぼんやり揺らめいている。
海底都市とか雲海都市とかゴジラ来襲とかそう言う雰囲気。
年に何回もないんだけど

---------------------------------------------------------

612 :もう25年ほど前だけど・・ :02/10/07 18:33
小学生の頃、札幌発秋田行きの東亜国内航空に乗っていると、
窓の外に東亜国内航空と同じ模様、しかし細長い楕円形の物体が
飛んでいるのを発見。

あ~新しい形の飛行機だ~と喜んだ、無邪気な小学生でありました・・・

---------------------------------------------------------

629 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/10/10 08:24
工場の自動搬送ロボットかな。
人間が通路に立ちふさがると、ちゃんと止まって
「進路を空けてください」とアナウンス。
よけると
「ありがとうございました」とアナウンスしながら去っていく。

あれが何台も走っているのはSFだなぁと思った。

---------------------------------------------------------

654 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/10/12 13:33
土木関係の技術者さんの談話。

 ( ´∀`)
 トンネル掘削技術は東京湾横断道路建設の頃に大きな進歩がありまして、
 同じような海底トンネルですと技術的な長さの限界は無くなりました。
 あとは予算次第ですね。

 ( ゚д゚)ポカーン
 げ、限界は無くなりましたって旦那……

完成後の維持や運用はともかくとして、やる気とお金さえあれば
どこまでだって穴は掘れるのだそうです。

工事中の液化天然ガス貯蔵施設や計画中のハイパーカミオカンデ
とかも、空間規模で見ればバブルの頃に発表されたジオフロント
の計画と大して変わらないんですよね。

ああやっぱり今は21世紀なんだよ。

---------------------------------------------------------

696 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/10/14 02:22
漏れがこないだ入院した病院で
地下の霊安室の前の自動ドアがガチガチにガムテで止めてあって
看護婦タンに「なんで?」って聞いたら
「ああ、なんか勝手に開いたり閉まったりするから止めてあるの」
って言われたのはSFじゃなくてホラーだと思った。

701 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/10/14 05:23
>>696
いや、自動ドアなんだからそりゃあ勝手に開くだろ。
おそらくセンサーが過敏なんだろ。
空気の流れとかに反応してるんじゃないか?

702 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/10/14 05:27
>>701

(´・ω・`)

705 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/10/14 07:06
自動ドアの誤動作ってよくあるよね。
地下の霊安室で起こるのはイヤだが・・・。

---------------------------------------------------------

935 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/11/06 00:54
何処の国かはすっかり忘れてしまいましたが、
ゴリラに手話を教えている学者が居ます。
で、彼女(確か女性)の教えている対象に”天才”が居て
何と、手話で彼女(ゴリラも確か雌だったはず)の両親が
密猟者に撃たれた時の思い出を、そのときの感情ともに
伝えたそうです。さらに驚くべき事に、彼女(ゴリラの方ね)
は自分の子供と配偶者に手話を教え始め、それに成功
したそうなのです。

もし、この技術 ”言葉” を野生のゴリラに教育できたら、

     ジャングル大帝 or 猿の惑星

・・・もしかしたら、我々はとんでもない時代に生きている
のかも知れません。

---------------------------------------------------------

975 :通りすがりの一般人 :02/11/10 16:21
大学時代に、エアガンを搭載したロボットを作る過程で、
エアガンのコントローラが破損、
弾倉が空になるまで撃ちまくりの暴走。

結論、自立した兵器は危険と心底思った。

---------------------------------------------------------
あとがき
なかなか良いとスレだと思った。
さらっと、オカ板で見そうなネタもあったりしてさ。

今のマイブーム食材はかぼちゃです。
毎日ちょこっと食べてる。
このちょこっとがミソ。
思う存分食べたら飽きてしまう。

---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://occult.blog62.fc2.com/tb.php/74-647b8199

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

 

>537を見て早速ティッシュの空き箱を履いてみた
うん、めっちゃ楽しかったw

  • 2006年06月26日 11:41
  • tete #-
  • URL
  • [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2006年06月26日 12:19
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。