週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【イカ】人喰いイカの恐怖【臭い】&不死人の伝説

今日は二つ
【イカ】人喰いイカの恐怖【臭い】

1 :本当にあった怖い名無し :2006/05/16(火) 22:15:37 ID:Ca+qY8Wb0
ビクッ!

---------------------------------------------------------

18 :本当にあった怖い名無し :2006/05/17(水) 19:48:17 ID:J7sWnIZmO
大王イカって体長何メートルぐらいあるんだっけ

21 :本当にあった怖い名無し :2006/05/17(水) 20:40:05 ID:hGntcuGLO
大王イカは16mくらいじゃないのかな?
でも記録によると、引き上げたマッコウ鯨の吸盤のあとから計算して30m級のやつもいるらしいよ。

22 :深い意味は無い :2006/05/17(水) 20:50:04 ID:EQZJGK430
問題はダイオウイカが人間を襲うかだな
3mのミズダコの口の中から長い髪の毛が出てきた
とかいう怖い話を小学生の頃よく聞いたがイカの話はあんまり聞かなかった

24 :本当にあった怖い名無し :2006/05/18(木) 00:12:19 ID:ixH35LZLO
>>22
以前テレビで、ダイオウイカは案外おとなしいって聞いた気ガス

26 :深い意味は無い :2006/05/18(木) 17:57:24 ID:i4yQcZwp0
>>24
あれ、そうか?NHKで見た時は
積極的に餌に向かっていくって言ってたような気がする。
餌のついた釣り針を自分の腕が引きちぎるほど引っ張ったとか・・・・

まあおとなしいなら人は襲わないか。
そもそも人間は日常的に深海には行かないからな。

となると、ここでの人喰いイカはダイオウイカでは無いのか

34 :本当にあった怖い名無し :2006/05/20(土) 07:54:55 ID:GCHetxrc0
>>22
たこは水死体を食べるっていうよね。
たこが大量にとれる時は、水死体が海底や近くにあったって話、聞いた

36 :本当にあった怖い名無し :2006/05/20(土) 08:12:33 ID:AuChsz0GO
>>34
タコの共食い、ってことわざもあるくらいだしね
(あまりにお腹がへると自らの足さえ食べてしまうことから)
ようするに、何でも食べちゃうってことかね?
ん~、あんまり考えすぎるとタコ焼き食えなくなってくるな…

---------------------------------------------------------

147 :本当にあった怖い名無し :2006/06/08(木) 08:10:37 ID:Qp+0cqpOO
特命リサ-チ200Xネタ。戦時中の大西洋でボ-トで漂流した船員たちの話
海面が光ったと同時にひとりが海に消えた。
次に海に引きずりこまれそうになつた人を助けたところ
その人の体にデカいイカの吸盤キズがあつたと
イギリスに医者の診断カルテがある内容。

---------------------------------------------------------

161 :本当にあった怖い名無し :2006/06/09(金) 15:09:13 ID:3nCoZ9mfO
学研ム-によると、記録にある最大級は27メ-トル(死体)だと紹介あり。

---------------------------------------------------------

166 :本当にあった怖い名無し :2006/06/09(金) 20:33:43 ID:9mdcu6COO
旅行で、沖縄の美ら海水族館に行ったら、10メートルの巨大なイカの死体を展示していたよ。

なんでも、沖縄の海浜で打ち上げられてる巨大イカを、釣り人が発見したみたい。

しかも数時間の間生きてたらしいです!

---------------------------------------------------------

167 :本当にあった怖い名無し :2006/06/09(金) 20:58:05 ID:3nCoZ9mfO
NHKの未知生物番組(司会は米米クラブの石井)では、
クジラの死体に小型車のタイヤくらいの
吸盤跡が発見されたと言ってた。

---------------------------------------------------------

173 :本当にあった怖い名無し :2006/06/10(土) 11:15:41 ID:l8F+1NdvO
 ̄|~~~~~~~~~~~~
::::::|
::::::|          __
::::::|8848m    ヽl ノ ヽ l ヽノー―
::::::|//ヽ     ヽ ー|―  ヽ _/エ/_
::::::|/ Y \    //|\  / /エ/
::::::| |  ::::ヽ          __  __
::::::|/ \ ノ^\        ___  __    ̄ ̄|  ―|―,  ̄ ̄|
::::::|      \  3773m   |       |    /   |  |   /、
::::::|:::::: :: :.      _ _     ノ      ノ    ノ   /  /  /  \
::::::|        //^ヽ\
::::::|[チョモランマ]/~~~ \   マリアナ海溝
::::::|     /  [富士山 ]  \   10920m
::::::L                     ↓
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
---------------------------------------------------------

181 :本当にあった怖い名無し :2006/06/11(日) 23:02:55 ID:/2gKzozr0
数年に一度、日本でも巨大ダコに食われて人が死んでいるらしいね。
確か、水ダコ。

182 :本当にあった怖い名無し :2006/06/11(日) 23:08:58 ID:tFdsxg1BO
>>181
ソースきぼん

184 :本当にあった怖い名無し :2006/06/12(月) 00:22:14 ID:e45mZtUd0
>>182
俺は>>181じゃないけど、俺の地元でも何年かに1度はそういう話を聞く。
タコに抱かれた、って表現してる。
アワビやサザエなんかを取りに素潜りしててタコに絡まれておぼれた人をそう呼ぶ。

---------------------------------------------------------

189 :本当にあった怖い名無し :2006/06/12(月) 22:55:27 ID:Xrr+TIW+O
学研の本「世界UMA事件ファイル」の
244ペ-ジに「ルスカ」という体が半分タコで半分竜の怪獣の記事あり。
バハマ諸島の周辺海域の洞窟に居るらしい。

191 :本当にあった怖い名無し :2006/06/12(月) 23:12:24 ID:Xrr+TIW+O
バハマ諸島の漁師の証言によると
釣り糸を切断して漁の邪魔をする
超巨大タコなら目撃したらしい。

---------------------------------------------------------

不死人の伝説

1 :本当にあった怖い名無し :2006/06/03(土) 15:36:47 ID:MSFSlUGs0
 八百比丘尼、サンジェルマン伯爵、漫画、映画のキャラクター等
 幅広く 不老不死の伝説を語る。(吸血鬼ネタはあれるのでひかえめに)

---------------------------------------------------------

5 :本当にあった怖い名無し :2006/06/03(土) 15:56:00 ID:07Su115P0
不死人の伝説で一番古いのって誰?やっぱ旧約聖書の人?
名前わすれちゃったけど。「長寿」ならメトセラかな?

---------------------------------------------------------

10 :本当にあった怖い名無し :2006/06/03(土) 16:14:07 ID:07Su115P0
さまよえるオランダ人、もしかしたら徐福、ロンギヌス、サンタクロース
シャンバラの賢人、中国のいろんな仙人…まんがとか抜きだとあんまり
思いつかないです。

11 :本当にあった怖い名無し :2006/06/03(土) 16:23:53 ID:07Su115P0
あ、国産がいました。竹内宿称。たしか何代もの大王に仕えたはず。
お札になってたし、諸星大二郎のまんがにも確か出てきました。

17 :本当にあった怖い名無し :2006/06/03(土) 16:39:59 ID:07Su115P0
(略)
いえ、フライング・ダッチマンです!最後の審判の日までずっと
船に乗ってさまよい続けるって人達。キリスト教って不死のバチ当てるの
ホント好きですよね。

---------------------------------------------------------

15 :本当にあった怖い名無し :2006/06/03(土) 16:33:44 ID:/xkjktJM0
常陸坊海尊を忘れたらいかん。

16 :本当にあった怖い名無し :2006/06/03(土) 16:36:13 ID:07Su115P0
>>15
実在と伝説のはざまにいる方でしたっけ?義経のお話の方ですよね?

18 :本当にあった怖い名無し :2006/06/03(土) 16:43:48 ID:07Su115P0
>>15
日本史弱いんですが、常陸坊海尊ってどうして長命だったんですか?
あと、明智光秀が実は生き延びて長生きしたお話なんかも、もしご存知
でしたら教えてください。

19 :本当にあった怖い名無し :2006/06/03(土) 18:31:27 ID:/xkjktJM0
>>18
海尊はまさに実在と伝説のはざまにいる人物ですねー。
正史には名が出て来ないけど、歴史物語には語られる義経の家来。
「義経記」では義経最期の時に敵前逃亡したと記されています。
で、その後富士山で飴のようなものを食べて不死を得た。
もしくは、衣川で老人に会い赤魚を貰って食べ不死となった。
あるいはまた、人羹(にんかん)魚の肉を食って・・・とまあ、不死の原因は諸説あります。
この人の伝説は様々な地方に伝わっており、中でも天正時代に会津に実在したと言われる
残夢という禅僧は海尊その人本人の実物大の本物だったとか。

ちなみにもう一人、海尊と共に逃げたと言われる清悦という人物も、
山伏に勧められて人魚の肉を食べたため四百年生きたといいます。
伊達政宗にも何度か呼ばれて、源平合戦のことを生々しく証言したそうです。

20 :本当にあった怖い名無し :2006/06/03(土) 18:33:04 ID:/xkjktJM0
>>18
光秀は山崎の合戦を生き延び、名を変えて
家康のブレーン・天海大僧正として後半生を生きたという説があります。
天海は前半生が謎に包まれているので、この話が成り立つ余地があるわけです。
(天海は108歳まで生き天寿をまっとうしたれっきとした歴史上の人物)

この手の話としてはさっきの義経自身、落ち延びて北海道経由で中国に渡り、
彼の地でジンギスカンになったという説が有名ですね。
また、真田幸村、豊臣秀頼、石田三成、大塩平八郎、西郷隆盛他の
豪華メンバーにも生存説アリです。

21 :本当にあった怖い名無し :2006/06/03(土) 19:51:18 ID:07Su115P0
>>19
富士山で…というのは、かぐや姫のお話とつながってるんでしょうか?
あるいは、富士山という山は「不死」をもたらす場所だと信じられて
いた時代があったのでしょうか?人魚の肉、不思議な老人…他にも
不老不死の方法が色々伝わってるんですね?ちょっとググって
調べてきます。面白そうですね。

…清悦さんですか。はじめて知りました。日本にも不死人は思ったより
いそうでうれしいです。

40 :本当にあった怖い名無し :2006/06/03(土) 21:40:54 ID:/xkjktJM0
>>21
海尊の伝説がかぐや姫と繋がるかどうかはちと不勉強なもんで分かんないわ。
富士山がかぐや姫関連で不死山→富士山と命名されたという説話は確かにあるわけだけど。
また徐福が不老不死の薬を求めて辿り着いたのが富士山という話もあるね。
富士山の霞を吸って育つコケモモが不老不死の秘薬。
まあ、富士山の名の由来に定説は無いので・・・。

で、富士山で海尊が不死となった経緯を文献からそのまま抜き出すと、
『本朝故事因縁集』(海尊より随分後の時代の書)に、
「海尊遁げ去りて富士山に入る、食物無し、石の上に飴の如き物多し、
之を取りて食してより又飢うること無く、三百年の久しき木の葉を衣として住む。
近代信濃の深山に岩窟あり、之に遊びて年末だ老いず」とあるわけです。

あと海尊は仙人になったとか天狗になったとかいう話もありますね。
恐山に住むのが常陸坊海尊天狗。常陸国の大杉大明神も彼という説アリ。

って、細かく書いてるとすげー長文になっちまうw
とにかく伝説は雑多なヴァージョンが各地にある上、別の話と混ざったりするからややこしい。
海尊=清悦のケースもあるし、また、八百比丘尼の説話も密接に関係ある。
八百比丘尼も一筋縄ではいかないけど、3人に共通するのは
源平合戦を実見し、それを後世に語り継いだという点。多分、ここ大事w

---------------------------------------------------------

53 :本当にあった怖い名無し :2006/06/03(土) 23:44:34 ID:07Su115P0
「永遠の傭兵」って小説があるんですけど。表紙がビキニパンツの男が
へんなポーズしてる絵で、かなり損してます。

「キリストのバチで死ねなくなりました」系なお話。たまたま処刑する番に
当たったばっかりに、不老不死にされちゃうローマ兵士カスカが主人公。
えんえん行き続けて、戦場から戦場へのくりかえし。どんなんなっても
生き返る。キリストって…。古本屋さんにあったらどうぞ。おすすめです。

56 :本当にあった怖い名無し :2006/06/04(日) 07:16:57 ID:1EHbrCe50
>>53
伝説ではキリストの死を確認するために脇腹に槍を刺したロンギヌスは
滴ってきた血を浴びて眼病が治り、後に聖者にまでなったのに・・・・・・。
不公平なハナシですねwww

57 :本当にあった怖い名無し :2006/06/04(日) 08:11:12 ID:lgi/Jug40
>>56
■「永遠の傭兵」バリー・サドラー著 創元推理文庫■でございました。
全然説明不足でしたね。でも、ぜひ。とにかく痛そうな目に会い続ける主人公
カスカがすご~く可哀そうなお話です。なんでもペーパーバックのシリーズ物
なのだそうですが、日本では1冊目のみ翻訳されました。シリーズということは
さらに輪をかけてヒドイ目に会い続けるっていうことで…。なんか、カワイソウ…。
イエス様はけっこうむごいお方なのですね…。

---------------------------------------------------------

55 :本当にあった怖い名無し :2006/06/04(日) 07:05:32 ID:1EHbrCe50
怨霊化した歴史上の人物はいっぱいいますね。
生存伝説の人物よりはるかに多いでしょう。
特に天皇家を中心にした権力闘争の犠牲者。

大国主命を怨霊とする伝説はおそらくないような気がしますが、そう解釈する説はありますね。
で、菅原道真、平将門はもちろんで、蘇我入鹿、聖徳太子、大津皇子、長屋王、崇徳上皇、淳仁天皇、、
桓武天皇に長岡京遷都をさせた井上内親王と平安京遷都をさせた早良親王、伴大納言、藤原広嗣、
平家一門、藤原三代、楠木正成、後醍醐天皇、そして源義経や西郷隆盛にも怨霊伝説はあるわけで。
キリがないのでやめますが、日本史の教科書に出てくるそうそうたる顔ぶれが怨霊になってます。

生存伝説には民衆の愛惜・同情・現実への反発なんかが底にあり、
怨霊伝説には生き残った者・勝ち残った者の後ろめたさや罪悪感が底にある。
ってのが、何のひねりもないけど普通の解釈ですかね。

69 :本当にあった怖い名無し :2006/06/08(木) 06:58:23 ID:FdVQUrePO
〉55
私はまだ確認はしたこと無いのですが、
出雲だかどこかの地方では主権委譲民話伝承が逆だという話を聞いた事があります。
なんでも、大国主尊は騙されたというような伝承であり、
その地方では大黒像(大国主尊の一形と言われます)や大国主尊像が、髪が天を衝く憤怒像だとか。
まさに怒髪天を衝くといった姿であり、これこそが荒御魂説の裏付けとなっているらしいですが。。。

まあ、確認はしたこと無いので、何とも言えないのですがね。

70 :本当にあった怖い名無し :2006/06/08(木) 15:08:24 ID:qTdDUP1w0
荒神=国津神説は私も本当だと思う。
国譲りったってそんなにすんなり行ったとは思えない。
書いてないゴタゴタが山ほどあるはず。
だって国だよ?そんなあっさり。。。
まぁ、奪われたってのが本当のとこだと思うな。
んで、恨んで逃げて荒神呼ばわり。
そりゃ怨霊にもなるわい。

---------------------------------------------------------

63 :本当にあった怖い名無し :2006/06/06(火) 02:53:00 ID:Xf74YKmn0
おすすめ小説なら。
「過去を繋ぐ男」ウォーレン・マーフィー&モリー・コクラン作 二見書房。

最近話題の「聖杯」がらみの話。でもイスラム教徒の人は読まないほうがいい。
十字軍を蹴散らしたイスラムの英雄サラディンが悪役になってるから。聖杯の
力で不老不死になって、現代にいたるまで悪事の限りを尽くしまくり…。

主役はシカゴの少年、アーサー。聖杯を拾ったことから、とんでもない冒険に
まきこまれていく・・・。名前でバレるが、アーサー王伝説をモチーフにしてます。
壮大な時空をかけるアクション&サスペンス&ファンタジーの傑作!

この本も表紙で損してる。地味すぎて。

---------------------------------------------------------

64 :本当にあった怖い名無し :2006/06/07(水) 07:52:04 ID:KpbkuZ6/0
不死人といっても、ピンキリだと思うんだが。

①何をしても絶対死なない!エネルギー供給されなくてもOK、超人的パワーを
 持ってる。(仙人、レスタト級)

② ①とほぼ同じだが、弱点があり殺す方法もある。(首ちょんぎるとか。人魚の森級)

③不老不死だが、エネルギ-(ごはん、血など)供給の必要あり。超人的な
 パワーを持ち老化もしないが、うっかり事故なんかにあうと、普通に死ぬ。(ポーの一族級?)

④ものすごく長寿だが、それ以外は人間と変わらない。(百万年の船級)

⑤人間らしい感情ゼロ。誰かに操られている。超人的だが、自由は無し(キョンシー級)

⑥思考力ゼロ。人肉を求める本能のみで動く生きる屍。(ナイト・オブ・ザ・リビングデッド級)

・・・①は死にたい時死ねない。④は身分をごまかすのが大変。②か③あたりが
無難かと。どっちにせよ、仲間がいないとつらそうだ…。⑤、⑥はつらすぎるからパス。

---------------------------------------------------------

65 :本当にあった怖い名無し :2006/06/07(水) 16:51:33 ID:CUFm0ZdmO
中学ん時の国語教師が「富士山の由来は帝の命令でたくさんの兵士が行ったからであって、
不死ではなく富士(たくさんのつわもの)」って言ってたの思い出した。

68 :本当にあった怖い名無し :2006/06/08(木) 06:47:29 ID:FdVQUrePO
富士山は両方の意が、竹取り物語で語られます。
月に去ったカグヤ姫から、帝が不死になる薬を去る直前にお礼としてもらうと言う話から。
帝は去ったカグヤ姫を嘆き、多くの士(富士説)と共に国で最も天に近い山に登ります。
そして山の頂にて、カグヤを懐かしみながら、不死の薬を焼くのです(不死=富士説)。
焼くのは、うる覚えですが、カグヤに対しての気持ちから来た行為
(薬はいらないから、帰ってきてほしいという意)だったと思います。
これは焼く際に出た煙が、
恐らく現在は休火山である富士が活火山だった際に上げていた噴煙を表していると言われています。
また、此花姫尊は岩長姫尊の妹であり、姉と共に寿命の神となります。

---------------------------------------------------------

90 :本当にあった怖い名無し :2006/06/12(月) 19:53:57 ID:FDWoNw5xO
macabreの踊り見ると不死になれるんだよな。
誰か知ってる?

91 :本当にあった怖い名無し :2006/06/12(月) 20:09:06 ID:8hUzAqQa0
>>90
詳細を希望。

92 :本当にあった怖い名無し :2006/06/12(月) 20:14:50 ID:FDWoNw5xO
>>91
ぺストの時に死体の山の上で踊ったとかいう逸話があった、
正体は死神とか吸血鬼とか言われてるが詳しい事は何ひとつわかってない。
macabre(マカーブル)の踊りを見ると、疫病にかかって死ぬ

んでその後吸血鬼の成り損ないみたいな中途半端な不死人になるとか

95 :本当にあった怖い名無し :2006/06/12(月) 20:28:50 ID:9FpCsTTa0
>>92
それって何かの創作物のネタなのかなあ??
そういう話広まってるみたいだけど、
本来のダンス・マカーブルはそういうものとは全然違うはずなんだよなあ・・・。

97 :本当にあった怖い名無し :2006/06/12(月) 20:40:55 ID:FDWoNw5xO
>>95

本来のダンス・マカーブルって何

98 :本当にあった怖い名無し :2006/06/12(月) 20:42:45 ID:8hUzAqQa0
舞踏病=死人の周りをぐるぐる回る、西洋踊念仏。人間の集団ヒステリー?

ダンス・マカーブル=死神?妖怪?悪魔?…必殺技は「死の舞踏」。こんなかんじ?

中途半端な不死人…。ゾンビみたいだったらいやだ…。弱い吸血鬼
レベルだったらいいかも。眺めるだけで不死!お手軽でいい。

101 :本当にあった怖い名無し :2006/06/12(月) 21:10:38 ID:9FpCsTTa0
>>97
大雑把に言うと・・・

14世紀ヨーロッパでペスト蔓延。
   ↓
その恐怖からの逃避で集団で踊り狂うのが流行る。
「民衆の不安心理が、教会によって抑圧されていた舞踏への衝動を 爆発させた」
幕末の「ええじゃないか」みたいなもんか?w
   ↓
やがてそれが疫病祓いの踊りとなる。
   ↓
後に「死」は人の身分・職業に関わり無く平等に訪れるというイメージとなり、
音楽や美術や文学のテーマに度々取り上げられるようになる。
骸骨(死)と人が一緒に踊ってる図像はよく見かける。


てわけで、悪魔や妖怪の名前ではないはずなのよ。

102 :本当にあった怖い名無し :2006/06/12(月) 21:19:13 ID:9FpCsTTa0
舞踏病と言えばタランチュラをどっかで捕獲したとかニュースでやってたな・・・。
タランチュラの毒で舞踏病になるとか昔は言われてたけど全然ウソ。
舞踏病は実際にある病気よ。
昔の舞踏病と今の舞踏病が同じものかどうか知らんが。

---------------------------------------------------------

80 :本当にあった怖い名無し :2006/06/10(土) 16:09:53 ID:o1gQ2B5K0
そろそろサンジェルマン伯爵とかローゼンクロイツさん、現われてもいい
頃?「また帰ってくる」とか言い残したはず。

105 :深い意味は無い :2006/06/12(月) 21:38:49 ID:ABrblCVD0
ナポレオンとサンジェルマンってどんな関係だったの?

106 :本当にあった怖い名無し :2006/06/12(月) 22:38:37 ID:8hUzAqQa0
>>105
確かナポレオンは「謎の赤い服の男」に何度かアドバイスうけたことが
あって、皇帝になってからサンジェルマン伯爵の捜索をさせてたんじゃ
なかったかな?みつかったのかどうかは不明ですが…ウロオボエスミマセン…。

109 :深い意味は無い :2006/06/12(月) 23:24:47 ID:ABrblCVD0
>>106
俺が聞いたのは、その赤服の人がサンジェルマン説って奴だった
最後にナポレオンが「アンタの天下もう終っから!じゃ!」
みたいな事を丁寧に言われて、その後本当になった
みたいな奴だった

つうかサンジェルマンって墓あったよな?

110 :本当にあった怖い名無し :2006/06/12(月) 23:51:04 ID:8hUzAqQa0
>>109
「あの赤い服の男、有名なサンジェルマンか!?」ってあとで気がついて
捜索させたんでしょうか?最初からわかってたのか?う~ん…。

サンジェルマン伯爵、ドイツで亡くなって埋葬された後も、目撃情報多数…。
墓の場所わかるなら、ちょっと中確認してみたいですね。

それにしても、マリー・アントワネットとか、ナポレオンとか、全然アドバイス
きいてませんね。…「アンタの天下もう終っから!じゃ!」…なんかイヤな
予言してくだけなのか? この人。

111 :深い意味は無い :2006/06/13(火) 00:02:27 ID:ABrblCVD0
何か色んな国のスパイしてたみたいだし
いい報告は余り残してないだろうなw

個人的にはサンジェルマンは不死人であって
さらにタイムトラベラーな気もする

---------------------------------------------------------
あとがき
昨日は本題を書き忘れて、~が出来るまでみたいなコメントになってしもた。
結局何が言いたかったかというと、
「あなたたちが最近一番笑ったスレorレスを教えてください。
 俺の生活に笑いをください」
ってことね。
クスッってのはちょこちょこあるけど、ゲラゲラってのがあんまりないから。

文字はもうちょっと待って。
設定変更とかはまとめてやりたいので、時間があるときにする。

---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://occult.blog62.fc2.com/tb.php/64-ce454788

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2006年06月14日 04:10
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。