週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オマエラ夜一人で山に行ったことあるか?Part2

オマエラ夜一人で山に行ったことあるか?Part2

1 :本当にあった怖い名無し :2006/05/10(水) 13:16:47 ID:r7TEe2A00
前スレ オマエラ夜一人で山に行ったことあるか?
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1140528931/l50


夜の山に行ったことのある人、行ってみたい人、色々語ってくれ。

---------------------------------------------------------

11 :本当にあった怖い名無し :2006/05/10(水) 20:57:14 ID:euQkuoiR0
山の中で
一人用のテント張って
寝てました。
なんか幽霊らしいもんが
ざわざわいたように感じたのですが
歩きつかれてしんどかったんで
テント張ったらおかまいなしに
眠りにつきました。
しかし、夜中どうも周りの雰囲気
我おかしいので
九字をめちゃくちゃに切りつけて
ねました。まあまあ眠れました。
次の日山からくだり
里に行、行き着き
農家のお宅で一晩
とめてもらいました。
そこの石鎚行者さんのご主人いわく
「幽霊もいきとる。
むやみに傷つけてはいけない」
と諭されました。
ごめりんこ幽霊さん。

---------------------------------------------------------

14 :本当にあった怖い名無し :2006/05/10(水) 22:33:01 ID:VsIPRlTZ0
俺の実家では未だに土葬なんだが、墓地が山のてっぺんにあったりする。
なぜ、わざわざ山のてっぺんにと思うのだが、昔からの決まりらしい。

51 :本当にあった怖い名無し :2006/05/15(月) 12:37:04 ID:HDyj/2QzO
>>14
土葬なの?
法律で火葬じゃなきゃダメじゃなかったっけ?

55 :本当にあった怖い名無し :2006/05/15(月) 13:57:32 ID:kEeG3+Jp0
>>51
調べたら東京とか都市部の条例で土葬禁止してるだけ見たい。
法律的にはOK
けど火葬の割り合が98%らしいんで、やっぱ土葬は珍しい。

---------------------------------------------------------

15 :本当にあった怖い名無し :2006/05/10(水) 23:42:00 ID:hIL7zilc0
俺んちの隣に墓石あるぜい。
ちょっと小高くなってて、江戸時代からの一里塚だったとのこと。
たま~に、

---------------------------------------------------------

35 :本当にあった怖い名無し :2006/05/14(日) 02:18:31 ID:0bl+J5GWO
く、くま…こわいよくま…

それにつけても昔の山はもっと怖かったんだろうなー
熊だの狼だの山賊だの山姥だのうわばみだの…

ハゲ山の一夜とかいう曲名もなんか怖いし山こわ!

36 :本当にあった怖い名無し :2006/05/14(日) 06:31:25 ID:JjQNZxpC0
>>35
日本狼ならまだ存在する
http://yomeuri.exblog.jp/1071461/

39 :本当にあった怖い名無し :2006/05/14(日) 20:15:34 ID:dErbCQIn0
ニホンオオカミは存在するのか
http://hw001.gate01.com/kensugi/f200037.htm

---------------------------------------------------------

43 :本当にあった怖い名無し :2006/05/14(日) 23:02:38 ID:oF5tXkfn0
楽器の練習用に山奥にある親戚の小屋を借りて時々使ってるんだけど、
正直練習になりません。
ギターアンプから変な音がします。
ドアを誰かがノックしました。
代えたばかりの電球が明滅します。
窓の外を誰かが歩いている気がします。

昼間行ってもまだ怖え。

44 :本当にあった怖い名無し :2006/05/14(日) 23:19:17 ID:13JcH2TD0
きっと住民が迷惑してるんだよw

---------------------------------------------------------

56 :本当にあった怖い名無し :2006/05/15(月) 17:11:22 ID:SybXvAGHO
昨日、夜中用事あってバイクで山越えしてきた。
真っ暗だし、全然車とすれちがわなくて、言いようのない恐怖に襲われた。
もちろん怖くてミラー見れなかった…orz
ヘタレかもしれんが夜中のバイクでの山越えは止めようと決心しました。
あんな中に一人で一晩は…無理!

60 :本当にあった怖い名無し :2006/05/15(月) 20:39:02 ID:PIhPo3H90
>>56
一昨年の秋、夜間、夜中、バイクで長野県の峠越えをした
てっぺんまで行く前にガソリンがリザーブ状態
で、下りはエンジン切ってライトも消して引力で
対向車も後続車もなし  ナンの物音もしない
照明は月灯り、だけ
しーーーーーーん ・ ・ ・ ・
静かぁ ・ ・ ・ ・ ・
すんげー怖かった

---------------------------------------------------------

74 :本当にあった怖い名無し :2006/05/17(水) 02:27:26 ID:Y458+7aw0
長野で思い出した。
昔ドライバーをやってたころ、
レンタカーを回送してて長野の山間の町を通った。
あれは春先か秋も深まってたかどっちか(息が白い季節)
もう午前1時近い真夜中で、寒くて雨が降ってて、
外灯もないような田舎町だったのだが、
ふと見ると浴衣姿の子供が歩いてる。
よく見ると何人も歩いてる。
祭の後とかにしては時間的におかしすぎるし、
大人もいなかったように思う。
あれは一体なんだったのだろう。

・・・山の話じゃないか?

---------------------------------------------------------

88 :本当にあった怖い名無し :2006/05/19(金) 03:51:34 ID:tZe6HypfO
ツーリングで伊豆走ってた時に山中で野宿した事あるけど、起きてる時って怖いね…

テントで寝てたけど、外でガサって鳴った時はガクブル状態だったし、携帯は圏外だったから心細いし、
持ってた本はフライデーと心霊物の怖い本(コンビニで売ってる380円ぐらいの)だけだったしさ

89 :本当にあった怖い名無し :2006/05/19(金) 03:57:57 ID:D0KneG7v0
山で野宿しようと言う時に、何故心霊本なんか・・・(;´Д`)

93 :本当にあった怖い名無し :2006/05/19(金) 19:15:33 ID:GGtt8rNt0
深夜の山で懐中電灯を手にし、一人読む心霊本の味は格別。

---------------------------------------------------------

108 :本当にあった怖い名無し :2006/05/22(月) 08:17:08 ID:jq1kSO4l0
日本三大、夜の山で出会いたくない人々
①座布団を抱えて走り回る山田隆夫
②霊に脅えて震える亀田兄弟
③何者かに土下座している細木数子

110 :本当にあった怖い名無し :2006/05/22(月) 14:03:08 ID:mQTogWCl0
山に迷い込んで出てみたらそこはチャーザー村だった。

---------------------------------------------------------

112 :本当にあった怖い名無し :2006/05/23(火) 08:21:16 ID:1M0tRM250
山ではないんだが近所に森林公園があってな。
結構な小川が中を走ってて夏には蛍も飛ぶんだよ。
ここを見て、その森林公園で夜を明かしてみようと思った。
でも小川の側でしばらくぼんやりしてたけど
キェキェキェーーーとかケーッとか鳥は鳴くし
時々、ドボン… とかドボンッ!とか水音がするし
灯りないし灯りないし灯りないし、30分で逃げ帰った。

113 :本当にあった怖い名無し :2006/05/23(火) 11:13:16 ID:pWyRovQx0
>>112
山の暗闇は圧迫感があるよな。
俺は、怖いというよりすごくダークな重苦しい気分になる。
ポジティヴ思考が出来なくなって、何もかも嫌になって、死にたくなってしまう。
だからもう夜の山には行かない。

114 :本当にあった怖い名無し :2006/05/23(火) 11:36:08 ID:ELkYMk+L0
水の音は特に怖いね。
人間水がないと生きていけんけど、水であっさりしぬからなー
そういうのを喚起されてしまうんだろうか。

141 :本当にあった怖い名無し :2006/05/26(金) 22:53:33 ID:Ccfrz36bO
>>112-114
ってか、山とか森あるいは川原で夜をあかす時は空ながめながらボーっとするのが良いんだよ。
空も空気も綺麗で、無心になって力がみなぎってくる感じがする。
瞑想したり座禅やるのも楽しいね。
火を焚いて、お香なんかやったら最高。

---------------------------------------------------------

118 :本当にあった怖い名無し :2006/05/23(火) 22:29:08 ID:eAeQX+6e0
山伏は三日三晩一人で山奥に篭り修行するんだよね?前にTVでやってたよ。
その様子をカメラで撮影してたけど、被写体の山伏が何か気配を感じてビクッ
てしてて恐そうだた

---------------------------------------------------------

124 :本当にあった怖い名無し :2006/05/24(水) 07:54:05 ID:plvMNmvHO
山っていうほど山じゃないし、朝の4時くらいまでだったんだけど。
夜間工事で通行止めしてたんだ。人なんか要らなくね?って感じの現場で。
工事してるのは奥の方。
車の通りもほとんどなくて、暗闇の中でもれはずーっと立ってるだけ。
眼下には夜景が少しだけ見えてて、冬だったから星が凍ってるみたいに爛々としてて、
月が出てる日は影が出来るくらい明るくて。
道路端に雨水溝があったからサラサラと水音が聞こえてた。
んで仕事が終わる頃には過ぎた時間分だけ星が傾いてて。
てゆーと、あっいいじゃんいいじゃんて思うでしょ?
恐い、とか思ったことは無かった。少しいった先は霊園だったけどね。
でもさ、不思議とネガにネガに気持ちがいくんだよね。自分でもあきらかオカシイって思うくらい。
時々間空けながら、なんだかんだでひと月くらい立ってた。仕事的には楽だったけど精神的にはキツかった。
ここ読んでてそんなことを思い出したよ。

126 :本当にあった怖い名無し :2006/05/24(水) 20:56:31 ID:TOE+Jopg0
まぁ、役所の決まりで道路工事には交通警備が必須になってるわな。
けど、そんなに交通量の少ない道路って普通は昼間に工事するよな?
昼間はそこそこ交通量があったんだろうか?

127 :本当にあった怖い名無し :2006/05/24(水) 21:30:38 ID:plvMNmvHO
通りから入ったところに乗馬クラブがあって、工事が乗馬クラブへの道を塞がなきゃ出来なかったら夜間工事なったんだよね。
分かりづらかったらごめんね。

---------------------------------------------------------

140 :本当にあった怖い名無し :2006/05/26(金) 22:41:34 ID:GfsMf2Lz0
数年前のことだが、オレは山深い里にあるお寺さん巡りをしていた。いわゆる山寺巡りだ。なん
で巡っていたかという理由はココでは関係ないので伏せておく。週末になると、道路地図を頼り
に山奥に車を走らせる。昼飯なんか忘れるほど、夢中になって境内を歩き回った。気が付いたら
陽がとっぷりと暮れて、辺りがうす暗くなっていた事が何度もあった。

で、或る時に家内がもう山のお寺に行くのは止めた方がいいんじゃあないって言った。えっ、なん
でだ、たまには週末くらい家に居ろってことかって聞いた。そうじゃあないよって家内が言って、
とんでもな事を言い出した。「あんたは知らないだろうけど、帰ってくるといつも誰かを連れてき
てるもん。」と真顔で言った。

オカ板のみんなは、こんな事は鼻でフンッて笑い飛ばすだろうけど、オレはマジでぶるった。いき
なり山寺が恐くなった。いま思い出してみると、よく一人で夕暮れ時まで境内を歩けたなと感心す
る。以後一度も行ってないし、行ってみようという気も起きない。
これを書いていて思い出した事がある。当時徒然に撮った写真を家内に見せようと思う。

---------------------------------------------------------

153 :本当にあった怖い名無し :2006/05/28(日) 05:39:07 ID:Dv0IdBxN0
10年以上前の夏に、昼の3時頃から山の方にバイクで走りにいった。
30分くらいで市街地を抜け山道に入ったんだけど、誰ともすれ違わない。
そのうち凄い夕焼けになって、全てが真っ赤に染まった景色(木だけ黒い)。
ヘルメットかぶって走ってるのに凄い蝉の声。
(´-`).。oO(半径10kmには確実に俺しかいないなぁ…)
と思った瞬間、物凄い恐怖感に包まれた。
クソ暑いのに、まったく汗がでてこない(俺は汗っかき)。
なまじ明るくて後ろが見えるのがかえって怖く、ミラーを覗けなかった。
必死に前だけみつめて走り、最初の民家が見えた時は泣きたいくらい嬉しかった。
10年以上経つのにまだ憶えてるくらい印象に残ってる。

文章ヘタで伝わらないと思うけど、要は山ってのは夜じゃなくても怖い時は怖いってのを言いたかっただけなんだ。
長文ごめんお。

---------------------------------------------------------

162 :本当にあった怖い名無し :2006/05/28(日) 20:11:54 ID:sava30mK0
この前実家に帰ったときに、夕方暗くなった頃に近くの峠で親戚の子と花火したりして遊んでたのよ。
そしたら、20台前後の若者の集団が肝試しにでもきたのか、
「怖ぇぇwww」「やっぱ肝試しは山だなwwっうぇww」「なにこの地蔵、気味悪ぅ」
みたいなことを言いながら、散策してた。

挙句の果てに、花火して遊んでる俺ら見て、
「せっかく山来てんのに、雰囲気台無し」みたいなこと言ってる。 
ジュースやら煙草ポイ捨てしながら歩いてるし。


自分、比較的田舎育ちのせいもあって、小さい頃から、隣の集落まで歩いてその峠越えとかしてたし、
ここの住人みたいな、自然に対するオカルト的な恐怖ってのは感じないんだけども、
自分らと違って、街育ちの人は、こういった場所にオカルト的なものを求めるものなのかもしれない。
ただね、こっちにも、こういう生活圏があって、こういう場所を住処にしてる人がいることを理解して欲しい。
地蔵だって、峠地蔵と言って、
自分が小さい頃、いやもっと昔々から、峠を越える人を見守ってきてくれたありがたいものだし、
なんでもかんでも田舎、自然、山を、オカルトに結びつけないでくれよ。

---------------------------------------------------------

170 :本当にあった怖い名無し :2006/05/30(火) 22:35:01 ID:zCRCc+0ZO
近所に三大霊山(らしいが、良く知らん)の岩舟山ってのがあるんだけど、夜行くのってヤバいと思う?

~中略~

175 :本当にあった怖い名無し :2006/05/31(水) 04:36:08 ID:FJu3VqHWO
岩舟山って、そんなに入り組んでるんですか?

176 :本当にあった怖い名無し :2006/05/31(水) 19:48:08 ID:3pCPS9Qo0
>>175
岩船山が入り組んでいるのかって聞いてるのか、、、。
入り組んでいるなんてモンじゃあない。もまいは地元の年寄りから、あの山へは滅多なことで
入るもんじゃあなって言われなかったか?ましてや夜に一人で行くなんて自殺に等しい事だぞ。

しかし、「だからこそ」と言うことがある。普通の安全な山に登ってみたって面白くもおかし
くもない。精々滑って転んで野グソ踏んづけて帰ってくるのが関の山。岩船山だからこそ、夜
中に独りで行く価値があるんだよ。行く時は必ずここへ報告してくれ、頼んだぞ、GOOD LUCK!

177 :本当にあった怖い名無し :2006/05/31(水) 20:10:57 ID:TREa9w3D0
岩舟山って「天之岩船」が到着した山ってことですか?

178 :本当にあった怖い名無し :2006/05/31(水) 21:02:21 ID:3pCPS9Qo0

>>177

>岩舟山って「天之岩船」が到着した山ってことですか?

だって、バカも休み休み言えよ。かの「岩船山」をなんと心得ているか、なんでもかんでも天岩戸神話に
結びつければいいってモンじゃあまい。
この「岩船山」こそが、もっともオカルトにふさわしい霊山だ。いままで話題に上らなかったのが不思議だ。
岩船山は千二百数十年の歴史がある。
地元では昔から、『死者の霊が集る処、霊魂の集る処、霊魂の故郷。』と言われている。
「賽の河原」「血の池」なども現存する霊峰だ。
岩肌には数百万基の卒塔婆が林立していて、一層の霊気を漂わせている。

179 :本当にあった怖い名無し :2006/05/31(水) 23:58:37 ID:/dsG4QpW0
>>178
まぁ栃木ローカルな山だな…大概の栃木県民は塔婆供養に行くらしい。

しかし慈覚大師円仁は栃木の人だし、上田秋成の雨月物語に出てくる『青頭巾』は
近隣の大中寺七不思議のひとつ『根無しの藤』をモデルにしている。

---------------------------------------------------------
一旦区切って

184 :本当にあった怖い名無し :2006/06/01(木) 14:53:00 ID:aEMw3y80O
>>176
私達が「肝試しに行く」と言う度に友達のお母さんは「あそこはやめとけって!ホントに危ないから!
おもしろ半分で行くトコじゃない!」と止めます。

>>177
栃木県下都賀郡岩舟町にある岩舟山です。
霊山らしく、自殺の名所でもあるらしいです。

186 :本当にあった怖い名無し :2006/06/01(木) 19:20:29 ID:ReSJtT4/0
>>184

>「おもしろ半分で行くトコじゃない!」と止めます。

だったら、本気で行けばいいんだよ!マジでガチンコで行って来なさい。勇気をもってすれば鬼神だって
怖れるに足りない。若いのだから己の信じるところを突っ走りなさい。不幸にして、天に召されるような
事になったって本望でしょ。人がダメだとかヤバイという所にこそほんまもんのオカルトがあるものです。
勇猛果敢な行動力こそがオカルトに遭遇する唯一の道なのだよ。

岩舟山が近くにあればとっくに夜間強行踏破している。でも数千キロも離れてるのでムリ。残念でならない。

191 :本当にあった怖い名無し :2006/06/02(金) 09:51:59 ID:zmW0aQvL0
おもしろ半分ってことは、半分おもしろいんだろうけど、あとの
半分はなに?やさしさ?

198 :本当にあった怖い名無し :2006/06/04(日) 01:24:51 ID:rmEjq1uu0
>>186
昔…そう、1997年頃の事でしたか。

当時は栃木県南部にある店舗に勤務しておりましたワタクシは、アルバイトの高校生や
フリーターに地元の恐怖スポットを尋ねておりました。
そんな中、岩舟山の話が出たのでワタクシの部下とバイト君、鮮魚売場のフリータ君に
惣菜売場のバイト君と青果売場の同僚(ワタクシと同じ主任)で凸する事に…。

2台の車に分乗して両毛線『岩舟』駅の近くに駐車して山に向かったのですが、元々が
首都圏での生活に馴れ切っていた正社員組2名はそこがどれ程の闇なのかを把握して
おらなかった様です。
総勢6人中、照明はワタクシが持参していたヘッドランプ一個きり…ワタクシ等はともかく
地元民ですら用意していないとは…。

長い石段が続く道…本当に顔の前に手を翳しても指の形さえ認められない真の闇の中
では、なまじちっぽけなヘッドランプを点灯するより暗闇に眼を慣らすべきで、ライトはい
ざとなったら点灯すれば良いと判断し、爪先で石段の縁を探りつつ登る…途中で数箇所
気になったら『写るんです』のシャッターをきる際のストロボ閃光。

結論を先に言うと、山頂付近でこの先には行けない(門の様なものが閉じられていた)の
が判ったので撤退した事と、写真は何も写っていなかった(風景以外には)事。
そして車に戻った際、停めていた場所近くの家に電灯が点り、いきなりジジイが窓から
顔を出し説教をたれてきたのにビビッた事。

決して怖くはありません…ただ照明器具は周到に準備して下さい。

201 :186 :2006/06/04(日) 09:57:50 ID:a+0/7vcU0

>>198

レポ有難う御座いました。ご無事で帰られてホント良かったです。
私も一人で数年前に地元の山寺をカメラ片手に片っ端からお邪魔させていただきました。
デジで数千ショット撮りましたが、心霊写真らしきものはたった一枚だけでした。
また、この地方では知らない者はいないと言われる名刹の奥の院の薄暗い鴨居の上に、
麗々しく額に入った心霊写真が掛かっていたのには驚かされました。
四切のモノクロ写真である事、変色が余りない事、撮影者の出身地と氏名が墨で書かれていた事から
昭和20年代くらいに撮られたものかなと思うのです。南無・・・。

---------------------------------------------------------

ベストかなぁと思った流れ
194 :192 :2006/06/03(土) 21:11:30 ID:eKKgFyIx0
もう我慢出来ん!
ちとこれから山逝ってくるっ!

195 :本当にあった怖い名無し :2006/06/03(土) 21:12:45 ID:RFhEfkqc0
立ちションか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
やっぱり俺は山に行くべきだ。うん。
夏行ってくる

---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://occult.blog62.fc2.com/tb.php/56-b39e0ce1

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。