週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨大隕石がさらに衝突してきます。3メガトン

巨大隕石がさらに衝突してきます。3メガトン

※注※結構読むの疲れますw

1 ◆Inseki.o.w [] 2011/07/11(月) 17:39:39.24 ID:De9uBpD/ Be:
人類滅亡規模の巨大隕石の落下が予測された場合、どのようにして回避するか。あるいは生き残るか。
あるいはどのように最期の時を迎えるか。
語りましょう。

過去スレ
巨大隕石が衝突してきます。さてどうしますか…
http://science2.2ch.net/test/read.cgi/future/1004182426/

巨大隕石がまた衝突してきます。2ndインパクト(kamomeサーバ消失につきscience6に過去ログあり)
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/future/1082389214/

------------------------------------------------------------

2 ◆Inseki.o.w [sage] 2011/07/11(月) 17:55:58.05 ID:De9uBpD/ Be:
妖星ゴラス方式 南極にジェットパイプを設置して地球ごと避ける

ブルース・ウィリス方式 隕石に向かい、表面を掘削して核爆弾を設置して砕く

ディープインパクト方式 彗星を核爆発

PSYCHO+方式 超能力で地球を移動してよける

地球最後の日方式 地球を見捨ててロケットで逃げる

------------------------------------------------------------

4 オーバーテクナナシー [sage] 2011/07/11(月) 21:13:06.63 ID:bBQN05ay Be:
他の小惑星をぶっつける


5 オーバーテクナナシー [sage] 2011/07/11(月) 21:14:38.46 ID:bBQN05ay Be:
衝突してくる小惑星にロケットをくっつけて加速させ軌道をカエル


6 ◆Inseki.o.w [sage] 2011/07/12(火) 01:11:21.07 ID:SrCMr/g6 Be:
>>4-5
衝突してくる小惑星とのランデブーは相対速度からして難しいですが、
他の小惑星であればNEOの中に都合がよいものがあるかもしれませんね。

衝突してくる小惑星そのものにロケットをつけるのは、作業船を向かわせたとしても、
 小惑星自体が向かってくる速度 + 地球から作業船が向かう速度
これを減速させて軟着陸するためには大量の燃料が必要になりますので難しいですね。※
小惑星の軌道を変えるだけの運動量のインパクターを直接ぶつけるのであれば、減速する必要がないので可能です。
(秒速何十キロで命中させるという非常に精密な制御が必要ですが)VLBIとかで精密に軌道を測定し修正を繰り返すことができますから。。

一方、既知の天体で、数年後の接近の際に衝突するというのであれば直接向かうのも可能です。
衝突を起こす前の周回で後ろから追いつく、あるいは追い抜かれるように作業船を向かわせればランデブーしやすいです。
時間的余裕があればわずかな軌道変更量でも充分な効果を得られますし。

※小惑星の背後でスイングバイをして180度ターンできる適当な天体があればよいのですが。
アルマゲドンでは月を利用してパワースイングバイをして小惑星の後ろから接近する軌道をとりました
(また、補給に使った故Mirも月に向かうのにちょうどいい軌道でした)。

------------------------------------------------------------

8 オーバーテクナナシー [] 2011/07/12(火) 07:28:51.00 ID:eJzz+0jM Be:
まず、時間的余裕がどれくらいあるかを決めようよ。
落ちてくるのが明日ならば、仏壇の前で祈るしかできないし、
来年ならば、直撃がないことを期待して、津波に備えて船を買います。
数年ならば、出来ることは地球側だけということになるし、数十年あれば、
具体的になんとか出来るかも。

たとえば、遠日点70天文単位・近日点0.98天文単位だと、
地球には相対速度が役12km/sで地球に追突することになります。
地球の引力による加速は考慮していません。
遠日点で発見されたならば、最初の接近までの時間は約100年・次の接近は300年後となります。


11 ◆Inseki.o.w [sage] 2011/07/13(水) 02:31:42.39 ID:0ktg5VDm Be:
どのような条件を想定するか。それは大事ですね。時間的余裕、それと大きさによって取れる対策がかわりますし。
明日であれば確かにどうしようもありません。
1年の場合は、なんといいますか、数キロの隕石が海に落ちる場合には津波だけ対策すればいけるかもしれません。
アララト山にでも逃げますか?
陸地に落ちた場合は日照が激減する対策もしなければなりませんが・・・。
百キロ規模になると、衝撃波と熱波、さらに大きい場合(月とか火星サイズ)は地殻津波や、岩石蒸気が襲ってきて、
地球表面はマグマオーシャンになるので誰も生き残れる状況にはならないでしょう。
このサイズは落ちてきたら船に逃げようと、仮に核シェルターに逃げ込もうとおしまいだと思った方がいいかもしれません。
一方、1年あれば、インパクター、あるいはKVをぶつけるくらいなら(充分な運動量かは別として)準備可能だと思います。
ロケットはすぐには作れませんから、衛星打ち上げ用とか他の用途に使うはずだったロケットや、
予備機などを流用してぶつけることは可能ですね。
バンカーバスターみたいな弾頭を利用することも考えられます(B61-11という核弾頭タイプもあるようです)。
数十年あれば、専用設計の宇宙機を作って、本当に何かできそうですね。

距離70auともなれば、冥王星よりもはるかに遠いので、大きさとアルベドにもよりますが、発見はかなり困難かもしれません。
地球に接近してきて、視直径が大きく、太陽光を受けてある程度明るくなってくればだんだん発見しやすくなります。
そういう意味では、不意打ちでいきなり落下することすら考えられますが、
不意打ちでは対処しようがないので、今のところそれは考えないことにします。

------------------------------------------------------------

10 オーバーテクナナシー [sage] 2011/07/12(火) 11:27:55.13 ID:UqglLp3O Be:
月を何らかの方法で動かして盾にする

12 ◆Inseki.o.w [sage] 2011/07/13(水) 02:34:15.03 ID:0ktg5VDm Be:
>>10
月を動かすというのは、素晴らしい発想です。
人類存続のためにはなりふりかまわず、あるものは使うという意味でもよいですし、
下記の理由で地球の軌道変更は難しいのですが月の軌道変更は(規模はともかく)可能なはずです。
妖星ゴラスのように地球にジェットパイプを設置した場合、
排気速度が脱出速度を上回らないと、噴射した燃焼ガスがいずれ地球にもどってきてしまいます。
なんて言いましょうか。バケツに乗って自分でそのバケツの柄を持って持ちあげようとするようなもので、
いつまでたっても動くことはできない、軌道はかわらないのです。
今実用化されているエンジンでは、LOX/LH2エンジンでも450秒くらいですが、必要な比推力は1120秒くらいです。
イオンエンジンなら充分な比推力がありますが地球を動かすにはあまりに推力が小さいですし、
高真空中でないと放電してしまいうまく動かなかったとおもいます。
一方、月の場合は大気もほとんどなく、脱出速度が小さい(2.4Km/s)ので、
必要な比推力は244秒以上。
これなら現在の化学エンジンでも、わずかづつならば軌道を変えることができます。
月に行くことができるのはアポロ計画でもわかっていますから、
動かすために必要な膨大な燃料を現地調達できれば(クレーターの奥の永久氷などを利用か?)、移動は可能です。


14 オーバーテクナナシー [] 2011/07/14(木) 08:21:55.97 ID:Vkbq1//t Be:
>>12
燃料には特に心配はいらないと思いますよ。
太陽光をエネルギー源として、機械的な方法でレゴリスを打ち出せばいいんです。
一番簡単なのは円盤を使うことかな?
直径10mで100回転/sならば、接線方向は3.14km/sの速度が出せます。


15 ◆Inseki.o.w [sage] 2011/07/14(木) 15:07:45.75 ID:6TDL0E7E Be:
>>14
そうですね、軌道を変える性質上、半球に偏った位置から質量を投射することになりますから、
月では昼間が14日続きますので昼間の場所から投射すればよいわけです。

マスドライバーで質量を投射という考えは前スレでもありましたが、円盤状でもよいわけですね。
中心から投射体を供給して、外周に向かうにつれて加速して
投射方向に向いた瞬間に(カムなどの機械的な方法でもかまいません)ロックがはずれて飛んでいく用にすれば連続的に運転できます。
なお、この円盤には、外周で3141GほどのGがかかりますので、構造強度はそれなりに必要です。

------------------------------------------------------------

20 ◆Inseki.o.w [sage] 2011/07/15(金) 19:50:48.54 ID:/pcvczRg Be:
ところで、先月、2011MDとやらが、最接近していたそうです(滝汗
http://ja.wikipedia.org/wiki/2011_MD
大きさが小さいこともありますが、なんとまあ、最接近6日前まで見つからなかったという。
仮に壊滅的な被害をもたらす大きさの小惑星が衝突6日前に発見されたらどうしようもないでしょうね。

11年前の記事ですが、おもしろい記事がありました。
このスレの皆様なら興味深く読んでいただけると思います。
http://www.astroarts.co.jp/news/2000/07/14icarus/index-j.shtml
ロケットは急には打ち上げられないということ(他の計画用のロケットを流用する。それでも限りがある)
遠日点をすぎるとランデブーは困難ということ(早期発見が必要)
水爆は大きい=打ち上げ困難(ツァリーボンバーで27トン。また最近の弾頭は小型化が進んでいるので大型水爆は専用設計で新規に作らないといけない)
宇宙での核兵器は効果が小さい(熱はともかく、大気膨張で生じる衝撃波がない)

いまや、サターンロケットといったアポロの資源を使うことはできないのですが、以上のようなことが読み取れます。

------------------------------------------------------------

22 オーバーテクナナシー [sage] 2011/07/16(土) 09:38:04.98 ID:Rh1rESiX Be:
実際のところ現在までの探査で
生物の大量絶滅をもたらしそうな小惑星・彗星や人間文明全体の滅亡をもたらしかねない超巨大隕石については
しらみつぶしに軌道計算されて仮にこれらが軌道の微修正で地球に向かう事になっても
数百年から数万年後の事でそれだけ時間があったらまー衝突までに未来の人類さんが何とかするでしょ
というレベルに現代の科学力はあると思う。
見落とされていたとしてもせいぜい大都市に落ちたら大都市一個消滅させる程度の直径100M-300M級の小粒(笑)な
隕石だけだろう。

んーやっぱりこんなおチビじゃどう短期間に退治しようかと考えても面白くない。
やっぱり最低でも恐竜絶滅の10KM級は欲しいところだが
まずどういうシュチだったらこれぐらいの小惑星・彗星を見落とせるかという事から考えてみないか。
また径級(質量)別に退治するのにどれぐらいの時間が必要かと考えてみるのも面白いと思うが?
因みに地球の6200倍の質量があったという妖星ゴラスはマジに木星か土星をぶつけて軌道変えるぐらいしか
方法がないがそもそもそんな事出来ないし、黄道面から離れた軌道で地球にGOだったらぶつける物もないし
1000年先でもダメで思い切って火星をテラフォーム(ゴラスの重力の影響で火星軌道がどうなるかについては
物理専門の人で計算してね)するか力いっぱい宗教に励むかという結論でした。


23 オーバーテクナナシー [sage] 2011/07/16(土) 12:01:13.59 ID:0I9X3xT7 Be:
「オールトの雲」に監視衛星と核ミサイルを多数配置しておく。
オールトの雲は超距離だから、3メガトン隕石には小さな爆発力でOK


24 オーバーテクナナシー [sage] 2011/07/16(土) 12:48:33.75 ID:Rh1rESiX Be:
>>23
多数配置するにしてもカイパーベルトぐらいにしておかない?
オールトの雲の大きさ1-1000兆立方天文単位ぐらいのでかさなんで
なんぼ配置してもきりがない
つーか寒いとこ5-10kぐらいらしいしこんなに寒くて機能するシステムってあったっけ?


25 オーバーテクナナシー [sage] 2011/07/16(土) 15:58:50.23 ID:UMPp7uPS Be:
カイパーベルトでもいいけど、よく考えると、核ミサイルは問題だな。
放射性物質付着の破片が、散弾銃みたいに太陽系に散乱し滅茶苦茶になるかも。

雪の彗星にレーザー照射し、その気化ガスの放出力で彗星を動かし、巨大隕石に衝突させる方が良い。
凄い気化ガスの放出力が必要だから、太陽光集光ミラーの方が良いかも。

低温は大丈夫。
ボイジャー1号(1977年打ち上げ。原子力電池)は、ヘリオシースまで機能した。
ヘリオシース無事通過すれば、星間物質データを初めて得れる。


26 オーバーテクナナシー [sage] 2011/07/16(土) 20:38:07.39 ID:8u08Fafi Be:
>>25
>放射性物質付着の破片が、散弾銃みたいに太陽系に散乱し滅茶苦茶になるかも。

核爆弾で宇宙が放射能汚染とは笑えるw
太陽が何故輝いているか?太陽風とは?宇宙線とは?などなどちょっと調べてみたら。


27 オーバーテクナナシー [sage] 2011/07/16(土) 21:34:27.81 ID:407PjcwD Be:
>>25
普通の火薬のミサイルでいいんじゃね。
隕石自体に放射性物質が含まれてんならどうしようもないけど。


28 オーバーテクナナシー [sage] 2011/07/16(土) 22:44:57.74 ID:4+9C6j/F Be:
いや、爆発力が桁違いの核ミサイルの方がいい。
昔、世界中の各大国が、大気圏核実験で世界中に放射性物質ばらまいたのだから、
放射性物質付着隕石の破片が少々降り注いでも、巨大隕石による被害を考えれば納得するだろう。


29 オーバーテクナナシー [sage] 2011/07/16(土) 23:06:50.65 ID:Rh1rESiX Be:
>>25
うん、だからさボイジャー1号は末端衝撃波面を通過してヘリオシースに入ったけど
ヘリオポーズ=太陽圏のあやふや?な境界面の通過はまだまだ先の話でしょ
オールトの雲って諸説あるけど
太陽圏(50-130AU)の外側さらに太陽磁気圏(200-300AU)の外側、さらに太陽重力圏(10000AU)まで
球状に広がってるらしいしあまりに欲張り過ぎではないかと。10000AUって1.5光年だし…
温度についてもヘリオシース通過時の30-50kからオールトの雲だと5-20kとなって
ほぼ超伝導の世界だが、大丈夫なのか?

核ミサイルうんぬんについてはカイパーベルト付近で破砕した隕石の欠片が地球の地表まで到達出来る
可能性はほぼゼロだし他の人が言っているように太陽風、太陽から出ているγ線、銀河宇宙線の方が遥かに強力で
核兵器の100発1000発程度はほぼ誤差の範疇だね。


30 オーバーテクナナシー [sage] 2011/07/17(日) 00:37:02.52 ID:ClHuhZdg Be:
>>25
太陽光の集光ミラーは、グッドアイディアだが、隕石に直接照射してもいいと思う。
隕石が固体ならば、間欠照射で熱膨張と冷却収縮させ、亀裂で隕石を分割し被害を減らす。
隕石が雪などならば、気化ガス放出で隕石を小さくし被害を減らす。

------------------------------------------------------------

33 ◆Inseki.o.w [sage] 2011/07/17(日) 16:54:12.75 ID:2z0kuDY2 Be:
諸事情で昨夜入れませんでしたが、スレが伸びてうれしいです^^
議論がいくつかに分散してきたので、それぞれ話題ごとにまとめますね。

> 破砕集積体の小惑星の処理
内部からの破壊なら、熱で構成物質が一瞬で気化して爆圧が有効に利用されそうですね。
脱出速度も充分小さいでしょうから、それ以上の速度で飛び散れば、寄り集まって復活することもないでしょう。
ちなみに、いま人類が一番詳しく調査している(と思う)小惑星イトカワの脱出速度は0.0002 km/sくらいですから
砕いたとしたら飛び散った礫塊は再集合しないでしょうね。

人類滅亡規模の、数十キロ以上の小惑星だと、
たとえば、火星の衛星ダイモスくらいのものが落ちてきたら、人類存続はかなりきびしいでしょう。
このダイモスの脱出速度は0.0069 km/s。核兵器などでもがんばれば砕けそうですね。

向かってくる小惑星にランデブーして、ブルースウィリス方式で、着陸してボーリングするのはちょっと難しそうですが・・・。
爆薬を巻きつけるのは、相対速度が充分に落ちないと厳しいかなとは思います。
一端にアンカーのついたロープを打ち込んで、速度を利用して巻きつけるとしても、
相対速度が速いのでアンカーが衝突の熱で気化して粉々になってしまいそう。
ランデブーできれば、ましてやうまく目標天体を周回できれば、可能ですね。
ただし、数十キロ級の目標の場合、それに巻きつけるロープだけで相当な長さと重量になります。
それを必要に応じて繰り出していくウインチ機構や、爆薬をロープに固定する握索器などの課題を解決する必要はあります。

------------------------------------------------------------

34 ◆Inseki.o.w [sage] 2011/07/17(日) 16:57:07.61 ID:2z0kuDY2 Be:
> 滅亡級の小惑星を見逃すシチュエーション
たしかに、大きい小惑星ほど発見しやすいですから、
人類滅亡級の大きい小惑星はもうほとんどカタログ化されていそうです。
直前に発見されて、地球の至近距離を小惑星が通過して騒がれる場合も、
数十m級のかなり小さいものです(それでも、人類滅亡はしないまでも落下したら街単位での大損害は出そうですが)。

あえて大きいものを見落とすシチュといいますと、
枯渇彗星核などは、黒いカスみたいな物質で覆われていてアルベドがかなり低く、見えにくいので、見落としやすいかもしれません。
他の明るい天体の前を横切って食をおこせば気がつくかもしれませんが、短時間の観測では軌道の確定も難しいですね。

あとは、既存の天体が何らかの理由で突然破壊されて、
その破片の大きいものが運悪く地球に向かってくるというシチュエーションも考えられますね。
そんなに大きい破片にそれだけの軌道変更ができる現象というのも、
地球にまっすぐ向かってくるという運の悪さもなかなか考えにくいところですが。

ゴラスは、褐色矮星くらいか、あるいは核融合を起こして恒星になりそうな勢いの質量ですね。
この質量では本当にどうしようもないですから、その時には地球脱出というのも真剣に検討しなければなりません。
テラフォーミングはまた別の話となりますが、通過距離にもよりますが、
これだけの質量の星が近傍を通過したら火星とて摂動で軌道をはじき出されそうですね。

------------------------------------------------------------

35 ◆Inseki.o.w [sage] 2011/07/17(日) 17:03:38.58 ID:2z0kuDY2 Be:
> 太陽集光ミラー
目標天体へ直接照射の場合、表面はレゴリス状になっているでしょうから
温度差を繰り返すという風化の効果はあまり望めないと思います。
長時間あてれば光圧による軌道の変更や、加熱により放出されるガスによる軌道変更が望めそうです。
ミラーは、たとえばSPSみたいな発電衛星と兼用することで、設置コストを吸収することができますね。
有事の際にREX-Jみたいなロボットが巨大な太陽パネルの骨組みを伝って移動して、
蒸着したミラーに張り替えて、(元)発電衛星が向きを変えて目標天体へ向けて反射させます。
骨格や姿勢制御機構はSPSを流用するので、短期間かつ低コストで実現できますね。
レーザー送電ならば、ミラー張り替えたり、反射方向変えなくても、レーザーの向きを変えるだけで迎撃可能です。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1026558.html

また、将来レーザー推進などが仮に実用化されていれば、
そのインフラを彗星の軌道を変えて迎撃したり、直接照射に流用できますね。
隕石迎撃に特化した専用設計というのは、さしあたって、衝突が確定している小惑星がない現状だと、
専用施設の予算は付きにくいでしょう。
したがって平時は他のことに利用して、有事には迎撃に投入するといった兼用が現実的でしょうね。
そのほうが知恵を尽くして使える者を使っている感じがして燃えますし。


36 ◆Inseki.o.w [sage] 2011/07/17(日) 17:07:52.43 ID:2z0kuDY2 Be:
> オールトの雲/エッジワースカイパーベルトへの迎撃機の配備
外の寒さはとりあえず気にしなくてよいでしょう。探査機は熱設計をして、
真空のチャンバーの中で太陽灯をあてて、モデルを作って実際の熱を測定します。
また、いくら温度が低いといっても、1立方メートルに数個とかそういう希薄な水素分子の運動を温度に換算したもので
熱容量がほとんどないので機器自身の熱が激しく奪わることはないでしょう。
もし、冷えすぎるならサーマルブラケットなどで調整をします。
電源は原子力電池を使うことになるでしょうね。
とはいっても、熱源の同位体も半減期がありますから、
たとえば160Wの出力があったパイオニア10号の原子力電池は30年後の運用終了時には60Wになったといわれています。
オールトの雲まではちょっと遠すぎますから、仮にあらかじめ配備するとしてももっと近い位置になるでしょうね。
配備位置に到着した頃には、30年たっていたとか洒落になりませんから・・・。

> コストVSリスク
確かに、人類は自らの愚かさで自滅する可能性の方がずっと高そうですね・・・。
きっと、衝突確実な天体が見つかるまで、抜本的な対策はなされないのでしょうし、衝突が確定した時には手遅れという。
やはり折衷案として、前レスで述べたように平時は他のことに使っているインフラを流用するのが現実的ですね。

------------------------------------------------------------
超長くなりそうなので続きはスレッドで
スポンサーサイト

この記事へのコメント

深見東州の一言 

深見東州です。
とてもいいと思います。

  • 2013年02月18日 00:10
  • 深見東州 #mQop/nM.
  • URL
  • [ 編集 ]
 

こういう話が読めるから、ここに来てしまうわ。

  • 2013年02月19日 12:12
  • あむ #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。