週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院にまつわる怖い話2

病院にまつわる怖い話2

1 :本当にあった怖い名無し:2005/06/19(日) 19:58:27 ID:NpQ5zOL20
何で立てないの?
前スレ
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1086887423/1

------------------------------------------------------------

13 :本当にあった怖い名無し:2005/06/23(木) 18:11:10 ID:fK3u4EtD0
小学4年生の夏休み。私は肺炎で丸3週間、出来たばかりで病床数もさほど多くない病院に
入院してました。その時の話。

1.入院患者のほとんどは老人、それにおじさん、おばさん世代の人ばかりで、子供は私と
 私より2個下の男の子しかいませんでした。

 入院患者の中に私と同い年の子がいるというおじさんがいて、休憩所で何かと話しかけられ
 たり、お菓子をもらったりと可愛がってもらってました。

 夜、私はいつもはぐっすりと寝付いてしまうのですが、その夜に限ってはなかなか寝付けず、
 夜中の3時頃にトイレに行くことにしました。
 集中治療室の前を通ると、電気がついていて、何かバタバタしてる様子。
 それには特に気を止めずお手洗いを済ませて外に出ると廊下で髪がボサボサでヨロヨロと
 歩いているおじさんを発見。子供心に「大丈夫?」と思ったんだけど、とりあえず「こんばんは」
 と声をかけると「こんばんは。夜更かしせんとはよ寝ぇや~」との返事。
 その夜はそのまま部屋に戻って大人しく寝ました。

 次の朝、目が覚めてトイレに行くと、集中治療室の前で泣いている人がいる。どうやら誰かが
 亡くなったらしい。私と同い年と思しき男の子がお母さんに抱きついて泣いていた。なんとなく
 いやな予感。
 後で、看護婦さんに聞いてみると、昨日の夜、廊下であいさつしたおじさんの容態が急変して
 今朝、亡くなられたらしい。
 「え?昨日の夜、おじちゃんと廊下で会ったで」というと看護婦さんは「それはありえない・・・・
 でも、あの患者さん○○ちゃん(私)を可愛がってたからねぇ」と切ない表情で一言。
 今にして思えば、おじちゃんが私に挨拶に来はったのかなぁ。


2.その入院中、偶然に父の古い友達のKさんが気管支喘息で入院してました。父より2つ上のKさんは、病気で
  顔色こそ悪かったけれども若い頃は、無茶苦茶美人だったんだろうなぁというおばさんでした。

  とても綺麗で優しいおばさんだったけれども、両親が言うには一生懸命頑張っているのに幸の薄い女性で、
  結婚したけれども旦那さんはとても悪い人でKさんを殴ったり、子供が出来ても家にお金を全然いれずにギャン
  ブルや酒や女に入り浸って、挙句の果てには他の女と家を出てしまって、中学生の男の子を女で1人で育てて
  いるところを病気にかかってしまったそうです。

  私はKおばさんが好きで、毎日夕ご飯を食べた後、夕涼みに病院の屋上(当時は自殺防止なんて考えはなく、
  誰でも入り放題だった)にあがって、Kさんとその日の出来事を話したり、お見舞いでもらったお菓子や果物を
  一緒に食べたりして和んでました。時には私の見舞いに来てた母や妹も一緒に楽しく過ごしたり。

  そんなこんなで10日ばかり過ごしてたのですが、Kさんは私より先に退院していかれました。
  遊んでくれる人が減って寂しいなぁと思いましたが、元気になられたのは良いことです。

  Kさんが退院した後も、私は夕ご飯の後、いつも屋上に出て、夕焼けを眺めたり、同じように屋上に出てるおじいちゃん
  おばあちゃんに話しかけたりして、寝る前のひと時をすごしてました。

  で、私が退院する3日ほど前。夕ご飯の後、仲のいい看護婦さんとナースステーションで遊んでいたので、私が
  屋上に出た時はもう真っ暗でした。おじいちゃんおばあちゃんももう部屋に帰ったようです。
  そんな中に何故かKさんがいました。
  「Kおばちゃん~、どないしたん?退院したんちゃうん?」と駆け寄ると、おばちゃんは寂しそうな笑顔で、
  「何もないけど、○○ちゃんがどないしてるかなぁと思って見にきたんよ」と。「私、もうすぐ退院やで。2学期からは
  新しい学校やねん(入院中に実家が引っ越したんです)」と話すと「よかったねぇ。ちゃんといい子にしておいでや。
  お父さんとお母さんにもよろしくね」「うん」という何という事もないない会話をかわして別れました。
 Kさんと笑顔で別れた、その次の日。
 毎日見舞いに来てくれる母親に、
 「昨日な、Kおばちゃんが来てくれはったで」
 と、話すと母親が「え?」と青ざめました。私が「どないしたん?」と聞いても、「いや、何もないよ」
 とごまかしてましたが・・・・・後年、私が高校生になった頃に聞くと・・・Kおばちゃんは、退院後すぐ
 喘息の発作を起こして、そのままお亡くなりになられたらしい・・・・だから、私が会ったおばちゃんは、
 幽霊だったんじゃないかと。
 当時の私としては、全然怖くなかったんだけど。

 すみません、全然怖くない話で。

 ついでにいうと、私の妹が看護婦になって一番最初に勤務した病院が、この病院で、
 彼女が勤務していた頃には、あちこちに「出ていた」そうで・・・・妹も、ナースステーションにやってくる
 じいさんや、ナース用のロッカールームを走り抜ける白い人を見たらしい。
 病院って出るところのようですね。

------------------------------------------------------------

21 :本当にあった怖い名無し:2005/07/03(日) 16:39:03 ID:Zh1KiaZEO
うちのおかんは看護師だが、幽霊よりも
グロい姿になって搬送されてくる、「まだ」生きてる方々のほうが、恐いと言っている。

------------------------------------------------------------

28 :Wise:2005/07/04(月) 19:49:06 ID:44J8eHdu0
医療関係者特に、医者・看護師には、幽霊お化けの類など足元にも
及ばない怖い奴らだね。
常識のない急患。
「夜でタクシーも捕まらなかったので、救急車できました」なんて言われたら
心の中では「死んでください」と思いながら世話してるよ。
もっと恐ろしいのもいるけどね。
普通に歩いて来院して、CTとったら「ザー」だったり「DA」だったりしたら
正直、何よりも恐ろしい。
意識はっきりしてくるだけに、死なせられねー。
分かるよね、救急関係の人たち!


40 :Wise:2005/07/05(火) 06:55:06 ID:EJ/M3h060
ザー = くも膜下出血 脳は内側から軟膜・クモ膜・硬膜とあり、脳に一番近い部分での出血。
DA = 解離性大動脈瘤 心臓から出るメイン血管の内側がビリビリ避けて、ブワブワなる。破れるとこの世とさようなら。
AMI= 急性心筋梗塞 心臓に栄養を送る血管がつぶれてます。血管が狭くなってるだけが狭心症
一番びっくりケースが多いのがAMIだね。
「なんか胸が変なんです。」って言ってきて、ECG(心電図)とったら見事にドカンとST上昇。
患者をあせらせるとヤバイから、患者には穏やかにして、裏で走り回るよ。
一番怖いのは、DA。
「痛い、痛い、助けて~」って言いながらしがみつかれて死ぬ。(かなりつらいぞ!)
最悪は、血圧測った刺激で、ラプチャしてご臨終した。(後味悪くて、しばらくつらいぞ!)
俺は、CTのとき、体をまっすぐにして抑えたら泡ふいて死なれちゃった。
バルーン挿入する瞬間に、ビクッとされて、そのまま天国行かれちゃった。(これは、言っても眠らせなかったDrが悪い!)
俺は28才だけど、当たりに遭遇する頻度が妙に多くて(まぁERだから仕方ない)
なんど「助けてー」言われながら死なれたか分からん。
オカルト板で、あっても医療にかかわると、幽霊がかすんじゃうね。


47 :33:2005/07/05(火) 21:43:00 ID:xbx260iW0
>>40
お~DAは解離性動脈瘤か(^^;サンクス
うちには絶対来ない患者だわ

ちなみにST上昇(変化)とは心電図のs~tと呼ばれる波形で示される場所が
本来あるべき高さより心電図の図形で上がったり下がったりすることで
一般的に心筋の虚血状態や障害がおきている状態を指す

ラプチャ=破裂や破れる
つまり大動脈が破れるって事で=即死
>>40間違ってたら補完ヨロww

------------------------------------------------------------

50 :Wise:2005/07/05(火) 23:39:09 ID:EJ/M3h060
俺がERで勤務することになって大して間もないころの話。
何かの機械で、指の掌側の肉を根元からそぎ落としてる患者が来た。(指3本)
で、掌を上に向けて、指を動かしてもらうと、残りの肉はその場に残って
骨だけが、ニギニギと握ったり開いたりしてた。
当時の俺には衝撃的な姿だった。それまで見たホラー映画が、かわいく感じた。
ちなみに、その後は、バリバリとペンチで骨を砕いて、残りの肉で覆える位まで
指を短くしました。

------------------------------------------------------------

名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2005/07/08(金) 09:43:53 ID:hJnsGF9u0
レーザーだか電気だかのメスで切ると、肉が焼けるいい匂いがするらしい。
「終わったら焼き肉だ!」と言う外科医もいるらしい。


83 :本当にあった怖い名無し:2005/07/08(金) 10:31:35 ID:ARrVudrFO
オペ糸冬了→焼肉ってパターンはわりとよく聞きますな。

外科医なら別に平気そう


84 :Wise:2005/07/08(金) 10:55:05 ID:dtpGGJm90
本当、というか普通。
そんなんで焼肉食えなかったら、この仕事やめる。


85 :本当にあった怖い名無し:2005/07/08(金) 11:47:11 ID:uVgMtnqa0
医師や看護師は疾患や創傷関連を見聞きしたことが原因では
滅多なことじゃ食欲落ちたりしない
白衣着てるときは通常の自分と違うしね
でも食欲が失せるような経験が皆無かっていうとそれでもやっぱりあるんだよね


86 :Wise:2005/07/08(金) 11:48:43 ID:dtpGGJm90
嫌な死に方見たときだね。

------------------------------------------------------------

92 :ほにゃ:2005/07/08(金) 18:02:39 ID:psjM0/JE0
知人の開業医(整形外科)から聞いた興味深い話。
その人は、元は県立病院の名外科医だったが、思うところあって
晩年整形に(詳しい経緯はあまり聞いてない)。
整形とは言いつつも、田舎で開業したので
近所のジジババの風邪から、テスト前の中学生が緊張で下痢、
なんてことまで相談に乗ってる。
地元でも有名な人物なので、又聞きで色んな患者が来る。

知人の知人の紹介で電話してきた893。
しくじったので、これから指を詰める。
これから来院するから至急麻酔をしてくれ。
その後某所でブチっとやってくる。なるべくキレイな
切り口になるよう努力するから、後ですぐ接合手術して欲しい、とか。
もう足を洗いたいから指無しじゃ困るけど、詰めないと決着が付かない
らしい。

足の指を移植したい、という相談は結構多いらしい。

------------------------------------------------------------

93 :ほにゃ:2005/07/08(金) 18:03:12 ID:psjM0/JE0
近所で車が電柱に自爆事故。かなりの事故で電柱は折れた。
驚いた通行人が心配して運転手に話しかけると意外に元気で、
近くに掛かり付けの名医が居る。自分で運転して行くから
救急車は要らない、と笑顔で話す。
エアバックなど無い時代だった。割れたフロントガラスを
手で壊しつつボロボロの車で運転手は走り出した。
数分後、その整形外科の駐車場で鳴り続けるクラクションに
気付いた婦長が様子を見に行くと、大破した車の中で
おっちゃんが血を吐いてハンドルに突っ伏したまま、絶命してる。
その後の調べで、複数の内臓が破裂・肺も損傷していて、
喋ったり運転したりできる状態ではなかった筈、とのこと。
ちなみにその整形外科医はその運転手には、会ったことが無い。

------------------------------------------------------------

94 :ほにゃ:2005/07/08(金) 18:04:36 ID:psjM0/JE0
同じ町内に住むという、名前は知ってるが話したことも無い
人物が突然訪問。巨大なダイヤ(?)の指輪を持ってる。
その人物曰く、自分は某球技系遊戯業を営んでいる。
ちょっとした資金繰りの手違いで緊急に現金が必要になった。
この指輪は出すべきところに出せば一億は下らない代物だ。
これを三千万で買ってくれないか、と。
切羽詰った様子だが、かなり強引且つ怪しげな要求だ。
その医師は、では出すべきところへ持ってきなさい、とお帰り願った。
二・三週間経ってそんなやり取りも忘れかけた頃の夜、
古巣の県立病院に用事(手伝い、だったかな?)があり
当直医と雑談してたところ、救急搬送の患者が来た。
首吊りとのことだったが、Dead on arrival。
顔を見ると先日訪れた遊戯業経営者。
若干の後味の悪さを感じつつ過ごしたが、
後日の調査で、借金苦の自殺ではなく他殺と判明。

------------------------------------------------------------

114 :本当にあった怖い名無し:2005/07/11(月) 13:03:04 ID:l/pHcuZY0
うちの病院は数年以内に移転することが決まっているんだけど
病院の怪異ってついてくるものだろうか

病院が無くなってしまったら
廊下を歩くおじいさんや手洗いで嗚咽する中年男性や無菌室を覗き込む人がどうなってしまうのか
なんだか心配です

------------------------------------------------------------

117 :111:2005/07/11(月) 17:39:08 ID:Wmap9tvLO
かなり前なのですが、足の骨を折って入院した時の事です。順調に回復して、退院の前の日にそいつは俺の所に来ました。
夜中に違和感を感じて目を覚ますと体が動きません、「うわっちゃべー!か、金縛りだぁ~!」と、初めての金縛りに正直喜んでいました。アホですね。
しかし、そいつの存在に気付いた時に喜びは消えて、今まで体験したことのない恐怖に襲われました。
寝ている俺の頭を跨ぐようにそいつは立っていました。電気も消えていて暗いので腰までしか見えませんが、ぼろぼろのズボンを履いていました。
そしてなぜかそしてが俺を見下ろしているという事がわかりました。

こっちは金縛りで動けません、声も出せずにただた震えるだけです。
どのくらい時間が経ったでしょうか、気付くとそいつは少しずつ腰を落とし始めていました。
その時の恐怖は今でも忘れられません、書いている今も思い出して鳥肌が立っています。どんどん近づいてくるそいつの上半身が見えてきます。
そいつは焼け爛れて服だけでなく体そのものもぼろぼろでした。
そして不思議な事に、恐怖心が少しずつ薄れ、なんとなく「ああ、こいつがしゃがみきったら俺死んじゃうんだな」って思いました。
覚悟か決まったのかどうかは分かりませんが、そう思うとどんどん腹が立ってきました。「しゃがみきってみろ、絶対一発ぶん殴ってやる!」と思ったその時
「どうしました?」と、いきなりドアが開いて看護師さんが入ってきました、それと同時にそいつは消えて、金縛りも解けました。
どうして来たのか聞くと、ナースコールが鳴ったから来た、との事でした。俺は今あった事を伝え、ナースステーションに朝まで居させてくれと言うとあっさりOKが出ました。

明るい所でお茶をもらい、一息ついたら恐怖が甦ってきて震えが止まらなくなりました。
様子を見てか、看護師さんが俺の手を握ってくれて、たまにこういう事があるけど、君のは初めてだと教えてくれました。
オチも何もない話ですがこるが俺の経験した唯一の心霊体験です。

一つだけ今でも気がかりなのが、誰がナースコールを押したのかという事です。

だらだらとすいませんでした

------------------------------------------------------------

195 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 03:03:35 ID:pAOitIi00
今から10年位前に事故で指取れちゃって(人差し指)手術したときの話。
手術台に寝かされて麻酔打たれんだけど、「麻酔が効いていない」って言ってる
のに「大丈夫!効いてるから」って、いきなり患部をたわしでゴシゴシ
洗われた時は本当に痛かった!!たわしでゴシゴシするのは、傷が無くったって
痛いのに。助手の看護婦さんが、僕の尋常でない痛がりようをみて「先生!
本当に麻酔きいてません!やめてください!!」って言って、ようやくゴシゴシ
するの止めてくれたんだけど、本当まいった!あいつは一体なんだったんだ!?

------------------------------------------------------------

224 :本当にあった怖い名無し:2005/08/06(土) 09:45:28 ID:M/PgOyOv0
十年くらい前、かかとにでっかい水ぶくれが出来た。
痛くも痒くもなかったけど、念のため、
医者に行った。
自然に治るものだけど、じゃまなら切りましょう。と
医者はメスを取り出し、私の水ぶくれを切り始めた。
別に痛くはなかったけど、・・・いまいち切れ味と言うか
なかなかメスの刃が食い込まない。
ん!よくみると...

メスが、メスが、  錆びていた。
錆びたメス。こいつできられたあかつきには・・・
怖いよ。

------------------------------------------------------------

239 :本当にあった怖い名無し:2005/08/08(月) 12:20:14 ID:Y7CVPfBa0
怖い話ではないのだが近所の病院におじいちゃんの見舞いに行ったとき
病室に不可解なスペースを見つけた、ちょうど冷蔵庫一個分のスペースだった
興味本位でそこに近づくと、だんだんからだが重くなってきた。なんか上から圧力をかけられている感覚だった。
次第に頭痛もしてきたので離れたらよくなった。ためしにまた近づいたらやっぱり体が重くなる
弟にそこに近づかせてみたが、弟は荷にも感じないらしい。あれはなんだったんだろう…
友達に話したら電波呼ばわりされて終わった

------------------------------------------------------------

242 :本当にあった怖い名無し:2005/08/10(水) 23:28:55 ID:1ewimoEP0
夜勤の時病院内にどうしてもいやなエリアがあった。
312号室の前。別に見た感じは何てこと無い。向かいに窓があって、
どちらかと言うと明るい。 ま、これは、 昼間の話だけど。
ある夜、さりげなく巡視していた。「異常ないな。」と踵を返した。
「!」目の端にあったもの。普通なら見返すんだけどその勇気は
なかった。勇気が必要なくらいのそれは「子供の足」だった。
廊下を横切っていった、子供の足。普段より静かな夜だった。
何日かして休憩していた時他の病棟の人と一緒になった。
病院の人間は怪談が好きだ。
どちらかともなく怪談が始まった。私は「足」の話をしようと
思った。でも相手に先に話された。私がみた場所で同じ時間帯に
同じポジションで彼女は「足」を見ていたのだ。

------------------------------------------------------------

289 :本当にあった怖い名無し:2005/09/03(土) 05:08:28 ID:vPYwO5OMO
目黒にある○生○央病院、改装前は患者の飛び下りしょっちゅうだった。
俺が入院してた時2回地面に叩きつけられる音聞いた(ry

------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

この記事へのコメント

 

心霊系より>>40みたいな裏話の方が怖い。

  • 2012年09月18日 02:03
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

現実にあるから怖そう。知らないうちが花。

  • 2012年09月22日 15:41
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。