週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんのりと怖い話スレ その85

ほんのりと怖い話スレ その85

1 本当にあった怖い名無し [sage] 2012/05/26(土) 13:34:40.22 ID:j9oz4PDj0 Be:
実体験に基づく話が多く、意外と“シャレにならない”より怖い話もあったり…
ガイシュツ・都市伝説、何でもOK!
ほんのりマターリヒヤーリと……

◆お願いです◆ 最重要事項
長文を何回かに分けて投稿する場合は、メモ帳などに全部書いてから一気に投稿して下さい。
携帯からの方もそれなりに配慮をお願いします。

それではあなたのお話を聞かせてくださいませ…

過去ログ倉庫
(新)
http://2ch.nvxi.jp/r8/
(旧)
http://www.geocities.jp/g6thh

過去スレ
ほんのりと怖い話スレ その84
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1335056290/

------------------------------------------------------------

2 本当にあった怖い名無し [] 2012/05/26(土) 15:22:59.50 ID:DOsghPxy0 Be:
大して怖くない話をひとつ。

うちの家の風呂場は多少大きい。かるーくキャッチボールができるぐらい。
そこで父と二人でいたときの話。

普通に父が風呂を洗っている父をみてた。そしたらさ、叫び声?見たいなんが聞こえた。
甲子園の野球で試合開始のときになるあの音を凝縮したような音と女の人の声を混ぜたような声。

私は昔から小さいころからかなり引っ込み思案だったから叫んだりとかはしなかった。
だけど父は私の顔をみたね。(おまえが言ったの?)って言いたげな顔だった。
でも何も言わずに風呂洗いはおわった。

父もあの声を聞いているはず。

いまだになんだったか不明。父は忘れてるだろうけど不思議だとおもったエピソード

------------------------------------------------------------

9 [sage] 2012/05/27(日) 04:49:19.76 ID:cJ12haeA0 Be:
初めて書くからちゃんと書けるかわからんけど

昔、妙な電話が掛かってきた事がある

当時俺は小学4か5年生位だったか、親から留守番を頼まれたんだ。
お駄賃として五十円貰ったからもう張り切って留守番してた訳さ
そしたら電話が掛かってきた。
留守番電話にしてあるから別に電話に出なくて良いよと言われてたのに、
俺は「出たら褒められてまたお駄賃もらえるんじゃね?」とアホな事を考えすぐに電話にでたんだ

「もしもーし」と呼びかけたけど返答がない、
そして何故か後ろの方で昔の時計が三時の時とかに鳴る『ポーン』ってずっと音が鳴ってた
また俺は呼びかけたんだがまだ返答は無い、
そこで俺は何故か「あ、この人我慢比べがしたいんやね」と思ってしまって
無言のまま受話器に耳を傾けて、人の声を聞こうと頑張り始めた
その間も『ポーン』という音は鳴り続けてた

一、二分たった位だろうか、そこくらいから俺は何でこのポーンという音は鳴り止まないんだろう?と思い始めた。
時計の音によく似てるのになんで鳴り止まないんだろう?ちょうど三時で止まってるとか?いやいやそれはないだろう。
そんな事を考えてたら、無性に怖くなった。もしかしてこの電話は幽霊からじゃないか?と
そのときだった、『カラカラカラ』と家の玄関を開けるような音(ドアじゃなくて横にスライドさせたら開くかんじの)がした
誰か来る!これは絶対に幽霊だ!と思った俺はすぐに電話を切って座布団を頭から被って震えながら帰りを待ってた
まあ、当然ながら変な電話が来た!ありゃ絶対幽霊だ!と言っても信じられる訳も無かった。
あれはなんだったんだろう?ともやもやした気分でその日は過ごした。


月日は流れて一昨日の事だ。

その無言電話が再び俺の携帯電話に掛かってきたんだ。
大学からの電話とかがあるから反射的にその電話にでたのだがまた同じく無言、後ろの方ではポーン、ポーンとなっている

…おかしい、夜の10時15分位に大学から電話してくる事もあるまいし、それになんで時計が鳴ってるんだ?
その瞬間に初めてその無言電話が掛かってきた時の事を思い出して鳥肌が立った

そしてまた『カラカラカラ』と聞こえた瞬間、「ひさしぶりだな」って言われた

すぐに通話を切って携帯の電池を抜いてビクビクしながら親父と30分ほど電話で話して貰って落ち着いて寝た
なんだったんだろう、あれ

------------------------------------------------------------

31 本当にあった怖い名無し [sage] 2012/05/28(月) 08:51:39.34 ID:JrqJrunM0 Be:
突然だけど、心霊写真の話。
子どもの頃、いとこ(三姉妹)と私ら姉妹、五人で写真を撮った。
お盆でおばあちゃんちに集まってたから、思い出に。
庭に止めてあった軽トラの前に5人並んで写ってるんだけど
軽トラの窓に、死んだおじいちゃんがw
あまりにはっきりと写っていたので、大騒ぎになった。
早くに亡くなった人なので、妹や三姉妹の末っ子はおじいちゃんと写真を撮ったことがなく、
奇跡の記念写真として、写真立てに入れておばあちゃん家に飾られた。
先週、そのいとこの結婚式に出席したのだが
思い出の写真のコーナーで、その心霊写真が流れましたw
良かったね、おじいちゃんw

------------------------------------------------------------

33 本当にあった怖い名無し [sage] 2012/05/28(月) 11:13:00.57 ID:omIGauII0 Be:
「何か」を見た話
今からもう10年前・・・になっちゃった
当時、まだキチンと就職していた、小さな障害者の施設で指導員をしていた
少人数なので、一から十まで何でもやらされた
日曜日返上で、一人で遠足の下見に行った時の事

隣県との境にある山のハイキングコース、
コンクリートで出来た、丸太を半分に切った形のベンチで休憩し、
ペットボトルのお茶を飲みながら休憩していた
「タシ!タシ!タシ!」と軽快な足音をさせ、「へっ!へっ!へっ!」と
進行方向から、犬がやってくる、1m弱の柴犬位の大きさ・・・
この山は、捨てられたり逃げ出したりしたペットの犬が、大きな群れを作り
問題になっている、という都市伝説みたいな「野犬」の噂があったが・・・

そんな凶暴な「野犬」だったら嫌だなぁと思いつつ、身を固くしてじっとソイツを見る
向こうも俺に気付いて止まった
よく見ると、ソイツは凄く「変なヤツ」だった、妙にひょろ長い
TVのペット番組か何かで見た「ボルゾイ」とか言う犬みたいに四肢が細い
ピコっと耳を立ててこちらを伺う、何だコレ?ウサギ?
丸っきりウサギと言う訳じゃないが、何となく連想させられる


その訳はすぐ判った、コイツ目が横に付いている・・・
犬なら目は両方前向きに付いているが、コイツは耳を立て、顔を横に向けてじっと俺を見る、気持ち悪い・・・
色んな野犬同士で交配して、こんな畸形っぽいのが生まれたのだろうか?
変な病気を持っていないだろうか?襲って来たらどうしようか?
様々な思いがグルグル回って、身動きが取れなくなってしまった

が、ソイツはすぐに、くるりと回れ右をして元来た方に歩きだした
思わずベンチから立ち上がった俺にびっくりしたのか、そのままダッシュで走り去ってしまった

その後、様々なサイトを巡ってみたが、そんな犬種に出逢える事も無く、
当時は「変なブサイク犬」と思っていたが・・・
アレは本当に犬だったのだろうか?

以上、おっさんの思い出話、しょーもなくてスマン


36 本当にあった怖い名無し [sage] 2012/05/28(月) 12:59:31.18 ID:s4UtHm/+0 Be:
>>34
狐とか犬っぽい動物の可能性は?
目が横向きということは、周囲を警戒する必要がある草食動物なんじゃないか?


39 本当にあった怖い名無し [sage] 2012/05/28(月) 23:17:09.35 ID:tgS25d570 Be:
>>34
ボルゾイってけっこう横に目がついてるよ
あとサルーキとかウィペットとかも

------------------------------------------------------------

62 本当にあった怖い名無し [sage] 2012/05/30(水) 20:36:56.09 ID:oRx5peeu0 Be:
今さっき体験した話。

最近洒落怖にはまっていて携帯でちょこちょこ読んでた。今日も朝から色々な話を読み漁ってた。
夕方になって布団に寝転びつつまた洒落怖を読んでいたんだけど、徐々に外が暗くなってきた。
(あー電気つけなきゃなー・・・禍人形怖いなー・・・キャッシャ怖いな・・・)
なんてだらだらしていたらあっという間に部屋は真っ暗。リビングからは帰宅した両親の声。
(あー、みんな帰ってきたな)と思っていたら廊下がきしむ音。
自分が寝転んでいた部屋の前の廊下は古くなっているからか誰かが踏むときしんだ音が鳴るのね。
続いて床に敷いた布団が踏まれる音。黒い人影が部屋に入ってきて、前かがみになってぐーっとこっちを
覗きこんできてるのが視界の端に見えた。でも部屋は真っ暗だから誰かはわからない。
自分は携帯の画面を見つつ、横目でその黒いのを見てた。でもそんときは両親のどちらかが
荷物かなんかとりに来たんかな、くらいにしか思ってなかった。
夕方よく寝てるからそーっと覗きにくることがよくあるんだよね。だから特に気にしてなくて
でもずっと見てるから(何見てんだよ・・・)って思い始めた時、またリビングから両親の話声が聞こえた。
(えっ?!じゃあ今見てるこいつは誰?)と思ってバッとそっちを見たらなんにもなかった。
それが今さっきの話。あわてて部屋の電気つけて携帯で開いてた洒落怖消した。
怖い話読んでるだけで寄ってきたりするのかな?今日はとりあえず読むのはやめとこうと思います。

------------------------------------------------------------

84 本当にあった怖い名無し [sage] 2012/06/01(金) 17:45:25.25 ID:82A8RkHW0 Be:
GWに友人数人と近場の山にハイキングに行った。帰宅後、

初夏のハイキング気持ちよすぎワロタwww
日本最恐生物ヒグマさんのいない本州住みの俺ら勝ち組wwwww

的な事を話していたら、遊びに来ていた叔父がしてくれた話。


叔父には学生時代(二十年ちかく昔)、病院の夜間窓口でバイトをしている友人(以下A)がいた。

バイト学生の仕事は、電話番と受付の二つだけ。
患者は多くて十人程度、患者がいない時間は事務所のソファーで仮眠をとってもOK、という気楽な仕事だったらしい。
バイト代もそこそこ良いし、看護婦さんも若くてかわいい子が多い、美味しいバイトだったそうだ。


Aはバイト仲間(以下B)とローテーションを組んで働いていたが、Bがある日突然バイトを辞めたいと言い出した。
Bは何も話したがらなかったが、Aは何度も訊ねて理由を聞き出すことに成功した。

Aが非番だった日に、病院に一人の重症患者が運ばれてきた。
その人は罠にかかったイノシシにとどめを刺そうとして失敗、噛みつかれて自分が逆に重症を負ったとの事だった。


「俺、担架で運ばれてきたこの人の顔、思いっきり見ちゃったんだよ…」
Bは一冊のカルテを持ってきた。
詳しい内容は外国語で書かれててわからなかったが、所々書き込まれた日本語だけで十分だった。

頭部挫傷、顔面多発挫傷、眼球挫傷、鼻切断、耳介切断、両手指切断…


処置内容も、縫合が全身で2,30ヶ所とか、とんでもないことになってたらしい。
その人は病院に運び込まれてすぐになくなったそうだ。

その内容がよほどショックだったらしく、Aもすぐにバイトをやめてしまったそうだ。

イノシシ怖い。マジ怖い。
チキンな俺がもう二度と山なんて行かないと誓ったのは言うまでもない。

------------------------------------------------------------

98 本当にあった怖い名無し [sage] 2012/06/02(土) 15:41:44.61 ID:DqIBCxwl0 Be:
コンビニでバイトしてる学生だけど、常連のおじさんが死んだって話を聞いてほんのりしたので。

その話を聞いたのは今日なんだけど、俺はおとといコンビニでそのおじさんと会ってたんだよね。
おじさんは結構気さくな人だからいつもなら雑談ぐらいする訳よ。野球談義とかね。
でもおとといはおじさん死人のような暗い顔して、お疲れオーラ出まくりだったから挨拶ぐらいしかしなかった。
んで、その帰りに車に撥ねられてポックリ逝っちゃったらしい。
相方にその話をしたら「そりゃ後味悪いなー」って言われたんだけど、俺には更に気になることがあった。

コンビニってさ、入り口にセンサー付いてて、客が出入りしたら電子音がなるじゃん?
それがさ、おとといおじさんが出入りするときはうんともすんとも言わなかったんだよね。
一年近く勤めててもそんなこと初めてだったんだけど、その時はまあそんなこともあるだろう、くらいにしか思わなかった。
でも今日おじさんが死んだって聞いて、もしかして既に生気が無くなってたからセンサーが反応しなかったのかな?とか思ったり。

機械にはそういうの分かるのかねーとか思いつつ、すぐそういう思考に行っちゃう自分にもほんのり。

------------------------------------------------------------

102 [sage] 2012/06/02(土) 17:41:55.33 ID:SdrBtwMpi Be:
俺がベトナムの田舎の方の日本人にはマイナーな観光地に行った時の話

俺は暇な大学生で、長期休みを利用して友達2人と東南アジア周遊の旅をしてたんだ

気ままな旅にも慣れ、ベトナムの首都ハノイで欧米人のバックパッカーから
オススメの観光地を教えてもらいそこに向かうことになった
夜行で丸一晩鉄道に揺られ、着いたのは朝4時半

友人A「ベッド固くて腰いてぇ!つか駅の形おもしれぇ!!」

と友人Aは海外のオープンな駅のホームが気に入ったのか、日の出前の暗い中デジカメを連写していた

友人Bは隣のベッドにいかつい黒人がいたせいでビビって眠れず死にそうな顔してた

ベトナム経験ある人ならわかると思うけど北部の山地です
ベトナムでは1番面白かったとこでした

そこに来て2日目、山に登りたい俺、Aと街の風景をスケッチしたいBは別行動をとり、正午に広場で待ち合わせることになった

俺とAは疲労感たっぷりで広場に戻るとBがベトナム人らしき人間と話してる
かなり親しげに話していたが俺たちの存在に気付くと途端に興醒めた顔をして去ろうとした

俺とAは僕たちと写真撮らないかと誘ったが怒ったように断られ去って行った
ベトナム人は写真を嫌がる人が少なからずいるが、そこまで強く断られはしないため俺とAは少しムッときていた。

Bによれば彼の名前はトゥイ、昨日の早朝(つまり俺達と同じ電車?)ここに観光に来たベトナム人でとても気さくな人だという
今夜6時半から屋台で一緒に呑む約束までしたと楽しそうに語った

悪質な観光客騙しと疑った俺はパスポートと大金は置いて行くよう勧めたが止めはしなかった

俺たちはその晩欧米人向けのBARに行こうとしていたので、Bもトゥイとは1時間程で切り上げ、その後BARにいく算段になった

Bは俺とAも一緒にと誘ったが昼間の事もあるので断り俺は読書、Aはデジカメの写真の整理をしていた

その時、Aが歪んだ声を上げた
A「俺!俺!これみろ!!」

昨日の早朝、Aが駅のホームで撮った写真の1枚に、あり得ないものが写っていた
半透明で緑色に発光している男が写っている
しかもその男は右手に何か持ちながら明らかにこっちを見て向かって歩いて来ているのだ

更に悪い事に、俺達はこのメガネを掛けた現地人らしき男に心当たりがあった


トゥイだ

俺とAはBに連絡をとろうとしたが携帯は海外では法外な料金になるため電源を切っている

俺達はBの帰りを待つしかなかった
Bがホロ酔いで帰ってきて何もなかったというオチを願いながら

しかしBの帰りが遅過ぎる
間の悪い事にBは腕時計を忘れていっていた
1時間の予定が既に2時間経とうとしている

本格的に捜しに行こうか迷っている時にBは帰ってきた

俺「遅いよ!何してた!!」

B「何いってんの?なんかさぁ待ち合わせにトゥイさん来なくて俺が間違えたかもと思って通りをふた回りして探してたんだけどいなくて帰ってきたんだ」

あり得なかった
小さい町だ、Bのいう事が本当なら20分余りで帰ってくる計算になる
俺はBの腕時計を渡し、既に2時間経っている事を伝えるとBは怒り出した

B「勝手に時間いじるなよ!!なんなんだよお前ら!!」

Aが例の写真をみせ、俺が自分の電波時計をみせるとBはようやく事態を飲み込んだ

しかしせっかくの旅だ
全員揃うと気も大きくなり、全部偶然と無理矢理納得し、予定通りBARへいく事になった

階段を降り外に出ようとすると宿の主人に呼び止められた
「あんた達さっきウチに電話掛けたかい?」

詳しく聞くと7時ごろ宿の電話に無言電話があったらしい
小さいゲストハウスで今日の客は俺達だけだったので道に迷った俺達が電話を掛けてきたと思ったらしい

Bに問い詰めると昼間喋った時泊まっている宿の名前を教えたらしい

俺達はそのまま部屋に篭って一晩過ごし、明朝逃げる様にその町を去った

その後何事も無く旅を終え、デジカメの写真は消去した

実話でオチも盛り上がりも無く申し訳ない
代わりにちょっとした後日談を少し

Bは昼間トゥイと話した際Yahooメールのアドレスを教えてもらっていた
日本に帰ってから酔った勢いでメールしたらしいが、すぐさまメーラーデーモンが返ってきたらしい

------------------------------------------------------------

119 本当にあった怖い名無し [sage] 2012/06/02(土) 21:26:51.90 ID:sEglC5Eu0 Be:
会社近くの公園で昼飯にひとりで弁当食ってた時のこと
食べはじめてしばらくして大学生っぽい若いねーちゃんがきて
少し離れた場所のベンチに座りパンか何かを食べはじめた

気付いたらいつの間にかねーちゃんの横に陰気な女が立ってて
ねーちゃんを睨み付けるように見下ろしてた
でもねーちゃん超スルー

何となく気になってそっちの方見てたら
突然陰気な女がねーちゃんの首にガッと手を伸ばした
突然すぎて混乱して身動きできずぽかーんと眺めることしかできなかった
でもねーちゃん首絞められてるっぽいのに普通にパン完食

ねーちゃんがベンチから立ち上がった時、明らかに女の体をすり抜けてたけど
やっぱりそれにも気付かず超スルーのまま颯爽と立ち去って行った
女は中腰で手を首のあたりにかざした不自然な格好のまま固まって
えっ…?あるぇ…?って感じの不可解そうな顔して見送ってた

陰気な女はしばらくねーちゃんの去って行った方を呆然と見つめてたけど
ちょっと目を離した隙にいなくなってた

人生初の心霊現象だー!と素直に喜んでいいのかどうか悩んでる
真昼間ののどかな公園で、幽霊にしては妙に間抜けで、本当に心霊現象だったのか自信がない
やっぱり幻覚でも見たんだろか…

------------------------------------------------------------

124 本当にあった怖い名無し [sage] 2012/06/03(日) 01:36:26.67 ID:JkE5ocu90 Be:
最近は雨降ってない限りは窓を開けて過ごしてて、自室から廊下に出るのは引き開ける扉で閉め方が悪いとラッチが嵌らず
ちょっと風が吹けば扉が開くんだよね

昨日の話なんだが、深夜にゲームしてたので手が開いたら扉を閉めてたが階下に親が寝てるもんで
静かに閉めてたらまたラッチが嵌ってなくて…ってのを3回くらい繰り返したんだよ
で、ようやくラッチが嵌ったのを確認するようにして扉を閉めて再びゲームやってたんだけど
10分くらい経った時に突然ドアノブがガチャガチャ回されたんだよ
当然ビクッとしてオシッコ漏らしそうになったんだけど、階下の親が文句言いに来たのかなと
ゲームを一時中断して扉に向かったんだ

自慢じゃないけど築20年以上の安普請の一軒家だから階段を上り下りするとミシミシ鳴るわけ
どんなに静かに足音立てずに歩いても体重20kgの子供でも鳴るんだ
それがさっき扉を閉めてからドアノブが回されるまで絶対に階段を上り下りした音は無かった
ちなみにゲームの音量も控えめにしてたから、開け話してる窓の外から前の家の住人が車のキーをチャリチャリさせて取り出してる音も聞こえてた
ゲームに夢中になって聞こえなかったなんて事もないわけ

すげー怖くなったんだけど、トイレも行きたかったし親に文句言われるなら謝っておこうと思って
扉を開けて廊下に出たんだけど、誰もいないの…
寝ぼけてたのかって思うくらい誰もいないんだけど、ドアノブがガチャガチャ回された音だけははっきり聞いてたんだよね
それも間違いなく俺の部屋のドアノブを回した音だったんだ

翌日、というか今日(厳密には日付変わってるから昨日か)親に聞いてみた
「深夜に俺の部屋のドアノブガチャガチャやった?」って
そしたら
「11時くらいには寝てたから知らない」って言われてちょっと寒気がしたわ

実害が何も無いからどうしたら良いのか解らないんだけど、一体あれはなんだったんだろう?

------------------------------------------------------------

126 変な話 [] 2012/06/03(日) 06:16:17.19 ID:d8p6LNRp0 Be:
大学時代、バイト先の女の子にメモ書きで告白したら「ありがとう、考えてからメールで返事する」と返ってきた。
メアドなんか互いに知らないし教えてもいなかったから完全にぶった切られたと思った。
こんな雑な嘘で断る女だったのかとガッカリして、それから彼女と口をきく事は無くなった。

告ってから2ヶ月近く経った頃、バイト帰りにその彼女から「話があるから」と呼び止められた。

彼女はいきなり「付き合ってる実感が無いんだけど」と暗い顔で言った。こっちは返事などもらっていないのにだ。
「告ってからメールで返事すると言われてそれきりだろ?付き合うって話は無かったろ?」と言い返したら、
彼女はあの後すぐ俺にメールでOKの返事をして、その後も普通にメールをやり取りしてたと言い張る。

その話を聞いて、何か他の連中とイタズラでも仕掛けられてると思って一瞬イラッとしたから、
「そもそも俺のメアド知らないよね?」と強めに言ったら、携帯を取り出してメールの画面を見せてきた。
全然知らないメアドを俺の名前で登録して、そいつを俺と思い込んでメールしていた。

俺が告るかなり前からメールをしていたらしく、「じゃあ私がメールしてたのは誰なの?」と聞かれた。
こっちが聞きたいくらいだったが、どこで俺のメアドを知ったのか聞いたら、彼女に同じ質問を返された。
俺から先にメールを送りつけて、それから頻繁にメールをやり合ってたんだと。

彼女の混乱して怯えきった様子からイタズラじゃない事に気づいたので、
その場で彼女の携帯を借りて、問題のメアドに「バイト終わったよ、今どこにいるの?」と送った。
送ってすぐ、「一緒にいるじゃん」と返ってきてガチで震え上がった。
その晩、俺らは結ばれた。

結局、相手が誰だったのかは分からずじまい。あの後、何度か質問を送ったが返答ナシ。
気持ちが悪いので俺らは携帯(番号やメアド)を変えて、バイトも辞めて、彼女は俺の部屋で同棲する事に。
そのまま結婚して今も一緒にいるが、いまだにあの時の話をする事がある。

------------------------------------------------------------

150 [sage] 2012/06/04(月) 17:06:34.41 ID:CgcthxfxO Be:
ちょっと前の話
自分でも駄目だと思うけど、その日は色々あって死にたくなっていた。
家飛び出して、近くの川に歩いてった。川沿いをぶらぶら、散歩しながら、鬱になっていた。
泣きやむまで帰りたくなかったし、帰れなかった。
そうして数時間歩いているうちに、前日にそっけないメールをしてしまった友達に電話したくなって電話した。
友「あ、もしもし。どうした、今どこにいるの?かなり聞こえ辛いんだけど」

何気ない話から始まって、徐々に重い話に。かなり迷惑だっただろうが、友達は、うんうんと聞いてくれた。
聞いてくれたのだが、度々、友は家に帰れと言う。川は段々幅が狭くなってきて、畑、田んぼの真ん中を突っ切ってきたためか、周りには人一人いない。
友「いい加減に帰り」
私「まだ帰りたくない」
友「わからないのかよ、ずっと左側でぶつぶつ言われてるんだよ」
左側は川しかない。友人は見えるタイプの人間なので、パニクる私。

友「だから、直ぐ帰れったじゃん。走れ、振り向くな、早くそこから離れろ」
私「もう話すな!聞きたくない!」
私は、電話をぶっちぎって何もない川沿いから、道路にダッシュ。

たまたま国道沿いに出て、そこから携帯で最寄り駅を検索して、駅に向かい始めると、友達から電話が掛かってくる。
友「平気か?走れるなら走れ。あれだけ、電話が聞こえにくいとか。家に帰れとか行ったのに。
早く帰って、わんこと一緒にいな」
ビビりな私は、言う通りに速攻家に帰り、寝るまで犬と一緒にいました。

家に帰す為の友人の詭弁だったと思いたい。


153 本当にあった怖い名無し [sage] 2012/06/04(月) 17:43:32.27 ID:xJ78dbeUi Be:
後日その友達にそれとなく確認しないあなたにほんのり


154 本当にあった怖い名無し [sage] 2012/06/04(月) 18:10:23.06 ID:CgcthxfxO Be:
>>153
一応聞いたんだけど、「話すとついてくるよ?」って言われて、それ以上聞けなかった。
友人は、ぶつぶつ何を言ってたかまで、知ってるみたいだが。

安全な部分だけ聞きだしたら、とりあえず、それは川からは離れられないから、もう近づくなって言われた。
実は、よく色々悩むと、その川にいって川沿いを、上流に向かって源泉まで行こうと歩くんだけど、毎回途中でリタイアするんだよね。友人曰く、「リタイアさせてるんだから、もう止めな」だそうで。

------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

この記事へのコメント

 

>98
そのおっさん
ほんとに「その帰りに」逝っちゃったの?
そん時既にアレだったのでわ?

いやーでも直前には影が薄いともいうからな~
月夜なのにその人だけ文字通り影が薄くなるとか・・・・

魂が抜けててセンサーに反応しなかったのか?

どっちだ?

  • 2012年07月08日 07:17
  • #bb0096Nw
  • URL
  • [ 編集 ]
 

>>126は怖いし面白いんだけど
ホラーとしては「その晩、俺らは結ばれた。」
の一文は要らなかったな。

べっ、別に嫉妬してるんじゃないんだからねっ…!

  • 2012年07月23日 08:02
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。