週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本史における不思議な出来事、奇談。

日本史における不思議な出来事、奇談。

1 :本当にあった怖い名無し:2007/04/23(月) 00:23:05 ID:HpKtBk0m0
滝沢馬琴の「兎園小説」その他に載っている「うつろ舟」の話。
高千穂峰の天の逆鉾。
三世紀頃に消えた銅鐸の謎。
聖徳太子の「日本国未来記」。
南朝子孫のゆかりの寺に祀られる、「草薙剣」。
源頼朝の死の謎。
大坂「南宗寺」に伝わる徳川家康討ち死に説(首塚があるという)。

眉唾ものの伝説から、今だ謎である事まで日本史においては様々な
奇談が伝わります。
上記に挙げた例はほんの一部でまだまだ奇談はあるでしょう。
私の知識は古く、すでに解明されたこともあるでしょう。
そんな様々な出来事を列記していき、意見を出し合い、まとめていきませんか?

------------------------------------------------------------

34 :本当にあった怖い名無し:2007/04/24(火) 12:29:28 ID:cJBA766RO
霧に紛れてキスカ島撤退!だな
霧?により、アメリカ艦隊のレーダーが錯乱!
レーダーに映る霧の彼方の日本艦隊(レーダーのエラー)に向けて長々と砲撃、
弾を撃ち尽くしたアメリカ艦隊は、補給のため、海域を離脱!。
霧の中を進む日本艦隊は、その事に気付かないが、木村提督
は、「今だ!」と艦隊をキスカ湾に突入させる。
丁度、キスカ湾の霧が晴れて、撤退成功。
撤退した直後に霧がキスカ湾を包むと言う、摩訶不思議な出来事でしたな。

------------------------------------------------------------

37 :本当にあった怖い名無し:2007/04/24(火) 22:03:43 ID:vRilRmVn0
天の逆鋒

霧島高千穂峰の山頂に突き刺さる鋒。
天孫・ニニギノミコトが降臨した際突き刺したという。
余談であるが、坂本竜馬夫妻も新婚旅行で訪れている。

銅鐸

用途不明の青銅器。
3世紀に突如作られなくなる。
その謎については、wikipediaを参照されたし。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%85%E9%90%B8

------------------------------------------------------------

41 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 11:37:42 ID:2iLoRRcOO
聖徳太子で思い出した
東大寺に聖徳太子が封印した井戸?があるそうで、
仏教が滅びた時に封印を解くようにと伝えられてるそうだ。
詳しい話知らないですか?
昔、本で読んだんだがその時は写真も載ってた

------------------------------------------------------------

45 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 12:13:32 ID:8MBeirujO
勝てる見込みが薄い日露戦争に消極的だった明治天皇が
ある日突然「この戦争には神様が兵を貸して下さる」って言って
GOサインが出たってのを何かで読んだ事がある。


47 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 12:55:02 ID:C+7c1AHUO
>>45
明治天皇は「外国軍隊の応援をとりつけた!」と叫びたかったのでしょう。
ロシアの極東の覇権拡大を阻止するために、
日本帝国海軍船にはロシアに敵対する外国の士官が、戦術アドバイサーとして乗り込んでいたのです。
「観戦士官」?と記録にある。
イギリスとアルゼンチンから派遣されていました。
くわしくは知りませんが、当時の国際法で観戦士官?が外国の戦闘を指導するのは禁止
されていたらしいです。
が、彼らの違反行為の戦闘参加によりロシア艦隊を撃破できたのです。
有名なT字戦法はイギリス海軍の古典的基本戦術なのです。


52 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 13:47:00 ID:02iT+tXaO
T字戦法は村上水軍の兵法を参考にしたと聞いたが


54 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 14:15:32 ID:wmEOgEi/0
>>47
実際には東郷の戦術運動の指揮ミスだというのが定説だな
敵と対向戦になる局面で突然回頭することは普通はありえない
回頭している戦艦は敵に狙いがつけられず射撃不能だから一方的に攻撃されることになる
だから本来ならば敵艦が接近してくる前にT字を完成していなければならない
現実には突然意味不明な運動を始めた日本艦隊に驚いてロシア側が
うまく対処をしなかったのが日本海海戦において日本側が勝てた要因


56 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 14:44:38 ID:UVlWK2qQO
>>54
つまりはロシア側の虚をついたって訳だろ?
まあ、日英同盟の関係でイギリスの執拗な嫌がらせによって、日本海に着いた時点でバルチック艦隊はボロボロだったんだが……


57 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 15:47:39 ID:C+7c1AHUO
>>52
T―formation、そのままの名前でイギリス海軍の戦術の一つになってました。
。。。しかし飛行機もない時代に地球の反対側のイギリスと外交しているとは。
昔の人のガッツがオカルト。


59 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 18:54:56 ID:UVlWK2qQO
まあ、イギリスとしては中東の石油利権や印度、清国の利権を、ロシアの南下政策から守る為には
日本と組んで東西両側から挟み撃ちが有効だったのよ。
いわゆる地政学を考えればよく解る。

------------------------------------------------------------

53 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 13:51:09 ID:3DHw8dlpO
江戸城の庭に肉人が現れて、家康も見た件を詳しく。


60 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 20:12:03 ID:Lo/Zcdva0
>>53
一宵話ですね。
確かのっぺらぼうがいつのまにか城内に現われゆらゆら天を指しているという話。
気味が悪いので家臣が追い出したが、後日「それは貴重な万能薬だったのに」
と言われたとかなんとか。

あと、姫路城と猪苗代城にそれぞれ怪異譚があるんだけど
泉鏡花の本とか読むとどうも姉妹らしいんだよね。
姉妹設定は創作なのかなあ?

------------------------------------------------------------

68 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 21:07:00 ID:taTE1zUR0
信州最大の謎は、諏訪湖に眠る信玄の水中墓。
国土地理院のソナー探査のおり、
一辺が25mの正確な菱形が湖底に映しだされました。
何故、きちっとした発掘をしたにのでしょうか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E6%B9%96

------------------------------------------------------------

69 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 21:32:43 ID:XQTNNm83O
この前テレビで江戸時代にUFOが現れて、
宇宙人が島流しにされたらしき記述が
残されてると言ってたが

それを見た当初は江戸時代の人間がどうやって
超科学を持った宇宙人捕まえたんだと疑問だった

だが最近シグルイという漫画を読んで
意見が変わった

できる
できるのだ

------------------------------------------------------------

75 :本当にあった怖い名無し:2007/04/26(木) 02:48:34 ID:r7zK9Rd9O
をのこ草子はどうだ

いつ書かれたかもわからぬかなり昔の予言書?のようなもの
かなり克明に現代の社会の様を書き綴っているそうな


78 :本当にあった怖い名無し:2007/04/26(木) 03:30:11 ID:GO4Ebx5HO
なんだこの良スレは。とりあえず>>75めっちゃ面白そう。どこら辺をどう予言してるんだ?


79 :本当にあった怖い名無し:2007/04/26(木) 03:56:14 ID:i2bRJqDG0
>>78
「をのこ草子(をのこ草紙)」という文書を知っていますか?
http://lonehog.gooside.com/YOGEN1.htm

江戸時代にかかれた読み物で、現代でいえば小説みたいなものなのですが、
作者が不明で、成立年代もはっきりしません。
書いてある内容が驚くほど現代日本の世相を言い当てているため、最近注目を浴びている文書です。

「今より5代250年を経て、世の様変わり果てなむ。切支丹の法いよいよ盛んになりて、
空を飛ぶ人も現はれ、地をくぐる人も出るべし。風雲をかりて雷電を益するものもあらむ。
死したるを起こす術もあるべし。」
「よろず南蛮の風を学び、忠孝節義はもとより、仁も義も軽んぜらるべし。」
「さるままに人の心も漸く悪となりて、恐ろしき世の相を見つべし。妻は夫に従
はず、男は髪長く色白く痩せ細りて、戦の場になぞ立つこと難きにいたらむ。
女は髪短く色赤黒く袖無き着物を着、淫に狂いて父母をも夫をも、その子をも顧みぬ者も多からむ。」
「かくていよいよ衰えぬるそのはてに、地水火風空の大いなる災い起こりて、
世の人十が五まで亡び異国の軍さへ攻め来るべし。」
--------------------------------------------------------------------------------- 
明治以降、西洋近代文明を受け入れた日本の社会は、まさにこの通りとなりました。
特に、”死したるを起こす術”が近々の臓器移植に関するものと言うならば、まさに現
代社会の風景を現している下りであるといえなくはないでしょうか
日本社会は隅々まで西洋文明(南蛮)から学びとった結果、
物質文明や利益追求主義がいつのまにやら正義となってしまい。
日本人としての心が失われ、利己主義が蔓延した世の中になりました。
単純に書いてあることを鵜呑みにするならば、「日本の国力(経済)はます
ます弱まり不況を克服できず、さらに追い打ちをかけるごとく、天変地異の
大災害(局所的な地震などではない)で、人口の約半分が死滅する。
大混乱のうちに治安維持を名目に、あるいはあからさまな侵略目的で、
外国軍が進駐し日本を支配下に置こうとする」と言うことになるのです

------------------------------------------------------------

83 :本当にあった怖い名無し:2007/04/26(木) 11:22:53 ID:eKOnwi0yO
日露戦争時、ロシア兵の捕虜が『白い服を着た日本兵はいくら撃っても倒れなかった』と口々にいってたが、
当時白い服を着た日本兵などいなかった。
遠野物語に載ってる話

------------------------------------------------------------

125 :本当にあった怖い名無し:2007/04/27(金) 16:29:00 ID:YH+dB6Nz0
司馬遼太郎の「街道を行く」の三浦半島紀の中の記述。
作戦が成功してキスカから撤退している途中、アッツ島沖を通る時に
全滅しているはずのアッツ島から「万歳」という声がこだました。
それを複数の人がきいた。
司馬遼太郎は「私は魑魅魍魎談を好まないが、この話は信じたい」と書いた

------------------------------------------------------------

126 :本当にあった怖い名無し:2007/04/27(金) 16:29:31 ID:8CGACMFVO
宣教師ザビエル氏。
教科書に出てくる日本に布教活動にきたポルトガル人。
事件わ彼の死後に起こった。
彼は死後、腐敗しないという奇跡を起こす。
神の御技の証だと、彼とゆかりのある日本の教会に彼の腕が「聖腕(バチカンが
聖人と認め体から切断した。)」 として、送られたこともある。
 詳細「ザビエル 奇跡」で検索を。

------------------------------------------------------------

130 :本当にあった怖い名無し:2007/04/27(金) 18:44:14 ID:6SCfLNOJO
イエスキリストは日本に来て東北地方に住み着いたって話なかった?

あと、源実朝が庭を走り回る青女を見たって話とか。
一番気になるのが、東大寺?の大般若経転読会で、寺ゆかりの歴史的偉人の名が次々読み上げられるが、
その中に「青衣(しょうえ)の女人」と言う名がある事。
何でも昔に「何故私を読み落とすか?」と亡霊?が現れて、
僧が機転を利かせて「青衣の女人」と読み上げたら消えたらしいんだが、
一体誰なのか。気になる。


132 :本当にあった怖い名無し:2007/04/27(金) 19:20:09 ID:Hq7OXUlp0
>>130
青森の新郷村にはキリストの墓がある
もとは戸来(へらい)村。
その へらい は ヘブライ から来たそうだ。
地域に伝わる歌「ナニヤドヤラ」はヘブライ語らしい・・・

ちなみにキリストの弟 イスキリ の墓もある。


139 :本当にあった怖い名無し:2007/04/27(金) 22:10:35 ID:E/oqEUCaO
>>132
実家が岩手の北部で戸来村から恐らく100㌔くらい離れてるけど
ナニャドラヤは盆踊りとかで歌われてた。

キリスト云々ってのは聞いた事あるけどどうも胡散臭いよねえ。。

地元で不思議な語感の地名や何かはアイヌ語が由来のものも多いらしいから
アイヌ語が由来だって言われれば、素直に納得するんだけど。

------------------------------------------------------------
面白いけど、長いのでここまで
※続き読んで欲しいけどつながり難いので朝方とかに見てみて
スポンサーサイト

この記事へのコメント

 

見づらいしつまんなくなりましたね
さようなら

  • 2012年05月12日 13:38
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

えー、私はおもしろかったと思うけどなー。
心霊もの以外も見れるから、ここが好きなのに。

  • 2012年05月13日 08:07
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

おもしろい
とてもオモシロイ

  • 2012年05月13日 10:03
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

幅広く押さえて色々紹介してくれる管理人さんにはいつも感謝してますよ!今週も楽しかったですよ!

  • 2012年05月15日 15:26
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

歴史オンチだけど充分面白かった
余りにもマニアックに滔々と語られると
読むのが大変で飽きちゃうけど
これくらいなら読みやすいと思う

  • 2012年05月20日 02:24
  • #bb0096Nw
  • URL
  • [ 編集 ]
 

私も面白いと思います

安定の週間弐式クオリティ

  • 2012年11月26日 01:33
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。