週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとした不思議な話や霊感の話 その9

ちょっとした不思議な話や霊感の話 その9

1 :可愛い奥様:2010/10/07(木) 01:51:15 ID:uyduMzif0
引き続き楽しみましょう

------------------------------------------------------------

8 :可愛い奥様:2010/10/07(木) 12:49:48 ID:cx2ZiBcw0
もう何年も前から不思議な事なんだけど・・・。

Youtubeとかで特定の歌手の映像を見ると
数日後にうちの子が具合悪くなる。
例えば熱が出て学校を休むとか。
ずっと熱なんか出てなくて、1年ぶりにその歌手の映像を見たら
2~3日後にやっぱり1年ぶりに熱を出したり。
何なんだろう?
私に何か起きるとかじゃなくて必ず子どもに弊害が出る(気がする)
有名な歌手だから別に大勢の人も見てるのに・・・。

------------------------------------------------------------

11 :可愛い奥様:2010/10/07(木) 13:51:10 ID:LtYjcx630
私が小学校を卒業し、中学入学を控えた3月の頃の話です
当時父方の祖母が近所のアパートに住んでいました
母の体が弱かったので、私の面倒を見るため祖母が毎日アパートから通う
そんな日々が幼稚園の頃からずっと続いていました

私は祖母の住んでいたアパートには一度も行った事がありませんでした
「近所に変な人が住んでるから」と母から聞かされていました
小学生だった私にはあまり理解できませんでしたが、おそらく小児性愛者の類だったのだろうと今では解釈しています
一度だけ友達を連れて近くまで行った事がありましたが、
母にこっぴどく叱られたのでおそらく間違ってはいないと思います


ある日階下に下りると、いつもそこにいるはずの祖母がいません
おばあちゃんは?と両親に聞くと、今日はまだ来てないよ。との事
その瞬間

見知らぬアパートらしき玄関に自分が立っていました
立っていたというか、玄関の風景が見えたというか
そして目の前にはうつぶせに倒れた祖母

瞬間的に叫びました
「おばあちゃんが倒れてる!玄関で倒れてるから早く行ってあげて!」
両親は半ば呆れながら、
まだ来てないだけだから。
そういえばもう夕方だから今日は来ないのかもしれないよ。

そんな事はない
今行かないとおばあちゃんが死んじゃう
なぜだか確信がありました

行ってあげて!おばあちゃんを迎えに行ってあげて!
玄関で倒れてるんだから!早く!
何故こんなに必死になってるのか自分でも理解できないほど泣き叫びながら両親に訴えました

母は困った顔で、
「行っておばあちゃんを連れてくれば気が済むんだから、ちょっと行ってきてあげてよ」
と父に言いました
父も母に言われたから渋々…という感じで自転車で出かける父

暫くして父が顔色を変えて帰ってきました


「ばあさんが倒れてた!救急車呼んだ!今からまた病院行ってくるから用意しろ!」


よかった。間に合った…!
本当に倒れていた事に自分ながら驚きましたが、「間に合った」という気持ちの方が強かったです

そして父が変な顔で私を見ていました
私の言った通り、祖母は玄関でうつぶせになって倒れていたそうです
なぜ私がわかったのか不思議だったのでしょう
私にもわかりません

祖母は脳溢血で倒れたそうで、もう少し発見が遅かったら危なかったとの事
その後意識も戻り、私が高校3年の秋に亡くなりました

母の話によると、祖母は来る時もあれば来ない時もあり
祖母が倒れたあの日も大して心配はしてなかったそうです
当時、なんで2人はこんなに落ち着いてるんだろう。おばあちゃんが来てないのに。と
両親に対して少々イラつきながら泣き叫んだ私ですが、話を聞いて納得です
でも私の記憶では祖母は毎日来てたのです
学校に行ってたので気づいてなかっただけなのかもしれませんが
私の記憶の中では「あの日」だけおばあちゃんがうちに来なかったのです


ちなみに祖母の容態が急変した時は父が気づきました
お墓参りついでの家族旅行に出かけていた時です
「胸騒ぎがする」と
朝食も食べずに父が先に帰りました
家に着いた瞬間に病院からの電話が鳴ったそうです

あの時はおまえがばあさんのメッセージを受け取ったけど今回は俺だったな。と
誇らしげにしてた父が印象的でした

ほどなくして祖母は亡くなりました
89歳の大往生でした

子供だったからあそこまでダイレクトに虫の知らせ?が来たんだと思います
今だったら絶対なんにも感じない・・・

------------------------------------------------------------

16 :可愛い奥様:2010/10/07(木) 14:50:03 ID:cXBHw+LFO
小学二年生の時一番仲良かった女友達、毎日おばあちゃんの話をしてた。
優しい人でいろいろ話してくれるらしい。よほど好きなんだなと思ってた。
聞いてると、おばあちゃんはいつも屋根裏部屋にいて、その子がそこへ行くらしかった。
で、ある日その子がおばあちゃんに会わせてあげるから、うちに呼んでくれた。
行くと普通のお宅だが、たしかに2階の上にはしごで上ると屋根裏部屋が(ロッジみたいな)あった。
その子が「おばあちゃん!」と何回も呼んだが返事も姿もなく、「あれ?おばあちゃんいない。どうしたんだろ。」とつぶやいていた。
結局おばあちゃんには会えず普通に遊んで帰った。
それからピタっとその子がおばあちゃんの話をしなくなり、聞いてみると、
「おばあちゃんあの日からいなくなっちゃった」と言っていた。
後で他の子に聞いたら、あの家にはおばあちゃんはいないと言うことがわかった。
おばあちゃんの話は親にも話さず秘密で私だけに話していたらしい。

たぶんその子はそこにいたおばあちゃんとほんとに話ししていたんだろうと思う。
なぜ私にだけ話し、私が行ったら消えてしまったのか、不思議だが、
結局その子もその後すっかり忘れたかのようにおばあちゃんの話をしなくなったので聞けずに終わった。

------------------------------------------------------------

27 :可愛い奥様:2010/10/07(木) 21:52:44 ID:5q7Q8FwQO
自分が小学校低学年の頃までは、
夜は親と一緒に寝ていた

夜中、父のいびきがうるさくて目が覚めて、
父を見たら
横に赤ちゃんが寝ていました。
怖くなって騒いで親を起こして、しばらくして落ち着いたのでまた寝ました。

翌日、母から初めて聞かされたのですが
私と姉が生まれる前に、
一度流産していたそうです。

------------------------------------------------------------

38 :可愛い奥様:2010/10/08(金) 21:16:21 ID:tf3KUqvl0
今日スーパーからの帰り道に、ご近所の玄関先にある犬の陶器の置物に吠えられた
疲れてるのかな…

39 :可愛い奥様:2010/10/08(金) 21:27:40 ID:gu3Z7jEc0
あ、自分もあるよ、ドーベルマンの陶器にw
病気になったかと思ったよ。


58 :可愛い奥様:2010/10/09(土) 16:09:52 ID:cV7UmHir0
犬の置物って、防犯のために人が通ると吠えるやつがあったりして


59 :可愛い奥様:2010/10/09(土) 16:17:27 ID:n/AqT3pMO
>>38人感センサーで吠える陶器の犬の置物じゃない

------------------------------------------------------------

80 :可愛い奥様:2010/10/13(水) 09:08:07 ID:BsKvlrQJ0
人がいないのに勝手に作動するのってアレ何だろうね。

うちは電話の子機。通話が終わって充電機に戻すと
「ポーッ♪」って音が鳴る仕様なんだけど、時々
さわりもしないのに勝手に鳴ることがある。誰も近くにすらいないのに。
あと、待機状態のときはディスプレイのバックライトが消えてる仕様なのに
着信も無いのにこうこうとついてたりすると、真夜中なんかに見るとギョッとする。

オカルト好き向けの仕様か?


90 :可愛い奥様:2010/10/13(水) 11:39:14 ID:xoVN/j4c0
>>80
うちの電話も時々音もなく光って驚かせるが、よく調べたらナンバーディスプレイで、非通知お断り設定が作動中だった。

ある真冬の夜中に、誰もいない浴室からジャーッと水の音が。
意を決して見に行くと、浴槽の湯はり口から出てる。
震えながら念のためマニュアルを調べたら、凍結防止に自動で吐水してたのだったw

でも、深夜から未明に、時々センサーでぽうっと明かりが大きくなる門灯は、
どう調べても何に反応してるのか分からない。

------------------------------------------------------------

115 :可愛い奥様:2010/10/14(木) 12:06:25 ID:5OOAM0if0
昔、赤が産まれたばかりのころ、2階で赤と並んでうたた寝してたら階段を上がってくる足音。
それが家族が上がってくるみたいな自然でリラックスした足音だったので、
旦那が上がってきたんだと思ったけど、よく考えたら旦那は仕事でいないはず。
「もしや強盗?」とパニックになり、どうしたらいいかわからず、とっさに寝たふりをした。
すると足音は寝ている布団の横にたたずみ、赤の顔を覗き込むような気配が。
ここまできて赤の命を守るべくガバッと布団をはね除けてすごい形相で起きたら誰もいなかった...。
すごく怖かったけど、後から考えてみたら別にイヤな感じは全然なかったし、むしろ漂う微かなほのぼの感。

あれは亡くなった私の父が孫の顔を見に来たのかもしれないと今では思う。
赤が喋れるようになってから「とうめいなジージがきた。」と1階の窓の外を指差した事があったし。
あのとき、もっとゆっくり孫の顔を見せてあげれば良かったなぁ。
それ以来亡くなった私の父を指す時は、健在な旦那方のジージと区別して「透明ジージ」と呼んでいます。

------------------------------------------------------------

127 :可愛い奥様:2010/10/14(木) 17:49:05 ID:q7fZjN/y0
学生の頃、実家を離れて大学の寮に住んでいた。
田舎の学校で、その敷地から歩いて20分程度の場所にある寮でした。
周りは住宅地で、古くからのお宅とベッドタウン化による新興宅地が混ざった感じ。
寮は4階建てで屋上に物干があり、夜間は屋上への出入り禁止だったけど、
みんな時々屋上へ出て煙草を吸ったり小声でおしゃべりしたり。

たしか私が2年生の終わり頃、なんとなく眠れない日が続いてた。
良く夜中に屋上へ出て1時間くらいボーっとしたりはしていたので、その日も防寒対策して行ってみた。

フェンスのそばのベンチで夜空を見上げたり、夜の住宅街を上から眺めたりしていたら、
寮の門の前に左右に伸びる比較的広めの道路に何か動くものを見つけた。
自分から見て左手側、門から100m以上離れたあたりに人影があった。
周りとの比較から子供と思えるくらいの背格好、脇道からその道路へひょいっと出たり入ったり、
ちょこちょこっと走り出したと思ったらまた向きを変えて脇道へ入ったり。

何だろう?こんな夜中に(確か午前1時は過ぎていた)と思いながら、
なぜか目が離せなくなってじっと観察してしまった。
なかなか近づいてこないのでイライラした気持ちでいたんだけど、
田舎道のまばらな街灯の光で、徐々にそいつの姿が判別できるようになってきた。

びっくりした。
道端の自販機と較べた感じでは背丈はたしかに10歳くらいの子供サイズ。
でも体はガリガリに痩せていて、頭が異常に大きく見える。
頭を支えるのが大変なのか、歩くたびに首が不自然にゆらゆら動いている。
大きな顔の中で目も異常に大きく感じられ、しかも極端な黒目っぽいのがさらに無気味だった。

体がガリガリだったと書いたけど、そいつがどんな服装だったのかはどうしても思い出せない。
自分の中では裸だったという記憶もあるけど、だからといってそれに確信は持てない。
表情はニヤニヤ笑いだった。子供がそのまま老人になったような、薄い感じの顔。
夜中に4階の屋上から見ていた自分が、それらをはっきり目にしたという自信は今となっては持てないけど、
フラフラ歩いて近づいてくる無気味さは消えようがない。

門から50m程になった時、そいつがいきなりこっちへ視線を向けた。
私は黒いダウンコートを着て、声も出さずにしゃがみ込んで4階の屋上にいたのに、
そいつは迷わず私に向けて視線を向けてきた。
お互いに相手を見ていることが私にもはっきり判って、鳥肌が立つのと手の平に汗が出るのを同時に感じた。

そいつは立ち止まってこっちをじっと見ながら、ニヤニヤ笑いを続けていた。
私が固まったようになっていると、突然そいつはこっちに向かって走り出した。
あのヒョコヒョコとした不安定な動きで。

私は多分パニックになりかけで、声を必死で押さえたままで屋上から中へ飛び込んだ。
寮の建物自体はオートロックで施錠されている。自室のドアも鍵がかかる。
3階にある自分の部屋に駆け込んで鍵をかけ、異常なくらいの心臓のバクバクを感じていた。
何をどうしたらいいかわからない。何あれ!何あれ!なんでこっち来るの?
部屋の電気をつけたらあいつにわかってしまうという恐怖で、暗闇の中で震えた。
友達の部屋に行こうか?でも廊下であいつに会ってしまったら?
寮の中にいるわけない!きっとただの酔っ払いかなにかだ!
頭がグルグル回るような感じがして、気がついたら涙まで出ていた。


すぐに窓の外から砂利を踏む音が聞こえた。寮の周りを歩いてる!
ジャッザザッザ…ジャッザザッザ…みたいにひきずるような感じ。
私はもうたまらずに寮長さんの携帯に電話した。
眠そうな寮長さんの声が聞こえたとたん、変なプライドや気取りが蘇った私(笑)はできるだけダルそうな声を作り
「誰かが寮の周り歩いてるみたいで迷惑なんスよね~」と言ってみた。
「わかりました。念のために見回ってきますから」と言ってくれて一安心。
しばらくして明らかにさっきとは違う普通の足音がして、去って行った。
今度は寮長さんから電話をくれて、
「不審なものはなかったですよ。施錠も大丈夫でした」という言葉に安心して眠ることができた。

次の日、1限からの授業だったので普通に起きて寮の玄関を出た。
玄関の左側へ10mくらい行ったあたりが、私の部屋の窓の真下になる。
昨日は怖かったなぁ、と思いながらそのあたりに目を向けると、何かいつもと違う印象を受けた。
恐る恐るそっちへ近づくと、昨日感じた鳥肌が一気に蘇ってきた。

私の部屋の窓の真下、その地面に、子供がよくやるように片足で砂利の地面をこすって線が引かれていた。
図形はきれいな二重丸だった。
直径1mもないくらいの二重丸が、まるで手で整えられたようにきれいに書かれていた。
証拠を残すとかいう考えもなく、頭が真っ白になった私は自分の足で砂利を蹴って二重丸を消した。
あれから砂利を踏む足音が聞こえるとこのことを思い出してしまう。

------------------------------------------------------------

137 :可愛い奥様:2010/10/15(金) 03:56:05 ID:J4+d+6hYO
自分がみた話じゃないんだけど、学生の時にアパートに住んでた友達が変なものを見たと言ってた。
夜中にタバコを吸おうと窓際にいったら向かいの民家の屋根に誰かがしゃがんでる。
泥棒か?と思いながら自分ちのベランダに出てみたら
そいつはサルの顔に狼みたいな体をした生き物で、じーっとしゃがんでこちらを見てたらしい。
友達もじーっと見てたらヒョイと立ち上がってピョンピョンと屋根伝いにどこかへ消えたって。
後日、みんなで「猿じゃないの?」って笑ってたら
友達の一人が「鵺(ぬえ)だよ」と真顔で言って図書館で調べたら「あーこれだ」って見た本人も断定してた。
幽霊なのか妖怪なのかUMAなのかわからないけど変なものっているみたいね。

------------------------------------------------------------

149 :可愛い奥様:2010/10/15(金) 19:43:17 ID:pZvvzokp0
夜中になると、すぐ近くの河川から「キェーーッ!クェーーッ!」って泣き声が
聞こえてくるんだけど、あれを勝手に鵺の鳴き声だと思ってた。
すごい不気味な怪鳥声で、さすが鵺!泣き声がこぇ~と思ってたけど
鵺の泣き声って笛みたいな音らしい。
だったら、あのキェーーッ!クェーーッ!は何が鳴いているんだろうかと
気になってる。


150 :可愛い奥様:2010/10/15(金) 20:06:36 ID:6BJuH8JV0
>>149
カラス?

河童。
聞いたことあるわ、その泣き声。
基地じみた声なのよね。


151 :可愛い奥様:2010/10/15(金) 20:41:43 ID:yqpy5krH0
夜鷹とか?


152 :可愛い奥様:2010/10/15(金) 20:51:40 ID:pZvvzokp0
河童w夜鷹w笑ったww

カラスではないと思う。
夜中に自転車で河原を通った時、河原の草原の中から聞こえてきたので
地面にいるっぽい。
本当に気違いじみた声で、狂ってるような鳴き方なんだよね。
あれを突然近くで聞いたら、ビビるビビる。


155 :可愛い奥様:2010/10/15(金) 22:28:49 ID:7CXhN6Zt0
>>149
キジのような鳥が潜伏していると思われる。
川原を根城にしている。
あと尻尾の長い暗い灰色した大型の鳥。
学生の頃、ギエー!ギョエエエエエ!と群れで鳴いているのをよく見た。

------------------------------------------------------------

157 :可愛い奥様:2010/10/15(金) 23:39:17 ID:ikj5wenP0
子供の頃、夜になると裏の森から聞こえる奇声にビビってた。
その森には木が鬱蒼と生い茂り、小川も流れてたので絶対カッパだと思ってた。

何年か経って正体が判明。
フクロウのヒナが母を呼ぶ声だった。
受験勉強中にふっと窓の外に目をやると、私の部屋のすぐ外の木の枝に
フクロウが居て、目が合ったりした。可愛かったなあ。

------------------------------------------------------------

163 :可愛い奥様:2010/10/16(土) 10:27:47 ID:/AC5u/vCO
昨日、テレ東のミイラ番組見た人いるかな?

なんか、ゾクッとするミイラとそうでもないミイラがあった。

生け贄のミイラはゾクッとした。
ヨーロッパでも生け贄とかあったのは知らなかった。


164 :可愛い奥様:2010/10/16(土) 11:05:00 ID:quPJfKHa0
>>163
首を切られてた人だけゾワゾワした。
首に縄が付いてた人は怖くなかった。

家の中に飾られているミイラを見てたら
好きだった祖父のお墓参りに行きたくなった。


165 :可愛い奥様:2010/10/16(土) 11:30:31 ID:pnA2ZZALO
生け贄ミイラは、何故あんな真っ黒になっちゃったんだろ。
その辺の説明あった?
沼に沈めた時、通常なら浮かび上がるよね?
重りでも付けて沈めたのかな。


166 :可愛い奥様:2010/10/16(土) 11:38:20 ID:quPJfKHa0
>>165
泥炭のせいだって。
重りの説明はなかったなあ。


167 :可愛い奥様:2010/10/16(土) 11:45:27 ID:/AC5u/vCO
>>164
自分も同じだ。
首切られたミイラだけゾクッとした。
恨みや無念さが伝わってくるような。
ネットで調べたら、
あのミイラは、自分の運命を悟って、
ヒゲもそれなかった状態と推測されると書いてあった


>>165
沼の炭と水苔の酸化作用によってじゃなかったかな?
詳しく覚えてなかった
スミマセン。


175 :可愛い奥様:2010/10/16(土) 15:36:45 ID:FtXaBJ9V0
>>163
興味ある!見ていないので、番組の詳細を教えて下さい。


177 :可愛い奥様:2010/10/16(土) 15:46:22 ID:n4vflpoa0
>>175
昨日あったんだよ。

今夜解明! ミイラが暴く世界三大ミステリーツアー2
http://www.tv-tokyo.co.jp/contents/newtitle/69045.html

------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

この記事へのコメント

 

>>152
こいつなんか勘違いしてね?
>>151は夜鷹という実在する鳥の名前をあげたのに、
そこから派生した「売春婦」という意味で解釈してね?

  • 2010年10月18日 04:57
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

>>127が地味に怖すぎるんですけど(汗)

  • 2010年10月18日 09:38
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

127、マーク消してなかったらどうなってたんだろうと思うとガクブルだよね。

  • 2010年10月18日 21:08
  • ´・ω・` #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

>>127はねぇ、たぶん餓鬼だと思うよ。
超怖い話か、新耳袋に同じような話が載っていた。目を合わすと、よろしくないとあったような...。

  • 2010年10月18日 21:34
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

新耳袋だねえ。
アーモンドアイみたいなタイトルで。

  • 2010年10月20日 19:55
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

>>16
友達、おばあちゃんの霊と仲良くなる(血縁か通りすがりかは解らないが)

友達、>>16と仲良くなったので紹介しようと屋根裏へ連れていく

おばあちゃん、友達に>>16という普通の友達が出来た事に安心して成仏、もしくは他所へ行く

だったら切ないと思った。

  • 2010年10月23日 12:23
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

>>16 は「幽霊」っていう北杜夫の小説に通ずるところがあるかも…

  • 2010年10月23日 23:23
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。