週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

末路があまりにも悲惨だった人物

末路があまりにも悲惨だった人物

1 :人間七七四年:2009/02/08(日) 21:13:59 ID:MQMJKhoj
ちょww
お前あれだけこの世の春を謳歌してたのに最後はそれかよ
って感じで転落しちゃった人教えろ

------------------------------------------------------------

8 :人間七七四年:2009/02/08(日) 21:58:58 ID:6yb5N9sc
大浦政信

戦死した事に気づかれないで放置される殿

------------------------------------------------------------

16 :人間七七四年:2009/02/09(月) 02:30:31 ID:pYP9pDWS
龍造寺隆信

最盛期を築くまでは名将だが…

最後は一説には(デブすぎて馬に乗れない為)輿をかついでた部下に見捨てられて討ち死に

馬に乗れないってww
半身不随の道雪ならまだしも原因が肥満…

------------------------------------------------------------

26 :人間七七四年:2009/02/09(月) 12:44:37 ID:8xGD0cMC
九戸政実:籠城戦で奮闘するも、謀略にかかって捕らえられ結局死罪。(くのへまさざね…orz)
大友親貞:義元と違いガチで酒で酔っぱらって鍋島直茂ら奇襲喰らいに斬り殺される。
秋山信友:岩村城攻めで降伏勧告に従い捕らえられるも信長の怒り収まらず逆さ磔で殺される。
蔵田直信:毛利元就の説得に応じ尼子経久に投降するも、経久に行動の件を咎められ斬り殺される。

------------------------------------------------------------

46 :人間七七四年:2009/02/10(火) 21:41:20 ID:0+LnUg20
石川五右衛門 油をたっぷり入れた大釜で、こんがりと揚げられる。

------------------------------------------------------------

48 :人間七七四年:2009/02/10(火) 23:39:08 ID:Ypa8EkJs
小笠原長時
源氏の名門小笠原氏の嫡流で信濃守護職
親父が苦労して一族を統一し周辺勢力とも友好関係を築いたのに
家督を継いだらプライドの高さと人望の無さで内外から嫌われ
それにつけ込んだ武田晴信には連戦連敗。ついには所領を追われ
その後は劉備並みの流転人生で転がり込む先が悉く没落するという
貧乏神っぷり。最期は蘆名家(ここも数年後滅亡)にて病死だが
長年いじめてきた家臣に殺られたとの説もある。
「風林火山」じゃ憎めないバカ殿という感じだったのにね。

------------------------------------------------------------

70 :人間七七四年:2009/02/12(木) 23:23:21 ID:fzb6tu0U
秋山関連で織田信房は?
信長の四男として生まれたのに微妙な遠山家の養子に↓。
かと思ったら養母が実家の敵方を迎え入れちゃって敵国に。↓
敵国で元服しちゃって不名誉な名乗りをつけられる。↓
ようやく織田に帰還。新しい名前つけて貰って兄貴と共に武田をやっつける↑

さぁこれからブイブイ言わせちゃうぞってところで本能寺の変、二条城で討ち死…
下げて下げて上がったところであぼん。結構悲惨じゃね?

------------------------------------------------------------

72 :仙台藩百姓:2009/02/13(金) 10:31:55 ID:AvjI++kv
上杉謙信
ウンコ気張り過ぎてケツ出して倒れたんだおね( ^ω^)
もしくはケツ刺されて死んだとか

------------------------------------------------------------

111 :人間七七四年:2009/02/20(金) 16:03:10 ID:4UEqKR8y
吉良上野介義央 キレたあんちゃんに切り付けられた上、屋敷を暴徒に襲われて殺される。


112 :人間七七四年:2009/02/20(金) 17:39:19 ID:CS8PBft3
しかも死後も、やってもない事までやった事になって叩かれてた。

------------------------------------------------------------

123 :人間七七四年:2009/03/12(木) 23:55:19 ID:YhxT62VW
時代は下るが細川宗孝。

本人自身、何で死んでいくのか分からなかっただろう。



136 :人間七七四年:2009/03/20(金) 01:42:44 ID:phhfUyog
>>123
人違いで殺されたのかよ カワイソス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E5%B7%9D%E5%AE%97%E5%AD%9D

------------------------------------------------------------

126 :人間七七四年:2009/03/13(金) 10:28:20 ID:SPrrzZ2q
もう少し生まれるのが早ければその軍才を活かす場もあったし、
死後になってまで源氏名“幸村”の人に功績をもってかれるような事もなかったかもしれない、
と思えば毛利勝永もある意味悲惨な末路、かも。

まあ文字通り悲惨な末路なら鋸引きにされた大賀弥四郎とか。
あんな死に方は絶対したくない。

------------------------------------------------------------

138 :人間七七四年:2009/03/20(金) 12:46:47 ID:rloz7vED
畠山義継
バラバラに切り刻まれた揚げ句に藤蔓で繋ぎ合わせて数キロに渡って引きずられ
街道筋の木にぶら下げて晒された
大名でここまでスプラッターな最後を遂げた人はまずいないかと

------------------------------------------------------------

146 :人間七七四年:2009/04/05(日) 05:45:16 ID:EVwN4A1p
スレ違いだけど
末路というより死後悲惨だったのは斉の桓公
死んだ後彼の家臣たちが勢力争いにあけくれ
遺体は何十日も放置され蛆が湧いたという


151 :人間七七四年:2009/04/05(日) 20:03:12 ID:L9r4sVlJ
>>146
その人物と比較するなら、後土御門天皇かな。

お金が無いから息子に譲位出来ず、息子の即位式をするのに21年待ち、
亡くなった後も葬儀をするお金が無いから、遺体を一ヶ月以上そのままにされたという。

------------------------------------------------------------

147 :人間七七四年:2009/04/05(日) 13:00:44 ID:iu75iEDg
中国の戦国時代なら趙の武霊王は2ヶ月だか自分の息子の軍に宮殿を包囲
され続けて餓死したよね。彼のおかげで趙は秦と張り合える強国になったのに。

------------------------------------------------------------

212 :人間七七四年:2009/07/12(日) 01:46:46 ID:wPlhlqLn
服部小平太

桶狭間で義元に一番槍喰らわせたものの、小指食いちぎられた挙げ句首を毛利新介に取られた人。

その後も地味に伊勢攻めとか高遠城攻略とかに参加して、
ついには豊臣秀次の家老になったものの、
主君の巻き添えくらって切腹。


213 :人間七七四年:2009/07/12(日) 08:45:55 ID:QHEqZE6M
あれ、小指食いちぎられたのは毛利の方じゃなかったっけ?

------------------------------------------------------------

251 :人間七七四年:2009/08/05(水) 23:56:46 ID:35jv+ESW
真田幸村って首を取られた後、雑兵が寄ってたかって
只でさえ薄い髪の毛を全部毟られたんじゃなかったっけ?


259 :人間七七四年:2009/08/07(金) 17:19:59 ID:JyFQPZbv
>>251
すんごい戦いっぷりに感銘を受けた連中が、お守り代わりのような意味で丁重にきりとっていったんじゃないっけ。
名誉なことだと思うけど。

------------------------------------------------------------

288 :人間七七四年:2009/08/17(月) 05:54:48 ID:wareytu4
よく考えてみると島流しされたり追放されたり所領をうしなって放浪するやつは
意外と長寿だな

289 :人間七七四年:2009/08/17(月) 06:49:14 ID:8aq0+8IE
島流し健康法


292 :人間七七四年:2009/08/17(月) 10:56:23 ID:fyrK3v4Y
>>288
食事が質素になるからじゃない?
天海とか家康も長寿だし


293 :人間七七四年:2009/08/17(月) 23:20:21 ID:N6ioc2nN
斉藤道三に追放された土岐頼芸も本能寺の変頃まで生きてるしな

------------------------------------------------------------

362 :人間七七四年:2009/08/31(月) 07:54:58 ID:d3X1Do+/
判官贔屓有りなのか、無しか不明瞭だけど。
人物なら勝頼正室、北条夫人とか末路が悲惨だと思う。


364 :人間七七四年:2009/09/03(木) 02:02:27 ID:zmdDi2tr
>>362
妻の悲惨な死に様というと敵に売り渡されて拒否って自殺とか獄死とか狂死とか
さらに敵の家臣に下げ渡されて死亡とかだろ(実際にあるかどうかはしらんが)
夫に添い遂げるとか夫の死を聞いて殉じるとかは自ら望んでの死だから悲惨とは違うような
嫌いな夫に仕方なく殉じたのならわかるが


365 :人間七七四年:2009/09/03(木) 06:28:15 ID:PLuEQGHZ
亡夫の跡を継いだ妻が寄せ手の大将に降伏してみたら、その妻になっていたってのがあったな
その後、元の主君の軍勢に攻められて落城
夫ともども逆さ磔にされた

------------------------------------------------------------

371 :人間七七四年:2009/09/19(土) 13:56:52 ID:2cKididI
末路が悲惨というか
「殺され方がいちばん悲惨な戦国武将」っていったら誰だろうな?
処刑が地味な日本じゃなかなか難しいか?
シナの処刑もグロいが欧州も鉄板の上で焼き殺したりすさまじいものがあるからな


373 :人間七七四年:2009/09/19(土) 16:05:21 ID:uneRQjZi
>>371
戦国武将の家柄の人物なら石川五右衛門(一色家家臣石川氏出身説がある)。
釜煎りの刑(釜茹では誤伝)だから、焼いた鉄釜で煎られるという
>鉄板の上で焼き殺したり
これと似たような感じ。
残虐な殺し方についてはキリシタンに対する拷問方法が一番残酷。
蓑踊りとか。
あと秀吉は播磨攻めの際に反抗した郷村の人間を見せしめのため串刺し刑にしてる。
逆さ串刺しだったかな?
そんで街道そばにズラリと並べた。
国許の近江に「せいせいしたぜw」みたいな手紙を送っている。
日本の残酷な処刑というと「鋸引き」じゃないかなぁ。

まっとうな戦国武将ならやっぱ秋山ぐらいしかいない気もする。
日本だとほとんど自害か斬首・磔刑・切腹だからな。


374 :人間七七四年:2009/09/19(土) 19:36:47 ID:Bn9NZkKP
信長狙撃した坊さんだろ


380 :人間七七四年:2009/09/20(日) 00:15:28 ID:tarr61bb
>>374
杉谷善住坊な。鋸引きの刑。

------------------------------------------------------------

384 :人間七七四年:2009/09/20(日) 21:42:45 ID:NRjEMHTW
福島正之

別所家から養子に貰われてきたが、正則に実子生まれたので
幽閉されて餓死

一番悲惨だとは言わないが哀れではある


390 :人間七七四年:2009/09/22(火) 01:20:49 ID:5Mex11xX
切腹を強要されたとか、自殺に見せかけて殺されたとか言う話はあるが
餓死、というのは日本の武士の死に方としては(篭城戦とかは除くと)結構珍しいような気がする
正則は軟禁、廃嫡に留めるつもりでいたけど、正之の方は抗議の意味もこめて
自ら食を断って餓死したのかな、などと思うと余計哀れだな。
ちなみにこの人の息子の大道寺直秀は、福島家再興を画策して、
その動きを危険視した母親に毒殺されたそうな。

------------------------------------------------------------

393 :人間七七四年:2009/09/22(火) 03:11:48 ID:H1+mk/7y
戦国じゃないが、藤原清衡
錆びたノコで首落としたんだよな

------------------------------------------------------------

402 :人間七七四年:2009/09/28(月) 12:47:47 ID:zgdhhU0S
殺され方が悲惨な戦国武将か・・・
徳川から武田に寝返ろうとした、大賀弥四郎とかどうだ?
裏切り計画が露見して、妻子磔を見せられた後に、足の腱と両手の指全部切断されて。
首だけ出して埋められて、鋸びきの刑。6日後に死んだみたいだが。

------------------------------------------------------------

412 :人間七七四年:2009/09/30(水) 12:38:28 ID:AhgYf2UF
地震で一族滅亡した飛騨の大名なんつったかな


417 :人間七七四年:2009/10/02(金) 23:32:06 ID:4zt8hNeJ
>>412
内ヶ島家

大名なんてそんなたいそうなもんじゃなくて、
小豪族・国人クラスでしょ

------------------------------------------------------------

421 :人間七七四年:2009/10/06(火) 01:29:59 ID:35ty1S4q
わずか10歳で処刑された浅井長政の子、万福丸。串刺し刑が本当なら悲惨過ぎる


423 :人間七七四年:2009/10/09(金) 14:27:27 ID:q4GyqNfP
>>421
串刺しで殺すんじゃなくて、
打ち首で殺してから、見せしめのために死体を串刺しにして晒す、という方法。

------------------------------------------------------------

439 :人間七七四年:2010/01/25(月) 03:31:07 ID:MSDsrb/3
やはり辛酸を舐めて死んでいったのは、信長の三男織田信孝であろう。
彼の生母は坂氏という身分の低い家柄であった為、実は信雄より先に
生まれているにも関わらず、弟にされてしまった。
信長死後、柴田勝家について反秀吉軍団に属するが、秀吉に攻め立て
られ、大事な娘と生母まで人質に取られてしまう。だが、元々優柔不
断な性格から、人質を秀吉に取られているのに再び裏切って勝家に付
き反秀吉色を明らかにした。いくら秀吉でも二度の裏切りに堪忍袋の
緒が切れて、信孝の居城を攻める前に安土城の馬場で、先代の側室で
ある坂氏と信孝の長女雪姫を磔にして万福丸同様に無残な串刺し刑に
処してしまったのだ。
だが、柴田軍は早々と秀吉軍に破れ敗走途中で信孝は捕らえられ、知
多大御堂寺に幽閉され切腹を命じられた。
この時の辞世の句が、怨念のこもった物であった。
「昔より主をうつみの浦なれば報いを待てや羽柴筑前」

この話には後日談が付く。三十路を大きく回っていたとは言え、主君
信長の側室であった坂氏寛子は絶世の美女で、秀吉はぞっこんであっ
たのだが、彼女は頑として情けを受けようとしなかった。
それで秀吉は、腹いせに生き身の女子にとっては極刑中の極刑である
串刺し刑に処したそうだ。哀れなのは十歳の娘であった。信孝の乳母
も許されずに一緒に串刺しにされたそうだ。安土城の馬場は、三人の
女子の血で染まり、それを血祭りに狂った様に戦ったそうだ。

------------------------------------------------------------

442 :人間七七四年:2010/01/27(水) 00:01:52 ID:nuWzTFWI
貧乏で餅が買えなかった戦国武将っていなかった?
なかなかの猛将だったが、貧乏だったっていう・・・


445 :人間七七四年:2010/01/27(水) 06:56:56 ID:Jt4x/jed
>>442
公文重忠

------------------------------------------------------------

454 :人間七七四年:2010/02/02(火) 19:09:44 ID:vueBHgs1
大友家に謀反したとして攻められ、互角に戦った後
和睦すると偽られて騙し殺された佐伯惟治

死んだ後怨霊になったとされ、その霊を鎮める神社が
20余り建立されたやばい人。

------------------------------------------------------------

455 :人間七七四年:2010/02/03(水) 17:51:04 ID:1DsQTHc8
残虐な事を繰り返してて、死んだときに
敵はおろか、味方にも喜ばれたのって誰だっけ?


458 :人間七七四年:2010/02/15(月) 20:23:51 ID:1V/XsfZH
>>455
ひぜんのくまさん

ピンチに側近に放ったらかしにされて置いてけぼり状態で惨殺され、
その後「首は返すよ」と敵に言われるも「そんなもんいるか!」と拒否されたという


460 :人間七七四年:2010/02/17(水) 00:24:06 ID:54vipKig
>>458
森武蔵のことじゃないのかな

------------------------------------------------------------

501 :人間七七四年:2010/03/20(土) 11:06:27 ID:Bjd65fqO
源頼家
実母とその実家VS政略結婚させられた嫁の実家
無理やり将軍職をはく奪され、入浴中に殺される
別の家に生まれたかったろう

------------------------------------------------------------

525 :人間七七四年:2010/05/22(土) 22:07:13 ID:5fnG1hjo
どっかの国の王になった山田長政だったか?
傷治す薬が実は毒で亡くなっちまうような気がするが。

------------------------------------------------------------

528 :人間七七四年:2010/06/01(火) 20:03:11 ID:PSzUZ/OE
伊達政宗や徳川家康の死因は胃癌らしく
鎮痛治療のなかった当時としては地獄の来る祖身を味わって死んでいったろうな。
同じく癌で死んだ前田利家も実際は傷みに耐えられずに自刃したらしいし。

------------------------------------------------------------

529 :人間七七四年:2010/06/02(水) 00:00:14 ID:1nedczAw
浅井長政の母親だったかが
指を一本ずつ切断されたあげく殺されてるんだよね
単なる大名母堂に過ぎないのに
何でそんな目にあってしまったんだろう
信長を侮辱かなんかしたのかな

------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title 

つか戦国武将onlyかよ・・・
ツマンネ

  • 2010年09月12日 09:16
  •   #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

たしかに…

  • 2010年09月12日 15:06
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

なぜこういうのは古代ヨーロッパとかWW2とかでないんだ・・・

  • 2010年09月12日 23:56
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

戦国武将板で立ったスレならこうなるだろw

  • 2010年09月13日 03:39
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

漢字が多すぎる 活字中毒の俺でも萎えた

  • 2010年09月14日 01:20
  • あ #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

長文は構わないけど、漢字が連なる文章は読むのがシンドイなあ

  • 2010年09月14日 18:12
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

なんというゆとり

  • 2010年09月15日 00:10
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

更新乙。面白かったよ
当時癌にかかった人は悲惨だよなぁ

  • 2010年09月15日 20:04
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

漢字多いかなぁ?
普通に読めたし、面白かった。

  • 2010年09月19日 00:33
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

>>393
清衡じゃなくてその親父の経清でしょ

  • 2010年09月19日 01:10
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

武将onlyなのはナンだけど

>島流し健康法

にはウケた

  • 2010年09月26日 03:00
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

中毒症状に侵されすぎて拒絶反応が出たんやな…悲劇なんやな…

  • 2010年09月27日 18:09
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。