週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテル・旅館にまつわる不思議な話怖い出来事

ホテル・旅館にまつわる不思議な話怖い出来事

1 本当にあった怖い名無し [sage] 2009/10/14(水) 20:00:58 ID:gIQZyid90 Be:
・ホテルと旅館の名前は伏字で。
・地域くらいは教えましょう。
・幽霊譚だけのスレじゃないです。なんでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

4 本当にあった怖い名無し [] 2009/10/14(水) 20:14:25 ID:Vl0ngzVZO Be:
京都の某ホテル13階の話。
自分は0感で、色んないわくつきの場所に行ったけど見た事も何かされた事も無かった。

ある日デリヘルの仕事でそのホテルに行った時、同じ車に乗っていた姐さんから「出るから気をつけて」と言われました。
13階ロビーについても何も問題無く、客が待つ部屋へ。
部屋に着くと指名されてるにも関わらずお金を出して帰ってくれと言う。
仕事上、お金を貰って何もしないというのは嫌だったのでドライバーに話を聞いて貰うと、
私の後ろに打ち首にされたか、頭に矢が刺さった生首だかがふわふわ浮いていたらしくて
とてもじゃないけどそんな気になれないとの事。

プレイもしていないので返金しようにも「関わらないでくれ」と言われたので、ポッケないないしました。


その京都のホテルと、大阪千日前ではよくあったけどいかんせん0感なので面白い話がかけなくてごめん。


20 本当にあった怖い名無し [sage] 2009/10/21(水) 00:52:27 ID:arhOBYWo0 Be:
>>4を読んでたら思い出したんだけど
昔、男友達が京都のホテルから飛び降り自殺した。
以前にホテルに行ってデリヘルをよんだ話をしてた事があって、
飛び降りをした日もよんでたんじゃないかと思うんだが・・・
その日に一体なにがあったのか、と思ったりする。


21 本当にあった怖い名無し [] 2009/10/21(水) 01:04:19 ID:sRdF3OL50 Be:
>>20
その男友達がいた部屋って13階だったのかなぁ。気になるね。

------------------------------------------------------------

8 本当にあった怖い名無し [] 2009/10/14(水) 22:27:27 ID:gIQZyid90 Be:
箱根の温泉旅館に行った。そこは文豪たちが定宿にしていたという由緒ある旅館。
大きな建物じゃない。その中で連れと迷子になった。いくら探しても自分の部屋がない。
「あれ、ここさっき通ったな」「こんなとこにこんな廊下あったか?」
気づくと、人の気配がまったくない。誰もいない。宴会はどうした?
いいかげん焦りはじめたとき、背後から浴衣姿の初老の女が。
「どうしたの、こんなとこで」
「いや、迷子になってしまって…」
すると老女は笑いながら行ってしまった。その直後、自分の部屋にたどり着いた。
残りの宿泊予定をキャンセルしようとフロントに告げたとき、フロント係が
「何か不手際がございましたでしょうか」というので「なんだか怖いんです」と言うと、
何か思い当たるふしがあるような顔をして「そうですか」とあっさり。

ということがありました。

------------------------------------------------------------

14 本当にあった怖い名無し [] 2009/10/16(金) 00:46:33 ID:wX4RfJ0E0 Be:
昭和50年代に家族旅行で国民宿舎に泊まることがあったんだが、
あそこって何かあるよな。まだ国民宿舎ってあんのかな。
場所によってはホテルっぽいんだけど、いかにもやばそうなとこもあった
気がする。
朝早く建物の裏の雑木林みたいなとこで、
女の子が赤つめ草をつんでいた覚えがある。だけど、当時の自分としては、
ひとりで朝、親にも告げず建物の外にいくような子ではなかったので、
あの光景の記憶は何だったんだろうな、と思う。夢って感じじゃないんだけど。
つまらん話でスレ汚し、すまん。

------------------------------------------------------------

16 本当にあった怖い名無し [sage] 2009/10/17(土) 05:17:54 ID:RzNayt4x0 Be:
神奈川静岡近辺のホテル旅館、会社の保養施設関係では
みな表現はそれぞれ違うけど、結局時空が歪んだのだろう的な話は
昔からあるよ。姉が前働いてた旅館ではスタッフの間でも、
異次元に迷い込んだとしても
「カヨさん」という主が助けてくれるから大丈夫って話になってたらしい。
そのすぐ近くの旅館では、やっぱりあっちから戻ってきた人が迷った直後に
「いかんいかん」といって出口(廊下の曲がり角だったり階段)を
指差して教えてくれるおじいちゃんがいたらしい。
旅館とかホテルとかの施設は次元が密集(?)してるのと、磁場とかが関係してるとか。
それと異次元の助っ人の存在との関係はよく分からないけど。
で、自分も迷子になったことはあるけど、
大概はただの勘違いとして処理している。


17 本当にあった怖い名無し [sage] 2009/10/18(日) 02:38:17 ID:8FEm1zgm0 Be:
>>16カヨさん…って、熱海の旅館にもいるかな。
朗らかなおばさんですよね?
夜更けに旅館のまわりを歩いていたら、
こんな時間に目的もなくこの辺りをふらふらしてると
ナントカカントカに紛れ込むから用がないなら早く帰れ的なことを
旅館から出てきた風な浴衣のおばさんにやんわり言われたことがあるんです。
そんときは何か変な人と思ったけど、もしかして時空のおばさんかな。


18 本当にあった怖い名無し [sage] 2009/10/19(月) 19:59:53 ID:ZyXe8KCx0 Be:
熱川の温泉宿では似たような話を聞いたことあるぞ。それは小さいおじいさんだったけどな。
なんか建て増しを繰り返したあとに廃業した温泉宿から、リサイクル業者が調度品とかを全部
持ってったんだけど、そんとき一時宿から出られなくなったらしい。迷ってるときに宴会場の脇を
通り過ぎたら、ちっこいじいさんが座椅子に座ってるのが見えたんだと。だからそれだけは持ち出さなかったんだって。

------------------------------------------------------------

44 本当にあった怖い名無し [] 2009/11/12(木) 02:17:41 ID:JvR5soJ50 Be:
20年ぐらい前だったからどこだか思い出せないんだけど、
ある温泉地の大きなホテルに泊まった。
ホテル内1階ロビーの真ん中にエスカレーターがあったぐらいだから、
結構大きなホテルだった。夜中の3時頃に大浴場に1人で入っていたら、
突然大きな天井一面からでも音の中心は自分の頭上から、
ダンダンダンダンダンダンという浴場全体に広がる大きな音がした。
ホテルも大きかったし大浴場も浴槽が幅15M以上はある大きな所だった。
真夜中だし誰もいないし、しっかりしたホテルだから真上のからの
足音が響くような作りでもないし。音はその一度で済んだが、
本当に怖かった。あの音が何だったのか今でも謎。


48 本当にあった怖い名無し [] 2009/11/13(金) 02:17:02 ID:vpnyoZnRO Be:
>>44
今年91歳になる祖母に、子供の頃よく言われたのは「夜中、絶対に温泉に入るな」だった
深夜の温泉にまつわる怖い実話を祖母に聞いて以来、今でも深夜に入ろうとは思わない

------------------------------------------------------------

47 本当にあった怖い名無し [sage] 2009/11/12(木) 04:35:32 ID:GvueZWI3O Be:
今でも営業してるのかな?
北海道で一番大規模なエアポートそばにある、現在経営危機真っ最中の航空会社の名を冠した某ホテル。
以前北海道旅行の最終日に東京に戻るには最適かなと思って予約・宿泊し、
熟睡してたら未明にフロントから内線電話がかかってきて起こされた。
隣室から騒がしいとの苦情があったんだと。
当然こちらは爆睡中、しかも内線で起こされたので寝呆けた応対だった。
朝、フロントでこの内線電話についての苦情を言ったが「該当の事実は無い」の一点張り。
J●L系のホテルは二度と泊まらないと決めた瞬間だった。


59 本当にあった怖い名無し [sage] 2009/11/18(水) 06:48:27 ID:dyTWAHO+O Be:
新潟県の中条町で似たような体験をしたなぁ。
中条グラ〇ドホテルとかいう弩田舎旅館でチェックイン後にくつろいでたら隣室から壁越しに殴る音。
直後フロントから内線電話で騒がしいとの叱責が。
泊まったのはシングルルームだしテレビを常識的な音量で視てただけで、全く身に覚えがなかったんだが…
隣室の客がDQNだったのか、フロントに思い当たる節があったのかまるで分からんが、この田舎旅館の周囲は墓石だらけなんだよな。
まさかホテル建設の際に墓を潰したりしてはいないだろな。

------------------------------------------------------------

65 本当にあった怖い名無し [sage] 2009/11/24(火) 12:16:29 ID:/fjB1XIF0 Be:
そういや新宿駅近くのビジネスホテルも
寺と墓場の隣にあってめちゃくちゃ不気味
自分そこにどうしても泊まらなきゃならないことになって
フロントのおばさんに大丈夫かと尋ねたら
やっぱり何件か目撃談があるらしく
部屋はなんとか墓場側じゃない方にしてもらったけど
泊まってる最中はgkbrっぱなしだった

でも出された朝食は美味かったw

------------------------------------------------------------

75 本当にあった怖い名無し [sage] 2009/11/28(土) 19:24:05 ID:IXlcLYLf0 Be:
やたらに日本人形がおいてあって
動物の剥製あって
絵の裏みたらお札張ってあるしさw

何にも起こらないなと油断してたら

3日目には昼間からぶら下がってたよ

------------------------------------------------------------

99 本当にあった怖い名無し [sage] 2009/12/01(火) 00:49:44 ID:WmAUPDqHO Be:
千葉の某ホテルでの話。
ホテルに着いて部屋に入ったら、なんとも身体が不調になった。
頭が重いのか、気持ち悪いんだか分かんない状態で、そのまま横になった
部屋から出ると身体はマシになる。
夜中、耳鳴りがして身体が動かなくなり、足元には白い服を着た女が
立っていた。あらかじめ用意してた御札を握ってたから、しばらくして
女は消え身体も自由になった。

帰宅後、息子が言った。
『窓の向こう(ベランダ)を白い洋服の女の人が通ったんだよ?
洋服ビシャビシャだった。』
俺がみたのと同じだと思う。 長文スマン

------------------------------------------------------------

115 [sage] 2009/12/11(金) 18:41:12 ID:xvNPxgPg0 Be:
京都の旅館でクラスの女子全員(24人)が宴会部屋に止まった時の事。
枕投げや好きな男子の暴露大会、そして先生に怒られるなど一通りの儀式を
終えてそろそろみんな寝ようとしていた時、数人の女子が「Aちゃんがいなくなった」と
騒ぎ出した。
Aちゃんはハデ系の可愛い子で大学生と付き合ってるとかサッカー部のエースと
生徒会長を二股にしたとか、いわゆるそういう系の噂が絶えない子で、最初はみんな
「どうせ男子の部屋にでも行ったんじゃないの」って感じで、いないいないと騒ぐ子たちに
静かにしてよーとか文句言ってたんだよね。

ところが今度は別のグループの子たちがなんか変だと騒ぎ出した。
「Aちゃんがいないはずなのに、この部屋には24人いる」って言うの。
えー?って思って数えてみると、確かに24人いるんだよね。
しかも知らない顔が誰一人いない…
確かに消灯後だから部屋は暗いんだけど、そんなんでクラスメイトを見間違えるわけも
なく、すでに眠っちゃってた子の布団めくったりして何度も確認したんだけど、やっぱり
部屋には24人いるしAちゃんがいないのにクラスメイト以外の人がいない。
そこで頭の良い子がお前らモチツケ、ごちゃごちゃになってるから人数を数え間違えてるんだ、
全員自分の布団に戻ってみろって感じで騒ぎを収めようとしたんだけど、全員が自分の布団に
戻っても余らなかったんだよ布団が。

そこで一気に全員がパニックになってキャーキャー騒ぎ出したところへ先生登場。
「お前ら夜中に何騒いどるんじゃー!」という一喝とともに電気がつけられたもんだから
パニック最高潮で泣き出す子が続出。
でもみんな口々に「Aちゃんがいない!」「でも24人いるんです!」と叫ぶ中、先生が
冷静に点呼を取ってみると、Aちゃんを除いた23人しかいなかったんだよね…

結局「修学旅行で楽しいのはわかるが興奮しすぎだボケ」と全員正座で説教されて
Aちゃんもその後すぐ男子の部屋で発見されて連れ戻されてきたんだけど、その後も
部屋の隅に何かいるだの騒ぐ子や具合が悪くなる子もいて朝まで全員眠れず、
次の日は女子全員グッタリ状態で帰郷。
今でも当時のクラスメイトに会うと「結局あれはなんだったんだろうねぇ」と語り草になってる。

------------------------------------------------------------

133 本当にあった怖い名無し [sage] 2009/12/19(土) 19:31:20 ID:FA9Ixe+W0 Be:
もう10年位前の事。
温泉でアルバイトしてまして、仕事が終わってから温泉に入りました。
浴場には私だけ。貸切状態。目を閉じてシャンプーしていたら後ろにある
湯船からザバッと人が出る音。目を開けてチラリと横を見ると誰か座っている。
気がつかないうちに誰かが入って来たんだな。と思いシャワー浴びて泡を流し
周りを確認。誰も居ない・・・。次の日、他の従業員に昨夜の話をしたら、
私も経験あるよ~だって。それから深夜に温泉入るのはやめました。

------------------------------------------------------------

144 本当にあった怖い名無し [sage] 2009/12/31(木) 01:13:18 ID:smqGXYC/0 Be:
昔、合宿で岩手県のあるホテル(今はもうない)
に泊まったときに、友達がふざけて
「絵の裏に、御札とか貼ってあったりして」
とか言い出した。
えー、と言いつつも友達と二人でベットの横の絵の裏を覗いた
そこにあったのは、御札じゃなくて、黒い手形だった。

------------------------------------------------------------

157 本当にあった怖い名無し [] 2010/01/29(金) 11:46:46 ID:szFhBNAk0 Be:
自分も名古屋でありました。駅すぐのビジネスで深夜3時頃、寝ようとしたら
表で子供が大きな声で「ちよこれーと!」カンカンカンカンカン!「ぐりこ!」カンカンカン!「ぱいなつぷる!」・・・
窓が全開出来ないので表を見たけれど何もなく「シーン」そのときは普通に子供が遊んでると・・・
でも翌日よく考えて見ると、すごく大きな声だったのでそんな時間に遊んでたら普通にクレームが出てますよね。

なんといっても、隣の別部屋を借りていた友人は聞こえなかったとの事で「あーやっぱり」と思いました。

------------------------------------------------------------

159 本当にあった怖い名無し [sage] 2010/02/10(水) 23:00:34 ID:PZPL0NwR0 Be:
義兄から聞いた話なんだが、修学旅行の時のこと。古いホテル、一部屋にだいたい20人ずつが割り振られた
義兄が泊まった部屋の両隣も、というかその階の部屋全部、同じ学校の生徒が泊まっている
で、枕投げ等おきまりの行事も済んで、消灯就寝
どれくらい経ったのか、異様な気配に目が醒めた
それは壁の向こう側から押し寄せて来るような気配だったのだそうだ
壁の向こうは、もちろん別のクラスのヤツが布団を並べて寝ているはず
それがザッザッザッザッと、音ではなく、圧迫感のような気配が近づいてくる
義兄は怖くて、布団を頭から被り、目をギュッとつぶった
その気配は、向こう側から壁を通り越してこっちの部屋に入ってきた
ザッザッザッザッ。気配がやってくるに従って、壁に平行に寝ていた同級生たちが、
順々に、うっ!う゛っ!ぐっ!うっ!と、呻き声をあげていく
ついに自分の隣に寝ているヤツが、グッ!と変な声を上げた
と、いきなり誰かにドンっと自分の腹を踏みつけ、義兄もぐあっ!と声を上げた
そして反対隣のヤツが、ううっ!と声を上げ、その隣も、その隣も、呻き声を上げていった
それは波のように壁を通り越して、隣の部屋に抜けていった
翌朝、隣の部屋だった友達に昨夜のことを聞いたら、やっぱりその友達も踏みつけられたのだそうだ

------------------------------------------------------------

166 本当にあった怖い名無し [sage] 2010/02/15(月) 20:40:32 ID:oio8aY0+0 Be:
919 :本当にあった怖い名無し:2010/02/11(木) 00:26:54 ID:NMnNMTon0
約10年前の夏、静岡のとある温泉街にある小さめの老舗旅館に3泊4日で宿泊した。
22時頃、風呂上がりに旅館の裏手にある川沿いの散歩道を歩いて癒しに浸っていたとき、
バスガイドさんがこちらに歩いてきて「今晩は。どちらにお泊まりですか」
と声をかけてきた。「あそこの○○旅館です」と答えると、笑みを浮かべながら
「私も泊まってるんですヨ。運転士さんだけは帰っちゃいましたけど」と言ってきた。
俺は「そうなんですか~、良い旅館ですよね」と言い、その場を離れた。
旅館に戻り、○代目の女将さん(チェックインのときに丁寧にあいさつに来た)が居たので
散歩をしてきたことを話し、ついでにここに泊まっているバスガイドさんの話もしたら急に青ざめた表情になった。
「貴方も見えるんですね」と。普段は客の目の付かない場所に慰霊碑があることを教えてもらい、
実際に一緒に見てみたら「1976年8月27日」の日付と共にひっそりと立っていた。
観光バスの転落事故で、運転手とバスガイドが即死したとのこと。
その旅館へ宿泊客を降ろした後の事故だったとのこと。
確かに、そのとき見たバスガイドは八代亜紀風の古くさい女性だった。
実際に友人達に話すと、全く信用してくれないことが多々あったので
ここに書きこんでみました。ちなみにそのときに泊まった家族には一言も話してません。
旅館の名前を出したいですが(そこに泊まり、女将さんや従業員に事故のことを聞いてみると一発)
ですけど、あえて伏せておきます。

------------------------------------------------------------

178 本当にあった怖い名無し [sage] 2010/03/14(日) 20:16:10 ID:TSVsFcPw0 Be:
以前泊まったとき、しっとりと落ち着いた良い感じだったホテルが、
ネットで宿泊料80%OFFなのを見つけた。南東北の宿。即行で予約
ところが、現地に着いて呆然とした。お目当ての宿とは似ても似つかない、
地元の町内会の会合場所にぴったりのような古い安ホテル
泊まりたかった宿は、道を挟んで斜め向かい
なんと名前が一字違い、住所が一つ違いだったのだ
料金で気がつくべきだった。しかし、間違えたのは自分。安いのだしと諦めた
案の定、玄関先には○○町内会ご一行様の木札が一枚だけかかっている
中は埃を被った剥製の動物。あちこち染みだらけのすり切れた赤いジュータン。ため息ものだった
まだ夕方だというのに、町内会の宴会が始まっているのか、大声で騒ぐ人の声が階下から聞こえてくる
酔客が入ってくる前にと、急いで風呂に入ることにした。脱衣所には自分ひとり、他の客の姿はみえない
どこから風が入ってくるか、脱衣所の扉がひきりなしにギィギィ鳴る
床のジュータンががなんだかじっとり湿っていて、居心地悪いことこのうえない
さっさと入ろうと服を脱ぎ始めたところ、廊下を行ったり来たりする白い影が気になった
さっきから、廊下を忙しく右から左、左から右へと、扉の磨りガラス越しに
白い服を着た人が横切るのが見える。その服からみるとどうやら厨房の人のようだ
背中の丸め具合から察するに、かなり年配のようだ
そんなにお客もいないのにな……なんて嫌味なことを考えた
が、なにかが変だった
脱衣所の扉は、下が15cm程開いている磨りガラスのあおり戸
その隙間から廊下を行き来する人の足が見える
さっき1回だけ脱衣所の前を横切った女性従業員の足は確かに見えた
ところが、その白い影が通っても歩いていく足が、ガラス戸の下から見えないのだ
嫌だな。と、脱いだ服をカゴにいれつつ、でも目は脱衣所の扉から離すことができなかった
相変わらず、扉の前を横切った白い影は、数十秒ほどの間隔で再び逆方向から扉を横切った
そのとき、風が強く吹いたのか、ギィっとひときわ高く扉が鳴って、
あおり戸が揺れた。一瞬、柱と扉の隙間から廊下が細く見えた
ちょうど通り過ぎていった老人の白い影
しかし、廊下には誰もいなかった
ネットでのホテル予約は気をつけようと心の底から思った

------------------------------------------------------------

181 本当にあった怖い名無し [] 2010/03/23(火) 13:43:30 ID:nb4wS4f60 Be:
栃木のあるホテル。夜風呂の入り口を入ったら、
頭を洗ったのかザンバラ髪のおばさんが脱衣所にいた。
なにやら一人事?みたいにブツブツと、確かスリッパがなかったし、
私一人貸しきりかと思っていたが、何か気持ち悪い人だな~と。
おばさんが出て行く前に私は風呂場へ入ってしまいその後は、
身体を洗ってさあ~隣の露天へと。
露天を覘くと暗いし気持ち悪いからやめて、部屋に帰ろうと思い、
着物を着ていたら、露天から水をかぶる音がした。
さっき誰もいないし気持ち悪いからやめたのに誰か入っていたのかなと
再び覗いて見たらだれもいない。脱衣所の椅子に化粧品の袋だけある。
誰もいない風呂に入るべきではなかった。
あわてて、スリッパを履こうと見ると私のスリッパだけ、
あのおばさんはスリッパをはかないで、行ったのかというか
最初からスリッパがなかった。それじゃ、今かけ水してるのは誰?
誰もいない風呂は怖い。

------------------------------------------------------------

184 本当にあった怖い名無し [sage] 2010/03/25(木) 01:13:24 ID:hx+BM4oH0 Be:
自分が小学生のとき、家族で長野の旅館に泊まった
部屋に入ったとたん、母がなんかこの部屋イヤだと言い出した
部屋を見回してた母が、壁に変なシミがあるというので自分も見てみた
なんか茶色い飛沫みたいなシミだった
母の様子に、自分もなんか不安になってきたが、父は全く気にしていないようで
そんなのただのシミ、気のせいだって感じで母をなだめて
そのままご飯とかお風呂で就寝、となった
どのくらい時間たったか、いきなり非常ベルの音で目が覚めた
自分と母はすぐ起きたが、父は誰かの目覚ましだろ?って言ってまた寝ようとした
火事だったら間違いなく死んでると思う
キレた母が父を無理やり起こして、外を見に行かせた
となりの部屋の人と父とが、どうしたんでしょうね?とか話してる声が聞こえた
しばらくして鳴り止んで、父が戻ってきた
どうも誰かのイタズラらしいとのことだった
そしてまた寝たんだが、いきなりだった
天井からものすごい男のうなり声がする。んーーって、すごい低い声
聞いたことないのに、武士の声だって思った
あまりの音量に、天井がビンビンゆってる
半泣きになって、変な声がするよってとなりの母ゆすったら、
何も聞こえない、寝なさい!!みたいな感じで怒られた
うなってる声がでかすぎて、母の声はとぎれとぎれに聞こえた
涙目になって、ふとん頭からかぶって声に耐えていたら、いつのまにか寝てた
朝、仲居さんが非常ベルのこと話してて、イタズラにしては不自然なんですとか親と話してた

今でも、なんであのでかいうなり声が母に聞こえなかったのかわからない
霊なら怖いとかゆってた母にいくべきだと思うし、理不尽だと思う
死ぬほど怖かったし、今でもあの声は忘れられない
旅館の名前は親に聞いたらわかるけど、やめておく

------------------------------------------------------------

187 本当にあった怖い名無し [sage] 2010/03/25(木) 15:39:35 ID:K7LoEGOD0 Be:
昔旅回りの仕事をしていた時の話です、もう十年近くたつんで記憶があいまいなんですけど……。

北海道にて
何時もなら会社側が手配した所に泊まるんですけど、その時は迎えに行く人がいたので自力でビジネスホテルに泊まることに。
ツインルームの広さになれずに、深夜(時間は忘れました)ダラダラしていたら、

『コンコン』ってノック音が外からして、

「怖!? 何でこんな時間に?」 と思いながらもドアのそばに立って
「はい? 何ですか?」
と、聞いたんです、そしたら外の声が

『私の部屋と間違えてませんか?』

と、言ってきました。
部屋まで案内してもらい、一歩も外に出てないので間違えてるわけはないんです。
「間違ってません!」 そう言ってドアから離れようとしたら、
『鍵を……』 何を言ったか聞き取れないですが『鍵』は聞こえたので、
「今調べます」 と言って鍵を調べるとやっぱり番号はあってます。
「あってます」 と言った瞬間。

ダンダンン!!! ダン! ダン!

狂ったようにドアを連打され、
もう怖くなり、ヒイヒイ言いながら布団被ってたました。
もう次の日に逃げるようにホテルを出て、残りの日程は車中泊にしました。(まあそれも怖かったですけど)


ちなみにその系列のホテルには二度と泊まってません、ピンチのときに来てくれなかったので。

------------------------------------------------------------

236 本当にあった怖い名無し [sage] 2010/05/21(金) 01:54:30 ID:LQeXiDt/0 Be:
6年前に仕事で後輩と二人でアメリカに出張したときの話
場所はCAのサンフランシスコ、宿泊はホテル
部屋は後輩と二人で泊まっていた

1日目の夜にトイレに行きたくなり起きると
部屋の隅に椅子に座っている姿勢で
20前後の若い金髪の女性が、微笑んでいる様子で俺を見ていた
俺はいままで霊とか見たことないから「疲れているのかな・・・」と思い
そのままベッドから出てトイレへ、トイレから戻ってくるといなくなっていたので
やっぱ疲れてるのかと思い、その日はそのまま寝た

2日目は夜起きることもなく寝ていたので何も無し

3・4・5日目と、夜起きるたんびに女性がいる
5日目の時にさすがにこれはおかしいと思い部屋の明かりを点けた
部屋が明るくなってもいる、声をかけても返事はない
思い切って触ってみようかと近くに寄るとスッと消えた

俺は何も声が出せぬまま、後輩を起こし、いままでのことを話す
すると後輩が「先輩もですか・・・」と
どうやら後輩も俺と同じように女性を見ていたようだ

翌日、フロントに部屋を替えてくれと頼むと、すんなりOKで謝罪まで受けた
どうやら有名な霊らしい
ほんとなにも害もなく見た目も綺麗な女性だったなぁ

霊って存在を初めて思い知ったけど、人が透明に見えるとかじゃなく普通に人なんだな足もあったし
透明に見えたり体の一部のこともあるんだろうけど・・・俺は綺麗なパツキンで良かった
これがグロで害有りだったらと思うとゾッとするねぇ

怖いというか不思議な体験でした


238 本当にあった怖い名無し [sage] 2010/05/21(金) 18:12:33 ID:bF62/PzB0 Be:
>20前後の若い金髪の女性が、微笑んでいる様子で俺を見ていた

立って歩いているときも見つめていたの?


240 本当にあった怖い名無し [sage] 2010/05/21(金) 22:52:29 ID:LQeXiDt/0 Be:
>>238
電気点けて、その女性に近づこうとしたときは俺のことを見ていたよ
それまでは、ベットから起きて女性を見ても見てみぬふりでトイレに行っていたから
女性に対して背を向けた状態だったので、ずっと見られてたのかはわからない

なにか訴えてる様子でもなく微笑んでるだけだった
ほんと、よーわからんかった
怖くはないけど気味が悪いから部屋をかえたけどね

------------------------------------------------------------

244 本当にあった怖い名無し [sage] 2010/05/27(木) 13:06:24 ID:oreg9Cvn0 Be:
ちとスレチかもしれんが
厨房時代、部活で東北大会に出場したときのこと
自分らの部は弱小で、東北大会に出れたのも他の学校の連中が全部棄権したので県大会をスルーできただけ
そのためか中体連の連中が割り振ってきた旅館は馬鹿広い墓地の一角にある古くてぼろいものだった

学年で部屋分けされ、夕飯食ってさあ就寝というときに、一人足りないことに気がついた。
さすがにそのまま寝る訳にもいかず、全員で探したが、旅館の中にはいなくて
「コンビ二いったんだろ」ってことで靴を見たら案の定なかったから、コンビ二まで俺が迎えにいくことにした
そしたらそいつ、墓場にいやがった。暗いからよく見えなかったが、ジャージだったので発見できた。
でもそいつ、墓石をどこからもってきた雑巾で丁寧に洗っていたんだ。
俺が話しかけたら正気に戻ったけど、それまでの記憶はなかったらしい。
ちなみに翌日の大会で我が部は三年ぶりの公式試合での勝利を手にした

------------------------------------------------------------

264 本当にあった怖い名無し [] 2010/06/25(金) 17:27:37 ID:v1OTpipF0 Be:
読みずらいと思うが思い出したので書き。

高校生の頃、部活で交流会があって中国の某3つ星ホテルに5日間宿泊した。
先輩と2人部屋だったんだが、夜空き時間に二人でベッドにゴロゴロしつつ携帯をいじっていた。
自分が部屋の入り口から見て奥のベッド、先輩が入口側のベッド(壁側で絵が飾ってあった)だったんだが、
携帯を見ているとふと目の端っこで先輩のベッド側から一瞬光る物が見えた。
先輩がふざけて写メを撮ったのかと思ったので「先輩、今写メったでしょ!」と聞いたら「え?写メってないよ。今そっち側向いてなかったし…」
と言われた。気のせいかな~と思い、再び携帯をいじっていた。
するとまた先輩側が一瞬光る。パッと先輩の方を見ると先輩もこちらを見ていた。
先輩「今光ったよね?私の真上で光ったんだけど…」
先輩の真上には天井のみで間接照明もなく、光る物などないわけで、二人でパニックになった。
その後部活の顧問に話したが部屋を変えてくれる訳がなく、後輩2人を部屋に招き入れ「本当に光ったんだよ!」
とか言いつつベッドに入りgkbrしていた。とにかくめちゃくちゃ怖くて布団に頭位まで入って部屋の中を観察していたんだが、
ま た 光 っ た 。
もうその後は部屋のキー片手に後輩の部屋までダッシュした。

他は特に怖い事もなく無事に帰ってきたけど、今でも何故イキナリフラッシュでも炊いたかのように光ったのかよく分からん。

そのホテルは外から数えると14階建とかなのにエレベーターが12階までとかしか無く、先輩と14階までのエレベーターを探したw
ホテルを探検した際、12階の端っこ?か何かに錆びれた14階まで通じるエレベーターがあった。(ランプが付いていなかったので使われていなかったと思われ)
きっと何か理由があって使われなくなったんだろうけど七不思議みたいで不思議だった。

------------------------------------------------------------

266 本当にあった怖い名無し [sage] 2010/06/25(金) 20:12:54 ID:hRs4eaVBO Be:
昨夜夜警の当番でフロントにいたら、誰もいないはずの板場から内線がかかってきた
深夜2時

------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title 

>国民宿舎
おれも20年くらい前、仕事でやむなく泊まったのが最後だなあ(総勢6人)。
おれたち以外の同宿者は、「隣町の農家ご一行様」だけ。
大浴場は沸かし湯。
翌朝の朝食のおかずは安っぽいメンチと生野菜。

で、建物が古びてたのはともかく、ゲームコーナーを覗くと、
「…これ、おれらがガキの頃、駄菓子屋の店先とかにあったヤツだよなあw」
「何年入れ替えてねーんだよw」
って、思わず全員顔を見合わせて苦笑した。

・インベーダー(ギャラクシアンとかの派生系ですらない)
・景品がぬいぐるみとかじゃなく「ラムネ菓子」のクレーンゲーム。
・ターンテーブルに乗ったジッポとかドクロ人形を、逆L字状の「腕」を回してうまく穴に落とし込めたら景品ゲット!みたいな。
・十円玉を弾いて上向きに傾いたスロープをすべらせ、途中に開いた穴に落とすことなく「ゴール」にたどり着けたらガムがもらえる。

  • 2010年09月29日 16:48
  • #JZ2AL5Xs
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。