週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家系にまつわるオカルト・・・etc

家系にまつわるオカルト

1 :本当にあった怖い名無し :2006/05/12(金) 14:50:18 ID:WbE/ATLj0
不幸続きの呪われた家系
血筋の因縁
など話してください

---------------------------------------------------------

8 :本当にあった怖い名無し :2006/05/12(金) 19:46:03 ID:vT9DmiWp0
ヒマだったので先祖調べをしたことがある。やめとけばよかった…。
各世代、最初に生まれた男子が亡くなっている。幼いうちに亡くなった
もの、何故か遠い場所で変死しているもの等色々。仏壇を調べたら
きいたことのない祖母の兄弟の位牌があった。私がこどもの頃なくなって
いたのだが、まったく知らされていなかった。長男だと思っていた父の兄の
位牌もあった。他にも家系図にない、誰かわからん位牌がごっちゃり…。

それで、現在。本家は破産。長男は、くわしく言えないが人とは違った
外見で、40歳すぎても独身。本家の血は絶えそうです。でも分家には
子どもがいたので、名前はなんとか残るかなと思っていたら、なんと
失踪…。
何かに祟られてるならどういう事か知りたい。井戸を埋めちゃったりとか
いろいろ思い当たることもあるのですが、霊感ないし霊能者の知り合いも
いないし…。親には事情きけないし。

私は家を出ていますが、いまだに実家の夢を見てうなされます。
キシキシいう廊下を通っていく。(欄間から何かがのぞいている)
仏間を横切る時は、下を向いて歩く。庭の木がざわざわ騒いで
いる。石灯籠がうすぼんやり見える…。というかんじの。私に何か
しろ、といいたいならはっきり言え!と夢をみるたび頭にきます。
ただでさえ家系によく出る病気で面倒な思いしているのに…。

---------------------------------------------------------

18 :本当にあった怖い名無し :2006/05/13(土) 02:43:26 ID:d7SqZTrXO
うちの家系はとにかく無霊能力。
いわくつきの平屋にすんでるんだが、知り合いとか必ず何か見たりして
夜も眠れないとか困るから御払いしてもらおうと思って、神主呼んだら家にきた瞬間体調崩して帰るし。
もう四人くらい依頼したのに…
でも家族はまったくなにも感じないんだけどなぁ、古いけどいい家だし、何より安い…
まぁ、なにかいても感じなきゃいないのと同じかのぅ

---------------------------------------------------------

39 :本当にあった怖い名無し :2006/05/14(日) 02:39:08 ID:RbMuJ8aK0
俺のじいちゃん、大正5年5月5日の「こどもの日」に生まれ
平成11年9月15日の「敬老の日」に死亡。

できすぎ

---------------------------------------------------------

【ぐーてん】ドイツの怖い話【たーく】

1 :本当にあった怖い名無し :2006/05/06(土) 18:25:06 ID:/dRX5Sip0
無いようなので立てました

---------------------------------------------------------

32 :本当にあった怖い名無し :2006/05/12(金) 11:08:58 ID:Yn3IAbqTO
昨日かなんかに
人肉食ったの
ニュースになってなかった?

インターネットで食べられながら死にたい人募集して

食べる側が食べられたい側と面接して意見が合致したヤツを本当に食ったって。

38 :本当にあった怖い名無し :2006/05/14(日) 04:23:19 ID:IQ2U/Zu70
>>32
インターネットはホモ・人食い系サイト。
二人の男がネット上で「儀式」を詳細に計画し合意した。
犠牲者(食べられる側)は余程「決心」を固めたのか遺書を残して、
食べる方の人間が住む都市に向かった。二人はお互いに「決心」を確認し、
「儀式」を始めた。
続き

---------------------------------------------------------

47 :本当にあった怖い名無し :2006/05/15(月) 16:59:17 ID:lPfKbInx0
ナチネタだと、オッドアイの子供を集めてなんか人体実験したとか何とか・・・。

激しく昔、16世紀の処刑の話だと、車輪刑名人のシュミットってのがニュルンベルグに
いたそうで、馬鹿でかい車輪に沿って罪人を縛りつけて、石畳の路地を転がして処刑
すんだけど、最低40回引かせるまでは留めを刺さない手際で有名だったとか。

57 :本当にあった怖い名無し :2006/05/16(火) 01:41:27 ID:b8GojfLa0
車輪刑のシュミットは、代々刑吏の家系の出身で、たまたま彼が拷問+処刑の腕が
達者だったので有名になったそうな。ちなみに奥さんも刑吏一家出身。
訳あって義弟を処刑する羽目になった時には、一応温情なのか「僅か31回目」で
頭部を砕いて留めを刺してやったんだと。国王は「2回でいい」と言ったらしいが。

---------------------------------------------------------

人形の怖い話ありませんか?二巻目

---------------------------------------------------------

21 :もしもし、わたし名無しよ :2006/04/18(火) 02:51:26
何年前の話かは不明。ちょっとダラダラしますが。

 朝、アパートの部屋から降りて集合ポストを見ると、彼のポストに人形が入っていた。
人形はモンチッチで、ポストの投入口から頭が出ている状態だったそうだ。
 彼というのは、その年に高校を卒業して実家の家業で働き始めたA。
Aは最初、地元に残った友人の仕業だと思ったらしい。家業を手伝うとはいえ、一人暮ら
しを熱望していたので新居に友人を呼んで騒ぎあったりしていたからだ。
女々しい奴だと思われるじゃんか、と苦笑しながら人形を引き抜くとAはなぜかゾッと悪
寒を感じた。背後を振り向いたり、クビを傾げながら人形を気味悪く感じてしまったAは
人形をポストに仕舞って仕事に向かった。

 三日後の日曜日、Aは友人Bの家に上がりこんで人形を見せた。Bがやったか、誰がした
のか知っていると思ったがBは笑っただけで真相は知らなかった。
最初の悪寒が頭から離れない彼は次第に気味が悪くなり、人形を帰るなりアパートの管
理人に渡すことにした。ひょっとしたら、単純に部屋番号を間違えてポストに入れたのか
もしれないと説明して落し物扱いにしてもらったのだ。
二人はその後、友人知人に聞いて回ったが人形について知っていると言う者は出てこない。
早々に人形を手放した彼は、安心してやがてこの事を忘れることにした。

 ところがAが人形の事を忘れ、すっかり冬になった頃アパートで自殺が起こってしまった。
死んだのは、Aの部屋と偶然にも同じ階に住んでいた女性だった。
Aは事件が起こるまで女性の事を知らなかったが、彼女は突然に躁鬱を患い奇行も見られた
らしい。部屋はゴミと排泄物にまみれ、彼女は栄養失調が原因で急死。
変化が急だったので家族も対応が間に合わなかったそうだ。
 Aは嫌な不安感を隠し切れないでいた。
というのも、女性の部屋の前には花と共にモンチッチが幾つも供えてあったからだ。
女性を惜しんだ人たちが供えたものなのに、ポストに入っていた人形に嫌でも結びついてし
まうのだ。野次馬のようで情けなかったが、住人に自殺の詳細を聞いて回ってしまう。
 そして悶々と不安を抱えたままのある朝、彼は本当に戦慄した。
自分の部屋のドアポストにモンチッチが挟まっていた。あの時と同じ、頭だけを出して俯い
ている。慌てて管理人の所に飛んでいった彼は、溜まっていた不安感のせいで興奮してしま
い管理人も相当驚いたそうだ。
Aを落ち着かせた管理人は、Aが渡されたモンチッチを落とし主不明のまま長く預かっていた
のでうっかり女性にあげてしまった事を話しながら気味悪そうな顔になっていく。

 警察が家族の依頼で女性の部屋をよく調べたのだが、管理人があげたモンチッチにも奇行
の跡があった。外からは全くわからなかったそうなのだが、感触がおかしいのに気付いた鑑
識が人形を解体したところ、胴体部分に物が詰められていたのだ。
黒く焦げたイモリの屍骸。
噛み跡のある剥がした爪。
錆びた釘。
人糞。
赤い模様のビー玉。

それらが黄色い綿に包まれるようにして詰め込まれていた。鑑識は「稚拙な発想で、悪意と
喜びを詰め込んだ様だった」と言ったそうだ。
 Aの話が住人に広がりAは警察に怪しまれたが、警察がAの部屋を捜索するとドア
ポストに紙が入っていた。
「だめじゃないですか、作るの大変なんですから」

 警察は、指紋など証拠を集めてAではない男が人形を作ったものと立証した。
男はAの高校の同級生で、警察にはAについてを嬉々として喋り続けた。聞いても居ないのに
事実から妄想に至るまでAについて喋り続けたそうだ。
 結局、女性の自殺との因果関係までは立証されず、男が精神病に入院することで自体は収
集したが、その後男は病院を抜け出して行方不明になった。

---------------------------------------------------------

45 :もしもし、わたし名無しよ :2006/04/21(金) 22:28:54
人形供養で思い出した。

数年前、実家で飼っていた犬が亡くなり、ペット供養のお寺に連れて行った。
見た目普通だが、中身はペットビジネスそのもの、と言った感じのお寺。
そこはペットだけでなく人形供養もするらしく、本堂の片隅に供養に出された
人形が並べられていた。
割ときれいな人形ばかりで、並べ方もきれいに飾ってあるという感じだったのだが
その中に1体、風呂敷に包まれたままの人形がいた。

何かあったのかと怖くなったのと同時に、あんなビジネス丸出しの寺で本当に供養が
出来るのか心配になった。

---------------------------------------------------------

128 :もしもし、わたし名無しよ :2006/05/15(月) 02:41:01
子供の頃
ばーちゃんが祈祷師みたいな人だった
私が作ったお人形を叩いたり踏んだりして最後に燃やしちゃうの
私が10歳位までのころだから人形はかなりにヘタなつくりで手芸雑誌にあるようなのだった。

私はいつも作るときは名前も付けてお洋服の布とかリボンとか髪の毛とか真剣に選んでるのに
おばーちゃんはそれをいじめて燃やしちゃうのが辛くて辛くて悲しかった。
でもちょっとだけ
おばーちゃんいほめられるし、それがものすごいお金に変わるって知ってたから嬉しいとも思ってた。

いまでもばーちゃんがお前の人形が一番よかったという。
でも、今は辛い

140 :もしもし、わたし名無しよ :2006/05/16(火) 15:13:33
>>128さんが身代わりになりやすいお人形を作る特殊能力の持ち主だったとしても、
一生けんめい作ったお人形を苛めて燃やしちゃう婆様はちょっと…。

お払いのためにどうしても必要だったのなら、「困った人を救うための
おまえの作ったお人形が必要で、そのお人形はいいことのために
燃やすのだから哀しまないでおくれ。」とか
子供なりに納得出来るように説明するべきだったのでは…。
今更言っても仕方がないけどさ。

---------------------------------------------------------
あとがき
ひでぇ

ちょっと報告。
週間アスキーのにちゃんねる斜め読みというコーナーを見てみて。
2ちゃんのコーナーで、ひろゆき氏のコラムといくつかのスレッドを紹介してるページです。
そこの怖い話担当ということで指名されました。
前のとこ出て行って10日後くらいでようやく落ち着いてきたときにお話を頂いた訳だが、
重なるときは重なるもんだなぁと。
まあ、折角ご指名頂いて光栄だったのでお受けしました。
と、いかにも大げさな書き方だけど、実はかなりこじんまりとしたことです。
現物見てもらえれば分りますw
一応名前も表示されてるけど・・・


---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://occult.blog62.fc2.com/tb.php/39-170f01e5

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

 

期待してしまうw

  • 2006年05月17日 09:23
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

いつ頃の週アス?
教えてね、多分買うかもしれない(弱気)

  • 2006年05月17日 13:46
  • トンちゃん #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。