週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の医療はオカルト

昔の医療はオカルト

1 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/18(火) 19:13:32 ID:5Bxy/erE0 (2)
淋病の治療に焼けた鉄の棒を尿道に突っ込んだらしい。
ガクガクブルブル。


24 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/20(木) 01:12:10 ID:VHLraWt3O
>>1
それ、うちのオヤジがやったwww


25 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/20(木) 01:51:08 ID:z7Ll0JCnO
いたそうだなw


26 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/20(木) 14:30:13 ID:4RrFO0750
>>1
想像するだけで、ちんちんが痛むぞ ('A`)


27 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/20(木) 19:23:30 ID:1Q5/hK8b0
>>26
ちなみに今だと、綿棒の細いやつを突っ込まれる。


28 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/21(金) 00:38:17 ID:oClOKuzg0
>>24
オヤジのチンポは無事だったの?!
その後も使用可能なの?


29 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/21(金) 16:10:55 ID:FNHbbxiMO
>>28
オヤジが、結婚する前だから問題なかったんじゃね

そんなオヤジも、72才

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/18(火) 19:25:49 ID:5Bxy/erE0 (2)
まあ月並みだけど麻酔なしで手術とかは当たり前じゃないだろうか。

あとは瀉血とか。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

8 名前:本当にあった怖い名無し []: 2009/08/18(火) 19:53:02 ID:uKiXsDTb0
>>4
瀉血は今でもやるよ。
肝障害には有効なこともあるし、保険適用だよ。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

9 名前:本当にあった怖い名無し []: 2009/08/18(火) 19:59:13 ID:TyTXHrqHO
難しい出産や麻酔なしの開腹手術とか痛みで発狂した人はいないんだろうか

戦時中の麻酔なしの開腹手術で腸が飛び出てショック死する場合があったのは聞いたことがある

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

12 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/18(火) 20:08:15 ID:Sw3fG/7o0
大学の授業で習ったんだけど
初期の頃の人工透析だと血流量を確保するために、太い針を使ってたんだけど
それだと、腕や血管に負担がかかってボロボロになるから
その対応策として、腕に直径1cm、長さ15cmぐらいの管を埋め込んで
そこに人工透析の機械接続してた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

14 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/18(火) 23:17:58 ID:1P59c1Y50
中国だけどゴキブリを5,6匹ほどすり潰しただけのものを傷口に塗ってるのには驚愕した。
いったい何の効果があるのかと小一時間(ry


15 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/18(火) 23:23:41 ID:lCRO7PkC0
>>14
それは医学的にも貴重な証言。ゴキブリを使うというのは極めて珍しい。
いつ、どこで目撃されましたか?


16 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/19(水) 00:10:11 ID:UdVZqoc70
>>15
ネットサーフィンしててたまたま見つけたんだけど、だいぶ前に見たので記憶曖昧ですまん。
ちゃんと画像が何枚も載っててウゲェと思ったよ。動画もあったような気がする。
ばーさんがすり鉢の中に手掴みでGを入れて、それをゴリゴリすり潰してた。
Gが生きてたか死んでたかは覚えてない。
そして、足を怪我した人の傷口にそれ塗りつけて包帯で巻いてたような・・・
多分中国の田舎の方で、まだ行われてる治療方だったとオモ。


17 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/19(水) 00:13:20 ID:KVFf5g2G0 (2)
中国の民間療法か~、ゴキブリの油にはゴキブリを守る抗菌成分が
入ってるから、たぶん、清潔な場所(穀倉とか)にいるゴキブリを
使うんだろうね。それなりに合理的だろうけど、気持ちよくはないね。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

19 名前:本当にあった怖い名無し []: 2009/08/19(水) 20:53:36 ID:wUBewG+S0
人肉や人骨が病気に効くなんて信仰がありました。

日本でも明治時代に人肉食事件がちらほらと。
ソースはマジソンズ博覧会。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

20 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/19(水) 21:01:13 ID:KVFf5g2G0 (2)
http://takemi52.hp.infoseek.co.jp/asaemon.htm
>山田家は罪人の死体から、脳味噌、胆嚢、肝臓、陰茎をもらい受け、
>乾燥などの処理して薬として販売していたのである。死体から売薬
>「人丹丸」「慶心丸」特に肝臓から作った「人丹丸」「慶心丸」な
>どと呼ばれる薬は結核の特効薬と珍重された。
>この売薬の利益は莫大で身分として浪人にすぎなかった山田家は
>万石の大名に匹敵すると言われ、生肝の信仰が山田家の経済を支え
>同時に人を不気味がらせた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/山田浅右衛門
>試し斬りにあった死体は山田浅右衛門家が拝領することを許された。
>合法的に新鮮な死体を入手できたため、山田浅右衛門家は
>人間の肝臓や脳や胆嚢や胆汁等を原料とし、労咳に効くといわれる
>丸薬を製造していた。これらは山田丸・浅右衛門丸・人胆丸・仁胆・
>浅山丸の名で販売され、山田浅右衛門家は莫大な収入を得ていた。
>また、試し斬り用の死体や、遊女の約束用として死体の小指を売却
>することもあったという。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

22 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/20(木) 00:04:39 ID:av1aEdYJO
棺桶の板を煎じて飲ませると結核に効く
但し飲ませる相手には棺桶の板だということを知られてはならない

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

30 名前:本当にあった怖い名無し []: 2009/08/22(土) 16:06:50 ID:foXUq/7Q0
戦国時代の記録を読むと、戦場で、失血がひどく今でいうショック状態で死にそうな者には
「「馬糞の絞り汁」を飲ませると助かる」というのが結構よく出てくる。
武田家の軍記には、死にかけている若者にこれを飲ませようとしたら「いや、そんな気持ち悪い物を飲んで
もし死んだら、みんなにバカにされる」と拒んだ。これにたいして、居合わせた老いたサムライが
「どれ、ワシが味見してやろう、…ふむ、いける。お前にも飲めるだろう」と馬糞汁を若者に渡し
若者は飲んで、助かった、という話が出てくる。強烈な刺激による、気付け薬の意味があったのかもね。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

32 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/22(土) 17:57:05 ID:9tVdVh6p0
戦時中の野戦病院とかは結構惨たらしかったようだねぇ。
足や腕の根本に弾丸受けた兵士達はモルヒネが無いから麻酔無しのままピンセットで弾をほじり出されたらしいし。
症状がひどいと当然切断で、その場合は看護婦達が数人がかりで兵士の体を全力で押さえつけていたみたい。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

38 名前:本当にあった怖い名無し []: 2009/08/23(日) 02:33:41 ID:nNQQzXxVO
麻酔を発明した人に心から感謝しています


39 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/23(日) 02:46:15 ID:uX6DECaoO
麻酔というか麻薬というか、
そういったモノは太古の昔から利用されていたわけだが。


40 名前:本当にあった怖い名無し []: 2009/08/23(日) 04:08:14 ID:hQnAXAHuO
世界初の全身麻酔は花岡清州とかいう人じゃなかった?
自分の奥さんの乳癌?かなんかの摘出手術をしたそうな。gj!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

45 名前:本当にあった怖い名無し []: 2009/08/24(月) 20:54:50 ID:kGVYc9JB0
猛毒の水銀が不老長寿の薬だったものなあ。大昔だけど。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

48 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/24(月) 23:55:40 ID:+1Uws0i6O
どっかの遺跡から出てくる穴あき頭蓋骨は「脳圧を下げる為の手術の痕。受けた人の頭の穴は開きっ放しのままで、普通に生活してた」って何かで見たんだけど、人間って脳味噌が剥き出しでも平気な物なの?
虫が湧いたりしないのかな?


85 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/09/13(日) 23:55:58 ID:cl3Gzh4wO
>>48
トレパネーションじゃん
現代でも違法だけどやってる人いるよ
映画『SOW』で黒幕の爺さんがやらせた施術
脳は幕に覆われててそれを傷つけずに骨だけを取り除くと
脳が活性化していいらしい
皮膚は縫合するから見た目には傷跡だけ
私もしたいんだけどなかなか


97 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/09/15(火) 18:26:49 ID:h5Of3MvT0
脳圧下げるために頭蓋骨に穴ってドラマのDr,ハウスでもやってたな。
普通に現代医療の場のシーンで見ても怖いわ。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

57 名前:本当にあった怖い名無し []: 2009/08/29(土) 14:17:50 ID:GrK9mZFB0 (2)
フグの毒に当たったら、頭だけ出して埋めておく治療法?


58 名前:本当にあった怖い名無し []: 2009/08/29(土) 14:28:01 ID:vjSiZ5f60
>>57
あれは、何もしないことに比べると、有意に治療効果があるみたいだぞ。
現代は、病院に担ぎ込んだ方が、比べ物にならないほど安全だが。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

60 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/29(土) 14:39:13 ID:nRtUGmqOO
中世ヨーロッパでは刀傷の止血には焼いた金属やタイマツを使った。
傷口を焼くため確かに血は止まるが火傷した皮膚に細菌が感染する。
結局怪我人は苦しみながら死んでいったという。
失血死か細菌感染による死か選べるなんて(人´∀`)ステキ……か?


61 名前:中常侍 うんこ ◆knhfo7S6wc []: 2009/08/29(土) 14:55:11 ID:Dvu2FUcd0
>>60
傷口を焼くのって効果ないってこと?

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

63 名前:本当にあった怖い名無し []: 2009/08/29(土) 15:28:06 ID:GrK9mZFB0 (2)
止血のために卵の薄皮を貼るというプロレスラーに良く見られた民間療法。
あれって細菌とかだいじょうぶなのか?


66 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/30(日) 01:18:12 ID:IOffOpw70
>>63
それのタバコバージョンなら聞いたことがある。
こちらはちゃんと科学的根拠があるらしい。

ただ、タバコの持つ毒も馬鹿にならないから、
止血薬があったのならもちろんそちらを使ったほうがいいんだとのこと。


68 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/08/31(月) 22:51:39 ID:4+KzacbAO
>>63
大丈夫じゃない
俺のじーさんが鍋ひっくり返して火傷した時に
なんか芋をスリおろして塗る民間療法やって雑菌入って
それが原因で皮膚移植したぞ
勿論医者にこっぴどく叱られた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

69 名前:本当にあった怖い名無し []: 2009/09/01(火) 23:15:24 ID:w2PBm3+Y0
何かの豆知識の本で読んだんだけど、傷口の縫合面にアリの頭を使うとかあって、ずいぶん合理的だと感心した。
難点はアリの頭が残ること。


70 名前:中常侍 うんこ ◆knhfo7S6wc []: 2009/09/01(火) 23:40:26 ID:RN6ZX5ow0
>>69
アポカリプトって映画でもやってたな


71 名前:本当にあった怖い名無し []: 2009/09/01(火) 23:55:45 ID:qpHH1sbbO
蟻のあたまが合理的ってわからん


73 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/09/02(水) 02:11:09 ID:4nEgv6PP0
>>72
あれとかハリでの麻酔とか、一時中国で流行ったけど、切られる部分の痛さだけはないが
引っ張られる部分とか、切られてる場所の周辺部が痛くて痛くて、とてもじゃないけど
麻酔薬の代わりにはならないんだってさ。


75 名前:本当にあった怖い名無し []: 2009/09/02(水) 19:12:45 ID:fa4ms+Db0
>>71
噛む力が強く、傷口をしっかり合わせることができる。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

74 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/09/02(水) 03:49:51 ID:y1wDX1Pa0
食道癌の手術で、家庭用のホースを繋いだそうな
みんな田舎の医者が馬鹿な事をしたと馬鹿にしたが
そのあと、20年も生きたそうな・・・ ソースは某病院の院長(消化器外科医)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

76 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/09/02(水) 19:26:33 ID:Lfi/jcgEO
昔はうつ病の治療に電気ショックが使われてたこと。
しかも割と最近までやってた療法らしく、今でもやってるとかやってないとか…
あと、精神分裂病の人にロボトミー手術とかもしてたらしい。


77 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/09/02(水) 21:58:51 ID:UF6xVQXb0
精神の薬でLSDが使われていたらしいね 結構、効果があったとか


78 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/09/02(水) 22:45:59 ID:M/2R5x6bO
今でも鬱病の治療に電気ショック使うよ


82 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/09/13(日) 19:12:18 ID:OIIUU5WCP
>>76
一時期は廃れたらしいが、いまはmECT(修正電気けいれん療法)として復活。
ただし、よっぽどの患者さんじゃないとやらないそうだ。

昔と今の違いは、麻酔蘇生科医が同席するようになったことだな。
電気ビリビリなんて、どうみてもやばいから。

派生系として、磁気を使う実験も数年前にはあったが、頓挫している。
また、脳内に電極を埋め込むオペも海外ではあるが、日本では承認が取れてない。
(いちおう薬事申請屋のはしくれなので)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

86 名前:本当にあった怖い名無し []: 2009/09/14(月) 05:14:33 ID:0Q2Ik0jqO
蓄膿症の手術は?
父親が昔やった話聞いてガクブルしたんだか。
ネットでやり方見て更にガクブル


91 名前:本当にあった怖い名無し []: 2009/09/15(火) 14:43:59 ID:uvAtAcwEO
>>86
口の中からメスを入れて鼻まで皮膚を捲ってする手術の事?


92 名前:本当にあった怖い名無し []: 2009/09/15(火) 17:30:24 ID:kVNE0eGx0 (2)
>>86
歯ぐきと唇の間の皮を引っぺがして、その中にノミをいれてガンガンガン。
骨を削る音が頭蓋骨に響く手術?
車谷長吉の私小説で読んだ気が。作中では医者がヤブで患者の女性を失明させたとか。


94 名前:本当にあった怖い名無し []: 2009/09/15(火) 18:00:54 ID:bz2WiW8iO
>>92
私、鼻骨折して同じ手術した。
全身麻酔でヨカッタ…
でも、終わった後の顔が
)゚0゚(ヒィィ


95 名前:本当にあった怖い名無し []: 2009/09/15(火) 18:05:00 ID:uWNM+jaqO
>>91>>92
そう!それそれ!
今は内視鏡&全身麻酔でやるらしいが昔はあんなエグいやり方で部分麻酔でやってたんだよね。

口の中から肉を切っていく感触と骨を削っていく轟音がもろに伝わったそうだ。
痛いし悪夢って言ってた、しかも右と左2回に分けてやるんだってw


102 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/09/17(木) 08:14:28 ID:vkYbdzibO
>>95
それも今じゃある程度の症状までは薬できれいさっぱり治るようだね。
自分蓄膿だから是非この方法で完治したい…

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

96 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/09/15(火) 18:21:53 ID:kVNE0eGx0 (2)
プロレスで骨折王という選手がいました。
鼻を骨折した時は、顔にめり込んだ鼻骨をクレーン(?)で引っ張り上げて治療したそうです。
田鶴浜さんの本にありました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

99 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/09/15(火) 20:39:00 ID:QoG+NWz/0
 一度、書き込んだ事がある内容なんだが、明治生まれの
祖母(故人)が子供のころに腸チフスに罹った時のこと、
サクラミミズを煎じて飲まされたらしい。高熱で訳が
分からなかったが土臭い風味だけが記憶があったとのこと。
それでなんと次の日には熱がすっかり引いたらしい。
実はミミズは漢方薬の一種らしい。↓
http://www.est.hi-ho.ne.jp/abes/hyakkaen23/hyakkaen23-3.htm

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

107 名前:本当にあった怖い名無し []: 2009/09/20(日) 11:09:37 ID:0j1z1y+a0
傷口をガーゼで巻くのも、今の知識で言ったらダメらしいな。
傷口からガーゼをはがす時、痛くて痛くてというのを思い出した。


108 名前:隊長 ◆RxgHtAIcho []: 2009/09/20(日) 11:18:16 ID:EEj/hzDNO
>>107
犬に噛まれた時に、一週間毎日毎日傷口にガーゼグリグリ押し込まれた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

109 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/09/20(日) 11:23:37 ID:p2sbmi+YO
私脳腫瘍で手術したけど、今でも直径2CMくらい骨ないよ。
後頭部右側だから、髪の毛で隠れてわからないけど。
穴あけた部分に骨を置いても、くっつかずにくちゅくちゅっとなってしまうらしい。
肩凝りすると頭の上の方まで辛いってくらいでなんともないっす。
あと手術する時、感染予防で髪の毛剃らなきゃいけないので覚悟してってね。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

123 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/09/22(火) 15:16:51 ID:mEVQW7fs0
日本じゃなくヨーロッパの話らしいが怪我人の傷口に煮えたぎった油を注いだらしい
感染やらを防ぐ意味なんだろうと思うがやられた方はたまったもんじゃないな
しかし油がなくなってきて仕方なく残った油を塗りつけたらそっちの方が治りが早いってんでその治療法は廃れたみたい

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

125 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/09/22(火) 16:05:19 ID:Q88Mjc8a0
ジョージ・ワシントンの死因は、急性呼吸器感染症への治療法として瀉血しすぎた事による失血死。
(本人の自己治療+医者二人による合計4回で1.9Lの血液が失われた)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

128 名前:中常侍 うんこ ◆knhfo7S6wc []: 2009/09/22(火) 16:48:14 ID:taxsOfmp0 (2)
ルイ14世は、侍医ドクトル・ダガンの主張する「歯はすべての病気の温床である」
という説に基づき、12回にわたる手術の末、すべての歯を抜かれた。しかも当時
は麻酔もないため、歯は麻酔なしで引き抜かれ、抜いた後は真っ赤に焼けた鉄
の棒を歯茎に押し当て消毒とした。その後、歯の無いルイ14世は、8時間以上か
けてくたくたになるまで煮込んだホロホロ鳥や雉などしか食べられなくなった。


131 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/09/23(水) 05:41:58 ID:goXtIeGdO
>>128
ルイ14世は相当臭かったらしいな
抜歯でできた大きな穴に食べ物が詰まって雑菌と一緒に発酵して
超巨大な臭い玉が出来て息が超臭かったらしい。
その上毎日何度も下痢便を催してうんこ臭も酷かったらしい


133 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/09/23(水) 10:25:07 ID:ZLspgrvLO
>>131
最後は天然痘でグズグズになって死んだんだっけ?

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

134 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/09/23(水) 14:50:45 ID:U6LQqyS90
どこの国の話だったか忘れたけど、その昔、出産後に切断した臍帯の先を獣糞で拭う風習がある地方があって
お陰で折角生まれたものの感染症で死ぬ赤子が続出したそうな。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

135 名前:本当にあった怖い名無し []: 2009/09/23(水) 19:18:25 ID:I49hBsXH0
医療と言うか奇行なんだけど、カールゴッチは「歯があるから虫歯になる。なら全部抜いちまえ」で歯医者で全部抜いて熱出して寝込んだ。


136 名前:本当にあった怖い名無し [sage]: 2009/09/26(土) 16:26:52 ID:Cqcnue1/0
親知らず1本抜いただけでも結構な負担なのによーやるわ…

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

この記事へのコメント

 

現代に生きてて良かった…

  • 2009年10月01日 03:10
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

何世代か後の孫たちの時代に投薬でガン完治とか骨折完治とかなってたら面白い。

  • 2009年10月03日 01:23
  •   #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

フグ毒は麻痺毒なのであたっても人工呼吸を毒が消えるまで続ければ死なない。
誰かがあたったときのために覚えとけw

あと怪我したときはフーフーしちゃ駄目。乾くと傷は治りにくくなる上に傷跡が残りやすくなる。

  • 2009年10月05日 02:40
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

山田家の人胆丸って今ある仁丹と関係あるの?

  • 2009年10月06日 12:52
  •   #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

…聞いてて気持ち悪くなったぞ。

  • 2009年12月29日 10:12
  • 羅希 #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。