週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ネッシー】未確認生物、絶滅動物パート2【モア】

【ネッシー】未確認生物、絶滅動物パート2【モア】

1 名前:オオクワ専門さん ◆4Xpr5jXA2A [age]: 2005/12/16(金) 20:08:35 ID:???
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/wild/1132226933/l50
前スレ

前スレが荒れて使い物にならなくなってしまったので
新たに立てます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

13 名前:名無虫さん []: 2006/02/24(金) 20:33:43 ID:Bqnrz4o5
ネッシーの寿命は何年ですか?何百匹もいなければ種の保存は無理だと思う。
でも、ネッシーはいてほしい。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

14 名前:名無虫さん []: 2006/04/06(木) 13:52:05 ID:qhEjsudv
漫画で読んだ話だけど
ネッシーは巨大植物でイモみたいな形で先っぽに触手がついてる。それが首に見えるんだって^^
腐敗ガスによってたまに浮かぶんだって^^寿命数千年^^
これなら骨がない事もエサがないことも単体でも種が保存できる^^

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

25 名前:名無虫さん []: 2007/02/20(火) 19:28:58 ID:bsLmANft
ネス湖では狭い上に食べるものが少なすぎて、ネッシーが恐竜の生き残りとする説には
無理があるらしい。
けれど、長い時の間に環境に順応し、進化したのだと、あえて主張してみる。


27 名前:名無虫さん [sage]: 2007/02/24(土) 02:23:51 ID:???
>>25
巨大でないと、熱量が維持できないからな。あやつらは。


30 名前:名無虫さん [sage]: 2007/02/28(水) 03:26:56 ID:???
>>25
観光客が餌あげてるんだよ


31 名前:名無虫さん []: 2007/03/02(金) 13:03:43 ID:UwwOPrW9
>>25
>ネス湖では狭い上に食べるものが少なすぎて、ネッシーが恐竜の生き残りとする説には
>無理があるらしい。

それは当初から、理論派の生物学者が指摘してきたことなんですが、
視聴率に飢えたテレビが封印してしまったのですよ。そして一握りの肯定派の意見ばかり
紹介して、ネッシーは存在すると世間に思わせてネッシーブームを日本に起こした。
でも、死体一匹発見されずに小さな湖に種が存続するなんて不可能ですね。小動物ならともかく。

何より恐竜が絶滅したのは6000万年前です。ネアンデルタール人の絶滅が約3万年前だから
2000倍も長いのに、その間に化石すら発見されていない。
これで恐竜が生き残っていたら多くの生物学者は発狂しますよ。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

26 名前:名無虫さん []: 2007/02/24(土) 01:24:30 ID:J0fzd0r2
謎の深海巨大ザメ? 米国海洋研究所が観測

1 名前:アルカイダ 投稿日:2006/07/28(金) 23:55:27 ID:jzHKDTSS0 ?2BP
カリフォルニア大学サンディエゴ校スクリップス海洋研究所がこの程インド洋モルディブ沖で行った海洋調査の折に思わぬ巨大生物が出現し、話題をさらっている。

同研究所による調査は無人潜水艇を用い、大陸棚から大洋底に続く大陸斜面を観測するというもの。
その際、潜水艇が水深800~1000mを沈降中にその生物は現れ数秒間画面上に留まった後、悠然と泳ぎ去ったという。
画像からの解析ではその巨大生物の体長23~24mとみられ現在最大の魚類とされているジンベイザメ(最大で体長18m前後)を大幅に上回り魚類であるならば世界最大の記録を塗り替えることになる。

同研究所では「形状から判断してサメの仲間のようだが、断定は出来ない。新種の可能性も否定できない」としてさらなる調査を続ける予定。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

55 名前:名無虫さん []: 2007/06/26(火) 14:57:14 ID:m6/qwH0m
6/17にウィグル自治区ウルムチの塞里木湖で体長およそ10mの謎の生物が岸から
100mの沖を泳いでいるのを多数が目撃。居合わせた記者が撮影に成功したらすい。
(塞の位置の字は日本語にないんで当て字)
・撮影された画像
ttp://photocdn.sohu.com/20070620/Img250678131.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

66 名前:名無虫さん []: 2007/07/04(水) 11:35:07 ID:k6Cxvsel
こっちに書くべきだったな

“飛べない鳥”ドードーの遺骸からDNA採取の可能性|Ameba News


【モーリシャス島 29日 ロイター】
モーリシャス島では6月、竹と紅茶の栽培地のふもとにある洞窟の中でドードーの遺骸が発見された。
これは絶滅した“飛べない鳥”ドードーの謎を知ることのできる、これまでにない最高のチャンスを提供してくれるものだ―6月29日、科学者たちがこう語った。
問題の遺骸は6月はじめ、モーリシャス島の高地で65歳の高齢者が発見した。だが、“フレッド”のニックネームをつけられた遺骸の骨の回収が終わる29日まで、その具体的な場所は極秘とされていた。
発見場所は、成人男性が4人がかりで夜通し番をしていたという。
遺骸がほぼ完全な状態で、外界から遮断された状態で洞窟で発見されたことから、
ロンドン自然史博物館の古生物学者ジュリアン・ヒュームさんはロイターに対して、この遺骸からは素晴らしいDNA情報やその他のヒントが得られる可能性が高いと語った。
「拾おうとすると、バラバラになってしまうんです。壊れずに綺麗な状態のものはないでしょうね」

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

69 名前:名無虫さん []: 2007/07/15(日) 11:17:55 ID:T3RLxx8g
何百年も前のネッシーの目撃談なんかあるのか?

湖の主とか、聖人の退治した怪物とかの、フォークロアとして語られたり、
それを元にしたイラスト集とかばかりじゃないの?


70 名前:名無虫さん [sage]: 2007/07/15(日) 14:14:43 ID:???
どこの沼も湖も山も先住民族の伝説は付き物、架空だが


71 名前:名無虫さん [sage]: 2007/07/18(水) 00:42:03 ID:???
たしか記録に残ってる最古の目撃例は中世だったと記憶してる。
まあその記録も何だかわからないものであって、恐竜とか言い出したのは、
恐竜の知識が広まった近年になってから。


72 名前:名無虫さん [sage]: 2007/07/18(水) 01:02:20 ID:???
聖コロンバ伝でググルと色々出てくるね。約1400年くらい前のエピソード


86 名前:名無虫さん []: 2007/09/03(月) 20:05:39 ID:yc7Jo0H1
>>72 聖コロンバ伝の舞台は、ネス"湖"じゃなくて、ネス"川"という架空の地。


87 名前:名無虫さん []: 2007/09/04(火) 09:23:35 ID:AID/EQGg
さすがに聖コロンバ伝を目撃談として扱うのは無理だろ。

世界中にこの手の話は山ほどあるし、>>86のいうとおり、ネス湖じゃないし。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

76 名前:名無虫さん []: 2007/08/03(金) 15:59:45 ID:ysaFTxX7
なんか、海の生物で完璧な透明のかたまりで触ると拡散し無くなり、時間
がたつともとどうりになる訳の解らん生き物(?)が昔テレビで映ってた、
これ見てる学者で解る人いたら今の最先端の情報を教えてください。


88 名前:名無虫さん [sage]: 2007/09/04(火) 12:04:51 ID:???
>>76
どこかのサイトで説明してたけど、生物じゃなくて水圧に押されてる空気の泡だったような?


77 名前:名無虫さん [sage]: 2007/08/08(水) 18:07:37 ID:???
それじゃないけど、スキューバダイビングしてた人が謎の肉塊(?)が鮫を音もなく包み込んで食べたのを目撃したって記述を読んだ事ある。
世界各国でそれと思しき肉塊が打ち上げられてるとか。


78 名前:名無虫さん [sage]: 2007/08/08(水) 18:21:25 ID:???
連投スマソ あと、ネッシー生存説だけどあの湖は海と繋がっていると聞いた事ある。
もしそうなら見つけるのは難しいだろうけど…。 まぁ地球のほとんどは海だから未確認水棲獣がいてもおかしくないと思われ


79 名前:名無虫さん []: 2007/08/12(日) 23:31:23 ID:ogn0lJQf
>>78
でもそこそこのでかさの未確認生物は、もはや深海じゃないといないんじゃないか

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

150 名前:名無虫さん []: 2008/01/16(水) 17:34:59 ID:p9MixSIc
ネッシーの先祖の化石は見つかったの?
ネッシーが生活に必要なカロリーは湖の魚で補えるの?


151 名前:名無虫さん []: 2008/01/16(水) 18:17:40 ID:phJd2xjC (2)
>>150
>ネッシーの先祖の化石は見つかったの?

首長竜の化石は6500万年の地層から見つかっていない。
そもそもネス湖は約1万年前に氷河が溶けてできた。
だから大型動物などいるはずがない。

>ネッシーが生活に必要なカロリーは湖の魚で補えるの?

ネス湖は透明度が低いから植物性プランクトンがいない。
だから魚もほとんどいない。よって大型動物は住めない。


155 名前:名無虫さん [sage]: 2008/01/17(木) 03:07:50 ID:???
>>150
ネッシーの先祖が何かわからない
漁師がいるので、思ったよりはいるらしい


156 名前:名無虫さん []: 2008/01/17(木) 10:16:44 ID:MOqgtqL5 (2)
>>155
その猟師の網にネッシーがかかったことはない。


159 名前:名無虫さん []: 2008/01/19(土) 00:38:29 ID:blunwjXy
>>156
俺の友達、四国で漁師なんだが、ダイオウイカもどきの
珍しい奴はよく網にひっかかるそうだ。
でも見るからに食えねえし、でかいし邪魔なのでだいたい捨てるんだそうだ。

ニューネッシーの話をしたら「あれは捕れたのが珍しいんじゃない。
わざわざ報告されたのが珍しいだけだ。」って言ってた。

ネッシーはわからんんが、ニューネッシーあたりなら、
どこぞの漁師の網にひっかかっても「なんだ食えないじゃん」で
リリースされてる可能性大。


160 名前:名無虫さん []: 2008/01/19(土) 01:13:02 ID:zMiVboxT
>>159
シーラカンスを発見した学者は
確か地元の猟師がリリースしないように賞金を出したそうな。
日本政府も新種を発見した猟師に賞金を出すくらいしてもいい。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

173 名前:名無虫さん []: 2008/02/04(月) 15:03:37 ID:gWdnWxcH
何度書いたら分かるんだ?最初の目撃者がちゃんと捏造を告白したんだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%BC#.E3.80.8E.E5.A4.96.E7.A7.91.E5.8C.BB.E3.81.AE.E5.86.99.E7.9C.9F.E3.80.8F.E3.81.A8.E3.81.9D.E3.81.AE.E7.9C.9F.E7.9B.B8


174 名前:名無虫さん []: 2008/02/04(月) 20:03:26 ID:2taNvWfi (3)
>>173
最初の目撃者って誰?

>元々『外科医の写真』は肯定派の大勢からも証拠として認定されていなかった。しかし一部の肯定派の
>中には、スパーリングの告白が、ウィルソンを始めほとんどの関係者の死後、90歳の高齢で行われた事、
>またサンデー・テレグラフの報道が、そのスパーリングも死去した後であった事から、報道内容に対して
>疑義を唱える者もいる。また、1934年当時、水中を潜航できるような潜水艦のおもちゃはなかった筈との
>主張もある。


178 名前:名無虫さん [sage]: 2008/02/05(火) 17:30:00 ID:???
>>173
ネッシーはどうか知らないが、
ネス湖の怪物伝説ならかなーりの昔からあるってお話だが。



179 名前:名無虫さん [sage]: 2008/02/05(火) 18:59:59 ID:???
>>178
このスレでも何度か言及されてる『聖コロンバ伝』だろ?

布教のために訪れた「ネス川」流域の村で人食い怪物に襲われた死者の葬儀に遭遇、
そこで聖コロンバはネス川に赴き、現れた怪獣に「神の名に於いて去れ」と命ずると
怪獣は恐れをなして退散した。

ってやつ。怪物の姿形については一事も記述がない。
この事件は595年の出来事とされ、聖コロンバの没年は597年。
『聖コロンバ伝』は690~700頃の著作とされる。
これをUMA目撃報告に含めるのはちょっと無謀。

その後ネッシーが人を食った、という報告は一例もない。


180 名前:名無虫さん []: 2008/02/06(水) 03:17:57 ID:8cerE/hj
>>173
ほんとに告白したのかどうかは、今となっては死人にくちなし

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

197 名前:名無虫さん [sage]: 2008/02/09(土) 16:47:35 ID:???
基本的にUMAは未知の生物としておけば大抵はその可能性を保持できるからなぁ・・・
今更プレシオサウルス辺りの「未確認な既知生物」を持ち出すのはちょっと厳しいな

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

203 名前:名無虫さん []: 2008/02/10(日) 18:05:20 ID:CfClasV+
メガラニアやメカロドンとかステラー海獣とかあたりが可能性を感じる


204 名前:名無虫さん [sage]: 2008/02/11(月) 04:22:58 ID:???
まぁ、シーラカンスやラブカがいた位だからなんともいえないが
浅めの海ではもう無理じゃないか?


205 名前:名無虫さん []: 2008/02/12(火) 00:28:05 ID:hXZNgpYe
>>203
ステラー海牛って奇跡の存在だな。
よくこんな無防備な動物が生存できたものだ。
シャチやサメとかに食われなかったのだろうか?



206 名前:名無虫さん []: 2008/02/12(火) 12:59:29 ID:za+pfe9K
>>205
確かに浅瀬にしかいないとは言え、かなり無防備な動物だったみたいだよな。
食い付くした昔の人間達が恨めしいぜ、あのデカサはマナティーやジュゴンの倍~2.5倍だからな

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

211 名前:名無虫さん []: 2008/02/14(木) 10:08:32 ID:7ckigLpj
海だけは何がいても不思議じゃないなぁ。
特に深海なんて何もわかっていないに等しいし。


212 名前:名無虫さん [sage]: 2008/02/14(木) 13:32:33 ID:???
広い上に深くて何もわかってないからな

深海に人間の想像を遥かに超える生物がいるかもしれない



ってことで早く調査しr


213 名前:名無虫さん []: 2008/02/14(木) 17:36:17 ID:0nVyjF2m
アマゾン川位でも新種生物がウジャウジャ見つかる位だし海は広くて深いしナー


222 名前:名無虫さん []: 2008/02/19(火) 01:15:27 ID:fkEgQ4sO (2)
5.6メートル級のうなぎとかがいても恐ろしいし、かなりの話題になるが、淡水には古代生物の生き残り説は厳しいよなぁ。
限られた範囲内の湖とかでの繁殖数に何しろ無理がある。
まぁ海だろ、深海。


223 名前:名無虫さん [sage]: 2008/02/19(火) 01:43:17 ID:???
地底湖とかあるじゃん


224 名前:名無虫さん [sage]: 2008/02/19(火) 07:57:54 ID:???
大型のは無理だな。
餌がないとまず維持できん。


225 名前:名無虫さん [sage]: 2008/02/19(火) 10:12:47 ID:???
ウナギって50年ぐらい生きるらしいね
こんな話があってすげーと思った

326 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2007/11/15(木) 22:28:14
池から捕まえて来たウナギをさばこうとしたら、ウナギが逃げて井戸にポチャ。
それから50年たった今、あのウナギはどうなったか調べて…って言う依頼。

井戸にダイバーを潜らせてみると、なんと50年前に逃げたウナギが底で生きていた…。

50年前、まだオレが生まれてない時に逃げたウナギが…

感動した。探偵ナイトスクープの傑作だね

329 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2007/11/15(木) 23:30:46
>>326
それたべたの?

332 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2007/11/15(木) 23:50:31
>>329 食べないよ。真っ暗で狭い井戸に戻すのも可哀想だし、自然に返すと外的にすぐにやられてしまう
(長時間、光に当たってないから目が退化してほとんど見えないし、敵がいない環境にいたから動きが鈍い)。

結局、水槽に入れて飼うことにしたんじゃなかったかな?(記憶曖昧でスマソ)


226 名前:名無虫さん [sage]: 2008/02/19(火) 10:15:46 ID:???
あとこれ読んでたらますますウナギの神秘性に惹かれる
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1519517.html


227 名前:名無虫さん [sage]: 2008/02/19(火) 10:18:01 ID:???
↑途中送信してしまった

謎だらけのうなぎ - 教えて!goo
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1519517.html

未確認生物よりよっぽど興味深いと思わんかね?


228 名前:名無虫さん [sage]: 2008/02/19(火) 10:21:54 ID:???
ちなみにウナギの寿命は生殖活動が抑えられた環境下にいる場合で50年生きると言われてるらしい

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

229 名前:名無虫さん []: 2008/02/19(火) 15:38:23 ID:fkEgQ4sO (2)
鰻やアナゴなどの稚魚なんつったけ?あれの1.8メートルものが以前見つかったよな?大人になったらあれは何になるか解明出来たのかね?


231 名前:名無虫さん [sage]: 2008/02/19(火) 21:41:41 ID:???
>>229
レプトケファルスな。その後あの巨大レプトケファルスはソコギス目のものである事が判明。
ソコギス目においてはレプトケファルス期に急激な成長をする生態を持つ事が分かった。
沖釣り屈指のファイターとして知られるターポンなんかもソコギス目。
これでソコギスとウナギは似ても似つかない外見でありながら、カライワシ等を含めた
カライワシ上目に統合される事になった。

ちなみに、レプトケファルスは変態時に脱水収縮して小さくなる。
成長すると小さくなるのだ。


232 名前:名無虫さん [sage]: 2008/02/19(火) 21:51:13 ID:???
これか。なんか怖ええ

レプトケファルス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%97%E3%83%88%E3%82%B1%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%B9

画像
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/a/a2/Leptocephalus.jpg


233 名前:名無虫さん [sage]: 2008/02/19(火) 21:59:37 ID:???
巨大なレプトケファルス
1928年から1930年にかけてデンマークの調査船ダナ号による海洋調査が行われた。
1930年1月31日、そのダナ号によってセント・ヘレナ島付近で1.8mもある非常に大きな
レプトケファルスが捕獲され、大きな反響を呼んだ。それまで知られていたウナギ類
のレプトケファルスは成長後には数十倍の大きさになることから、この巨大なレプト
ケファルスが成体になった場合には体長が数十mにもなると予想され、伝説のシーサー
ペント(大海蛇)の正体がこれで判明した、と報じる新聞もあった。その後も巨大なレプト
ケファルスの標本はたびたび採取されたが、その成体の姿は謎のままだった。

事態が好転したのは最初の発見からおよそ30年後のことだった。1960年代半ばになって、
偶然にも変態途中の巨大レプトケファルスが採取されたのである。そしてその身体の
特徴は、この幼生がソコギス目魚類の仔魚である可能性を強く示唆していた。あらため
て詳細な調査と研究が行われた結果、
・ソコギス目魚類もレプトケファルス期を経て成長する。
・そのためウナギ目とソコギス目には近い類縁関係が認められる。
・ウナギ類はレプトケファルス幼体からの変態後に大きく成長する一方で、ソコギス類
はレプトケファルス期において成体サイズまでの成長を行い.変態後はほとんど成長しない。
などの事実が判明した。それまで見つかった巨大レプトケファルス標本も再調査の結果、
ソコギス目魚類の幼体であることが明らかになり、シーサーペントは再び伝説上の存在となった。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

234 名前:名無虫さん [sage]: 2008/02/24(日) 16:38:18 ID:???
ネス湖捜査の時にソナーに写った生物はなんだったんだろうか。
あれが捏造でなければネス湖に何かが住んでることに間違いない。


235 名前:名無虫さん []: 2008/02/27(水) 09:59:02 ID:xKXGU+d9
>>234
ウナギが動物の死体を喰ってあつまってた
細かく分析できる最新のソナーを何故使わないのか?
それは何も変わった物がいないから
せいぜい1~3mのウナギが居るだけ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

240 名前:名無虫さん []: 2008/04/06(日) 19:37:48 ID:JCi3qr0U
日経ナショジオ誌で海獣の特集読んだことあるけど
乱獲されてるイッカクの祖先はなんていう海獣かな?
イッカクの角目当てに密漁が絶えないらしいな。


242 名前:名無虫さん [sage]: 2008/04/07(月) 02:55:57 ID:???
>>240
イッカクはハクジラ亜目イッカク科。同科にはシロイルカも含まれる。
早い話がイルカの一種。したがってイッカクの祖先はイルカ。
当たり前の話、どんどん辿って行けば祖型動物は他のクジラ類と同じ。


243 名前:名無虫さん []: 2008/04/13(日) 10:03:25 ID:8fC2N4zM
>>242
たしか鯨は顎の骨伝導に特徴があると聞いたことがあるな

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

248 名前:名無虫さん [sage]: 2008/05/13(火) 14:33:32 ID:???
ネッシーは某オカルト漫画家が唱えてる古代の軟体動物だか環形動物の生き残り説で
意外と当たってるかもしれん。

ああいう閉ざされて生存競争がほとんどない環境では、世代交替を早くして
進化のスピードも上げるという戦略よりも、一個体の寿命を長くした方が得なのかも知れない。
その結果、100年、1000年、10000年、100000年と寿命が伸びていった。
恐竜の類ならさすがにそこまでは寿命を延ばせないだろうが、
体の作りが単純な動物ならあるいは可能。
そして常時数匹から10匹程度が棲息している。人目につくほど巨大になるには
それなりに歳も経ているので、そういうのはごくわずかしかいない。


249 名前:名無虫さん [sage]: 2008/05/13(火) 15:08:30 ID:???
>>248
はいはい。
んじゃターリーモンスターで決定していいよ。
はいはい。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

274 名前:名無虫さん []: 2008/12/10(水) 09:36:57 ID:R3BNxSGM
ステラーカイギュウみたいに発見時で既に絶滅寸前ってのは
やっぱり可能性なさそうだな。

でもアフリカでゴリラ生息地12万頭ってのが新発見されるぐらい
だし、陸上動物でも少数生き残っているというのが
あってもいいというかあってほしい。
オオフクロトラネコは最近どうなんだろ?
あとオーストラリアの巨大トカゲ、メガラニアとか。

ジャイアントモアは確率低いように思うけど
小型種のモアぐらいはいてもおかしくないんじゃないか
というか生きているならまずは小型モアが先に見つかるのでは

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

275 名前:名無虫さん []: 2008/12/11(木) 23:26:20 ID:iZBev02O
メガラニアは2000年くらいまでにはいたらしいけど今はえさがなあ


276 名前:名無虫さん [sage]: 2008/12/12(金) 22:03:31 ID:???
>メガラニアは2000年くらいまでにはいたらしいけど
MJD?剥製なんかもあるん?


277 名前:名無虫さん []: 2008/12/14(日) 22:38:56 ID:wWGW8Dwn
骨の炭素測定でしょ。ただメガラニアは最近の研究ではそれほど巨大では
なかったらしい。せいぜい4メートル

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

297 名前:名無虫さん []: 2009/03/09(月) 22:05:12 ID:Fg8Xpx7U
質問です
「地上から消えた動物」ロバート・シルヴァーバーグ(ハヤカワ文庫)を読みました。
絶滅種の図説本などは出版されているでしょうか。
子ども向け図鑑ではなく、骨格図・想像図(カラー)・生態などが載っているものがありましたら教えていただけると嬉しいです。
そしてスレチだったらごめんなさい。


298 名前:名無虫さん [sage]: 2009/03/10(火) 15:01:48 ID:???
自分も最近探したのですがそういう本はあまりないです
図書館で探すのが一番手っ取り早いと思います
古い図説本などがみつかりましたから
意外とこの手の本は少ないですよ


299 名前:名無虫さん []: 2009/03/10(火) 19:08:28 ID:IPTuSPcS
小さい個人の本屋とかって意外とそういう古いのが残っている可能性が。


300 名前:名無虫さん [sage]: 2009/03/11(水) 21:07:34 ID:???
>>297です。
ありがとうございました。
明日、図書館に行ってきます。そして馴染みの本屋であたってみます。


301 名前:名無虫さん []: 2009/03/13(金) 19:02:30 ID:Q7E/TxlS
あと大型本屋とかで改装セールとかやる場合、古いのを処分してしまう恐れも。
デパートや古めの階層型(?)スーパーとか親子連れの集まる店の本屋にもあるかも。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

305 名前:名無虫さん [sage]: 2009/03/28(土) 17:05:05 ID:???
1400年前にネッシーに関する記述があるのは不思議


306 名前:名無虫さん [sage]: 2009/03/29(日) 21:38:25 ID:???
不思議かい?
湖には大きな怪物の伝説が付き物じゃないか。
それを目撃談と捉えるか伝説と捉えるかだけだよ。
既知種か未知種かは別として、その伝説の元となった
大きな生物が存在した可能性は否定できないけど。


307 名前:名無虫さん []: 2009/03/29(日) 22:40:37 ID:EjCGvrDD
そのころってモアもステラーカイギュウも日本狼もバーバリーライオンもいた。

メガラニアさえ生き残っていたんじゃないかと言われていた


308 名前:名無虫さん []: 2009/03/30(月) 01:56:45 ID:n0ZOQbgY
ネッシーは骨一本、歯や皮の一片さえ発見されていない。
笑い話だよ。



309 名前:名無虫さん []: 2009/03/30(月) 14:53:12 ID:nJKp0LyF
生態系によくないかも知れないけど、ウシとかブタとか
エサを沈めて肉食(と思われる)生物が食いついてくるか
調べられないのでしょうか。



310 名前:名無虫さん [sage]: 2009/03/30(月) 17:26:20 ID:???
そんな事は遥か昔から何度も何度も何度も試されました。
そして毎回毎回毎回成果が上がりませんでした。



311 名前:名無虫さん [sage]: 2009/03/30(月) 19:37:05 ID:???
残念ながらそうなんだよね。
ネッシー研究のDVD(タイトル忘れた)では目撃談のほとんどが
流木・水鳥・魚群・ボート等の起こす波を誤認したもので、
少数がまれに遡上するチョウザメを目撃したのだろう
との見解だった。
特に波と流木の解説は納得がいった。確かに生物らしい動きに見える。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

287 名前:名無虫さん []: 2009/02/14(土) 09:53:43 ID:dH9Wa8gt
地質学の調査だと、ネス湖は約1万1000年前に誕生した新しい湖だ。
大型生物がいるはずはない。


288 名前:名無虫さん [sage]: 2009/02/14(土) 12:25:46 ID:???
>>287
大型古生物の陸封しか考えてないの?バカなの?死ぬの?


316 名前:名無虫さん []: 2009/04/24(金) 23:39:55 ID:im2eVi8w
>>287
詰まりその時期に誕生したって事は氷河期が終了した時期だったって事だろ?
そもそも恐竜どころか大型爬虫類が氷河期の欧州で生存出来る可能性自体
どう考えたってほぼゼロなんだからな。


317 名前:名無虫さん []: 2009/04/25(土) 00:37:01 ID:xGzW1eD+
なんで爬虫類って決めているんだ


318 名前:名無虫さん []: 2009/04/26(日) 23:49:27 ID:z5G9vhc4
>>317
想像上の形からして鳥類とも哺乳類とも甲殻類とも魚類とも昆虫類とも思えないからだろ

しかし巨大な両生類なら有り得るか…


320 名前:名無虫さん []: 2009/04/27(月) 22:46:17 ID:j+RGsoTB (2)
>>318
史上最大の両生類は約2億7000万年前のペルム紀にいたプリオノスクスの全長9メートル



321 名前:名無虫さん []: 2009/04/27(月) 22:53:54 ID:j+RGsoTB (2)
過去の両生類で全長5m以上って、プリオノスクスとクーラスクスのたった2種類だけなんだよね。



322 名前:名無虫さん []: 2009/04/28(火) 00:55:25 ID:Ge72NMAd
哺乳類の可能性は。首の長い海牛


323 名前:名無虫さん [sage]: 2009/04/28(火) 01:48:04 ID:???
水浴中のキリンさん


324 名前:名無虫さん []: 2009/04/29(水) 21:04:19 ID:N1Up7o9C
>>320
巨大両生類はペルム期の大絶滅の際全てあぼーんしたってことね。


325 名前:名無虫さん []: 2009/04/29(水) 21:48:11 ID:sWhZURkW
あと、両生類は肺や肋骨が未発達だから大型化には限界があるのだろう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

326 名前:名無虫さん []: 2009/04/29(水) 22:20:13 ID:cQWatKji
ステラー海牛みたいなやつで首の長いやつってどうだろう。草食だと
ネス湖には無理かな


327 名前:名無虫さん []: 2009/04/30(木) 16:44:59 ID:Q645IQ7n
ステラー海牛って警戒心がなくて、だから簡単に乱獲できた。
そんなのが小さい湖にいたらすぐ捕まると思う。



328 名前:名無虫さん [sage]: 2009/04/30(木) 20:31:50 ID:???
>>326
あと冷水の中では体温の放散を防ぐため哺乳類はできるだけ表面積を減らさないと。
つまり、ずんぐりむっくり体型にならないと。
首の長い哺乳類だと体温低下してかなり不利。
心臓と脳はできるだけ近くないとね。


329 名前:名無虫さん []: 2009/05/01(金) 22:52:35 ID:gOwT9Dgj
表面積減らすには体を大きくすればいいじゃないの。ベルグマンの法則で。
だとすると大型の哺乳類ってのも理にかなっている。
心臓と脳の関係はどうだろうね。キリンみたいな陸上哺乳類でもあれだけ
首の長いのがいるから水中ならそれほど心臓負担もないだろうし可能性あるんじゃないの。


331 名前:名無虫さん []: 2009/05/02(土) 00:29:19 ID:QKhdhu2h
寒冷地の大型哺乳類は脂肪を蓄えるために餌を大量に食う。
実際、シャチもラッコもトドもみんな大食漢だ。
だがネス湖は透明度が低いので、食物連鎖の底辺となる植物性プランクトンが少ない。
ステラー海牛は昆布が主食だったと思われるが、ネス湖には昆布などない。
つまり大型の哺乳類を養える環境じゃない。



332 名前:名無虫さん [sage]: 2009/05/02(土) 10:06:08 ID:???
>>329
それは体積と表面積を取り違えてます。
同体積なら表面積が一番小さくなるのは球体です。
つまり、ずんぐりむっくり体型に近付けないと冷水中で哺乳類は体温を維持できません。
海獣類が進化してきた方向性は必然的だったからです。
キリンはほぼ直立して体温を維持するより放散させる方向の温かい空気中で生活しています。
キリンが冷水中で首長竜のように縦横無尽に首を動かして活動するのは無理です。
心臓と脳ができるだけ近付かないと首がラジエーターとなり十分な温度を持つ血液が脳まで届きません。
人間が真冬にマフラーを巻くのは首からの体温放散がとても大きいからです。
首を長くしたまま十分な温度を保った血液を脳まで送るには鯨類のように厚い脂肪層で囲うしかありません。
するとやはり大型のずんぐりむっくり体型になります。
あとキリン(オカピ含む)にはワンダーネットという急激な血圧の上下から脳を守る器官があります。
残念ながら温かい空気中では機能するワンダーネットも冷水中では機能するどころか逆効果でしかありません。
以上が生物学的にネス湖の冷水中には首長系の哺乳類は生活できない根拠です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

334 名前:名無虫さん []: 2009/05/03(日) 00:51:48 ID:QuotaOEF
プレシオサウルスみたいな爬虫類は首が長くても大丈夫だったのはなぜなのかな。
水から熱を作れない爬虫類こそずんぐり体系短い首になりそうだけど


335 名前:名無虫さん [sage]: 2009/05/03(日) 08:57:37 ID:???
当時の気温は今よりずっと温暖でした。
植物層から見ても空気密度や酸素密度も高かったようです。
そして人目も気にせず太陽の光を浴びられました。
何より爬虫類と哺乳類では脳が必要とする血液温度が格段に違います。
恐竜の一部から進化したと考えてられている鳥類には首が長くても高々度の極低温を渡りしたり、氷が張る冷水の中で活動できる種もあります。
しかし首が長い哺乳類には到達できないニッチでした。
哺乳類と有袋類はとても似ている進化の方向性を持ちましたが有袋類には越えられない壁がありました。
魚類は魚類のまま陸上へ放散できませんでした。
海棲哺乳類は今でも呼吸のために大気を必要としています。
つまり哺乳類は首の長い哺乳類のままでは冷水中で活動できない壁があるのです。
それが前レスで書いた理由などです。
哺乳類から未知の類に適応進化していない限り。
そこにはまだ未知動物のロマンチックがありますね。


336 名前:名無虫さん []: 2009/05/03(日) 22:50:36 ID:EgWFUgEp
ワンダーネットは脳への血液の逆流防止じゃなかったっけ。
血圧260だから逆流したら大変だもんな。
しかし白熊なんかは他の熊に比べて首長いけどなんでだ


342 名前:名無虫さん []: 2009/05/04(月) 22:40:24 ID:4pVeZFJt
キリンの例で首長のあしかとか否定するのはどうかな。
脳にとって一番重要なのは冷却と十分な酸素。血液に含有される酸素量が何より大事。
(実際我々人類は脳の活性化を進めるために頭蓋骨を薄くしてきた=冷却効果を高めるため)
そもそもキリン自体、血圧260で2メートル先の高い所にある脳に血を
送るというある意味{不自然}な進化を{生態系におけるポジション}を
確立するために遂げてきた。つまりある種の生態系における、たとえそれが
ニッチであってもポジショニングを得るためには常識外の進化を遂げることは大いにあり得る。

海牛を例に出しているけど比較的温暖な地域の海牛もステラー海牛なども
体形にそれほど差はない。
同種族においては北方系の方が熱拡散を減らすために大型化する、
表面積(対体積)の割をそうする方が小さくできるからだけど決して
ずんぐりむっくりの方向に体が変化しているわけじゃなし。

ワンダーネットも脳の血流逆流による損壊を防ぐ機能であって
温度を確保するためのものじゃないぞ。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

347 名前:名無虫さん []: 2009/05/08(金) 01:38:35 ID:y2FFY21A
釧路川のクーちゃんみたいに1匹のラッコがあれだけ撮影されるんだから、
湖に全長10メートル以上の巨大動物がいたら、毎日のように撮影されても
よさそうなもんだけどね。



348 名前:名無虫さん []: 2009/05/09(土) 00:29:53 ID:MM5whszw
だけどさ。アフリカじゃまずヒョウなんか見れないんだぜ。陸上ですら。
インドの虎も見れたらラッキーだし
警戒心の強い動物を見つけるのは容易じゃないんじゃないの。


350 名前:名無虫さん []: 2009/05/09(土) 22:05:46 ID:SNeXysIA
>>348
それって素人が探した場合でしょ
『シートン動物記』の著者E・T・シートンは
「追跡不可能な動物はいない」と言った。



351 名前:名無虫さん []: 2009/05/09(土) 23:49:18 ID:g9oEfD3p
プロのレンジャーだってそうそう簡単には見つけられないよ。
大体レンジャーとか保護官が観光客を案内するんだから。
それで「ヒョウが見られたなんてラッキーですね!」


352 名前:名無虫さん []: 2009/05/10(日) 22:39:03 ID:EpzOR03r
ネス湖の面積は琵琶湖の約12分の1。
それに幅が約2kmしかない細長い湖なのだから
現代だったら湖面をテレビカメラで24時間監視録画することも可能だろう。
一般に、ある種類の生物個体数が1000を切ると絶滅の可能性が生じ、
100を切ると特別に保護などの手段を講じない限り絶滅するそうです。
狭いネス湖に全長10メートル以上の巨大動物が100匹以上もいたら、
もっとうじゃうじゃ撮影されないとおかしいわけですよ。



353 名前:名無虫さん []: 2009/05/10(日) 22:57:57 ID:MFzj+AK+
野生動物がそんなにうじゃうじゃ撮影されるわけないだろ。まして水生動物なら。
深さも200メートル以上あるんだし。

そういえば2メートル近い大サンショウウオの捕り物をずっとやっているけど
まだみつからないね。サンショウウオ自体なかなか見つからないみたいだけど


355 名前:名無虫さん [sage]: 2009/05/10(日) 23:21:52 ID:???
魚類でないかぎり、かならず息継ぎに浮上するはずだろ
ふつうに考えて小さな湖でネッシー発見するのと
広大な海でジュゴンやイッカク見つけれる難度を考えれば
おのずと答えが分かる


356 名前:名無虫さん []: 2009/05/11(月) 23:17:13 ID:DVbeenIj
>>348
>警戒心の強い動物を見つけるのは容易じゃないんじゃないの。

大型爬虫類や海の大型動物って概して警戒心が薄いように思う。
ウミガメなんて人間が見ている前で産卵するし。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

370 名前:名無虫さん []: 2009/05/14(木) 23:40:15 ID:GlAU8Gfv
2年くらい前に推進200Mでカエルが見つかったってニュースがあったね、ネス湖。
関係者がそろってありえないって騒いでたけどそのごどうなったのかな


376 名前:名無虫さん []: 2009/05/15(金) 23:55:08 ID:ajoijVSA
ネス湖のカエルが見つかったのは98メートルで見つかったんだよ。BBCが
報じてた。その深さだと酸素が十分でないはずなのに、自然界はわからないね


377 名前:名無虫さん [sage]: 2009/05/16(土) 11:56:36 ID:???
ヒキガエルって乾燥地帯から水深98mまでなんでもありだな・・・


378 名前:名無虫さん []: 2009/05/16(土) 23:19:09 ID:T8CYwz99
水圧でつぶれないのかね。


379 名前:名無虫さん []: 2009/05/17(日) 18:33:00 ID:Lezchqbw
つぶれないでしょ。人間でも大丈夫なんだから。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

388 名前:名無虫さん [sage]: 2009/05/28(木) 00:34:46 ID:???
ウバザメの意外な避寒地を発見
ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト5月 8日(金) 17時15分配信 / 海外 - 海外総合

アメリカのニューイングランド沖に生息するウバザメは冬の間どこへ消えてしまうのか。
科学者たちを長年悩ませてきたこの謎が、2009年5月になってようやく解明されたようだ。

世界で2番目に大きい魚を見失うことなどあるのだろうか。
実は何十年もの間、科学者たちは冬が来るたびにそのような現実に直面してきた。

ウバザメというサメは不思議な魚で、冬になると大西洋や太平洋の冷たい海域から姿を消してしまうのである。
しかし現在は、そのようなウバザメの謎の行動に困惑させられてきた専門家たちも多少の手掛かりをつかんでいる。
アメリカ、ニューイングランド地方の沖合に生息する巨大なウバザメは、冬になると熱帯の海域へ移動していることが判明した。

このサメは温帯の海にだけ生息するものと以前まで考えられていたが、今回発表された研究により、最大で体長10メートルにまで
成長するこのサメが、熱帯域にある深海の避寒地まで大規模な回遊をしていることが明らかになったのだ。


389 名前:名無虫さん [sage]: 2009/05/28(木) 00:35:45 ID:???
研究チームはウバザメが冬になって姿を消してしまう前に、ニューイングランド沖に生息する25匹の個体に衛星発信機を取り付けた。
使われた発信機は、特定の時間が来ると自動的に外れて水面に浮かび上がるタイプのものである。
ウバザメたちは水深200~1000メートルを泳ぎ、一部の個体はフロリダに落ち着いたが、ほかはさらに南下を続け、数千キロを移動する個体もいた。

マサチューセッツ州海洋漁業局(MDMF)に所属する海洋生物学者であり、今回の研究に参加したグレゴリー・スコマル氏は、
「発信機がカリブ海で浮かび上がったときには本当に驚いた」と話している。

しかし驚きはそれだけにとどまらない。「Current Biology」誌のオンライン版に5月7日付で掲載された研究論文によると、
1匹のウバザメは赤道を越えてブラジルのアマゾン川河口まで回遊し、そこで1カ月を過ごしたというのである。

この巨大なサメが回遊を行う理由はまだ解明されていない。
「変温動物であるサメは、おそらくもっと暖かく、主食のプランクトンが豊富な海域を求めてアメリカ大西洋岸のメイン湾を離れるのだろう。
しかしフロリダ北部の海にもプランクトンは豊富に存在するのに、あえてブラジルまで移動する理由がわからない」とスコマル氏は解説する。
1つ考えられるのは、どこかに繁殖地があり、そこを目指しているのではないかということだ。
「これまでウバザメは幼魚は発見されたことがない。このサメの繁殖地がどこなのかはいまだにわかっていない」とスコマル氏は言う。


390 名前:名無虫さん [sage]: 2009/05/28(木) 00:37:14 ID:???
マリン・コンサベーション・インターナショナル(Marine Conservation International)の生物学者で、ウバザメが大西洋を
東から西へ渡るところを追跡した2007年の研究活動にも参加しているモヴィス・ゴア氏は次のように述べる。
「ウバザメの回遊を追跡したことで、個体群の構造が詳しく解明され始めた」。
例えば、「これまでに発見されている個体群はそれぞれ別々の海域に根ざした異なるグループであると考えられてきたが、
追跡データに基づいて考えると実際はそうではなく、全海洋にまたがるほど大きな1つの個体群が形成されているのかもしれない」
とスコマル氏も推測している。

ウバザメは、国際自然保護連合(IUCN)では絶滅危惧種に指定されている。この希少な魚についてスコマル氏は、
「ある特定の海域に生息するウバザメになんらかの影響があれば、それが個体群全体にまで影響する可能性がある」と、その生存にかかわる
問題点を指摘している。ただし同氏は、今回の新しい発見によりウバザメが直面している問題は意外と早く解決するかもしれないとも考えている。
2009年の8月には、「救え、われらの命の海を」基金(Save Our Seas Foundation)の主催で、世界中のウバザメ研究家が
一堂に会する学会が開かれることになっている。「世界中のウバザメが直面している問題を解決できる最適なプログラムを作り上げたい」
と、前出のゴア氏は意欲的な姿勢を示している。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

391 名前:名無虫さん []: 2009/05/29(金) 04:10:35 ID:zwCqbbEq
ネス湖には確かに何か化け物みたいなのはいたんだと思う。

だってかなり前から伝承があるだろ?

千年前ぐらいからだっけ?

まあブレシオザウルスとかはさすがにいないだろうが


392 名前:名無虫さん [sage]: 2009/05/29(金) 06:08:53 ID:???
聖コルンバ伝か?あの記述程度を実在の証拠にするなら、
八岐大蛇の実在も検討しなきゃならない。
「八つの有力な部族を平定して…」みたいな寓意説はともかく。
そもそもネッシーが聖コルンバ伝の人食い怪獣か?


393 名前:名無虫さん [sage]: 2009/05/29(金) 21:55:46 ID:???
その伝説に出てくる怪物と、その後の目撃談で語られるいわゆるネッシーとは
全く似ていないと思うんだが、何故か同一視されている。


394 名前:名無虫さん [sage]: 2009/05/30(土) 22:15:44 ID:???
日本だってほとんどの湖や沼地には、それなりに怪物や妖怪なんてたぐいうの
噂に尾ひれついたものなんて、いっぱいありますけどね


395 名前:名無虫さん [sage]: 2009/05/31(日) 05:33:04 ID:???
日本の場合は奇形が妖怪とされてるらしいね。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

410 名前:名無虫さん []: 2009/06/12(金) 18:25:34 ID:2UDX/RvF
池田湖に観光に行って、地元の人に「最近イッシーを見ましたか?」と
聞いたら笑われて「そんなものいないよ」とか言われた。

「50年付近に住んでるけど、怪物なんてみたことない」とも言ってた。


411 名前:名無虫さん [sage]: 2009/06/12(金) 18:30:54 ID:???
この手の話って今まで地元の人が誰一として見たことないけど
だれか一人見たら、相次いで目撃者が続出するな


412 名前:名無虫さん [sage]: 2009/06/12(金) 22:26:55 ID:???
>>411
映画「未知との遭遇」が公開されると空飛ぶ円盤の目撃談が増えた。
アーノルドの目撃した飛行物体が「空飛ぶ円盤」と報道されると
(アーノルドが見たのは「上面が銀色で下面が黒色の、尾翼のない飛行機」だったが)
未確認飛行物体の目撃証言がみんな円盤型になった。
(実際には普通の飛行機だった物まで)


413 名前:名無虫さん [sage]: 2009/06/13(土) 04:14:23 ID:???
集団深層心理の置換ってヤツですね


414 名前:名無虫さん [sage]: 2009/06/13(土) 07:20:57 ID:???
池田湖のイッシーは当時バスの中から子供たち数十人が目撃してるから
なにがしら見てるんだろうけど、ふだん気にならない魚の大群や流木までも
変なうわさの後は未確認生物だと思い込んでしまうんだろう


415 名前:名無虫さん []: 2009/06/16(火) 00:54:13 ID:SmjS3nU1
戦後すぐに進駐軍の飛行機が池田湖に墜落して米軍が調査した時に
大型未確認生物が生息ってレポートを出してた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

この記事へのコメント

 

>謎の肉塊

なぜかメタモンに変換された
世界中の未確認生物は全部メタモンだったんだよ!!

  • 2009年08月02日 14:26
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

携帯からだと見れない…

  • 2009年08月03日 07:11
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

なんというネッシースレ。
恐竜と首長竜をごっちゃにしてる人がいないか?

  • 2009年08月03日 22:27
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

タリモンストラムグレガリウムの話題が一切でない
爬虫類説に固執しすぎ

  • 2009年08月13日 06:30
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。