週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死と葬礼、墓の文化史

死と葬礼、墓の文化史

1 :世界@名無史さん :03/08/20 22:18
大皇帝でも奴隷でも、人間いつかは必ず死ぬ。
畳の上か、はたまたベッドの安らかなる死。もしくはあえ無い事故死惨死。
死ねば葬送。土葬火葬水葬ミイラ、鳥につつかせ死体消滅。
墓は殉死と副葬品の山、宝狙って墓泥棒。墓泥棒は考古のあけぼの。

古今東西、「死」に関連するあらゆることについてうらめしく語ろうではありませんか。

---------------------------------------------------------

7 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/08/21 10:03
「樹上葬」は古代・中世の日本や朝鮮半島(近世まで)にもありましたが、
死後祟りそうな異常死を遂げた人間を葬るために利用された葬法であったよ
うです。インドなどで行われたものはどうだったか分かりませんが。
樹上が祖霊が伝って帰って来るところ、新しく生まれて来る命が来るところ
とみなされた例もあります。
なおアイヌや南太平洋の例では生まれて間もなく死んだ子供の遺骸は戸口に
埋めてまた生まれて来るようにしたそうです。日本でも生後一年未満で死ん
だ子供は縁の下に埋めるとか、七歳未満で死んだら葬式を出さず墓もつくら
ないということがありました。
アボリジニーの間では13歳までは精霊の世界に属しているものとみなされ
て権利も義務も認められなかったそうですよ。

---------------------------------------------------------

10 :世界@名無史さん :03/08/21 21:00
ニューギニアのある部族は死人がでるとその遺体を食べてしまう。
彼らが言うには、
「遺体を冷たい土に埋めたり、焼いてしまうなんてかわいそう。
食べれば死者は我々の中で永遠に生きつづける」なんだそうな。
しかしこの風習ゆえにクールー病大流行。

日本にも遺体を食べる風習はあった、と聞いたことある。
死者の遺品を分ける「形見分け」は、本来は遺体を解体して皆で分ける
「片身分け」なんだそうな。

---------------------------------------------------------

28 :世界@名無史さん :03/08/23 14:19
キリスト教の聖人が死んだとき、あまりにも多くの者が遺体の一部を欲しがるので、
遺体を大釜で煮て煮汁を分け合ったそうな。

32 :世界@名無史さん :03/08/23 23:29
>>28
聖遺物崇拝は、食人(カニバリズム)の習慣までさかのぼることが
できるらしい。

---------------------------------------------------------

30 :世界@名無史さん :03/08/23 23:21
ネアンデルタールも墓をつくっていたらしい。
死者に花も捧げていた。

31 :世界@名無史さん :03/08/23 23:25
>30
シャニダール洞窟で出土した人骨にキク科の花の花粉が
大量に付着していたというやつですな。

35 :世界@名無史さん :03/08/24 00:47
ネアンデルタールの花粉の話は
実はそこらへんに咲いていた花の花粉が
たまたまくっついただけだという異説もあるらしいが
真相はようわからん

---------------------------------------------------------

48 :世界@名無史さん :03/08/28 07:22
喪服の色はエジプトでは黄色、イランでは茶色、ジプシーは赤らしい。
シャルル8世の妃アン・オブ・ブルターニュが喪服に黒を着た最初の
女性と言われているが、本当だろうか?

---------------------------------------------------------

55 :世界@名無史さん :03/08/29 20:09
火葬といえば、薪を井桁に組んで棺を置き、火を放つ、といったイメージ。
しかし薪だけを使った火葬では薪が焼け崩れる際に遺体が転げだしてしまい、
生焼けになって失敗することが多かった。そこで工夫を重ねた上、次のような
方法をとった。

まず地面に穴を掘って炭一俵を入れ、その上に生木の丸太と鉄棒を組んで
棺を乗せる。その上から粗朶で覆い、大量の藁で全体を包み隠し、最後に
濡らし藁と濡れ莚で包む。
こうしてから点火すれば濡れ莚が熱を遮断して窯の役目を果たし、全体に火が
よく回ってきれいに焼ける。

本屋で立ち読みをしていたら「紙窯」なる陶芸を解説した本があった。
濡らした新聞紙や雑誌で「窯」を築き、陶器を焼いてしまう、という
画期的な内容。
もしかしたら濡れ莚の火葬にヒントを得たのかも知れない。

---------------------------------------------------------

57 :世界@名無史さん :03/08/31 17:34
チベットの「鳥葬」は、もっともかの地の風土に則した葬方だそうだね。

乾燥地帯で薪が手に入らないから火葬にできない。川が無いから水葬にも出来ない。
土葬したくても土が硬くて掘れない。だから鳥に喰わせる。

エスキモーなんかは遺体をどうするんだろうか。

60 :世界@名無史さん :03/09/02 02:23
>>57
北方系民族はミイラ風習も多いよね。アイヌとかアリュートとか。
それが一般的葬制ではないのだろうけど。

62 :世界@名無史さん :03/09/02 21:38
樺太アイヌは知らないが、北海道アイヌは土葬だよ。
遺体を茣蓙でくるみ、地面に浅く掘った穴に村の方角を頭にして埋める。
墓穴が「トイチプ」(土の舟)と言われるように浅いのは、農耕民でないので
土掘りの道具が発達していないから。このために古い時代のアイヌの骨はほとんど
残っていない。
埋葬してから、ハシドイの木で作った墓標を立てる。男の墓は山杖か槍の形に削り、
女の墓は針の形にしてある。

そのあとで、「カスォマンテ」といって、死者の生前使用していた品を家ごと
焚きあげてあの世に送る。

---------------------------------------------------------

66 :世界@名無史さん :03/09/06 14:19
しかしニューギニアは凄いよな。
土葬火葬ミイラ葬樹葬そして食葬、何でもござれ。
葬法文化の博物館だ。

---------------------------------------------------------

73 :世界@名無史さん :03/09/15 10:36
近いところで、チムール。
チムールの廟を発掘調査しようとしたところ、「墓を暴くと戦が起きる」と、地元民に止められた。
しかし無理に暴いたら、本当に戦争がおこったという。

1930年代の話。

---------------------------------------------------------

79 :世界@名無史さん :03/09/24 14:29
ツタンカーメンの呪いの話は有名だが、高松塚古墳の呪いも有名だ。

世田谷区野毛にある野毛大塚古墳は大正時代に発掘されたが、発掘関係者が
次々に不幸にあったり発狂したりした。芋穴の中でカミソリで切腹した人もいたんだと。
しかし祟りがあまりにも凄いので、「信仰したら御利益も凄いだろう」ということで
祠が建てられ、流行り神のごとく熱狂的な尊崇を受けた。

今では何の変哲もない児童公園になってしまったが。

---------------------------------------------------------

81 :世界@名無史さん :03/09/25 14:31
無理心中と見られる状況なのに、
片方の死体は完全に腐乱していて、
もう片方はまだ綺麗だった、
という事件の話を上野先生だかが書いていたことがある。

最初は片方が死にそこね、また戻ってきてから自殺したと考えられたが
よく調べたら、腐乱していたほうの場所には、西日が差していたのだそうな。

たったそれだけでそんなにも状態が変わってしまうのだと。

---------------------------------------------------------

95 :世界@名無史さん :03/10/10 20:56
アメリカで死体を防腐加工するのは、「愛する家族の死体が腐っていくなんて耐えられないから」だそうだ。

火葬にしないのは、ヨーロッパでは土葬が多かったため。
とはいえ、火葬にするか土葬にするかは遺族と死者の遺言で決められる。

一応欧米でも死体が黄泉がえるゾンビ物映画は意外に多い。
が、「死者がよみがえる異常な事態」というのを単純にホラーとして楽しんでいる感じ。

キリスト教の使者が復活…というのは、カトリックとプロテスタントで微妙に違ってくるし
あまり詳しく突っ込んで考えないみたいだから、抽象的で「そういう概念だけあるけど信じているかどうかは個人で」
じゃなかったかな?

---------------------------------------------------------

119 :世界@名無史さん :03/11/15 13:56
寒い地域の葬送の話。
田中喜芳『シャーロッキアンの優雅な週末』という本は盗用か何かで
今は絶版になっていますが、その本の312~313頁に出てくる、
ダートムアのワーレン・ハウス・インという旅館の話。1845年に開業し、
はじめはニューハウスと言われていたそうです。

「当時も今も、ニューハウスの周囲には一軒の家もなく、丘の上から
見ると街道沿いにポツンと建っているのが印象的だが、旅籠ができて
間もなくの頃というから一八五〇年代の話であろう。冬のある寒い雪の
晩のこと、一人の旅人がニューハウスで一晩泊まることになった。
二階の部屋に通されホッとして、荷をほどこうと備えつけのタンスを
開けると、何と、中から出てきたのは塩漬けにされた老人の死体だった。
腰も抜かさんばかりに驚いた男は、大声で女主人を呼んだ。すると、
現れた主人はすました顔でこう言った。
「ただの死体ですよ」
聞けば、その老人が亡くなって以来、ずっと激しい吹雪が続いたため
埋葬ができず、天候が回復するまで、こうやって保存して皆で待って
いるのだという。なるほどこのワーレン・ハウス(ニューハウス)は、
ほとんどが平坦地の英国にあっては珍しい海抜四百二十メートルの
高台にあるから、冬場の雪の厳しい時期には埋葬も難しいのであろう。
それにしても、幽霊伝説の地ダートムアならではの逸話である」

---------------------------------------------------------

143 :世界@名無史さん :04/03/15 02:16
ジプシーのマヌーシュ族では、死んだ人の存在を話したり思い出したりするのはとんでもないタブーあり、
人が死ぬとその人を思い出してはいけないので所有していたすべてのものを焼却、
または外の人間に売却してしまうんだそうだ。
一応死んだ日から三日三晩何もしないという葬式のようなことや、
一年間はラジオ、テレビ、音楽などを禁止するという服喪みたいなことはするらしい。

144 :世界@名無史さん :04/03/16 19:58
アイヌの場合も、
「死者がいて悲しませてはいけないので、他人に家族のことを聞いてはならない」というタブーがある。
似た名の者が死んだときは、すぐに改名した。
「本来自分に行くはずの不幸があの人に行った、この名は不幸に好かれた名だ」という意味で。

---------------------------------------------------------

176 :ハリネズミ ◆qBLXpo7Q9Y :05/02/21 22:40:54 0
「両墓制」の話が出ていないようなので、
一人の死者に対して、死体を埋める「埋め墓」と、石塔をたてる「詣り墓」と
二重に持ち、死体は穢れたものとして「埋め墓」に葬り、霊だけは別に「詣り墓」
の方でまつる。

---------------------------------------------------------

219 :世界@名無史さん :2006/01/03(火) 01:53:14 0
西洋式の墓だといつかいっぱいになるだろ。
日本も最近は永久墓が多いのでいつか問題になるだろうけど。

221 :世界@名無史さん :2006/01/12(木) 15:45:26 0
>>219
中世以降のヨーロッパのお墓だと掘り返しては再利用です。
「ハムレット」の墓場の場面がそれで、シェイクスピアの墓碑銘の「わが骨を
動かすものに呪いあれ」というのは再利用禁止ということらしい。

---------------------------------------------------------

あとがき
親戚が最近死んだので今年初盆です。
でも、散々迷惑をかけられたので何か複雑。

そういえば、エスキモーをググったら差別用語になるかどうかは
ちょっとややこしい話みたい。
カナダの方の人たちを指すときはイヌイットが正しくて、(ry
詳細は調べてみて

---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://occult.blog62.fc2.com/tb.php/34-ee3f9f19

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。