週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【奇書】 ヤバイ書物、文献  【怪書】

【奇書】 ヤバイ書物、文献  【怪書】


1 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/12 22:17
  夢野久作「ドグラマグラ」
これを読んだ人は一度は精神に異常をきたすといわれるほど。
著者はこれを出版した翌年に脳溢血で死亡。
ほかにもこんな本ある?

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

18 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/12 22:42
「エクスカリバー」
SF作家にして、破壊的カルトの教祖としても悪名高いロン・ハバードの小説。
読んだ者、4人中4人全員が発狂。
ために、未だに活字になってない。
・・・そうな。


23 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/12 22:49
>>18
検索したらいろんなヤバイものがひっかかりました


32 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/12 23:07
>>23
ロン・ハバードは、本当にやばい。
いかれた教祖様だから。

「エクスカリバー」は、聞くところによると、裏の世界で、原稿のコピーが高額でと理非腐れてる・・・。
って噂があったかと思うと(ソースは、荒俣の「世界神秘学辞典」絶版だけど)
「存在自体がまゆつば」の噂も(ソースは、昔みた掲示板)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

20 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/12 22:44
「ハザード事典」
インク中に砒素を混ぜて印刷。
読んだ者、全ページを読み終える直前に悶え苦しんで死ぬ。
・・・そうな。


25 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/12 22:54
>20
素朴な疑問
印刷した人と、製本した人はどうなったんだ?


30 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/12 23:03
>>25
「ハザール辞典」のことと思われ。
日本語訳が東京創元社から出てる。
このエピソードは、「はったり」です。
何でも、初版本の1冊だけが、毒入りインクで刷ったとか。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

31 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/12 23:07
ええとたしか、ラブクラフトもので何かあった気がしたけど…。
編集に関わった人に怪現象が続出とかなんとか。


35 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/12 23:10
>>31
国書刊行会から出た「法の書」のことなんでないの?
ラヴクラフトもの担当してた編集者が、これも担当してた。
その編集者は、今はホラー作家になってる。
漫画家のJ氏に、ネタ提供してたね。

でも、某SF同人誌に、「話題つくりのためのネタでした」って自分でばらしてた。


42 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/12 23:30
>35
「法の書」はラグクラフトじゃなくてアレウスタ=クロウリーだよ。
おれも買った。なんかページに封がしてあって、『この封を切ってか
ら6か月以内に何があろうとも当社は責任を持ちません』みたいなこと
書いてあった。
肝心の本のほうは何書いてあるかさっぱり分からんかった。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

47 名前: なかにし霊 ◆DDy0lMJA 投稿日: 02/06/12 23:56
ヴォイニッチ。言うまでもなし。

エルンストの「百頭女」

竹内巨麿「神代の万国史」

「多重人格はこうして作られる」徳間書店

最後の「多重人格」は、
精神障害者の思考がダイレクトにのり移ってくるような
禍々しい迫力があって捨て難い。
刊行されて日が浅い故、現在のところ
単なるトンデモ本の位置にあるものの、
いずれ必ずや奇書の風格を帯びると確信する。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

55 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/13 00:25
講談社ブルーバックス「もうひとつの宇宙」
一般向けの科学書だが、恐ろしいことばかり
書いてある。読んで一週間くらいはまともに
ものを考えられなかった。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

71 名前: なかにし霊 ◆DDy0lMJA 投稿日: 02/06/13 00:57
作家が、プツっと何かが切れて
教祖になるのはたまにあるみたい。
ロンとアダムスキーと、限り無く近い事例としてディック。


72 名前: ダヌノレ・ウェブスター 投稿日: 02/06/13 00:59
>>71
漫画家にも多いよな。
特に少女漫画家。


74 名前: に 投稿日: 02/06/13 01:09
>>71
ディックといえばティモシー・リアリーなんかも
そんな感じでしたね。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

77 名前: うぐぅ 投稿日: 02/06/13 09:18
アイルランドの作家、ジェームス・ジョイス著
「Finnegans Wake 」

これの原書は奇書に入るのかなぁ
英語をベースに多国語を織りまぜたどこの国のものでもない単語を飽きることなく殴り書きで繋ぎ続けて作られた大長編
解読不能、翻訳不能・・・・を無理やり日本語訳した柳瀬尚紀もかなりの奇人かな、面白い人だけど

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

101 名前: に 投稿日: 02/06/14 00:14
「銀河ヒッチハイクガイド」がある意味聖書。
宇宙と生命の究極の謎の答
「42」


105 名前: 兎のポシェット 投稿日: 02/06/14 00:21
普通に読むと普通に笑えるので、鬱な時にも笑おうと思って読むと益々
鬱になるとゆう罠は満載だが、狂いはしない。ナンセンスSFの最高峰だね。
<ヒッチハイクシリーズ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

173 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/16 02:07
ローマ法王の隠してる予言書ってなんだっけ??
なんかすごいこと書いてるらしいね、
ヨハネ目録史かなんかだ。


174 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/16 03:43
ファティマの予言がそうだって事になっている。
他にもいろんな部外秘系書物を隠しているらしいというのが
オカルト界でのコンセンサス。
しかしヨハネ目録史って(笑)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

204 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/20 02:59
呉伯焔著「真法八極拳」
 打撃による殺人技術ばかりでなく、
毒物、麻薬、爆発物製造まで記されてはいるが・・・。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

213 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/20 14:11
「薔薇の名前」に出てくる事件の原因となった奇書って実在するんですか?


216 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/20 20:56
>>213
アリストテレス「詩学」の第二部ね。
失われていますが、多くの歴史学者達は、かつては存在しただろうというのが定説ですね。
第一部は悲劇について解説されています。
そして、一部の写本には、「それでは次に喜劇について述べてみよう」という言葉が入ってるものがあります。
このことから、この失われた第二部は喜劇について解説されたものと思われます。



-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

219 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/21 01:03
怪談の歴史とか調べたいんだけどさ、レポートとかの関係で
まあ、レポートって訳じゃないんだけど…
何か(・∀・)イイ!書物とかサイトとかないかな?
何かスレチガイなんだけど…


222 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/21 07:53
>>219
「百物語の百怪」東雅夫 角川
百物語や江戸の怪談本の歴史に詳しいよ。

あと、国書刊行会の「江戸怪異奇想文芸大系」が凄い。
文字通り、「奇書の集成」。古文と漢文が、ある程度読めないと苦しいけど。
でも、「解説」部分だけでも、かなり参考になるはず。
今のところ3巻まで出てる。ただし、高価なので、図書館あたることを薦める。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

261 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/23 03:27
子供向けの本とかはどうでしょう?
いわくつきのものでなくても、「どういう意図のもとに書かれたのだ、コレハ?」
という本がけこうあったりしました。


263 名前: 飼い殺しFamily ◆SFCvvv4M 投稿日: 02/06/23 03:48
>>261
かこさとしのあかいめくろいめちゃいろのめ(間違ってるかも)
って本が気持ち悪かった。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

266 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/23 04:47
泡坂妻夫の「11枚のトランプ」
奇術の種をモチーフにした推理小説なんだけど
この本を使って手品が出来るという優れもの
オカルトではないがある意味奇書

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

272 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/24 18:50
奇書というか怪書というか不思議な書物といえば

『象形寓意図の書』(ニコラ・フラメル著)はどう?

14世紀パリの一介の製本屋だったニコラ・フラメルが偶然手にいれた幻の”錬金術の秘伝書”。
その謎を解きあかし、黄金や賢者の石の精製に成功したという記録および製法が書き記されてある。
しかし製法と言ってもその書物の中にある、錬金術にまつわる奇妙な絵や図に対する直接的な説明
はしていない。ただヒントというか遠回しな解説で書き記されてあって、むやみに一般の人が解読
出来ないようになっている。
「ハリー・ポッター」にも”賢者の石”を創った人として名前が出てたけど、実際その賢者の石で
不老不死になったニコラ・フラメル(およびその家族)は数百年インドで暮らしたとか、何世紀も
あと、ひょっこりパリにオペラ見物に現れたとかいろいろ伝説を残しているらしい。
でも実際のところこのフラメルという人物自体、もともと誰かの創作で、この『象形寓意図の書』
も"偽書"ではないかとの見方がだいぶ強いみたい。
でもこの文献に描かれた絵図などはアンドレ・ブルトンが「シュールレアリスム絵画そのもの」
と絶賛してるように、文献的価値は下がるものでもないようだけど。

”賢者の石”...。オカルト信者としては信じたい(笑)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

275 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/26 22:47
漏れが奇書として挙げたいのやはり
マルキ・ド・サドの「ソドムの百二十日」かなぁ?
内容もヤバイけど、それを革命前のバスチーユ牢獄で一人シコシコと
限られた紙面に細かい文字でビッチリ書いたサドの変質的な嗜好…。
究極の妄想家というかオナニストというか…。
市販されてるので読んだのは序章部分だけだけど、
あと「第一部」っていうのがあるらしいね。
どっかで翻訳されてないのかなぁ?

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

この記事へのコメント

 

非常に興味深いですね
「もうひとつの宇宙」欲しくなりましたね

  • 2008年09月28日 18:48
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

「詩学」第二部が見つからないのは、喜劇、つまり『笑い』を語ることは不可能だということを表した、アリストテレスなりの皮肉だという説もありますね。

最近のだと何かあるかな。文章レベルがヤバイのは星の数ほどあるけど。

  • 2008年09月28日 19:11
  • 阿井 #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

あたし彼女は歴史に残らせたくないレベルの奇書

  • 2008年09月28日 21:03
  • vipper #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

11枚のトランプって選んで貰ったページの何行目何文字目に何が書いてあるか分かるって奴かな
昔ナポレオンズが話してた気がする

  • 2008年09月28日 22:43
  • #JalddpaA
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

263 は
あおいめくろいめちゃいろのめ
みたい

  • 2008年09月28日 23:38
  •    #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

面白いな
読んでみたいような読んでみたくないような…w

  • 2008年09月29日 04:31
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

>>72
ガラスの仮面の美内すずえとかな

  • 2008年09月29日 14:34
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

ニコラ・フラメルは五十嵐大介の漫画に出てた気がする。

  • 2008年09月29日 20:43
  •                #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

笙野 頼子の作品はなんかみんなぞわぞわときて不安になるよ

  • 2008年09月30日 04:26
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

ずっとお城で暮らしてる
「嫌な」話だった

  • 2008年10月08日 00:54
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

空気読まずにマジレスすると。

書物のせいでおかしくなった、というよりも、もともと精神科領域な人が妄想を書き連ねているうちに、
いよいよ洒落にならないレベルに移行していった、とゆー例が多いのではなかろうかと推測。

そう考えると、幻想文学ってけっこう危険かもな。
読者としては遊園地の中のおばけ屋敷に入ったつもりでも、実際に入ってみたらホンモノだった!ということもあり得るわけだから。
書かれているのが妄想であったとしても、著者にとっては現実なので、変調した世界観が鬼気迫る迫真性をもって描写されている。
読む人によっては、気がつかないうちに巻き込まれて同調してしまう可能性もかなり大きいかもしれん。

そこに書かれているのは、他人の病的な妄想かも・・・。
あなたが今まで読んできたあの本、これから読もうと手に取っているその本、

読 ん で 本 当 に 大 丈 夫 ?

  • 2008年10月28日 13:45
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

ドグラマグラは表紙がエロくて買うに買えない・・・。
興味はあるんだけどなぁ。

  • 2010年08月19日 22:42
  •    #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

おまえはおれか

なしてあんなにエロいの・・・レンタルもできないじゃない

  • 2010年08月27日 23:22
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

ドグラマグラはネットで無料で見れた。

  • 2010年09月05日 12:09
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

ドグラマグラは青空文庫にある
あの表紙は購買意欲を見事に刈り取る

  • 2011年05月14日 00:20
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。