週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時空の歪み Part 4

時空の歪み Part 4

1 :本当にあった怖い名無し :2006/02/13(月) 22:38:37 ID:7AOnZ5EB0
1 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2005/10/02(日) 01:31:57 ID:Ppk4foB+0
"時間や空間の歪み"にまつわる奇談・体験談を語るスレです。
慢性的にネタ切れ気味なのでコピペ推奨です。

part 3
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1128184317/

Part 2
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1094109718/

Part 1
時空の歪み
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1037032744

---------------------------------------------------------

56 :本当にあった怖い名無し :2006/02/22(水) 07:00:17 ID:ZcEIjCQ9O
3年くらい前の話
その頃俺は北海道に住んでいた
旭川に住む友達に会うため地元の友達3人と車で向かった
旭川までは大体片道3時間くらいかかる
行きは何事もなく旭川で久しぶりに会った友達と楽しく過ごした
そして帰り道
地元に向かって40分くらいたった頃
運転している友達がいきなり「あれっ!?」と叫んだ
何故か景色を見ながら焦ってる
自分も車の外を見るとそこは見慣れた地元だった
どう考えても40分で地元に着くのは不可能
全員車を降りて外を確認したが俺の家の近所だった
みんなこえーよとか言いながらかなり混乱したが結局「時間得しちゃったね」ってことになり家に車を置いて飲みに行った

---------------------------------------------------------

61 :本当にあった怖い名無し :2006/02/22(水) 23:53:38 ID:AUOziUfa0
数年前、ふとある村の事を思い出した。
一人で旅行した時に行った小さな旅館のある村。
心のこもったもてなしが印象的だったが、なぜか急に行きたくなった。

連休に一人で車を走らせた。
記憶力には自信があるほうなので、道は覚えている。
村に近付くと、場所を示す看板があるはずなのだが、
その看板を見つけたときあれっと思った。
「この先○○km」となっていた(と思う)のが、「巨頭オ」になっていた。
変な予感と行ってみたい気持ちが交錯したが、行ってみる事にした。
車で入ってみると村は廃村になっており、建物にも草が巻きついていた。

車を降りようとすると、20mくらい先の草むらから、
頭がやたら大きい人間?が出てきた。

え?え?とか思っていると、周りにもいっぱいいる!
しかもキモい動きで追いかけてきた・・・。
両手をピッタリと足につけ、デカイ頭を左右に振りながら。

車から降りないでよかった。
恐ろしい勢いで車をバックさせ、
とんでもない勢いで国道まで飛ばした。
帰って地図を見ても、数年前に言った村と、
その日行った場所は間違っていなかった。

だが、もう一度行こうとは思わない。

---------------------------------------------------------

74 :本当にあった怖い名無し :2006/02/24(金) 23:41:53 ID:stQ1YKR50
死んだ俺の爺さん。

太平洋戦争中ナントカって島に駐屯してた時の事らしい。なんか戦争中といっても
ノンビリしていられる日があったようで、名目上はパトロールとか何とか言いながら、
森へ入って何となくブラブラしていたらしい。

で、森の中で、何か果物を探していると、小さなムカデを見つけた。大して珍しいもの
でもなかったが色が黒くて動かない。死んでいるのかな、ずいぶん四角ばった奴だと
手に取ると、どうも虫のようで虫でない。きっと虫の化石だろうとポケットに入れて持っ
て帰った。

以来ずっと宝物なんだよ虫の化石、というから見せてもらうことになった。半世紀以上
も前に爺さんが太平洋の島で拾った『虫の化石』がどんなものかと見せてもらうと、
小型のモノながらどう見ても電気部品の『IC』にしか見えない。爺さんもそう思っていた
ようで、「やっぱり機械の部品だよなぁ。しかしおかしいね。当時はこんなものアメリカも
持ってなかったはずだよ。でも俺は間違いなく当時、あの島で拾ったんだ」

---------------------------------------------------------

99 :本当にあった怖い名無し :2006/02/28(火) 23:02:33 ID:Tm2hos2Q0
時計がいきなり早くなったことはあるなぁ。。。
夜、パソコンいらってると時計がいつもはカチ・・カチ・・カチって感じなのが、
カチカチカチカチカチって物凄く早いんよ。
気づくとさっきまでパソコンで聞いてた音楽も早くなってるし。
そして、なんだこれ、おかしいぞ?とか思ってると両方の音がどんどん早くなっていくではないですか。
恐怖に耐えられなくなり、高校生にもなるのに親の寝室まで逃げ込んで、親のベッドの横に布団しいて寝ました。
朝起きたら、時計も何もかも普通だった。
疲れか何かで脳の処理速度が落ちてたのかなぁ?

150 :本当にあった怖い名無し :2006/03/20(月) 17:49:42 ID:f3fgUizn0
>>99
かめれす
ウチの弟がそれテスト中になるらしい。
前で監督してる先生がすごいスピードで腕を組替えたり、
周りの鉛筆の音がマシンガンみたいだったりw
で、時間も早くすすんでんのか?と時計を見ると、
ぐにゃ~っと元に戻ってしまうんだとか。
で、一度病院に連れてったら、子供の脳は未完成なのでよくあることだそうだ。
そんなもんなのか・・・。

---------------------------------------------------------

133 :本当にあった怖い名無し :2006/03/16(木) 07:27:46 ID:gf+bhwZKO
俺も昔寝てるときに時空の歪みみたいなのあったな~
次の日休みだったから昼ごろに起きようと思って寝てる途中軽く目が覚めて外が結構明るかったから
今何時だろうと携帯の時間みて(確か9時ぐらいだった)朝だからまだ寝れるなと思ってしばらく寝て
また目が覚めてもう昼すぎかなと思って携帯で時間見たらさっき携帯見たときとまったく同じ時刻だった

ただ結構寝たと錯覚しただけで次に起きるまで20秒ぐらいしか寝てたいのかもしれないけどね。

---------------------------------------------------------

178 :本当にあった怖い名無し :2006/03/23(木) 18:16:39 ID:uvKkffn00 ?
そう言えば昔、「はがき紹介」みたいな雑誌のコーナーでこんなのがあった


>>>
A田B子さんの投稿

私は小3の時に、世にも恐ろしい体験をしました。
私は友達の家に遊びに行くために、3時に家を出ました。
途中に流れが急な、C川があったのですが、何を思ったか私はその川で遊びました。
そしたらその川で溺れそうになり、たまたま近くで釣りをしていたおじさんに
助けられたんです。
もう夕方になっていたし、服もびしょ濡れ。
私は家に帰って友達に電話で謝ることにしました。
でも、友達は「三時に一緒に遊んだじゃない!」と言うのです。
私は冗談だと思い軽く流しました。
その日の出来事を夕飯の席で話して、その日は寝ることにしました。
次の日起きたら、私は祖父にイキナリ新聞を見せられました。

「C川で小学校三年生のA田B子さんが死亡」

私と同姓同名なだけで無く、死亡現場も一緒。
私が川で溺れた時間が5時ぐらいだと思うんですが、その人の死亡時刻も5時。

学校で友達にそのことを話すと、「でもB子ちゃんは私と一緒に遊んでたもんね」と言います。

今思うとそのC川、釣りが出来るはずが無いんです。
あのおじさんは何だったのでしょうか?


>>>

的な記事。幼稚園児の頃にこの記事を読んだんだが、妙に印象付けられている。うろ覚えだが。

---------------------------------------------------------

217 :本当にあった怖い名無し :2006/03/28(火) 04:58:03 ID:n5qIMI0q0
ちょっと違うかも知れないけど書いてみる

厨房の頃、千葉県の南端にサンゴがあるってテレビで見て
一目見てやろうとテントを持って自転車で旅に出た
旅のお供にラジオをずっと聞きながら目一杯走った。六時間ぐらいだったと思う
木更津過ぎたあたりで一泊しようと思い
公園の芝生にテント張って寝ようとしたんだけど・・・寝れない
だんだんテントの中に居るのが怖くなってきて帰ろうと決めたw

丁度ナイナイのオールナイトが始まった頃に帰路に着いたのだが
家に着いたときにまだナイナイがしゃべっていた
二時間以内に帰って来た事になる
自分でもおかしいなとは思ったが途中で「リゲイン」飲んだから
そのせいだろうと思ってた「リゲインすげーwww」って

でも最近車で俺が富津まで行く機会があったのだが
俺の家からテント張った公園まで車で三時間掛かる距離。どう考えてもおかしい

---------------------------------------------------------

247 :本当にあった怖い名無し :2006/03/30(木) 02:51:29 ID:2u4WpLj10
たしか3年前の初夏、早朝、谷中墓地周辺を車で通りました。
オレは古い寺とか見るのが好きなので、車を路地に止め途中にあった寺を見に行きました。
車を止め、路地を曲がると20mぐらい前に女が犬を散歩しているのが見えたのですが、
その姿が一目見て奇異だったんです。女は白い服を着ていましたが、その服が
尋常じゃなく汚れているんです。かわいいというか少女趣味なかんじの服(たぶんワンピース)
だったので、その汚れ方が異様に感じました。長い髪もボサボサでした。
ほんとこんな定番の例えするのが恥ずかしいのですが、まさに貞子って感じでした。
ここら辺はホームレスが多いので、たぶんその手の人だろうと思い、
自分は、幅4mぐらいの道ですが端を歩き、ちらちらと女をみながら通り過ぎました。
横を通る時に見た犬は、金持ちが飼うような白い手足がすらっとした洋犬でしたが、
皮膚病なのか、ところどころがケロイド状になっており、それが一層不気味に感じられました。
それから寺を見物して戻ったのは15分ぐらい後だと思います。

来た道を戻り、路地を曲がったところに車を止めていたのですが、さっきすれ違った女が
オレの車を覗いているんです。早朝とはいえ、暑かったので少し窓に隙間を作っていたんですが、
その隙間から女が覗いているんです。オレはかなり動揺したので一旦壁に隠れ、
タバコに火を点けました。そんで、しばらく女の様子を窺いました。その間2、3分。
見ている間、女は微動だにせず、前かがみのままオレの車を覗いていましたが、
ふと気配に気づいたのか、オレのほうに振り返り目が合いました。
相当の恐怖でしたし、女の顔もはっきり見たのですが、この時の記憶はほとんど覚えていません。
女はなんか不機嫌な感じで立ち去り、オレは車へと戻りました。
時間にして、たぶん10分以上も女がなにに興味をもって見ていたのかはわかりません。
オレは仕事柄、車の見える所には物は置けないので、何も興味をひくものはないはずなのですが、
その点がとても不思議でした。

それから、だいぶ経ってからです。女の子を乗せているときに、
そのコが急に「だいぶ前から気になってはいたんだけど、この車女の人が乗ってるよ」って言うんです。
とっさにオレは谷中墓地での事を思い出しました。女の特徴を聞くとオレが見た女のようでした。
その女が車の、運転席側の前タイヤあたりにしがみついてるのが見えるって言うんです。
内心相当ビビリましたが、オレには見えないしどうしようもないので、そのまま廃車にするまで、
車は使い続けましたが、これといって変わったことなどは起きませんでした。

以上です。谷中墓地の話で思い出し書いてしまいました。

---------------------------------------------------------

263 :本当にあった怖い名無し :2006/03/30(木) 22:40:46 ID:KUFXDxgfO
ある夏の日、また母に屋根裏に閉じこめられた(理由は忘れたが)。その時は怖いどころか、
「暑さが凌げる」とさえ思い、内心喜びながら(もちろん嫌がるふりをして)屋根裏に上がった。

入れられてから30分位してからだったと思う。その時俺は壁に寄りかかって体育座りをしていた。
硬い木の床の上でずっと同じ姿勢だったので、流石にケツが痛い。
座り直そうとして体を起こすと、何かイヤな-部屋の空気が一瞬で腐ってしまったようなー感じがした。
戸惑ってあたりを見回したが、特に周りが変わった気配もない。
というか、屋根裏の中は本当の暗闇なので何か見えるはずもない。
仕方ないのでまた壁に寄りかかろうとしたところで、俺は異変に気付いた。

俺はそのまま後ろに倒れてしまった。

さっきまで壁のあったところに別の空間が広がっている。

手を伸ばしても何もなく、床さえもない。
そして、一番不気味だったのは、その空間が明らかに屋根裏の空気を吸い込んでいたことだ。
とにかく怖かった。怖すぎて叫べさえしなかった。叫んだらその穴に吸い込まれそうな気がしたからだ。
俺は母が屋根裏から出してくれるのをただひたすら待った。
そして、しばらくしてからやっと床の扉が開いて、どうにか落ち着いた。

その後10年ぐらい経ち、何故かそのことを急に思い出し、自分の家について、周りの人に聞いてみた。
何でも、この家が建つ前に、ウチの敷地で目撃されたのを最後に、
遺留品(靴とか)を残して消えたホームレスが何人かいるらしい。

もしかしたらここには時空のゆがみがあって、その人たちはそこに吸い込まれたのかも知れない。
そして、もしあの時あの穴の中に入って行ってたら俺は………

---------------------------------------------------------

396 :本当にあった怖い名無し :2006/04/15(土) 17:44:53 ID:XNKNF0C70
数日前のことなんですが・・・

六歳になるウチの娘が友達(近所の子供です)との遊びから帰ってきたのですが
百円札を右手に持って帰ってきたんです。

最初はおもちゃのお札かと思ったんですが、やけにリアルだったのでどこから拾ってきたか聞いたんです。
すると娘は、「空き地で遊んでいたら空気が変なところがあったから手を入れたらあった。」
と、意味不明なことを言いまして・・
その時は子供の言うことだから・・と思っていましたが百円札をどこで手に入れたのかは謎のまま


その後、その友達のところの家に行った時にそこの奥さんにそのことを話すと
そこの娘さんも同じ事を言っていたとの事
本当にびっくりしました

---------------------------------------------------------

481 :本当にあった怖い名無し :2006/04/30(日) 21:42:22 ID:1bS51n6Q0
小2の頃、中の良かったタケシと一緒に虫取りに学校の裏山へ行った。
その山は俺達の遊び場で隅から隅まで知っている。まぁ、山ってより中規模の雑木林みたいな感じ。
突然タケシが「赤い蝶がいた!」って言って走り出した。俺もすぐにその後を追う。
夢中で走って、息が切れた頃にタケシが立ち止まった。
「タケちゃん。どうした?逃げられちゃった?」
「ああ、逃げられた。すごいデカイ蝶だったぜ!」
その後も赤い蝶を探して歩いたがとうとう見つからなかった。
日も暮れ始め、そろそろ帰ろうかということになり、帰り道を歩き始めた。

その山では『夕日に向かって歩く』という掟がある。
夕日向かって歩けば道路に出られるからだ。
もし、迷子になっても夕日に向かって歩けば絶対に道路に出るという地形になっていた。

しかし、その時の俺達にはそんな掟は不要だった。
この山は知り尽くしている。だから迷子になって夕日を頼りにすることなんてあり得ない。
俺達はゲームの話しをしながら歩いていた。
「あれ?なにこれ?」
どういう訳か通行止めの標識が立っている。道路なんて無い山の中にだ。
その時は道路標識がどういう物か知らない。今まではこんな物は絶対になかった。
「なんだろ?道間違ったかな?」
「そんなわけ無いよ。」
「でも、こんな道知らないぜ。」
「・・・。確かに見たこと無いね。迷子?」
「ちょっと、戻ってみよう。」
危機感のかけらも無く、後戻りしてみる。
しかし、戻れど戻れど知らない風景。こんなことはあり得ない。
「え~!ここどこ?」
タケシが泣きそうになってた。俺もこんな所は来た事がない。
とりあえず、夕日の方向に歩き始めた。それがここの掟だ。
段々と日が暮れてきた。

夕日に向かって歩くとすぐに道路に出た。
そのままタケシと別れて、俺の家まであと500mくらいの場所で後ろからタケシがものすごい勢いで走ってきた。
話を聞くと、タケシの家で葬式が行われているらしい。
驚いて、家に帰れず俺を追いかけて来たと言う。
タケシにせがまれて俺も一緒にタケシの家に行った。
本当葬式が行われていた。
亡くなったのはタケシのお兄さんだった。

しかし、タケシの家の前には誰もいない。鍵もかかっていて、家に入れない。
泣きじゃくるタケシを連れて、とりあえず俺の家に連れてきた。
「ただいまぁ」と家のドアを開けるなりオヤジが飛んできた。
キョトンとしている俺を見るなり、平手打ちが飛んできた。
そのまま、家の中に連れて行かれ散々に怒られた。
どうやら俺とタケシは2日間行方不明になっていたらしい。
事情を話しても信じてもらえなかった。タケシの家で葬式なんて無かったと言われた。
それから1ヶ月は外に遊びに行けなかった。ようやく謹慎処分が解けた後、
タケシと山に行ったがあの道路標識なんて無かった。

---------------------------------------------------------

512 :本当にあった怖い名無し :2006/05/04(木) 14:21:38 ID:mJX9ytwe0
数年前、 宮城村・三夜沢・赤城神社で
中年女性が「神隠し」にあった。
(大沼ではなく、大胡赤城線の旧道に曲がるT字路を直進した所)
この神社には、昔から 「神隠し伝説」がある。
赤城神社は、時空が歪んでいるらしい。
赤城神社の裏山では、
昼間でも死臭がするらしい。
赤城神社で、夜中にお参りに行くと、
カーステのカセットが、
急に笑い声になる事があるらしい。
(p)http://gnosis.blog64.fc2.com/index.php?q=%C0%D6%BE%EB%BF%C0%BC%D2

---------------------------------------------------------

513 :本当にあった怖い名無し :2006/05/05(金) 12:33:44 ID:z4JtYOtgO
秩父に抜ける国道299号のトンネルで
肝試ししてた大学生の一人が消息不明になった。
そいつがトンネルの途中で降りて
一人で出口まで行くと言い出し、
他の奴らは出口で待機。
しかし一向に現れず仲間たちが探しに行ったが
まったく見つからず
事情を説明して警察に捜索願いを出して
辺り一帯を山狩り?して捜索してもらったが
今現在も行方不明という話しが
「どぉ~なってるの」で紹介されていた。

---------------------------------------------------------

529 :本当にあった怖い名無し :2006/05/06(土) 16:08:56 ID:B7qoJKY20
時空の歪みといっていいのかわからないが、このスレ読んでて思い出したので。

俺の実家は山に囲まれた田舎にあって、学校から家に帰る途中に
道の両側がずっと田んぼになっているところがあった。
友人が道の端の少し高くなったところを歩いていて
「落ちるなよ」と声をかけたとき、突風が吹いて友人がバランスを崩した。
あっと思ったときには奴の姿はなく、田んぼに落ちたかと思って覗きこんだが、
そこにも奴の姿はない。消えた?と呆然としていると後ろの方から「引っ張ってくれよ」
と奴の声がして、振り返ると10メートル程離れた田んぼに座り込む友人がいた。

友人が後ろに飛ばされたんだか、俺が前に飛ばされたんだか、
ずっと同じ風景が続く場所だから判断がつかない変な出来事だった。

---------------------------------------------------------
あとがき
the world 欲しい。
俺の場合信号待ちしてるときとかに使う。
今日遅刻しそうになったのでそう思いました。

最近ではうまい棒の甘いのがあるけれど、
チョコ、ココア、キャラメルで全部?

---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://occult.blog62.fc2.com/tb.php/33-a3bcbe16

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

 

俺も慢性的に99の症状になる

  • 2006年05月10日 12:45
  •   #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

不思議の国のアリス症候群の方々が集まるスレですか?

  • 2006年05月10日 15:33
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

>>99の状態になってみたい

  • 2006年05月10日 17:58
  • by at #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

四月分まで一気に読ませて頂きました

凄くセンスが良いですねw

あっちより読みやすいし

  • 2006年05月11日 23:27
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。