週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【心霊】バイク乗りの心霊体験part9【死神】

【心霊】バイク乗りの心霊体験part9【死神】

1 名前:774RR []: 2008/06/25(水) 21:32:53 ID:eiqodv9V
            /ヽ       /ヽ
            / ヽ      / ヽ
  ______ /U ヽ___/  ヽ
  | ____ /,,   U  ,, :::::::::::U:\
  | |いま、   /《;.・;》___ 《;.・;》  ::::::::::::::|
  | |あなたの |   |   |     U :::::::::::::|
  | |うしろに  |U  |   |      ::::::U::::|
  | |いるよ。 .|  ├―-┤ U...:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |           :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      ::::::::::::::::::::::::|


前スレ:
【心霊】バイク乗りの心霊体験part8【死神】
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/bike/1191918543/

【心霊】バイク乗りの心霊体験part7【死神】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/bike/1189076754/
【心霊】バイク乗りの心霊体験part6【死神】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/bike/1180315862/
【心霊】バイク乗りの心霊体験パート5?【死神】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/bike/1170930660/
【心霊・死神】バイク乗りの霊体験パート3【モサモサ】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/bike/1154867743/
【心霊】バイク乗りの霊体験パート2【死神】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/bike/1148430387/
【心霊】バイクに乗っててあった霊体験【死神】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/bike/1145417574/

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


5 名前:774RR []: 2008/06/26(木) 00:16:25 ID:wm5W3qqR
まだ原付免許しか持ってなかった頃の昔の話。

友達の家から帰るのに使っていた道があるんだ。動物園の中を通る道。
0時頃、その道に向かうために、いつものように大きな通りから右折したのさ。
大通りから外れるから、街路灯も少なくなってさ。
突き当たりのT字路の少し手前で、道路上を何かが横切った。
影。
左から右に。
黒い影。
夜だから元々暗いんだけど、それより一段暗い闇の塊。
サササッと走り抜けた感じ。
猫?犬?いや、6歳位の子供くらいの大きさ。
一応停車するさ。確認のために。なんだろう?
子供?人が出歩くような時間帯でもないし、交差する道路は無し。
左側は、急斜面の頭上に、その後俺が通う自動車学校。右側は金網フェンスの向こうに火葬場と墓園が見えるだけ。
金網フェンスを通り抜けたような感じだったが。
なんだったんだろうね?


7 名前:774RR [sage]: 2008/06/26(木) 07:16:54 ID:ImZS9tPF
>>5
とにたような話だが

数日前、朝方4時ぐらいまで倉庫でバイクいじってた。
そろそろ寝ないとイカンと思って倉庫をでて本宅の裏口に行こうと
庭を歩いていたんだが一瞬なんかいるとわかって、ああいつものヌコか
と思ったんだが違ったんだ。
それは白い影のようなものが横切って行った。
一瞬、え?となって車かと思ったが車一台ない状態でしかも家の周りは柵が
してるので車のライトはありえない。
その後の風呂で髪洗ってるときが一番怖かったのはナイショだw

というか夜中の湖の岬になんか影みたいなの飛んでるがなんだろうな?

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

9 名前:774RR [sage]: 2008/06/26(木) 15:12:47 ID:cZw/nov9
かなり前だが、横浜から東名高速で静岡方面に走っていたとき。
歩道だか車道だかの橋の上に浅めのハットをかぶった人の影が見えた。
なんだか上半身だけが下をのぞき込んでいるようで気味が悪いと思ったが
真っ黒い影でよく見えないし実害がないので無視。
光の加減だろと思って通過したけどミラーでみても影。
車の流れを気にしながら振り返って直接みたけど影しかなかった。
変な違和感をかかえたままツーリングしちゃった。
怖さよりもなんだかよくわかんないけど変な感じだった。
目の錯覚だったと思いたい。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

21 名前:774RR [sage]: 2008/06/29(日) 00:26:41 ID:42Km3w7B
バイクに乗ってるときじゃないけど俺の体験

俺は探しているモノに導かれるというか、妙に鼻が効くことが多いんだ。
初めて訪れる街でも「ここを右で、あそこを左に曲がって…」なんて
思いつくままに歩いているとマニアックなエロ本やら古時計やら
不動車やらを見つけてしまう。無理強いと転売はしないのがポリシーだから
特別に何か得をする事はそう無いのだけど、出会いがあるだけで満足。
そんな俺が英国の建築スクラップ現場から家具やら雑貨を回収し、
輸入しているらしき巨大なアンティーク店を見つけ、ちょうど探していた
お古のゴーグルをサクッと発見。鈍く光るフレームとヤレた革が美しい。
1万は高ぇなぁと思いながらも試しに掛けてみると…頭がクラクラする。
ベルトは掛けずに軽く顔に当てただけだから締め付けの問題ではない。
血の滲みとかも無いし、酷使されてた感じでも無いから「?」と思っていると
今度は立ちくらみが来た。夏だし、ここは冷房も効いてないしな…と
気にせずにブラブラしていると明らかに寒気がする。
これだから骨董はやめらんねーのよなwと呟いて店を出たが、
外は35度はあるというのに一向に寒気が引かない。
幽霊とか心霊現象なんて信じない俺も流石に参って帰宅するなり寝ました

「やっぱり物には念がこもるのねん」というお話ですた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

25 名前:774RR []: 2008/06/30(月) 21:45:25 ID:uPvu/+Vf (3)
2週間前の話なんだけど、大阪の某山に蛍を見に行ったんだ。
少し時期を外したせいか、蛍の数はそんなにいなかったが、それでも十分楽しめた。
で、小一時間程蛍を眺めて「さて帰ろう」と愛車に跨がりセルを回した瞬間タンデムシートに

ドスン

という衝撃が。

マジで誰かが勝手に乗ってきたと思って(半ばキレ気味に)後ろを振り返っても誰もいない。
「まさかリアサスが抜けた?」と焦って、自販機の明かりで覗きこんでみても異常らしいものは見当たらなかった。
まぁ異常があるにしろ、無いにしろこのまま此処にいてもしょうがないと思いバイクに跨がった時にそれに気が付いた。
異常にリアに荷重が懸かってる。
まるで本当にタンデムでもしているように。
急に怖くなりそのまま走り出したけど下りなのにリアに荷重が懸かってる感覚がまったく消えない
むしろ本当に誰か乗ってるんじゃないかって思えるくらいハッキリしてくる。

このままじゃヤバイ

マジでそう思った俺は怖さを紛らせるために
「いいか!麓のコンビニまでだ!コンビニまでなら乗せてってやる!」
「あと運賃は払えよ」
と目に見えない同乗者?に怒鳴った。

今までしたこともない位の安全運転で山を下る俺。
やっとの思いで道沿いのコンビニの駐車場に入った途端それ(リアの感覚)は消えていた。

「結局無賃乗車かよ…」

と強がりながら(内心ビクビク)家路についたが、いったいあれはなんだったんだ?


26 名前:774RR []: 2008/06/30(月) 21:46:40 ID:uPvu/+Vf (3)
後日談

実はアレ、きっちり運賃払っていきやがったんだ。
次の日、滅多に行かない(年に1~2回)パチンコ屋にフラリと寄ってみたら500円で大当り。
そのまま確変引き続けて気が付いたら14万勝ち。

気のせいと偶然って言われればそれまでだけど、これが俺が体験した不思議な話


44 名前:774RR [sage]: 2008/07/04(金) 08:18:43 ID:ufNvyusE
俺新聞配達のバイトしてるんだけどさ。俺もあったわ、リアに誰か乗った経験。
もう五年やってるベテランなんだが、後にも先にもあれっきりだな。

夜の2時半ぐらいか?
漁港近くの寂れた通り。廃屋やいつから建ってるのか判らないぐらい古くてボロい小屋が立ち並んでいる場所。
干された古い漁網から、ちょっと病んだ潮の臭いがいつも漂ってくる。
街灯は申し訳程度でほぼ真っ暗闇。

ポストに新聞を投函して、戻ってきてシートに座ったら続けてぎゅっ、と誰かがタンデムしてきた感触があった。
振り返って後輪を見ると、リアサスが明らかに追加で人間一人分くらい縮んでいる。
きた…って思ったよ。
右から振り向いても、左から振り向いてもここまでサスがしなる原因が思いつかない。

ただ、真っ暗闇の中で毎日毎日新聞配ってると、恐怖心とかそういうのって麻痺してくるんだよねw
しばらくそいつ乗っけたまま配達続けたさw

数百メートルで気配は消えたよ。
霊は相手しないのが一番。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

137 名前:774RR [sage]: 2008/07/16(水) 06:05:14 ID:wOvHnVhc
酔ってるから書くけど...

俺は小さい頃は人に見えないものが見えた。
朝昼晩かまわず、赤や青の(たまに緑)モヤモヤとした霊魂が毎日見えた。
それが普通で別に怖くもなんともなかったし、ヤバい場所は自分から避けられた。
だけど、7歳を過ぎたあたりから段々見えなくなった。今では普段はまったく見えない。

ちなみに、俺の母方は秋田の湯沢(越後湯沢ではない)で800年以上続く社の出身。
秋田の人にはバレちゃうかもしれないけど、まぁいいや。


138 名前:774RR [sage]: 2008/07/16(水) 06:14:08 ID:w8CQmwDf
>>137
テラ地元w
と言ってもおいらは隣町だけど。

秋田繋がりだと、院内銀山はガチでヤバイみたいですね。
車の窓に手形は当たり前、バイクだとメットに手形が付くとか。
昔見た心霊サイトで、院内銀山だけ別格扱いされてて驚いたw


148 名前:774RR [sage]: 2008/07/17(木) 13:39:00 ID:7Wpnd537 (2)
>>137
俺も子供の頃見えた、
ただどうせ言っても変な奴だと言われるのがオチと思って言わなかったけど、
一番強烈だったのが、
レントゲン写真に人の顔とか手とか写ってた時、
それも透けて骨とか見えるんじゃなくて、
普通の白黒写真みたいに…


148 名前:774RR [sage]: 2008/07/17(木) 13:39:00 ID:7Wpnd537 (2)
>>137
俺も子供の頃見えた、
ただどうせ言っても変な奴だと言われるのがオチと思って言わなかったけど、
一番強烈だったのが、
レントゲン写真に人の顔とか手とか写ってた時、
それも透けて骨とか見えるんじゃなくて、
普通の白黒写真みたいに…

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

153 名前:774RR [sage]: 2008/07/17(木) 18:34:32 ID:kmXjm2i2
夜中になあ、まっ暗い旧道をバイクで走ってたんだよ。
二時頃。ジャスト丑三つ時。

そしたら小さな寂れた社…神社かな?
小高い崖の中腹、こちらからは見上げるような場所。

そこにマジで白い着物着た髪の長い女性が駆け込んでいくのが見えたんだ。
ほんの一瞬だが、見間違いじゃなかった。

あれってアレだよな。
人を呪うアレ。
確か見た人間は殺さなきゃいけないとかで、現場を見られたら襲いかかってくるアレ。
見た瞬間にバイクでちぎったからその時はなんともなかったが。
最近ちょっといろいろあってな。
もしかしたらそのー……呪われてるかも知れん。

で、これって人に話していいんだっけ?
……。
……。

悪いお前ら。
ちょっと一蓮托生だが、まあいいよな。

俺とお前らの仲だし。


158 名前:774RR [sage]: 2008/07/17(木) 22:40:55 ID:u0WrKeRK
>>153
正しくは見られたら呪いを実行している本人にそのまま呪いが降りかかるシステム。
ま、気にするな。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

176 名前:774RR [sage]: 2008/07/19(土) 22:52:45 ID:BPoSEdRX
俺の知り合いにお寺の息子がいるんだけど、やはり興味深い話を聞けるね。
「お堂の位牌が風もないのにパタッと倒れた数時間後にはねえ、そこの檀家さんの
人が『うちの爺ちゃん亡くなりました』とかって駆け込んでくるし。・・ん?よくある話だよ」
だってさ。そんな話をさも当たり前の様に話してくれるから困る。

あ、その寺の息子も二輪海苔で愛機はYAMAHAのセロー。ただしお盆の時には
HONDAのディオに跨ってお父さんの仕事を手伝ってる。

これからの季節、寺の跡取りも大変だなw

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

215 名前:774RR [sage]: 2008/07/24(木) 19:30:45 ID:r5h1B2k1
林道を下って、墓所の横にさしかかった。子供がうずくまって泣いている。
バイクを止めて声をかけたが、泣いてるばかりで埒があかない。
俺も座り込んでどうしたかと聞くと、男の子は目をふせたまま墓所の方を指差す。
はい、男が死んでました。猟銃自殺でした。結構血が飛んでました。
男の子は虫取りに行ってて、たまたま出くわしたらしいです。
血を見ると、俺はフラッシュバック的にその時の映像が頭に浮かぶに過ぎないけど
男の子は結構トラウマになってるんだろうなと心配してる。


216 名前:774RR [sage]: 2008/07/24(木) 19:52:42 ID:3dj3AGD3
ちょっと似たような話だけど、軽い気持ちでオフ車で樹海に侵入したら、
白骨死体を見つけて、実況見分で白骨死体と2ショット写真撮られたって、
どっかのブログに書いてあった。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

215 名前:774RR [sage]: 2008/07/24(木) 19:30:45 ID:r5h1B2k1
林道を下って、墓所の横にさしかかった。子供がうずくまって泣いている。
バイクを止めて声をかけたが、泣いてるばかりで埒があかない。
俺も座り込んでどうしたかと聞くと、男の子は目をふせたまま墓所の方を指差す。
はい、男が死んでました。猟銃自殺でした。結構血が飛んでました。
男の子は虫取りに行ってて、たまたま出くわしたらしいです。
血を見ると、俺はフラッシュバック的にその時の映像が頭に浮かぶに過ぎないけど
男の子は結構トラウマになってるんだろうなと心配してる。


216 名前:774RR [sage]: 2008/07/24(木) 19:52:42 ID:3dj3AGD3
ちょっと似たような話だけど、軽い気持ちでオフ車で樹海に侵入したら、
白骨死体を見つけて、実況見分で白骨死体と2ショット写真撮られたって、
どっかのブログに書いてあった。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

334 名前:774RR [sage]: 2008/08/06(水) 16:44:02 ID:zmxRMvcp (5)
懐かしい体験談なので投下してみる

まだ学生だった頃、少しシーズン外れだった夏休みの終わり頃に、北海道と東北をテントと
寝袋を持って回ってた。北海道も一通り楽んで青森に移ろうと、フェリーに乗る為に函館を
目指していた。着いた時には既に日は暮れかかり、当日の便は最終しか空きが無い状況だった。
青森の大間への到着予定時刻は日付が変わってからで、キャンパーにしては少々ハードな夜に
なりそうだったが、宿銭が惜しかったので大間から一番近い薬研温泉のキャンプ場まで移動
する事に決め、フェリーに乗り込んだ。

到着案内で起こされ、眠い目を擦りながら雑魚寝状態のタコ部屋を後にする。シーズンも
終わりが近かった事もあって、バイク乗りは自分だけで、後はトラックの運ちゃんとか車で
旅行中の家族連れ。フェリーを降り、しばらくは国道を他の車と走るが、薬研温泉に向かう
県道に逸れたのは当然自分だけだった。

青森の外れの恐山のふもと、時刻は深夜1時過ぎ。何も無い山奥に向かう細い県道に街灯など
ある筈もなく、月明かりも差さないほどうっそうと茂る真っ暗な森の中を愛車のヘッドライト
のみを頼りに黙々と走る。連日のキャンプ生活とその日の寝不足で、それなりの疲労があり、
結構ボーっとしていた。早くテント広げて寝たいな、などと呑気に考えていた次の瞬間、
ライトの照らす右脇の木枝の合間に白い顔が浮かび上がり、瞬く間に消えていった。

ギョっとした。身の毛もよだつ、って言うのかな。背筋が凍るように寒くなってから、急に
熱を持ったように熱くなって、またすぐに悪寒が走る。脂汗が噴き出した。体が硬直したけど、
何とか転ばないようにできた。見たものを否認するかのように、そのまま走る。でも、ミラー
だけは見ないようにしてた。

5分程そのまま走った気がする。ようやく状況を検討できる程度の冷静さを取り戻し、停車して
どうしようか考えた。森の中に顔を見たままでは、キャンプではとてもではないが寝られない。
地図を見ても、県道の先には拓けた町も宿もなさそうな様子。こんな山奥のキャンプ場では、
廃れていて人がいない可能性もある(北海道では管理人すら見当たらないサイトがいくつか
あった)。半ばヤケクソで、脅かされたままでいるくらいなら正体を見極めてやろうと意を
決して引き返した。さっきの場所に近づくに連れ、恐怖は興奮に置き換えられていった。躍起に
なっていた。その場所に戻ったら、「顔」はまだいた。

真っ白なふくろうだった。

人の認知なんてそんなもん。貴重な経験だったよ。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

348 名前:774RR [sage]: 2008/08/06(水) 21:33:02 ID:uQrQwlNc
あんまり恐くないんだが聞いてくれ。

先週の金曜の夜の事だ。
俺は悪友2人とつるんで深夜の首○高ツーリングに出かけた。
渋滞と規制にうんざりしながら、9号、湾岸と流し大井でUターン。

路肩にバイクを止めて、たわいも無い雑談をしていた。
バイクを止めていた所は昔はその手のクルマが道路上から下道へ逃げたりするのに
使っていたらしく、今でも下道に続いている。

雑談の最中俺は下道に続く道路から誰かの囁き声を聞いた。
女の声だったように思う。

「今道路の向こうから声がしませんでした?」
「まさかーwwww」
「あそこで止まってるカーセックス中の奴の声じゃねーのwww」
「ですよねー高速道路上で声なんか聞こえないですよねー」

念の為に下道に続く荒れ果てた道路を下りても、勿論人など見当たらない。


しばらくしてから「まさか」と笑った友人が事故を起こした。
ま、偶然だろう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

360 名前:774RR [sage]: 2008/08/11(月) 02:28:19 ID:qLYbEnST
バイクで夜中の峠を走っていたら、ライトが照らす先に横たわる
野生のサルを発見。どうやら、クルマに轢かれて死んでる様子だった。
こんな所にいたらまた轢かれてしまう、そう思って恐る恐る隅っこの方に
どかしていたら、対抗車線からクルマが来て停車。そして降りてくる男。
「なにしてんだ?」そう聞かれて激しく驚きながらも「可哀想だから…」
とか言ったらサルを見ながら更に続ける男「なにこれ! お前が轢いたの?」
必死で否定したが「マジ可哀想じゃね?痛いぜこれ?お前も同じ目にあわせてやるよ」
そう言って俺の腕を掴み自分の車の前に連れてくると、動くんじゃねぇとか言って
車に乗り込み急発車してきた。当然、普通に避けたが尚もバックしてくる男。
勢い余って路肩の溝に脱輪してたんでその隙に逃げてきたけど、本当に世の中には
わけの分からん奴がいるのだと思った。マジで生きてる人間の方が恐い。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

390 名前:774RR []: 2008/08/14(木) 23:19:13 ID:izaH8uEA
広島からだが…
大学の飲み会で流川の居酒屋で飲んでた。俺は朝イチで用事があり、飲まずに単車で来ていた

丑の刻までカラオケで騒ぎ、途中で抜けて帰ることになり
単車で爆心地付近の川沿いを走っていたところ、横断歩道を作業着を来たおっさんが歩いていた。
当然、停車し渡り終えるのを待っていると、おっさんの腹には材木が突き刺さっていた

しかも、顔は真っ黒焦げ

渡り終えたのを見計らって発進しようとしたら、ギアがNに入っていたため空吹かし。

目があった瞬間、こっちに歩いてきた。パニックでカバンの中のアクエリアスを投げつけてしまったところ、そいつは霧のように消えた

辺りを見渡すと原爆慰霊碑があった
すぐに近くのコンビニで日本酒と水を買ってお供えした。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

400 名前:774RR [sage]: 2008/08/15(金) 16:04:22 ID:gPX0eoAv
この前 氷ノ山のあたりを走っていて、何故か急に狭い県道?
に引かれて入っていったときのこと。
普段はどんな道に入ってもそのまま抜けていけたし、今回もいけると思い走っていった。
先は案の定、険道となっていったが、まだまだいけると思っているとなんと通行止め。
こんな経験が無かったので、びっくりしながらも急に背筋に冷たいものを感じながら着た道を戻る。
するとと中で行く時には気付かなかったが、滝があったのでそこで休憩しようと停車。
背筋が一層冷たく感じるので、振り返るとなんとそこには墓が。
行く時にはどちらも気付かなかった。背筋の寒さからここはまずいと思い、
急いで立ち去ることにした。が、走り出すとなんともない道の途中で後輪がいきなりロック。
川底に引き込まれるように滑っていく。
頭は冷静で、バイクまだ新しいけど、川底に落とすよりこけたほうがいいのか?と思いつつ、
どちらも「いやっ」っと、心の中で、「許してくれ」と願うと、何とか後輪のロックがとけ、
崖のぎりぎりで止まることができた。
そこからはより慎重に、大きな道まで出たところで、バイクを止め、後輪・ブレーキを確認。
何もない・・・。
あれは なんだったんだろう??

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

423 名前:421-1 [sage]: 2008/08/17(日) 08:54:32 ID:/7QDz6bz (6)
学生時代バイトをしてた所でバイク好きが6人いて、いつも一緒にいた
その中でもオンもオフも乗るSと俺は2人だけでツーリングに行く事が多かった
そのSと2人で走りに行った時の話

場所は北関東の山の中
この日はオンツーリングで峠道を走り回ってた
俺は土地勘がなくSは2回来たことがあると言うのでSが先導俺が後ろ
今でもハッキリ覚えてるが僅かな上り坂で緩やかなR200位の右カーブ
スピードはまったりペースの50前後だった

オンロードはレース体験は無かったけど
オフは草レースで2人とも入賞できるくらいバイクには慣れてた
なのに目の前を走るSはそのコーナーで
まるで氷の上でタイヤをとられるような感じで転倒
ちょうどスィングアームを軸にしてバイクが真横になる感じ

そのまま路面を滑り左脇の草むらで停まったSに近づき
俺「どうしたんだよ?変な倒れ方だったけど」
S「いや良く分らない、気が付いたらもう倒れてた」
俺「アイスバーンかオイル踏んだみたいだったぜ」
S「ホントそんな感じの倒れ方だったよな」

でも路面は砂も浮いてなかった
とにかく怪我しなくてよかったなとSとバイクを起こして
再出発するはずがどうやってもエンジンが掛からない
プラグ外して確認してもちゃんとスパークしてる
なのにダメ

仕方なく自走は諦め俺のバイクの後ろにSを乗せ
行きつけのバイク屋が軽トラを貸してくれる事を思い出し
翌日取りに来ることにした

翌日2人で軽トラに乗り事故現場に17:00頃到着
もっと早く着きたかったが余りにポンコツで
高速でベタ踏みしても70kmが限界だった
盗まれなくて良かったななんて言いながらバイクを積み始めた
オフ車と違い重いオン車に手こずり1時間くらい掛かってしまい
あたりは暗くなり始めた
もと来た道をしばらく走っているとルームミラーにライトが映った
曲がりくねった峠道なのでライトは見えたり見えなくなったりする

俺「後ろから車がきちゃったよ、速度は同じくらいみたいだけどどうする?」
S「どうせ帰ってもバイク屋は閉まっちゃってるしコレ(軽トラ)
無理させて壊しちゃってもアレでしょ?」
俺「バイク積んでるし先に行かせるか」
と脇に寄せて後続の車を先に行かせることにした

昨日の転倒事故の事や修理代は幾らくらいだろうとか
話して2~3分くらい過ぎても車は来なかった

S「車来ないね」
俺「脇道に入ったのかな?」
S「知ってる限りじゃ脇道ないけど」
俺「確かに無かったな、Uターンでもしたかも」
S「昨日今日で疲れたから早く帰ろう」
ということで再び発進

しばらく走ってたらまたルームミラーにライトが映った
俺「おいまた車来てるぜ」
S「さっきのかな?」
俺「なんだか気味が悪いよ」
S「ホントに車?」
俺「Sが直接見てみろよ、ライト見えるだろ?」
Sが振り返りすぐさま「スピード上げろ」
俺「えっ?!」
S「いいから早く」

あとは後ろも見ず2人とも無言だった
とにかく人のいる所に行きたかった
山を降りるとコンビニの灯りが見えた
その灯りに安堵感を覚えた俺はSに確認もとらずに軽トラを停めた
Sはコンビニの中に逃げ込むように入ったが
俺は疲れ切ってしまったので軽トラの中にいた

軽トラの中で缶コーヒーを飲みながら
俺「いったいどうしたんだあの時」
S「お前が車が来てるって言ったろ?何で車だと分った?」
俺「だってライトが二つあっただろ?」
S「ああでもなあのライト左右の間隔が広がったり狭まったりしてたんだ」
俺「?」
S「2台のバイクなら分るが車だと考えられない」
俺「バイクだったのか、だったら脇の林道とか入るな」
S「いやバイクだとしてもあんな上下左右に入れ替わらないよ」
それを聞いた途端ゾクッとした
そのあいだ一台も車はおろかバイクも通らない

とにかくこのあと高速に乗り地元に帰ってバイク屋へ行き軽トラを返せば
あとはいつも通りだ何かの見間違いだったんだと気持ちを切り替え
もう一度バイクを固定しているロープの確認をするために
荷台にいくと乗せる時は何も無かったはずなのに
バイクと荷台一面に蜘蛛の巣がビッシリと・・・

2人とも何も手をつけずそのまま高速に乗り
バイク屋には申し訳ないと思ったけどバイクを載せたまま
翌朝軽トラのカギを持ってくる事と修理依頼のメモをワイパーに挟んで
逃げるように帰った
とにかく家に帰って寝たかった

翌朝バイク屋からドコ停めるとあんなになる?
と聞かれたけど信じて貰えないと思いスイマセンとしか
言えなかった

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title 

148と218がそれぞれ重複してますよ。

  • 2008年08月18日 19:01
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

オカ板以外の、ノーマルな人たち(って言い方が適切かどうかわからんけど)の遭遇した話は、なんというかシンプルかつ味わい深くて良いなぁ。

  • 2008年08月21日 00:09
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
No title 

読ませる話が多いですね。

  • 2008年08月21日 21:28
  • #mQop/nM.
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。