週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーパーツ・古代文明

オーパーツ・古代文明

1 :オシャマン:2008/05/13(火) 16:49:40 ID:evSgGaC50
オーパーツ「その時代に見合わない遺物・場違いな遺物」
について検証するスレです。
古代文明についてやオカルト説、トンでも説を交えて議論しましょう。

---------------------------------------------------------

5 :オシャマン:2008/05/13(火) 17:14:59 ID:evSgGaC50
最近古代の鋼の技術に注目しています。トルコで新しく、鋼の技術があった
ことが分かり、次に南米ボリビアで発見された「モホス文明」からも鉄製品
が発見されました。
これを技術の飛躍としオーパーツとして検証中です。

トルコのカマン・カレホユック遺跡で出土した鉄片が、紀元前22世紀ごろ
の鋼であることがわかった。鉄製品としては世界で最古。「

鉄片は長さ約2~6センチで、うち1点は鋼。出土した粘土板文書や炭化物
の放射性炭素年代などから、現地にメソポタミアのアッシリア商人が植民地
を築いたり、鉄の帝国として知られるヒッタイトが建国されたりするより前
の、紀元前22~20世紀のものと考えられている。
鋼以外の2点は、鉄の原料である赤鉄鉱と、焼けてガラス化した粘土の中に
ごく小さな鉄が固着したものと判明した。焼けた粘土は、鉄生産の際に使わ
れた炉などの一部とみられる。


鋼とは炭素量が2,14~0,02%までの鉄を言い、今回トルコから
見つかったのは約0.1~0.3%の鋼と推定されています。


32 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 04:22:12 ID:4K45+MDLO
>>5
ヒッタイト帝国はプロトヒッタイトから製鉄の技術を引き継いで成立したらしい。
たしか、その名前の遺跡だったと思う。
日本人が同遺跡の古代名の決定に尽力してたよ。


33 :オシャマン:2008/05/14(水) 08:07:56 ID:1Fohpiuy0
>>32
おおーそれですそれです。
炉で製鉄をした跡の鉄さいというのも見つかっているんですね。
その遺跡が出来た当初からすでに鉄の技術があったということらしいです。
他に鉄といえば、ピラミッドの秘密の部屋から見つかった鉄製と思われる
ハンドルのような器具が上げられます。探索ロボットが2000年当たりに
空気口を伝って探し当てた奴です。
そのハンドルが刺さっている壁の向こう側にも何かあるみたいでしたが、
さすがに探索ロボットはその壁をどけることは出来なかったのです。

---------------------------------------------------------

11 :本当にあった怖い名無し:2008/05/13(火) 19:43:58 ID:NRRMUKfTO
俺オーパーツ好きだから頑張ってくれw

質問なんだが前テレビでやってたエジプトで
銃とかヘリに似た象形文字ってどうなったの?


12 :本当にあった怖い名無し:2008/05/13(火) 19:57:23 ID:6WiWba9x0
>>11
ttp://www.nazoo.org/ooparts/49.htm


20 :オシャマン:2008/05/14(水) 01:26:18 ID:1Fohpiuy0
セティ1世の飛行機絵について分かりやすい説明です。
エーリッヒ・ヴィンター教授によると、「経験をつんだエジプト学者にとっては
この問題は簡単である。古代エジプト人は象形文字を幾度も重ねがきしていた。
文字を漆喰で塗り固めて平らにし、そこにまた新しい文字を刻んだのである。
時間とともに重ねぬりした漆喰が部分的に剥げ落ち、古代エジプトにはあり
えなかった物のような形状が残っただけのことだ。」

だそうです。これは記述に飛行機とか減りだということが書いてないし、単なる
曲解だったようです。
同じエジプトで興味深い物は、まず有名なつぼ型電池、これの実物はイラク
戦争で混乱が生じすでに盗賊が持ち去ってしまいました。
ですが文献の中で電池に関する詳しい説明が発見されています。

---------------------------------------------------------

22 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 01:42:43 ID:QKYfS4ABO
ピラミッドが白かったって十年以上前のムーで読んだんだけど本当?


24 :オシャマン:2008/05/14(水) 01:48:58 ID:1Fohpiuy0
>>22
初めにピラミッドが発見されたときは化粧石で覆われていたのですが、
住居の建設等のために使われてしまい、今はあの姿みたいですね。

---------------------------------------------------------

23 :オシャマン:2008/05/14(水) 01:43:14 ID:1Fohpiuy0
紀元前7000年とも言われる古代インド文字で書かれた文書に
次のような事が書かれている。
「純銅のかけらを陶壺に入れ、孔雀の首のような色をした硫酸銅と硫酸塩
の塊を加える。おが屑で壺を満たし、水銀を塗った鉛のブロックを上に置く。
これにより、ミトラというエネルギーが生じ、鉛と銅の組み合わせでミトラ
光が生まれる。この壺を何百も組み合わせれば強大なエネルギーを得ること
ができる。」これは電気エネルギーについて記した記述でした。
古インド文書では、他に火薬の技術や医学技術などの記述も発見されて
おります。

エジプトのデンデラにあるハトホル神殿に刻まれたレリーフ、これは大きな
電球を表すといわれています。これにもつぼ型電池は使われていたのかもし
れません。
オーストリア・ウィーンの電気技師ヴィルター・ガルンは、「ガラス管の中を
真空にすれば絵に描かれているように、電極から電極へ蛇のような放電が走り
光を発することが出来る」、といっており、実際に同じ形状の電球を作って
光を発生することに成功しています。
この神殿の壁には、神聖文字で埋め尽くされており、このレリーフについての
説明のようですがまだ解読されていません、解読されれば電球の使用について
何かわかるかもしれません。


34 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 14:30:13 ID:xtq+9OX+0
エジプトの電球
ttp://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/1541/electriclights.html


35 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 14:46:25 ID:xtq+9OX+0
バグダッドの電池
ttp://sp-file.qee.jp/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=%A5%D0%A5%B0%A5%C0%A5%C3%A5%C9%A4%CE%B8%C5%C2%E5%C5%C5%C3%D3

---------------------------------------------------------

25 :オシャマン:2008/05/14(水) 01:55:58 ID:1Fohpiuy0
前のホームページソースを発見したので急いで修正してアップしました。
http://www14.plala.or.jp/mrchild/

またよろしくです、今では見解が違っている遺物もあるので追って修正と
追加をしていきたいと思います。

---------------------------------------------------------

44 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 18:18:43 ID:JS81aw1C0
モホスって不思議たよな・・・。身長も180cmあるらしいし。本当にモンゴロイド?


52 :オシャマン:2008/05/16(金) 08:32:36 ID:S/u6B2W+0
南米の遺骨は、幼児の頭を板で挟みこんで頭蓋骨を細くしたと言われて
いるのが良く見つかっているのですが、その頭蓋骨変容遺骨のほとんどが
身長が高いので人間とは別の種族では?という意見もあるのです。
彼らは石造技術の製作者であったようで、マチュピチュからも遺骨が出土
しており。
マチュピチュでの石造建築にも関わったとしてNHKビデオでも紹介されて
いました。


53 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 09:06:46 ID:8pSAmHz9O
>>52
頭で身長のばしてるんだろ
まさにシークレットヘッド


54 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 13:51:10 ID:OCfGTKfQ0
素朴な疑問なんだけど、幼児の頭を板で挟みこんで頭蓋骨を変形させたと
言われてるけど、本当にあそこまで変形させることって可能なんだろうか?
仮に人為的に変形できたとして、脳は正常に機能するもんなんだろうか?

文化的な風習ではなく、遺伝的な要因で変形している可能性ってない?


57 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 14:19:41 ID:2FTpzZjw0
>>54
変形初期から完了までの人骨が揃って発見されている
から、少なくとも遺伝的なものでは無い
ただ、脳がそれで正常に機能したかは確かに疑問だな
意図的に脳障害を起こして、「よりまし童」みたいな地位に
据えていたって説もどこかで聞いたけど


59 :オシャマン ◆OSYAmmmTBQ :2008/05/17(土) 00:10:00 ID:9xwkKCO00
>>57
チョット怖い話ですねそれは、写真で相当長く変形したのがありますけど
そう考えるとぞっとします。

ボリビアン・ジャイアントというこれもボリビアで見つかった遺骨なのですが
これは身長が230センチとでかかったようです。
ですが考古学オーパーツ板で、動物の骨などを使った捏造だという反論が
あるとの事、詳しい研究を書いた本や話など誰か知りませんか?
他にも巨人の骨関係は最大10メートルにもなる物も発見されているとの
こと、また詳しい話乗せます。

---------------------------------------------------------

67 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 22:13:12 ID:WREjNwdS0
南米アマゾン源流地帯に壮大なプレ・アンデス文明遺跡を発見
http://www008.upp.so-net.ne.jp/k-hime/report.html/peru.html/mohosu4.html

なんか弥生文化との類似性も指摘されてるようだけど・・・うーん?


78 :オシャマン ◆OSYAmmmTBQ :2008/05/19(月) 06:33:15 ID:jYCPKsx00
>>67
をを、なんか世界中とかかわりがあったようですね。
他の本でもメキシコのオルメカ文明(マヤ文明の前)も中国とすごく似ている
そうです。文字がほとんど中国の古文字と一緒で、中国人の研究者の方が
読めたとか。
ボリビアは、日本中国アフリカと手広いですね。

ネアンデルタール人は最近の学説では、5万年前位に絶命し
アフリカで発生した2000人あまりのホモ・サピエンスサピエンス
が(短期間のうちに)全世界を席巻したといわれてますが、その生き残り
ですかね。


79 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 09:12:07 ID:ynp7N6dL0
>>78
建築様式や彫刻されてる装飾で、マヤ文明とアンコールワットの類似性を指摘する人も多いね。
彫刻されている人物の指の組み方や座り方、座っている人物の台座にも共通の特徴があるとか。

更に、暦の民であるマヤ人は自分達の文明の起点を西暦換算で紀元前3113年と定めてるけど、
インドの世界一循環期を四段階に分けた第四の時代であるカリユガ期の起源が、西暦換算で
紀元前3102年。そこからインドとマヤの関係を指摘する人もいるとか。

単なる偶然なのか、それとも何らかの接点があるのか・・・とにかく興味深い。


83 :オシャ(携帯):2008/05/19(月) 21:32:46 ID:mxFUMbnKO
今最新の進化論の本読んでますが、言語自体は75000年前に出来たらしく、完全な言語になったのが20000万年~12000年前位で、文字が確立されたのは、インダスやメソポタの6000年前と言う感じですかね。

話題のネヤンデルタールは、30万年前~5万年前に派生していた人種でした。
五万年前には他の人種は全て謎の絶滅を遂げ、ホモサピが全世界を掌握と言う流れですね。

この頃は人種同士争う必要は無かったので、戦って生き残った可能性は低いそうです。


84 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 21:44:41 ID:MI+CVoRZ0
>>83
今や人口66億人を誇る人類も、7万年前には気候変動で僅か2千人にまで数が減少したらしい。
レッドデータブックに載っても不思議じゃないくらいの絶滅危惧種だったとか。
言語が7万5千年前に出来たのなら、元々は単一言語の基に統一されてたのかも知れないですね。

---------------------------------------------------------

69 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 23:17:45 ID:WREjNwdS0
中南米の文明って本当に不思議だよね。
因みに、マヤのパレンケからも身長190cmの遺骨が発見されてる。

新・世界七不思議 チチェン・イツァPart1~5
http://jp.youtube.com/watch?v=cACRgL23tvI&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=ezVbziI-dLY&NR=1
http://jp.youtube.com/watch?v=eAzyz-z3q9M&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=ittPWu3bTm0&NR=1
http://jp.youtube.com/watch?v=b1sfKRLJh80&NR=1

---------------------------------------------------------

95 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 04:20:50 ID:eT3IpI/0O
古代の地層からフライパンやら花瓶やらが発見されてるのは何と見る?


97 :オシャマン ◆OSYAmmmTBQ :2008/05/20(火) 10:42:01 ID:rfgaieXE0
フライパンですか?それは聞いたことないです、中国とかからの出土です
かね。
中国からの出土例は、イギリスの東洋研究家のロバート・テンプルの本に
紹介されているそうです。

○鉄鋤(紀元前6世紀)○太陽黒点の発見(紀元前4世紀)
○ボーリングによる天然ガス採掘(紀元前1世紀)
○蒸気機関(5世紀に発明)○合成樹脂(紀元前13世紀)
○毒ガス催涙弾煙幕弾(紀元前4世紀)
○火薬(9世紀)

あと中国では1万年以上前から文字があった可能性があるそうで、もっと古い
遺跡が今後見つかる可能性もありますね。
中国で最古の絵文字発見
中国寧夏回族(ニンシアフイズー)自治区の西北第二民族学院は、同自治区
中衛県で「中国で最古の絵文字が発見された」と発表した。新華社通信など
が報じた。最古のものは1万6000~1万年前で、漢字の起源とされる甲
骨文字より数千年以上も古いと伝えた。同学院(銀川市)の岩画研究所によ
ると、2年間にわたる調査で中衛県の岩壁から狩猟や放牧、舞踏、祭儀、太陽
、月などを描いた約3000組、8000個の図形が見つかった。約1500
個が原始的な文字であると判明したが、解読は一部のみという。
 絵を組み合わせて意味を伝える文字としての要素を備えているといわれ、
中国の殷代(紀元前17~11世紀)の甲骨文字に似た形もあるという。

中国でまとめてみましたが、フライパンの出土が違うところからなら見当違
いです^^;。

---------------------------------------------------------

104 :オシャマン ◆OSYAmmmTBQ :2008/05/20(火) 14:13:13 ID:rfgaieXE0
とんでもないニュースを発見しました。
神話に出てくる神の様に、800歳まで寿命が延びるそうです。
ホントならしぶとく生きたいです。

寿命が10倍に延びる技術を開発、人間の場合は800才まで寿命延長が可能に
南カリフォルニア大学の科学者が発表したところによると、イーストのバク
テリア(要するにパン酵母)の 寿命を10倍に延ばすことに成功。
この方法は人間にも応用できるので、 寿命が80才の場合は800才ぐらいまで
延長可能だそうです。
詳細は以下から。

Mad Science: Geneticists Discover a Way to Extend Lifespans to 800 Years
ttp://io9.com/345728/geneticists-discover-a-way-to-extend-lifespans-to-800-years

PLoS Genetics - Calorie restriction-induced life span extension depends on Rim15 and
stress response transcription factors downstream of Ras/cAMP/PKA, Tor and Sch9
ttp://genetics.plosjournals.org/perlserv/?request=get-document&doi=10.1371%2Fjournal.pgen.0040013.eor&ct=1

この技術は2つの遺伝子(RAS2とSCH9)に手を加えることによってカロリー摂取
を削減できるというもの。
エクアドルで既に人間を対象にした実験に入っているとのこと。
また、現時点では明確な副作用などもなく、 これによってガン細胞の増殖
を人間の場合は抑制できるそうです。国立老化研究所(NIA)に所属する
Anna McCormick氏によると、この10倍まで寿命を延ばすというのはかなり
有意なものであるとのことです。


105 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 14:51:44 ID:BBkBzcFNO
>>104
なんかほとんど活動出来なくなりそうだねw
便所や飯以外は寝てるとか…。しかも10日に一回ぐらい?


113 :オシャマン ◆OSYAmmmTBQ :2008/05/20(火) 23:34:29 ID:rfgaieXE0
>>105
寿命と言うのは単に細胞の活動限界なので、遺伝子の
寿命に関する部分を書き換えることが出来れば、何の副作用もなく寿命を
延ばせると何かで読んだことがあります。
実際にその方法がわかったということなので、元気に800年生きれるか
もしれません。記事にも副作用がないとかいてますし。
ただ、一般化されたら人口爆発・・戦争やテロが増えそうですわ。

---------------------------------------------------------

194 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 02:00:42 ID:dq9bqztj0
やっぱ恐竜土偶ちゃんと調べてほしい
実際に恐竜見てつくったとかの話は置いといても
炭素測定法で調べたらかなり古いものだったらしいし
第一発見者のひとがいきなり
「これはアトランティスの遺産だ」とかぶち上げちゃったから
黙殺されてしまったとかもったいない


195 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 06:25:41 ID:rVHJ0X7aO
>>194
炭素年代法で判るのは、その土が出来た時期ですよ

弥生時代の炭化米を土に混ぜて、それで器作っても、炭素年代法での鑑定は「弥生時代」になります


197 :オシャマン:2008/05/28(水) 07:20:50 ID:CF54ZAKZ0
>>195
恐竜土偶は、熱ルミネッセンス法でも紀元前2000年以上前のものと
出ているそうです、熱ルミネッセンス法は焼入れした時期がわかります。


198 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 07:23:55 ID:IxahokIf0
>>194
恐竜土偶に関しては、一応再検証がされていて捏造品とは
別にオリジナルっぽいものも選別されている
ただ、それも製法や材質といった状況証拠からの特定であって
出土時のデータが完全に欠落している現状では、考古学として
真剣に取り扱うことはもはや不可能だそうだ

ちなみに、そのときの結論としては、恐竜土偶のイメージソースは
おそらく絶滅した地上性の大型有袋類(当然、人類と共存していた)
だろうとされている

---------------------------------------------------------

208 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 18:39:08 ID:A9uapy+r0
このスレ的には三星堆なんてどうなんでしょうかね?


222 :オシャマン ◆OSYAmmmTBQ :2008/05/29(木) 20:44:34 ID:2YbNhSk40
>>208
ちょっと知らないので調べてみました。
三星堆遺跡(さんせいたいいせき)とは中国の長江文明の遺跡の一つ、
四川省の省都である成都市から北へ50キロの広漢市にあり紀元前2000年、もしくはそれ以前の遺跡と考えられている非常に古い遺跡。
三星堆遺跡からは異様な青銅の仮面や巨大な人物像が多数出土している。
高度な青銅文化を持っていたと考えられているが、文字は見つかっておらず、
他の地域の文化との関連性はよく判っていない。

ををー、こういうのを待っていました。

下の画像、目がビローンと伸びてます。暗視ゴーグル見たいな感じですかね
漫画でよく見る顔のような気がします。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:SanXingDui_ZongMuMianJu.jpg

詳しいサイト
http://www.inv.co.jp/~tagawa/sansei/index.html

ここでも太陽神信仰があったようですが、トルコヒッタイトの太陽神信仰
との繋がりとかがあったら面白いですね。

---------------------------------------------------------

219 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 16:38:31 ID:poGXPvs4O
仮にヘッジススカルが本物だったとすると

故宮博物館の玉もオーパーツって事になっちゃうよな

職人が三代かけて彫ったヤツ


220 :オシャマン ◆OSYAmmmTBQ :2008/05/29(木) 20:04:45 ID:2YbNhSk40
>>219
なんて作品ですか?
ウィキで調べてみたら代表的なのは、翡翠で作った白菜とかが出てました。
(白菜・・)
翡翠なら割れにくいので、翡翠でシャーコノヤロとガンガンたたいても
作れるようですが、水晶製の物があるなら気になるところです。


221 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 20:20:31 ID:F88JtRNh0
>>220
219じゃあないが、台北の故宮博物院にある翡翠の彫り物だな
小さな白菜で、バッタがとまっている。一個の天然石を彫り抜いた超技巧の逸品
これが全く絶妙な色合いで、テーマの木訥さとのコントラストが一層異彩を放つ
同じようなのに「豚の角煮石」なんてのもある
これは手の加わっていない完全な天然石で、その圧倒的な角煮感にヨダレ必至

職人が三代かけて掘ったってやつは、象牙の玉飾りのことだろう
細かい細工が施された球状の飾りが鎖でつながっていて、ぶら下げてかざる
玉からそれをつなぐ鎖まで一本の象牙を彫り抜いて作ってある
それだけでも大変な業物だけども、さらに驚くのが玉の内部構造
表面はレース状に細かく掘ってあり、中にも玉がある
さらにその中にも玉があって、それぞれを独立して回転させることができる

他にもオーパーツ級の技巧品が山ほどあるので、一度行ってみることを強くオススメする

---------------------------------------------------------

228 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 12:26:11 ID:bzm4/SE60
オーパーツと言えば「創造者の地図」がスゴイ
ロシア、ウラル地方の立体マップらしいが
現代の科学技術で作れない「人工」の石盤、しかも1辺が1~2mぐらいと大きい

調査によると100万年以上前、おそらく1億年前の製造!と結果が出た
ウラル地方にはこういう石盤がまだ何枚も有るらしい

ネット上で情報が消えつつ有る
こんなことならプラウダの記事のキャッシュを残しておくんだった
写真入りで数ページ特集していたのに
誰か詳しく調べてくれw


230 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 13:00:42 ID:ykFWjZHM0
「人口の石盤」の意味するところがよく判らない。
あと、有機物でも無く焼成した訳でも無い石盤の年代をどうやって調べたのか?
いくらなんでも100万~1億(10000%の誤差!?)ってのはアバウトすぎないか?

数頁も特集していたのなら、もう少し情報を出してくれても良いんじゃないかと思うが。 >228


231 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 13:00:54 ID:zGlWtgMD0
>>228

http://www.bibliotecapleyades.net/esp_map_creator.htm

これ?


232 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 13:18:30 ID:XJHRKAnc0
年代測定の該当部分を探したぜ。
放射線炭素分析?ってのとウラニウムクロノメーターってので調べたんだって。
二枚の外層分析したら
片方は120万年前、もうひとつは500万年前だったらしい。
でもどこにも1億年なんて書いてないんだけどなぁ。

It was difficult to determine even an approximate age of the slab.
At first, radiocarbonic analysis was carried out,
afterwards levels of stab were scanned with uranium chronometer,
though the investigations showed different results
and the age of the slab remained unclear.
While examining the stone, two shells were found on its surface.
The age of one of them Navicopsina munitus of Gyrodeidae family
- is about 500 million years old,
while of the second one Ecculiomphalus princeps of Ecculiomphalinae subfamily
- is about 120 million years old.
Namely that age was accepted as a "working version".
The map was probably created at the time when the Earth magnetic pole
situated in the today's area of Franz Josef Land,
while this was exactly 120 million years ago, - professor Chuvyrov says.
The map we have is beyond of traditional perception of mankind
and we need a long time to get used to it.
We have got used to our miracle.
At first we thought that the stone was about 3,000 years.
Though, that age was gradually growing,
till we identified the shells ingrained in the stone to sign some objects.
Though, who could guarantee that the shell was alive while being ingrained in the map?
The map's creator probably used a petrified find.

ttp://www.bibliotecapleyades.net/arqueologia/esp_map_creator02.htm#The%20map%20of%20the%20Creator


240 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 16:47:22 ID:kfizzr9A0
500 million
1200 million
millionは百万だから
5億
12億
なのでは?


241 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 17:04:41 ID:ykFWjZHM0
>>240
カンブリア期の地図か……確かにオーパーツだなあ(棒


244 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 02:11:39 ID:9vdfoLlU0
>>228の
「立体マップ」でなんかキラキラしたホログラムみたいのを想像したんだが

>>231で
単なるヒビじゃねえかと思った


246 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 11:00:50 ID:YximJWuf0
>>244
地表なんてわりと平坦なんですよ
http://www.bibliotecapleyades.net/arqueologia/esp_map_creator_b.htm
で見るとヒビというより書いた感じがする

---------------------------------------------------------

309 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 21:56:51 ID:qWp0hcIr0
子供の科学に
与那国の海底遺跡が載っていたのには感動した
しかも検証までしていた
こどもの科学がんばれ

あとフロリダ沖にはアトランティスの海底遺跡があります
でも調査は禁止です


318 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 14:40:47 ID:pM4uF1dx0
海底遺跡関係で調べていたのですが、ニューギニア周辺島から2万8千年前と
見られる栽培種のタロイモの発見が1992年にあり、太平洋で約3万年前から
何らかの文化があったことが示唆されていました。
1960年にすでにフィジー諸島の西にあるニューカレドニア諸島で、
石灰モルタル・セメント製円柱が417本ほど発見されています。
これは砂丘に埋まった形で発見されたのですが、中に入っていた貝殻の
年代から7千年前から1万年前と断定されています。

これによく似た石柱が沖縄の本島より北に位置する喜界島の海底からも
発見されております。
海底遺跡が地上にあったのは、3800年前の100年間と8000年以上前ですので
石柱の製造年代が8000年より前とすれば何らかの文化のつながりも示唆される
ことになります。


319 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 15:45:51 ID:H7WrMJeTO
>>318

少なくともセメント柱については、
セメント樽運搬中の船が沈んだと言われている

樽型してるしw


320 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 16:13:33 ID:k/qUTKdw0
含まれてた貝殻といっても、相手が石灰モルタルではなあ…


322 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 21:47:07 ID:5viGSEyYO
>>309
柱状結石だっけか?


アトランティスはボスポラス海峡かダーダネルス海峡のあたりに沈んでると思うんだよな。きっと。

トンネル造るみたいなんでちょっと期待してるんだけど。


327 :本当にあった怖い名無し:2008/06/07(土) 04:47:25 ID:gKDDl3ET0
氷河期の海面後退が「失われた文明」の立地点の解としてハンコック以来多用されてるけどさ、
日本では「縄文海進」とか「海底火山・鬼界カルデラ大噴火」とかあったわけで、ニライカナイとか蓬莱島とか、無理なんじゃないの?

個人的には、日本海が内海だった時(北海道~樺太~シベリア地峡+九州~朝鮮半島地峡)に、日本海の真ん中に
当時の支配層(アナンヌキ?)のリゾート都市っぽいものがあったら楽しいなぁと思うんだけどねぇ。


328 :本当にあった怖い名無し:2008/06/07(土) 11:05:23 ID:gIQYgt9H0
ニライカナイ
遥か遠い東(辰巳の方角)の海の彼方、または海の底、地の底にあるとされる
異界。 豊穣や生命の源であり、神界でもある。年初にはニライカナイから神が
やってきて豊穣をもたらし、年末にまた帰るとされる。また、生者の魂もニラ
イカナイより来て、死者の魂はニライカナイに去ると考えられている。琉球で
は死後7代して死者の魂は親族の守護神になるという考えが信仰されており、
後生(ぐそー:あの世)であるニライカナイは、祖霊が守護神へと生まれ変わ
る場所、つまり祖霊神が生まれる場所でもあった。
蓬莱山
中国の神仙思想から生まれた伝説で、当方の海上にある島の、仙人が住むという霊山。
 蓬莱島は、遠くからは雲に見え、近づくと海の下になり、着いたと思うと風が吹い
て遠ざかってしまうという。金銀で作られた宮殿があるといわれる。
秦の始皇帝は、この島へ不老不死の薬を探しに行かせたという。
 主に結納の時または正月、その他のお祝いの時に掛けられる。日本海側では
「日の出と海波」が代用されることがある。

これかな?ちょっとムーを連想させるかも。


329 :本当にあった怖い名無し:2008/06/07(土) 11:19:36 ID:isirJ64h0
与那国の海底鍾乳石は過去に海底が陸地だった証拠
1万年ぐらい前に海面が数十メートル上昇し、そのご(縄文期)に
十メートルぐらい後退した。ってのが考えられる
となると1万年ぐらい前のアトランティス水没もアリ
いろんな大規模水害の伝説も多い、ノアの箱船とか
海面が上昇するには陸地が沈下する必要は無い、海底が上昇しても起きる

---------------------------------------------------------
あとがき
オーパーツはちょっとご無沙汰だっかな。
あんまりマイナスなネタばっかりなのもあれだからね。

---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

この記事へのコメント

 

胸が踊りますなぁ

  • 2008年06月08日 23:43
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

こういうの大好き

  • 2008年06月09日 22:20
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

>>104
これ、なんてミソペタ・メノス?

  • 2008年06月10日 20:20
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

この記事なら寝る前に、読んでも怖くならない

  • 2008年06月13日 21:18
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
オーパーツって 

色々あるんですね
こちらに たくさん発見しました
参考になればと
http://www.maniado.jp/community/gym.php?DOJO_ID=18

  • 2008年09月04日 19:18
  • ロード #dJEnmy1k
  • URL
  • [ 編集 ]
最近の山陰考古学 

いま、薮田絃一郎著「ヤマト王権の誕生」が密かなブームになっていますが、
それによると大和にヤマト王権が出来た当初は鉄器をもった出雲族により興
されたとの説になっています。
 そうすると、がぜんあの有名な山陰の青銅器時代がおわり日本海沿岸で四隅突出墳丘墓
が作られ鉄器の製造が行われたあたりに感心が行きます。当時は、西谷と
安来-妻木晩田の2大勢力が形成され、そのどちらかがヤマト王権となったと
考えられるのですがどちらなんだろうと思ったりもします。
 西谷は出雲大社に近く、安来は古事記に記されたイザナミの神陵があるので神話との関係にも興味がわいてきます。

  • 2008年11月02日 12:31
  • 大和島根 #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。