週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ 地名でわかるその土地の怖い歴史 ~

~ 地名でわかるその土地の怖い歴史 ~

1 : :03/01/11 15:12
例えば、
言わずと知れたミステリースポット「八王子城址」近くに遣水(やりみず)という地名があります。
合戦で血まみれになった槍を洗った場所というのがその由来だとか。
他には「谷」のつく場所は地震に弱いのは、
文字通りそこは谷間だったので地盤が砂地なため。
ex, 渋谷は、道玄坂、宮益坂…に囲まれている谷間。

日本中の怖い場所を地名から分析してみましょう。

---------------------------------------------------------

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/11 15:29
宮城県の鬼首(おにこうべ)なんでもその昔
悪い鬼が住んでいて村人が退治したらしい。
その時、村人が鎌で鬼の首を落としたらしい
ここいらの名産、銘菓「かま男」一度ご賞味あれ

---------------------------------------------------------

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/11 16:40
俺の家の近所に血の池公園っ~まんまの公園ならある

もとは血の池とゆ~池

---------------------------------------------------------

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/11 18:28
鬼怒川の由来教えれ。


99 :栃木人だけど :03/01/14 11:07
>>18
亀レスだけど、鬼怒川は元々は美しい川だったので「絹川」と言われていた(ちなみに
同じ名前の絹川と言う地名が県内の鬼怒川沿いにあり、鬼怒川温泉とは違うところ)が、
川が氾濫することが多く、鬼が怒っているような氾濫のしかたをするので転じて
鬼怒川と呼ばれるようになったらしい。
栃木県は逆川(これは氾濫すると、川がいつもと反対方向に流れることから)など
治水事情が悪かった頃の名残を残す川の名前が多い。昭和末期まで治水事情が栃木県内は
悪く、洪水が結構よく起こっていた。

---------------------------------------------------------

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/11 18:37
コピペ

白骨の名前の由来はといえば...
昔は、白船と書かれ「シラフネ」とも呼ばれていました。
それは、浴槽の内側が石灰分の結晶で白くなることから名付けられたいいます。
ところが、大正2年、中里介山の長編小説「大菩薩峠」(白骨の巻)
の中で白骨と呼ばれたことから
この温泉が一躍有名になり小説に記された「白骨温泉」がそのまま一般通称となりました

---------------------------------------------------------

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/11 22:57
秋田県と宮城県の県境に鬼首(おにこうべ)って地名があるんだけど
伝説では八郎潟の八郎太郎が鬼の首をはねたときにここまで飛んできたから
ついた地名なんだって。

---------------------------------------------------------

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/12 05:24
疫病で、病人達の髪が抜け落ち辺り一面が髪だらけ。
だから、ココら辺は黒髪って言うのよ。
バーちゃん、笑顔でガキだった俺に言うなよ。

---------------------------------------------------------

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/13 21:57
九竜川。よく氾濫するから崩れ川、というのが語源だそうだ。
猿という知名は、崖が崩れやすい(ザリ)から来てるのだそうだ。

---------------------------------------------------------

77 :あなたのうしろに名無しさんが・ :03/01/13 22:11
こんな地名の土地を買うな みたいな題名の本を5年くらい前に本屋で立ち読みした。
活断層地形とか河川氾濫の地形とかそれぞれ特徴的な地名があったな。忘れてしまったのが残念


81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/13 22:32
>>77
岩波書店の「日本の地名」にもいろいろとそんなことが書いてあったよ。
ものすごく面白かった。


86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/13 22:49
81の書籍からの抜粋

・猿のつく地名は崖を表す(崩れやすい崖という意味じゃなかったですゴメンなさい)
・竜のつく地名は災害をもたらしやすい場所につけられてきた
・川子石、川子岩、川子沢などの地名は河童ゆかりの伝承がある土地
・鶏という地名には墓所を鶏を使って決めるという故事が由来している可能性がある(作者の推測)
・ビラは坂
・ウソ、オソはウト、ウトウなどと同じウツロという意味で、谷間や洞穴、くぼ地につけられる地名
・ハケはホキ、ホケに変化する言葉で、崖地をあらわす
・鉱脈はツルと呼ばれる
・鴇とつく地名は水草の生茂った池や沼、湿原などを控えた土地に多くつけられている


90 :86 :03/01/13 23:09
動物地名編でした。もう1冊あるけどどこいっちゃったんだろー。


91 :86 :03/01/13 23:57
見っけた。ええと面白そうなとこだけ抜粋。

・串:海岸の突出部。語源は朝鮮語の岬を指す串(コス)に由来。
・地すべりの暗示:飛山、崩、猿(ザレ)、供養(クエ)、青抜(おうぬけ)、
 蛇崩(じゃくずれ)、水窪、押田、など。
・長野県小谷(おたり)村:12世紀の文書では於他里。小谷の文字が使われる
 のは15世紀末になってから。谷は宛字。タリは断崖状になっている深い谷の
 形状をあらわしていて、すでに災害を予知した地名。
・タルも同じような地形で平常は水のない渓谷であるが、雨のときばかりは滝に
 なるような地名を中部日本の山地ではこう呼ぶ(林業辞典)
・小谷地方でタナというときは、谷底の上方の絶壁になっている部分で、必ず滝
 をかけている。
・中国地方から西ではタキの地名は断崖を指す。熊本県下の山村でも水と関係な
 く岩が屹立したところをタキといい、大分、宮崎、長崎県下ではダキと濁音に
 なることも。
・愛媛県では嶽がタキであって、瀑布はタビあるいはタル。タビ、タルは両方と
 もタルミがつまったと考えられる。タルミは垂水で滝を指す。
・ニュウ(丹生、入谷(にゅうたに)、遠敷(おにゅう)):赤色の土が出る
 場所=辰砂(水銀鉱)の産地
・三重県葦田(あしみた)郷:アシミタはアシイタの訛転。水銀鉱の採掘に従
 事する労働者がかかる病を意味してると考えられる。水銀は山から流出し田
 に流れ、その田の稲を食べた女人の子供は唖児として生まれた。それが足見
 田神社近くのオシミ田の話として伝わったに違いない(作者の推測)
・スカ:砂浜、砂丘。菅を宛てることも。

---------------------------------------------------------

94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/14 01:14
町内の「狐久保」って集落(3軒しかないんだけど)では、
昔からお狐様を祀っているため、犬は飼わないのだという。


118 :86 :03/01/15 10:02
>>94
狐という地名は稲荷信仰と関係があるそうな。
・高知県幡多郡大月村姫ノ井は元・狐塚という名前だったが、四国には非常に狐が
 少ないのにこの地名になったのは、村内に稲荷大明神がまつられていたから。
・関東では稲荷を音読みにしたトウカが狐の呼称。千葉県内には稲荷峠(とうかん
 ぴょう)、堂間表(トウカンピョウ)、東関尾余(トウカンビヨ)、稲荷塚(ト
 ウカンビョウ)という地名が残ってる。ヒョウは以前にも説明したとおり境界の
 ことで、峠とともに稲荷の祠があったり狐が出没するということから転じた。
・群馬県群馬郡群馬町稲荷台(とうかだい)は台地に稲荷を祭ったことに由来。
・千葉県香取郡大栄町稲荷山(とうかやま)も鎮守の稲荷(現在は宇迦神社)が。
・群馬県の稲荷穴(とうかあな)は稲の穴のこと。
・群馬県の十日穴(とうかあな)は稲荷が十日に代わった。
・群馬県の十日平(とうかひら)は狐の棲む坂のこと。
・群馬県の十日ノ窪(とうかのくぼ)は狐の棲む窪地。
・狐盾(きつねたて)・狐森は蜃気楼のこと。狐森は青森県や秋田県に点々とある。

狐久保は狐窪で、狐がいる・稲荷信仰がある窪地ってことなのかなー(素人考え)

www.zuisousha.co.jp/bookmoku/4-938640-87-2.html
崩落地名で検索したら、こんなの見つけた。栃木の人は参考にしてみてくらはい。

---------------------------------------------------------

96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/14 01:41
千日前ってなんかいわくあったような事を聞いたことがある。
なんだっけ?


99 :栃木人だけど :03/01/14 11:07
>>96
千日前は元は処刑場兼墓場。
つうかだいたい日本の都会の繁華街って、元々はかなりアレな過去を持つことが多い。
オカルト的な発想で逝くと、そういうとこは土地が持つパワーが強いのかも知れない。
漏れは宇都宮だけど、宇都宮の中心部がどんどん寂れていく中、唯一宇都宮城の首切り場
近辺(東武宇都宮駅)から二荒山神社にかけてのエリアだけが比較的元気だからな。


105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/14 14:30
>>99
そうそう。確かそうだった。
ウソか誠か、供養する人たちの数が多すぎて1000日かかった、と聞いたんだった。
マユツバもんだけどね。


119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/15 10:22
◇千日前の名前の由来◇
 千日前という地名は,先ほどの竹林寺では「五千日回向」,法善寺では「八千日回向」
といって千日ごとに念仏供養を行っていたことに由来する。寺は俗に「千日寺」と呼ばれ,
その千日寺の前ということから,地名になったという。

ただし刑場であったのはホント。官報の頁にあった・・。
www.kanpo.net/osaka/osaka03.htm

---------------------------------------------------------

97 :コピペ :03/01/14 01:52
平塚の地名の由来:新編相模国風土記では、
桓武孫高見王の子政子が一族と東国へ下向の途中病死し
ここに埋め塚はその後平らになり。いつしか平塚と呼ぶようになった。

---------------------------------------------------------

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/14 13:18
近所に首洗い池と言う池がある(もう枯れて看板が建ってるだけだけど。
その名の通り、昔武田軍が合戦で取った相手の首を大量に(4桁いってたかも)洗ったのが由来らしい。
史跡ってなってたから、恐らくマジ話。

所で、静岡県に竜王町って地名がある。
ガキの頃は、何となく格好(・∀・)イイ!!と思ってたけど、災害が物凄く多い所だったりするんかな?

---------------------------------------------------------

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/14 13:19
青森県弘前市の取上。
昔は処刑場で、首を取上げるのでこの地名が付いたそうで…

ちなみに明治時代、この土地で井戸を掘っていた男が、
真夜中近くになって水脈を発見。
早速飲んでみたところ異様な味がして、
よくよく見たら血だった…という話を、
消防時代に担任から聞かされますた。
当時はマジ怖かった。

---------------------------------------------------------

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/15 00:00
地元のほうの話なんだが
地図には書いてないけど地元人が「加九鬼(かくき)」と呼ぶ地域がある
由来は何かしら

---------------------------------------------------------

124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/15 22:39
名古屋市の極楽という地名。
もともとは地獄が原といって処刑場だった?
んでさすがに地獄が原じゃ人が住まないってんでひっくり返して極楽と名付けた。
というような話を聞いた。

---------------------------------------------------------

126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/15 22:48
新潟市に
寿町、祝町、栄町等、縁起の良い町名が隣接する地域がある。

その昔、火葬場に向かう葬列が通った所。
地名で厄払いしてた訳だね。

---------------------------------------------------------

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/16 23:12
名古屋市の隣に豊明市というのがあって
その中には「仙人塚」という地名の場所があります
そこは仙人が住んでいたという...だったらホラーじゃないですね

豊明市内は桶狭間と隣接(一部入ってる)してまして..
ここまでいうばわかる人もでてきますね....

仙人じゃなくて本当は千人塚だったんですよ..
ええ古戦場ですから....

そこに埋められたとききます。

---------------------------------------------------------

164 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/17 00:41
氷川神社ってたくさんある。


167 :ジェダイマスター :03/01/17 00:45
>>164
そういえば家の近くの氷川神社には富士塚がある
地名じゃないが富士山の信仰が関係しているらしい。


169 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/17 00:50
>>167
富士山を模した富士塚?は関東のいたるところにあるよ。
品川駅の近くにもある。
富士山にお参りしたくても遠くて行けない人々のために
ミニ富士山のお社がいたるところに造られたのです。


173 :ジェダイマスター :03/01/17 00:52
>>169
それそれ
市内に3箇所あって一ヶ所はほぼ破壊されてたが・・・
あと埼玉の朝霞というところにある富士塚は古墳を
壊して作ったものらしい

---------------------------------------------------------

177 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/17 01:05
「人間到る所青山あり」
と言うことわざがあるが“青山”とは「骨を埋める所、墳墓の地」の意味。
青山墓地とは偶然かもしれないが、まさに文字通りそのとおり。

人間到る所青山あり(にんげんいたるところせいざんあり)
人間はどこで死んでも骨を埋める所(青山)ぐらいはある。
遠大な望みを達するためには、故郷をはなれて大いに活動するべきだということ。


187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/17 01:20
青山って、、
逆に、墓地があるからその地名がついたんじゃないの?

オレはずっとそう信じていた…
事情通のひとレスきぼんぬ。。


189 :こぴぺ :03/01/17 01:25
青山という地名の由来. 明治18年の青山. 天正19年、徳川家康
の譜代の重臣であった青山忠成が、原宿村を中心に赤坂の一
部 から渋谷村にかけてを屋敷地として拝領したことに由来す
る ...


199 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/17 01:55
青山って189の書いたとおりだが、
確か、将軍だか殿様だかに、1時間で馬に乗って走れた区域をくれてやると言われて
当の青山氏が駆け回って得た土地だったはず。

---------------------------------------------------------

224 :にょきぽこ :03/01/18 03:57
おいらの地元には 胴ノ舞 と呼ばれる辻があった。
首を刎ねられた胴体はくるくる廻ってから倒れたんだって。
死んだおばーちゃんが言ってた。

---------------------------------------------------------

226 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/18 09:30
「入定場」
 うちの地元の字(あざ)だから地図とかには載ってないと思うけど。

 昔、僧侶が生きながら仏になるために、生き埋めになることを「入定」と言っ
て、それが行われていた場所らしいです。
 
・・・あんまり怖くないですか?
 
 さて、ここら辺は、殆ど山ばっかなんだけど、昔っからプチ自殺の名所で、
父が小学生の頃は死体を見つけると鉛筆1ダースがもらえたらしいです。
 僕が生まれてからも、5年に一度くらい首吊り死体なんかが発見されてます。
昔の純粋な宗教行為だった「入定」との因果関係は無いと思うけど・・・。

ちなみに埼玉県のチョイ有名なミステリースポットのある所です。

---------------------------------------------------------

237 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/18 17:59
西東京市方面から、埼玉の新座の方へ抜ける「保谷志木線」という
道路に、「わかれ道」というバス停がある。が、特にそこで道が分
かれている場所ではない。

話によれば、そこからひばりが丘方面へ行った所に処刑場だか首切
り場があって、その「わかれ道」までは罪人は親族や親しい人らと
一緒に来ることができたそうだ。

んで、そこで別れさせられ、罪人は処刑場へ。親族らはそこで見送
ることしかできない。そんなところからついた地名(公的な物では
なく地元の人たちがそう呼んだ)らしく、バス停の名前はその名残
だとか。バス停横のパン屋のおっさんから聞いた。ネタっぽいけど、
道が分かれているわけでもなくそのバス停のネーミングは確かに
ちょっとおかしい。

---------------------------------------------------------

249 : :03/01/18 23:03
恐山はストレートすぎるかもしれないけど
元々の由来、教えて( ゚д゚)ホスィ...


286 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/19 02:41
>249
恐山

ここは、自覚大師の開基であると伝える。

承和5年(838年)、大師が中国五大山で修行中の霊夢に感じ、帰朝後この地に
来て、地蔵像を刻み安置して、この霊場を開いたという。
はじめ大師がこの山中に入ったとき、1羽の鵜の鳥が、衣の袖をそれて山から舞い
下ったので、山中の水気を感じた。そこで鵜反山といったのを、のちに宇曾利山と
いい、山中地獄のさまがいかにも恐ろしかったので、恐山というようになったという。

『青森の伝説』(角川書店)

---------------------------------------------------------

311 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/19 05:28
京都の南部、に「祝園」という地名がある。
「ほうその」と読むが、「ほふりその」が
訛ったらしいという話を聞いた。なんでも
この土地で戦があって捕虜を屠ったからだという。
字面は目出度いのに由来の意味はまるで逆。


313 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/19 05:37
>311
っていうか、字があまりにいい場所は逆に要注意だと思う。

---------------------------------------------------------

347 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/19 21:54
大分県臼杵あたりに「クル芝」という地名があるらしい。
キリシタンの処刑場で、「苦し場」の意だとか……

---------------------------------------------------------

351 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/19 22:41
大阪府北部、能勢町の名月峠 ここで名月姫(既婚)が平清盛の側室にされるのを拒んで自害した。
地元では嫁入りの際にここを通るのを今でも避けるらしい。

---------------------------------------------------------

371 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :03/01/20 19:05
このテのスレには何故か書きこみたくなるのが以下の話。
静岡県掛川市十九首
掛川市と十九首は、どちらも平将門がらみの由来がある。
将門の首実検がどこで行われたかには諸説あるが、掛川にも
言い伝えが残っている。
掛川の地で、京と関東の両方からの役人が出会い、首実検を
し、河原に首を掛けて晒したのが掛川の地名の始まり。
首を洗った川は血洗川と名付けられ、今でも同市内を流れている。
そして、将門以下19名の首はこの地に葬られ、19の首塚が
つくられた。
その地が十九首。
首塚はすでにほとんど失われ、今では一つしか残っていない。

首塚の保存を巡って妙な出来事もあったが、まずは由来と
歴史までという事にしておく。


首塚の保存を巡る出来事を・・・
一連の出来事が起こった時期、俺は掛川市内在住だった。
平成になり、十九首にも新たな住民が増えたが、ある年の
自治会予算にクレームをつけたグループがあった。
予算には、首塚の保存や供養に関する費用が計上されていたが
宗教儀式に自治体の予算を使うのはおかしいと言い出したのだ。
長年の慣習に過ぎない予算だけに、正面から切りこまれると
有効な反論は出来ず、翌年、首塚に関する予算はゼロになった。
その年、十九首地区では10件もの葬式が出た。
これは例年にない多さだったので、翌年から予算は復活した。
そして、掛川市の祭りの日がやってきたが、その前夜、祭りで
使う山車を保管してある公民館が原因不明の火災で焼けた。
公民館の隣は、残された唯一の首塚。
公民館と首塚の間はわずか3メートルほどしか離れておらず
出荷場所は首塚横の壁面だと消防では断定したが、何が原因かは
わからずじまい。
そして、公民館側に枝を張る首塚の回りの木は葉っぱ一枚
焦げていなかった。

---------------------------------------------------------

382 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/20 22:46
山口県豊浦町近辺。元寇来襲(弘安の役)からみでの由来。

四十塚:藤沢市の刑場で斬首された、元の使者の従者40名が斬首、埋葬。
千人塚:郷主桜木蔵人の軍勢が斬り殺した、敵兵1000人を埋葬。
蒙古塚:暴風によって上村に吹き流されてきた蒙古人たちの胴体を埋めた。
五千原:鬼ヶ原にあり北条宗盛、安達盛宗たちの軍勢に挟撃され死亡した
    蒙古兵5000人の折り重なる死体が、そのまま地名となった。

土井ケ浜の鎌倉森は日本側、鬼松は蒙古側の戦死者を葬ったことによる。

---------------------------------------------------------

391 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/21 05:26
8 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2003/01/20(月) 13:23 ID:MbgcxSSa
「捨子古丹」(シャシコタン)とは「夏の村」という意味。
何でまたこんな当て字を・・・

---------------------------------------------------------

399 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :03/01/21 15:27
岡山県人形峠は人を襲って食い殺していた人間並みの大きさのアブの化け物
を殺すのに人形を用いたことから来た呼び名だという伝説があります。

---------------------------------------------------------

408 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/22 00:09
横浜の本牧のマイカル本牧がある辺りは三宮と言うのだが
江戸末期から明治の頃に海を埋め立てていたが事故が多発。
そして三人の娘を人柱にして祭る為の三つの宮を建てたと言う。
一宮と二宮は戦争で焼失してしまったが
三宮は残って正式な住所の地名では無いが地元の人には三宮と呼ばれて居る。
つーかバス停の名前ではちゃんと三宮と残ってます。
そして三宮~三景園~八聖殿と霊スポットでもある。

---------------------------------------------------------

428 :茶飲みましーん ◆xz1kuu/1hc :03/01/22 19:49
岩手県の越喜来湾・首崎・綾里崎は
鎖国中に難破した外国船の船員の首をはねて埋めた事から付けた
という話を聞いたことがあるが本当だろうか?
アヤリーは船長の娘の名前だとの話だが、
昔の危険な航海で娘を連れて行くか?などと思ってしまうので眉唾だが


482 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/26 01:31
>428
>岩手県の越喜来湾・首崎・綾里崎は

「おっきらいわん」「こうべさき」「りょうりさき」

怖いというより難読だ(w

---------------------------------------------------------

453 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/23 11:21
鳥取には
夜見町という町があります。
昔はそのまんま「黄泉町」で
黄泉の国だったようです。
ちなみに、その近くには美保神社があり、
恵比寿様(蛭子様=水死体)が
祭られているそうです。

どうでもいいけど、
千駄ヶ谷の鳩森神社の富士塚は
富士塚の教科書のような塚です。
とても楽しかったです。

---------------------------------------------------------

463 :孤火゜辺゜ :03/01/24 11:28
>三条通りを東山に向かって行くと「蹴上」という地名が現われます。
>急な坂道、何が「蹴上」と名付けたのでしょう?
>それは、三条で切り落とされた首を、さらし場に運ぶとき、
>人の頭は、以外に重く、この急な坂を登るのは大変だった。
>そこで、切り落とされた首を“蹴り上げて”運んだ所から来ているのであった。

スレ違いだけど「大六天」って地名カコイイな。


467 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/24 14:58
>>463
急坂だと、蹴り上げるのだってあんまり楽そうじゃない気がする・・・
てゆーか運搬具使えよ! じつは別に理由があんだろ!?

ってツッコミ入れたくなる。その昔のさらし役人に。


468 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/24 15:20
蹴上  その昔源義経がまだ牛若丸と呼ばれていた頃、
この場所で関原某と出会った所、その従者が水を蹴上げて
誤って義経の衣を汚してしまった。
 怒った義経はその従者10人を切り捨て、関原某の耳鼻を
削いで追い払った。

その刀を洗ったのが血洗池。

という説もあるそうです。    

---------------------------------------------------------

470 :  :03/01/24 18:05
神奈川の有名心霊スポット

ヤビツ峠  ヤビツとは矢櫃・(矢を入れる箱)例・・米びつ

昔、道路工事中に発見されたのでこの名が付いた。

この辺りは北条と武田が争った古戦場である。

今では走り屋の峠として有名だが傷ついた侍の目撃例が多い。

---------------------------------------------------------

471 :旭川 :03/01/24 18:52
西神楽、神楽岡、神楽、東神楽。神居。
など
神と名の付くとこが多い。


504 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/27 22:47
>>471
旭川の「神楽」はアイヌ語の「ヘッチュイウシ」が由来。
ヘッチュイとはアイヌがユーカラを語る際に合いの手を入れることで、
この地で神がユーカラを語る声がするという伝説を
日本風に「神楽」と訳して地名にした。

「神居」は、「カムイコタン」(神が住まう所)の意。
この地は石狩川が上川盆地から石狩平野に流れ出す激流地帯、通行が大変危険なのて、
「魔神のすむ所」と呼ばれ恐れられていたのだ。

---------------------------------------------------------

475 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/24 23:28
兵庫に神呪町という名前があったと思うが既出?


477 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/25 17:41
兵庫県西宮市神呪町
>>475


478 : :03/01/25 18:21
神呪寺は「かんのうじ」と読むのですが、
明治十年代に作成された地誌(摂津国武庫郡神呪寺村地誌)によれば、
かつては「じんじゅうじ」と読まれていたようです。
また同じ資料によると、この寺のある甲山あたりは禁伐の官林となっていたようで、
現在は大きな公園になっています。植生などを調べると面白いかも知れません。
面白いといえば、この甲山はおわんを伏せたような妙に丸い形をした山で、
電車から見ても明らかに変な形なのでとても目立ちます。
神呪寺発行の「甲山 神呪寺史」で調べてみると、 神呪寺村の名前はやはり偶然ではなく、
そこに神呪寺があったことから名付けられた もののようです。
それも、甲山のそれと同名だというのではなく、
現在の神呪寺 そのものがこのあたりに建っていた時期があるということでした。
現在の神呪寺は有名で、真言宗御室派の別格本山だったりする立派なお寺ですから、
そんなに場所を転々とするようなことは納得できない感じがします。
しかし一時は相当衰微して危ない状態だったこともあるようです。

ご近所の古い建物にはよくこの話があるのですが、
天正年間の荒木村重の反乱で 神呪寺も全焼してしまい、
その後太閤検地で寺領の大半を没収されるという災難に みまわれました。
そしてそのときに、この神呪寺村へ移動したらしいのです。
ただしその痕跡は現在全く残っておらず、正確な場所も分かりません。
その後、住職快音の努力により復興しましたが、元の甲山へ戻るにあたっては
大市庄四ヶ村が土地の権利を主張して抵抗するなど大変な苦労があったようです。

さらに前出の資料には、現在も残っている神呪寺への参道を示す道標は、
なぜか妙に近くを指しているというのも載っていました。
下大市や門戸西町、関学の西側に道標が残っているのですが、
それらが それぞれ「是より十町」とか五丁とかの距離を示しています。
それだとせいぜい上ヶ原浄水場の裏ぐらいですから、
今の場所よりははるかに 東寄りということになります。
その辺りは仏性ヶ原というところで、もともとの本堂はそこにあったのではないか とのことです。
そして現在の本堂があるあたりは、
古老によれば「奥の院」と 呼んでいた場所だという話です。

全盛期のこのあたりを想像すると、神呪寺は現在の位置から関学の裏あたりまで を占めていて、
その南の方には広田神社がこれまた今とは比較にならない広さを 占めていたと考えられます。
またさらにご近所の方にもかつては遙かに巨大だった らしい寺や神社がたくさんあるので、
当時のご近所一帯は神社や寺でいっぱい だったのだろうと想像されます。
さぞかし壮観だっただろうとも思いますが、 そこまでいくと少し怖い感じもします。
そういう信仰の場所とか霊場というのが、
今と変わらないように威圧的な雰囲気を出していたとしても、
日常の生活と共存していけるぐらいには、もっと身近だったということでしょうか。

---------------------------------------------------------

505 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/28 01:02
富山県小矢部市には、膿川という川がある。
その昔、上流出合戦があり
傷つき倒れた者の膿が流れてきたから
膿川と呼ばれるようになったとか。

---------------------------------------------------------

あとがき
京都は町多過ぎだよな。
ちょっと歩いたら、町の名前変わる。

---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

この記事へのコメント

 

蹴上は罪人の首を蹴ったんじゃなくて
蹴上を登ったところに処刑場があって
ビビって座り込んだ罪人を蹴り上げて登らせたから
三条で切った首を蹴上の山越えてどこで晒すんだよw

  • 2008年03月15日 08:29
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

>>↑
>三条で切った首を蹴上の山越えてどこで晒すんだよw
言われてみると、そうだねw

  • 2008年03月15日 12:36
  • 赤毛 #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

ケマリみたいな想像をしていた…皆で蹴れば怖くない的な

  • 2008年03月15日 13:53
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

人形峠はアブじゃねえw 
クモだよ、蜘蛛。 
 
と思って調べて見たら、蜂って説もあるのなw 
俺、一応地元民なんだけど、蜘蛛しか知らんかったw

  • 2008年03月15日 18:24
  •   #JalddpaA
  • URL
  • [ 編集 ]
 

京都の錦小路は元々糞小路って呼ばれていたのを
勅命で変更した名前なんだって。最初は具足小路っ
て呼ばれていたのが ぐそく→くそ に訛っちゃった
らしい。

  • 2008年03月15日 22:17
  •   #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

新潟県 糸魚川市「親不知・子不知」
北アルプスが日本海に落ち込んでいる絶壁。かつては北陸最大の難所であった。通るときは、親は子を忘れ、子は親を忘れるほど余裕がないことから名が付いたといわれる。
(ぐるなびより引用)

地味に怖いですね。

  • 2008年03月16日 02:37
  • #W46BnpsA
  • URL
  • [ 編集 ]
 

横浜市営地下鉄に踊場という駅がある。
この地名は、猫が手ぬぐいを被って集団で踊ったという昔話があるからだという。
なんか和む由来だね。

  • 2008年03月17日 18:31
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

どうでもいいけど177の人間の読みは(にんげん)じゃなくて(じんかん)だろ

  • 2008年03月17日 23:18
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

香川県
首切峠
前通って背筋が寒くなったのですが
処刑場だったとかそこでたくさんの人が首を切られたとか諸説あるとのこと。

そういや近所に谷尻(たにじり)って地区があるんだがみんな恥ずかしいって言ってるなあ

  • 2008年03月18日 18:57
  • ににんがし #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

江刺に人首(ひとかべ)って地名が在るけど
由来は何だろ

  • 2008年03月27日 13:50
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

鎌倉の腰越は昔
子供が何十人も殺されて
''子死越''だそうです

  • 2008年04月01日 00:47
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

福岡県の犬鳴き峠は野犬がいたらしい

  • 2008年04月02日 06:28
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

愛知県に前後という駅があるのだが、由来は武将が首と胴を前後に切り分けたことからだそうな。
桶狭間古戦場伝説があるところなんで物騒な由来にも納得

  • 2008年04月02日 19:23
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

>>347
地元だけど聞いたことないわ。
市内の地名全て知ってるわけじゃないけど。
どこら辺だろ…。

  • 2008年04月10日 08:31
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

>>148さんの言ってた仙人塚から少ししたところに皿池ってとこがあるんだけど昔は血池(血ノ池?)って言われていたらしい。
桶狭間での戦の後で侍共がそこで刀の血を洗ったとか。
>>上の上の方
前後の近くに14年住んでたがそんな由来だったんですね。知らんかった。

  • 2008年04月17日 02:37
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。