週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの怖い話や不思議な話はどんなのだっけ?

あの怖い話や不思議な話はどんなのだっけ?

1 :犬 :01/10/27 23:47
昔に読んだ本の怖かった話や、見たテレビの衝撃の映像の記憶が忘れられん!
・・・けど、本当はどんな話だった?どんな映像だった?そもそも、その記憶は
確かなのか?
自分が怖かったと思う話や映像の不確かな記憶を、覚えてる人が確かな記憶にしてあげましょう。

---------------------------------------------------------

3 :犬 :01/10/27 23:52
ちなみにおれは昔に読んだ本のある話の詳細な記事などがあれば知りたい。
どのくらい前?:7~8年前くらい
何で見た?:よく覚えていないがノンフィクションの文庫本
内容は?:ある探検家が、トナカイにのってシベリアに探検に行くと地中から
金属の建造物が突き出てた。従者は怖がって逃げてしまったが、探検家はその
建造物を調べると中で「蜂の羽音」のような音が聞こえていた。
しばらく耳をつけて聞いていると、建造物の表面が熱を帯びてきたので
離れて見ていると一部が開き中から人のような生物がでてきた・・・
っていう話なんだけど、誰か情報無い?

---------------------------------------------------------

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/10/28 03:04
13年前くらい前に読んだ本で
小学校の学級文庫にあったんだけど、ある飛行士がどっかの砂漠の村に行ったら、
村人が一人もいなくなってて、しかもやたら暑いので、飛行機の計器の温度計を
見たら、気温が200度だか2000度になってたと言う話。
誰か知ってる人いますか?
「世界の不思議、怖い話」とか言うタイトルの子供向けの本で挿絵もついてました。
ほかに、似顔絵を新聞に載せられた所為で殺された中東の王様の話とか、
1本で森になる木の話、パンの実の話、蛾のおかげで難を逃れた列車の話とか、色々
入ってました。


29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/10/28 03:12
パンの樹?実?なら実際にあるよ。パンみたいな味じゃないらしいけど。
南の虹のフローネでも主食にしてたYO。


30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/10/28 03:24
パンの樹(パンの実)は焼いて食べると甘味の少ないヤキイモみたいな感じです。
ミクロネシアに駐在してた時よく食べてました。


35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/10/28 04:20
>28
蛾のお蔭で難を逃れた列車の話って
週刊ストーリーランドでもやってたね。
で、200度か2000度って温度計が表示できんのか?
飛行機のはそこまで高温を表示すんのかな?
ていうか飛行士も死んでるだろ?って感じね


128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/11/06 15:05
>>28
ほかに、似顔絵を新聞に載せられた所為で殺された中東の王様の話とか、
これについては心当たりが。
たしか、占いで、とある国王が「姿形を模写されたら死ぬ。XX年までは絶対に模写されるな。」って言われた。
そして、国王の出席する席ではカメラの持ち込みは禁止された。
しかし、国民は国王の素顔が気になり、ある出版社だか新聞社だかが似顔絵の得意な人間をつれて国王の出席する席に同伴した。
んで、カメラ類を禁止して安心してた国王はXX年まで後少しというところで似顔絵を公開されてしまい、その直後死去してしまったという話。
死因は忘れた。


129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/11/06 23:40
>>128
「超偶然のナゾ」という本によると
イエメンのイマーム・ヤフヤー国王が
「写真を撮ったら命を失うだろう」と予言され誰にも写真を
撮らせなかった。
が、イタリアの画家が彼の肖像画をかき、
1948年2月20日、アメリカの新聞がこの肖像画を
「この国王は写真を撮られたら死ぬと信じており
国民は国王の顔を知らない」
という解説で載せた。
掲載当日イエメンでクーデターが起き国王一族は惨殺されたと。
で、彼らが暗殺された時間は販売された時間と
完全に一致してたって。

クーデターが起きるくらいの国だったのね~ん。

---------------------------------------------------------

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/10/29 08:27
首なしライダーの話ってのは都市伝説でよくみかけるんだけど
暴走族がうるさくて夜道に針金をしこんでおいたと言う事件そのものは
実際にあった、と言うのは本当でしょうか。
バイク仲間じゃ定説になっていて、夜住宅街を帰るときは
エンジン切ってひいて行くって人もいるんだけど。
新聞で読んだぞって。 本当なのか?


71 :噂だけど・・・ :01/10/29 22:30
>>68
俺が知ってるのでは、道路にロープ(ワイヤー?)を張っておいて、
そこを通過した暴走族のバイクを転倒させたっていう事件があった
らしい。

もっとも、真偽のほどは怪しいが。(新聞で見た訳じゃないし)


72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/10/29 22:30
>68
針金じゃないけど、牧場の真中を国道が走っているようなところで
その牧場の自動販売機が、夜中に珍走団に荒らされたので、侵入できないように
ロープを張っておいたら、珍がひっかかって死亡した、という事故は
実際にあったようです。
(村上春樹さんの「日出る国の工場」という本にその牧場の人の話として載っています。)


73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/10/29 22:36
>>68
林道とかではよくあるらしい。
漫画家の米村孝一郎の兄貴が、それに引っかかって死にかけたとか。
別に珍というわけじゃなかったんだけどね。

住宅地とかでは・・・自転車とか新聞配達が引っかかっても
夢見が悪いだろうし、やった人すぐ捕まりそう。

私有地に仕掛ける人はいるんじゃーなかろうか。


77 :犬 :01/10/29 23:13
>>68
>>71
確か「井の頭公園」か「石神井公園」のどちらかで実際に起こった事件です。新聞や
ニュースにもなったはずだよ。暴走族の騒音に頭に来た付近住民が道路わきの木に針金
をはったおかげで首が取れたとか書いてあったような・・・たしか20年くらい前か?


78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/10/29 23:19
どれくらいのスピードでぶつかったら首がもげるんですかねえ?
実話だったか小説だったか忘れたのですが(実話だと思うのですが年度がはっきりしませんので)
モーターボートで海の養殖をやっているあたりを走っていて養殖の紐かワイヤーに
ボートに立って乗っていたカップルが引っかかって、男は飛ばされて海へ
女はボートの上にひっくりかえった状態で死んでいたという話を聞いたことがあります


124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/11/06 08:59
>>68
葛飾区の水元公園の事件。
http://piza.2ch.net/occult/kako/968/968652391.html
の81、85あたりで語られています。
ちなみに未解決。

---------------------------------------------------------

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/10/29 23:08
ハワイで、大波が人の顔の形になることがあって、それを
海の神様の出現・・みたいな信仰があるって聞いたことが
あるんですが・・。
その現象とか神様の名前とか、ご存知の方教えてください。
画像探したいんです。。


86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/10/29 23:44
佐藤伝次郎さん(ちょっと伝の字が違うけど機種依存かもしれないから簡単な字で書いてます)というフォトグラファーがいまして
その方が撮った写真で「pipeline poster」という作品が
まさに、そんなカンジです。
ジェリー・ロペスという有名なサーファーが波乗りしてる写真で、
波飛沫がハワイの神様の横顔みたいな形になっています。
伝次郎が心配してロぺスの母親に相談した所、
「これはハワイアンの先祖の神様だ、良い写真だから心配ない」
と言ったそうです。
グーグルで検索かけてみたのですが、見当たりませんでした。
サーファー系の雑誌でポスターを通販してる所があるので、そちらをあたってもらった方が早いかもしれません。

---------------------------------------------------------

91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/10/30 21:27
昔、小学校の図書室にあった本なんですけど、カスパーハウザー(知ってる?)
や、腹痛がするところを掘ると何故か井戸が涌き出てくる男等
の世界の奇人が載ってた本のタイトルが思い出せません。同じシリーズで
「世界の七不思議」とか「世界残酷物語」とかいうタイトルの本が出てました。
すごくボロイ本でした。誰か知っていますか?


110 :犬(今帰宅) :01/11/03 14:03
>>91
シリーズ本は分からないですが、「カスパー・ハウザー」の話しは結構読んだりしました。
騎兵隊の隊長?に遠征の途中に出会って無言で手紙を手渡した少年でしょ?
手紙には隊長宛てで「この子を立派な騎兵隊にして下さい。名前はカスパー・ハウザーといいます。」
と書いてあった。しかし少年になにを尋ねても言葉を理解しなかったが、何を聞いても「僕の馬!」
と答えるだけ・・・隊長は少年を不憫に思いの面倒を見ることにした。
・・・後に随分と言葉を覚えた少年に「お前は今まで何処で暮らしてきたんだ?」とたずねると、
「何も見えないところ」と答えた。隊長は少年がどこか光の差さない場所に幽閉されていたんだと感じた。
何年か後に少年は青年となり新聞社やマスコミがその少年の生い立ちに付いて興味をもち、イロイロと調べ
はじめ本人にも接触し始めたころに、何者かによってカスパー・ハウザーは刺殺されてしまったのである・・・
という話しでしょ?

---------------------------------------------------------

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/11/03 21:56
外国の話なんですが、ある日母親が台所で食事のしたくをしてて、
ふとふりむくとそこにあるはずの食卓がなくなってて、床にぽっかりと穴があいている。
調査隊が穴を調べるため、何千?メートル(忘れた)もの長いロープをたらしてみても
底につかない。て話があった本知りませんか?
あとエクアドルの雨女の話で
少女がスコールの中家に帰って来たので、父親が出迎えると
少女の背中に女がついている。少女は寒さに震えている、父親は女を引き剥がそうとするけど
離れない。火をたいて女に近付けると叫び声をあげて逃げていったという話。
誰かしりませんか?


128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/11/06 15:05
>>115
それ、星新一の小説に似た話がありましたね。
穴が発見された。底が知れない。石を投げ入れてみた。「おーい」と穴に向かって叫んでみた。反応無い。
ある男ある男がその穴の管理をかってでて、行政はそれを承認。
男はその穴に廃棄物を捨てる商売を開始。
生ゴミ、粗大ゴミ、産業廃棄物、不法廃棄物、はては放射性廃棄物まで。
・・・
何年か立ったある日、空から小石が振ってきた。
続いて「おーい」という声が聞こえたような気がした。
空は抜けるような青空だった。っていう話。

---------------------------------------------------------

120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/11/05 23:36
「太陽の黒点には透明巨人が住んでいる」という話を聞いたことがあるんですが
誰かこの話の元ネタを知っている方はいませんか?


121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/11/05 23:38
太陽の黒点に人が住んでいると最初にいったのはあのアダムスキー
だっけ?
その前にもいたような気がするけど…
多分アダムスキーの大ヨタからの派生話の一つでしょう>太陽の
黒点に透明巨人が住んでいる


122 :120 :01/11/06 00:35
なるほど、アダムスキーですか。ありがとうございます。
自分は「太陽の黒点」というところより「透明巨人」というところが心にひっかかっていて
「とりあえず透明にしとけばどんなインチキでもごまかせるよなあ」と幼心に妙に納得したものです。

---------------------------------------------------------

186 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/11/13 23:51
昔友達から聞いた話なんだけど、
「友達と海水浴に行ったら、ある子が膝丈くらいの場所で溺れたんだそう。
その後、その子は、背中が痛い・・・背中が痛い・・・と、言っていたんだって。
その子の調子が、あんまり悪いので早めに帰ったのだけど、帰りの電車の中で、
その子は、疲れたらしくて、ずっと居眠りしていた。ところが、
電車が、ガタンと揺れた瞬間、その子の首が、皮一枚で繋がったような状態で、
がくんと落ちてしまったのだそう・・・」
と、こんな話、聞いたことのある人いませんか?
私が覚えているのは、これだけで、どうしてそうなったのか?
(すごく進行の早い病気だったと言うオチだったような気もしますが謎です。)
元ネタがあるのか?興味があります。
今では、なんだかわけのわからない話ですが、聞いた当時は、すごく恐かった。

---------------------------------------------------------

228 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/11/16 02:22
タイタニック号の話しなんですけど
沈没する事が予期されたかのような小説や舞台があったって聞いたんだけど
本当でしょうか?
あとなんかのトンデモ本に沈没する時に演奏されていた聖歌が
とある教会で同時刻に歌われていたって話
タイタニックの話しは子供の頃からなぜか興味を惹かれてしまっていました
でもよく解らない事ばかり


235 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/11/16 03:03
タイタニック号には呪いのミイラがのってたって話もあるね。


237 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/11/16 03:35
検索したらこんなのあった。
http://www.geocities.co.jp/Milkyway/1208/cool01.htm
上から3つめにタイタニックとミイラについてかかれてる


277 :♂ :01/11/26 17:37
>>228
亀レスだが、それって確か「タイタン号の冒険」のことじゃない?
船の名前も航路も、最後氷山にぶつかって沈没するってとこもタイタニックに
そっくり。何より驚きなのが、実際のタイタニック号の事故より前に書かれたって
とこ。うろ覚えなんで間違ってたら誰かつっこめ。

---------------------------------------------------------

244 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/11/18 05:28
ちょっとスレ趣旨と違うんですが、
戦争で頭蓋骨が欠けるほどの重症を負った兵士が、負傷した部分を金属で補強した。
するとその金属がアンテナ代わりになってしまい、ラジオや無線の音が兵士の頭の
中へ直接響くようになってしまった、って話。元はどこから? 実際にありうるの?


246 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/11/18 05:45
なんだその話は!>>244
すごいなぁ
似たようなのは見たことあるけど・・・
ベトナムだかアフリカだかどこだか忘れちゃったけど
頭の右(左かも)半分が吹っ飛んじゃってでも生きてて
頭が陥没した状態で処置されてた子が居たんだよ
その子はシリコンで陥没した部分を補う手術を受けてたよ
(形だけでも整えようっていう整形手術だね)
TBSのニュースで見た

でも金属で電波受信かぁ・・・
ホントすげぇ


249 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/11/18 06:14
>244
俺が厨房時読んだ本では確かおんなの人が頭を手術してから
そうなってたような・・・
頭をある角度、位置におくとラジオが聞こえたんだって。

---------------------------------------------------------

258 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/11/21 09:31
ここは、実話じゃなくてもいいんですね?
子供の頃、小学館の学年誌の読み物で読んだものですが

1、生きたまま鯨に飲まれた男がだんだん溶かされていき、死を覚悟した頃、捕鯨船が鯨を捕まえて解体。
   間一髪、奇跡的に助かる話

2、1ヶ月前に沈んだ船をダイバーが調べていると、船室から光と、男の顔が見えたような気がして、精神病院へ行った。
  実は、一人の船員が食料貯蔵室に閉じ込められ、酸素ボンベを使って生き延びていたのだ。
  食料と酸素が切れ、死を覚悟したその時  気を取り直して再び潜水したダイバーの姿が。
  男は必死で懐中電灯を点滅させた・・・というわけで奇跡的に助かる話

なんかSF小説か空想冒険小説っぽいのですが、作者やタイトル知ってる方、
教えて下さい・・・子供の頃は本当の話だと信じていました・・・・


259 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/11/21 23:27
>258
鯨話しは学研の学習で読んだ覚えがある。
確か本当にあった話として書かれてたような気がするが
事実として伝わってるトンデモ話しかもね。

一緒に学習にのってた話に
海を渡る蝶の大群が飛んでるところにさしかかった船が
はねを休めようとしたらしい大量の蝶に
とまられて沈没したってのがあった。

あと、これも学習に一緒に載ってて
「週刊ストーリーランド」でアニメ化もされた話。
夜霧の中を汽車が走っていると
線路に立ってこちらに両手をX状に交差させて振る人の影が。
汽車が急停車するとその先は線路が破損していたと。
さて、誰が助けてくれたのかと
線路上で手を振ってた人を探したが見つからない。
よくよく探したら汽車の前面についたライトに
蛾がへばりついてはばたいてた。
それが夜霧の中に
まるで人が手をふるような影となって浮かび上がっていたのだなと。
蛾によって汽車は救われてたのだなぁ、という話。

---------------------------------------------------------

266 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/11/23 19:42
昔TVでキャシー中島が言ってた話で、キャシー一行がレストランに行ったら
そこに幼いイエス様を抱いたマリア様の絵が飾ってあって、どーもその絵のイエス
の目が怪しいんだって、それで後になって他の人にその話をしたら、女の人が急に
男の声で「なんでわかったんだよ」って言ったんだって。
その後その女の人はおかしくなっちゃって大変だったという話。

---------------------------------------------------------

292 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/11/29 17:51
外国の話だったけどさ、
家が倒壊して家族が地下に閉じ込められたまま
何十年も生きてたって話知らない?
発見された時には、身体の色素が消えて全身真っ白、目も見えず
土や草を食べて生き延びたってヤツ


294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/11/30 00:11
>292
似たような話で第二次大戦中に要塞内に閉じ込められた
ドイツ軍兵士が中にあった食料で
数十年いきながらえたってのがあったが
あれはエイプリールフールの嘘でした。
そんな話を信じる日本人ってユーモアないねってことなかったっけ?


303 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/12/01 12:33
>292 >294さん、
私は小学館の学年誌で、日本の江戸時代に地震で洞窟(穀物が貯蔵されている)に閉じ込められて
何十年後に発見された少年・・・・というバージョンを読んだなあ・・・
発見された時に「ここは、なぜこんなにまぶしいのじゃ。」と言ったというのがリアルな感じしました。

---------------------------------------------------------

297 :サル :01/11/30 04:47
たしか、10年以上前に見たんですが、
小学生向けの怖い昔話の本があって、
その中の一つがすごく怖かった。

主人公は『おルイ』という
病気のために顔が醜い女。

たしか、行き倒れの男を救い、
その男と結婚するが、
男は『おルイ』の醜さに耐えきれず、
『おルイ』を殺してしまう。
そんで、、、どうなったっけ。

子供向けの話のクセに救いが無くて嫌。


誰か、この話知りませんか?


299 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/11/30 12:53
>297
怪談累が淵(かさねがふち)じゃない?
お累。違ったっけな。


302 :299 :01/12/01 01:02
累が淵、やっぱこれかも。
ttp://www.ffortune.net/symbol/rei/kasane.htm
映画とかだと若干あらすじ変えられてるみたいだけど。
「実話」とされている怪談の始祖かも。

---------------------------------------------------------

354 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/12/21 06:17
ボストンの新聞記者が夢で見た火山の噴火が新聞記事になったって
話しはこの板のみなさんなら一度は耳にしたことがあるだろう。
でだ、気になったのはこの話しの主人公、
ある本ではエド・サムスンと書かれ
またある本ではバイロン・ソームスとなっている。
別人?同一人物?謎だ・・・・


357 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/12/24 00:57
>>354
どっちかが、その話の元となった実在の人物の名前で、
もう片方が、実話を元にした「伝説」に出てくる記者の名前、だったような・・・

ちなみに実話の方の内容は・・・
実はどの新聞社もその火山に関する速報を受け取っていたんだけど、
一社だけ情報を受けられなかった新聞社があって、
で、その新聞社に務めていたとある新聞記者が、
図書館でその火山がある地域に関する伝説を集めた本を参考にして
適当に新聞記事をでっち上げた。
無論記事の内容はデタラメで、他者からも批判されまくったけど、
その記者は機転をかわれて出世をしたと言う話。

いつの間にかそれが「予知夢を見た」ということにされて、
しかも何故か事実とは逆にその新聞社だけがスクープをものにした
という伝説が出来上がってしまったわけだけど。
---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

この記事へのコメント

 

>>258の2はパーマンにも似た話があったな。

  • 2008年02月27日 00:02
  •   #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。