週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣り場の怖い話

釣り場の怖い話

1 :名無しアングラー:02/01/17 17:32
西の放水路 おばけわんど ホテル 近江八幡の地蔵
などなど。語り明かそうぜ

---------------------------------------------------------

30 :名無しバサー:02/02/14 23:58
夜のうちに現地に行って寝とこうとしたら。
野犬に囲まれた~よ(汗
犬苦手だ~よ(泣
とうぜん寝れなかった~よ(涙

---------------------------------------------------------

37 :名無しバサー:02/03/23 01:22
誰に言っても信じてもらえないのだが、
俺は水溜りに追いかけられたことがある。

いつもの川にいつもどうりに朝5時にでかけ、
まあまあ釣れたんで満足して、9時頃もう帰ろうと車に戻ったんですよ。
んで、くるまで走り出して、未舗装の道なんで結構でこぼこがあるんですね。
ガタゴトしながらゆっくり走って。
そんで、未舗装の道から道路にでるとき、車が来てないか確認したら道路の上に
水溜りがあったんです。アスファルトなのに水溜り。
まあ、トラックが通って痛んだ場所だろうとそのときは思って車を走らせたんですが
水溜りがいつまでもミラーに写ってるんです。
っていうか、水溜りがついてくるんです。
いや、水溜りというか、水のようなもので、太陽の光を反射してるんですけど、
波とかぜんぜんたたない、鏡みたいな反射なんです。べたなぎの湖みたいな。
夏の逃げ水ともちがう。だって11月でしたから。
それが、車の左側、ミラーに移る場所をつかず離れずついてくる。滑るみたいに。
怖くはなかったですね。だって朝ですから。

てか、今思い出したほうが怖いんですが。ヘンな体験。

---------------------------------------------------------

62 :名無しバサー:02/04/15 23:55
うちの近所の池はバスが釣れるんでけっこう有名だが本当はあまり行かない
ほうがイイのだ。なぜならそこの池で10年ほど前、婆さんが体に石を括り付けて
池の中に飛び込み自殺したからだ。小さな池なのに今だ死体はあがってない。
あの婆さんは今・・・

---------------------------------------------------------

66 :名無しバサー:02/04/26 23:27
幽霊話より死に掛けた話の方が怖いと思うのだが
水抜きされている千葉の山倉でニーブーツを履いて水の近くま
で行こうとしたらいきなし、ズボーーッ!と底無し沼に体が半分沈下
回りのガキがぼーぜんと見ている、タックル投げて這い上がろう
としたけど少しずつ沈下、心臓バクバクでふと左手に丸太がころが
ってるのはハケーン、つかさずつかんでよじ登った
全身ヘドロだらけで臭かったーーー。
釣り禁に進入した罰だ。もうしませんかんべんしてください

---------------------------------------------------------

74 :名無しバサー:02/05/30 19:48
今から八年ほど前の、芦ノ湖での出来事。
友人三人と釣行。

梅雨の真っ只中、六月下旬頃だった。
朝から小雨が降り、湖面はかなりガスっていた。
バスの活性は高く、トップに面白いように反応した。

夢中になって釣りをしていた時、仲間の一人が突然嘔吐。
どうした、と聞くと、真っ青な顔をして、船酔いだと言う。
今まで船に酔った事などない奴が、どうして?・・・
取り合えず、船べりで介抱していると、下を向いて唸っていた奴が突然、
前方を凝視して、動かない。

ふっと前を見ると、岸に人影らしき姿が見えた。
が、ガスの切れ間に目を凝らすと、戦国絵巻に出てきそうな武者が
こちらを見ていた。

あまりに突然の出来事に、三人とも言葉を失い、ただ、エレキのモーター音
だけが低く響いていた。

その後は釣りをせず、ボート屋に戻った。

霊感が強い奴が言うには、その場所に近づくにつれ、激しい耳鳴りと、
悪心に襲われたそうだ。
ただ、他の二人が夢中で釣りをしているので、言い出せなかったと・・・

確かに怖かったけど、不思議と我々に危害を加えるような気はしなかった。
その武者が何を訴えかけていたのか、我々には分からない。
でも、どことなく寂しげな印象を、三人とも感じていた。

---------------------------------------------------------

83 :名無しバサー:02/07/03 22:40
長良川で釣ってたら、後ろから女の子の声がしたんで「キャストの時、
危ねーな」と思って振り返ったんだけど、誰もいない・・・。
「まあ、堤防の上で犬の散歩をしてる人の声かな?」と思い、堤防を
見たら誰もいない・・・。「???」と思いながら、釣り続行。
また声がしたんで「やばい!」と思い速攻で撤収。
場所は左岸の近鉄鉄橋より下流の所。日没前の出来事でした。

---------------------------------------------------------

91 :名無しバサー:02/07/15 23:53
別に怖い話じゃないんですけど・・・
何年か前に霞ヶ浦で護岸された岸際を歩いていたとき
目の前を緑色の物体(スラッゴー4・1/2にそっくり)が
スルスルっと出てきてそのまま水の中にポチャ・・・
水面をすべるように進んだ後水中に消えました。
何だったんだろうあれ。

---------------------------------------------------------

94 :名無しバサー:02/07/15 23:58
千葉県の某ダムで夜釣りしてたら、赤ん坊の泣き声!
空耳か?と思っていたが、湖面の方角からまた聞こえてくる。
近くに民家など無く、暗いダムに赤ん坊連れて来る人がいるわけがない!
怖かったです。
速攻で帰りました。

---------------------------------------------------------

97 :¥:02/07/21 02:06
テキサスやってて根掛りをはずしたら
フックに髪の毛が束になってくっついてた
死体がよく出る 奥多摩湖

---------------------------------------------------------

188 :名無しバサー:02/12/20 10:51
怖かったと言えば・・・。ダム湖で釣ってた時かな。
急斜面を慎重に下って行って水際に着いたら 斜面にしがみつく
ようしてかすかな足場を横移動。
で、いい感じのポイントがあったんで、そこで釣ってた。
警報が鳴っているのも気付かずに。
しばらくしてふと振り返ると、増水してしまって来る時にあった足場
が消えている!!他の「道」なんて無い。全部、崖と言っていい斜面。
仕方無しに記憶を頼りに沈んで見えない足場を一歩一歩探りながら
帰った。泳げないので踏み外せばあぼ~ん。
慎重に探っている間にも増水して来るし・・・泣きそうなぐらい恐かった。

---------------------------------------------------------

213 :名無しバサー:03/01/19 01:29
徳島県の桑野川のにごりが淵。昔、お遍路さんがバラバラにされて
殺された所らしいんでじいちゃんからも「あそこでは釣りをするな」って
いわれてたんですけど小学校のとき友達と釣りしてたら水門の
裏から子供の笑い声が聞こえてきますた。で水門の裏にまわってみても誰も
いなかった。

---------------------------------------------------------

344 :名無しバサー:03/07/22 09:22
去年の夏のことだけど、
利根川にかかる某○総大橋の下のテトラで夜釣りやってたんよ。
潮の関係かしらんけど明け方直前くらいが一番釣れるんだよね。
で、暗いうちから釣り始めて、3本ばかり釣った頃には
ようやく東の空が明るくなりかけてきた。
ふと、橋の方に目をやると梁から何かぶら下がってるの。
ホームレスが荷物でも吊してるんかと思って、
無視して釣りを続けてた。
すっかり明るくなった頃、
そろそろ切り上げようかと護岸を上がっていくと、
橋の下にぶら下がってるモノが目に入ってきた。

かなり大きなモノで気になったからそばに寄って見てみた。
そしたら、な、なんと首吊り死体!!
しばらくは腰が抜けて、動けなかったよ。
震える指で携帯のボタンを押してケーサツに電話したんだが、
到着するまで目が離せなかった。
ケーサツの連中も失敬なヤシらで、第一発見者の俺を疑うの。
俺が吊したんじゃないか、って。
こんな橋の下で夜釣りなんてどう考えても怪しい、
釣った魚見せろとかさ。
冗談じゃねーっつーの、全然知らないオサーンだつーの。
さんざん調べられて、ようやく解放されたのが昼近かった。

それにしても、護岸を降りるときには気付かなかったんだよね。
とすると、俺が釣りしてる間に首吊ったんじゃないか、って。
あれから夜釣りには行けなくなりますた(泣

---------------------------------------------------------

358 :名無しバサー:03/07/23 02:28
何年か前、近所の野池で夜釣りしてたら、
いきなり背後で「頑張ってね」って女の声がした。
びっくりして振り返っても誰もいないし、近所に民家もない
なんだったんだろう・・・?

で、頑張ったけどボーズでした(泣


359 :超絶倫暇人 ◆viagrA45/A :03/07/23 03:20
それはきっと釣れないけど諦めないでがんばって欲しかったんだよ

---------------------------------------------------------

397 :名無しバサー:03/08/07 02:47
昔、N市の猫○池に釣れと釣りに行った。
遅くまで釣りしてしまったので、急いで帰ることになった。
池を出発して直に上り坂になるんだけど、いつもは楽勝で自転車で上りきる連れが
下りになる手前で急に自転車から降りるんで
”どうした-?”って聞いたら、”なんか自転車が重い”って言ってチェーンを調べだした。
でも、何もおかしなとこは無く、ツレは首をかしげながらも又自転車をこぎだした。
家に着くまで何度も、”誰かを後ろに乗せているように重い”と俺に言ってくるけど
特別不思議に思わず、聞き流して分かれた。
次の日、日曜なのに朝早くからツレが俺の家に訪ねてきた。
又釣り?かと思って部屋に入れると、夜までココに居させてくれと頼まれた。
訳を聞くと、昨日の夜から親が留守で今日も夜まで1人らしい
とても、家に居られないと言う
さらに詳しく訳を聞くと
昨日の真夜中に急に息苦しくなって目がさめると、布団のまわりの畳から
黒い手が出てて、ツレの肩をがっしりつかんで離してくれなかったという。
どうやら、昨日自転車が重かったのは、その黒い手の霊を乗せてたかららしい

---------------------------------------------------------

435 :名無しバサー:03/11/05 11:26
ちょっと前の話なんだけど。近所の山の中にいい感じの野池があって、
毎週末に彼女と釣りに行ってたんだ。そこはバスと雷魚が釣れる。
夕まずめを狙って行ったその日に限って山の中はあいにくの濃い霧。
視界もほんの3mぐらいで、そこは通い慣れた道だったけど、何処か
で道をそれちゃったんだよね。何回も同じような所をぐるぐる回っちゃ
って、崖の横を通るような道もあるのを思い出して、ちょっと怖くなり、
どうしたもんかと助手席の彼女をふと見ると、窓の硝子に頭をつけ軽い
寝息をたててる。先ほどまでちょっと頭が痛くて気持ちが悪いと訴えて
いたので起こすのをやめ、車を路肩に止めて霧が少しはれるのを待つ事
にした。フロントガラスの向こうは、ヘッドライトの明かりが霧に反射
して凄く幻想的な風景だった。なにか吸い込まれそうな感覚が襲ってき
たので軽く頭を振った。もう一度外をみると突然霧が薄くなり視界が広
がってきた。どうやら風がでてきて霧を追い払ってくれているらしい。

今のうちに山を下りようと思い、車を走りださせると急に助手席から
彼女が道を指示してきた。なんで分かるんだろうと軽い疑問が頭をよぎっ
たけど、今は山を下りるのが最優先だ。彼女のナビゲートで30分ほど
進むと、道はちょっと開けた草むらの様な所に繋がっていた。しかしその
先には道はないようだ。間違えたのかと思い彼女の方を見ると、すっと手
を持ち上げその草むらの中の一点を指さし、「そこだよ」と絞り出すような
声で呟いていた。その声があまりにも普段の彼女の声と違っていたので、
まじまじと彼女を見ると、まるで眠っているかのように目を閉じ・・・いや、
寝息さえたてている。彼女はさっきから眠っていた!本能的な恐怖を感じ、
ギヤをバックに入れ草むらを飛び出し、どのような道を通ったかも覚えてい
ないが気がついたら山を下りていた。山を抜けると何事もなかったように
彼女が軽く背伸びをしながら目を覚ました。それから僕はその野池には絶対に
釣りには行かなくなっていた。その出来事も記憶から消え去りそうになってい
たある日、その山にパトカーや救急車が何台も止まり町の人たちがその周りを
取り囲んでいた。前にもあったが、誰かが崖から落ちたのかと思い、野池顔見
知りの近所のおりさんの顔を見つけ話しなにがあったのか話しかけてみた。
山の中程にある野池の側の原っぱで、女性の死体が埋められているのが発見さ
れたらしい。そう、あの日彼女が指を指したあの場所で。

霧の濃い日の釣行は気をつけた方がいいですよ。それは、この世とあの世が
一瞬、交わる時かもしれません。

---------------------------------------------------------

464 :名無しバサー:03/12/10 01:07
一番最近の話ですけどね
叔父が亡くなって葬儀に出席したんですね、
帰宅したのはいいんですが、塩を撒かなかったですよ。

で、よる急に布団が重くなって目を覚ますといるんですよ
叔父さんが・・・薄ら笑いを浮かべて・・・
そりゃもー日ビツクリで起きようとしたら、お約束で体が
動かない・・・で次の瞬間モーレツな勢いで腕を引っ張る
ですよ、「やめてくれ」って叫ぶけど(声になってない)
やめてくれない。いい方法が思い浮かばないまま格闘を続け
はっと閃いたんですよ。

「俺に用事なんかないだろ!親父の方に行ってくれよ!」

そう心の中で叫んだんです、本当に思い付きでした。
次の瞬間ですよ、すーっと親父の方に向かって行ったかと
思うとまた「ニヤッ」と笑って親父の体の中に消えました

その瞬間、親父が立ち上がって原因不明の嘔吐です。
怖かった・・・親類の霊とはいえ、本当に怖かったんです。

でその親父は一年後の同じ日に亡くなりました、
これ本当の話です・・・もしかしたら俺がなんて思う事も


一番初めに見たのは16才のころでした。
鎌倉市に住んでいた頃の話なんですが・・・

ガソリンスタンドのアルバイトをしてる頃ですが
雨が酷くて、原チャリで帰るのが面倒で先輩のワゴン
で数人を同乗させて皆送迎してもらう事になったんです。
とある橋の上で右側を傘もささずにフラフラと
自転車で走る中年男性でしょうか・・・見かけたんです
横を通り抜けようとした瞬間「どかーーーーん!」
ってね、ああ・・・やってしまったと思ったんです。
で跳ねたと思った先輩もブレーキを踏むと、
「どうしたの・・・何でとまったの・・・」って言う人
もいるんです。先輩は真っ青な顔で「だって今、人を跳ねて」
と慌てて外に出るけど人っこ一人いない・・・
皆、雨なのに車から出て先輩の所にいったけど、気のせいだって
事になって車の方に戻ったんですよ・・・・・

俺はと言うと・・・跳ねた感触や、音も、全部感じてたんで
怖くなって車に真っ先に戻ってドアを開けたんですが

座ってるんですよ・・・血だらけの人が・・・

叫び声を上げましたよ、そのときは本当に
「ぎゃーーーーーーーーー」って声です。
皆何が有ったか解ってくれようとしなかった
ですけど、本当に怖かった、それからですよ
私が幽霊を見るようになったのは・・・。
頻繁に見える訳では有りませんが、本当に怖いです。

---------------------------------------------------------

486 :名無しバサー:04/01/11 21:35
奥多摩の首なしライダーって知ってる?
俺は首だけって見たよ・・・・・・・・

もうかれこれ10年位前の話なんだけど、
うそ臭いけど夏なんだよね、
蒸し暑くて汗が出てくるけどカーステ全開、
窓全開ではしってたんだよね、でも窓の左
の方が曇ってるんですよ、じーっと見てると
どうも窓の曇りじゃなくて外側に煙のような
白い影なんですよ、すごく気になって、そっちの
方をちらちらと、走行をしながらも見ていると
煙の中に目が見えるんですよ、すごく大きな目が。

しまいには段々と何か解るようになってきて・・・




血だらけの生首なんです・・・・・
生きた心地がしませんでした。
視界には入っていましたがなるべく
見ないようにしていると、しまいには
消えましたが、思い出すと泣きたくなります。

---------------------------------------------------------

657 :名無しバサー:04/05/21 00:20
釣りを始めたころは台風の直後は釣れないなんて知らなかったから行ったのね、
そしたら全然人いなくてよっしゃって感じでやってたんだけど全然釣れない。
しかたなく帰る準備してこのまま帰るのもなーって感じだったんで池の周り一周したの
そしたら猫の死骸が浮いてた、(オイオイ、マジかよ、可愛そうに)
って思って引き上げてミミズ探し用に持ってたシャベルで穴掘って埋めといた。
普通はそこまでしないんだろうけどその猫っていうのがこないだまでその池に住んでた野良猫で
俺や他の釣り人たちで釣った魚あげたりして人気ものの猫だった
俺は釣れなくてあきたら小さい針にワームちぎってつけて釣ったギルをよくあげていたので
気に入られて池に着くなり足元にすりよってくるほどだった。
埋めてる時近くでニャアって鳴き声がしたんで見ると子猫が二匹いた

模様が似てたんでこいつの子供だって思った
鳴いた猫はかなり弱っていた、そしてもう一匹は死んでいた
死んだほうを親の横に埋めて、弱ってる方をいそいで病院につれて行った
とりあえず猫を預けてなんかあったら連絡くださいって言って帰った
五時間ぐらいしたら連絡がきて死んだと知らされた、
こちらで供養とかしますか?とか言っていたが俺が引き取って家族のそばに埋めてやる事にした
埋めてる時に通りがかったおばちゃんになに埋めてんのって声かけられた。
俺はそれまでの事を話したらおばちゃんは、
はっとした感じで俺がしゃべってもいない猫の特徴を話しだした
なんとあの猫はおばちゃんの猫だったのだ、おばちゃんは池の近くに住んでいて
猫を連れて何度か来た事があったらしい
そのうち猫だけで来るようになったし首輪していないので
俺はその猫が池に住む野良だと勘違いしていたのだ
ちなみに一週間前あたりからいなくなってお腹もおおきくなっていたので心配していたらしい
おばちゃんはとても感謝して見ず知らずの俺を家に招待してくれた
その家には俺と年の近い娘さんがいて何回か会ううちにかなり親密になって俺たちは結婚した。

---------------------------------------------------------

702 :名無しバサー:04/05/22 21:40
もう何年も前の暑い夏の夜の話し
オレはバス釣り初体験の友達Mを誘い近くの野池へ夜釣りに出かけた。
夜に出かけたのはどうしてもMに釣らせたかったから…(夜はプレッシャーが低いからね)
野池に着いたのは確か23:00くらいだったと思う。
オレは「ここだよ。多分、お前でも簡単につれるぜ。」と言うと「ああ、ここか…」と冴えない返事。
少し気になったけど釣りを始めた。とりあえずキャストの仕方を一通りMに教え、釣れるポイントへ向かった。
その野池は一周を徒歩で約5分ほどで、ポイントまでは2~3分かかる。
「ほら、あそこ。うっすら流れ込みが見えるだろ?あそこだから。」
そう言って先に進もうとするオレに向かってMが叫んだ。
「行くな!そっち行っちゃダメだ!」
突然、後方から叫ばれたためオレは驚き、「何?何だ?どうした?」そう言ってMの顔を見た。
Mは顔面蒼白といった表情で「帰ろう!戻って来い!」と再び叫んだ。
Mは普段、ふざけた奴だけどこの時は違った。
何がヤバいのか全くわからなかったけど、ここにいては危険だという事はすぐに察知した。
乗ってきた原付きを停めた場所まで無言で、無我夢中で走った。
オレ「おい、もう大丈夫か?」M「…ああ。」

Mは少し落ち着いたようで、いつもの表情に戻っていた。
オレ「で?何がヤバかったの?」M「お前が進もうとしてた数メートル先な、人が立ってただろ?」
オレ「は??何言ってんだよ?いねぇよ人なんて…」
M「いや、いたんだよ人が…もの凄く怒った顔でオレ等の事、睨み付けてた…」
それを聞いたオレはゾッとして全身に鳥肌がたった…
オレ「マジで??それってさぁ…」M「わぁぁっ!!」
オレ「何?何だよっ?」M「ヤバい!ついて来てるよ…こっちに!!ほらあそこ!!」
Mの指差した方向には人影らしきものなど確認できない…
M「ヤバい。逃げよう!!もっと遠くに!!」
そう言ってMはオレの手を引っ張った。
オレとMは釣り道具も原付きも置きっぱなしでその場から逃げ去った。
実際には霊?の姿なんて見えなかったけどマジで怖かった。
その後、朝になってから原付きと釣り道具を取りに行った。
(Mは二度とあそこには行きたくないと言ったのでオレが二往復した)
Mの体の震えがしばらく止まらなくて大変だった…
思えばMは最初からヤバい空気を感じ取っていたんだろうな。それでも楽しそうオレを見て断れなかったんだろう…
そんなMも今では釣りキチ。夜釣りは誘っても断られるけどね…w

---------------------------------------------------------

719 :名無しバサー:04/06/14 23:03
中学の頃だったかな・・・
友達と夜釣りに言ったんだけど
頭を鈍器で殴られるような感触があった



友達のフルスイングしたルアーが頭に
刺さって血が顔面を流れ落ちてきたよ
これが一番怖い経験だった。

勿論返しをペンチで潰して抜いたけど
今でも刺さった場所がハゲてるよ。
頭の皮を持って行かれなくてヨカタよ!!


721 :名無しバサー:04/06/14 23:54
>友達のフルスイングしたルアーが頭に
>刺さって血が顔面を流れ落ちてきたよ
俺も頭に、しかもシャッドのトレブルフック4本
刺さったことあるけど血ちょっとしかでなかったよ。
頭のどこらへんに刺さったの?
俺は太ももにラバジのぶっといフック
ぐっさり刺さったときはやばいくらい血でた。
自分で皮膚貫通させてバーブ潰して抜いたんだけどね


722 :名無しバサー:04/06/14 23:57
俺の友達Aは友達Bのフルスイングで背中にぶっ刺さったクレイジークローラを抜くことが出来ず
たまたま居合わせたおっちゃんの車で近くの病院に直行した。拳銃で撃たれたような痛みだったらしい。


724 :名無しバサー:04/06/15 00:01
>>722
友達Aはヤクザですか?


---------------------------------------------------------

781 :名無しバサー:04/07/04 13:06
深夜3時ごろ、琵琶湖で釣りしてたら
いきなり後ろから キャーって女の人?みたいな声がした。
振り向いても誰もいないしいた形跡もないし・・
一人で来てたのですこし恐くなり帰ろうと思い
車に乗り込もうとしたときに車の窓を見ると、
一面ペタペタと手の後が・・・・一目散に逃げ出しました・・・
その後すぐに洗車機にかけてきれいにしました。
もうそこの場所には行ってないが・・・・
頼む 誰かのいたずらであってくれ!!


782 :名無しバサー:04/07/04 13:23
幽霊のいたずらだね

---------------------------------------------------------

824 :名無しバサー:04/07/23 06:55
昔淀川の枚方大橋の下(高槻側)で夜釣りしてから車まで戻り、
連れとぐだぐだ喋っていると突然コツコツと窓を叩かれ
びっくりしてそっちを見ると、全身ズブ濡れ&擦り傷満載野朗が顔面蒼白で車の横に…
晩秋で寒い日の深夜に急に現れた男に訳も判らず、
二人で叫びまくり逃げようとしたが連れが恐怖の余りキーをうまく挿せず
更にパニックに陥ってギャーギャー騒いでいると
その変な野朗が「すいません・・」と意外にも冷静な声で喋りかけて来るではないか!
俺は「うわぁー何か喋って来よったで!!」とろくに相手もせず「早よ車出さんかいゴルァ」と怒鳴っていると
何を思ったかその連れ(ちょっと変わってる)が突然ウィーンと窓を開けだし、
そのホラー丸出し野朗に「お前こんな時間に何してるねん?」と
シチュエーション的に有り得ない質問を開始!
するとそいつも普通に「今あそこから飛び降りたんですけど水に入ったら死ぬのが怖くなって
必死に岸まで泳いで来たんです」と高さ20mは有りそうな橋を指差しながらぬかしやがる。
確かに所々ウィードらしき物も付いてるし、
裸足で飛び降りたのか足は傷だらけに…気色悪さは相変わらず満点だが、
自殺未遂直後の奴を放って置く訳にも行かずどうしたもんかと考えていると、
ホラー君が「かなり下流まで流されてしまって、歩いて戻ってきたんですが
寒いし足も痛いので出来れば駅まで送って下さい」と真っ青な唇を震わしながら言い出しました。
するとそこで連れが「お前今金なんぼ持ってんねん」と又しても空気嫁てない質問を再開!
ホラー君「2千円位ありますけどびちゃびちゃです」
連れ「それやったらタク拾って帰れるやろ」
ホ「それで足りますかね」
連「知らんがな!まぁ高槻迄やったら真っ直ぐやし歩いても行けるってw」
ホ「ハァ…」
連「死ぬ気合あったら大丈夫や!頑張りやぁ」と言った所でブィーーーンと車発進!
俺が「お前今死のう思てた奴にようそんなん言えるのぅ、下手したらもう1回逝きよんで」と聞くと
「アフォか!あんなん乗せたら車汚れるやないか!危ないトコやったで」とほざいてました。
その後暫く新聞を見てましたがその辺で飛び込んだ記事はありませんでした。
しかしあん時はマジで怖かった…

---------------------------------------------------------

838 :名無しバサー:04/07/28 00:49
4年前の夏に友達とチャリにのって釣りに行った時の話書くよ
その日は6時くらいから釣り始めて暗くなるまで釣ってた
暗くなってきて周りがよく見えなかったのか
友達がガサッって草むらにルアーいれちゃったんだよ
あーあって思ってたら友達がいきなり「引いてるっ!」って言ったんだよ
俺はこいつ何言ってるんだって思ったけど、確かにそいつのロッド曲がってるんだよ
しかも、根ががって曲がってるんじゃなくてゆっくりグィ・グィってなってるの
友達も最初は「フィーッシュ!」(当時は村田はじめのマネとかしてた)
とか言ってふざけてたんだけど、ルアーはほんと草むらに入ったから魚ぢゃないし
巻いても根がかりみたいに動かなくて、でも巻くのやめてもグィ・グィって引っ張られてた
その時は大して何も考えずにその友達を見てたんだけど
友達が急にライン切ってくれって俺に頼んできてさ
俺もその友達のちょっと焦った感じの言い方がなんか怖くて言われるままにライン切ったよ
ライン切った後は急いで片付けてチャリに乗ってダッシュで帰ったよ
そこの池の周りは暗くて車もほとんど通ってないところだから、何も話さないで必死にチャリこいでたよ
やっと、明るい道にでてよく行くコンビニについた時にちょっと落ち着いて
友達にさっきのなんだったんだろうねって聞いたら
友達はちょっと青ざめた感じでなんか人がひっぱてくる感じだったって答えた
いつもだったら冗談言うなよとか言ってたと思うけど
その時はなぜかすごく怖く感じて、それ以上そのことについては話さなかった
そのことがあってからその池には行かなくなったし、その話を友達とすることもなかった
動物か何かに引っかかったのかなって考えたけど、それならもっと激しく暴れてたと思うし
結局今でもあの時ルアーに引っかかってたのが何かは分からない

---------------------------------------------------------

851 :名無しバサー:04/08/02 20:56
じゃあ幽霊話でもするかな、友人と弟ととある野池に釣りに行ったのよ、
その池は小さい小川で二つ繋がってるんだが、奥側に有る野池って言うのが
○○時代に数十人が入水自殺している事でも有名であったりもする、
その池のほとりに立っていたという松(今は切り株になっている)
頻繁に首吊り自殺に使われ、役所の人間が切ったと言う話を聞いた、
当然池で変なものを「見た」という人の話は何度も聞いたことがある
昨日俺らはその池でついに見てしまった、
まぁとりあえず池を一周してみて決めたのだが一番魚影の濃いと思われるワンドで粘ってみる事にした
全員4~5匹程度釣って一段楽して各々のBOXを開いてルアー談義に花を咲かせていた時だ
俺はどうもワンドに入ったときから何かに見られているような気配を感じていた、
そこで俺が「なぁ、何かさっきから何かに見られてるような気がしない?」
と聞いたわけそうしたら他の二人は口をそろえて「俺も…」と言うわけ、
二人がそう言った瞬間だよ、俺は二人の後方で何とも表現しがたい不気味なうめき声が聞こえた
そのことを言ったら「ヤバイヤバイ!もう池から出よう!早く!」
てな感じで本当にもうパニック状態、俺らは大急ぎで道具を持って走ってその場から立ち去った
ワンドから出る時俺は後ろを振り向いた…ワンドには何本か倒木があるんだけど
ちょうど倒木の木に下の辺りに水浸しの着物を着た女がこっちを見てるんだよ…
俺らは手前にある池の堰堤まで逃げた、
友人は「俺実はちょっと前にあのワンドで幽霊みたいなものを見たことがある」と言う、
「出るって知ってたら教えてくれよ!」と言う感じである
まぁそれはいいとして、きっとあのワンドから入水自殺したんだろうな…
明日その池にお神酒を持って行こうと思う
安らかに眠ってもらう為に…

---------------------------------------------------------

860 :名無しバサー:04/08/05 15:41
先週、東北のある野池に行ったとき、月の輪熊に遭遇しますた。

ポイント移動しようと思い、林の中を歩いてたら
15メートル程前の木の下に、黒いのが横たわってて
なんだろ?って思ってたら突然立ち上がりこっちに向かって走ってきますた。

目の前7,8メートルの所で熊は止まり、何を思ったか突然木に登り始めました。
その隙に正面向いたまま、ゆっくり後ずさりして逃げ帰ってきましたが怖かった・・・ ・゚・(つД`)・゚・

---------------------------------------------------------

884 :名無しバサー:04/08/25 19:41
今から6年前、季節もちょうど今頃。
友人A、Bと3人でキャンプ&釣りに行った時の話しです。
そこはキャンプ場もあったんですが、より池に近い神社の隅の方に
テントを張り、釣りやバーベキューを楽しみました。
翌日も早起きして釣る予定だったので、それぞれのテント(1人用)
で早めに休むことにし、疲れもあり程なく眠りにつきました。

「おい、おい」誰かの呼ぶ声で目をさますと、友人Aだった。
まだ寝ぼけてる私に、Aが言った「静かに!音が聞こえるだろ?」

「キーン・・・キーン・・・キーン」

確かに金属を打ちつけた様な音が、虫の音に混じって聞こえる。
時間を確認すると午前3時過ぎ。
音は神社の奥に広がる杉林の方から聞こえる。
音が気になり、友人Bも起こす事になり、テントを覗くと・・・

テントには友人Bの姿が無い!!
周りに呼びかけても返事が無い。
仕方なくAと二人で、その音のする方へ恐々と登っていった。
神社を超え、杉林に入る所までくると、「音」がはっきりと
聞こえてきた。
暗いケモノ道を2人で息を殺しなから進んでいく。
200m位登って暗闇に目が慣れてきた頃、前方の杉の木に
隠れる様に蹲っている友人Bを見つける。
Bも此方に気がつき、口に人差し指を当て手招きをしている。
Aと二人で這う様にして近づき、シャワーを浴びたように汗
まみれのBが指差すその先には・・・

杉の木に「わら人形」を打ちつけている若い女の姿が!!
距離として30m位、その女は手に持っている石(に見えた)で人形に
釘を打ちつけ、恨みの言葉を吐いているのが微かに耳に届いてきた。
相手は生身の人間なのは判っていますが、そのオドロオドロシイ姿に
3人とも完全にビビッてしまいました。
とにかく逃げようという事になり、ゆっくり戻ろうとしたその時、

「だれ?たれかいるの?」と女が此方を振り向く。
後姿で見えなかった顔が、はっきりと見えた。
そして、物凄い形相で「うぅぁ~ぁ」と叫びなから、此方に
走って追いかけてきた。
私達3人は、テントも車もほったらかしで、そのままダッシュ
で1キロほど離れたキャンプ場まで逃げて、事情を話し管理人
室で朝をむかえた。
結局は一睡も出来ず、人通りが多くなった8時頃にビビリなが
らも、神社までもどった。
もちろん、あの女は居るはずも無かったか、もう釣りはする気
にならず、早々に片付けて帰ることにした。

荷物を車に積みこみ、出発しようとした時、「うわぁ~」と
後部座席に座っていた友人Bが声を上げた。
振りかえって見ると、口を開け車の天井を指差してる。
そこには、3つ並んだ五寸釘の先端が・・・
車を降りて恐る恐る見ると、ルーフにわら人形が3つ並んで
打ち付けられていた。


895 :マスター ◆YDMb1evpcE :04/08/25 21:08
恐ろしい話しですね、読んでいてとある話しを思い出しました
夜中に散歩していた男性が神社で釘を打っている女性を見つけたところ
この女性に追いかけまわされたという話しです
ちなみに打ち付けているところを他人に見られると呪いかけは失敗するうえに
自分に返ってくるそうです
京都には貴船神社という神社がありますが境内内のとあるエリアは釘だらけらしいです


904 :名無しバサー:04/08/27 13:24
>>895
2年くらい前にその貴船神社行ったよ。もちろん夜中に。
わら人形で有名だって聞いていたんだけど、
神社の境内の訪問者が書き込んで吊してある絵馬を見てビビッた!
絵馬に書かれた願いの内容がほとんど
「◯◯が苦しみますように。」
「◯◯に不幸がありますように」
「◯◯氏ね!」とか
呪いの願いだったヨ。(全て実名入り)

神社の下の方にわら人形が打ち付ける場所があり
そこに行こうという事になったが
夜中の藪こぎ&崖を登らないと行けないので途中で断念したヨ。

---------------------------------------------------------

970 :名無しバサー:04/09/03 04:20
三週間くらい前の話。
夏休みだったから車の免許取りに行ってたわけ。
免許って行っても合宿で大分まで行ってたんよ。
んで、大阪から合宿に来てる人(Nさん)と仲良くなったらその人も
釣り好きだって言うんでこの辺、野池いっぱいあるから
釣りしようかって話になったんだよ。
その日の内にホームセンターで1000円の竿とリール付きセット買って
ルアーも適当なのをそろえて気づいたらもう夜だったんよ。
今日はやめとこうかーって言ってたんだけど夜釣りも楽しいって言うんで、
夜釣りに行ったんよ。
いざ着いて見たら結構釣れそうなんだけど、何て言うか
不気味なんだよ。
気味悪いなぁ・・・って思いながら釣りしたの。
しばらく釣りをしてたらいきなりNさんが
「いま、何か聞こえなかった?」
って、言うんです。

その瞬間なんか時が止まったんですよ。
たしかに聞こえるんです。
鈴虫(?)の音に混じって消え入りそうな声だけど聞こえるんです。
「おぎゃーおぎゃー」
って・・・
けど20秒程でその声が消えたんで釣りを続行したんです。
結局一匹も釣れずに帰ろうって事になったんですよ。
池から宿舎に帰るにはトンネルを抜けないといけないんよ。
帰りにトンネルに差し掛かった時、
俺はなんとなく髪の毛かきあげたんよ。
髪の毛かきあげる時って、
肩から肘、肘から手首、手首から肩(顔)
で、三角形出来るじゃないですか?
その三角形の外側から内側に青白い手が伸びてきたんです。
本気で逃げましたよ。
絶対、生きている人間の手じゃなかったですから。
Nさんは俺の前歩いてましたし絶対そんな事出来ないんよ。
その日は寝れませんでしたよ。

おかげで次の日の技能講習はむちゃくちゃ。
もうその池には近づかんとこうって思ってたけど、
昼なら大丈夫って事で行ったんよw
その池は結構広いんでもっと奥まで進もうって事になって、
進んでたら地蔵があったんよ。
地蔵の方から赤ちゃんの声が聞こえてたんで、
やっぱり気味悪いなぁ・・・って思いながら進んで行ったら、
車が止まってたの。
近くを調べてたら釣りしてるおっさんがいたんでこの池の事を聞いてみたら、
自殺の名所だったらしいです。
釣りをしに来る人はめったにいないらしいです。
その瞬間背筋が凍りましたね。
ちゃんと地蔵にはあやまっておきました。
まぁ、そのおっさんにその後で良い池につれて行ってもらいましたw
大分での釣果は4匹でした。

---------------------------------------------------------

989 :名無しバサー:04/09/06 20:30
俺は目から上の部分だけ水面から出てるの見てから夜釣りはやめた
暗いから良く見えなくてジーーーっと凝視したら相手もしてた、ように見えた時が
俺の夜釣りの最後の瞬間だ
あのまま見てたら全身出たのか?コエ!
釣れたんだけどなー、やっぱダメ
変なモノを水面に感じても凝視しないで無視することをお勧めする

---------------------------------------------------------

あとがき
セブンの「じっくり炊いたつぶあんぱん」
これは旨い。

今日は特に用事が無いので研究室行く前にゆっくり洗濯が出来る。
その前にちょっと寝る。

---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://occult.blog62.fc2.com/tb.php/234-07799955

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。