週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死を覚悟した瞬間ってありますか?

死を覚悟した瞬間ってありますか?

1 :名無しさん@生活サロン板できました:04/10/04 13:02:12 ID:NM74K4DP
幸い俺はまだありませんけど



---------------------------------------------------------

3 :名無しさん@生活サロン板できました:04/10/04 13:14:06 ID:pMYj6WAE
中3の頃、バイクにはねられた時だな…
車道が車で遮られてて、こっちにくるバイクが全く見えなかった。
確認しなかった俺が悪いんだけど…(´・ω・`)

跳ねられた瞬間は全く痛みとか感じなかった。
気が付いたら道路に寝そべってた、みたいな。
一瞬、死んだと思ったね。怪我ひとつなかったのは奇跡だったのかも知れん。

---------------------------------------------------------

5 :名無しさん@生活サロン板できました:04/10/04 13:20:35 ID:Qx3oJlVb
海で遭難しかけたとき。

---------------------------------------------------------

11 :名無しさん@生活サロン板できました:04/10/05 09:48:14 ID:vYvV9ifV
・小4の時、左胸にフォークが刺さった。あと3㌢下にずれてたら心臓だった。
・東名を160㌔で走ってる時に事故って6か所骨折して内臓破裂した。

この時ばかりは「俺、もう死ぬのかなぁ」と思った。

---------------------------------------------------------

12 :名無しさん@生活サロン板できました:04/10/05 10:52:46 ID:Ave+zXTi
関東大震災と東京大空襲の時だな
さすがに死ぬと思った 


14 :名無しさん@生活サロン板できました:04/10/06 20:14:27 ID:LwyYd8tJ
>>12
うちのばーちゃん(大正7年生まれ)が両方体験した。

関東大震災の時は火鉢が大きく円を描くようにスライドしたそうな。
9月だったので火はついてなかったらしい。
東京大空襲の時は1歳児を背中にしょってしかも妊娠中。
後ろから戦闘機に狙われたらしいが、子供背負ってるのが分かったのか見逃してくれた。

想像すると(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
>>12よ長生きして次の世代に経験談語ってくれw


20 :名無しさん@生活サロン板できました:04/10/10 02:06:59 ID:8V0kwnXa
>12
俺の婆ちゃん(大正4年生まれ、今年89歳)の場合

大正12年(8歳)  関東大震災→西宮に疎開
昭和9年(19歳)  室戸台風→東京に帰還
昭和20年(25歳) 東京大空襲→広島に疎開
   〃       広島に原爆投下→西宮に避難、終戦  
   ↓
平成7年(80歳)  阪神大震災→西宮の自宅が半壊、修復

---------------------------------------------------------

18 :名無しさん@生活サロン板できました:04/10/09 23:55:38 ID:7pZnWD75
学校のプールの授業中。自由時間に友達と遊んでたら、タイルで
すべって、縁に後頭部をぶつけた。一瞬目の前が、暗くなって、
そのまま、ずるずると足から水の中に落ちていった。

目が開いたままだったから、水の中から青い空と太陽の光が見えた。
自分の口から出る泡と、人があたしの体を捜している腕が見えた。
水の中なのに、全然苦しくなかった。このまま死ぬのか・・・って
思った。

目が覚めたら、病院にいた。3日間、昏睡だったらしい。

---------------------------------------------------------

24 :名無しさん@生活サロン板できました:04/10/10 11:03:03 ID:uzoGpCLM
昔付き合っていた男がストーカーになった。
毎日会社の前で待ち伏せ、聞き手と反対の手で書いたらしい、脅迫文。
会社に怒鳴り込んでくるなどの嫌がらせ。もう限界だった。
ある日、そいつが自宅にやってきた。うっかり開けていた窓から乗り込んで来た。
私を本気で殺すつもりだったらしい。
あの時のあいつの顔が忘れられない・・・

---------------------------------------------------------

28 :名無しさん@生活サロン板できました:04/10/10 12:26:40 ID:3e4OhRfD
まだ山に登り始めてそんなにたっていない頃
低山だから大丈夫だと思って
雨具などを街で使うような物を持っていった
天気は午前中凄くよかったけど
お昼過ぎに夕立が来てどしゃぶりになり
自分を含め周りの人々も雨具を装着して下山した(この時は登山サークルで行っていた)
しばらくしてから、体に妙な異変を感じた
なぜか体中が異常にかゆい・・・・
とりあえずその時はきにせず自分はどんどん山を下りた
それからしばらくして、今度は手の先が白くなってきた
それでも、周りには迷惑をかけられないと思い仲間になにも言わず降りていった
その数分後・・・・異常なペースで体中の体温が奪われ手がかじかみ
体を動かすのが困難になってきた、何故か途中から意識が朦朧(眠いような感覚?)
になりもう駄目だ・・・と思ったとき運が良いことに雨がやみしばらくしてから
太陽が出てきて無事に帰還できました。

低い山だからって軽い気持ちじゃ行っちゃいけないんだなとこの時知ったよ
とりあえずこの時は6月下旬だったから「もう大丈夫だろう」と思った自分が馬鹿ですた

---------------------------------------------------------

29 :名無しさん@生活サロン板できました:04/10/10 14:41:59 ID:na1YFFXy
将棋倒しの下から二番目になったとき

想像以上に怖かった。
体中痣だらけになりましたが、幸い骨も折らず無傷でした。
あの時助けてくれた周りのみなさん、本当にありがとう。

---------------------------------------------------------

30 :名無しさん@生活サロン板できました:04/10/10 15:45:11 ID:/Jni3sFa
5階建てのマンションの屋上から落ちた時

小学校低学年だった自分は友人と一緒に屋上で遊んでたんだけど
鬼ごっこをしていてフェンスのところにぶつかって…
落ちた

なんか一瞬からだが宙に浮いた感じがしてそのまま飛べる感じがしたんだ

けどどんどん落ちていって  その後は全身激痛
骨は折れるわ血は出るわ

けど涙が出なかった あぁ、自分は子の痛みを抱いて死ぬんだなーって思った

---------------------------------------------------------

41 :マス野 ◆34WQeK4cUc :04/10/11 23:51:28 ID:Fv86hU7n
漫画みたいだけど

某事務所の窓を背にした事務机(よくあるシチュエーション)の前で
そういう職業の方に喉元に日本刀突き付けられた事がある

ほんとに目の幅で涙って流れるのね。巨人の星だけだと思ってた。
結局誤解だって解って寿司喰わせて帰してもらいました。

---------------------------------------------------------

42 :名無しさん@生活サロン板できました:04/10/11 23:58:27 ID:3XTtD9nX
俺のじいちゃん

・乗っていた輸送船に魚雷命中 奇跡的に沈まず傾いたまま引き返す
ただし船内は大混乱で、踏まれて圧死しかける
・敵陣に夜襲をかけようとそっと近づき、そろそろかと顔を上げたら
目の前30センチくらいのところに敵の重機関銃の銃口 そっと逃げる
・右数メートルの所で爆弾が炸裂 部下の一人が消し飛ぶ
自分は吹っ飛ばされたものの、持っていた歩兵銃の銃床が弾片を受け止めたおかげで無傷
・食糧不足で餓死しかける
・戦後、酔っ払って中央線に轢かれかける

本人曰く、「戦場なんかより、電車が目の前に迫ってきた時は足がすくんで本当に観念した」
そうで

---------------------------------------------------------

48 :名無しさん@生活サロン板できました:04/10/12 17:44:17 ID:LozIqLa9
小学生のとき、水泳の授業でおぼれた。
水が気管に抵抗なくスーッと吸い込まれていく。
水面から顔を出して息を吸おうとしたけど、水があるせいで空気が吸えない。
なのにまったく苦しさは感じなかった。

このときばかりは「死ぬかな」と思った。

---------------------------------------------------------

58 :おさかなくわえた名無しさん:04/10/19 00:33:33 ID:BwDt1yT9
歩道を歩いていて車に撥ね飛ばされたときか。
急に後ろから突き飛ばされ、やばっと思ったときに背中に衝撃が、一瞬車道に飛ばされて車に引かれたと重い、死を覚悟した。
実際は、3mほど飛ばされていたが、歩道の上で、背中の衝撃は肩に掛けていた鞄が落ちてきただけだった。
そのまま救急車に乗せられ左足骨折。
後から聞いたところによると、車3台バイク一台、歩行者一人、それでけが人歩行者のみ(ようするに俺)だったそうだ。

---------------------------------------------------------

60 :おさかなくわえた名無しさん:04/10/20 16:07:47 ID:+c1qtojk
過去一度、スズメバチに刺され微妙に意識が朦朧としてる中で
「竜巻に吹っ飛ばされて死にたかった……」とか思いながら救急車に乗った時。

そして今年、目の前30cmのところにスズメバチが三匹、ご丁寧にかっきり同じ幅で
横一列に並んでいたとき。アナフィラキシーで逝くかと思った。

刺されはしなかったが。

---------------------------------------------------------

72 :おさかなくわえた名無しさん:04/10/28 01:10:24 ID:k1xROTpU
乗っていた太平洋線の飛行機がものすごい乱気流に
巻き込まれた時。上下するごとに飛行機がメリメリバキバキいいだすし、
コンパートメントがどんどん自然に開いていくし、後ろの方から
空の瓶が転がってくるし、本当にこれで死ぬのかと思った。

初めはキャーとか言っていた周りの人も無言で
座席をつかんで下向いていた。(確かにコワ杉で
声も出ない)で、約30分その状態が続いた・・・

ケチってかの国の飛行機に乗っちゃった時だから、
激しく後悔した。\(`Д´)/死んでも200マソもでないよ、
ママンごめんよ~って。

その後、無事に西海岸につきました。

---------------------------------------------------------

79 :おさかなくわえた名無しさん:04/10/29 18:47:15 ID:p2jkBVbQ
免許取って3ヶ月目ん時、前を走ってたタンクローリーが
横転。二車線あった道路が完全に塞がる直前に、ハンドル
切ってすり抜けた。 ちびりそうなのに、律儀にも漏れは
針路変更の合図を出していた。

---------------------------------------------------------

81 :おさかなくわえた名無しさん:04/10/30 15:12:52 ID:I8vbkHZd
阪神大震災で家全壊、巨大な梁が俺の顔を掠めていったあの数秒は忘れない。
隣の部屋で寝ていた弟と俺は瓦礫の下敷きになり、数時間は弟と
励ましあっていたが、そのうち声が聞こえなくなり発見された時には
弟はもう亡くなっていた。俺自身は頬を2針縫うだけの軽傷だった。

---------------------------------------------------------

88 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/01 18:10:17 ID:54pE6NI+
カナダでスキーをしていたら
板がくぼみに突き刺さって
自分が吹っ飛んだ
しばらく宙に浮いて
頭から着地
激しく後頭部を打つ
更に体が滑って今度は運が悪い事にスキー用のジャンプ台があり
そこから落ちた
ああ・・・もう駄目だと思って意識失う・・・・
とりあえずスノーモービルで救急隊員が来て助かったのだが
あれはまじで生きた心地がしなかった
後で隊員の人に無傷なのは奇跡的だがスピードを出し過ぎるなと言われました
ホント気を付けます

なんでスピードが出ているのか分かったのかというと刺さった板があり得ないくらい雪に深くささり
一部破損していたらしい・・・・
アウトドア系のスポーツが危険だってのを身にしみて覚えたよ

---------------------------------------------------------

106 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/10 02:07:05 ID:Uoofr7r7
海外旅行からの帰り、太平洋の上空11000メートルで乗っていた
MD11のエンジンのうち、左右の翼に付いている1発ずつが停止、
垂直尾翼の付け根に付いている1発だけで飛んでいる状況になった。
付近には緊急着陸出来る場所も無く、最後の1発も停止したらなどと
考えているうちに、気流のせいで期待が大きく揺れ始めて、死を覚悟
し始めた。それでも、機長が元戦闘機乗りだと知って、一縷の望みを
持てるようになったので、少しは気持ちが落ち付いてきた。そして、
飛行機は何事もなかったかのように、関西国際空港に無事着陸した。
飛行機が停止した瞬間、機内で一斉に拍手が起こった。

---------------------------------------------------------

114 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/22 18:01:26 ID:VPVp0POz
虫垂炎の手術中、執刀医がもう超弩級にへたくそで、
虫垂じゃないものを引っ張り出しては戻す、を
延々2時間ほどやられた。
(腰椎麻酔だったので、意識はあった)
2時間たった頃から猛烈にみぞおちが痛くなり、
「胸が苦しいです」と訴えたら、心電図をチラ見した看護士が
「先生、血圧が急激に低下しています!」
と言った。
それ聞いた時、自分は虫垂炎の手術ごときで死ぬのか…と思った。

何とか手術は終わったが、開口部になぜか火傷を負わされていて、
傷がふさがるのに数ヶ月かかった。その間膿が出っぱなし。

---------------------------------------------------------

116 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/23 01:29:43 ID:yQZ0taj2
子供の頃、何が理由かはわからないけど、両親の仲がうまくいってなかった。
ある日の夜中、急に母にたたき起こされて、着の身着のままで母の車に乗せ
られた。

田舎でろくに街灯もなかった真っ暗な夜道を、恐ろしい勢いで母が走っていく
方向は、近くの大型貨物船がつく港。
港湾の倉庫が見えて来ても、スピードを落とす様子はない。
話しかけても母は返事をしない。
子供ながらにヤバイと思った私は、何故か、通ってる小学校の校歌を歌いだした。

その直後くらいに車が止まり、母が泣きながら
「ごめんな」
と、何度も繰り返しながら謝り、夜が明ける頃に家に帰った。
時期は夏休み前だったように思うけど、妙に肌寒い朝だったのを覚えてる。


119 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/23 15:01:22 ID:wq+4kSPu
自分も幼稚園の頃、母親と二人で旅行にでかけた際(なぜか父は留守番)、
夜中に母に「一緒に死のうか?」ときかれたことがある。
子供ながらもこれはやばいと思い、「私はまだ死にたくない」と
必死に説明した。
その返事をきいて母は「ごめんね」と号泣。
次の日の朝、まだ生きていてうれしかった。
もしかしてあれは心中旅行だったのかと今にして思う。

---------------------------------------------------------

120 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/23 17:33:48 ID:2MLIH3Kw
2年位前の朝のこと。多分6時ぐらいだったと思う。
換気するのに網戸にしてた窓を閉めようと思ってカーテン開けたら
ベランダに覆面かぶった男がいた時。
初めて声にならない悲鳴ってやつを上げた。
本気で「殺される!」って思って死を覚悟した瞬間でした。


121 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/23 18:30:20 ID:vCaQIfh5
>>120
((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル
その後どうなったの?


122 :120:04/11/23 21:01:44 ID:2MLIH3Kw
>121
一瞬時間が止まって覆面男と見詰め合ってしまいましたw
その後すぐ何でか「刺される!」って瞬間的に思って
悲鳴とも言いがたい変な声?が口から出たと同時に
「何とかして自分を守らないと!」って思って窓を慌てて閉めました。
間に窓があったら少なくとも刺されることはないと思ったので。
覆面男もまさか私がカーテンを開けると思ってなかったらしく
かなり驚いてて私が窓を閉めた後慌ててベランダづたいに逃げていきました。
相手がそんなやつだったからよかったけど
もしこっちに向かって来るようなやつだったらと思うと…((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル
今でもカーテン開けるのが怖い時があります。

---------------------------------------------------------

129 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/24 03:54:02 ID:0mjTxUvK
小学校低学年のまだゼンゼン泳げない頃
夏休みに親戚のうちに泊まりに行った時のことです。
流れの緩やかな川に遊びに行ったのですが
そこにはプラスチックのトタンの様な物が浮かんでおりました。

「あそこは陸地だ」「飛んでも沈まない」などと妄想していたのは
はっきりと記憶しております。
今でも薄い危険察知能力と好奇心に突き動かされた私は
飛ばずにはいられませんでした。

飛んで着地した瞬間 「あぁ、これはもうだめかもわからんね」
と一瞬のうちに理解しました。
大暴れしている水音を聞いて近くにいたおばさんが助けてくれたのですが
誰もいなかったら確実に死んでいたと思われます。

傍から見たら完全に逝っちゃってる子供だな。

---------------------------------------------------------

130 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/24 07:15:12 ID:Slud3KpB
アメリカ留学中に鹿猟の親父に猟の地区でないのに散弾銃で撃たれた時。
右脇腹と足に当たったんだけど、痛いというより血が無くなって意識が薄れてった。
撃った親父が携帯電話で慌てて救急車を呼んだのが目が入ったときに意識は飛んだ。
相当の出血量だったらしく、血の海だったそうだ。

起きたのは病院のベッドの上で5日目の朝。
何故か日本にいるはずの親父が隣に座ってたのを見て最初「あれなんでいるの?」って言ったのを覚えてる。
ほんと今生きてるのが不思議でしょうがない。

---------------------------------------------------------

131 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/24 08:39:35 ID:ce9lcJBi
外資系の航空会社で飯配りしてました。
着陸したのは良いものの、滑走路を勢い良くオーバーランして片方の翼が
地面に着いた時に「さようなら、お父さん、お母さん、友達」と思った。
うちの会社は離着陸時はお客さんとの会話は一応禁止で、ジャンプシートに座っている
間はもしものことを考えて脱出の手順を考えなきゃいけないんだけど
イザとなると自分の頭の中は「走馬灯」にしかならなかった。

---------------------------------------------------------

136 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/24 13:17:22 ID:wd2ewRag
5歳くらいんときに独りで救急箱とお医者さんごっこしてた
三角巾みたいに腕を吊ってみたくて、包帯で首やら腕やらをぐるぐる巻きに固定して
さあ結ぶぞ!ギュ!グェ!
見事に首を絞めてしまった。鬱血していく顔面が破裂しそうだった。
声はおろか呼吸もままならず死ぬっしぬしぬしぬと思った。

間一髪で今はなきおばあちゃんが助けてくれたんだけど
今朝そのおばあちゃんが夢に出てきたのでカキコ

---------------------------------------------------------

137 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/24 15:44:35 ID:ASpyTtjF
テントを担ぎながら南アルプスの3000㍍級の山々を縦走していて、
障害物のない山の稜線で雷雲の真っ只中に入ってしまい、身を隠す事もできないまま
落雷が始まった時。それまで雷は上から落ちるものというイメージ
しかなかったので、この時に雷は下から上にも「落ちる」んだという事がわかった。
何とかやり過ごして山小屋に逃げ込んだら、山小屋のオヤジに
「危なかったな。いつ死んでもおかしくなかった」と言われ、改めてションベンちびりそうに
なった。

---------------------------------------------------------

145 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/24 22:05:04 ID:D3bmYoX1
中越地震の時…。
新潟市民なのに、あの時に限って中越にいた…。


147 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/25 10:28:46 ID:+9f3k02+
>>145
宮城県連続地震の時普段は仙台に住んでるのに2回目の震度6の時遭遇しちゃった…
ディアマンテが宙に浮きましたよ


148 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/25 10:59:12 ID:fxpQ6xis
>145、147
阪神大震災のとき、神戸市中央区の自宅で震度7の揺れに遭った。
25階建てのマンションの最上階なので、マンションがポッキリと
折れるかと思うくらいに揺れた。信じて貰えないかも知れないが、
体重90キロの自分が宙に浮き上がり、8畳の部屋の端から端まで
吹っ飛ばされたといえば、揺れの凄さを実感して貰えるかと思う。
中越地震のとき、阪神大震災を上回る加速度が観測されたらしいが、
加速度は横揺れの規模が大きいほど、数値も大きくなるらしいので、
阪神のように縦揺れの規模が極端に大きな地震では、数値はあまり
大きくならないらしい。いずれにしても、人口150万人の神戸を
中心に、300万人以上が生活している都市圏を直撃したことが、
甚大な被害をもたらした要因の1つであることだけは間違いない。

---------------------------------------------------------

153 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/26 10:58:54 ID:dO89shXU
とある初冬、急性胃腸炎で猛烈な下痢と嘔吐に見舞われて
真夜中のトイレで尻丸出しのままぶっ倒れた。
不審に思って様子を見に来た母の声が、だんだん遠くなる。
ストレッチャーに乗せられた時、一瞬だけ意識が戻り(寒い
なぁ眠いなぁ、雪山で遭難して死ぬのってこんな感じなんだろ
うか…。死ぬ前に部屋を片付けておくんだった、ちっ)と思うも
再び意識が無くなる。そのまま入院、2日ほど眠りこけていた。
あとで母から聞いたのだが、低体温&脱水症でかなりヤバ
かったそうだ。

---------------------------------------------------------

155 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/26 15:47:09 ID:/OvPPSTO
小学校2年の夕食時、舌を噛んだ。
その時はあ~噛んじゃった、って感じで終わったんだけど、
食事後にテレビを見てたら前歯の裏になんかヌルヌルするものが...
鬱陶しいので手でピッとひっぱった途端に舌から大量の血が!

慌てて親に知らせてティッシュで押さえたけどみるみる内に真っ赤に染まっていく。
ティッシュ一箱使ってもまだ止まらなくて、12時過ぎぐらいにこれは死ぬんだな、と子供ながらに覚悟した。
でもいつの間にか眠ってて、次の日の朝舌を見たら1cm位の溝ができてた。

それ以来、舌を噛むとまず前歯の裏を確認するクセがついた。

---------------------------------------------------------

158 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/28 13:42:29 ID:2ygUcs3a
幼稚園児だった頃、公園の砂場で大きな山を作り、その山頂にくぼみをつけて
水を貯める遊びをやっていた。
そばにあった4本の一升瓶に近くの水道から汲んでドバドバと注いで遊んでた。
私の持っていた瓶の口の部分だけ半分欠けていたがなにぶんガキでしたので
危険と思わず、口の部分を掴んで持ち上げようとした、その時、
手がすっぽ抜けた。
左手の人差し指と親指の中間あたりから手の平を横断するように
パックリと切れて、まるで手の平に、お口がもう一つ出来たような状態。
痛みは全く無かったが血がダバダバと流れ出て、
「僕、死んじゃうのかな?」と思った。

余談ではあるが、かつて少年チャンピオンで「手っちゃん」という漫画があって
主人公は指先から肘手前までの、お手手なのだが
手の平に一見すると生命線に見えるお口がある。
小学4年の時、それを読んだ私が、かつての恐怖体験を思い出したことは
言うまでもない。

---------------------------------------------------------

165 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/28 16:56:54 ID:ewft4ng6
中学の頃
色々な場所を自転車で適当に走るのが好きだったんだけど
ある日
また知らない道を発見して「おっ見た事ない道だ行こうかな?」
と思いその道を走るしばらくすると下り坂みたいな場所発見
珍しく平面を走っていたのでスピードをアップさせて下ろうと思った
そして、後悔その道は坂じゃなく階段・・・・
飛び出したとき頭真っ白
漫画だと「ああ・・・僕飛んでるよ・・・E,Tの少年になった気分だよ」
でいいんだが、それどころじゃない自転車と共に宙を飛ぶ自分
なんとか着地するも
恐ろしく長い階段、厨房レベルの腕じゃ無理です
途中で前輪吹っ飛び自分は自転車と共に大回転
そのまま下にたたきつけられるかと思ったんだけど運良く斜めに転がったようで
途中の草地でストップ、体は頑丈だったみたいで骨は折れてなかったんだけど
左腕と左足が血まみれになってました左足の方は酷くて
一部肉がえぐれてたみたい未だにその傷が残ってるので見るたんびに思い出します
その草地にがなければ本当に死んでたかも
下は激しく車道だったから

---------------------------------------------------------

173 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/29 01:19:56 ID:r5Z8FZ/r
犬に噛まれたとき。小学生の時朝、集団登校で班で集まってたとき近所に犬がいて
五年生の先輩が「これかわいいから触ってみろよ」
って言われたから触ろうと手出したら手の匂いをかぐなり「ワン!」
と言って右太股を噛まれた。で、痛みはなかったから(医者の話だと神経喰いちぎられた)
振り向いて逃げようとしたら今度は右足首をガブ
そのままズルズルと犬小屋にひきずりこまれそうになった

でこれも神経喰いちぎられて痛くなかったんだが恐怖で「助けて~!」といいながらズルズルとひっぱられてた
その時は自分の身長約1m、体重は20㎏もなかった(犬は中型犬?)が
犬にとっては重かったらしく結構手間かかって小屋の手前で友達の親に助けられた
結局8針×2(その後縫った糸がほつれたのでもう一度縫いなおして計32針)
を縫うケガと引きつられた際の膝の擦り傷を負った
でもまだ犬好きだよ~(´・ω・`)他にも犬話があるけど
これは死ぬとは思わないのでこれにて終わります

---------------------------------------------------------

185 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/29 21:23:12 ID:1U3vg0Wa
スキーの競技で吹っ飛んだ時かな。。
アルペンスラロームの一番スピードが出るセクションでスキー板を旗門(良くテレビで見るような赤と青の棒)に引っ掛けてしまった。
普通は板に強い抵抗が掛かると板とブーツが離れるようになってるんだけど、競技の場合はがっちり締める。
さらに、旗門は上の方を腕で押すとバタンって倒れるんですけど、板を下のほうに引っかかると斜めになるだけ(こての原理)で
スキー板はそこを滑るように上へ上へ。

空中で縦に一回転しました。その後10m以上ころがりつつ(このあたりでやっと板がはずれる)停止。
幸い怪我は足の筋を痛めただけですんだのですが飛んでる瞬間はあー、やばいと思いました。

---------------------------------------------------------

187 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/29 21:32:55 ID:RuEF+Jvw
自分電気屋なんだけど2年くらい前にエレベーターの
電源工事やってて、おれはそのときエレベーターの一番上で作業してて
先輩が間違って電源入れてしまって
したら急にエレベーターが上にあがってうああああああああああ!!!
ってなりました
まじで死んだおもいましたね
上の隙間が80cmしかなかったからちょうど
映画のハムナプトラみたいな状態ですた 


189 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/29 21:39:36 ID:1U3vg0Wa
>>187
それはこういう状況ですか?

先輩:ポチッ
    あ、間違った。頑張って支えてくれ。


__________
    <○√
     ∥ 
     くく   ←>>187


192 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/29 21:46:38 ID:RuEF+Jvw
>>189
正にそれです(笑)
今だから笑えるけど
エレベーターからおりたあと吐き気がすごかったです
それ以来エレベーターの仕事してないっす

---------------------------------------------------------

195 :おさかなくわえた名無しさん:04/11/30 01:21:25 ID:vBr0SDY5
インフルエンザもどきにかかった時。
もどきってのは、当時高3受験生で、インフルエンザの予防注射につれていかれたんだが
ちょっと風邪ひいてて微熱があったんだ。
熱があったら注射しちゃいけない…と、予防接種の説明書に書かれてたんだけど
「ちょっとくらいの熱なら大丈夫!」と先生が言い無理矢理注射。
ところが家に帰ってから発熱。
どんどん熱は上がって40度を越えた。意識朦朧で、会話がほとんど出来なかった。
ぐるんぐるん天井が回ってるように感じて
「あぁ、このまま死んでしまうかも…」と本気で思った。
丸4日ベッドから起きれませんでした。
今でも医者を恨んでる。でも大学には合格した。

---------------------------------------------------------

205 :おさかなくわえた名無しさん:04/12/02 18:59:18 ID:lcMjMIJj
消防の頃に俺も犬に噛まれたなぁ。
友達んちに遊びに行ったときに、夕方に犬を散歩しに行ったんだけど、
途中その犬が道端でなんか食い始めたから面白くて背中叩いたら

「ゥゥゥワァンウヴヴグゥゥグァロロロロ...........!!!!!!」

とか言ってものすごい勢いで俺の右手首に襲い掛かってきた。
噛み付いたまま暴れて首ブンブン振ってる姿がなんかジョーズに見えてまじ怖かった。
続いて太腿も軽く2、3発やられた。
俺がその場でしゃがみこんでたら友達がオイゴルァ!とか言って犬をボコボコ蹴ってたな。
犬は耳伏せてめちゃくちゃ怯えながらお座りしてた。(((((((((U´・ω・`U)))))))))←こんなん。

すぐにそいつんちに戻って手首の傷を見てみたら、血はほとんど出てなかった。
その代わり、パックリと割れた1cmくらいの傷口から内部組織とドス黒い動脈が露出。
もうだめかと思ってまじで不安になって、迎えに来てた親に
「神経切れてるのかなぁ?血管切れてるのかなぁ?」みたいなことを何度も聞いてた。

その日は病院がほとんど休みだったからとりあえず急患で公立病院に行った。
あんまり痛くはないはずだけど麻酔打たれるとき恐怖心から「ギャァァァアアアアアアア!!!!」とか泣き叫んだ。
そりゃ体の中身見えてるとこに注射針向けられたら叫ぶって・・・。

もしあのとき犬がもうちょっと強く噛んでたら動脈から血gアw背drftgyふじこlp;@:「

---------------------------------------------------------

225 :おさかなくわえた名無しさん:04/12/05 15:37:34 ID:5gYz5SBW
死んだ夢見たら死んだ。らしい
腕枕して寝てた彼女が心臓がバコンっていった後
心臓の音がしなくなったみたいで、心臓マッサージしたら
生き返った。そのとき起きた。
彼女が看護婦でよかった。

---------------------------------------------------------

229 :おさかなくわえた名無しさん:04/12/05 22:18:31 ID:i073hNol
体育の時間に槍投げ用の槍を持ちながらふざけてたら
槍の先端が地面に刺さって、その反動で持ち手の槍が腹に刺さった時。
一瞬体が浮いて串刺し状態になった。

---------------------------------------------------------

231 :おさかなくわえた名無しさん:04/12/05 22:34:44 ID:rlAATNRG
リア小の時、団地の踊り場で遊んでいたら見知らぬ女子高生3人に
お小遣いあげるから一緒に遊ぼうって言われてついていったら
団地の10階に連れて行かれてエントランスから宙吊りにされた。
その時偶然大人が通りかかって女子高生は慌てて逃げていった。
その大人が縁にぶらさがってる自分を助けてくれた。

あれば何だったんだろう…。

---------------------------------------------------------

236 :おさかなくわえた名無しさん:04/12/06 16:59:57 ID:24w7pEN4
暴風雨の中、自転車をこいでいたら前からデッカイ看板が飛んできた
「やばい俺死ぬかも」と思ったが当たる寸前であさっての方向へ飛んでいった


238 :おさかなくわえた名無しさん:04/12/06 17:18:59 ID:66WF0+a9
>>236
よかったな
家の知り合いは台風の時飛んできた看板にぶち当たって
歯が数本抜けたあげく体中から血を流しながら家に帰って救急車に運ばれたそうだ
本人は突然すぎて気づかなかったらしい

---------------------------------------------------------

244 :おさかなくわえた名無しさん:04/12/07 12:27:11 ID:D+6ugjEO
海で泳いでいたら、砂浜にいたおっさんが大声で「おーい!!みんなあがれ!!!サメだっ!!!!」とか叫んだ。
結局ブラフだったわけですが、オレも含めて2、30人の人(海で遊んでた人)が死ぬかと思ったと。
なんでも自分の子供たちをからかおうと思い、深く考えずに叫んだとのこと。
おじさん真っ赤になって謝ってた。


245 :おさかなくわえた名無しさん:04/12/07 13:37:03 ID:lIrC+H/6
>>244
最高の釣り師ですね。

---------------------------------------------------------

あとがき
実はまだ序盤。
今日から三日間でまとめようと思います。
長いからね・・・
そのまま読むよって人はリンクへ。


結構間空き気味だけど、それだけネタ探しに時間掛けてるってことで。
---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://occult.blog62.fc2.com/tb.php/225-12325830

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

 

関東大震災と東京大空襲を体験してるような
年代の人が2chか・・・・・・

  • 2007年04月26日 03:27
  •   #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

>>20の婆ちゃんの体験が凄まじすぎる…

  • 2007年04月26日 18:16
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

>>20の婆ちゃん

歳があってないけどな
昭和9年に19で、なんで昭和20年に25なんだ

  • 2007年04月27日 01:06
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

USJの火事を題材にした映画のアトラクションで
最後の仕掛で上から鉄パイプのようなものが落ちてくるものがあって、「ああ、死ぬって一瞬なんだなぁ」と思わされた。

  • 2007年04月29日 17:39
  •   #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

中越地震と風邪で倒れた時かなぁ。
前者は省略して後者の方なんだが…

ある日、何の前触れも無く発熱を出して倒れてしまった。
体温を計ると39℃でいつもなら38℃ぐらいだからとんでもなく焦った。
何日か前にとある番組で「水泳をしていた人が急な発熱を起こして倒れ、死亡した。原因は水中にいたウイルス」って感じのミステリーを見て、「今の俺じゃねーか」と思いつつ「俺も死ぬのかなー…」って思った。

数年後、親戚同士の忘年会だったかで話のネタになった時(話しを振ったのは母)はマジで笑うしかなかったw  長文スマソ

  • 2007年04月29日 19:20
  • #7UlMNRyw
  • URL
  • [ 編集 ]
 

色付きの文字あんまり、ありまてぇーんv-40

  • 2007年04月30日 12:32
  • 苺 #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

中2で初めてHした時にあまりの痛さに死ぬかと思った色付きの文字

今まで見てきた中でいちばんでかかったから当たり前なのかな・・彼は自分で18センチだっていってたけどw

もうでかいのはこりごりと思ったけど最近じゃちょっと恋しいですw
最近の♂はみんなどっこいどっこいだしね・・

  • 2007年05月04日 20:57
  • keiko #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。