週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒男の体験した恐い出来事

毒男の体験した恐い出来事

1 :Mr.名無しさん :2007/02/10(土) 16:44:55
日常生活で体験した恐い出来事(事故、ヤクザ、霊、ゴキブリその他何でも!)があったら、聞かせてください。

---------------------------------------------------------

22 :Mr.名無しさん :2007/02/10(土) 21:48:43
バイクで交差点に進入した際、無理な右折をしてきた軽自動車と接触・転倒
路面をゴロゴロと転がってガードレールに思いっきり体を叩き付けられた。
激痛と意識の混濁の中で俺はこのまま死ぬんだと朧気ながらに思った。
身を横たえたままピクリとも動かない というか動けない俺
そんな俺の様子に軽の運転手の女性が駆け寄ってきて必死で声をかけてくる。
「大丈夫ですか!?大丈夫ですか!?」
(うるせぇ 大丈夫もクソもねぇよ おまえのせいで俺は死ぬんだよ)
(そうだ 死ぬ前に顔を見てやろう 死んでから化けて出てやる)
そんななんともネガティブな思いから苦労して瞼を持ち上げると・・・
最初はなんだかわからなかった・・ぼやけた視界の中にただ白っぽいものが見えた。
だんだん視点が定まって映像がクリアになってきて・・・
その瞬間、俺の心臓は大きく脈動した!
(おいおいオネーチャン!あんたパンツ丸見えですがな!!!)
よっぽど気が動転していたのだろう。
オネーチャンは俺の顔の真ん前で屈み込んで声をかけているのだ。
そっと眼球だけ動かして彼女の顔を確認する。
よっしゃ!ええお顔立ちしてなさる!!
死を覚悟していた体に 正確には体の《一部》にグングン活力がみなぎる!
(死んでなるものか・・・死んでなぁるぅもぉのぉかぁぁぁぁ!!!!)
眼前の桃源郷を目に焼き付けんと、体から半分出かかった魂を必死で押さえつけ、
意識の無いフリをして思う存分オネーチャンの純白のデルタ地帯を鑑賞しつづけた俺。
そのおかげで、どうにか病院に担ぎ込まれるまで命を繋ぎ止めることができたのだった。

後に治療にあたった医師は語る
「こんだけボロボロになったのに病院来るまで意識がハッキリしてたのはスゴイ!
普通は痛みやショックで気絶してるもんだよ」
俺が何故にそれが可能だったかを自分の口から語ることはないだろう・・・
ありがとう軽のオネーチャン、ありがとう白パンツ、あなた達は俺の命の恩人です。

---------------------------------------------------------

37 :Mr.名無しさん :2007/02/11(日) 00:26:01
三ヶ月ほど前、1Rのアパートに住んでいた時の話。

風呂場から変なオヤジがいきなり現れて刃物を振り回す、という夢を見た。

「変な夢見たな…」と思いながら顔を洗いに風呂場に行ったら、
風呂場の天井が外れて、天井裏にいけるようになっていた…。

全身(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルしたの久しぶりだった。

他にもドアスコープを壊されたり、マーキングされたりと怖いことが重なったので
結局実家に戻った。

---------------------------------------------------------

47 :Mr.名無しさん :2007/02/11(日) 01:22:45
カランカランという音に気付いて早朝目がさめる。

ふと、音源の方(玄関)を見るとドアに500円玉大の穴があいている。
こちらを瞬き一つせずみつめる眼球と数秒後目が合う
(ワンルームで玄関入ってすぐ部屋という間取り)私とその眼球の距離は2メートル弱。
しばらくして恐る恐るドアを開けてみると
被害はうちだけじゃなくお向かいの住民をはじめかなりやられていることがわかった。
ちなみに覗き穴を壊されたのでした。
今は壊せないタイプのに変えてもらった。ちなみに3階以上の階にすんでます。

---------------------------------------------------------

88 :Mr.名無しさん :2007/02/11(日) 10:33:38
数年前の冬、隣の男が、隣の部屋で2ヵ月半死んでいたこと。
家賃が2ヶ月滞納されていたので管理会社が確認に入室して発見。
物静かでなかなかグッドルッキングな人だったし、良いところにお勤めと聞いていたので、
意外な死に方というか、それまでどうして誰も気がつかなかったのか不思議だった。
自分も含めて世間はなんと冷たいのかと思った。

---------------------------------------------------------

98 :Mr.名無しさん :2007/02/11(日) 15:34:24
決まって2時頃、冷蔵庫の前にボーっと白いモヤみたいなのが見える
それが人間の形になる、透けて奥のものが見える
右を向いてスーッと隣の部屋に消えていく
それが女の子だったり、ヘルメットを被った足のない少年だったり
泣き顔の女性だったり様々
いつも同じ場所に立ち、同じ方向に消えていく
霊道とかになっているのか、たまに白い玉になって部屋を一回りしてから
壁に吸い寄せられるように消えていく
もう慣れたが気味のいいものじゃない

---------------------------------------------------------

102 :Mr.名無しさん :2007/02/11(日) 16:05:33
前に住んでいたところが出るらしい…

平屋一軒家で昭和40年築の激安物件だったんだけど、
泊まりに来た友達のほとんどが何か見ている。

部屋と部屋を区切るふすま付近で髪の長い人が立っているとか、
寝ている時に枕元に覗きに来るとか、
目撃情報は何となく一致したよ。

漏れは3年くらい住んでいて、見た事は一度も無いけど、
今は兄がそこに住んでいるんだよね…

今度は見れるかな?w



---------------------------------------------------------

104 :Mr.名無しさん :2007/02/11(日) 16:14:07
朝起きたら玄関と目の前の壁に血がべっとりついてた
ちょうど友達が泊まってたんだけど
その友達が夜中一人で起きてたとき(オレは寝てた)に玄関に誰かが来てたらしい
「すいませ~ん」って言ってたらしいけど怖かったので出なかったみたい

んで警察呼んでみたんだけど「酔っ払いがケンカでもしてたんでしょ」で済まされた

---------------------------------------------------------

145 :Mr.名無しさん :2007/02/12(月) 09:14:45
近所の家が火事になって行ってみると自分と同じように野次馬がたくさんいて
燃えている家を見ると二階の窓から小さな女の子が何か叫んでいる。
でも、みんな見ているだけ、不思議に思って周りの人に「何故助けないんだ」って
聞いたら「この家には子供はいないんだよ」って返事。
女の子をよく見ると笑いながら「もえろ、もえろ」って叫んでいた。

---------------------------------------------------------

166 :Mr.名無しさん :2007/02/13(火) 02:02:56
田舎育ちで、あまり家に鍵をかけるという習慣が薄かった俺。
(実家は引き戸で、深夜しか鍵かけてなかった)
一人暮らしを始めてもその癖はなかなか抜けず、
こっちが留守でも友人が勝手に部屋にいて俺を待ってたりとかもよくあった。
もともと盗まれるだけの金も無かったし、気にしてなかった。

ある日、夜遅くに帰ることがあって外から見ると部屋に明かりが。
また誰か部屋で寝てたりするのかと思いながらドアを開けると風呂から音が。
幾らなんでも友人も勝手に風呂は使わない。靴を確認すると見ない靴。
玄関は豆球しかついていなかったのであまり細かく確認せずにいたら、
1kなので台所から出入りできる風呂の間仕切りが開いて人が出てきた。
しかも相手は女性。マンガのような状況に、お互いしばらく硬直。
悲鳴でもあげられるかと思いきや、スタスタと流しの方へ。
備え付けの包丁差しから万能包丁を取り出して、こっちに向けて突き出してくる・・・
薄暗い中で包丁を振り回されて、死ぬかと思いました。

何が何だか分からないが、逃げ出してから携帯から部屋の備え付けの電話へかけて、
相手が出てくれてからやっと事情が判明。
俺の住んでたアパートはA棟とB棟があり、それぞれ6室ずつあったんだが
越してきたてでA棟とB棟とを間違ったとの事。
もともと家具などはある程度備え付けのような感じだったため違和感を感じなかったそうな。
呼ばれた警察にも色々と言われたりして大変でした。

相手も災難だったでしょうが、包丁を振り回されたときの怖さときたら・・・。
かなり混乱してたらしく、本気で刺されててもおかしくなかった。
今でもたまにアパートの入り口で会ったりすると、少し気まずいです。

---------------------------------------------------------

199 :Mr.名無しさん :2007/02/15(木) 14:18:09
俺は高校のとき、野球部だったんだが専用グランドが山の中にあるんだ。
季節は冬で、練習終わって友達と二人でいつもと違う初めて通る道で
下山してるときに(外は真っ暗電灯無し)、誰かに右足首を捕まれた。
俺はとっさに霊だと感じて、下を向くことなく無口で部室へ帰っていった。
部室に着いて、友達になぜ喋らなくなったのか聞かれ、事情を説明。するとそれを聞いていた後輩が言った。
足捕まれたところで先月、近くの老人ホームの爺さんが自殺したらしい。
ありきたりだが、あれは怖かった。しかも昔の戦場跡にグランドあるから、夜は変な声や光がよく見えたものだった。

---------------------------------------------------------

200 :Mr.名無しさん :2007/02/15(木) 17:29:17
厨房の頃、毎日のように行ってた銭湯で時々見るおっさんに家まで尾行された
数日後そのおっさん乗る軽乗用車が下校途中に止まってたんで
無視して家に帰った。しばらくして窓から覗くとその軽が止まってて
怖くてその日は銭湯に行けなかった。

---------------------------------------------------------

210 :Mr.名無しさん :2007/02/16(金) 22:57:17
当番で事務所に泊まって寝てたら1階の駐車場に爆弾のような物を
投げ込まれて死ぬかと思った。


212 :Mr.名無しさん :2007/02/16(金) 23:33:01
一体、何の事務所なの?


213 :Mr.名無しさん :2007/02/16(金) 23:37:07
>>212
普通の総合商社の事務所だよ。


214 :Mr.名無しさん :2007/02/17(土) 01:40:22
爆弾のようなものって?
火炎瓶とかそういうもの?


216 :Mr.名無しさん :2007/02/17(土) 01:57:21
>>214
詳しいことは分からないが手榴弾らしかったのであんまり爆発は酷くなかったが
車が大破した。ちなみに手榴弾は破片を飛ばして人間を殺傷するものなんで爆発力自体は
あまり大したことはないらしい。あと、同系列の事務所は同時刻にピストルの弾をぶちこまれた。

---------------------------------------------------------

237 :Mr.名無しさん :2007/02/19(月) 19:53:44
今朝の話なんだが。
俺は親と同居で二階の自分の部屋に寝ているが、俺は早寝早起きで
朝6時前には必ず目が覚める。
すると一階のほうから毎日「ゲホッ!ゲホッ!」という
年寄りがセキをする声が聞こえる。
俺はオヤジがセキをしてるんだなぁと思っていた。

昨日から親がちょっとした手術の為に入院して家には俺一人になった。
今朝も普段通りに俺は早起きしたんだが、やっぱり下から
「ゲホッ!ゲホッ!」が聞こえてくるんだよなぁ。
気にしないようにするさ。

---------------------------------------------------------

239 :Mr.名無しさん :2007/02/20(火) 00:57:23
子供の頃、家に一人で留守番してた
そしたらインターホンが鳴ったのね
たまたま窓のカーテンを締め切ってて、隙間から覗いてみたら宅急便だった

で、家に誰もいないし、どう対応すればいいかわからなかったから
居留守使ったのよ。そしたら、電話が鳴ったのさ
俺は親父からの電話だと思って出たら、宅急便のオッサンだった
その電話というのが、これまた偶然にも、さっき言った窓の近くにあるんだ
受話器を持ってオッサンと話しながら、またカーテンの隙間から覗いてみたのよ
そしたら、オッサンがまだ玄関に立ってるのよ

でもさ、その頃ってまだ携帯電話なんか普及してなかった頃で
ショルダーバッグみたいなデカイヤツしか無かったんだ
当然、そんな不便もん配達のヤツが持ってるワケ無いよね
幼いながら何故か冷静だった俺は、公衆電話から別の誰かが電話してるとすぐに気付いたわけ

「お渡ししなきゃいけない荷物があるから外に出てきてくれ」ってしつこいんだわ

俺は「注文した本人が戻るまで待って」って言ってるのに、
「ちょっとそれは困る」みたいなこと言って聞いてくれないんだ
段々語気も荒くなってきて「さっさと受け取れよ!」とか怒鳴り口調になって
ガキだった俺はどうしようかと迷った揚句、外に出ようとしたら
ちょうどタイミング良くウチの親父の車の音がしたんだ
「おっ帰ってきたし、ちょうどいいか」って部屋に戻って
もう一回、カーテンの隙間から覗いてみたら、既に怪しいオッサンはもう居なくて

ちょうどウチの親父が玄関の鍵開けてる最中だったんだよね
恐らくウチの親父があの時に帰って来なかったら、
誘拐されたか殺害されたかしてたかも

---------------------------------------------------------

380 :Mr.名無しさん :2007/03/03(土) 00:38:55
こないだ仕事から帰る時にいつも帰り道として使っている公園を横切ろうとしたら
着物着た婆さんに駅までの道を尋ねられた。
ここから行くには結構わかりづらい道程だったので婆さんからの頼みもありその場所まで送っていくことに。

目的の駅までたどり着くと婆さんはお礼も無しにいなくなっていた。
急に激しい雨が降ってきたので仕方なくタクシー使って帰宅。
イライラしながら就寝。

翌日朝刊を見ると、婆さんに会った時間帯にその公園で通り魔事件が起きていた記事が載っていた。

---------------------------------------------------------

あとがき
何か蝿が飛んでるけど、生ごみは無いはずなんだけどな。
変なにおいもしないし。
鬱陶しい。

---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://occult.blog62.fc2.com/tb.php/217-ba2fdcef

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

 

>あとがき
>何か蝿が飛んでるけど、生ごみは無いはずなんだ>けどな。
>変なにおいもしないし。
>鬱陶しい。

か、管理人さん・・・
自分が死んでるってことに気付いてないのね・・・
ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル


  • 2007年03月24日 22:24
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

もしやお隣りさんが(´・ω・`)?

  • 2007年03月25日 01:10
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

ひさしぶりに背筋が凍るスレだなこりゃ・・・
あかげまとめ乙!

  • 2007年03月25日 23:12
  •   #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

「誘拐犯」URL変わってますよー
http://ameblo.jp/yohsuken

  • 2007年03月27日 14:24
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

>>47の話は空き巣の手口じゃねーの

サムターン回しって言うんだけど、覗き穴はずした穴からL字形の鉄パイプ突っ込んでキー解除する方法。

  • 2007年04月03日 05:49
  • 元警察官 #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

166のお姉さん、下着はどうしたんでしょう・・・?

  • 2007年04月09日 17:57
  •   #bSlNa9Xc
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。