週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月面開拓を考える

月面開拓を考える

1 :オーバーテクナナシー :2005/08/18(木) 22:15:51 ID:c/+OpI9G
月の有効な活用法を考えてみましょう。
数十年後には採算ベースに乗る物から軌道エレベーター完成後の構想まで
あれこれアイデアを募集中。

---------------------------------------------------------

3 :オーバーテクナナシー :2005/08/18(木) 22:18:36 ID:CyJalBz+
地上の人間観測天文台設置。


5 :オーバーテクナナシー :2005/08/18(木) 22:20:48 ID:TqTj4uGp
>>3
偵察衛星で十分やんw と突っ込んじゃだめなの?


6 :オーバーテクナナシー :2005/08/18(木) 22:33:47 ID:CyJalBz+
偵察衛星って自国の上空とか範囲が決まってなかったっけ?


7 :オーバーテクナナシー :2005/08/18(木) 22:44:12 ID:TqTj4uGp
>>6
数機で全地表をほぼカバーできる罠。
それより地球からの電波が届かない月面裏に電波望遠鏡を据え付けると
異星人の文明を発見できるかも。

極地方の氷からロケットの燃料を製造できればいいんだが、
プラントを製造するのに幾らかかるか……。
いっそ原子力ロケットを打ち上げて、推進剤に月の氷を使ったらどうだろ。
これなら一々水を水素と酸素に分離しなくていいし、扱いが面倒な液体水素もいらない。
月には放射能汚染を気にする奴もいねーし♪

---------------------------------------------------------

9 :オーバーテクナナシー :2005/08/19(金) 00:24:47 ID:+QXSUu+/
月基地の開発はすでに日本の大手土建屋が調査を行い、現在の技術で十分に可能との結論を出している。
ほとんどの技術は新規に開発する必要もないそうだ
ただし、月にそれだけの資材と人員を送れるだけの予算をつけられたらの話だな
宇宙ステーションでさえ、税金の無駄遣いではとアメリカでは騒がれているくらいだからね

---------------------------------------------------------

12 :オーバーテクナナシー :2005/08/19(金) 11:07:11 ID:X8G7X0EE
月に行くには110億円ぐらいかかるらしいな。

んで資材積んで飛んだりした場合いくらだ?
もうあれこれやってるうちに1000億行くかと。


13 :オーバーテクナナシー :2005/08/19(金) 12:13:48 ID:nUq2CdlK
>>12
それ、月周回コースだっけ?
アポロの月着陸船の重量が1万5065kg。むっちゃ重い。
これを月軌道に投入するコストってどれ位だろ。
今あるロケットではこれだけの大荷物を月までは運べんよね。


14 :オーバーテクナナシー :2005/08/19(金) 15:03:11 ID:kvrxJQT/
シャトルをベースにしたサターン級の貨物ロケット打ち上げコスト、
無人使い捨てにすればシャトルより安くなるだろうから300億~400億くらい。
人を打ち上げるにはソユーズを使い、地球軌道でドッキングさせるとして、
ソユーズの値段は20億くらいか?
あとは月着陸装備一式と帰りのロケット。特に真新しい技術はいらんし
プレステ2並のコンピュータつめば十分なので100億あれば作れるか?
2010年あたりを想定すれば、今のシャトルより安い500億位で月に行けるんでない?
ま、適当な見積もりだけどねw


17 :オーバーテクナナシー :2005/08/19(金) 20:38:13 ID:Ce2u9pSq
>>14
ソユーズの打ち上げコストは30億。ま、どっちにしてもとんでもなく安い。
一方シャトルはチャレンジャー事故以前は500億で、
コロンビア事故後の今は遂に900億……。

---------------------------------------------------------

16 :オーバーテクナナシー :2005/08/19(金) 17:47:35 ID:07w8M6gb
そりゃそうと、最近はローバーの一つも月に送り込まないね。
火星のローバーを考えると信頼性も上がってるし、久しぶりに月面車を送り込んでも。
極地方の氷の調査とかヘリウム3埋蔵量の探査とかレアメタルの探索とか、
やれる事はいろいろありそうだけどなぁ。


18 :オーバーテクナナシー :2005/08/19(金) 22:57:36 ID:etafkxHQ
>>16

アポロ計画で、人間を送り込んだはずなのに、無人月面探査機を送り込めないのは
なんでだろう。
火星より月のほうが近いはずなのに・・・


19 :オーバーテクナナシー :2005/08/20(土) 02:22:38 ID:zV5FCHaz
出資者の興味次第で予算が取れるかどうかとか。


20 :オーバーテクナナシー :2005/08/20(土) 04:28:43 ID:cLKMxRCu
日本は予算が少なすぎだな。アメリカの10分の1だから。せめて半分くらいにすればいろいろできるはずだが。


21 :オーバーテクナナシー :2005/08/20(土) 19:22:31 ID:ZVQHDZzY
>>19
出資者=納税者だな。
アメリカ人は火星大好き民族らしいから、火星の水がどーとか生物がこーとか
そういうのを調べた方が萌えるんだろう。
かく言う俺様もタイタンの地上写真には萌えまくったし、
エウロパの地底海の存在とか早く確認して欲しい。
今、世界各国の宇宙予算はそういう方向にとられて月は見捨てられてるんだろうな


22 :オーバーテクナナシー :2005/08/20(土) 20:05:19 ID:0L808xPX
>>20
H2Aを今後13回連続で成功させなきゃいかんから、
月探査機とかばんばか打ち上げてやればいいのにねぇ。
H2Aなら火星のローバー位のは十分月に打ち込んでおつりがくるんじゃない?

---------------------------------------------------------

54 :オーバーテクナナシー :2005/08/23(火) 11:12:07 ID:m6J0Gn5t
>>18
アポロ以後も月探査はそれなりに進められているよ。
1994年米国ののクレメンタイン、98年のルナプロスペクター、
90年日本の「ひてん」による月面への硬着陸等々。
まあアポロや旧ソ連の無人探査で、月の裏面と極域以外の探査は
やりつくされているともいえるから、各国とも余り熱心にはなれないだろうね。


56 :オーバーテクナナシー :2005/08/23(火) 12:28:07 ID:BEW1vPnr
>>54
それそれ。最も調査して欲しい極点が殆ど手付かずってのが気になる。
そりゃ、極点調査はソーラーが使えないから難しそうではあるが


57 :オーバーテクナナシー :2005/08/23(火) 19:11:38 ID:m6J0Gn5t
>>56
一応、クレメンタインとルナプロスペクターは月の南極の調査が中心だった。
でも、できれば探査機を極域に軟着陸させて、ローバーも使ってほしいね。


58 :オーバーテクナナシー :2005/08/23(火) 20:25:22 ID:svbbTI85
>>57
幾ら上空から水の反応を捕らえたって、直反証が出てきてしまうからな。
結局最後は極点でローバーを走らせるか、ボーリングするとかしなきゃ。
月相手なら、H2Aでもサンプルリターンとかできるんじゃねーの?

---------------------------------------------------------

29 :オーバーテクナナシー :2005/08/21(日) 10:07:21 ID:tP05qJ6d

  月はアメリカの固有財産? <陣地とり合戦やってもいいのかな?>


31 :オーバーテクナナシー :2005/08/21(日) 10:13:55 ID:SWaMUa+O
>>29
月面他地球外の天体を勝手に領有する事は国際条約によって禁止されています。
まぁ、南極みたいな扱いになるんじゃないかな?


33 :オーバーテクナナシー :2005/08/21(日) 12:10:43 ID:Ic8KPEo1
勝手に占有できないとすると 開発した月の資源はどうやって 各国に配分するんだ?
教えて、えろいひと


34 :オーバーテクナナシー :2005/08/21(日) 12:26:25 ID:5yE/Uo91
>>33
はっきりした事はまだ決まってない。
まぁ、当分は南極みたいに先送りしとくんじゃない?
ヘリウム3も含めて今直ぐどうしても必要な資源があるわけでもないし。
ただ、月に有望な資源が見つかった、あるいはヘリウム3の活用技術が確立されたら
大変な外交問題になると思われる。
因みに未だかつて、領土問題が軍事力以外の手段で解決した前例はないorz

---------------------------------------------------------

37 :オーバーテクナナシー :2005/08/21(日) 14:55:23 ID:HhSw8IT8
月に大量の金があるといデマを流す。
すると一攫千金をねらうやからどもが大量に月に殺到し一気に開発が進む。


43 :オーバーテクナナシー :2005/08/21(日) 21:37:34 ID:Qwx9RpS+
>>37
金じゃ重量の割に値段が安すぎるからなぁ。
仮に大量にあっても、軌道エレベーターでも出来ない限り”ゴールドラッシュ”は起こせん。
ヘリウム3は数グラムで莫大なエネルギーを発生させる有望な資源だが
問題はヘリウム3を用いる核融合が、未だ実用化されてないという事。
重量2000t、1機数百億円の超大型ロケットで取りに行って、
僅か数百キログラムしか回収できなくても元が取れる、
そういう資源でないと月でゴールドラッシュは起こせないんだよねぇ。
やっぱ軌道エレベーター待ちか?

---------------------------------------------------------

46 :オーバーテクナナシー :2005/08/22(月) 13:39:52 ID:sV8Pop2R
月の極点にも氷があるの?
火星じゃなくて?


47 :オーバーテクナナシー :2005/08/22(月) 14:49:43 ID:M5JorH+8
46
月の極点には日の光が全く届かないクレーターがあって、
常に低温に保たれたそこに、氷があるかもと言われている。現在調査中。


48 :オーバーテクナナシー :2005/08/22(月) 15:09:32 ID:C4MKA711
>>47
うほっ でもあったとしても少量じゃない?


51 :オーバーテクナナシー :2005/08/22(月) 18:14:46 ID:vAmjKUbS
>>48
月の極地上空を飛んだら水素原子が飛んでて、そこから氷があるんじゃないかと言われ始めただけで
明確な証拠は何もないし埋蔵量なんてまだ判らない。
ただ、微量でもあれば月面基地にとって大きなプラスにはなるよ。
地球から水を運ぶのは大変だし、月から打ち上げるロケットの燃料を製造できるかもってのは大きい。

---------------------------------------------------------

61 :でゆん :2005/08/26(金) 23:38:03 ID:Th2omPeU
国内でエネルギーや食糧を調達するよりも海外から調達した方が
むしろ安上がりな日本のように、軌道上の宇宙ステーションなどから
見れば月面から資源を調達した方が安く上がるのではないかな。
地球から低軌道に物資を運ぶには8.6km/sを必要とするが、月から
低軌道までなら6.3km/sで済む。
この差分を埋め合わせられるだけの大規模な宇宙開発を行うなら、
月面開発はコスト的にメリットが出てくる。


62 :オーバーテクナナシー :2005/08/27(土) 19:16:45 ID:Cl9SCkTi
>>61
けどそれ、月面で安価に打ち上げ燃料を調達できるかがポイントだね。
空気抵抗のない月の場合、マスドライバーが最も安価な打ち上げ手段だと思うが
問題はマスドライバーのような大規模な施設及び発電施設を如何にして送り込むか。
それに、月面資源を採掘・活用できるだけの工業施設も送り込まなきゃいけない。
コイツは大変な作業になりそう。
アポロ月着陸船の場合全重量の3分の2が着陸装置の重量なので、
サターンを月への貨物ロケットとして使った場合、月に送り込める物資の量は一度に15トン位かな。
シャトルが打ち上げてるISSのモジュールの重さとほぼ同じ位か。
サターンクラスの使い捨て貨物機をシャトルより安く打ち上げることが出来ればISSレベルの施設は
現在の技術・予算規模でも月面に建設できそう。
けど、採算が取れる施設はどれ位の規模になるだろう。


65 :オーバーテクナナシー :2005/09/02(金) 15:30:12 ID:6vOedxhA
月開発ファンドを作って証券として東証に上場。その資金で月開発。

未知数だけに暴騰する可能性あり。月の民営化が不可欠だが。


68 :でゆん :2006/01/22(日) 00:08:14 ID:yUnWFRvx
>>65
常識的に考えて、どの程度のお金が集まるんだろう?

とりあえず、基地の規模と資金(の調達)についての見解ができると
うれしいな。
言い出しっぺからすると、5人の人員が1年間滞在できる(人員交代と
物資補給で再利用可能)規模で、できるだけ安価に、というのを
当面の目標にしたいけど。


69 :オーバーテクナナシー :2006/01/22(日) 02:28:16 ID:7ULNWZMD
南極越冬隊一人1億ぐらいかかってるそうです。
研究しない料理人とかでも。

---------------------------------------------------------

74 :オーバーテクナナシー :2006/01/23(月) 01:06:35 ID:mi4I0F2G
月の土地買ったら取り上げられない?


75 :オーバーテクナナシー :2006/01/23(月) 04:20:27 ID:pjUPwDjd
>74
月の土地は売ってません。
「月の土地の権利書」は売ってますがアレは詐欺です。


76 :オーバーテクナナシー :2006/01/23(月) 21:05:03 ID:remKd+W6
実質的な所有者は居ないからな。
今のうちに月まで行って住みついてしまえば、手に入れたようなもんかもしれん。

宇宙条約の問題があるから法的に権利を確保するのは難しいし、
日本政府か国連から苦情の一つも届くだろうが、
なに、わざわざ月まで止めに来る奴は……居るかな?


78 :オーバーテクナナシー :2006/01/24(火) 00:19:02 ID://VBhj+c
>>76
一つ言えることは、地球上に資産を持つ企業なり個人なりがそれをやると、
地球のほうを押さえられるということだ。

決行する場合、家族そろっての永住をお勧めする。


79 :オーバーテクナナシー :2006/01/24(火) 00:55:59 ID:24R9cf35
>76
宇宙空間の施設や機器は打上げ国が責任を持つことになるから
永住目的の人間と滞在施設をどうやって打上げるかが問題だ。
まぁ、補給無しで宇宙空間に永住できる技術を開発すれば
そのライセンス料だけで何でもできそうだが。

裏技として科学調査目的の宇宙基地と言うことにすれば
永住しても文句を言われる筋合いはない。
ただ、他国の宇宙飛行士の訪問を受け入れる義務があるが。

ちなみにISSは「アメリカの宇宙基地に各国の実験装置を搭載してる」と
「各国の宇宙基地が軌道上で結合してる」のどちらの解釈にするかでかなりもめたらしい。


82 :オーバーテクナナシー :2006/01/24(火) 23:29:53 ID:NECrWvw0
>>79 国際協力で建設したISSでさえそんな問題があるなら、スペースコロニーはどうなるんだ?
あれこそ国際協力でなければ建設は無理だろう。
完成したあとも、どこの国の領土なのか領有権でもめるだろうし、中で生活する人達はどうやって決めるかなど。
国籍や民族、言葉や宗教などばらばらな人達がいきなり共同生活をするのかなどの問題がでてくると思う。


84 :オーバーテクナナシー :2006/01/25(水) 00:33:46 ID:LMkhH+qX
>82
コロニーを製造する技術が整えば、あたらしい条約が結ばれるでしょ。
宇宙条約の無い頃は、領空は上空へ無限に続いてたんだし…。
ちなみに現代では小惑星の資源を使って宇宙基地を建設することは
宇宙条約違反になる可能性が高い。

---------------------------------------------------------

85 :オーバーテクナナシー :2006/01/25(水) 11:02:12 ID:97OS6JxH
何年か前にディスカバリーチャンネルかヒストリーチャンネルのどっちかで
月移住に関するドキュメンタリー番組を見たことがあるけど
月で生まれ育った人は地球人よりも背が高くなるらしい。
子や孫の世代でも身長3mを超える。
何十世代も重ねると、もう地球人とは似ても似つかない、別の生き物になってた。
最初に地球から移住した人の子の世代でも
骨や内臓が弱くて月意外の場所では生きられない体になる。
月人にとって地球はテレビや本の中でしか知らない、近くて遠い星になる。
空を見上げれば地球は見られるんだけどね。


87 :オーバーテクナナシー :2006/01/25(水) 17:37:24 ID:TsvXB1TJ
>>85
そう考えると、今の人類がそのまま移住できるのは、スペースコロニーだけ
なのかなぁ・・・。
でも、コロニーも1Gじゃ月人とか火星人とかはコロニーに行けないわけで・・・。

子供のうちは軌道上の1Gステーションで育てるようにする?
短期的ならともかく、人口増えてくる長期だと難しいかなぁ?

---------------------------------------------------------

104 :オーバーテクナナシー :2006/04/12(水) 00:12:53 ID:iXtAmEGh
次スレ立てるときはぜひこの二つは1辺りに入れといて欲しい。

月探査情報ステーション
http://moon.jaxa.jp/
Web季刊大林 「月面都市2050」構想
http://www.obayashi.co.jp/kikan/tsuki/p01.html

---------------------------------------------------------

109 :オーバーテクナナシー :2006/05/04(木) 05:43:19 ID:YhFTYKAx
月を世界が語ったNASAの探査戦略ワークショップ
http://www.planetary.or.jp/magazine/YMC060503.txt

>ところで、この会議では不思議な事件が起きました。初日には確か
>にいた中国の代表6名が、2日目の分散会の時には、忽然と姿を消し
>たのです。このことは会議後の記者会見でも問題になり、NASA
>の副長官からも「なぜかは分からない」と答えています。これは
>NASAが中国を招待したものらしいので、常識的にはかなり理解
>に苦しむ性質の行動です。
(以下略)

対立・競争が深まっているのを良しと見るべきか、国際協力しろよ
というべきか、難しいところだな。

---------------------------------------------------------

133 :でゆん :2007/02/24(土) 21:20:40 ID:ZKf4z7vX
宇宙開発にかかる費用を劇的に下げるには、地球に近くて資源があり
重力が弱く大気のない月を利用するのが一番近道。
本格的な月面基地を建造する前に月の資源(ロケットの推進剤)を
開発することは可能だろうか?


134 :オーバーテクナナシー :2007/02/25(日) 09:26:06 ID:z2n/i/dY
推進剤って水素と酸素?水分解すんの?貴重な水を燃料に使って生活水大丈夫かな?


135 :でゆん :2007/02/25(日) 12:44:50 ID:rsW4FlIb
月の石から抽出した酸素だけでもいいんだけどね。


136 :オーバーテクナナシー :2007/02/25(日) 12:52:37 ID:z2n/i/dY
酸素だけでどうやってロケット飛ばすんだ?固体を気化させた圧力とか?


137 :でゆん :2007/02/25(日) 12:57:50 ID:rsW4FlIb
地上から打ち上げるロケットの酸化剤を減らせる。


138 :オーバーテクナナシー :2007/02/25(日) 13:13:37 ID:z2n/i/dY
還元剤は何にするんだ?地上って地球のことか?地球から還元剤を月に運んでロケット飛ばすのか?


139 :でゆん :2007/02/25(日) 13:26:53 ID:rsW4FlIb
月から地球低軌道まで酸素を運ぶ。
地球から打ち上げるロケットは低軌道までは燃料と酸素を燃やして飛ぶ。
低軌道で酸素を受け取り、地球から持ってきた燃料を燃やして残りの行程を飛ぶ。

ロケットの初期重量を軽くできれば意義はあるんじゃないかと。
低軌道までしか飛ばないロケットには使えないけど。


140 :オーバーテクナナシー :2007/02/25(日) 13:40:38 ID:z2n/i/dY
今のロケットを考えると荷物の重さに対してロケットや燃料の重さのほうがはるかに重いぞ。
ロケット自体の初期重量をとてつもなく軽くできないかぎり無理だろ?
そんなこと考えるより月の鉱物から水素(ないかもしれんが)をとりだす方法考えたほうがいいぞ


142 :オーバーテクナナシー :2007/02/25(日) 14:15:57 ID:vKysVPpS
>月の鉱物から水素(ないかもしれんが)をとりだす方法考えたほうがいいぞ
陽子を含まない原子はないから、加速器で原子核を破壊すれば水素は得られる。
電気をジャンジャン使ってしまうのが難点

---------------------------------------------------------

145 :オーバーテクナナシー :2007/02/25(日) 14:43:44 ID:12ap9hQk
>>140
微粉末化した月の石を使うといったアイデアもあるよ。
水素に比べれば効率は悪くなるけれど、軌道に上げるコストはかなり抑えられるから。


146 :オーバーテクナナシー :2007/02/25(日) 14:46:48 ID:Tvf0kMPw
>>139
>地球から打ち上げるロケットは低軌道までは燃料と酸素を燃やして飛ぶ。
>低軌道で酸素を受け取り、地球から持ってきた燃料を燃やして残りの行程を飛ぶ。

地表から低軌道に上がるのに必要な増速の方が低軌道から残りの行程の増速よりも
大きいのだが。

>月から地球低軌道まで酸素を運ぶ。
その酸素を積んだコンテナが月を出るときはマスドライバーか何かで加速すれば推進剤は不要だが、
低軌道で受け取るには推進剤を使って減速してやる必要があるわけだが。


148 :でゆん :2007/02/25(日) 17:56:31 ID:rsW4FlIb
太陽風由来の水素が月にはあるんじゃないかと言われてはいる。どうやって
取り出すかな。

>>146
>>地表から低軌道に上がるのに必要な増速の方が低軌道から残りの行程の増速よりも
>>大きいのだが。
例えば静止軌道に打ち上げる価格は低軌道に打ち上げる価格のおよそ10倍にもなる。
低軌道以遠の打ち上げ価格を抑える手段でしかないことは書いた。


152 :オーバーテクナナシー :2007/02/25(日) 20:21:38 ID:VFv33ofo
>>146
>低軌道で受け取るには推進剤を使って減速してやる必要があるわけだが。

大気ブレーキで減速できるな。
いわゆるバリュートか耐熱シールド


153 :オーバーテクナナシー :2007/02/25(日) 20:25:52 ID:6/rlSoth
>>152
再突入しない減速ならエアロキャプチャの方が一般的な気がする。


162 :オーバーテクナナシー :2007/03/04(日) 16:18:04 ID:P4fXlLio
>>139
永久影から水、月砂から酸素は無人でも先行採取可能じゃないかな。探査や実験兼ねて。

ただ、資源量からして月から地球への燃料に使うには貴重すぎる気が。地球軌道上では
素材面で困難なローターベータを月軌道上で早めに実証実験してみたらどないか。

---------------------------------------------------------

あとがき
どうせあれだ、あと何十年かしたら中国、ロシア、アメリカあたりが
頭のはるか上でドンパチやるんだろ。


寒くて仕方が無い。
ついつい紳士用のタイツを下に履いてしまう
小学生の頃は一年中半ズボンで平気だったのにな

---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://occult.blog62.fc2.com/tb.php/215-4c6cfaa8

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

 

とりあえず太陽電池設置して,
多くのエネルギーが必要なことは月面でやってから
地球に結果だけ持ってくるのはどうか?

大量のサーバを月面において計算結果だけ地球で受信とかな。

  • 2007年03月21日 00:40
  • ボブ #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 


月って基本隕石が降り注いでる=隕鉄が地表にある、ってことでしょ?
だったらさ、鉄粉末をのっけて、太陽光で発電した電力でもって
強力な電磁場を発生させて、それで鉄を後ろに吹っ飛ばして
ロケットを飛ばす事はできないかな?(レールガンの要領で)

  • 2007年06月23日 06:48
  • A #QMnOeBKU
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。