週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マヤ文明

マヤ文明

1 :世界@名無史さん :2005/10/02(日) 18:17:42 0
『マヤ文明』の特徴としては、

①青銅器や鉄器などの金属器をもたなかった。
②車輪の原理は、土偶などの遺物に出てきたが、実用化されなかった。
③牛や馬などの家畜を飼育しなかった。
④とうもろこしやラモンの木の実などが主食だった。
⑤段々畑で作物をつくり、湿地については、一定の間隔に幅の広い溝を掘り、
  掘り上げた土を溝の縁に上げその盛り土の部分にカカオなどを植えた。
また、定期的な溝さらえを行うことで、肥えた水底の土を上げることによって、
自然に肥料の供給をして、農作物の収量を伸ばすことができた。
⑥二十進法や零の概念を用いた。
⑦数字は、点(・)を1、横棒(-)を5と表現したり、象形文字で表現された。
⑧マヤ文字や持ち送り式アーチ工法など高度な建築技術、
かなり正確な暦などを持っており、星の軌道も計算していた。

これらのことからかなり高度な文明だったと推測できます

---------------------------------------------------------

3 :1 :2005/10/02(日) 18:22:06 0
一周期を260日とするツォルキン(暦)と呼ばれるカレンダーと、
一年を365日とするハアブ(暦)と呼ばれるカレンダーがあった。

約52年で、ツォルキン暦とハアブ暦の組み合わせが一巡することをカレンダー=ラウンドという。

更に、長期暦(ロング=カウント;Long Count)と呼ばれる長周期のカレンダーがあり、
《キン》=1日、
《ウィナル》=20キン、
《トゥン》=18ウィナル=360キン、
《カトゥン》=20トゥン=7200キン、
《バクトゥン》=20カトゥン=144000キン、
で構成され、紀元前3114年から換算した日付けが石碑、記念碑、王墓の壁画などに描かれている。


4 :世界@名無史さん :2005/10/02(日) 18:23:09 0
暦に関してはそんなに正確じゃなかったとする論文でているそうだ。
そりゃ、西洋文明より高度だったとすると凄いんだけど…。

---------------------------------------------------------

10 :世界@名無史さん :2005/10/02(日) 18:35:42 0
王や后は、神聖なる王家の血の献上を毎日、神にしなければなかった。
舌や腕や性器を刺した出血を布につけ燃やし、神に献上した。

戦争の目的も、領土や宗教等の問題ではなく、もっぱら生贄の補充の
為に行われていた。戦争でも殺戮より捕虜にする事が重要目的なので
効率的な鋭利な武器が発達せず、もっぱら棍棒、長杖のような打撃兵
装が中心だった。車輪はマヤの生活環境である密林・低湿地では不向
きだった。

---------------------------------------------------------

55 :世界@名無史さん :2005/10/05(水) 21:59:55 0
1年でどれくらい生贄の心臓を抜いていたんだろね。
スペイン人もびびっているが。


57 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/10/05(水) 23:12:22 0
>>55
マヤでは>>10にあるような自己犠牲儀礼が普通でした(特に古典期)。
生贄(ル)の場合も、敵対都市の王族がよく供されました。
時代が新しくなるとトルテカの影響か頻繁に捧げることが多くなりましたが。


58 :&rlo;水&lro;( ´,_ゝ`) ◆TCygujgOWY :2005/10/06(木) 01:59:30 0
>>55
祭りのときに数人捧げるくらいじゃね?
アステカよりははるかに少ないよ。
例えば、アギラールとゲレロが漂着したとき20人漂着したんだったか?
数人ずつ減っていったとかそんな事が記録されていたと思うが記憶違いだったかなぁ。
アステカみたいに大規模な対外戦争も少ないから生贄も確保できないしね。

---------------------------------------------------------

69 :China garden :2005/10/08(土) 20:56:27 0
マヤの翡翠製品に萌えますね。あれほど精緻な翡翠製品を作った文明は、
中国を除いたらマヤぐらいしかないでしょうね。金属器がなかったのに
どうやってつくったのでしょうか。マヤ人も玉を神聖なものとみていた
のでしょうか。


70 :&rlo;水&lro;( ´,_ゝ`) ◆TCygujgOWY :2005/10/08(土) 22:33:36 0

>>69
石で研磨だろ。金属加工できないがそれは高温炉の技術が乏しいからだな。
ヒスイは宗教的な物にも利用されてたから、神聖なものと考えていたんじゃないかな?
魔力がやどってるとかそんな理由だったと記憶してる。

---------------------------------------------------------

71 :世界@名無史さん :2005/10/09(日) 00:29:07 0
神殿の柱1本毎に処女を埋めてたのはどこだっけ?

王様をみんなミイラにしてたのはエジプトと同じだろ。


75 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/10/22(土) 08:37:19 0
>>71
ミイラにしていたのはインカの方です。

---------------------------------------------------------

86 :世界@名無史さん :2005/12/15(木) 01:50:01 0
すごく疑問なんですけど、鉄のノミもハンマーもないのに
どうやってパレンケとかのあんな緻密な石材装飾したの?
あと、天体観測とかするのに測量器具とか金属以外のどんな素材で作ったわけ?
インカやアステカあたりから金属器が伝わった可能性はないの?


90 :世界@名無史さん :2005/12/15(木) 12:29:49 0
>>86
石材装飾→石器でコツコツ頑張った。職人さん超SUGEEEEE、GJ!

天体観測→建物に窓作って、そこから眺めた星の位置を記録。

伝播→全盛期の時期を比べてみよう。ちなみにパレンケは、紀元後750年ごろには衰退してるし。


95 :86です :2005/12/16(金) 00:05:43 0
>>90
レス有難うこざいますm(__)m
なるほど、石材加工は硬い石でコツコツやったんですね。
天体観測は目視観測ですか、視野固定用に竹筒など使わなかったんでしょうか?


96 :世界@名無史さん :2005/12/16(金) 01:08:34 0
ティカルとか見るとはっきりわかるけど、マヤの遺跡って「白い」でしょ?
レリーフ彫ってる石、石灰岩。柔らかいから加工しやすい。


97 :世界@名無史さん :2005/12/16(金) 14:15:27 0
>>95
コデックスに、棒をX字型に組んだ奴を目の前に置いてる図があったりします。


98 :世界@名無史さん :2005/12/16(金) 14:39:19 0
>>96
マヤの遺跡が白いのは石積んだ上から漆喰を塗っているからですね
レリーフや彫刻に石灰岩、砂岩が多いのは事実ですが

---------------------------------------------------------

112 :世界@名無史さん :2005/12/23(金) 10:10:01 0
マヤ文明の衰退はトルテカ王国の侵略によるものだという話を最近聞いたんだがね。
どうなんだろう。
トルテカ人はアジアのモンゴル人よろしくメソアメリカ全域を荒らしまくったらしいね。
生贄儀礼もトルテカ人によって過度に発達させられたらしいけど。思うのだが、
生贄が神への供物というのは表面的な理由で、真の理由は他の民族を恐怖させて屈服させる
ためではなかったろうか?
広範な征服活動の過程で軍事国家化したトルテカ王国が、メソアメリカ文明をある意味歪めて
しまったのではないかな、と最近妄想している。


116 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/12/23(金) 12:06:02 0
>>112
どちらかというと古い説です。
トルテカの都とされるトゥーラ・ヒココティトランと
チチェン・イツァの類似性から出された説ですが、
統一国家としての「トルテカ」は否定されています。

とはいえ、マヤの末期にメキシコ系諸族の侵入があったことは事実ですが、
それ以前から諸都市は衰退していました。


120 :世界@名無史さん :2005/12/24(土) 12:10:29 0
>生贄が神への供物というのは表面的な理由で、真の理由は他の民族を恐怖させて屈服させる
>ためではなかったろうか?
>広範な征服活動の過程で軍事国家化したトルテカ王国が、メソアメリカ文明をある意味歪めて
>しまったのではないか
>>112
面白い仮説だと思う。確かにアステカ帝国の生贄儀式は常軌を逸している感じが・・・。
マヤ以前の生贄については良く知らないけど、こういうこと言えるんでしょうか?


126 :世界@名無史さん :2005/12/25(日) 17:17:45 0
>>120
前段の、大規模人身御供の恐怖政策的側面はちょくちょく言われてますね。
旧世界でも初期の広域帝国(アッシリアとか)がその手の「恐怖の効果」を狙う戦略を採ってますし。

「トルテカ王国」は実在しなかったんで、この場合はチチメカ諸族(北方狩猟民)の
メキシコ侵入後ってことになりますか。

人身供儀とか放血儀礼とか(それ自体は元からあった)が、
それから規模を大きくして行く傾向はあったんでしょうね。

一応「メソアメリカ文明をある意味歪めて」って言い回しは、
現代からの価値判断が入ってくるんであんまお奨めできませんね。


127 :世界@名無史さん :2005/12/26(月) 23:48:48 0
人身御供はかつて世界中でありましたが、殷とか、カルタゴとか、古代ローマ・ギリシシャ、日本で囁かれる人柱伝説、
垂仁天皇の殉死禁止令・・・。しかし、後世になるにつれて人身御供は衰退して、全く禁止されるようになるという
傾向が見られます。この傾向は洋の東西を問わないと思います。

しかし、アステカで不思議なのは逆の推移をたどっているように見えるんですよ。
そりゃインカでも生贄ありましたし、古典期マヤでもあったようですが、万単位の人間を捧げ、生贄獲得の戦争まで
やったというアステカに比べれば遙かに抑制が効いてます。インカの生贄は気象異常や災害時だけですよね(ここら辺
知識が曖昧ですが)。まあインカはメソアメリカ文明圏ではないですが。
チチメカ諸族の侵入と広範囲に渡る征服というのが、その理解の鍵になるというのは
なるほどなぁと思います。どうも伝統的な慣習が自然に発達してああなったとは言いにくい気がする。
大きく逸脱している気がするんですよ。大規模な征服を行った勢力が、恐怖に訴えて支配を維持しようとする図式はちょくちょく
見られると思うのですが(アッシリアやモンゴル)、トルテカ~アステカのラインもこれじゃ
ないかなという気がします。と、いうかそう考えるとなるほど俺にとっては理解しやすくなるというか。
なんか、このあたりのこと研究した例ってないですかね。


131 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/12/31(土) 22:42:10 0
>>120 >>127
マヤでは王・貴族・神官の自己犠牲儀礼が主流でした。
アステカあたりでは明確に「力の支配」の目的もあったといえるでしょうが、
トルテカでは微妙なところかと…。

---------------------------------------------------------

147 :世界@名無史さん :2006/03/26(日) 22:17:37 0
オルメカ文明とマヤ文明の間には断絶があるのでしょうか。
あるいは継続的に継承発展させた後継文明的な位置づけなんでしょうかね。
基壇ピラミッド、球戯場、象形文字、計画都市、と後代まで続く
古代中米文明の基礎を生み出しながら、なぜか影薄く扱いも少ないオルメカ文明キノドクス


151 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2006/04/25(火) 22:15:48 0
>>147
暦と数字は確かに連続性があるようですが、
直接的な関与はさほどないのでは。

---------------------------------------------------------

174 :世界@名無史さん :2007/02/16(金) 00:29:38 0
マヤとアステカの違いがわからない…
あのピラミッドみたいなのがあるチェチェンイッツァ(?)はどっち?


177 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2007/03/10(土) 21:58:00 0
アステカとマヤって実は時代が違うんですよね…。

チチェン・イツァはアステカの
以前のトルテカのトゥーラに酷似の都市ですし。

---------------------------------------------------------

あとがき
俺が神様だったらちんこから出た血は勘弁してほしいな。
ちょっと嫌。


---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://occult.blog62.fc2.com/tb.php/214-9423c8f8

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

 

まんk(ry

言わずもがなだな・・・失礼した。

  • 2007年03月15日 16:44
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

経血かと思ったら………
まじいてーじゃん(´д`;)確かに嫌だな

  • 2007年03月16日 13:03
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

あとがき笑ったww

  • 2007年03月20日 18:57
  • 名無しさん #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

これ見てけっこうおもしろいなーと思いますよ[^-^]

  • 2007年07月23日 20:10
  • h・a #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。