週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚竜・首長竜・モササウルス

恐竜じゃないよ
魚竜・首長竜・モササウルス

1 :名無虫さん :02/11/16 11:01 ID:AZmi5EnW
中生代の海生爬虫類について語りましょう。

---------------------------------------------------------

2 :名無虫さん :02/11/16 12:12 ID:GpnGdGFp
>>1
そんなあなたに
http://www.oceansofkansas.com/

---------------------------------------------------------

14 :名無虫さん :02/12/08 18:33 ID:pIh8hgPh
首長龍とプテラノドンが海面上で喧嘩している挿絵がよくあるが
決着はつくのだろうか。

---------------------------------------------------------

53 :名無虫さん :03/07/04 16:09 ID:???
プリスティチャンプサス
ひづめがあり、かわいた陸地を軽快に走りまわり、牛や馬の先祖をつかまえて食べた.
そんなワニなんだか嫌だ。

---------------------------------------------------------

59 :名無虫さん :03/10/11 00:29 ID:abjcFBwI
フタバスズキリュウって、鰭にサメの歯が食い込んでて
故にサメに襲われて死んだ事になってるけど、それなら
死体はズタズタにされて骨格が綺麗に残ったりはしないんじゃ
なかろうか。サメに噛まれた(事がある)のは確かだろうが、
少なくともその場で食い殺された訳じゃないだろうと思うん
だけどどうよ。


64 :名無虫さん :03/10/12 20:23 ID:fbNM3uXz
>フタバスズキリュウ
噛み傷が治った痕跡があるかどうかわかれば良いんだが…
なければ(喰われるのは免れたものの)結局傷のせいで
死んだのだろうし、あればその後数年は生き続けられたん
だろうし。


65 :名無虫さん :03/10/13 23:47 ID:NouAyjMv
今の海でも、大型のサメが襲うのはアザラシやイルカなど自分より小さい海獣
で、大きなクジラの、それも健康な成体を襲うなんて話は殆ど聞いたことがな
いよね。


67 :名無虫さん :03/10/14 22:32 ID:???
海棲爬虫類が栄えていた頃、既に現代型の大型のサメも出現しており、
クレトキシリナのような大型のサメの歯が脊髄に食い込んだモササウルス類
の化石は良く見つかっている。恐らく大型のサメがモササウルス類や
プレシオサウルス類を餌にしていたのはほぼ間違いない。
その逆に、海棲爬虫類も当然サメを襲っていたろう。ただサメは歯以外
めったに化石にならないから、モササウルス類に襲われた痕跡のある
化石なんてのはまず見つからないんじゃないかな。

---------------------------------------------------------

69 :名無虫さん :03/10/28 16:34 ID:???
で・何を根拠に爬虫類とされたの?


70 :名無虫さん :03/11/04 23:36 ID:XCJJZhwl
モササウルスは現生のオオトカゲに近いから間違いなく爬虫類だが…
魚竜や首長竜はどうなんだろう?
爬虫類の定義は「有羊膜類のうち哺乳類と鳥類を除いたもの」(だっけ?)
あとは骨格から両生類でないことを証明すれば、自動的に爬虫類になるとか。


71 :センザンコウ :03/11/04 23:53 ID:???
首長竜は変温動物なんですか?


72 :名無虫さん :03/11/05 18:18 ID:???
例えば適応拡散で鳥が海に適応してイルカ型になったら
やっぱり爬虫類ってことになっちゃうのかな。
直立するはずの足が鰭になるほど形が大きく変わっちゃったら
わかんないだろうし、鳥と爬虫類は。

どうなの?


73 :名無虫さん :03/11/06 21:31 ID:SPsKq7A8
>>71
いちおう変温動物ということになっているようです。ただ、彼らの中には
極地の海に棲んでいたものも少なくないようで、おそらくは慣性恒温性だった
のかと。

>>72
陸の哺乳類から進化したクジラはやはり哺乳類であり、所詮魚にはならないのだから
鳥類起源の海棲動物もやはり「鳥」でしょう。ただ、そいつらは尻尾を推進に使う
ことはないだろうから魚形にはならず、歯がないとか尾が短いとか手の指がせいぜい
1~2本しかないとかいう鳥の特徴は残しているだろうから、典型的な爬虫類とは
簡単に見分けがつくかと。

---------------------------------------------------------

76 :名無虫さん :03/11/10 20:49 ID:7gZ/47yo
海ワニっちゅうのは居たけどなぁ。真の恐竜では海どころか水棲種
(と断言できそうなもの)は知りません。
鎧竜やプロトケラトプスが半水生だったかも?というレベル。
海は無理でもビーバー型とかカワウソ型、いっそワニ型恐竜とか
いたら面白いんだが。


77 :名無虫さん :03/11/11 09:50 ID:OP73J6bz
海ワニってメトリオリンクスだっけ?

恐竜では、スピノサウルスやバリニクスの仲間が魚食性で、
本によっては半水棲の生活(現生のワニのような)をしていたと書かれている。

あと、エドモントサウルスなんかもカバ的な生活とかいうのも
どこかで読んだような気が・・・

---------------------------------------------------------

92 :名無虫さん :03/12/10 18:50 ID:t1/Gx6W+
どうしてサメは生き残ったのに海生爬虫類は絶滅しちゃったの?


93 :名無虫さん :03/12/11 23:07 ID:KQ3W51cV
それもだが、既にサメがいた海に、新生代に入ってからどうして哺乳類が進出出来たのだろう?


94 :名無虫さん :03/12/11 23:15 ID:TIzKbRny
つまりサメは食物連鎖の頂点にも立ってないし主役になれなかったということか?
それとも海は広くてつながってるから?サメの活動できない低温地域で進化して
温暖な海に進出できたとか?


95 :名無虫さん :03/12/12 05:14 ID:???
いや、いきなり温暖なところからでも可能じゃないかな。
陸棲→半水棲→水棲みたいに適応して。
だって、ほら人間みたいにとろいのですら沿岸部なら普通に泳げるよ。
そりゃ昔は今よりはサメも多かったろうけどさ。
中型以上の哺乳類の脅威になるような固体は、数が少ないか外洋棲
と思うし。

なんか鯨が外洋に進出した頃は、まだ泳ぎや索敵なんかがへぼくて
メガロドンだかの大型のサメにカモられてたらしいから、やっぱ根性
で適応していったんだよ。たまに食われながら。

---------------------------------------------------------

130 :名無虫さん :04/10/20 20:04:06 ID:JMCMWmmt
質問があります。
魚竜のミクソサウルスとイクチオサウルスには鰭脚の指骨に違いがあるのですが
どうして(またはどのような環境圧が働いて)鰭脚の指骨に変化が生じたのかどなたか
教えてください。おねがいします。


131 :名無虫さん :04/10/30 23:58:03 ID:i82MOTo+
水棲への適応につれて指の骨の数が増えてくるというやつですか?
理由はよくわからないけど、鰭をしなやかに曲げる為の適応とかでしょうな。
素人考えだと、鰭なんて単純で良さそうな感じがするので
むしろ骨が癒合して一枚板になる、ってんならまだ判るんだが。
(余談ながら、ステラーカイギュウの前鰭は指がなく二の腕で出来ている。
手首から先が完全消失してるんである)


135 :名無虫さん :05/01/05 16:38:59 ID:???
>>131
>余談ながら、ステラーカイギュウの前鰭は指がなく二の腕で出来ている。
手首から先が完全消失してるんである

これ結構凄いよな。こんな生物は過去にも現在にも他にはいない。
クジラだって何だって指の骨が有るのに。まぁ適応方向の差なんだろうが。
俺は最初不完全な骨格だとばかり思ってた。
そういや歯も無くて骨の一枚板になってるな。

---------------------------------------------------------

168 :名無虫さん :2005/07/11(月) 13:45:47 ID:???
四肢が鰭に進化した鰐がモサウルスだと思ってた。
頭蓋骨とかどうなってるのかな?


169 :名無虫さん :2005/07/11(月) 14:04:13 ID:???
>>168
海トカゲとは別に海ワニってのもいた。


170 :名無虫さん :2005/07/11(月) 21:31:50 ID:ISfO9lvL
海ワニは大きなものでもせいぜい6メートルくらいだったらしいが、
モササウルス類には10数メートルにもなるものがいた。
海ではワニよりトカゲの方が大きくなったってのも不思議だ。

もっとも、この両者は生息年代は重ならないから(海ワニ→ジュラ紀後期、モササウルス→白亜紀後期)、
モササウルスの登場で海ワニが衰退したってわけでもないらしい。


171 :名無虫さん :2005/07/11(月) 23:02:31 ID:???
>>170
海トカゲの登場は魚竜の減少に原因があるような気がする。
彼らの後釜って事。

鯨も魚竜もそうだが、海の遊泳に完全適応した生物の初期は
ウナギのように長くなる場合が多い。
海トカゲも体が長かったが、白亜紀末期の絶滅が無ければ、
もしかしたら魚竜体型になったかもしれない。

---------------------------------------------------------

183 :名無虫さん :2005/08/03(水) 00:17:14 ID:???
ところで、以前はヘビの祖先は地中性のトカゲ
(肢がなくなったのも穴の中で邪魔だから退化したから)
とされていたが、最近は水棲トカゲが先祖、それもヨーロッパの海から
アジアの淡水域へと誕生の地?が変わってるみたい。
地中説っていつの間に否定されてるの?


185 :名無虫さん :2005/08/08(月) 01:02:36 ID:MxsaTGqJ
>>183
スレ違いだが、最近ミミズトカゲはヘビともトカゲとも違う独立の亜目とされるようになったよね。
つまりトカゲの中から
地中生活に適応して進化したのがミミズトカゲ
水中生活に適応した後、二次的に地上生活に適応したのがヘビ、ってことじゃないでしょうか?

だとすると、ミミズトカゲが眼を失い、ヘビは全く失っていない(しかし透明な鱗で覆われている、
これは水中生活時のゴーグルのようなものだった?)のも説明がつくと思うんだが・・・

---------------------------------------------------------

165 :名無虫さん :2005/05/28(土) 19:48:19 ID:???
Newton最新号でフタバスズキリュウの記事がでてるが、学名は
未だ申請中で決まってないらしい。
「双葉層で鈴木氏が発見した首長竜」という意味になるそうで
スズキイとかフタバエンシスとか付くのは確定だろうが
あまりにも面白みに欠ける名前だよね。
40年もかけて思いついたのがそれかよ!みたいな。


213 :名無虫さん :2006/05/16(火) 21:23:18 ID:vhpzZSoh
>>165
結局ほぼ1年かかってしまったか・・・フタバサウルス。


214 :名無虫さん :2006/06/05(月) 04:30:19 ID:EsWvEMYc
ひねり・・・ないなぁw
フクイラプトルなどもそうだが日本の恐竜の名づけ方は適当すぎる
発見者の名前は消されちまったのね


215 :名無虫さん :2006/06/05(月) 10:32:52 ID:???
>発見者の名前は消されちまったのね

つ【種小名】


218 :名無虫さん :2006/07/08(土) 20:43:51 ID:WrujYY4W
のび太の恐竜では、フタバスズキリュウが卵で生まれる設定だったな


219 :名無虫さん :2006/07/09(日) 13:17:36 ID:???
上陸して産卵してたのか?
海亀みたいだなw

魚竜は卵胎生だったけど、首長竜や海トカゲはどうだったのかな。


220 :名無虫さん :2006/07/10(月) 01:11:59 ID:???
>>219
今じゃどっちも卵胎生説が有力。

ピー助の卵は化石化の過程で母親の死骸の
体の中から転がり落ちたんじゃね?

---------------------------------------------------------

221 :名無虫さん :2006/07/14(金) 23:17:08 ID:???
首長竜・海トカゲと違って海ガメや海ワニが巨大化しなかった
(せいぜい5㍍くらい)のは、やはり卵胎生になれず
陸上に産卵せざるを得なかったせいなのかね。
なんでトカゲに出来てワニ・カメに出来ないのかは分からないけど。


226 :名無虫さん :2006/07/22(土) 21:59:03 ID:???
>221
アーケロンも5メートルぐらいだっけか。
どっちかってーとでかくなり過ぎて上陸できないから
卵胎生になったって事だろうと思うけど。


228 :名無虫さん :2006/07/28(金) 00:54:07 ID:CyO7QDhz
>>221
主竜類のカメ・ワニは固い卵殻があり、それゆえ卵胎生になれないって聞いたぞ。
鳥類もペンギンなんか、卵胎生になった方が便利そうなのになれないし。

対して鱗竜類のヘビ・トカゲは弾力性のある膜状の卵殻しかなく、それゆえ卵胎生への移行は比較的簡単らしい。
コモチカナヘビなど同一種の中で地域によって卵生になったり胎生になったりするくらいだし。

ちなみに卵生哺乳類のカモノハシやハリモグラも、固い卵殻ではなくやわらかい膜状の卵殻だそうだ。
哺乳類の胎生も、固い卵殻を持たないゆえに始まったってのはちょっと不思議。

---------------------------------------------------------

246 :名無虫さん :2006/08/20(日) 01:05:34 ID:k8/V1hg1
つーか、中生代の爬虫類だって恐竜や翼竜や海生爬虫類といった大物ばかりじゃない。
もっと小さく、地味で、目立たないグループもたくさんあった。
何故そいつらはワニやトカゲのように生き残れなかったんだろう?
「恐竜は温血だったが故に絶滅し、爬虫類は冷血だったが故に生き残った」なんて言ってる奴もいるらしいが、
恐竜とかのスター級以外のマイナー爬虫類のことは全然考えてないんだよな・・・


247 :名無虫さん :2006/08/20(日) 11:29:39 ID:???
ヒファロサウルスは体長30cmぐらいの、超小型な首長竜だよ。
化石もクネクネ首が曲がってたりして、かわいいよ。

---------------------------------------------------------

303 :名無虫さん :2006/12/08(金) 01:51:57 ID:RITeEHpA
骨格模型の画像ない?


304 :名無虫さん :2006/12/08(金) 02:36:32 ID:???
http://www.geocities.com/sea_saur/kronosaurus.jpg
クロノサウルス

---------------------------------------------------------

306 :名無虫さん :2006/12/09(土) 23:39:35 ID:pCXkRYpe
ダンクレオステウス
http://www.afpbb.com/article/1132458
咬む力5300ニュートンって0.5トンってこと?
これだとライオンや熊より少し強いって程度になると思うが・・・


309 :名無虫さん :2006/12/10(日) 00:59:27 ID:???
ダンクは顎の力5t


310 :名無虫さん :2006/12/10(日) 11:17:14 ID:9Y5XfMhd
ありがとう、0.5トンってありないと思ってたもので。やっぱりそのくらいはあって当たり前の顎ですよね。

---------------------------------------------------------

あとがき
おまけ
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/5218/

今年はあと一回だけ更新します。
多分29日ごろ。
帰省したら大掃除やなぁと思ってたら母ちゃんがもうあらかたやっちまったそうな。
親父の仕事相手が来たかららしいんだが、やる時はめんどくさいけど
やらないならやらないですっきりしないんだよな。

---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://occult.blog62.fc2.com/tb.php/192-225d7d01

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

 

太字の文v-91
たまにモササウルスは、サメに襲われていたそうですね。

  • 2008年01月14日 18:50
  • とし #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。