週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登山中に経験した怖い事【滑落・雪崩・道迷いetc】

登山中に経験した怖い事【滑落・雪崩・道迷いetc】

1 :底名無し沼さん :2005/10/18(火) 11:24:03
某スレにて要望があったので立てますた
ちなみにおいらは某ヤブ山の1000㍍地点にてヤブコギ中に
メガネをヤブに引っ掛けて落としてしまい
極度の近眼のため横山やすし状態になってしまい
命からがら下山した経験があります

---------------------------------------------------------

6 :底名無し沼さん :2005/10/19(水) 02:11:41
こんなジメジメした夜には人魂の二つや三つ飛ぶかと思うと
きんたまが縮み上がった。
同行していた女性は墓地に出られてほっとしたと言っていた。
「すみません、おじゃまします」と言いながら通過していた。
こういうシチュエーションでは男より女のほうが強いかも。
だってきんたまついてないもんな。

---------------------------------------------------------

11 :底名無し沼さん :2005/10/22(土) 12:14:39
縦走路 宿泊予定の水場が見つからない。暑い日で 水筒の水はもうない。他に持っている飲み物(?)は
ウイスキーと加糖練乳。通り過ぎたのか と登山道を戻ったりしているうちに 日没が迫る。
パニクリかけていたところに むこうから3人の登山者。ラッキー 水場を尋ねようと思った瞬間
おりからの風がやみ 3人が消えてしまった。
驚いて確認すると 風でめくれた 大きな裏側の白い草の葉が人の顔に見えたらしい。
でも 見えたんだよね 男2人女1人のチェックのシャツを着た3人組が。
自分が狂いかけているという感覚は すさまじく怖かった。
これはヤバイと その場でテントを張って 1泊。渇きと地面の傾斜のため ほとんど眠れなかった。
翌日 エスケープルートから下山。途中の水場での水の旨かったことといったら。

怖いことも多いけど 単独行は やめられません。

---------------------------------------------------------

36 :底名無し沼さん :2005/10/26(水) 09:26:24
一番怖いのは 林道の終点あたりで 大量の草の葉を車に積み込む
体格のいいおじさん達に出会うこと。
生還して語る人がいないので 知られていませんが。

---------------------------------------------------------

90 :底名無し沼さん :2005/10/28(金) 13:54:24
美濃の低山にはまってた頃 田んぼの草深いあぜ道で前方に蛇
真横に蛇後方に蛇、足元にも蛇周りは蛇だらけまさに蛇の巣
に入り込んだ感じ。さすがあれだけ蛇がいると気持ち悪い。
ヤマカガシとシマヘビだったと思う。湿っぽい側溝は無数の
蛇が絡みあってた。

---------------------------------------------------------

114 :底名無し沼さん :2005/11/18(金) 15:13:33
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/owarai/1129827049/539-542

この話が面白かった。

---------------------------------------------------------

133 :底名無し沼さん :2005/11/25(金) 17:20:53
20年ほど前、奥穂~西穂を縦走中のこと。
馬の背を下ったコルで一服していたら、突然冷蔵庫ほどの大きさの岩が落下。
「ガラン」という一瞬の乾いた音の後、静寂の中を巨岩が目の前を通過し、
数秒後すさまじい音をたてて白出沢へ落ちていった。
それが、これから登るロバの耳のルートの岩であることを理解した時、下半身がガクガクと震えた。
恐怖で体が震えるのは初めての経験だった。

あの時、一服していなかったら・・・
奥穂~西穂みたいな所は、運が悪いと誰でも命を失う。

---------------------------------------------------------

177 :底名無し沼さん :2005/12/15(木) 09:47:32
登山中の話ではないが、熊の話が出たのでひとつ。
富良野の吹上温泉に向かってMTBで急坂をえっちらおっちら登ってるときに
50mくらい前方の林道脇からデカい羆が現れたことがある。
速攻Uターンしてわき目もふらず逃げたから追ってきたかどうかはわからない
(追っかけられてたら下りでも追いつかれてるはず、と言われた)
けど、自分より下手に現れてたら俺食われてたかも、と思うと
下界に下りてからしばらく膝の震えが止まらなかったよ。

---------------------------------------------------------

194 :底名無し沼さん :2005/12/18(日) 11:18:54
20年も前だが、春に立山登山をしたとき前のほうにいた
グループの一人が雪渓から滑落していった。

即日地元のニュースに出た訳だが、発見されたのは事故から3日後で、
発見後のニュースで300メートル滑落と言っていた。

落ちる瞬間を見たときはかなり驚いた記憶があるな。
神隠しのように一瞬で消えるんだから。
で、落ちた先を見ようにも霧で見えない。
目視できる範囲に荷物が散乱してて恐怖以外の何者でもなかった。

まだ熊のほうがましだな。

---------------------------------------------------------

233 :底名無し沼さん :2006/01/13(金) 15:14:11
僕の知り合いは天保山で遭難、そのまま夏までみつかりませんでした。

---------------------------------------------------------
あとがき
山といえばあれだな。
昔テレビでやってた中国の野人。
「馬場さん何やってんの?」ってオモタ

ようやく暖かくなってきましたね。
寒いの嫌いなので嬉しい限りです。
ただ、暑いのも嫌いなのであと三ヶ月もしたらまた地獄だな

---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://occult.blog62.fc2.com/tb.php/18-a1ced1e8

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

 

>>114が見れないヨー;;

  • 2006年04月25日 03:49
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

>天保山で遭難
ネタだといいが、マジなら怖いな‥

  • 2006年04月26日 07:35
  • トンちゃん #dxh2Uhv6
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。