週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じようと、信じまいと― 6

信じようと、信じまいと― 6

1 :本当にあった怖い名無し :2006/08/05(土) 11:46:25 ID:KFKOFkA70
信じようと、信じまいと―

ある者の元に差出人不明の手紙が届いた。手紙の指示では、この
手紙にあなたの知るロアを一つ加えて、一人の人間に送れ。だが
彼は指示に逆らい、不特定多数の者にロアを広めた。彼がいなく
なった後、新しいロアが追加された手紙がまた誰かの元へ届いたという。


信じようと、信じまいと―
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1061661411/
【噂が】信じようと、信じまいとー2【事実に勝つ】
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1062638929/
信じようと、信じまいと― 3
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1083596825/
信じようと、信じまいと― 4
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1116860370/
信じようと、信じまいと― 5
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1140898116/


まとめサイト
http://ende.s53.xrea.com/netlore/

---------------------------------------------------------

30 :本当にあった怖い名無し :2006/08/12(土) 18:49:10 ID:5cbCjP3N0
信じようと、信じまいと―――

自殺の名所としてよく知られる、富士の樹海。毎年多くの人々がそこで命を終わらせる。
静岡県や山梨県の県警、救助隊、自衛隊の人々がそんな人々の遺体を回収するため
毎年何度かきちんとした装備で樹海へ入る。だが彼らは時々信じられないものを発見する。
完全な装備でも入ることが困難な奥地に、ぽつんとそろえられた、まだ新しいハイヒールを。

信じようと、信じまいと―――

---------------------------------------------------------

38 :本当にあった怖い名無し :2006/08/14(月) 15:35:04 ID:t8RCT1W10
信じようと、信じまいと―――

地球の深海というものは、実は未調査領域が大変多い。
したがって深海を調査すると、新種の生物や、もう絶滅したと思われていた生物が見つかることがある。
奇妙なうわさというのも、研究者の間では絶えない。それは、こういうものだ。
「探査機のモニター画面の中で、歩いている人を見た」

信じようと、信じまいと―――

---------------------------------------------------------

55 :本当にあった怖い名無し :2006/08/18(金) 06:37:22 ID:Sempyjyq0
信じようと、信じまいと―

キリマンジャロは高さ19710フィートの雪に覆われた山で、アフリカ第一の
高峰だといわれる。その西の頂はマサイ語で「神の家」と呼ばれるが、
そのすぐそばに、干からびて凍りついた一匹の豹(ヒョウ)の屍が横たわっている。
その豹が何を求めて来たのか、今まで誰も説明したものがいない。

---------------------------------------------------------

58 :本当にあった怖い名無し :2006/08/18(金) 06:40:46 ID:Sempyjyq0
信じようと、信じまいと―

昭和34年に、工事現場で使うコンクリート砂から封筒が出てきたのを
男が見つけた。家に帰って中を開けると、「事故で私の夫が機械に落ちて
この砂の中に砕かれてしまいました。後生ですから、何に使われたのか、
これを読んだら一報願います。」と書かれてあり、住所と郵便番号が入っていた。

---------------------------------------------------------

60 :本当にあった怖い名無し :2006/08/18(金) 06:43:05 ID:Sempyjyq0
信じようと、信じまいと―

ある天文学者が、宇宙の滅亡は何百兆年後などではない、という計算を出した。
彼の計算によると、それはあと数年後の出来事である、というのだ。
学会は彼を全く相手にしなかったが、彼はまだ学説を曲げていない。
「宇宙は落下し続けている。動きは相対的で気づきにくいが、もうすぐ『着地』するだろう。」

---------------------------------------------------------

68 :本当にあった怖い名無し :2006/08/18(金) 14:01:36 ID:3xpksS4q0
信じようと、信じまいと―

女性会社員が乗る車のボンネットに、大きな「×」印がスプレーで落書きされていた。
消しても消しても、次の日には同じ様に落書きがされており、いいかげん面倒なので落書きされたままにしておいた。
落書きされるようになって3ヵ月後、ヘリで取材していたTVクルーが飛行中に誤ってマイクを落としてしまう。
落下したマイクは、停車していた彼女の車に直撃した。寸分違わず、落書きされた「×」印の真ん中に。

---------------------------------------------------------

73 :本当にあった怖い名無し :2006/08/19(土) 14:36:00 ID:SOx3bzLT0
信じようと、信じまいと―

アメリカには自殺したくても、勇気がなくて自殺しきれない人が集まリ、互いに無事自殺できるよう、サポートしあうセミナーがある。
なかでも「どれだけ格好いいポーズで飛び降りれるか」というゲーム形式で、集団飛び降り自殺させる方法がある。
他のメンバーも勇気を出せるよう、セミナーはこの時の様子をビデオに撮影撮影して上映する。
飛び降りるメンバーは、思い思いのポーズで楽しそうに笑いながら、次々と崖を飛び降りていく姿は異様である。

---------------------------------------------------------

80 :本当にあった怖い名無し :2006/08/21(月) 21:23:10 ID:nsYFScLW0
信じようと、信じまいと―

1968年、ドイツで「狂気」という名の、
真っ黒な画面が延々と続くという前衛的な映画が製作された。
ところが、2003年にこの作品をデジタルリマスター化した際、
そこには一人の女が男を刺殺する映像が映し出されたという。

---------------------------------------------------------

98 :本当にあった怖い名無し :2006/08/27(日) 19:55:51 ID:VkTsw5Ig0
信じようと、信じまいと―

ある男が「家の中で視線や物音が酷い」と何度も通報をした。
かけつけた警察が調べたが部屋には侵入した形跡等はなく、悪戯として処理した。
再三の通報にもかかわらず悪戯として処理されてしまった男は家を焼き自殺した。
焼け跡からは男一人分では考えられない量の人骨が発見されたという。

---------------------------------------------------------

106 :本当にあった怖い名無し :2006/08/28(月) 21:03:14 ID:MD95hXby0
信じようと、信じまいと―

中世ドイツの片田舎で、ある男が「廃墟になった自分の家で彷徨う」夢を見た。
1ヶ月後、その男は未知の病気が発症し、更にその半年後に死亡。残った家族も同様の症状を見せた。
それを知った村人は恐れて、その家族を家の中に閉じ込め、隔離した。
十数年後、廃墟となったその家に人影が見られ、翌日村人が家を調べると、真新しい足跡が見つかった。
その足跡は、最初に病気にかかった男の靴と一致したという。

---------------------------------------------------------

145 :本当にあった怖い名無し :2006/08/31(木) 14:09:28 ID:1tuW6Vlj0
信じようと、信じまいと―

フランス、ベルガードの森に「砂時計の湖」と呼ばれている湖がある。
澄んだ水をしているその湖から、満月の夜はあらゆる生物が姿を消してしまう。
不思議に思ったある釣り人は、満月の夜、船を漕ぎ湖を覗き込んだ。
見てしまった。うごめき波打つ湖底の砂。…底に存在する「何か」を。

---------------------------------------------------------

182 :本当にあった怖い名無し :2006/09/05(火) 21:53:42 ID:TASyaaCz0
信じようと信じまいと―

ドイツ南部で「赤い着物」といえば魔女を暗喩するが、それと関係あるかもしれないある村の伝承

15世紀のある日、黒い森付近の村に突如非常に美しく妙齢の女性が現れ、村の外れに住むようになった
女は自分の体を売って生活したため、村の多くの男達は既婚未婚を問わずその美しさの虜となってしまった
村では女を巡っての争いや夫婦喧嘩が絶えなくなり、それまで平穏だった村の空気は非常に険悪なものとなったが
その村に背中に毛が生えた子供が産まれたのを境に、いつも身に付けていた赤いローブを残し忽然と姿を消した

---------------------------------------------------------

189 : ◆UOgLRpFajs :2006/09/06(水) 18:59:55 ID:Spefx87g0
信じようと、信じまいと―

日本の原生林の最奥には、人間に寄生する植物が存在するのだという。
それは人の気管支に根を張り、やがて鼻から芽を吹き出して死に至らしめる。
しかしこの宿り木は、杉花粉が多い場所では生存できないのだそうだ。
里近い山林に杉が植えられているのは、商業以外の理由もあったのかもしれない。

---------------------------------------------------------

190 : ◆UOgLRpFajs :2006/09/06(水) 19:00:52 ID:Spefx87g0
信じようと、信じまいと―

ドイツのある地方に、必ず人を殺せるという呪法が伝えられている。
呪い殺す人物のドッペルゲンガーを創出しその当人に見せることで、遠からず死に
至らしめるという。ただし、呪いをかける者のドッペルゲンガーも同時に創出される
理なので、あくまでもこの呪法は最後の手段なのだそうだ。

---------------------------------------------------------

191 : ◆UOgLRpFajs :2006/09/06(水) 19:02:10 ID:Spefx87g0
信じようと、信じまいと―

アメリカのメイン洲のガソリンスタンドで、男が大きなインディアンの人形に押し潰されて
死んでいるのが見つかった。捜査の結果、人形は隣洲のドラッグストアの店頭に置かれて
いた物であることがわかった。死んだ男は数ヶ月前にそこに強盗に入り、店主を殺していた。
人形は現在、無事店頭に戻されている。

---------------------------------------------------------

222 : ◆UOgLRpFajs :2006/09/10(日) 16:58:48 ID:yc/8/tLx0
信じようと、信じまいと―

ウクライナのロストフ地方の森には、悪魔が潜んでいると伝えられる。
これに取り憑かれた者は、子供を森に引き入れてから食い殺すと言われていた。
1990年、この地方で大量に子供を食い殺していた男が逮捕され、死刑となった。
刑が執行される直前、男は「今回はしくじった」と呟き薄ら笑っていたという。

---------------------------------------------------------

247 :本当にあった怖い名無し :2006/09/13(水) 16:11:48 ID:P2cR/WWW0
信じようと信じまいと―

メキシコのファルカッツェという街の近くに「森」と呼ばれる林がある。
半分ほど枯れた木が12本しか並んでいないのだが、街の住人は随分と昔から「森」と呼んでいた。
そして、絶対に1人で「森」に入ってはならないとも。
12本の木々の中に迷い込み、二度と出る事ができないのだと言う。

---------------------------------------------------------

248 :本当にあった怖い名無し :2006/09/13(水) 16:29:47 ID:P2cR/WWW0
信じようと信じまいと―

「マリーアンナ」と呼ばれるフランス人形があった。
同じ名前の少女が彼女をとても可愛がり、食事も風呂も、どこに行くにも一緒だった。本当に姉妹のようだったという。
あるとき少女が人形の名を呼んだ、すると人形は、苛立たしげに「それは貴女の名前よ」と答えた。
ショックで気を失った少女が目を覚ますと、もう人形はどこにもいなかった。

---------------------------------------------------------

252 :本当にあった怖い名無し :2006/09/14(木) 14:26:48 ID:s1bKUbc70
信じようと信じまいと―

島根県のある神社には、不思議な鏡が奉られている。
鏡面の下地に問題でもあるのか、移り込むものが二重にぶれて見えるという。
普段は何も問題がないのだが、ぶれずに写った時は要注意。
鏡(かがみ=神)に魅入られたとして、近々「神隠し」にあう前兆だからである。

---------------------------------------------------------

262 :本当にあった怖い名無し :2006/09/15(金) 13:33:42 ID:FQHxMUSB0
信じようと信じまいと―

クフ王のピラミッドを案内する現地の人間は、外国人観光客に以下のような注意をする。
「絶対にピラミッドの頂上まで登らないこと!」頂上に上り、日の出を見ようとする観光客が時々いるらしい。
だが理由はそれだけでなく、そのほとんどが死亡してしまっているからだと言う。
太陽の圧倒的な迫力に驚いたのか、ファラオの呪いなのか、例外なく頂上から転落して死んでしまうのである。

---------------------------------------------------------

266 :本当にあった怖い名無し :2006/09/15(金) 14:17:46 ID:FQHxMUSB0
信じようと信じまいと―

スペインのマルセドという町にある家具屋に、売り物ではないイスが置いてある。
「呪われたイス」と呼ばれているが、このイスを見るために観光客が来るので処分する事もできないと店の主人は嘆く。
雨が降った金曜日の晩になると、虫やネズミがイスの周りに集まって死んでしまうため、翌日の朝になると
店内はさながら悪夢のような光景になっていると言う。皮肉な事に、それが呼び水となって商売は繁盛しているのだが。

---------------------------------------------------------

269 : ◆UOgLRpFajs :2006/09/16(土) 00:41:03 ID:RH8QhYS30
信じようと、信じまいと―

1968年の8月、ブラジルのサンホセカンポスに奇妙な雨が降った。
空が俄に薄暗くなると、ザァッと生暖かく赤黒い液体が降り注いだのだ。
血糊だった。併せてかなり大きい肉塊も降ってきたという。
血と生肉の雨は5分ほどで止んだが、それが何の動物の血肉だったかは未だに不明である。

---------------------------------------------------------

286 :本当にあった怖い名無し :2006/09/17(日) 10:43:49 ID:yu7TRaY/0
信じようと信じまいと-

チベットには大昔から川に沿ってその祈祷板に災いを封印する詞が彫られた祈り車が置かれている。 
その祈り車が回っている間は災いは起こらない。 だが近年の異常気象のため川が増水し、いくつかの
祈り車が水没したり、回転を止めたりしているという。 祈り車の中には世界滅亡を防ぐものもある
といわれるが今や、どの祈り車かわからない。 その祈り車の回転が止まらないことを祈るのみである。

---------------------------------------------------------

302 :本当にあった怖い名無し :2006/09/19(火) 00:08:13 ID:pi+weItZ0
信じようと信じまいと―

第1次世界大戦以前のバルト海沿岸の村の学校にエミリ・サジェという女性教師が赴任してきた
能力は申し分ないものの、すぐに不思議な噂が生徒達の間で流れた  彼女が二人いるというのである
ある日、彼女が黒板に向かって命題の証明をしていると、突然二人目の彼女が現れた
この事は13人の生徒が目撃しており、後から現れたエミリはチョークを持っていなかったものの本物と同じ動きをしていたという


303 :本当にあった怖い名無し :2006/09/19(火) 00:31:05 ID:pi+weItZ0
信じようと信じまいと―

前述のエミリのドッペルゲンガーは多くの人々に目撃されたが、一番多くの同時目撃者がいたのは42人だという記録がある
この時エミリは教室の外の草むしりをしていたが、教室で裁縫を教えている教師が所要で席を立った後、その教室に影が現れた
この頃になると生徒達も影にだいぶなれていたので、その中の二人が影に触ろうとすると徐々に消えていった
エミリは後にその時の事をこう語ったという「先生がいなくなったので生徒達が騒がなければいいけれど、と思ったの」

---------------------------------------------------------

329 :本当にあった怖い名無し :2006/09/26(火) 03:14:57 ID:zcVBKav50
信じようと信じまいと―

1988年、アメリカのスラム街で奇妙な殺人事件が起きた。殺害されたのは30代後半の男性で、殺害したのはまだ10代の少年だった。
少年は男性から金銭を奪おうとモデルガンで脅したが、男性は銃が本物でないことを見破り、逆上して少年に暴行を加えた。
その弾みで少年が持っていたモデルガンの引き金が引かれると、瞬間、モデルガンからは本物の弾丸が飛び出した。
弾丸が頭に当たった男性はまもなく絶命した。男性の遺体からは弾丸が見つからなかったという。

---------------------------------------------------------

あとがき
同じ人のが多めになっちゃったなぁ


↓の米の人
逆に考えるんだ
怪しいものを見ると妙にわくわくするよね
MMRとかムーとか
でも日常生活じゃ「何それ?」って言われるのがオチだからなぁ

---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://occult.blog62.fc2.com/tb.php/152-f06102f2

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

 

58の話、中学の国語の教科書に載ってたんですが、実話が元になってたりするんですかね?

  • 2006年09月28日 00:37
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

これじゃまいか
ttp://www.aozora.gr.jp/cards/000031/files/228_21664.html
後味悪し。

  • 2006年09月28日 16:49
  • #fBVKm68U
  • URL
  • [ 編集 ]
 

ウクライナの殺人犯は、これの事かも。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~madison/murder/text/chikatilo.html

  • 2006年10月07日 03:08
  • nanashi #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

↑2

これ俺も教科書で読んだ覚えある。
小学生が読む物にしてはなかなか...

  • 2006年10月08日 04:55
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

え、中学?

  • 2006年10月08日 04:55
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

信じようと信じまいと―

ここにある話は全て同じ人物が作った作り話。

  • 2006年10月09日 09:58
  • 存在しないはずの名無し #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

55は本当。京都大学の水野っていう教授が発見した。
豹は大体平安時代ぐらいにクレバスかなんかに落ちて凍ったらしいよ。皮膚の紋様やヒゲもついてた。
世界遺産でも放映してたはず。

  • 2006年10月09日 20:50
  • 名無し #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

221は昔ホラー映画でやっていたような気がする。

  • 2006年10月10日 15:12
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

とりあえず329の少年はホルホース

  • 2006年10月11日 18:33
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

58って、葉山嘉樹「セメント樽の中の手紙」っていう短編小説じゃないの?
http://www.aozora.gr.jp/cards/000031/files/228_21664.html
テキスト「セメント樽の中の手紙」

  • 2006年10月11日 19:45
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

信じようと信じまいと―

60は筒井の短編小説

  • 2006年10月12日 18:00
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

信じようと信じまいと―

私はヒーラー

  • 2006年10月16日 17:14
  •    #-
  • URL
  • [ 編集 ]
なんだこりゃ 

小説が題材のばっかじゃん

  • 2006年10月20日 10:37
  • にゅー #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

最初のスレの>>1をリアルタイムで見てたがその頃に比べるとずいぶんとレベルが落ちたな

  • 2006年10月20日 23:59
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

俺も最初のスレ見てた。
そもそも次スレは必要なかったんだよね。
一時期、「4行に納める」ルールが無視されて真剣に頭に来た。

  • 2006年10月22日 21:58
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

昭和34年に郵便番号なんてない!

  • 2008年12月20日 21:37
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。