週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【心霊】自板的オカルト情報局【恐怖】

【心霊】自板的オカルト情報局【恐怖】

1 :ツール・ド・名無しさん :2005/09/14(水) 23:18:34
この道のこの区間だけ、走ると後ろが重くなるとか。。
記念に撮った写真に何か写っているとか。。
心霊がらみの情報をお待ちしております。。

---------------------------------------------------------

16 :ツール・ド・名無しさん :2005/10/04(火) 20:57:10
以前通った場所で何か印象に残っていて、後からまた行こうと思っても
全然たどり着けないだよね。情景はしっかりと頭に残っているのに
地図で調べても空白だし。開発された様子もないし。
あの場所、あの道ってなんだったんだろう?

---------------------------------------------------------

24 :ツール・ド・名無しさん :2005/10/10(月) 09:03:55
実話 
鎌倉までサイクリングで、国鉄の踏み切りが閉まってきたところへ
族風のスズキのGT380が強行突破 「警官がいたら切符切られるな」
と思った直後に特急が通過 ドンと鈍い音がしてギーと列車が緊急ブレーキ
直後に異常に臭い匂い(脱糞臭)が線路にただよった
踏み切り待ちのみんなは唖然として凍りついていた 真夏なのに寒気がした
しばらくするとみんな閉まったままの踏み切り前でUターンして去って行った
自分も予定変更して帰宅したがどうやって帰ったか覚えていない
それ以来車で行ってもバイクで行っても必ず迷子になりガイドブックとか財布をなくす
ようになった。そしていつの間にか鎌倉には行かなくなった。

---------------------------------------------------------

45 :ツール・ド・名無しさん :2005/11/04(金) 07:55:18
知らずに心霊スポットの峠のトンネルで
立ちションしちゃった・・ そう言うのは先に言ってくれよ。


46 :ツール・ド・名無しさん :2005/11/04(金) 10:30:00
>>45
どこの峠?


47 :ツール・ド・名無しさん :2005/11/04(金) 10:36:20
ここか?

京見峠、昔噂があったな
20年前の話だけど、近くて金がかからないから、バイクで良く走りに行っってたんだ
いわゆる峠族とかローリング族と言われる類だったが、京見峠を上って行くと
1車線から2車線になる所がある。2車線の距離は短いが、また1車線になる
1車線になるところは、木が生い茂っていてトンネルのようになっている。
ここに深夜になると、バイクの幽霊が出ると噂があった。
下から走っていくと、多い茂った木のトンネルのなかで突然バイクのライトが
点灯したかと思うと、エンジン音が響いて、こっちに向かって走ってくる。
排気音と共にバイクとすれ違うんだが、すれ違った瞬間、バイクの排気音も
バイクも消えてしまう。と、言う噂
出会った事無いけどね


48 :ツール・ド・名無しさん :2005/11/06(日) 01:15:47
野間峠でないの?

---------------------------------------------------------

61 :ツール・ド・名無しさん :2005/11/26(土) 22:44:58
数年前、ものすごい風が強い台風の日の出来事。
駅前の通りを無人の自転車が風に煽られて時速20~30キロくらいの早さで、
走っていった。視界から消えるまで倒れもせずに、、、
他の見ていた人もポカーン状態。
あんな事ってどの位の確率で起こるのだろうか。

ちなみにその話誰に言っても信じてもらえなかった。

---------------------------------------------------------

80 :ツール・ド・名無しさん :2006/01/11(水) 00:56:21
今から10年以上前だけれど、冬の北海道を走った時のことです。
その日は羽幌を出発し、可能なら宗谷までと思っていたのですが、
寒さと強い向かい風・雪でギブアップ、怨念のニレを過ぎてしばらく走った
サロベツの原野でテント泊。
夜中なんかカサカサと音がしたが疲れのためかそのまま寝続けました。

翌日、前の日と打って変わって快晴・無風、夜のうちに降った雪がテントの
表面にうっすらと積もっていた。
雪の表面には小さな手形が、足跡もやってきている。
昨夜のカサカサとした音は子供のいたずらかと一時納得したのだが
近くに民家は無いし、立ち去った足跡が無かった…。

---------------------------------------------------------

84 :ツール・ド・名無しさん :2006/02/05(日) 10:36:39
とある峠道の下りで事故があったらしく、ガードレールのへこんだ場所の下に花束が置いてあった。
その花束の上に、自転車用のヘルメットが半壊した状態で、ガードレールにかけてあったのを見たときは背筋がゾッとしたよ。
あれは本当に茶色に塗られたヘルメットだったんだろうか…
ごめん、心霊現象でもなんでもないや

---------------------------------------------------------

88 :小屋付き ◆9G12fmecqU :2006/02/25(土) 11:21:45
2年くらい前に自板とオカ板に書き込みしたものだけど、実際の話。

正月のロードトレーニング中、事故って死にかけました。
意識不明に陥っていた間に見た夢が
もう2~3年前に亡くなった知り合いが
白い車で俺の家の玄関まで来て
「ほら、○○(俺の名前)早く乗って!行くよ!!」
って迎えに来たって。
でも俺は
「今こんな格好(夢の中ではパジャマだった)してるから、先に行っててー」
と言ったら
「いいよー、格好なんて。早くいこう?」
「いや。やっぱやめとく。先に行ってて」
「しかたないなー。じゃ、先に行ってるわ」
・・・と、そこで目が覚めたらICUのベッドの上だった。
今は元気に復活しました。
「いまどきの三途の川は、車で行くんやねぇ」
って、まわりの人々に話しています。


96 :小屋付き ◆9G12fmecqU :2006/03/04(土) 13:50:49
88のつづき

・・・と、そこで目が覚めたらICUのベッドの上だった。
窓の外で喜んで泣いているお袋が居ました。2、3日こん睡状態だったらしいです。
そのICUに居る時、頭がむず痒くなったので手を伸ばして頭を掻きました。
そうするとこの世のものとは思えない「嘔吐感」が全身中に走り、すぐさま止めて、
ためしにもう一回掻くと、「嘔吐感」が・・・
ナースコールで看護師さんを呼び、「頭を掻くとすごい嘔吐感がするのですが」
と聞いてみたら、
看護師「ああ、それは頭蓋骨が開いてるからですよ」とニッコリして答えた。

俺は「え、え、え、え、工エエェェ(´Д`)ェェエエ工」と、気絶寸前でした。
俺の脳に血だまりが出来て、それを抜くために頭蓋骨が取り外されていたようです。
今俺の頭蓋骨はビートたけしみたいに、チタンと残った骨の複合体です。

---------------------------------------------------------

101 :ツール・ド・名無しさん :2006/03/12(日) 16:32:33
うちのおかんは霊感強い
20年程前の話だが、ある日交差点を左折したら100m程先におかんらしき人が乗った
自転車を発見。
人通りも少なく、車も殆ど通らない少し狭い直線路。少しスピード速めて20mほどに
接近してみると、確かにおかん。
そのまま接近して驚かしてやろうかと思って、声をかけずに直ぐ後ろまで追いついた
さて、声をかけようかと俺が思った途端、後ろを振り返りもせずにおかんが一言
「あらあんた何やってんの」

ビビりましたよ。
追いかけている間は一度も後ろ振り返ったりしていないのに何故俺だと判ったのかと
聞いてみると
「なんとなく。というか普通は判るでしょ」
とのたまった・・・

最近はあまりそういう事例ないけど、あの頃は近所で死人が出るのを当てたり、
(本人曰く烏が悲しそうに鳴くと死人が出るそうな)テレビに出ている芸能人を見て
「この人やけにやつれているわね」とか突然言い出すと、数ヵ月後にはその芸能人
本当に鬼籍に入られてしまったりと話題に事欠かなかった。
最後に芸能人の事当てたのはダウンタウンDXで元気に玉投げゲームやっている
内海好江師匠見て「この人かなりやつれてるわね」とか言ったのが最後だったかな

---------------------------------------------------------

106 :ツール・ド・名無しさん :2006/04/08(土) 01:23:03
バイトの帰り道、某巨大公園をぬけてすぐ前方に人影が街灯の明かりに照らされていた。
・・・酔っ払いだった。その時俺のすぐ横を一台の車が通りすぎていく。
次の瞬間、人らしき者が車の後をついていく。ん?と思い、
それを目で追ってみると何かおかしい。その人?は足が動いていない。身体は直立
不動の状態で車と同じスピード、同間隔で文字通り動いている。顔は通り過ぎた
あとだったので見えなかったが、どうやら髪が長い女で全身に色がついていない。
何かモノクロに見えた。生きている者には感じられなかった・・・
車とその何かが目から消えたあと、ポカンとしてる私の目には異様な光景が写った。
先ほどの酔っ払いが腰を抜かしている。話を聞くと彼も同じものを見たそうだ。
しかも私が見れなかった顔をモロに見たらしい。その顔はまさに怒りに満ちた
恨み顔だったそうな。それ以来夜あの道は通る気にならない。


116 :ツール・ド・名無しさん :2006/04/08(土) 14:27:23
106です
場所は、千葉県千○公園の近くです。でも場所に憑いてるというより
あの車についてた感じだからなんとも言えません・・・近所で出たって話も
聞きませんし。その場所でひき逃げで人が死んだとかはありますけど・・・
ちなみにそこにはお地蔵さんと祠があります。
まあ近くに心霊スポットあるといえばありますが・・・
工事関係者が3人死んだとかいう今でも切られていない某駅前の不自然な松とか。
処刑場跡近くにあるし。これは余談だが千葉市にある黒砂という地名は
処刑後に血で土がどす黒く染まったからついたらしい。

---------------------------------------------------------

118 :ツール・ド・名無しさん :2006/04/09(日) 02:47:56
うちの高校は60キロを走る強歩大会を毎年開いています。
前日夜10時からスタートし山を2つこえ、とある山奥のダムを目指します。スタートしてから5時間、
午前3時くらいだったでしょうか。街灯もない道を懐中電灯を頼りに友達と走っていると急に霧がでてきました。
その時は標高が高いから雲に入ったんだなと考えしばらくはゆっくりと走っていました。視界がきかない中、
ふと目に入ってきたのが石碑でした。ああここはあそこだな・・・ その石碑は全国的にも
心霊スポットとして有名な場所(通ることは以前から知っていた)をあらわす石碑でした
嫌だなぁそう思い後ろを向き友人に話かけようとすると友人はそこにはいませんでした。
あれ~?はぐれたかと思い、そのまま100mくらい走った所でしょうか、前方10mにランナ
ーの目印である蛍光タスキの光が電灯の光に照らし出されました。あれあいつ前にいたのか?
まあ他の学生でも良いやと近づいていきました。するとその影は私の手前で止まりました。
私がさらにその影に近づこうとしたその時、私の腕は誰かにつかまれました。びくっとして振り向くと
そこにははぐれたと思っていた友人が立っていました。「お前何してんの?」
という友人に「いや1人で怖かったからあそこの・・・」と先ほどまでそこにいた人影の方
に振り向くと、タスキをつけた人影はすでにそこに無くあるのはただ霧と暗闇でした。
「下を見てみ」と友人が言うので下を向くとそこに見えたのは・・・
私の足元30センチ前に見えたのは崖でした。いつのまにか私はガードレールの切れ目と切れ目の
隙間に入り、あと少しで落ちるところだったのです。その場で腰を抜かした私は友人に連れられリタイア
しました。友人の話によると私は、後ろを振り向いて何かぶつぶつ言った後、急にダッシュ
し始めたんだそうです。あわてて追ってきたら私がが意味の分からん方へ歩いていったからとめたんだ
そうです。誰も信じてはくれませんでしたがあの時もし1人でいたら・・・と思うと本当に背筋が凍ります
やはり噂になるからにはそれなりの理由があるのでしょう。二度と行きたいとは思いません。

---------------------------------------------------------

157 :ツール・ド・名無しさん :2006/05/07(日) 16:28:32
山中に新たなトレイル発見か? と思いドンドン進むと、いーい感じのシングルトラックが
続いていましたが、ざーざーと水音がして滝に行き当たりました。
ふと脇を見ると、そこには40~50cm位の高さの積み石が....

積み石って、なんか意味あるんでしょうかね? しかも道の感じからすると誰か頻繁に通っているっぽいですが
その先、行き止まりな感じなんですよ。

---------------------------------------------------------

230 :ツール・ド・名無しさん :2006/09/17(日) 01:42:15
いつも利用している海沿いのサイクリングロードは元々は旧国鉄の廃路線なんで
路線の時にも使われていたレトロなレンガ造りの入り口のトンネルが何本かある。

先月末の早朝のまだ薄暗い時に、そのうちの1本に入る20mくらい手前で
トンネル入り口上部に覆いかぶさる木の茂み中に、逆さまにぶら下がった
上半身だけの男の人を見てしまった。
明らかにこちらを睨んでいて、目が合った瞬間にガクブルものだった。

ヤバイと思い、すぐに目をそらして極限まで踏んでトンネルに突入したが、
なぜかペダルが重く感じられて、有線式のサイコンのメーターが220km/hと
大暴走したが、トンネルを抜けたら何事もなかったかのように元に戻った。

それ以来そのサイクリングロードには怖くていけない。

---------------------------------------------------------

あとがき
いつものように日にちが変わるちょっと前に作業に見切りを付けて
遠回りだけど古本屋行って立ち読みしてたら
急に泣けてきた。
不測の事態に慌てて帰った。
今日起きたら遠くまで散歩してこようと思う。

---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://occult.blog62.fc2.com/tb.php/150-3e403390

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。