週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★※車に乗ってるときに遭遇したこわ~い出来事※★

★※車に乗ってるときに遭遇したこわ~い出来事※★

過去ログナリよ

1 :sd :01/12/07 02:18
僕がまだ学生だった頃、友達の家に集まってウイニング・イレブンで
遊んでるとき、友達の一人が霊の声が聞こえるというCDがあるというので
聞いてみることにした。男五人だったので特に恐いという雰囲気でもなかったんだけど
いよいよ「聞こえる」という場所に近づいたときはみんな黙りこくっていた。

何も聞こえなかった・・・。「なんだよ~、やっぱがせネタじゃん」「聞こえる分けないじゃん」
などといいつつまたゲームで遊びだした。

夜中の三時過ぎになりそろそろ帰ろうかということになって僕は同じ方向に住んでいる友人1人を
いつものように乗せて帰えることになり、その時にさっき聞いていたCDは結構好きな歌手だったんで
借りていくことにした。

走り出して三十分くらいしたときに例の「聞こえる」という歌になり友人と「さっきはつまんなかったな~」
などと話していた。いよいよその場所になったその時
地の底からわいてくるような女性の声で「あ~~もういや~もういや~」と聞こえてきた。
友達と僕はもう大パニック「おいなんで聞こえるんだよ!」「しらね~よ」などといいつつ車を停めた。
しばらく停車してたばこを吸い少し落ち着いてきたところで、そろそろ行こうかということになり再び車を走らせた。
しばらく走ると電源を切っているはずのステレオから何か音がする。もうわけがわからなくなりその声が聞こえないように
友人と大きな声で叫んだり歌いながら怖さを紛らわせていると偶然二人とも黙り込み、そのとき
後部座席から「今度はちゃんと聞こえた?」

車を置いて走ってかえりました。

ながながと書き込みましたが、こんな感じで車に乗っていたときに遭遇した不思議∩恐怖の体験を教えてください。

---------------------------------------------------------

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/12/07 04:13
夜中に半島のスカイラインを走っててバックミラーに
白い手首が映ったことがあるよ


32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/12/07 04:13
>>30
もっとくわしく教えれ


36 :30 :01/12/07 04:58
>>32
予備校時代に友達4人で車に乗って(運転してたのは私)、
幽霊が出る電話ボックスとやらを夜中に半島のスカイラインに見に行ったのです。
でもそこでは写真まで撮ったのに結局何も起こらず。
やっぱこんなもんだよなーとかってみんなで笑いながら
スカイラインを反対側に抜けて帰ってたのですが、
しばらく進んだときに何かミラーにちらちら白いものが映るのに気づいたんです。
まあすぐに消えるし街灯が反射してるんだろうと思ってたのですが、
あれ?この道街灯なんかないよな?と思って改めてバックミラーに
目をやったときにいきなりそこに白い手首がはっきり浮かんであらわれたのです。
いきなりうわっとか叫んで車を停めた私に皆びびってたけど、
こっちもそれ以上にびびってた。
もう運転したくなかったけど、不幸にも免許持ってるのが私だけだったので
びくびくしながらハンドル操作誤らないように超安全運転で帰りました。
幸いそれからは何も映らなかったけど。

---------------------------------------------------------

39 :満潮 ◆wmmanCHo :01/12/07 10:26
仲間5人と山梨の花魁淵に行った帰り、峠道を走っていると
リアの左側のサスのあたりで、「フー、フー、」って音がしたので
みんなで、サスがきしんでんじゃない?とか言ってたらそのうち、
「フーッ、フーッ、フーッ、フーッ、」って感じになって、今までこんな音は聞いたこと
なかったから気味悪いなって思ってたら、徐々に女の人の声で
「フフフフッ、フフフフッ、」って笑い出したんだ。
後ろの左側に乗ってた人が怖くて必死に真ん中につめてたっけ。
あれは気持ち悪かったなぁ。

---------------------------------------------------------

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/12/07 11:20
十年位前になるだろうか、
学生時代にバイト仲間と仕事の後に遊びに出て、
その後、札幌から支笏湖までドライブに行くことになりました。
既に夜中の2時過ぎの雨の中、何を好き好んで死骨湖まで行くんだ?
と思いながら、人家はおろか街灯もひどく疎らで、
真暗な林しか見えない窓の外を眺めていると、
人影が窓の外を横切りました。
それは、土砂降りの雨の中、黒っぽいウィンドブレーカーの上下を着込み、
競技選手のようなフォームで走る、背の高いやせた老人でした。
60km/h以上で走る車で、少なくともそれまで10分以上、人家のない一本道、
そして、その後も15分以上は人家のない一本道でした。

その後、友人の一人がこう話します。
「あれは、幽霊だよな、幽霊にしておこう。幽霊じゃない方が怖いから」
私も同感でした。

---------------------------------------------------------

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/12/10 23:45
訳あって(兵庫)県北の寂しい山道を
帰宅するために車で一人走っていた時のこと。
夜の2、3時ごろで、周りに走っている車はもちろん
対向車がくる気配も全くない状態。
木々に覆われた真っ暗な道を慣れないということもあって
ちょっと不安に感じながら走ってた。

気味の悪い古ぼけたトンネルに入って
そろそろ出ようかとした瞬間、どういうわけかいきなりエンジンがきれた。
一瞬何がおきたかわからなかったが、時速70キロくらい出てたので
とりあえずブレーキを踏んだけどほとんど効かず
サイドブレーキをひきながらできるだけトンネルの道路の端によせて
ハザードランプをつけて停止した。
もっとも、うしろから車なんて来そうになかったけど。

ほんと、車が止まった後もかなりの間パニくってて
何がどうなったのか見当もつかない。
改めてエンジンキー回してもエンジンかかんない。
トンネルのほぼ出口の所にいたんだが、ふと回り見回すと
すっげえ気味が悪い、というか気分が悪くて吐き気がしてたよ。
なんだか車が大勢の誰かに囲まれているような気がして。

とにかく怖かったんで、友達に電話。(アンテナ辛うじて一本立ってた)
いいから来てくれ、とにかく迎えに来てくれ、とせがんでるうちに
エンジンがかかった。

次の日修理に出したらあっさり「電気関係の故障」と言われて
ちょっと肩透かしを食らった。友達にも大笑いされた。
まあ、何かを見たわけでもないし霊現象だと言う気はないけど
あんなに異様な感覚にとらわれたのは後にも先にもこの時だけなんで。

これはまじで無関係だけど
ちょうどそのときカーステレオでレクイエムをかけていた。

---------------------------------------------------------

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/12/10 23:52
俺の車、まだ2万㎞も走ってないのを激安で購入した中古なんだけど、
走ってるとたまに後部座席から「ドンドン!」って、ウィンドーを叩く音が
聞こえるんだよね。
初めてそれ聞いた時には「この車もしかして・・ワケあり」なんて思った
けど、幸いそれ以上の悪さはしないので、今も付き合ってます。

---------------------------------------------------------

109 :ナナシサン :01/12/14 01:31
あまりインパクトは無いけど1年ぐらい前の話

当時まだ免許を持っていなかった友人がちょっと離れたところに住んでる奴から
CDを借りると言うので付き合うことにした
行きは比較的明るい大き目の道を通ってきたので何事も無かったが
帰り道、運転手の漏れがちょっと道を間違え寂しめの山道の方に行ってしまった
と言っても、その道は知っている道なので友人に少し遅くなる旨を伝え走っていると
後部座席で「ガサガサッ」という何かが動くような音がした山道でカーブが多いので
後ろに放り投げといたCDが動いたのかとさほど気にもしていなかった
と、助手席の友人がいきなり「ここって何か変な話ある?」と聞いてきた
そういえばここの峠はちょっとしたそれっぽい噂話がある場所だったことを思い出し
友人にそのことを言うと、いきなりそいつは「さっき後ろで人の気配がした」
と一言、漏れがハァ?(゚д゚)とか思ってると友人はいきなり首の後ろの辺りを気にしだした
漏れが冗談交じりに何があったのか聞いてみると
「今、髪の毛引っ張られた」と青ざめた顔で一言…
漏れは元々霊感みたいなものはまったく無いがそいつが早く行こうとせかすので
車を早めに飛ばし、早々に峠を下った
後日、詳しく聞くとその時は言えなかったが森の奥の方に人影が幾つも見えてたらしい…

---------------------------------------------------------

112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/12/16 00:11
オカルトじゃないけど、怖かった出来事。
深夜の2時くらいに国道の交差点で信号待ちしてたしてた時の話。
そのときは、自分の車(直進車線)と、右折車線に車が1台停止していた。
しばらくして信号が青になり、隣の右折車線にいる車がのろのろと動き出し、
自分も車を進めようとアクセルを踏んだ瞬間に、ドーン!ってすごい音が。
信号無視した車が、右折車線にいた車におもっきり突っ込んだんだ。
おお!とか思ってると、突っ込んだ車が回転しながら自分の車に向かってきて、
ぶつかるのかと思ったけど、1mくらい手前で止まった。
アクション映画の撮影かと思えるくらいの大クラッシュだったよ。
ぶつけられた車は大破してたけど、ボンネットあたりにぶつかったみたいで、
中の運転手は無事っぽかった。
信号無視の車の運転手の方が動かなくてヤバそうだった。
っていうか、自分がもし先に進んでたら。。って考えると、かなり怖かったよ。

---------------------------------------------------------

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/12/16 11:20
13~4年前の秋頃の日曜日の夜、ど~しようもなくヒマだった私は、
いつものように友人を呼び出し、いつもどうりの暇つぶしドライブをした。
F市の観光名所で戻ってくる、いつものコース。

帰り道、K市からA切通しを抜けてY市に戻る。 その途中・・・。
車は私を含めて3~4台の集団。 1台、また1台と道を分かれ自宅に帰る。
やがて私1台となり、山道に差し掛かるその時、友人が言った。
「おい、後ろのバイク先に行かせてやれよ。」
「? 何だそりゃ?」と、私。
「山道なんだから先に行かせてやれよ。」
「俺達の周りにゃあ、誰もイネ~ぞ。」
「いたって! 黄色いデュアルヘッドが下に倒れこんで起き上がったし・・・。」
「どこで見たんだよ?」
「助手席のドアミラーだ。」
友人はバイクを持っていたし、そっちが得意なので見間違うとは思えない。
「お前、あれと見間違えたんじゃぁね~か?」
私は道路分岐を示す、上下に黄色いランプの光る鉄柱を指し示した。
「いや違う。バイクだった・・・。黒いメットの・・・。街灯で見えた。」
「・・・。」
私は車を加速させた。
頂上である程度落ち着き、友人が後ろを見たが何も見えなかった。

---------------------------------------------------------

125 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/12/19 08:49
新車のマイカー(軽)を買った頃、一人っきりで思うがままブラブラと
ドライブするのが好きでした。
留萌方面へ向かう国道(ここは北海道です)から脇道を見付け、
かなり整備された道ともあって
「よし、こっちへいってみよ~」と曲がっていきました
1時間ほど走った時、急に雨が降り出し、どしゃ降りになっていきました。
周りは山、林で鬱蒼としています
途中、誰も住んでいないような廃村みたいなところがあり
気味の悪い潰れかけた神社や、家が結構ありました。
「気持ち悪いなー早く周りがひらけて、コンビニでもないかなぁ」
と思っていると急に雨がぱぁっとあがりました
何気なく運転席側のサイドミラーを見てみると、真っ黒で「もじゃっ」とした
塊が雨に濡れながらくっついていました。
「なんだこれ?後ろが見えずらいよ」と思い窓を開けティッシュで拭き取ろうとした瞬間、
それがものすごい大量の長い黒髪のかたまりだと知り、パニックになりかけました。
あわててブレーキをかけてソレを拭い取り、テイッシュごとそのまま道路に捨てて
一目散に帰りました。
自分は女ですが、その当時髪は染めていたので自分の髪ではないんです
何処からか飛んできたにしても周りには何もなかったので、
かなりビビリました。

---------------------------------------------------------

126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/12/19 08:50
つい先日の話。くねくね曲がってる道で、事故ってる車発見。
「まあ、ここ急カーブだからな・・・」と思ったが、
それが、普通の事故じゃない事に気づいた。
 多分、カーブ出口で停止しているトラックに、乗用車が
突っ込んだんだろうが……
トラックの荷台って、少し高い位置にあるよね?
で、そこに乗用車が突っ込むと、トラックに
バンパーがない限り、乗用車のフロントは全く
ぶつからずにトラックの下部へ。
そして、真っ先にぶつかるのは、トラックの荷台と…
乗用車のフロントガラス……

運転手の顔は無事だったろうか?

---------------------------------------------------------

127 :マロン ◆1NDJevHY :01/12/19 09:04
三年くらい前、青森県にサーフトリップに行った時
夜中?(明け方3時頃)に到着してしまい、車の中で寝ることにした。
崖の上に車を止めた。目の前は三メートルくらいの崖で
崖の下は海に流れ込む小さな川があった。
エンジンを切ると、水の音しか聞こえない。
後ろに彼女と二人で横になり、眠り始めた・・・・

ちょっと経つと、彼女が「痛い髪の毛踏んでる」って騒ぎ出したが
彼女とは、少し離れているのでそんな事はありえなかった。
「おかしいな」と思いつつ、おしっこがしたくなり外にでる。
ちょっと怖いので、車のすぐ近くで崖の下に向かって放尿
車に戻ろうとした時、凄い形相の彼女が車の鍵を閉めているのが見えた

外に置き去りにされてパニックの俺、車の周りをウロウロしてると
嫌な視線を感じてきて、ますますパニック。
ふと気付くと、ポケットの中に車の鍵が・・・
「パニックはいかんな・・・」そう感じつつ車内へ戻り
ボーゼンとしている彼女を「怖かったじゃないか!!」とひっぱたく。
すると彼女が泣きながら
「あ~、あ~」って何だか言いながら、海の方を指差している。
見てみると
崖の所に、鼻当たりから上を出して覗いている顔がいくつか見える。
目や、顔の輪郭まではっきりと・・・・
またもやパニックの俺、降ろしてあるサーフボードやいろんな荷物を
置き去りにして逃げ去った

やっとのことで、明るい道に出てちょっと落ち着き
コンビニにて、一休み
落ち着きを取り戻し、荷物の事を考えるが怖くて取に行けない・・・
決心して、警察へ行き一緒に来てもらう(ダサイ?)
警察官は別段何も聞かず、ついて来てくれた。
海岸に着いて、あのあたりを見てみても、何も無い
急いで、荷物をしまう。
警察はその間、崖の下なんかをライトで照らしてみている。
帰る時に
「この辺には浮浪者もいるし、こんな所で寝るなだいいち・・・・」
その崖の下には、その海岸で亡くなった人達の慰霊碑があった。

---------------------------------------------------------

169 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/12/20 19:56
私もカーセクース中に怖い目にあったYO!

山の中腹に街の夜景がばっちり見える、しかも人に見つかりにくい場所を
発見し、そこで彼とマターリしておりました。
さあ、いよいよって時ヒールのコッコッコッという音が・・・
だんだん車に近づいてくるので、ヤバイっと思い「夜景見てるだけだよーん」
と思わせるふりをしてたのですが、音はすれども姿は見えず・・・
ふと、そこが砂利道だということに気が付きました。
しかも山の中にヒール?
あわてて逃げ帰りました~

---------------------------------------------------------

176 :ほんじゃ書くか…   :01/12/23 02:20
2年くらい前かな…
友人Aが中古車を買ったんでドライブに出かけた。
時間も遅く、何処に行くって訳でもないんで、
地元バイパス沿いのファミレスでメシでも食おうって話になって出発。

2ドアのAの車は、中古車と思えないくらい綺麗で年式も新しい物だったが、
走行中に時たま「コン、コン」と何かが当たる音がしていた。

自分は神経質なので、その音が気になって仕方なかったが、
A曰く 「トランクの中身が当たってる音だろ」
そう言われては納得するしかなかった。

途中でツレのBを拾い、ファミレスに到着。
注文を済ませ、ふと駐車場を見ると…
Aの車の後ろに人影が見えた気がした。
パーツ泥棒かとも思ったが、立ちションに見えたので、
ほっとく事にして食事を楽しんだ。

精算を済ませ、車に帰る。
冬だったのでエンジンを温めていると

「こん、こん」

と、例の音がした。
Bが「まるでノックでもしてる様な音だな」
というような事を言ってたのを憶えている。
「嫌なこと言うなぁ」と思い、何気なく運転席越しにウインドウを見ると

ゆ~~っくりと…下からクの字に曲げた指が…
「こん、こん」とウインドウを叩いていた…

いや!もう、固まった。固まった。
すぐに車降りて確認。人いない。
ビビるというより、ヘコむ。

さすがに携帯かかったふりして嘘ついて歩いて帰った。

---------------------------------------------------------

185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/12/24 04:49
みんなで肝試し行こうと言うことになって、良く出ると地元では有名なJトンネルに行って、
俺は何回も行ったことあるから別に大して恐くなかったんだけど、車降りて
トンネル入ったとたん具合悪くなって吐いちゃったのね。

それで友達にオマエ行かない方が良いんじゃない?って言われて恐くてトンネル入れない人たちと
入り口で待ってました。

で後日。一緒に行った女友達から
「一緒にトンネル行った日以来からさぁ N山でよくあれ3人いると思ったんだけどなぁ
って言われるんだよね。2人しか乗ってないのに。それも1人、2人じゃないのよ。
ほとんどの人に言われるんだよね。」
やべーって思いました。

ちなみにN山は地元じゃ有名なナンパスポットで、女の子の車は停車して待機してて
男がそれに横付けしてナンパするって場所です。
最近行ってないから変わってるかもしれないけど。

---------------------------------------------------------

188 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/12/25 02:25
知り合いの話だが・・・・
昔のことなのでエアコンなんかなくて、暑い夜に窓を開けて走ってた。
そしたら前方に白いモヤモヤしたものが・・・・。
「何だろう?」と思いながら接近していったところ、
そのモヤモヤしたものは、右の窓から左の窓へ(逆かも?)
ヒュッ!と抜けていったんだと。
別に実害などはなかったそうだが、未だに不思議だそうだ。

---------------------------------------------------------

189 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :01/12/25 03:08
結構前の話なんだけど・・・
神奈川県の鎌倉の方にあるおばけトンネルに肝試しっていうか、友人が車をかったので
行こうかって話になって、5人で行った時、一人が「何かにとりつかれたら負け、みんな
にメシ奢りな」ってな話して盛り上がってたんだ
行く途中、これまたよく出るっていう地元の人が避けて通る坂で、急に一人が真っ青
になって苦しみだしたから、皆パニクって
「こりゃ、やべぇ」ッてことになって引き返したら、その内何でもなくなったんで
良かったよかったって事にはなったんだけど、そいつ翌日皆にメシ奢らされてたな。

---------------------------------------------------------

193 :みんとぶるう :01/12/26 13:05
去年のゴールデンウィーク。
中学からの友人の車で隣の市まで遊びに逝ってました。
帰りに散々やった雑談もネタが尽きてしまい、
「みんと、お前、怖い話ない?ちょっと退屈だからしてくれよ」
とか言うもんだから、話してたんです。

そしたら、とある交差点で、そいつ赤信号突っ切っちゃって、もうちょっとで
事故になるとこでした。

「どうしたんだよ!?」
「・・・・・・・何か・・・・・・ブレーキ踏めんかった」

そこで、「死んだらエエのに・・・・」って声が。
それからは無言。僕はひたすら般若心経唱えてました。
ちなみに、そこの交差点は、ここの板でもよくスレがたつ、
Hビル(現存しないらしい)の近くだったそうです・・・・・・。

---------------------------------------------------------
あとがき
大阪人が言ってたから、
大阪のどこかだと思うんだけど、
「出る」トンネルに行った奴が途中で車が止まってしまったんだと。
ここまではよくある話だけど、色々あったが何とか帰り着いて
一人が腕を見るとぶつぶつがいっぱい出来ていて、
他の奴を見ると同じように腕にぶつぶつ。
「友達の話なんすけどね、ぶつぶつは俺も見たんすよ・・・」
と、悪役商会にいそうな顔してるのに
「俺マジで怖いの苦手だから止めてくださいよ・・・」
とひたすら言ってた奴が話してくれた。
その後もいくつか話してくれたんだけど、
全部地名付きで教えてくれた。(↑のもそうなんだけどね)
でも、俺酔ってたから地名忘れちった。
そんなに飲んでなかったけどなぁ。


そうそうたまに行くお店にギャートルズのお肉みたいな
肉がメニューにある店があるよ。
名前はマンガ肉。
食ったことはない。

---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://occult.blog62.fc2.com/tb.php/142-b85ddb01

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

 

マンガ肉食いてー。

  • 2006年09月14日 04:50
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

管理人さんと近所じゃないかと・・・

ヤ○○オですか?

  • 2006年09月14日 17:02
  • ああ #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

俺の弟が運転してる時が一番怖いよ

  • 2006年09月21日 02:40
  • 俺だよ、俺 #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。