週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  人間の体はどこまで機械で代用できるのか?  

  人間の体はどこまで機械で代用できるのか?  

1 :メカ名無しさん :03/03/13 17:09 ID:5s0jm5ql
攻殻機動隊の素子みたいに脳以外全部機械とかは可能?

---------------------------------------------------------

4 :メカ名無しさん :03/03/13 21:47 ID:nxzGDSMH
これって現時点での話?
それなら神経直ってのはまだだが筋繊維以降なら筋電の信号が拾える
入力系はもっと進んでいて視神経と聴覚神経には直接信号を流して
光や音を感じさせる事はできている。

---------------------------------------------------------

6 :メカ名無しさん :03/03/13 22:15 ID:xro6TJgB
義足は結構いいものができてる。走れるし。


9 :メカ名無しさん :03/03/13 23:22 ID:o9glkr4P
>>6
義足は自発的な動力が有る訳で無いぞ。
あくまで過重やスイングで動いてるのみ。
パラリンピックで走ってんのも競技用。
一般的な義足は小走りが限界。

---------------------------------------------------------

10 :肉球 ◆NiKuQYxpwk :03/03/14 00:14 ID:jngYR3mk
アメリカだっけ、自分の腕にチップ埋め込んだおっちゃんいたよね
自分の腕の動きを機械の腕に伝える実験してたお
その内自分の腕切り落として、その機械の腕つけるって記事読んだ


11 :駐輪具の味 :03/03/14 00:25 ID:Uy8T7BA9
>>10
勇敢っていうか無謀っていうか…。
ある意味尊敬に値しそうですねw

---------------------------------------------------------

12 :メカ名無しさん :03/03/14 00:30 ID:JKNisvkp
漫画ちっくないわゆる一体化したような義手、義足は感染症の問題で実用化は
難しいのでは・・・。
でも直接骨と接続して筋電拾って駆動するとかいう実験が成功したとか
聞いた事が有る(激しくうろ覚え)。


14 :メカ名無しさん :03/03/14 02:29 ID:79B2fl1e
>>12

接合部の強度問題も出てきそうだしナー。
攻殻でも言ってたけど、「150キロを持ち上げられる腕をくっつけても、
接合部分がその負荷に耐えられるかどうかは別問題」。
感染症以前に、この辺をどうにかしないとイカンと思われ。

「PCのモニター持ち上げようとしたら義手がもげました」とかシャレにならん。


16 :メカ名無しさん :03/03/14 14:59 ID:JKNisvkp
>>14
体の表面は必ず皮膚で覆われていなければ感染症は免れない。
特に骨への感染は最悪。
現行の義手義足みたいにスポっと被せるなら分かるんだけど。
どーも接合部がイメージ出来ない。
なんか実例ありそうだけど。


17 :肉球 ◆NiKuQYxpwk :03/03/14 15:47 ID:jngYR3mk
>>16
人工股関節みたいな奴ならあるけど
機械で骨削ってるのTVで見たけどキモかった


20 :メカ名無しさん :03/03/15 12:09 ID:1GvQVjWt
>16
実は人工関節の厄介なところは「経年劣化」。人間の感覚の
鋭敏さは厄介で、ミクロン単位での磨り減りによる凹凸でも
痛覚として感知してしまう。従って品質の悪い人工関節使うとその内
取り替える羽目になる。
余談だが、上記の磨り減りを防ぐため船のスクリューを製作している会社
が人工関節製造にも乗り出したらしい。
(船のスクリューは泡による磨耗が激しい為その対策技術が使えるらしい)

---------------------------------------------------------

27 :メカ名無しさん :03/04/20 17:25 ID:TWdlolYa
こないだニュースでやってた爆撃で両腕を失ったイラクの少年に
日本の技術を結集して義手を作ってあげられないものだろうか?

でも上腕からなくなってるから指の信号検出難しいだろうな……


28 :メカ名無しさん :03/05/05 01:27 ID:o8lLJQ8E
切断されたあとは運動を司る神経が萎縮して
脳のその部分の運動野も活動をやめるから難しい
神経と脳をに電気信号をフィードバックして
腕があるようにだます必要があり


32 :メカ名無しさん :03/05/06 17:02 ID:LQiqtTSn
よく、事故で切断した手や指を手術で繋ぎ直した話を聞く。
でも、その手や指の動きは完全に元に通りとはいかないようだ。

この原因は、神経の萎縮と神経が完全に繋ぎ直ってない(と思う)のと、
どっちが強いんだろう?もしかして、他のファクタとかもあるのかな?


33 :メカ名無しさん :03/05/06 18:19 ID:RzO8J4Ra
>>32
俺も聞く。神経って結構細いもんだけど、繋ぐ事なんてできるんだな~と。
完全に元通りにならないのは、やっぱり神経を完全に繋ぐ事ができてなくて、
んで生体内の他の信号が乗ってたり、あるいは信号が弱まってたりってこと
なのかね~
よくわからんです。

---------------------------------------------------------

50 :メカ名無しさん :04/02/22 22:22 ID:VTA/+ETN
うちの親父が、脳梗塞で左半身不随になったんだけど、なんとか歩けるようになってもらいたくて。
ダークエンジェルにでてきた、歩けるようになる機械みたいなものって
実用化されないんですか?


52 :メカ名無しさん :04/02/23 09:40 ID:Vr2i+ehM
>>50
ダークエンジェルは知らんが、神経に電流を流して、
麻痺した足を強制的に動かす研究をTVで見たことがある。
ただ、今のところ歩行器は必要みたいだ。
何しろ、膝を伸ばした状態と曲げた状態の2状態しかできないようだったから。


53 :メカ名無しさん :04/02/23 12:12 ID:CJzPmn/I
>>50
理論的には可能だよね
電気信号なんだから…


54 :メカ名無しさん :04/03/09 12:15 ID:eEJ771Xr
>>50
ttp://www.saitama-u.ac.jp/koho/intro/keyaki/2002-9/keyaki_08/topics1/topics1.html

 FESと言って体内に電線を通し、電気刺激を加えるもの。神経や筋肉の
残り具合によってかなり個人差がある。

---------------------------------------------------------

59 :メカ名無しさん :04/03/12 21:54 ID:YR8oCGTg
数年前になんかのTVで見たけど盲目の人が目の部分にカメラ埋め込んで
脳にそれを繋いで歩いてた。まだ、白黒で相当画質が悪かったけどね。
全盲の人には神的存在だろうな。早く実用段階に入って欲しい。
一般人にも使えるようになれば2次元世界へ行くのも夢ではなくなる(;´Д`)ハァハァ


60 :メカ名無しさん :04/03/12 22:58 ID:+EDWwiHz
>>59
確か、アレは目が見えなくなってから手術までの期間が長くなればなるほど、
上手くいかなくなるようだ(もしかしたら他の要因があるのかもしれんが)。
あのとき、もう一人同じ手術をした人がいたはずだが、その期間が十数年だかあって、
成功しなかったと聞いている。

あと、見え方も、夜空に星が浮かんでるように見えるとか言ってたので、
我々が認識してるような見え方はまだしてない(と思う)。
でも、これは目の不自由な人にとって、非常に重要なことには違いない。

---------------------------------------------------------

89 :メカ名無しさん :2006/01/28(土) 21:59:59 ID:qpOfz4+A
>>1
将来的には可能だろうね。何年先かは見当もつかないが・・・。
肝臓とかの機能は大変だろうね。


90 :メカ名無しさん :2006/01/29(日) 10:23:44 ID:VGmUX2Si
>>3なんかも、もはや現実になっているしな。

・動かない手足を機械に置き換え、自らの意思で行動する

・手足が動かず寝たきり、下の世話まで介護ロボットに抱えられて・・

のニ択だと、俺は前者だな。後者は生かされている感タップリで鬱になると思う。


3 :メカ名無しさん :03/03/13 18:36 ID:t6xtLK2r
神経出力をまんま取る方法がまだないしな。

そーゆーセンサというかインタフェースを神経とつながにゃならんのだろうが
なんつーか、「人体実験」だしな。 どーにも。

---------------------------------------------------------

102 :メカ名無しさん :2006/02/03(金) 13:39:16 ID:MRTjQ8TG
脳の寿命はどのくらいなんだろうな。
脳以外全部機械にしたら内臓疾患などは無くなると考えていいよな?
だとしたら確実に生身よりは長生きできるのは確かだ。
もっとも俺らが生きている間に実現できるかどうかはわからない。


103 :92 :2006/02/03(金) 21:02:11 ID:XrCMtb5V
>>102
ググッたら140年とかあった。でも何でかは分からなかったから考えてみた。
脳細胞の数=140億、使用してる割合=10%、年間減少数=10万
で、要らない脳細胞から減ると仮定した場合
脳の寿命=140億*0.9/10万=12万6千歳
うん。俺の頭が悪いのは良く分かった。誰か詳しい人教えてください。

生きてる間に実現するのは無理だろな。
でもやりたいことの数に比べて100年前後っていう時間は十分って気がしない。
それ克服するための仕事できるなら他のこと諦めてもいいかなと思わないでもない。


122 :メカ名無しさん :2006/02/06(月) 17:38:48 ID:05r0r+LL
>>103
減る方は、定数じゃなくて定率で減ってくと思われ。

140年ってのは、恐らくテロメアと呼ばれる遺伝子情報から来ている長さだと思う。
テロメアは染色体の端っこについていて、同じ配列が繰り返されている領域で、
分裂するごとに長さが減っていく。現時点で細胞のアトポーシス(自殺)に関与して
いると考えられている領域。

だから、脳細胞に限らず、全ての細胞で考えると、人間の寿命の限界は140年くらい
かなぁって話じゃないかと思う。

---------------------------------------------------------

124 :メカ名無しさん :2006/02/07(火) 17:56:45 ID:tCSCq8VG
極端な話だが、抜歯したとき、精神的に何かを失った気がする。
多かれ少なかれ、という問題なのだから当人が問題を感じなければ
脳の一部も機械化してもいいのでは?
たとえばα波を常に出しつづける回路を仕込んだら、
当人は何を失っていてもリラックスしつづけるわけだから、脳の何パーセントを
失っていても問題ないんだな。死ななければ。
ついでに会社で部品として働ければいいのであれば、思考と動作が繋がっている必要も無い。
そうなると、今度はその人を雇っている必要がその会社にあるかという事になるのだが・・・。


125 :メカ名無しさん :2006/02/08(水) 00:19:01 ID:jo/V9hgS
>>124
サイボーグ化する際にある程度のアイデンティティの損失は許してもいいかな、
とは俺も思ったのだけど、会社の部品になるのは嫌だなぁ。
サイボーグ食が大好きになる程度で妥協したい、…というのは冗談だがw

---------------------------------------------------------

144 :メカ名無しさん :2006/02/11(土) 21:49:58 ID:mzJCIF9/
手足を失ったら、その失った手足の神経が萎むとかって言ってたじゃん?
萎んだ神経を、回路か何かで代用出来ないかな?
運動野に関してもさ。頭に、機械の擬似的な運動野を埋め込んで、脳と義手とをリンクさせれば、義手を本物の腕みたく動かせると思うんだ

そしてその刺激を、元の萎んだ神経と、本物の運動野に送れば、滑らかに動かせるようになると思うんだけど


145 :メカ名無しさん :2006/02/11(土) 21:54:05 ID:Mzuvv2Om
>>144
義手とかなら、実験レベルだけどもうやってるよ。


146 :メカ名無しさん :2006/02/11(土) 22:27:18 ID:7CC1M6P1
NHKのサイボーグ技術のやつでは、
胸筋の電位を使って動かせる義手をやっていたよな。
しかも、脳がそれに対応して、胸筋への刺激を腕への刺激と感じるようになっていたとか。
多分、「幻肢」でも同様に神経を再構築したんだろうけど、
そこまで対応できる人間の脳のロバスト性はすさまじいな。

---------------------------------------------------------

166 :メカ名無しさん :2006/03/32(土) 15:57:24 ID:mm9loKdZ
人間の動きを機械で忠実に再現するには600個のアクチュエータが必要らしい。
よって人造人間を現在の技術で製作するとなると600個のアクチュエータが必要。
動力源は小型・高出力の燃料電池になるだろうし、各アクチュエータの制御に100個近いCPUが要るだろう。
各種センサで人間の視覚・聴覚・触覚の代用は可能だろうが、嗅覚・味覚の代用は困難だろう。
必然的に大型化し、身長180cm以上で体重は200kg以上になるだろう。
製作費用だけで30億は掛かるだろうし、見た目は美少女アンドロイドに程遠い容貌だろうなぁ。
※アクチュエータは駆動力(機械を動かす力)を発生する機器。
現在のヒューマノイド・ロボットではアクチュエータとして一般にモーターを用いています。


173 :メカ名無しさん :2006/05/18(木) 02:07:16 ID:m8Gp6L+s
>166
600個もアクチェーターがいるのかぁ。難しいね^^;
自重増加、見た目の悪さの原因にもなるし、それをどうにかしたいね;;

ここはひとつ、発想の転換をしてみよう。
もっと簡単に、人体の動きを再現する方法はないだろうか?

いいアイデアのある方は挙手をお願いしますww


174 :メカ名無しさん :2006/05/18(木) 02:59:26 ID:9/o06Bxq
>>173
それを20個そこそこにまで簡略化したのがアシモだよ。

---------------------------------------------------------

192 :メカ名無しさん :2006/08/07(月) 01:36:48 ID:p66b9zbr
人工筋肉とかないんですか?
私強くなりたいんです。


193 :ディルク :2006/08/10(木) 15:00:35 ID:OGc7AD4o
もし仮に、そんなに肉体改造をしまくって成功したとしますよ
だけど、もし機械を動かすエネルギーがなくなったりしてしまったら
かなり困りますよね。それに肉体改造が完璧に成功するとは限らない
じゃないですか、それなどを考えると、とても恐ろしいことに
聞こえてきますよね。・・・・・


194 :メカ名無しさん :2006/08/12(土) 23:02:32 ID:Rz+UtS6L
エネルギーについては血液から発電させることが出来るから大丈夫じゃない?
血液を電気エネルギーに変換するわけだから、機械動くっぽい。
エネルギーが微弱すぎたら使えないだろうけど。


195 :メカ名無しさん :2006/08/13(日) 16:04:43 ID:ORKBSmGR
人工筋肉としては伝導性高分子が最有力候補だな
http://www.eamex.co.jp/

伝導性高分子の特性についてはこちらを参考のこと
http://www.nanoelectronics.jp/kaitai/cndctvpolymer/

フレキシブル回路も可能だし制御用のCPUも100個くらい丸めて作って
車載Lanみたいな制御用プロトコルで相互同期取れば出来お。

---------------------------------------------------------

あとがき
体を機械に置き換えるとストレッチパワーが溜まらなさそうだな。
義肢の話じゃないけど、片腕で剣道してる人を直接見た奴が
腕の太さがすごかったと言ってた。
俺がやってたときは上段で構えてたんだけど、
逆胴とか両手でやる技も結構やってたし、構えてるときは両手だけど
それでも慣れるまでは左手がかなりだるかった。
全部片手となるとその負担は相当なもんだろうね。
努力も並じゃないんだろうなぁ。尊敬するなぁ。
俺も頑張らなきゃ。

---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://occult.blog62.fc2.com/tb.php/139-5995b2e4

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

説得ゲーム 

戸田誠二の「説得ゲーム」という漫画に脳の研究の一環として女性の脳を培養するという話がある。すべての感覚(視覚、聴覚から性的な快感まで)をシミュレーションしているにもかかわらず、「脳だけじゃ駄目なんです」と言って死んでいくという流れだが、「脳だけじゃ駄目なんです」と言って死んでいく様に非常に納得がいったのを覚えてる。

  • 2006年09月11日 11:39
  • ああ #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。