週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当ですか? ヒトを喰い尽くす虫 

本当ですか? ヒトを喰い尽くす虫 

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/21 09:20
ヒトを喰い尽くす虫 ~芽殖孤虫~

さて、今から50年ぐらい前に、九州の天草というところに24歳の女性が住んでい
たそうです。
この女性の下半身に奇妙なブクブクした皮下の膨らみが現れました。この膨らみ
は、徐々にですが、確実に増えて行きました。誰も診たことのない不思議な膨ら
みに、意を決したある医師が、思い切ってメスを入れてみました。すると……

膨らみは皮下に出来た水の入った袋で、中に長さ数cmの白いクネクネした虫が
入っていました。袋はたくさんあり、中にそれぞれ虫が入っている様です。

 なんということか!!
 
早速、何という虫か調べられましたが、条虫(扁形動物)の幼虫らしいのですが、
何の幼虫か、さっぱりわかりません。この虫は、恐ろしいことに、幼虫でありな
がら、人の体内で分離して増えているようです。


 日本で当時4例目、芽殖孤虫出現す!!!

どこから来たのか、幼虫は人の体内に入り、人固有の寄生虫でないためか成長せ
ずに皮下をさまよい、そして自分の周囲に水の入った袋を作り、中で植物が発芽
するように枝分かれして増殖し、増えた幼虫はまたさまよい増殖する。

治すには、一匹残らず手術で取らなくちゃいけませんが、すでに大変な数だった
らしく、残念なことにその患者さんは亡くなってしまいました。

 化け物……

ヒトを喰い尽くす虫と書きましたが、実際に人を喰っているわけではないと思い
ます。しかし、増殖する虫が全身を這い回れば、大変な臓器出血か臓器不全を引
き起こすのは必定で、間違いなく命が危ない疾患です。

1990年、50年近い沈黙を破って、芽殖孤虫は忽然と東京に現れました。

さまざまな感染経路が考えられ調査されたそうですが、結局、虫の正体も感染経
路もはっきりしないまま、今日を迎えています。

その後、報告はありませんが、次はいつどこでこの虫は現れるのでしょうか?
感染経路が分からない以上、あなたでないと、誰も言えないのです……


芽殖孤虫、今の所「皮膚科」で見つかることが多いそうです。
虫さされ程度のポチッとしたふくらみで、赤みもかゆみのないのですが
気になって皮膚科に行ったところ、芽殖孤虫であることが分かるといったケースが相次いでいるようです。

当然ながら皮膚科ではどうすることもでいないので、然るべき医療機関に送られるわけですが、
それは皮膚科の医師が芽殖孤虫の症例を知っていた場合の幸運なケースで、ほとんどの場合は、
何らかの虫刺されやかぶれなどと診断されてしまい、芽殖孤虫とは気づかないままらしい。

またそれ以上に、痛くもかゆくもなく、赤くもなってないごくごく小さな腫脹程度では、せいぜい市販薬を塗ったりするくらいで
気にしない、気づかないという人がほとんどだろう。

寄生から増殖を始めるまで約三ヶ月、最近妙なポツポツができたという人はいませんか?

---------------------------------------------------------

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/21 09:36
ネタかとおもーたら

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

http://group.lin.go.jp/jsla/animal-doc/warm-5.html

---------------------------------------------------------

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/21 09:44
テレビで昔こう言う生き物の特集やってた。人間の体に幼虫産み付けて
幼虫が肉食い破りながら育つ蜂とか、女性の膣から体内に入って内臓食う
魚とか。キモい奴いっぱいいるよ~・・怖。


25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/21 09:49
>>20
それ関連サイト知ってたらきぼんぬ


27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/21 09:51
>>25
「カンジェロ」あるいは「カンジル」で検索汁

---------------------------------------------------------

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/21 10:22
5年位前、鹿児島の親戚のおばあちゃんが倒れて、
病院で手術したところ、体に線虫のような虫がいっぱい
入っていたそうです。
庭のみかんを食べて感染(ていうんですかね?)したって聞きました。
「体中に虫!おえー」って思ったことしか覚えてない・・・
詳しいこと、もう1度聞いてみよ・・・


40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/21 10:57
>>37
鹿児島というならフィラリアですな
西郷さんもフィラリアだったらしい

フィラリア画像すごいよ(;´Д`)
検索するヨロシ


46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/21 12:25
>>44
http://www.amda.or.jp/contents/database/2-9/b.html
写真は拡大できる

http://www.med.kyushu-u.ac.jp/facul/parasite/board/4-6.html

---------------------------------------------------------

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/21 13:12
熱帯には怖いの多いよね。イギリスの17歳の女の子が、
不時着した飛行機から人里探して森の中を歩いてる時に、虫に体中に
卵を産み付けられて、患部からどんどん出てくる虫の幼虫を40匹
近く自分で取り出した話があったよ。皮膚を破って出てくる幼虫をほじくり
返す…痛かっただろうし怖かったと思う。勇気あるよね。>テレビで見た(世界
まるみえだったと思う)

---------------------------------------------------------

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/21 13:37
あんまり書きたくないけど、ヨシ書いちゃう。
先日ゴルフしてたら膝の横の肉から血がたら~って出てたんだ。
あれ、何処かで足ぶつけたかな。なんてさ
気楽に考えて帰ったら、足がパンパンにはれて痒くて痒くてしょうがなくなったよ。
ヤブカに刺されたと思って放置したら膿んできて
昨日見たら白い卵があった。  肉思いっきりつまんで出したらプリュリと出た

---------------------------------------------------------

61 :ちちまにあ ◆SUbcHrtA :02/06/21 14:29
うちのオカンが働いてる病院で奇病の患者さんが来た
血液中に虫が大量発生してそのうち体中の組織に入り込むみたい
しかも患者さんに触るだけで感染するらしく
患者さんは個室入り使った布団などは全て焼却処分
そこの病院(結構デカイ総合病院)では扱いきれないため近くの大学病院に転院
なんでも沖縄かどっかの風土病らしいと聞いた

...それを聞いたときは飯が食えなくなったよ


65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/21 15:49
>>61
これ、まさに芽殖孤虫じゃない?
なんか、腫れたところからにじみ出た分泌液でも感染するみたいだし。
うっかり人に触れんな

---------------------------------------------------------

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/21 16:26
(;´Д`)
そういや、わざと鳥に食べられるために、カタツムリの目に
寄生するのがいたっけな・・・


77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/21 16:35
>>75
Leucochloridium

画像は見ない方が吉


93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/22 04:53
いつだったか「世界まる見え~」で動画を見たけど、確かにエグかった。
まさに両目の中にウジ虫がいて、それが体内に出入りしているって感じで
左右の目が互い違いに膨張したり萎んだりしてました。
しかも鳥が見つけ易いように黒っぽい輪が幾筋か掛かってて、
目の収縮に伴ってその幅が広がったり狭まったり…。
あと、本来カタツムリは外敵から隠れる為に葉っぱの裏側にいるのに
この虫に寄生されると感覚が壊されて
光の当たる葉っぱの上に出るよう誘導されちゃうんだそうな。

---------------------------------------------------------

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/21 16:46

体長2ミリくらいでコガネムシタイプの虫にヤバイのがいるね
古い家なので、家の中にもいろいろな虫がいます。

その虫は天井から腕に落ちてきたのですが、小さいしそのうちに
何処かへ行くだろうとそのままにしておきました。

しばらくして見ると虫の体の高さが隠れるくらい皮膚が食べられたように
虫が沈んでいました。(20~30分)痛みは感じないくらい

少し怖くなったので虫をとり、皮膚を見ると虫がいた部分だけ凹み赤く
なっていました。かさぶたもなかなか出来ず治りも遅かったです。

この虫はこげ茶色で、今もたまに天井から落ちてきます。


83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/21 16:53
>>79サシガメだろ
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/facul/parasite/board/4-9.html


89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/21 17:06
>>83アリガトン
サシガメで調べてみたけど違うみたい。
もっと超短足な虫

---------------------------------------------------------

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/28 10:03
ジャングルでたちしょんをすると、
おしっこを滝登りして尿道に入ってくる小さな虫がいるそうです
その虫はのこぎり状のギザギザを持っており、
尿道の中をあっち行ったりこっち行ったりするので、地獄の苦しみを味わうそうです。
こわいわねー


114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/28 12:02
>107
そりゃ虫じゃなくて魚だ。


118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/28 15:51
>>107
滝登りするかどうかは不明だが尿道とか膀胱に住み着く虫は存在する。

これの手術画像を見たことがある。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/29 06:56
>>107
>>114も言っているが、説明を聞く限りでは、そりゃ魚だな。
「カンディル」で検索すれば、見つかると思われ。

参考スレ
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1020495008/48-55

---------------------------------------------------------

あとがき
ここいらでグロイのを補給しとこう。


暖かくなってきたね。
俺は春と秋が好きです。
夏は暑いから嫌だし、冬は寒いから嫌だ。
4月になったら気分転換に外で昼寝をしたい。

---------------------------------------------------------
l
スポンサーサイト

毒男の体験した恐い出来事

毒男の体験した恐い出来事

1 :Mr.名無しさん :2007/02/10(土) 16:44:55
日常生活で体験した恐い出来事(事故、ヤクザ、霊、ゴキブリその他何でも!)があったら、聞かせてください。

---------------------------------------------------------

22 :Mr.名無しさん :2007/02/10(土) 21:48:43
バイクで交差点に進入した際、無理な右折をしてきた軽自動車と接触・転倒
路面をゴロゴロと転がってガードレールに思いっきり体を叩き付けられた。
激痛と意識の混濁の中で俺はこのまま死ぬんだと朧気ながらに思った。
身を横たえたままピクリとも動かない というか動けない俺
そんな俺の様子に軽の運転手の女性が駆け寄ってきて必死で声をかけてくる。
「大丈夫ですか!?大丈夫ですか!?」
(うるせぇ 大丈夫もクソもねぇよ おまえのせいで俺は死ぬんだよ)
(そうだ 死ぬ前に顔を見てやろう 死んでから化けて出てやる)
そんななんともネガティブな思いから苦労して瞼を持ち上げると・・・
最初はなんだかわからなかった・・ぼやけた視界の中にただ白っぽいものが見えた。
だんだん視点が定まって映像がクリアになってきて・・・
その瞬間、俺の心臓は大きく脈動した!
(おいおいオネーチャン!あんたパンツ丸見えですがな!!!)
よっぽど気が動転していたのだろう。
オネーチャンは俺の顔の真ん前で屈み込んで声をかけているのだ。
そっと眼球だけ動かして彼女の顔を確認する。
よっしゃ!ええお顔立ちしてなさる!!
死を覚悟していた体に 正確には体の《一部》にグングン活力がみなぎる!
(死んでなるものか・・・死んでなぁるぅもぉのぉかぁぁぁぁ!!!!)
眼前の桃源郷を目に焼き付けんと、体から半分出かかった魂を必死で押さえつけ、
意識の無いフリをして思う存分オネーチャンの純白のデルタ地帯を鑑賞しつづけた俺。
そのおかげで、どうにか病院に担ぎ込まれるまで命を繋ぎ止めることができたのだった。

後に治療にあたった医師は語る
「こんだけボロボロになったのに病院来るまで意識がハッキリしてたのはスゴイ!
普通は痛みやショックで気絶してるもんだよ」
俺が何故にそれが可能だったかを自分の口から語ることはないだろう・・・
ありがとう軽のオネーチャン、ありがとう白パンツ、あなた達は俺の命の恩人です。

---------------------------------------------------------

37 :Mr.名無しさん :2007/02/11(日) 00:26:01
三ヶ月ほど前、1Rのアパートに住んでいた時の話。

風呂場から変なオヤジがいきなり現れて刃物を振り回す、という夢を見た。

「変な夢見たな…」と思いながら顔を洗いに風呂場に行ったら、
風呂場の天井が外れて、天井裏にいけるようになっていた…。

全身(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルしたの久しぶりだった。

他にもドアスコープを壊されたり、マーキングされたりと怖いことが重なったので
結局実家に戻った。

---------------------------------------------------------

47 :Mr.名無しさん :2007/02/11(日) 01:22:45
カランカランという音に気付いて早朝目がさめる。

ふと、音源の方(玄関)を見るとドアに500円玉大の穴があいている。
こちらを瞬き一つせずみつめる眼球と数秒後目が合う
(ワンルームで玄関入ってすぐ部屋という間取り)私とその眼球の距離は2メートル弱。
しばらくして恐る恐るドアを開けてみると
被害はうちだけじゃなくお向かいの住民をはじめかなりやられていることがわかった。
ちなみに覗き穴を壊されたのでした。
今は壊せないタイプのに変えてもらった。ちなみに3階以上の階にすんでます。

---------------------------------------------------------

88 :Mr.名無しさん :2007/02/11(日) 10:33:38
数年前の冬、隣の男が、隣の部屋で2ヵ月半死んでいたこと。
家賃が2ヶ月滞納されていたので管理会社が確認に入室して発見。
物静かでなかなかグッドルッキングな人だったし、良いところにお勤めと聞いていたので、
意外な死に方というか、それまでどうして誰も気がつかなかったのか不思議だった。
自分も含めて世間はなんと冷たいのかと思った。

---------------------------------------------------------

98 :Mr.名無しさん :2007/02/11(日) 15:34:24
決まって2時頃、冷蔵庫の前にボーっと白いモヤみたいなのが見える
それが人間の形になる、透けて奥のものが見える
右を向いてスーッと隣の部屋に消えていく
それが女の子だったり、ヘルメットを被った足のない少年だったり
泣き顔の女性だったり様々
いつも同じ場所に立ち、同じ方向に消えていく
霊道とかになっているのか、たまに白い玉になって部屋を一回りしてから
壁に吸い寄せられるように消えていく
もう慣れたが気味のいいものじゃない

---------------------------------------------------------

102 :Mr.名無しさん :2007/02/11(日) 16:05:33
前に住んでいたところが出るらしい…

平屋一軒家で昭和40年築の激安物件だったんだけど、
泊まりに来た友達のほとんどが何か見ている。

部屋と部屋を区切るふすま付近で髪の長い人が立っているとか、
寝ている時に枕元に覗きに来るとか、
目撃情報は何となく一致したよ。

漏れは3年くらい住んでいて、見た事は一度も無いけど、
今は兄がそこに住んでいるんだよね…

今度は見れるかな?w



---------------------------------------------------------

104 :Mr.名無しさん :2007/02/11(日) 16:14:07
朝起きたら玄関と目の前の壁に血がべっとりついてた
ちょうど友達が泊まってたんだけど
その友達が夜中一人で起きてたとき(オレは寝てた)に玄関に誰かが来てたらしい
「すいませ~ん」って言ってたらしいけど怖かったので出なかったみたい

んで警察呼んでみたんだけど「酔っ払いがケンカでもしてたんでしょ」で済まされた

---------------------------------------------------------

145 :Mr.名無しさん :2007/02/12(月) 09:14:45
近所の家が火事になって行ってみると自分と同じように野次馬がたくさんいて
燃えている家を見ると二階の窓から小さな女の子が何か叫んでいる。
でも、みんな見ているだけ、不思議に思って周りの人に「何故助けないんだ」って
聞いたら「この家には子供はいないんだよ」って返事。
女の子をよく見ると笑いながら「もえろ、もえろ」って叫んでいた。

---------------------------------------------------------

166 :Mr.名無しさん :2007/02/13(火) 02:02:56
田舎育ちで、あまり家に鍵をかけるという習慣が薄かった俺。
(実家は引き戸で、深夜しか鍵かけてなかった)
一人暮らしを始めてもその癖はなかなか抜けず、
こっちが留守でも友人が勝手に部屋にいて俺を待ってたりとかもよくあった。
もともと盗まれるだけの金も無かったし、気にしてなかった。

ある日、夜遅くに帰ることがあって外から見ると部屋に明かりが。
また誰か部屋で寝てたりするのかと思いながらドアを開けると風呂から音が。
幾らなんでも友人も勝手に風呂は使わない。靴を確認すると見ない靴。
玄関は豆球しかついていなかったのであまり細かく確認せずにいたら、
1kなので台所から出入りできる風呂の間仕切りが開いて人が出てきた。
しかも相手は女性。マンガのような状況に、お互いしばらく硬直。
悲鳴でもあげられるかと思いきや、スタスタと流しの方へ。
備え付けの包丁差しから万能包丁を取り出して、こっちに向けて突き出してくる・・・
薄暗い中で包丁を振り回されて、死ぬかと思いました。

何が何だか分からないが、逃げ出してから携帯から部屋の備え付けの電話へかけて、
相手が出てくれてからやっと事情が判明。
俺の住んでたアパートはA棟とB棟があり、それぞれ6室ずつあったんだが
越してきたてでA棟とB棟とを間違ったとの事。
もともと家具などはある程度備え付けのような感じだったため違和感を感じなかったそうな。
呼ばれた警察にも色々と言われたりして大変でした。

相手も災難だったでしょうが、包丁を振り回されたときの怖さときたら・・・。
かなり混乱してたらしく、本気で刺されててもおかしくなかった。
今でもたまにアパートの入り口で会ったりすると、少し気まずいです。

---------------------------------------------------------

199 :Mr.名無しさん :2007/02/15(木) 14:18:09
俺は高校のとき、野球部だったんだが専用グランドが山の中にあるんだ。
季節は冬で、練習終わって友達と二人でいつもと違う初めて通る道で
下山してるときに(外は真っ暗電灯無し)、誰かに右足首を捕まれた。
俺はとっさに霊だと感じて、下を向くことなく無口で部室へ帰っていった。
部室に着いて、友達になぜ喋らなくなったのか聞かれ、事情を説明。するとそれを聞いていた後輩が言った。
足捕まれたところで先月、近くの老人ホームの爺さんが自殺したらしい。
ありきたりだが、あれは怖かった。しかも昔の戦場跡にグランドあるから、夜は変な声や光がよく見えたものだった。

---------------------------------------------------------

200 :Mr.名無しさん :2007/02/15(木) 17:29:17
厨房の頃、毎日のように行ってた銭湯で時々見るおっさんに家まで尾行された
数日後そのおっさん乗る軽乗用車が下校途中に止まってたんで
無視して家に帰った。しばらくして窓から覗くとその軽が止まってて
怖くてその日は銭湯に行けなかった。

---------------------------------------------------------

210 :Mr.名無しさん :2007/02/16(金) 22:57:17
当番で事務所に泊まって寝てたら1階の駐車場に爆弾のような物を
投げ込まれて死ぬかと思った。


212 :Mr.名無しさん :2007/02/16(金) 23:33:01
一体、何の事務所なの?


213 :Mr.名無しさん :2007/02/16(金) 23:37:07
>>212
普通の総合商社の事務所だよ。


214 :Mr.名無しさん :2007/02/17(土) 01:40:22
爆弾のようなものって?
火炎瓶とかそういうもの?


216 :Mr.名無しさん :2007/02/17(土) 01:57:21
>>214
詳しいことは分からないが手榴弾らしかったのであんまり爆発は酷くなかったが
車が大破した。ちなみに手榴弾は破片を飛ばして人間を殺傷するものなんで爆発力自体は
あまり大したことはないらしい。あと、同系列の事務所は同時刻にピストルの弾をぶちこまれた。

---------------------------------------------------------

237 :Mr.名無しさん :2007/02/19(月) 19:53:44
今朝の話なんだが。
俺は親と同居で二階の自分の部屋に寝ているが、俺は早寝早起きで
朝6時前には必ず目が覚める。
すると一階のほうから毎日「ゲホッ!ゲホッ!」という
年寄りがセキをする声が聞こえる。
俺はオヤジがセキをしてるんだなぁと思っていた。

昨日から親がちょっとした手術の為に入院して家には俺一人になった。
今朝も普段通りに俺は早起きしたんだが、やっぱり下から
「ゲホッ!ゲホッ!」が聞こえてくるんだよなぁ。
気にしないようにするさ。

---------------------------------------------------------

239 :Mr.名無しさん :2007/02/20(火) 00:57:23
子供の頃、家に一人で留守番してた
そしたらインターホンが鳴ったのね
たまたま窓のカーテンを締め切ってて、隙間から覗いてみたら宅急便だった

で、家に誰もいないし、どう対応すればいいかわからなかったから
居留守使ったのよ。そしたら、電話が鳴ったのさ
俺は親父からの電話だと思って出たら、宅急便のオッサンだった
その電話というのが、これまた偶然にも、さっき言った窓の近くにあるんだ
受話器を持ってオッサンと話しながら、またカーテンの隙間から覗いてみたのよ
そしたら、オッサンがまだ玄関に立ってるのよ

でもさ、その頃ってまだ携帯電話なんか普及してなかった頃で
ショルダーバッグみたいなデカイヤツしか無かったんだ
当然、そんな不便もん配達のヤツが持ってるワケ無いよね
幼いながら何故か冷静だった俺は、公衆電話から別の誰かが電話してるとすぐに気付いたわけ

「お渡ししなきゃいけない荷物があるから外に出てきてくれ」ってしつこいんだわ

俺は「注文した本人が戻るまで待って」って言ってるのに、
「ちょっとそれは困る」みたいなこと言って聞いてくれないんだ
段々語気も荒くなってきて「さっさと受け取れよ!」とか怒鳴り口調になって
ガキだった俺はどうしようかと迷った揚句、外に出ようとしたら
ちょうどタイミング良くウチの親父の車の音がしたんだ
「おっ帰ってきたし、ちょうどいいか」って部屋に戻って
もう一回、カーテンの隙間から覗いてみたら、既に怪しいオッサンはもう居なくて

ちょうどウチの親父が玄関の鍵開けてる最中だったんだよね
恐らくウチの親父があの時に帰って来なかったら、
誘拐されたか殺害されたかしてたかも

---------------------------------------------------------

380 :Mr.名無しさん :2007/03/03(土) 00:38:55
こないだ仕事から帰る時にいつも帰り道として使っている公園を横切ろうとしたら
着物着た婆さんに駅までの道を尋ねられた。
ここから行くには結構わかりづらい道程だったので婆さんからの頼みもありその場所まで送っていくことに。

目的の駅までたどり着くと婆さんはお礼も無しにいなくなっていた。
急に激しい雨が降ってきたので仕方なくタクシー使って帰宅。
イライラしながら就寝。

翌日朝刊を見ると、婆さんに会った時間帯にその公園で通り魔事件が起きていた記事が載っていた。

---------------------------------------------------------

あとがき
何か蝿が飛んでるけど、生ごみは無いはずなんだけどな。
変なにおいもしないし。
鬱陶しい。

---------------------------------------------------------

【一歩違えば】ギリギリで回避した危機【大惨事】

【一歩違えば】ギリギリで回避した危機【大惨事】

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/10/01 00:15
あとちょっとで大変な事に・・・ギリギリで回避した危機や
運が良くて回避したとしか思えない危機を語り合うスレです。

漏れはこんな所

厨房の頃親父と二人で海に投げ釣りに行ったとき。
重りも重い物を付け、かなりの勢いをつけて遠投げしてた。
で、親父の振った仕掛けの先の虫(餌)が眼球をヌルッと伝った。
それもかなりのスピードで。勿論虫には針が通ってるわけで。
針が外側を向いて通過したから良かったものの。。
内側向いてたら目玉ブッ取れてたかも・・。
釣りやらない人にはわかりにくいか・・&文章わかりづらくてスマソ

---------------------------------------------------------

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/10/01 15:52
高速で目の前を走っていた12tトラックが横転した。
漏れの車に火花がかかった。
死ぬかと思った。

---------------------------------------------------------

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/10/01 16:16
高校の登山の大会で、崖みたいな場所から滑落しました。
草に掴まったから5m程下で止まったけど、
草掴めなかったらたぶん数十メートル下に落ちて氏んでました。

---------------------------------------------------------

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/10/01 16:23
サリン事件の時…撒き添いになる前に地上にいたよ


17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/10/01 16:40
>>13
あたしはその日寝坊して難を逃れたyo。
でも会社でこっぴどく絞られたけどね・・・。


26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/10/01 20:24
ある日彼氏がいつも乗る地下鉄に乗り遅れた。
遅刻しない彼にとってはとても珍しいことだったらしい。
何本か後の電車に乗ると突如電車が停車。
なんと数本前のいつも乗る電車にサリンがまかれていたのだった。
ま、その時はサリンとわかんなかったらしいけど。
しかもいつも彼がいる指定の場所にまかれてたらしい。
同日の同じ電車の同じ場所にいつも通りのってたら・・・
大変なことになってたでしょう。

---------------------------------------------------------

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/10/01 16:44
リアル高房だった頃、原付免許取って友人のバイク借りて日帰りツーリング
に行った。どこかの交差点で信号が変わって走りだしたトレーラーを抜こう
としたら、いきなり左折を開始(ウインカーは点けていたんだろうけど、
初心者高房の漏れは見落としていた)。
前をトレーラーのヘッドに塞がれ、トレーラーの角が漏れの腰にドスンと当
たる。
マヂで死を覚悟した瞬間。どっからか現れたオッサンがチャリンコでフラフ
ラとトレーラーの前を横切ろうとして、トレーラーが目に入らなかったのか
泡を喰って転倒。トレーラーも泡喰って急ブレーキ。
運ちゃんはオッサンをすごい剣幕で怒鳴ってたけど、漏れはひっそりと蒼白
になっていた。あのオッサンがコケなかったら、巻き込み喰らってペッチャンコ。

---------------------------------------------------------

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/10/01 16:48
うちの娘が3歳のころ、寝ていた俺のまぶたに
ボールペンでイタズラ書きしようとして、
目の上にボールペンをかざした時、その気配で「なにしてんねん~」と
目をあけたら目先にボールペンの先端があり、
せまってきた娘はその瞬間、布団に足をとられ、転んだ。
スローモーションでせまるボールペンの先端を
マトリックスばりに急激に首をよじってよけたが
ムチウチになりそうなくらい首が痛かった。

もうちょっとで眼球にボールペンがヒットするとこだった。

---------------------------------------------------------

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/10/01 20:13
友人が免許を取って1週間たらずで遠出をしたときのこと。

100kmで高速走行中に
友人がふとシートベルトをしてないのを思い出し
シートベルトをしようと左手を掛けた瞬間に
あろうことかハンドルを持つ右手まで思いっきり右に切りやがったので
車はいきなりバランスを失って右車輪だけで片輪走行(w
さらに蛇行しまくってコンクリートのフェンス寸前で止まりました。
そこは首都高のように高架になってる場所だったので
100km超えた速度でぶつかってたら
15m近く転落して大惨事だったと思うとぞっとします。

アクシデントが起こってから
ブツかりそうになる寸前まで
こういう姿勢を取ればショックは少ないかもな・・・とか
結構、冷静に判断する時間があったので
ほんと人間って危機に面するほど
冷静な判断力が働くんだなと思いました。

---------------------------------------------------------

45 :連れの話なんだけど :02/10/02 01:58
軽自動車で信号待ちしてる時居眠り運転のトラックがつっこんできて、
前に止まってたトラックとの間にサンドイッチになった。
両トラックもちろん無傷。幸い前方がトラックだったんで軽がもぐりこんで衝撃が和らいだ。
死には至らなかったが首の骨にヒビいって全治2ヵ月の重体。
尿道に管さしてオシッコしてた姿が痛々しかった。
後遺症も残らなかったみたいですごく運のいいやつだと賛美。
新聞にも載った出来事です。

---------------------------------------------------------

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/10/03 00:13
リアル厨房のころ、自分の部屋の勉強机の「ジブライト(って、あのショベルカー
みたいな2本のアームの先に裸電球のライトがついてて、手前や奥に自在に
位置決め出来るデスクライトのことだよ!)」がいきなり点燈しなくなったので
調べて見ると、配線コードがハンダから外れてしまっている。
工作厨房だった洩れは「こんくらいは楽に直せっぜぃ!」と、新しく半田付け
するために、コードの新しい部分をむき出しにしようとカッターナイフを持ち
出して、コードの外側を覆っているゴム部分の削りにかかった。
と、その瞬間「バチバチバチ!!!」と凄い音と火花と白煙が上がり、手元を
見るとカッターの刃が見事に溶けていた。
そう、電気コンセント差しっぱなしでコード削っちったのね・・・。

暫くして「家庭のコンセントから電気引っ張って自殺する奴もいるんだ・・・。」
と思い返して、ぞぞぞぞっとした。

なんで俺は死なずに済んだんでしょう・・・?

---------------------------------------------------------

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/10/03 23:23
前もどっかに書いた気がするけど,うちの父親はなんだっか
忘れたけど,結構硬いものに包丁の背をあて,刃のほうに
指を当てて思いっきり力を入れようとしていた.母親が気づいて
とめたからよかったものの,あわや指入り晩飯になるところ.

---------------------------------------------------------

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/10/13 01:31
 ちょっと古い話でスマソ。昔のラップは箱の外側の角にラップを切るために
金属製の刃がついておりました。
 俺は冷凍ピラフをレンジで温めるために棚の上にあったラップを取ろうとし
たのよ。すると手が滑ってラップの刃の部分が俺の手首の上を滑っていった。
ラップは新品だったのでかなり重く、おまけにラップの刃ってギザギザがつい
ているのでかなり血が出た。
 今でも左手首にはためらい傷みたいなのが残っている。

---------------------------------------------------------

88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/10/15 15:51
その1、ロス暴動のときに米国某市で呑気に買い物してて店員に教えられて慌てて帰りました。
その後2~3日外には出られんかった…
その2、歌舞伎町で爆破されたビルに直前にいました。
かえってニュースで流れて一緒にいた友人達に「あのビル行ったとこじゃねぇか?」「まさかぁ」と笑ってたらマジでした。
その3、阪神大震災のときに飛行機予約してました。
都合で一日ずらしてなければ前日に阪神入りしてたわけで…

---------------------------------------------------------

96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/10/21 23:18
東北の田舎のスキー場は怖いです・・・。
もう10年以上も前の話です。当時、スキーがあまり上手ではなかった、
というか、全然滑れなかった僕は、スキー場の脇の初心者用の緩やかな
コースでソリに乗って遊んでいたのですが、ついつい図に乗ってしまい、
少しだけ傾斜の急な上のほうまで登って行って、そこから滑りはじめた
のですが、当然のようにふらふらとコースアウト・・・。
そのまま猛スピードで、スキー場の淵にある崖に向かってしまいました。
で、そこには当然しっかりした柵があるのかと思ったら、これがなんと、
ボロボロで少し押せば破れそうなビニールの網で囲ってあるだけ。
その場でソリから飛び降りて、崖に向かう急斜面の雪に必死で手を
食い込ませて、なんとか体の動きを止めて助かりました。
ホント洒落になりません。

---------------------------------------------------------

101 :     :02/10/22 15:39
原チャリでバイク便のバイトしてた時。真夏の夜。
暑いのでフルフェイスのヘルメットの風防上げてたのを何気なく下げた。
したらその次の瞬間、クワガタが風防にぶつかって破砕した。
風防は割れはしなかったけどバリバリにヒビ入ってた。
全くの偶然だろうけど、もし下げてなかったら今頃目とかどうなってた事やら。
虫が知らせた言うのはああいうのを言うんだろうか。

---------------------------------------------------------

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/10/22 15:59
5歳ぐらいの時、母と二人歩いて駅から帰る途中
何を思ったか母の手を振り切って国道をまっすぐ走って横断した
渡り終えてから自分にあと数十センチのところまでダンプカーが迫っていたことに気が付いた
ダンプが通り過ぎてから振り向くと向こう側の歩道で母がこっちを見つめたまましゃがみこんでいた
あれが恐ろしい事だったと自分で気がついたのは十年以上経ってからだ

お母ちゃんごめん。

---------------------------------------------------------

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/10/26 10:59
前に別スレに書いたけど、釣りに行った帰り道で有った話。
疲れてたんで高速道路を制限速度ちょっと位で走行車線走ってたら後ろから
猛スピードで近づいてくる車が一台居た。
周囲には他にほとんど車居ないし、勝手に抜いてくだろうと思ってたら、漏れの車を
抜く為に車線変更しそのまま分離帯に接触。(火花飛んでた。)
スピンしながら目の前を通過。(この時先方の運転手と目が合う。)
そのまま、路肩に車両後部から接触。(この時は漏れの車の真横位に居た。)
反動で路上に戻ってくる。(漏れは通過した後。)
当然の事ながら、漏れの後続はみんな止まってた。

正直、よけようとしてアクセル踏んでも、ブレーキ踏んでも巻き込まれたと思う。
あっと言う間の出来事だったんで何も反応できなかっただけなんだが、後から
考えるとカナーリ冷や汗もんだった。
100km/h近いスピードで走ってたので万が一にも接触してたらと思うと・・・。

---------------------------------------------------------

107 :37 :02/10/27 05:34
一瞬を争う事態という話ではないんだけど・・・

母が若い頃に友人4人とビルの中の大部屋を借りて
住んでたときの話・・・(ちなみに最上階)

そのビルはカナーリ古い建物で、非常階段もベランダもないのに
浴室の窓の外を通り過ぎていく女の人の姿が見えたり
誰もいないはずの屋上から夜中に足音が聞こえたりと
不気味な現象が絶えなかったそうです。

とうとう堪えかねてその部屋を引き払った母たちは
次の部屋を見つけるまでの数日間、
友人のうちの一人の家に泊まることにしたそうです。
友人宅に一泊した翌朝、一人がなにげなくテレビをつけると
自分たちが昨日まで住んでいたビルが火事で全焼のニュース・・・

もう20年以上前の話ですがぞっとしました。
母からの又聞きですみまそん・・・

---------------------------------------------------------

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/11/01 21:55
バイクのエンデューロレースに出場したとき、
コースが隣接し合ったところで対向してきたバイクがコブシ大の石を跳ね上げ、
俺のメットのアゴ部に直撃。

メットのアゴ部がぱっくり割れました。
あと10cm上、もしくは下だったら・・・。

---------------------------------------------------------

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/11/01 22:21
一週間ぐらい前の話だったと思うけど、うどんを食べに行ったんですよ。
1人で。そしたら、その途中で黄色いバンダナ巻いたスキンヘッドの
19歳ぐらいのニイチャンがいたんですよ。その人が信号を渡っている途中で
バンダナを落としたんです。そのニイチャンがバンダナを拾いに戻る時に
「あ・・・、なんか変だな・・・」って思ったんですよ。フラフラ歩いていたから。
そしたら、いきなり信号の真ん中でぶっ倒れたんですよ。そのニイチャンが。
けっこう夜の遅い時間だったので周りに通行人がオレしかいないので
助けなきゃと思って自転車から降りて、その人のとこにいったんですよ。
そしたら信号無視した大型トラックが・・・。本当に死ぬかと思いました。。
間一髪で近くを走っていた見習い(?)ボクサーの人に助けてもらいました。
本当に恐ろしかった・・・。ちなみに無傷ですた。

余談:救急車を呼んだ後、そのままうどんを食べに行って海老天うどんを
頼む時に恐怖で震えたままだったので海老㌧うぼんと言ってしまって
恥かしかった・・・。

---------------------------------------------------------

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/11/02 20:16
以前、新聞だかの投稿欄で見かけた話。
母親とベビーカーに乗った赤ちゃん、3歳の男の子で
買い物に行った。その帰り、信号のない小さな交差点に差し掛かった
ところで、男の子が「ママ、ガムあけて」と母親の歩みを
止めたその時、居眠りのトラックが自分達の目の前を通り抜け
塀にぶつかって止まったそうです・・・。
もしあの時、男の子が母親を呼び止めなかったら・・・。

---------------------------------------------------------

135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/11/03 03:35
だいぶ前のことだけれど、バイクで事故ったことがあります。
私は直進していて、対向車が突然右折してきたため、
対向車がバイク側面に当たり、私は6mほど飛ばされました。

ちょうど落下した位置が、よくある植え込みの上で、手首の骨折だけですみました。
でも、後30cm飛ばされていたら、植え込みの先にあった岩に激突していたし
30cm手前に落ちていたら、アスファルトに腰を強打しているところでした。

衝突時のスピードが、もう少し違っていたらと思うとぞっとします。

---------------------------------------------------------

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/11/08 06:13
わたしはおじいさんが車にはねられて,空中で1回転して,
足からうまいこと着地したのを見たことがある.10点って
感じで.

---------------------------------------------------------

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/11/08 10:47
漏れが消防だったころ、箸を縦に加えたまま物を落とし、
それを拾おうとしゃがんだ勢いで箸を突いてしまった経験があります。
まぁ、上アゴの骨にあたって大した怪我ではなかったんだけど、
後5ミリ奥だったら大脳貫いてあぼーんだったらしい。今でも上アゴの傷跡を触るとぞっとする・・・
だって、触ってる指の腹が既に骨の無い所にかかってたりするんだもん(汗

---------------------------------------------------------

153 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/11/08 16:24
消防の頃高さ3mぐらいの堤防の上で、川で獲ったザリガニを対決させて
遊んでた。やがてザリガニがぐったりしたので、川に逃がしてやろうと、
手を近づけた瞬間、勢い良くザリガニバックしやがった。
これにビックリした漏れは後に飛び上がったところ、川を背にしていたので
そのまま川に頭から落ちた。
落ちた瞬間訳も分からず、目の前が真っ暗になったので慌てて顔を上げると、
頭を突っ込んだのは、川への排水管が出てる為、川底が凹んでて泥が溜まっ
てた所だった。その泥がクッションになって奇跡的にも無傷でした。
その凹み部分も幅60cmぐらいで、他の川底の部分は石が敷き詰められていて
水深5cmぐらいしか無かった。
どっちかに1mずれてたら間違いなく死んでただろうなぁ。
このスレタイ見て久々に思いだして、鳥肌たてながら書いてます(W

---------------------------------------------------------

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/11/17 02:41
スケートに行ってこけて手をついたら、後続にすぐ横をすり抜けられた。
熱を感じるほど指すれすれのところをスケート靴の刃がかすめていった。
手袋の先っぽがスッパリ切れてた。
一瞬の出来事だったけど、忘れられない。

---------------------------------------------------------

188 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/11/23 05:03
姉貴の話なんだけど、パッチワークとか好きで、その日もミシン掛けしてたら、
当時まだちっちゃかった姪っ子が、縫ってる最中の針に手を出して大怪我。
大急ぎで救急病院にいったら、部分麻酔で傷口を縫うことに。ところが1時間
たっても音沙汰無し。おそるおそる、処置室を覗いたら誤って全身麻酔かけられて
意識が戻らないため、わが子を逆さ吊りにしてほほをたたいている医師の姿が。
姉貴は脚が震えて止まらなかったそうです。なんとか事無きを得て今姪っ子は
営業でバリバリ稼いでます。叔父のオレが転職中の身の上だというのに、、、。
こないだなんか、すきやきおごってもらちゃったよ、ははは。(汗

---------------------------------------------------------

191 :土木学生 :02/11/23 22:08
大学で登山やってるんだけど、山中いるときは食事のたびに米を大鍋で炊くんですよ。
2年前の秋山での事。テント中で同期が用意してくれた鍋を俺が火にかけたんだけど、妙にガソリン臭い。
炊事にはMSRっていうホワイトガソリンを燃料にしてるバーナーをつかってるから、どっかに燃料がこぼれ
てるのは日常茶飯事なんであまり気にしていなかった。
そのうちガソリン臭があんまり強くなってくるので、火が消えたんじゃないかと思って鍋を動かした瞬間!
鍋から巨大な火球が競り上がってくるのがスローモーションで見えた。慌てて首をそらせてよけたものの
一瞬で火柱がテント内に充満。泡食って壁をぶち破って外に飛び出した。

いったいなんでこんなことになったのかと思ったら、飲料水と同じ形のタンクに入っていたガソリンを
同期があろうことか水と間違えて2㍑も鍋に注いでいたのだった。
何も知らない俺が数分間ガソリンを直火で過熱しつづけた結果、あぼーん。自分の顔面のかわりに、テントの
天井が1瞬にして消滅してました。

---------------------------------------------------------

192 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/11/24 01:02
目撃したことなのだが、学校の前の道で体育学科の学生のチャリと、
近所の小学生のチャリがすれちがいざまに接触、どうしたはずみか、小学生が
自転車ごとその場で前方1回転。うそーって、思ったよ。あんまり見事だったんで。
前輪を中心にして回ったので、後輪は大学生の頭より高い位置だった。
どこをどうやったらあんなことができたのか。いくら体育学科っつったってねー。
きれいに1回転して元の位置にもどったので擦り傷1つ無かったもよう。
オレのツレは見そこなってしまったらしく、悔しがってますた。

---------------------------------------------------------

193 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/11/25 00:57
ショボい話で恐縮ですが。
厨房の時。教室の窓のとこって、よく張り出しみたいなのあるじゃないですか。
冬の日の休み時間は、よくそこに座って、じじいみたく日向ぼっこしながら
ダベってました。で、ある日。いつものように机の上をひょいひょいと歩いて、
張り出しに腰を下ろして、窓によっかかろうとしたら、窓が開いてたんですよ(W
カーテンが閉まってたんでわからなかった。為すすべもなくそのまま後ろに倒れる漏れ。
転落防止用のバーに引っかかって何事もありませんでしたが、
「あ……オレ、死ぬ……な」と倒れながら思いました。あ、ちなみに3階でした。
転落防止バーって、多分漏れみたいなヤシが何人か出た後できたんだろうなぁ。

---------------------------------------------------------

196 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/11/28 12:57
消防のころ雨の中を濡れたまま帰って寒かったので
広間の煉炭コタツにもぐりこんだ。
3時間くらいだーれも気づかずに、引きずり出された時は
意識がなかったらしい(母親が力いっぱい往復ビンタしたが死人のように
ぐったりしたままだったと後から聞いた)
今俺がうだつの上がらぬリーマンなのはその時に脳細胞が壊死したものと
思われる。

---------------------------------------------------------

202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/12/03 09:00
小さい頃
遊園地の百円入れると動くパンダの格好した乗り物
アレに乗ってるときに「バキッ!」って音がして操縦不能に
ついさっき百円入れたばっかりで止まらない
そのまま一直線に突っ走り、突き刺してあるだけのフェンスを突き破って
転げ落ちた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まあ俺は幸いにも突き破った直後にパンダが前転したせいか、
放り出されて池に落ちずぶ濡れになっただけで無傷
もし放り出されずパンダと一緒に転げ落ちてたら
無事ではすまなかっただろうな。

よく考えたら、さっさと飛び降りればよかったんだよな

---------------------------------------------------------

213 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/12/04 05:54
会社の営業車でフラットなダートでサイドターンしまくって遊んでいたんです。
さんざん遊んだ帰り道、橋を下った所の交差点で突然子供の乗ったチャリが
右側から飛び出してきた。当然、そいつの信号無視。
反対車線の車は急ブレーキで寸前で止まれたが、漏れは下りと言う事も有って
結構なスピード、手前では止まれない・・・
もう絶対に当たると脳で思ったのと体が勝手に反応したのがほぼ同時、
サイドを思いっきり引いて、ハンドルを右に切って反対車線側にサイドターン。
綺麗に180度回って、その止まった車の目の前にピタッと止められた。

タイヤの煙が上がって「ふー」と息をした途端、大量の汗が正にドバッと。
その糞ガキはそのまま行ってしまいました。追いかけようにも車から
出ることが出来ない位の状態、でも何故か「あ、車邪魔になるな」とも思い、
後ろの車をバックミラーで見ると、おっさんが拍手していますた・・・

その前に練習していなければ確実にあぼーんさせているところでした。
思い出してもぞっとする出来事です・・・

---------------------------------------------------------

214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/12/04 07:47
ダンナが例のビルの80階あたりに勤めていました。
飛行機が突っ込んだ時間はちょうどエレベータに乗ってるくらい?
という微妙な時間帯・・・
隣りの家に駆け込んだら近所の人達も集まってきてみんなで食い入るようにテレビを見ていた。
「何階にオフィスがあるの?そんなに上じゃないんでしょ?」という問いかけに
「○○階(ちょうど飛行機がつっこんだ辺りの階数)」と答えるとみんなは絶句。
ビルが崩れ落ちた時にはパニックおこして泣いているわたしを囲んで・・
多分みんなうちのダンナは死んだ、とみんなが思ったよ。もうまさに絶望的な空気。

でもその頃ダンナはアップタウンに向かって崩れ落ちるビルの埃にまみれながら走っていた。
ビルに入る直前に飛行機がつっこんで、ビルから逃げる人波に押されてわけもわからず走ったらしい。
公衆電話は行列、セルラーは繋がらないという状態で連絡も取れず・・・
偶然駅で出会った同僚が先に家に帰り着いて「今自宅に向かっています」と連絡をくれるまでの
半日の狂おしく長かったこと・・・
「He’s alive!」ぎゃーーーーーーーーー!てな感じでした。

この時の話になると未だに顔が痙攣しちゃって、まともに口が動きません。

---------------------------------------------------------

222 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/12/05 00:03
小学生の時。

国道を渡る横断歩道の信号が青になったので、渡ろうとした。
一歩先に姉。
が、どういうわけか忘れたが、とっさに姉のランドセルを掴んで
引っ張りもどした。

その姉のすぐ鼻先を、信号無視のトラックが猛スピードで通り
過ぎていきました。

なんであの時、分かったんだろう??
(漏れは耳も目も良くありませんです、障害って程じゃないけど)

---------------------------------------------------------

224 :ageるのだ :02/12/06 05:53
中免取り立てのガキだった頃。
深夜、一人で海沿いの狭い一本道を飛ばしていた。
道の片側は延々と続くコンクリート塀、その向こうは海だった。

メーターが150km/hを指したあたりで、突然俺は㌧だ。
クルクル回転しつつ、俺は思い出していた。この道が途中で直角に曲がっている事を。

普通なら忘れていても気付きそうなものだが、そこに街灯が一本もなく
そしてヘッドライトは暗かった。事故の瞬間、人は走馬燈のように
過去の経験を思い出すなどとよく聞くが、その時の俺は冷静に
「あ、これは死ぬかも」と覚悟を決めただけだった。

結局俺は約30メートル飛び、10メートルほど下の海に落ちた。
海面にプカリと浮き上がった時に見えた星空は綺麗だった。

その後の事は省略。もちろんバイクは廃車だったが、俺はかすり傷だけだった。
やばかったなと本当に実感したのは、翌日に現場を見に行った時だった。
干潮時に水はなく、約20メートル下に人の頭ほどの大きさの石が敷き詰められていたのだ。
あの晩もしも潮が引いていたら。あるいはコンクリート塀がもう少し高かったら・・・

その後は安全と確信した時以外はスピードを出さないように心がけてる。
とにかく、間抜けな自爆でグロ死体を晒さずにすんでヨカータ。

---------------------------------------------------------

242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/12/12 20:06
数年前....罠にかかった猪を回収する時に当初とどめを銃にするつもり
だったが、周りがよごれるし大型犬くらいの小さい猪でしたのでナイフで
とおもい銃を木に立て掛けました。しかし、銃には実弾が装填されており
かつ安全装置もかけていませんでした。ナイフで刺す為に猪の後ろ足を
縛り箱罠から引きずり出して刺そうと思った瞬間。銃が倒れ銃口は自分の
方向を向いたまま暴発しました。弾丸が自分の数mのところを通過しました
その時はそう思いませんでしたが、後になると本当に恐ろしかった。
すぐ側の竹には銃弾が貫通していました(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

---------------------------------------------------------

あとがき
一回転した爺さんの話で笑ってしまったけど、
よく考えたら全然笑い事じゃないな
でもミラクル


---------------------------------------------------------

月面開拓を考える

月面開拓を考える

1 :オーバーテクナナシー :2005/08/18(木) 22:15:51 ID:c/+OpI9G
月の有効な活用法を考えてみましょう。
数十年後には採算ベースに乗る物から軌道エレベーター完成後の構想まで
あれこれアイデアを募集中。

---------------------------------------------------------

3 :オーバーテクナナシー :2005/08/18(木) 22:18:36 ID:CyJalBz+
地上の人間観測天文台設置。


5 :オーバーテクナナシー :2005/08/18(木) 22:20:48 ID:TqTj4uGp
>>3
偵察衛星で十分やんw と突っ込んじゃだめなの?


6 :オーバーテクナナシー :2005/08/18(木) 22:33:47 ID:CyJalBz+
偵察衛星って自国の上空とか範囲が決まってなかったっけ?


7 :オーバーテクナナシー :2005/08/18(木) 22:44:12 ID:TqTj4uGp
>>6
数機で全地表をほぼカバーできる罠。
それより地球からの電波が届かない月面裏に電波望遠鏡を据え付けると
異星人の文明を発見できるかも。

極地方の氷からロケットの燃料を製造できればいいんだが、
プラントを製造するのに幾らかかるか……。
いっそ原子力ロケットを打ち上げて、推進剤に月の氷を使ったらどうだろ。
これなら一々水を水素と酸素に分離しなくていいし、扱いが面倒な液体水素もいらない。
月には放射能汚染を気にする奴もいねーし♪

---------------------------------------------------------

9 :オーバーテクナナシー :2005/08/19(金) 00:24:47 ID:+QXSUu+/
月基地の開発はすでに日本の大手土建屋が調査を行い、現在の技術で十分に可能との結論を出している。
ほとんどの技術は新規に開発する必要もないそうだ
ただし、月にそれだけの資材と人員を送れるだけの予算をつけられたらの話だな
宇宙ステーションでさえ、税金の無駄遣いではとアメリカでは騒がれているくらいだからね

---------------------------------------------------------

12 :オーバーテクナナシー :2005/08/19(金) 11:07:11 ID:X8G7X0EE
月に行くには110億円ぐらいかかるらしいな。

んで資材積んで飛んだりした場合いくらだ?
もうあれこれやってるうちに1000億行くかと。


13 :オーバーテクナナシー :2005/08/19(金) 12:13:48 ID:nUq2CdlK
>>12
それ、月周回コースだっけ?
アポロの月着陸船の重量が1万5065kg。むっちゃ重い。
これを月軌道に投入するコストってどれ位だろ。
今あるロケットではこれだけの大荷物を月までは運べんよね。


14 :オーバーテクナナシー :2005/08/19(金) 15:03:11 ID:kvrxJQT/
シャトルをベースにしたサターン級の貨物ロケット打ち上げコスト、
無人使い捨てにすればシャトルより安くなるだろうから300億~400億くらい。
人を打ち上げるにはソユーズを使い、地球軌道でドッキングさせるとして、
ソユーズの値段は20億くらいか?
あとは月着陸装備一式と帰りのロケット。特に真新しい技術はいらんし
プレステ2並のコンピュータつめば十分なので100億あれば作れるか?
2010年あたりを想定すれば、今のシャトルより安い500億位で月に行けるんでない?
ま、適当な見積もりだけどねw


17 :オーバーテクナナシー :2005/08/19(金) 20:38:13 ID:Ce2u9pSq
>>14
ソユーズの打ち上げコストは30億。ま、どっちにしてもとんでもなく安い。
一方シャトルはチャレンジャー事故以前は500億で、
コロンビア事故後の今は遂に900億……。

---------------------------------------------------------

16 :オーバーテクナナシー :2005/08/19(金) 17:47:35 ID:07w8M6gb
そりゃそうと、最近はローバーの一つも月に送り込まないね。
火星のローバーを考えると信頼性も上がってるし、久しぶりに月面車を送り込んでも。
極地方の氷の調査とかヘリウム3埋蔵量の探査とかレアメタルの探索とか、
やれる事はいろいろありそうだけどなぁ。


18 :オーバーテクナナシー :2005/08/19(金) 22:57:36 ID:etafkxHQ
>>16

アポロ計画で、人間を送り込んだはずなのに、無人月面探査機を送り込めないのは
なんでだろう。
火星より月のほうが近いはずなのに・・・


19 :オーバーテクナナシー :2005/08/20(土) 02:22:38 ID:zV5FCHaz
出資者の興味次第で予算が取れるかどうかとか。


20 :オーバーテクナナシー :2005/08/20(土) 04:28:43 ID:cLKMxRCu
日本は予算が少なすぎだな。アメリカの10分の1だから。せめて半分くらいにすればいろいろできるはずだが。


21 :オーバーテクナナシー :2005/08/20(土) 19:22:31 ID:ZVQHDZzY
>>19
出資者=納税者だな。
アメリカ人は火星大好き民族らしいから、火星の水がどーとか生物がこーとか
そういうのを調べた方が萌えるんだろう。
かく言う俺様もタイタンの地上写真には萌えまくったし、
エウロパの地底海の存在とか早く確認して欲しい。
今、世界各国の宇宙予算はそういう方向にとられて月は見捨てられてるんだろうな


22 :オーバーテクナナシー :2005/08/20(土) 20:05:19 ID:0L808xPX
>>20
H2Aを今後13回連続で成功させなきゃいかんから、
月探査機とかばんばか打ち上げてやればいいのにねぇ。
H2Aなら火星のローバー位のは十分月に打ち込んでおつりがくるんじゃない?

---------------------------------------------------------

54 :オーバーテクナナシー :2005/08/23(火) 11:12:07 ID:m6J0Gn5t
>>18
アポロ以後も月探査はそれなりに進められているよ。
1994年米国ののクレメンタイン、98年のルナプロスペクター、
90年日本の「ひてん」による月面への硬着陸等々。
まあアポロや旧ソ連の無人探査で、月の裏面と極域以外の探査は
やりつくされているともいえるから、各国とも余り熱心にはなれないだろうね。


56 :オーバーテクナナシー :2005/08/23(火) 12:28:07 ID:BEW1vPnr
>>54
それそれ。最も調査して欲しい極点が殆ど手付かずってのが気になる。
そりゃ、極点調査はソーラーが使えないから難しそうではあるが


57 :オーバーテクナナシー :2005/08/23(火) 19:11:38 ID:m6J0Gn5t
>>56
一応、クレメンタインとルナプロスペクターは月の南極の調査が中心だった。
でも、できれば探査機を極域に軟着陸させて、ローバーも使ってほしいね。


58 :オーバーテクナナシー :2005/08/23(火) 20:25:22 ID:svbbTI85
>>57
幾ら上空から水の反応を捕らえたって、直反証が出てきてしまうからな。
結局最後は極点でローバーを走らせるか、ボーリングするとかしなきゃ。
月相手なら、H2Aでもサンプルリターンとかできるんじゃねーの?

---------------------------------------------------------

29 :オーバーテクナナシー :2005/08/21(日) 10:07:21 ID:tP05qJ6d

  月はアメリカの固有財産? <陣地とり合戦やってもいいのかな?>


31 :オーバーテクナナシー :2005/08/21(日) 10:13:55 ID:SWaMUa+O
>>29
月面他地球外の天体を勝手に領有する事は国際条約によって禁止されています。
まぁ、南極みたいな扱いになるんじゃないかな?


33 :オーバーテクナナシー :2005/08/21(日) 12:10:43 ID:Ic8KPEo1
勝手に占有できないとすると 開発した月の資源はどうやって 各国に配分するんだ?
教えて、えろいひと


34 :オーバーテクナナシー :2005/08/21(日) 12:26:25 ID:5yE/Uo91
>>33
はっきりした事はまだ決まってない。
まぁ、当分は南極みたいに先送りしとくんじゃない?
ヘリウム3も含めて今直ぐどうしても必要な資源があるわけでもないし。
ただ、月に有望な資源が見つかった、あるいはヘリウム3の活用技術が確立されたら
大変な外交問題になると思われる。
因みに未だかつて、領土問題が軍事力以外の手段で解決した前例はないorz

---------------------------------------------------------

37 :オーバーテクナナシー :2005/08/21(日) 14:55:23 ID:HhSw8IT8
月に大量の金があるといデマを流す。
すると一攫千金をねらうやからどもが大量に月に殺到し一気に開発が進む。


43 :オーバーテクナナシー :2005/08/21(日) 21:37:34 ID:Qwx9RpS+
>>37
金じゃ重量の割に値段が安すぎるからなぁ。
仮に大量にあっても、軌道エレベーターでも出来ない限り”ゴールドラッシュ”は起こせん。
ヘリウム3は数グラムで莫大なエネルギーを発生させる有望な資源だが
問題はヘリウム3を用いる核融合が、未だ実用化されてないという事。
重量2000t、1機数百億円の超大型ロケットで取りに行って、
僅か数百キログラムしか回収できなくても元が取れる、
そういう資源でないと月でゴールドラッシュは起こせないんだよねぇ。
やっぱ軌道エレベーター待ちか?

---------------------------------------------------------

46 :オーバーテクナナシー :2005/08/22(月) 13:39:52 ID:sV8Pop2R
月の極点にも氷があるの?
火星じゃなくて?


47 :オーバーテクナナシー :2005/08/22(月) 14:49:43 ID:M5JorH+8
46
月の極点には日の光が全く届かないクレーターがあって、
常に低温に保たれたそこに、氷があるかもと言われている。現在調査中。


48 :オーバーテクナナシー :2005/08/22(月) 15:09:32 ID:C4MKA711
>>47
うほっ でもあったとしても少量じゃない?


51 :オーバーテクナナシー :2005/08/22(月) 18:14:46 ID:vAmjKUbS
>>48
月の極地上空を飛んだら水素原子が飛んでて、そこから氷があるんじゃないかと言われ始めただけで
明確な証拠は何もないし埋蔵量なんてまだ判らない。
ただ、微量でもあれば月面基地にとって大きなプラスにはなるよ。
地球から水を運ぶのは大変だし、月から打ち上げるロケットの燃料を製造できるかもってのは大きい。

---------------------------------------------------------

61 :でゆん :2005/08/26(金) 23:38:03 ID:Th2omPeU
国内でエネルギーや食糧を調達するよりも海外から調達した方が
むしろ安上がりな日本のように、軌道上の宇宙ステーションなどから
見れば月面から資源を調達した方が安く上がるのではないかな。
地球から低軌道に物資を運ぶには8.6km/sを必要とするが、月から
低軌道までなら6.3km/sで済む。
この差分を埋め合わせられるだけの大規模な宇宙開発を行うなら、
月面開発はコスト的にメリットが出てくる。


62 :オーバーテクナナシー :2005/08/27(土) 19:16:45 ID:Cl9SCkTi
>>61
けどそれ、月面で安価に打ち上げ燃料を調達できるかがポイントだね。
空気抵抗のない月の場合、マスドライバーが最も安価な打ち上げ手段だと思うが
問題はマスドライバーのような大規模な施設及び発電施設を如何にして送り込むか。
それに、月面資源を採掘・活用できるだけの工業施設も送り込まなきゃいけない。
コイツは大変な作業になりそう。
アポロ月着陸船の場合全重量の3分の2が着陸装置の重量なので、
サターンを月への貨物ロケットとして使った場合、月に送り込める物資の量は一度に15トン位かな。
シャトルが打ち上げてるISSのモジュールの重さとほぼ同じ位か。
サターンクラスの使い捨て貨物機をシャトルより安く打ち上げることが出来ればISSレベルの施設は
現在の技術・予算規模でも月面に建設できそう。
けど、採算が取れる施設はどれ位の規模になるだろう。


65 :オーバーテクナナシー :2005/09/02(金) 15:30:12 ID:6vOedxhA
月開発ファンドを作って証券として東証に上場。その資金で月開発。

未知数だけに暴騰する可能性あり。月の民営化が不可欠だが。


68 :でゆん :2006/01/22(日) 00:08:14 ID:yUnWFRvx
>>65
常識的に考えて、どの程度のお金が集まるんだろう?

とりあえず、基地の規模と資金(の調達)についての見解ができると
うれしいな。
言い出しっぺからすると、5人の人員が1年間滞在できる(人員交代と
物資補給で再利用可能)規模で、できるだけ安価に、というのを
当面の目標にしたいけど。


69 :オーバーテクナナシー :2006/01/22(日) 02:28:16 ID:7ULNWZMD
南極越冬隊一人1億ぐらいかかってるそうです。
研究しない料理人とかでも。

---------------------------------------------------------

74 :オーバーテクナナシー :2006/01/23(月) 01:06:35 ID:mi4I0F2G
月の土地買ったら取り上げられない?


75 :オーバーテクナナシー :2006/01/23(月) 04:20:27 ID:pjUPwDjd
>74
月の土地は売ってません。
「月の土地の権利書」は売ってますがアレは詐欺です。


76 :オーバーテクナナシー :2006/01/23(月) 21:05:03 ID:remKd+W6
実質的な所有者は居ないからな。
今のうちに月まで行って住みついてしまえば、手に入れたようなもんかもしれん。

宇宙条約の問題があるから法的に権利を確保するのは難しいし、
日本政府か国連から苦情の一つも届くだろうが、
なに、わざわざ月まで止めに来る奴は……居るかな?


78 :オーバーテクナナシー :2006/01/24(火) 00:19:02 ID://VBhj+c
>>76
一つ言えることは、地球上に資産を持つ企業なり個人なりがそれをやると、
地球のほうを押さえられるということだ。

決行する場合、家族そろっての永住をお勧めする。


79 :オーバーテクナナシー :2006/01/24(火) 00:55:59 ID:24R9cf35
>76
宇宙空間の施設や機器は打上げ国が責任を持つことになるから
永住目的の人間と滞在施設をどうやって打上げるかが問題だ。
まぁ、補給無しで宇宙空間に永住できる技術を開発すれば
そのライセンス料だけで何でもできそうだが。

裏技として科学調査目的の宇宙基地と言うことにすれば
永住しても文句を言われる筋合いはない。
ただ、他国の宇宙飛行士の訪問を受け入れる義務があるが。

ちなみにISSは「アメリカの宇宙基地に各国の実験装置を搭載してる」と
「各国の宇宙基地が軌道上で結合してる」のどちらの解釈にするかでかなりもめたらしい。


82 :オーバーテクナナシー :2006/01/24(火) 23:29:53 ID:NECrWvw0
>>79 国際協力で建設したISSでさえそんな問題があるなら、スペースコロニーはどうなるんだ?
あれこそ国際協力でなければ建設は無理だろう。
完成したあとも、どこの国の領土なのか領有権でもめるだろうし、中で生活する人達はどうやって決めるかなど。
国籍や民族、言葉や宗教などばらばらな人達がいきなり共同生活をするのかなどの問題がでてくると思う。


84 :オーバーテクナナシー :2006/01/25(水) 00:33:46 ID:LMkhH+qX
>82
コロニーを製造する技術が整えば、あたらしい条約が結ばれるでしょ。
宇宙条約の無い頃は、領空は上空へ無限に続いてたんだし…。
ちなみに現代では小惑星の資源を使って宇宙基地を建設することは
宇宙条約違反になる可能性が高い。

---------------------------------------------------------

85 :オーバーテクナナシー :2006/01/25(水) 11:02:12 ID:97OS6JxH
何年か前にディスカバリーチャンネルかヒストリーチャンネルのどっちかで
月移住に関するドキュメンタリー番組を見たことがあるけど
月で生まれ育った人は地球人よりも背が高くなるらしい。
子や孫の世代でも身長3mを超える。
何十世代も重ねると、もう地球人とは似ても似つかない、別の生き物になってた。
最初に地球から移住した人の子の世代でも
骨や内臓が弱くて月意外の場所では生きられない体になる。
月人にとって地球はテレビや本の中でしか知らない、近くて遠い星になる。
空を見上げれば地球は見られるんだけどね。


87 :オーバーテクナナシー :2006/01/25(水) 17:37:24 ID:TsvXB1TJ
>>85
そう考えると、今の人類がそのまま移住できるのは、スペースコロニーだけ
なのかなぁ・・・。
でも、コロニーも1Gじゃ月人とか火星人とかはコロニーに行けないわけで・・・。

子供のうちは軌道上の1Gステーションで育てるようにする?
短期的ならともかく、人口増えてくる長期だと難しいかなぁ?

---------------------------------------------------------

104 :オーバーテクナナシー :2006/04/12(水) 00:12:53 ID:iXtAmEGh
次スレ立てるときはぜひこの二つは1辺りに入れといて欲しい。

月探査情報ステーション
http://moon.jaxa.jp/
Web季刊大林 「月面都市2050」構想
http://www.obayashi.co.jp/kikan/tsuki/p01.html

---------------------------------------------------------

109 :オーバーテクナナシー :2006/05/04(木) 05:43:19 ID:YhFTYKAx
月を世界が語ったNASAの探査戦略ワークショップ
http://www.planetary.or.jp/magazine/YMC060503.txt

>ところで、この会議では不思議な事件が起きました。初日には確か
>にいた中国の代表6名が、2日目の分散会の時には、忽然と姿を消し
>たのです。このことは会議後の記者会見でも問題になり、NASA
>の副長官からも「なぜかは分からない」と答えています。これは
>NASAが中国を招待したものらしいので、常識的にはかなり理解
>に苦しむ性質の行動です。
(以下略)

対立・競争が深まっているのを良しと見るべきか、国際協力しろよ
というべきか、難しいところだな。

---------------------------------------------------------

133 :でゆん :2007/02/24(土) 21:20:40 ID:ZKf4z7vX
宇宙開発にかかる費用を劇的に下げるには、地球に近くて資源があり
重力が弱く大気のない月を利用するのが一番近道。
本格的な月面基地を建造する前に月の資源(ロケットの推進剤)を
開発することは可能だろうか?


134 :オーバーテクナナシー :2007/02/25(日) 09:26:06 ID:z2n/i/dY
推進剤って水素と酸素?水分解すんの?貴重な水を燃料に使って生活水大丈夫かな?


135 :でゆん :2007/02/25(日) 12:44:50 ID:rsW4FlIb
月の石から抽出した酸素だけでもいいんだけどね。


136 :オーバーテクナナシー :2007/02/25(日) 12:52:37 ID:z2n/i/dY
酸素だけでどうやってロケット飛ばすんだ?固体を気化させた圧力とか?


137 :でゆん :2007/02/25(日) 12:57:50 ID:rsW4FlIb
地上から打ち上げるロケットの酸化剤を減らせる。


138 :オーバーテクナナシー :2007/02/25(日) 13:13:37 ID:z2n/i/dY
還元剤は何にするんだ?地上って地球のことか?地球から還元剤を月に運んでロケット飛ばすのか?


139 :でゆん :2007/02/25(日) 13:26:53 ID:rsW4FlIb
月から地球低軌道まで酸素を運ぶ。
地球から打ち上げるロケットは低軌道までは燃料と酸素を燃やして飛ぶ。
低軌道で酸素を受け取り、地球から持ってきた燃料を燃やして残りの行程を飛ぶ。

ロケットの初期重量を軽くできれば意義はあるんじゃないかと。
低軌道までしか飛ばないロケットには使えないけど。


140 :オーバーテクナナシー :2007/02/25(日) 13:40:38 ID:z2n/i/dY
今のロケットを考えると荷物の重さに対してロケットや燃料の重さのほうがはるかに重いぞ。
ロケット自体の初期重量をとてつもなく軽くできないかぎり無理だろ?
そんなこと考えるより月の鉱物から水素(ないかもしれんが)をとりだす方法考えたほうがいいぞ


142 :オーバーテクナナシー :2007/02/25(日) 14:15:57 ID:vKysVPpS
>月の鉱物から水素(ないかもしれんが)をとりだす方法考えたほうがいいぞ
陽子を含まない原子はないから、加速器で原子核を破壊すれば水素は得られる。
電気をジャンジャン使ってしまうのが難点

---------------------------------------------------------

145 :オーバーテクナナシー :2007/02/25(日) 14:43:44 ID:12ap9hQk
>>140
微粉末化した月の石を使うといったアイデアもあるよ。
水素に比べれば効率は悪くなるけれど、軌道に上げるコストはかなり抑えられるから。


146 :オーバーテクナナシー :2007/02/25(日) 14:46:48 ID:Tvf0kMPw
>>139
>地球から打ち上げるロケットは低軌道までは燃料と酸素を燃やして飛ぶ。
>低軌道で酸素を受け取り、地球から持ってきた燃料を燃やして残りの行程を飛ぶ。

地表から低軌道に上がるのに必要な増速の方が低軌道から残りの行程の増速よりも
大きいのだが。

>月から地球低軌道まで酸素を運ぶ。
その酸素を積んだコンテナが月を出るときはマスドライバーか何かで加速すれば推進剤は不要だが、
低軌道で受け取るには推進剤を使って減速してやる必要があるわけだが。


148 :でゆん :2007/02/25(日) 17:56:31 ID:rsW4FlIb
太陽風由来の水素が月にはあるんじゃないかと言われてはいる。どうやって
取り出すかな。

>>146
>>地表から低軌道に上がるのに必要な増速の方が低軌道から残りの行程の増速よりも
>>大きいのだが。
例えば静止軌道に打ち上げる価格は低軌道に打ち上げる価格のおよそ10倍にもなる。
低軌道以遠の打ち上げ価格を抑える手段でしかないことは書いた。


152 :オーバーテクナナシー :2007/02/25(日) 20:21:38 ID:VFv33ofo
>>146
>低軌道で受け取るには推進剤を使って減速してやる必要があるわけだが。

大気ブレーキで減速できるな。
いわゆるバリュートか耐熱シールド


153 :オーバーテクナナシー :2007/02/25(日) 20:25:52 ID:6/rlSoth
>>152
再突入しない減速ならエアロキャプチャの方が一般的な気がする。


162 :オーバーテクナナシー :2007/03/04(日) 16:18:04 ID:P4fXlLio
>>139
永久影から水、月砂から酸素は無人でも先行採取可能じゃないかな。探査や実験兼ねて。

ただ、資源量からして月から地球への燃料に使うには貴重すぎる気が。地球軌道上では
素材面で困難なローターベータを月軌道上で早めに実証実験してみたらどないか。

---------------------------------------------------------

あとがき
どうせあれだ、あと何十年かしたら中国、ロシア、アメリカあたりが
頭のはるか上でドンパチやるんだろ。


寒くて仕方が無い。
ついつい紳士用のタイツを下に履いてしまう
小学生の頃は一年中半ズボンで平気だったのにな

---------------------------------------------------------

マヤ文明

マヤ文明

1 :世界@名無史さん :2005/10/02(日) 18:17:42 0
『マヤ文明』の特徴としては、

①青銅器や鉄器などの金属器をもたなかった。
②車輪の原理は、土偶などの遺物に出てきたが、実用化されなかった。
③牛や馬などの家畜を飼育しなかった。
④とうもろこしやラモンの木の実などが主食だった。
⑤段々畑で作物をつくり、湿地については、一定の間隔に幅の広い溝を掘り、
  掘り上げた土を溝の縁に上げその盛り土の部分にカカオなどを植えた。
また、定期的な溝さらえを行うことで、肥えた水底の土を上げることによって、
自然に肥料の供給をして、農作物の収量を伸ばすことができた。
⑥二十進法や零の概念を用いた。
⑦数字は、点(・)を1、横棒(-)を5と表現したり、象形文字で表現された。
⑧マヤ文字や持ち送り式アーチ工法など高度な建築技術、
かなり正確な暦などを持っており、星の軌道も計算していた。

これらのことからかなり高度な文明だったと推測できます

---------------------------------------------------------

3 :1 :2005/10/02(日) 18:22:06 0
一周期を260日とするツォルキン(暦)と呼ばれるカレンダーと、
一年を365日とするハアブ(暦)と呼ばれるカレンダーがあった。

約52年で、ツォルキン暦とハアブ暦の組み合わせが一巡することをカレンダー=ラウンドという。

更に、長期暦(ロング=カウント;Long Count)と呼ばれる長周期のカレンダーがあり、
《キン》=1日、
《ウィナル》=20キン、
《トゥン》=18ウィナル=360キン、
《カトゥン》=20トゥン=7200キン、
《バクトゥン》=20カトゥン=144000キン、
で構成され、紀元前3114年から換算した日付けが石碑、記念碑、王墓の壁画などに描かれている。


4 :世界@名無史さん :2005/10/02(日) 18:23:09 0
暦に関してはそんなに正確じゃなかったとする論文でているそうだ。
そりゃ、西洋文明より高度だったとすると凄いんだけど…。

---------------------------------------------------------

10 :世界@名無史さん :2005/10/02(日) 18:35:42 0
王や后は、神聖なる王家の血の献上を毎日、神にしなければなかった。
舌や腕や性器を刺した出血を布につけ燃やし、神に献上した。

戦争の目的も、領土や宗教等の問題ではなく、もっぱら生贄の補充の
為に行われていた。戦争でも殺戮より捕虜にする事が重要目的なので
効率的な鋭利な武器が発達せず、もっぱら棍棒、長杖のような打撃兵
装が中心だった。車輪はマヤの生活環境である密林・低湿地では不向
きだった。

---------------------------------------------------------

55 :世界@名無史さん :2005/10/05(水) 21:59:55 0
1年でどれくらい生贄の心臓を抜いていたんだろね。
スペイン人もびびっているが。


57 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/10/05(水) 23:12:22 0
>>55
マヤでは>>10にあるような自己犠牲儀礼が普通でした(特に古典期)。
生贄(ル)の場合も、敵対都市の王族がよく供されました。
時代が新しくなるとトルテカの影響か頻繁に捧げることが多くなりましたが。


58 :&rlo;水&lro;( ´,_ゝ`) ◆TCygujgOWY :2005/10/06(木) 01:59:30 0
>>55
祭りのときに数人捧げるくらいじゃね?
アステカよりははるかに少ないよ。
例えば、アギラールとゲレロが漂着したとき20人漂着したんだったか?
数人ずつ減っていったとかそんな事が記録されていたと思うが記憶違いだったかなぁ。
アステカみたいに大規模な対外戦争も少ないから生贄も確保できないしね。

---------------------------------------------------------

69 :China garden :2005/10/08(土) 20:56:27 0
マヤの翡翠製品に萌えますね。あれほど精緻な翡翠製品を作った文明は、
中国を除いたらマヤぐらいしかないでしょうね。金属器がなかったのに
どうやってつくったのでしょうか。マヤ人も玉を神聖なものとみていた
のでしょうか。


70 :&rlo;水&lro;( ´,_ゝ`) ◆TCygujgOWY :2005/10/08(土) 22:33:36 0

>>69
石で研磨だろ。金属加工できないがそれは高温炉の技術が乏しいからだな。
ヒスイは宗教的な物にも利用されてたから、神聖なものと考えていたんじゃないかな?
魔力がやどってるとかそんな理由だったと記憶してる。

---------------------------------------------------------

71 :世界@名無史さん :2005/10/09(日) 00:29:07 0
神殿の柱1本毎に処女を埋めてたのはどこだっけ?

王様をみんなミイラにしてたのはエジプトと同じだろ。


75 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/10/22(土) 08:37:19 0
>>71
ミイラにしていたのはインカの方です。

---------------------------------------------------------

86 :世界@名無史さん :2005/12/15(木) 01:50:01 0
すごく疑問なんですけど、鉄のノミもハンマーもないのに
どうやってパレンケとかのあんな緻密な石材装飾したの?
あと、天体観測とかするのに測量器具とか金属以外のどんな素材で作ったわけ?
インカやアステカあたりから金属器が伝わった可能性はないの?


90 :世界@名無史さん :2005/12/15(木) 12:29:49 0
>>86
石材装飾→石器でコツコツ頑張った。職人さん超SUGEEEEE、GJ!

天体観測→建物に窓作って、そこから眺めた星の位置を記録。

伝播→全盛期の時期を比べてみよう。ちなみにパレンケは、紀元後750年ごろには衰退してるし。


95 :86です :2005/12/16(金) 00:05:43 0
>>90
レス有難うこざいますm(__)m
なるほど、石材加工は硬い石でコツコツやったんですね。
天体観測は目視観測ですか、視野固定用に竹筒など使わなかったんでしょうか?


96 :世界@名無史さん :2005/12/16(金) 01:08:34 0
ティカルとか見るとはっきりわかるけど、マヤの遺跡って「白い」でしょ?
レリーフ彫ってる石、石灰岩。柔らかいから加工しやすい。


97 :世界@名無史さん :2005/12/16(金) 14:15:27 0
>>95
コデックスに、棒をX字型に組んだ奴を目の前に置いてる図があったりします。


98 :世界@名無史さん :2005/12/16(金) 14:39:19 0
>>96
マヤの遺跡が白いのは石積んだ上から漆喰を塗っているからですね
レリーフや彫刻に石灰岩、砂岩が多いのは事実ですが

---------------------------------------------------------

112 :世界@名無史さん :2005/12/23(金) 10:10:01 0
マヤ文明の衰退はトルテカ王国の侵略によるものだという話を最近聞いたんだがね。
どうなんだろう。
トルテカ人はアジアのモンゴル人よろしくメソアメリカ全域を荒らしまくったらしいね。
生贄儀礼もトルテカ人によって過度に発達させられたらしいけど。思うのだが、
生贄が神への供物というのは表面的な理由で、真の理由は他の民族を恐怖させて屈服させる
ためではなかったろうか?
広範な征服活動の過程で軍事国家化したトルテカ王国が、メソアメリカ文明をある意味歪めて
しまったのではないかな、と最近妄想している。


116 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/12/23(金) 12:06:02 0
>>112
どちらかというと古い説です。
トルテカの都とされるトゥーラ・ヒココティトランと
チチェン・イツァの類似性から出された説ですが、
統一国家としての「トルテカ」は否定されています。

とはいえ、マヤの末期にメキシコ系諸族の侵入があったことは事実ですが、
それ以前から諸都市は衰退していました。


120 :世界@名無史さん :2005/12/24(土) 12:10:29 0
>生贄が神への供物というのは表面的な理由で、真の理由は他の民族を恐怖させて屈服させる
>ためではなかったろうか?
>広範な征服活動の過程で軍事国家化したトルテカ王国が、メソアメリカ文明をある意味歪めて
>しまったのではないか
>>112
面白い仮説だと思う。確かにアステカ帝国の生贄儀式は常軌を逸している感じが・・・。
マヤ以前の生贄については良く知らないけど、こういうこと言えるんでしょうか?


126 :世界@名無史さん :2005/12/25(日) 17:17:45 0
>>120
前段の、大規模人身御供の恐怖政策的側面はちょくちょく言われてますね。
旧世界でも初期の広域帝国(アッシリアとか)がその手の「恐怖の効果」を狙う戦略を採ってますし。

「トルテカ王国」は実在しなかったんで、この場合はチチメカ諸族(北方狩猟民)の
メキシコ侵入後ってことになりますか。

人身供儀とか放血儀礼とか(それ自体は元からあった)が、
それから規模を大きくして行く傾向はあったんでしょうね。

一応「メソアメリカ文明をある意味歪めて」って言い回しは、
現代からの価値判断が入ってくるんであんまお奨めできませんね。


127 :世界@名無史さん :2005/12/26(月) 23:48:48 0
人身御供はかつて世界中でありましたが、殷とか、カルタゴとか、古代ローマ・ギリシシャ、日本で囁かれる人柱伝説、
垂仁天皇の殉死禁止令・・・。しかし、後世になるにつれて人身御供は衰退して、全く禁止されるようになるという
傾向が見られます。この傾向は洋の東西を問わないと思います。

しかし、アステカで不思議なのは逆の推移をたどっているように見えるんですよ。
そりゃインカでも生贄ありましたし、古典期マヤでもあったようですが、万単位の人間を捧げ、生贄獲得の戦争まで
やったというアステカに比べれば遙かに抑制が効いてます。インカの生贄は気象異常や災害時だけですよね(ここら辺
知識が曖昧ですが)。まあインカはメソアメリカ文明圏ではないですが。
チチメカ諸族の侵入と広範囲に渡る征服というのが、その理解の鍵になるというのは
なるほどなぁと思います。どうも伝統的な慣習が自然に発達してああなったとは言いにくい気がする。
大きく逸脱している気がするんですよ。大規模な征服を行った勢力が、恐怖に訴えて支配を維持しようとする図式はちょくちょく
見られると思うのですが(アッシリアやモンゴル)、トルテカ~アステカのラインもこれじゃ
ないかなという気がします。と、いうかそう考えるとなるほど俺にとっては理解しやすくなるというか。
なんか、このあたりのこと研究した例ってないですかね。


131 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/12/31(土) 22:42:10 0
>>120 >>127
マヤでは王・貴族・神官の自己犠牲儀礼が主流でした。
アステカあたりでは明確に「力の支配」の目的もあったといえるでしょうが、
トルテカでは微妙なところかと…。

---------------------------------------------------------

147 :世界@名無史さん :2006/03/26(日) 22:17:37 0
オルメカ文明とマヤ文明の間には断絶があるのでしょうか。
あるいは継続的に継承発展させた後継文明的な位置づけなんでしょうかね。
基壇ピラミッド、球戯場、象形文字、計画都市、と後代まで続く
古代中米文明の基礎を生み出しながら、なぜか影薄く扱いも少ないオルメカ文明キノドクス


151 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2006/04/25(火) 22:15:48 0
>>147
暦と数字は確かに連続性があるようですが、
直接的な関与はさほどないのでは。

---------------------------------------------------------

174 :世界@名無史さん :2007/02/16(金) 00:29:38 0
マヤとアステカの違いがわからない…
あのピラミッドみたいなのがあるチェチェンイッツァ(?)はどっち?


177 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2007/03/10(土) 21:58:00 0
アステカとマヤって実は時代が違うんですよね…。

チチェン・イツァはアステカの
以前のトルテカのトゥーラに酷似の都市ですし。

---------------------------------------------------------

あとがき
俺が神様だったらちんこから出た血は勘弁してほしいな。
ちょっと嫌。


---------------------------------------------------------

都市伝説&陰謀論

都市伝説&陰謀論

1 :本当にあった怖い名無し :2007/02/02(金) 19:07:53 ID:xPAzZIWm0
ここに、世界中の都市伝説と陰謀論をあつめてみんなで語り合いましょう。

---------------------------------------------------------

47 :本当にあった怖い名無し :2007/02/11(日) 00:50:46 ID:yJ9yVgSg0
お前らたった3話で終わったアニメのこと知ってるか?
そのアニメはオープニング、エンディング、CMすら無く、開始から終了までずっと公園の様子を描いただけなんだ
視点も固定で、ただ前で子供が遊んでいたり、まったくそのアニメの意図はわからかったんだ
でもね、時間が経つごとに喧嘩がはじまったり、どんどんブラックな内容に変化しているんだ
そして最終話の最後のシーン、ついに一人が自殺したんだ

このアニメ、この世界のことを描いてたのかな

---------------------------------------------------------

59 :本当にあった怖い名無し :2007/02/11(日) 13:59:09 ID:wXFrsgAw0
深夜の道路
家路を急ぐバイクの乗った男の背後からライトをハイビームにして
挑発的に迫るもう一台のバイク
やがて、そのバイクに追いつかれ並行に走りながら路肩へ誘導される
危ないので仕方なく、バイクを止めて降りる
相手の男はレザーの全身黒ずくめ、そして黒のフルフェイスのヘルメット
「何か用か!?」と理不尽な方法で帰路を邪魔された男は威嚇するように
黒ずくめの男に言い放った
だが、黒ずくめの男は答える事無くジリジリと寄ってきた・・・・
言いようの無い無言の威圧感に押され身じろぎ一つ出来なくなってしまい
立ちすくむ間に、黒ずくめの男はフルフェイスのヘルメットをかぶったまま
男の顔の間近までヘルメットを寄せ、唐突にそして一言こう言った
「このヘルメットかっこいいだろ?」
何言ってるんだ?コイツは?と思って返答の困ってると
「このヘルメットかっこいいだろ?」
顔の間近で、同じ質問が淡々とした口調で繰り返される
「コイツ、おかしい」
男はそう思い、適当に答えれば気が済むだろうと「えぇ・・かっこいいですね」と
答えた
黒ずくめの男は、その答えに一瞬沈黙したが「これでもかっこいいか。」と
いいながらヘルメットを脱いだ
その「顔」を見た瞬間、気が遠くなった
朝になって気がついた、どうやら気絶してたらしい、あの黒ずくめはもういない
深夜の長距離ライディングで疲れて小休止した後の夢だったのだろうか?
しかしあの「顔」は、しっかりとした「記憶」で残っていた
彼はの見たその「顔」は2つの目が、つながっていた
まるで、「モーレツ ア太郎」の「ホンカン」だったそうである

これが、私の友達の友達が経験した「目続き男」の遭遇体験です


64 :本当にあった怖い名無し :2007/02/11(日) 15:19:45 ID:76LH2WkS0
>>59
口裂け女の派生みたいだね。

>「このヘルメットかっこいいだろ?」
って質問だと目の件への切り替えが不自然じゃない?
「これでもかっこいいか。」と言わせるのなら質問は「俺、かっこいいだろ?」
とするべきだと思う。


66 :本当にあった怖い名無し :2007/02/11(日) 15:57:45 ID:wXFrsgAw0
>>64
それじゃ最後の「目続き」の衝撃のオチが生きてこないじゃん。
っていうか、おれに言われてもなぁ・・・・
友達の友達に言ってくれ。


70 :本当にあった怖い名無し :2007/02/11(日) 18:34:04 ID:76LH2WkS0
>>66
ごめん、目続きのオチとヘルメットの関連性がわからないんだが。


71 :本当にあった怖い名無し :2007/02/11(日) 19:16:00 ID:96SsMNjF0
>>59
正直この都市伝説(?)「ヘルメットかっこいいか?」って聞いたわけだよね?
なんで「かっこいい」って答えたらヘルメット取って素顔さらすの?話が変わってしまったではないか。


73 :本当にあった怖い名無し :2007/02/11(日) 20:36:31 ID:wXFrsgAw0
そかぁ・・・・
つじつまの合うように作り直してくれ


74 :本当にあった怖い名無し :2007/02/11(日) 22:31:07 ID:96SsMNjF0
ヘルメットかぶりながらする質問を「俺の顔カッコイイと思うか?」に変えたらどうだ?

で、メット取ったらほんとにかっこよかった。ってベタオチで。まぁこんなんでいいだろ。とりあえず

---------------------------------------------------------

77 :本当にあった怖い名無し :2007/02/12(月) 00:45:21 ID:/UX7gI5g0
富士の樹海に入ったら死ぬまで出れない家があるって聞いたんですけど、本当すかね?

---------------------------------------------------------

107 :本当にあった怖い名無し :2007/02/13(火) 14:08:23 ID:OS5uA9fL0
イツキのアトリエ

全国の公立図書館のうち、特定の図書館にだけ置いてあると言われている画集のタイトル。
ただ、画集と言っても、出版社から出された本ではなく、市販されているスケッチブックにそのまま描かれているらしい。
また、そのスケッチブックには、貸し出し用のバーコード等は一切貼られてなくて、
いつから図書館にあって、どこの棚に置かれているかも謎であるらしい。
そして、そのスケッチブックに描かれている絵とは、一組の男女が、幾通りものパターンで醜い顔の男に惨殺されているという怖ろしい内容になっていて、
高い画力で残虐的に描かれた絵のリアリティと、醜い顔の男から放たれているおぞましい程の憎悪の念に、
見ている者は発狂したり卒倒すると言われている。
また、このスケッチブックを見つけ、勝手に処分しようとしたり、
人の目に付かない所に保管しようとすると、絵画に描かれている事と同じ目にあうと言われていて、
例え、見つけてすぐ燃やしたりしても、自分に不幸が降りかかるだけで、スケッチブックは、
以前置いてあった図書館とは違う図書館に、いつのまにか収容されているらしい。

この話について詳しく知ってる人教えてください!

---------------------------------------------------------

124 :本当にあった怖い名無し :2007/02/14(水) 10:44:07 ID:zQSkt9VmO
擦れ違いかもしれんが
二年くらい前、都内の電車内で
首までおろせるでかめのニットキャップを
首までおろして完全に顔を隠した男(?)がいた。
なにをするわけでもなくただガクガクしてた。
なんか雰囲気が異様で気味が悪かった
罰ゲームかなんかならいいんだけど


125 :本当にあった怖い名無し :2007/02/14(水) 11:13:42 ID:dyAcIS4z0
>>124
女にふられて泣いてたんじゃない?


126 :本当にあった怖い名無し :2007/02/14(水) 12:35:10 ID:IOz2KMgw0
>>125
ソレダw

---------------------------------------------------------

157 :本当にあった怖い名無し :2007/02/17(土) 01:27:00 ID:kPMuZD9nO
アクメツって漫画知ってるのかな?
チョト過激な内容なんだが、偶然ある内容が真実だった為、急展開で連載が終わった。
あまり、一般的にメジャーではなかったので誰も気が付かなかったらしい。


158 :本当にあった怖い名無し :2007/02/17(土) 02:01:52 ID:beymdnNO0
>>157
マガジンかチャンピオンかだっけ?たまに見てたよ。
どの部分が「真実」だったのかな?
あれって腐った政治家とかをボコボコにする話だよね?


159 :本当にあった怖い名無し :2007/02/17(土) 02:11:29 ID:kPMuZD9nO
>>158
スマソ。俺もどの話だか、知りません。
ただ、仕事先でたまたま聞こえたって言うか、盗み聞きをしちゃったもので…。
ずっと誰かに話したかったので、書き込みをしました。


160 :本当にあった怖い名無し :2007/02/17(土) 03:00:09 ID:beTRgUd80
>>159
kwsk!!!!
そんなオモシロそうな話を振っといて、
知らん振りして帰れると思うなよ!!!


てことでkwsk


168 :本当にあった怖い名無し :2007/02/18(日) 02:50:51 ID:UJkJP2zaO
>>160
前に、ある割烹料亭に修行に出された時の話。
料理をしてた俺が呼ばれた(焼場を任されてた)、料理長と共に出向いて、いざ襖を開けようとしたら、中で口論が始まったんだ。
料理長の判断で落着くまで待機したんだよね。
その後、静かになったから伺ったら、言われもないいちゃもんつけられて俺は半切れ状態。
最後の一言にキレた俺は、
「アクメツってなんですか?興味深い話ですねw」
緊張感が漂い、静かになった部屋を、俺は何ごともなかったように出ていった。
今は、居酒屋で店長をしている。

---------------------------------------------------------

187 :本当にあった怖い名無し :2007/02/19(月) 05:06:24 ID:5kmlHYHi0
(クロフト)あなたや私のような普通の一般市民もエシュロンのターゲットになる可能性はあるんですか。

(フロスト)あるもなにも、もうとっくにそうなってますよ。これは私がまだCSEにいたころの話ですが、ある
晩息子の学芸会を見に行った母親が、息子の演技が下手だったことを嘆いて、翌朝友人に電話でこんなふうに言
ったんです。「あの子ったら、ゆうべでっかい爆弾を落としてくれちゃったわ」、みたいにね。そしたら、コン
ピュータが反応して、その会話をプリントアウトしたんです。その発言が実際には何を意味しているのか、真意を
読み取れなかったアナリストは、とりあえず危険防止のために、その母親をテロリスト予備軍として、電話番号と
一緒にデータベースに登録したんです。

(クロフト)それは冗談ではなくて本当の話ですよね。

(フロスト)本当のことです。冗談なんかじゃありませんよ。

---------------------------------------------------------

210 :本当にあった怖い名無し :2007/02/22(木) 18:23:33 ID:GGhSgWkI0
子供のころでうろ憶えなんだが
オリンピックのシンボルマーク(ロサンゼルスとソウル?)には
666の数字が聖火をかたどって入ってるって聞いた

誰かきいたことある人いない?


211 :本当にあった怖い名無し :2007/02/23(金) 01:20:57 ID:XXJkCUZCO
五輪は6だけで作れるね・・・詳細はしらんけど


212 :本当にあった怖い名無し :2007/02/23(金) 04:15:45 ID:PWSl1kZJ0
そういえば五輪も作れるかもしれないね
自分が聞いたのは666と三つ並んで炎(聖火)を形作ってるやつ
あと6が3つ重なってるやつも
字だからうまく表現できないけど

あくまで参考に

---------------------------------------------------------

253 :本当にあった怖い名無し :2007/03/01(木) 10:55:35 ID:O0hAPFJ60
・溺死体、男はうつ伏せで女は仰向けになるというのが定説だが、これは誤り。
実際には法則は無いはず。

・雪国では毎年、雪解けの時期になると山菜採りの登山者が山で死体を見つける。
本当に毎年、必ず見つけるのでニュースにもならない。もちろん化けて出るような話でもない。

・都会での孤独死はもう珍しい話ではないので通勤する電車の窓から外を見ていれば、
きっとその中に一軒くらいは、寂しく死体が放置されているアパートがあるはず。
その部屋の前を毎日、何万人が通過しているが、もちろん呪われたという話はない。

・昔の精神病院には、重犯罪を犯した患者も入院していた。
そのため、精神病院内で患者同士の殺人があったりもしたが、警察は手を出せない(捕まえても責任問えないので)。
じゃあどうするんだって感じだが、どうしようもなかったらしい。
ただ、精神病患者による殺人は、主に親しい人を対象にすることが多かったので、
患者が脱走して周辺住民皆殺し、というのは無かったそうな。

---------------------------------------------------------

274 :本当にあった怖い名無し :2007/03/03(土) 13:06:55 ID:ZJso44A60
これは散々ガイシュツ?
http://uranews4vip.blog61.fc2.com/blog-entry-146.html


277 :本当にあった怖い名無し :2007/03/03(土) 15:33:13 ID:fmfsJuDt0
>>274
懐かしいねw
ちなみに俺はVIPで、こんな話を聞いた。
 ↓

あるVIPPERがスレをたてた。タイトルは「○万円隠した。見つけた奴やる」
みんなで場所を示すヒントを解きながら頑張ってたけど、途中でスレ主がふと隠した場所を確認しに行くと
すでに金は無くなっていた。誰か(おそらくVIPPER以外の一般人)が持ち去ったらしい。

で、スレ主が急におかしくなって「あひゃひゃひゃひゃ。お前ら来なくて運がよかったな」みたいな発言をする。
そして、スレタイの「見つけた奴やる」というのが、
「その金をやる」=間違い  「見つけた奴をヤる」 という意味だった・・・という事になる。

 ↑
で、みんな鳥肌・・・って話。
この話を聞いて、びびった俺はすぐに過去ログを調べてみた。

じっさいに過去ログ見つけてみたら、けっこう微妙だった。
スレ主も基地にも見えるし、まともにも見えるし。

過去ログ中で急に「あひゃひゃひゃ」とか「こなくてよかったな」って叫んでいなくなったスレ主に対して、残された住民の「やる=殺るなんじゃね?」
っていう書き込みも実際あったけど。
リアルタイムで見てなかったから俺にはどうも判断ができない。
でもまあ、なんていうか、都市伝説とか怖い話ってのはこうやってできていくものなんだな。って感じた。


324 :本当にあった怖い名無し :2007/03/11(日) 13:55:37 ID:Y6i3rRqX0
>>277
ヤる=殺るだったら、こわい。
ウホッの意味でも怖いけど・・・・・。
リアルで見たら、本当に怖いだろうな。

まとめサイトとかあったら見てみたいです。


325 :本当にあった怖い名無し :2007/03/11(日) 14:17:12 ID:Mos8iAeM0
>>324
俺も前にvipで見た、>>277見てもう一度読みたくなって探した
で、やっと見つかった多分これ

ttp://omoblog.blog89.fc2.com/blog-entry-98.html

>>277が言ってるのもこれだと思うけど
俺が前見たのはもっと見やすいサイトだったような気が…
他にも知ってる人いたら教えて

---------------------------------------------------------

あとがき
都市伝説じゃなくて陰謀論チックな話
数ヶ月前の講義中でのこと
脳に関する話で、脳に電極みたいなの装着して
手が動かせない人の電気機器の操作の補助をする装置
についての話題になった。
NHKの番組の映像を使ったから話を知ってる人もいるかもね。
で、その技術の応用としてねずみの脳に装置を取り付けて
ラジコンみたいに操ろうという研究があるそうだ。
(日本ならロボット作るけど、この辺りの発想がアメリカ人らしいな
 という一言が面白かった)
表向きは災害時の人命救助らしいけど、
アメリカの研究は軍事に関連してるものが多いからどうもきなくさいらしい。
ねずみ爆弾でも作るんじゃないか?って言ってた。
その根拠といったらあれだけど、最近あった学会には
関連分野の第一人者であるはずのそのグループの人たちの姿が無かったそうだ。
公表できないものが出来たんじゃないかな?とのことです。
そうだったら面白いね程度の話だけどね。

---------------------------------------------------------

日本の妖怪について語り合おうと思うスレ

日本の妖怪について語り合おうと思うスレ

1 :鵺 :2005/10/08(土) 11:33:11
このスレで思う存分妖怪について語り合ってください!(日本のに限定)
個人的に好きな妖怪は鵺です。

---------------------------------------------------------

17 :天之御名無主 :2005/10/08(土) 17:33:49
緑風荘って、すごいんだね。日本の政治家揃い踏み。
そうか偉い奴は、ここで運をつけていくんだな。
ざしきわらしの妖力で日本の政治は動いていたとは。

しかし平成20年までもう予約はいってんじゃないか。

---------------------------------------------------------

26 :天之御名無主 :2005/10/09(日) 16:49:25
磯釣りの帰り、函館の近くの漁師宿で地元の方に聞いた話です。
最近、台風が東北に多くくるようになったらしいのですが、まだGP
Sや気象レーダーの満足でない頃には、漁で時化た時や濃霧や夜にそ
れは音もなく現れるそうです。
見分け方があるそうで、それは白と黒に塗り分けられた美しい4本煙
突の姿をしていますが、汽笛もなければ、航跡の波ひとつ立てないの
でわかるそうです。また夜は赤緑の船灯が逆にみえるのもコツとか。
まちがっても声をかけたり、手を振ったりするとこちらに向かってく
るのでいけません。濃霧の中、光輝くように余りに美しい船体に見と
れていると、船を沈められるそうです。

地元の漁師がソレと呼ばれるのは青函航路客載車両渡船「洞爺丸」
(JTAP・3898.03トン)です。1947年(昭和22年)11月進水。戦後、
日本が国産で建造した最初の客船であり、日本復興の最初の一歩と
なる象徴的な客船でした。対ソ戦に備えGHQの指導の下、青函ト
ンネルが完成するまで北海道輸送に貢献したのです。定員一等44名、
二等255名、三等633名の計932名。車両甲板には2本の線路が敷かれ、
18両の貨車が搭載可能でした。

しかし昭和29年9月26日22時43分、洞爺丸は、台風15号(
マリー台風)のため函館港外で座礁・転覆し、死亡行方不明1155
名、生存者わずかに159名というわが国最大の大惨事になりました。
地元の方は今でもその姿を濃霧の津軽海峡で目にする事があるといい
ます。それは美しい船だそうです。恐ろしい位に。

---------------------------------------------------------

35 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/10/11(火) 21:51:34
九尾の狐は、『山海経』では青丘の山に住んで人を喰らうもの。
ダッキ=九尾の狐は、南北朝時代に成立した『千字文』の注によるものだと
言いますが、これは後で加えられたものだともいいます。
しかし、少なくとも『封神演義』よりは古い。
我が国では、院政期の『狐媚記』にダッキは九尾の狐であったと書かれてい
ますが、当時の宋では人を欺く人の事を「九尾の狐」と呼んでいたらしい。
それを大江匡房が故意に、或いは誤って記したものの様です。
ダッキ・ホウジ狐説は、覚一本『平家物語』や『十訓抄』に出。
室町時代の『臥雲日件録』になって、玉藻の前が登場しますが、現行の話と
なったのは近世になってからの様です。
松尾芭蕉以下の文人も那須を訪れていますよ。
飛び行くは 雲ばかりなり 石の上
・・・は、誰の作だったのか忘れましたが。

---------------------------------------------------------

54 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/10/14(金) 19:17:03
天狗は『宇津保物語』では山中で管絃の遊びをする存在でしたが、『源氏物語』
では木霊と並んで怪異なるものとされ、11世紀になってからの『栄花物語』
後篇では、仏法を妨げる存在となっています。
院政期には鳶の姿をしたバケモノとされ、鎌倉時代になる頃には、浄土に行く
ほど良くも無く、地獄に行くほど悪くも無かった僧侶のなれの果てとされ、良
いものは善天狗、悪いものは悪天狗と呼ばれていました。
悪いものになると、『源平盛衰記』や『太平記』で天下に大乱を引き起こす悪
魔として登場しており、説話の中でも、個人レベルで高僧を落としいれようと
して退散させられたり、逆に人に恩を返したりしています。
中世の天狗というものは、半人半鳥で、仏教と縁の深い魔怪と考えると良い。
そもそも、中世は仏教というか信仰の時代ですから、その時代に語られた妖怪
も、当時の仏教や社会に対する知識無しには理解出来ません。
妖怪だけ抜き出しての妖怪研究が無理というのは、何時の時代も同じですが。
鼻高天狗というのは、16世紀にイメージされ始めたものです。
それと、鼻と霊力云々はオカルト板向きの話題でしょう。

---------------------------------------------------------

60 :天之御名無主 :2005/10/14(金) 22:21:13
 天狗・・・。山海経では、猫のような狐のような姿に見えますね。
素人的に良く分からないのは、なぜ姿のイメージにこれほどの変遷
があるのに、漢字表記はずっと”天狗”のままなのでしょうか?

 うーん、間抜けな質問ですいません(--;)


61 :鵺 :2005/10/15(土) 10:13:39
天狗ってもともとなんらかの超常現象に付けられた名前なんです。だから
「日本書紀」にもこういう話が載っています。
「舒明天皇9年に流星が東から西に流れた。そのとき大きな音がした。時の人
は、流星の音だとか地雷の音だとかいっていたが、そうみん法師は、これは
流星ではなく天狗(あまつきつね)だ。その吠える声が雷に似ているのだ。
と言った」
こうみると、飛鳥時代の人は「天狗」に対して明確なイメージを持っていなか
った、と思われます。


62 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/10/15(土) 11:39:08
旻は、当時知識人として知られた留学僧で、古代史では著名な部類に
入る人です。『山海経』の天狗は、流星に似て轟音を立て、地に落ちる
と狗の姿になると解説されていますが、おそらく旻はこの記述を知っ
て「天狗」だと判断したものでしょう。
博識ぶったというより、留学僧としての知識を請われた結果か。
>もともとなんらかの超常現象に付けられた名前なんです。
単なる引用だと思われます。中国の史書には、天狗の例が多い。
『史記』にもほぼ同文がある。或いは目にしたのはこちらか。
それがどうして山の怪として出て来たのかは分かりません。
『聖徳太子伝略』は10世紀の書ですが、これには「天狐」とある。
後世につながる天狗とは、直接の関りは無いものと思われます。
ただ、旻より後の時代の杜甫が詠んだ詩の中に、天狗は猿に似た山の
怪として登場していますから、「山の怪」という作り物語のイメージは、
書紀では無くこちらに由来したものかも知れません。
日本では、それまでも嫌われていた鳶のイメージで捉えられたのでは。


63 :天之御名無主 :2005/10/15(土) 12:25:45
山海経にそんなこと書いてたっけ


64 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/10/15(土) 15:31:17
ざっと見てみましたが、西山経の三に、白首で狸に似るとあるだけの
様です。天狗研究で知られた知切光歳先生の御本に、「天門山に赤犬あ
り」として、やはり流星の様であったと書かれているというのを読ん
だ事があるのですが、たまにある逸文の類でしょうか。
今ある本を読んでも、確かに出て来ません。調べておきます。
なお、流星関係の話は古代日本では何度も出て来ましたが、天狗が口
にされたのはこの時だけで、結局根付かなかった様ですから、やはり
後世の天狗像とは直接繋がらないものと思われます。

---------------------------------------------------------

65 :鵺 :2005/10/15(土) 16:17:41
>>64
でも同じ漢字を使っているということが気になります。あと、もっと有力な
説が唱えられるように勉強しておきます。


66 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/10/15(土) 16:34:19
中国の「天狗」というのは、古典によって翡翠・猿から、人参や女仙まで、
色々なものが呼ばれていたそうです。中国史上における「狗」の意味を考
える必要がありそうですね。
『聖徳太子伝略』の天狐を、『類聚名義抄』は「てんく」と発音を紹介してい
ますが、平安中期には人死にに関る怪異を鬼の、人が死なない怪異を狐
の仕業としていましたから、狐に似て狐で無い怪異を示す言葉として天
狗が使用されたのかもしれません。
すると、『日本書紀』からワンクッション置いて杜甫や伝略を経由してそ
こから作り物語の「てんぐ」になったのか・・・。
呼び名はともかく、性質は従来の狐に風雅を加えたといったところ。
私も、貴方を見習って勉強しておきます。

---------------------------------------------------------

70 :天之御名無主 :2005/10/16(日) 17:16:49
雪女郎は裸だったのに、子供を寝かしつける夜語りの中で
気恥ずかしかった親たちが服を着せたという話を
信州で聞いたことがありますが、これって信州だけなんですか?
それとも他の地域の雪女も全裸なんでしょうか?


74 :天之御名無主 :2005/10/16(日) 21:49:58
>>70
明治初期の話で読んだのですが、東北で凍死体が見つかった場合、大体半分
が半裸、全裸状態でみつかったらしいです。寒いのになぜ裸のような姿でみ
つかるのか当時ではわからなかったでしょう。本では雪女に会ったのに違い
ないと村民は思っていると書かれていましたが、医学的には長時間の寒さの
限界を超えて、寒冷による血脈の衰えにより脳に異常が起き、精神錯乱を起
こした為ではないかといっています。異常状態で死んだ人体では、しばしば
エレクトした状態で見つかったり、臨死による精神興奮、錯乱状態を示す兆
候がみられる為、極低温による凍死体を学のない住民が発見した時にその異
常状態から雪女のような性的かつ怜悧な印象を凍死に関する経験的な妖怪伝
説として語り継いだのでしょう。


75 :天之御名無主 :2005/10/16(日) 22:03:05
>>70
法医学の分野では、凍死者が全裸状態で発見される事を矛盾脱衣
(paradoxical undressing)という異常行動であるとしています。
凍死者は時に着衣を脱いだ状態で発見され、これはアドレナリン
酸化物の幻覚作用によるとも,体温調節中枢の麻痺による異常代
謝によるとも説明されています。
また狭い空間に潜り込んだ状態(タンスの中や火のついていない
掘りゴタツの中など)で発見され,捜査員を困惑させることがあ
り、これも終末期の異常行動(hide-and-die syndrome)と呼ばれ
ます。

凍死と感覚障害の発生メカニズム

体温が35℃以下になると,戦慄や代謝亢進により熱産生を高め,
皮膚血管収縮により熱放散を抑制することにより,体温低下を
阻止しようとする。

失調期(33℃前後):感覚障害や運動機能の障害が起こる。

麻痺期:32~33℃から自律神経系の麻痺が始まり機能が低下し,
32℃以下になると戦慄は止まり,意識障害,感覚鈍麻,幻覚等
の中枢神経障害が見られるようになる。

虚脱期(30℃前後):意識は失われ,心房細動などの不整脈が
出現する。

生命臨界点は26~30℃。


81 :天之御名無主 :2005/10/17(月) 21:16:47
雪女が旅人をたぶらかして、裸にしちゃうというのがオリジナルな
のね。凍死者が裸で発見される理由を昔の人はそう考えたんだな。
どうりでいい女でないといけない訳だ。
童話にする上で、服を着せるというのは、ある意味、本末転倒だ
ねぇ。

---------------------------------------------------------

80 :天之御名無主 :2005/10/17(月) 20:55:22
厠についてちょっと調べてるんですが厠、便所の妖怪って多そうで案外少なくて・・・
花子さんとか都市伝説的なものではなく日本のもので厠、便所にかかわりの深い
妖怪や怪異についておもしろいものがあれば教えて欲しいのですが
こういう質問ってよろしいのでしょうか。


81 :天之御名無主 :2005/10/17(月) 21:16:47
>>80
続百晦国書版にこんなのが→「大晦日の夜、厠にゆきて『がんばり入道郭公』
と唱ふれば、妖怪を見ざるよし、世俗のしる所也。もろこしにては厠神の名を
郭登といへり。これ遊天飛騎大殺将軍とて、人に禍福をあたふと云。郭登郭公
同日の談なるべし。」

郭公と書いてホトトギスと読みます。これは当時、二つの鳥が混同されていた
ため。便所の神とされていますが、便所でホトトギスの鳴き声を聞くと不吉だ
とされ『諺苑』ではその鳥を口から吐いている入道が本当に神かどうかと考え
ると甚だ疑問ですが、『甲子夜話』では、入道の頭を取って左袖に入れると小
判になる、とあります。必ずしも不吉な存在ではないかもしれませんが、日本
古来のものではなく、九尾狐と同じく輸入妖怪の一つですね。


82 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/10/17(月) 22:59:35
>81
ほととぎすは、黄泉の鳥とされていました。
平安時代以降の異名は「死出の田長」。鳴き声が好かれた筈なのに、聞けば
寿命が縮むという話もあり、『栄花物語』には、三条院が崩御された後、幼
い内親王が死を理解出来ず、父君にお手紙をお書きになったので、周囲にい
た女房たちが「ほととぎすに渡しましょうか」と述べています。
10世紀に日本で作られた『地蔵十王経』でも、烏とほととぎすは冥界の入
り口で番を務めている鳥とされていますね。
ほととぎすが昔は人間で、弟を求めている内に鳥になったという民話はよく
知られていますが、この話は9世紀には伝えられていました。
何者かを招くイメージがあったのかもしれません。


85 :鵺 ◆aV5RsggWb2 :2005/10/20(木) 12:34:09
>>82
「遠野物語」のなかに昔ある姉妹がいて姉がじゃがいもを焼いて、自分が堅い
ところを食べて、妹には軟らかい部分をあげたのに、妹が姉が食べたところ
はもっと美味かったと思って包丁で姉を殺したところ姉が郭公になって「が
んこ、がんこ(堅いところという意味)」と鳴いて、妹は自分の間違いに気
づいて、悔恨のあまり自分は時鳥になって「包丁かけた」と鳴くようになった
、という話があります。


90 :天之御名無主 :2005/10/22(土) 13:47:50
>>80
厠の妖怪の話>

福島正則の屋敷の便所に化け物が出るようになり、便所に行こうとする
者の尻を毛むくじゃらで爪が長い手が撫でてくるという噂がたった。
ある日の夜、塙直之は正則の屋敷に出かけ、皆と話している途中で便所
に出かけた。そして直之が便所に入った時、何者かが便所の上の松の梢
から飛び降りてきた。便所から覗いてみると鬼のような顔をした者がい
たが直之は動ぜず睨み返した。するとその者が引っ込んだので直之が小
便をしようとすると、下から手が出てきて尻を撫でた。
怒った直之は手を掴もうとするが、すぐにひっこみ、屋根の上からその
鬼がじっとこちらを見ている。
睨むとまたひっこみはしたが、またも尻を撫でてきた。これを何度も繰
り返しているうちに、直之はやっと鬼の手を掴み便所の中に引きずり込
んだ。そして組み合って遂には脇差で刺し殺した。
よく見るとそれは大猿で、広島の者は噂の妖怪はこれだったのかと言い、
それと一緒に直之の勇気を褒めたという。『古老物語』

後に正則は改易されてしまうのですが・・・

---------------------------------------------------------

92 :天之御名無主 :2005/10/22(土) 19:34:18
>>90
エロザルの妖怪ですか。尻が大好きだったんでしょうね。
なんか、ほほえましいような。しかし大武将、福島正則や塙直之の
屋敷にでたというのはまたなぜ?

案外、本当のところはご公儀隠密の伊賀者を成敗したのを妖怪と間
違えたとか皮肉たっぷりの流言だったのではないでしょうかね?
福島正則ならやりそうな気がする。


93 :天之御名無主 :2005/10/23(日) 09:31:41
お城にまつわる妖怪、幽霊譚はそういうゴシップを扱ったようなものが
多いですからね。天守物語とか播州皿屋敷とか。

現代のサラリーマンにも当てはまるかも。


94 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/10/23(日) 11:14:27
歴史的事実は、あまり伝承化しないと思います。おそらく、黒田節などで知
られた豪傑の名を借りたかったのでしょう。
岩見重太郎のヒヒ退治などと同趣向だと思いますよ。
余談ですが、警備を司った(ただの武士化した模様です)伊賀組や甲賀組と
目付支配の公儀隠密、吉宗が設けた将軍直属のお庭番がおり、探索を行っ
たのは後の二者であった様です。
しかし、何も魔法めいた事をしたのではなく、普通に変装したらしい。
特殊技能も一部で伝えられていた様ですが、多くの大名家では訓練もお目見
えも無く廃れて行き、この板では有名な松浦静山の家臣にも伊賀に先祖をも
つ柘植某という者がいましたが、先祖はともかく何も憶えていなかったとか。

お菊伝説は室町時代の話が最古だそうですが、まだ一次史料に触れるに至
っておりません。家宝の鮑皿が出て来る話であったとか。
全国に伝わる話で、伝説地をまとめた本もあります。
今や半分ほどは、アスファルトやコンクリートに覆われていましたが。

余談で失礼。もう少し、目付配下の公儀隠密というものについて。
直接変装して探索に出かけたのは、小人目付という者たちで、中でも黒鍬か
ら上へあげられた人々が潜入役を務めたそうです。
黒鍬というのは、藤澤周平氏の小説などにも出て来ますが、十二俵一人扶持
の雑用係・土木工事に携わった連中。
公の場での帯刀や苗字の名乗りも許されていなかった様な人々です。
ただ、これらが即伊賀者であったという記述は見ておりません。
便所に入ったりは、しなかったと思いますよ。もっとも、正則の頃であれば
まだ伊賀や甲賀の忍者も現役であったでしょうが(島原の乱では活躍してい
る)、時代を経た事ですし史実がもとになっている可能性も低いかと・・・。

---------------------------------------------------------

91 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/10/22(土) 14:28:13
天狗は不浄のものなので、加持を受けて焼かれた天狗の灰を便所に置
いたところ、蘇ったという話が『真言伝』にありますね。
『今昔物語集』に登場する天狗は、便所から出た直後で手を洗っていな
かった僧侶を襲ったり、便所の音を頼りに震旦から日本の比叡山まで
来ています。
逆に、便所の神という存在は、本土や沖縄で重視されていましたが。
入る前には、咳払いをして入れともいう。


96 :鵺 ◆aV5RsggWb2 :2005/10/23(日) 13:58:42
>>91
天狗の話だと、「今昔物語」に、どっかの天狗が海がお経を唱えるのを聞い
て、仏教はすばらしいものだと思って、有明親王の子供として転生して、つ
いには比叡山の僧侶になったという話が出ています。この話は特殊ですが、
普通は天狗というものは仏教を妨げる存在である、というのが平安時代の人
の考えのようで、前述の天狗ももともとは仏教を妨害しようと考えていたら
しいです。


98 :鵺 ◆aV5RsggWb2 :2005/10/24(月) 15:43:45
ちょっと思ったんですが、「今昔物語」の天狗の話は、仏教と関わりが深い
ですが、後世の天狗の話はあまり仏教と関連してないというのはどうなんで
しょうか?


99 :月のワルツ :2005/10/24(月) 16:17:15
>>98
民間伝承の天狗って仏教と関係なかったりするっけ?
そのへんが関係してるんじゃないかな?知らないけど。


100 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/10/24(月) 17:53:44
どちらかといえば中世、それも鎌倉~南北朝時代の天狗ですね、仏教系は。
それ以降は積極的に関る事をせず、自然と山岳信仰と結びついている。
山伏姿であったり、何時の間にか山岳寺院で祀られていたり。
『台記』に愛宕山に天公像があったとあるのを天狗祭祀と見做す人もいます
が、私は別物だろうと思います。当時の天狗像とずれている。
やはり、中世後期から近世にかけて、仏教の権威が低下し、合理的なもの
の見方が広まって、比例する形で反仏教としての天狗も意識されなくなっ
ていったものだと思いますよ。
16世紀にもなると、狂言で閻魔や毘沙門天が笑いの種になったり、加持
祈祷に頼らなくなったり、中世前期の古典である『平家物語』からくだくだ
しい仏教の解説が抜かれたりと、宗教権威の低下が著しい。


102 :鵺 ◆aV5RsggWb2 :2005/10/25(火) 14:39:30
>>99
「遠野物語」の中に出てくる天狗は、民家に酒をもらいに来ているだけで、
仏教に関係がないように思われるんですね。ただ、遠野以外ではどうなの
かが今ひとつわかりませんが、大体「天狗の詫び状」の話が多いのではな
いかと思いますが、違う話(特に仏教に深く関わる話)があったら教えて
ください。


110 :天之御名無主 :2005/10/26(水) 22:10:42
>>98
「図説日本の妖怪」(河出書房新社)の中で小松和彦氏が
「妖怪の原像」というタイトルで述べていますが、
宗教を広める上での宣伝手段として妖怪が用いられていたそうです。

より具体的には、
鬼は陰陽師たちによってとくに説かれた妖怪、
天狗は密教の僧が好んで説いた妖怪、
そして狐は化けるという特性を利用されて(鬼にも天狗にも変化可能ということで)
陰陽師・密教僧いずれにも利用された妖怪だそうです。

---------------------------------------------------------

103 :天之御名無主 :2005/10/26(水) 04:34:44
天子ってどんな妖怪ですか?


104 :鵺 ◆aV5RsggWb2 :2005/10/26(水) 14:02:16
>>103
それってどの地方に伝わっている妖怪ですか?詳細キボンヌ


109 :天之御名無主 :2005/10/26(水) 20:52:17
>>104
ウィキペディアで妖怪を調べたところ天子(テンジ)の項目があったので
どんな妖怪かと思ってネットで検索してみたんですがなかなか情報がなくて…
「天子」で検索したところ目ぼしい情報はこれくらいでした↓
>八丈島の洞穴に、一人っきりで暮らす妖怪。
>14,5歳ということで一人きりは寂しいらしく、子供をかっさらって数日過ごしたり、
>山小屋へ遊びに言って山番をからかったりして遊ぶようだ。
>一度情を通わせた相手がピンチの時には助けてくれるらしい。
>寂寥感というものは妖怪にとってもつらいものかもしれない。

他にも八丈島にはテンジ、テッジ、テッチなどとと呼ばれる山姥がいるらしいです。
姿は老婆ですが、上の天子と行動がよく似ている点があります。名前も被ってますし。
他にはテンジメという森に出る妖怪がいるそうです。
八丈島という狭い範囲で3つも名前が被るなんて…もとは一つで
時代が流れるにつれ分岐したんでしょうか?

---------------------------------------------------------

117 :苺の子 ◆15/..hncv. :2005/11/04(金) 22:58:16
天狗といえば、あたしの中では羽黒山。
ちっちゃい頃、羽黒山に行く度に活き活きと天狗の話をしていたらしい笑
妖怪ってより神様に近いよね。なんとなくだけど。


118 :天之御名無主 :2005/11/05(土) 22:13:28
>>117 羽黒山といえば長い階段ですねぇ。
出羽三山は山岳信仰の深い山々の様なので
天狗に纏わる話も多そうですね。

---------------------------------------------------------

120 :鵺 ◆aV5RsggWb2 :2005/11/06(日) 10:50:23
やはり天狗は仏道を妨げる存在だったようです。「今昔」には、天狗が菩薩
にばけて、偉い聖人を連れ去ってしまい、その聖人は後に発見されますが、
天狗が化けていたことに気づかず、すぐ死んでしまった、という感じの話が
あります。
また、「屎鳶」についての情報を気盆


121 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/11/06(日) 16:15:25
大体、「屎鳶」天狗ないしはそれの変じた鳶の事だと思いますが、愛媛県など
の方言では、ハイタカなど別の猛禽類を指して現在でもこの名称を使用して
いるということです。
鳶自体を天狗と見做す観念もあれば、天狗が人に見えない姿で乗っている時
があり、その時には鳶を傷つけると祟りに遭うとされていたのは、『比良山
古人霊託』の記すところ。
鎌倉時代初期に天狗の憑いた女房の言説を書きとめたものですが、ここでは
天狗は古人の霊とされており、九条兼実や慈円も天狗となっています。
その頃まともに往生出来たのは、兜卒天に行った明恵だけであったと。
鎌倉時代末期の『天狗草紙』や『沙石集』になると、僧の生まれ変わりとしての
天狗像がより強固なものになる・・・というのは、先述の通りです。


122 :天之御名無主 :2005/11/08(火) 23:21:20
 山岳信仰と結びつきの強いカラス天狗なるものがおりますが、
天狗が仏道を妨げるもの、という話は当時の幕府が流布したもの
じゃ無いですかねぇ?

 鎌倉幕府といえば、仏教の一般大衆化を推し進めた時代ですし
山岳信仰を貶める様な流説を広める事もあったのでは?


123 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/11/09(水) 09:02:19
>天狗が仏道を妨げるもの、という話は当時の幕府が流布した
『栄花物語』の成立は11世紀、『今昔物語集』は12世紀です。
>鎌倉幕府といえば、仏教の一般大衆化を推し進めた時代ですし
鎌倉幕府=鎌倉時代ではありません。幕府が信仰流布を推し進めた訳では無
く、時には黒衣の僧(遁世僧)の取り締まりも行っています。
>山岳信仰
寧ろ、平安時代から大衆の間で悪霊退散や治病などの面で支持されていたの
が、こうした山岳修行者たちでした。近世以降の山伏のイメージでも、治病
云々の役割はお分かりでしょう。
それと、あの時代に旧仏教→新仏教と転じた訳ではありません。
寧ろ地蔵信仰や観音信仰を中心に、まだ民衆の間でも所謂旧仏教が盛んな時
代でした。元々、旧仏教出身者も民間布教は行っています。
提唱以来批判が無い訳ではありませんが、黒田俊雄先生の顕密体制論という
のがありますので、御本を参照なさって下さい。
15世紀にもなれば、「新仏教」側も目立って活躍する様になりますが。
禅宗と浄土宗は大陸にその概念があったということから、八宗からもまだ好
意的に見られており、戦国時代には俗に「十宗」と呼ばれてもいますが、他の
宗派は近世まで「衆」の字が宛てられるなど、対等に見られておりません。

---------------------------------------------------------

124 :天之御名無主 :2005/11/10(木) 02:12:36
「座頭ころがし」についてご存知の方はいらっしゃるでしょうか?
山口県の旧厚狭郡(現在の山陽小野田市あたり)に出た妖怪らしいのですが。

ネット等で検索すると、急な坂がひっかかるので
タテクリカエシのような山の妖怪を想像するんですが、
妖怪そのものに関する記述は見つかりませんでした。


125 :月のワルツ :2005/11/13(日) 13:49:43
>>124
『現行全国妖怪辞典』というものに載っているらしいけど、よく分からないっぽいな。
あと、「座頭転げ」という別名もついてるらしいよ。

ごめん。詳しいことは全く分かりません。


126 :天之御名無主 :2005/11/13(日) 15:29:20
『現行』にはダトーコロゲという別名も紹介されてる。
でも、詳細は書いてない。

---------------------------------------------------------

175 :天之御名無主 :2006/10/17(火) 23:10:15
兎の妖怪って誰か知らない?
探しても全然見つからないんだが


176 :天之御名無主 :2006/10/17(火) 23:49:18
狩野派の絵巻になら兎っぽいのとかいたし
英一蝶の妖怪絵巻にははっきり兎顔の妖怪も描かれてたが
名前がついて伝承が残っているのっていうとちょっとわからない
兎系の伝承を集めたサイトもどっかにあったが
そこでも日本の妖怪にはいないようなことが書いてあった気がする

---------------------------------------------------------

179 :天之御名無主 :2006/11/01(水) 00:59:28
日本古来からいる獣で妖怪化されてないのって何があるかな?
熊とか鮫の妖怪っていたっけ?


180 :天之御名無主 :2006/11/01(水) 10:50:29
熊…鬼熊
サメ…影鰐、磯撫で

鹿は…神獣としての側面が強くて妖怪ってのはいなくないかな。
草食動物はやはりネタになりにくいのかも。
獣じゃないけどトカゲの妖怪もいないような気がする。
龍とか蛇の影に隠れちゃって見向きされなかった感じ。


181 :天之御名無主 :2006/11/01(水) 19:48:35
妖怪か何か知らんが山蜥蜴とかいうのがいるらしい


182 :天之御名無主 :2006/11/02(木) 13:55:41
動植物から妖怪になるのって何年も長く生きるという、絶対的条件的なものが多いから、
ウサギとかはいないのでは?淋しいと死ぬ(ウソらしいけど)と言われるウサギが妖怪になっても…


183 :天之御名無主 :2006/11/02(木) 20:38:55
でも鶴と亀の妖怪って思い浮かばないな


184 :天之御名無主 :2006/11/02(木) 21:23:32
陰摩羅鬼は、鶴に似てるってだけで鶴の妖怪じゃないもんな。
亀は…なんか城を背負ってた亀とかいなかったっけ。妖怪とは違うか。
あれ?佐藤有文だっけか。


185 :天之御名無主 :2006/11/02(木) 22:43:35
海和尚は亀妖怪と言うより、海坊主の親戚?

---------------------------------------------------------

187 :天之御名無主 :2006/11/03(金) 14:07:31
風狸(ふうり)って妖怪が好きです。自由な感じの妖怪です。
風狸を殺そうとして、何をしても仮死状態にはなるが、
口に風があたったら生き返るらしい。ただし石菖で鼻を塞げば死ぬらしい……
他に知ってる事がある人、恐縮ですが教えていただきたいです。


188 :天之御名無主 :2006/11/03(金) 20:13:16
ウサギの妖怪ならイワイセポがいるけど
アイヌの妖怪だしなあ
風狸は和漢三才図会いあるはず
ヒヨケザルのことらしいけど


189 :天之御名無主 :2006/11/16(木) 01:49:50
>>187
中国では風生獣と呼ばれていて、その脳を食べると500歳まで寿命が伸びると言われていたりする。
その姿は青い豹に似た獣の様な姿で、大きさは山猫ほどらしい。

あと伝わっている話だと、木に登っていた風狸が口に変な草を咥えて
空を飛ぶ鳥に向ってそれを吹き飛ばすと、鳥が落っこちてきたところを目撃した猟師がいた。
これは使える!と思った猟師は、風狸が咥えていた草を取り返して、
木に登って鳥に向って投げて見た所、鳥も猟師も地面に落ちたと言うお話が伝わっている。

ぱっと思いつくのはこのぐらい。

---------------------------------------------------------

あとがき
なるべく3日に一回くらいでいきたいんだけど
なかなか上手いこといかないね。
さあやるぞと思ってもネタが見つからなくて寝てしまったり。


また持病が出てきた。
書類作成とかが多い時期だから勘弁して欲しい・・・

---------------------------------------------------------

実話!!ニュースに流れた怪事件!!

http://piza.2ch.net/occult/kako/971/971205692.html

1 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/10/11(水) 04:21
ニュースや新聞で報道された、マジかよ!?
って話 有ります?例えば・・・
今から十数年前、ホテル ニュー○ャパンが火災にあって
1~2年たった頃。何気なく夕方のニュースを見ていると・・・

「あさて、次のニュースです。去る○月○日ホテル ニュージャ○ン跡
におきまして、誰も居ないはずの館内より、『助けて~熱い~』という声を
警備員が聞きつけ、声がしたところに、急いで駆けましたが、そこには
誰も居なかったという事件がありました。」(実話!!)

当時僕は、小学校低学年で田舎育ちで、民法は3局しかなくて
キー局がどこで、キャスターが誰かはハッキリ覚えてないのですが
確かにテレビで報道してました。

---------------------------------------------------------

10 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/10/11(水) 09:25
何年か前、子供が迷い込んだ古墳の洞窟の中を、
父親が写真に撮ってきたことがあったじゃないですか。
読売新聞の記事で、その洞窟を紹介するときに
「以前から幽霊があらわれることで有名」
とかなんとか書かれていました。
新聞もそんなこと書くんだ、と思いましたです。

---------------------------------------------------------

13 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/10/11(水) 22:08
もう20年以上前の話なんだけど、T新聞の夕刊に『赤坂付近の地下から謎の怪音』
って記事出てたの知ってる人いる?
なんか地下からドーンってな感じで音が響いてきて、それがその辺に住んでる人とか
働いている人の噂になっていたらしい。
結局それっきりで、何が原因かまで載らなかったんだよね。
何だったんだろ。

---------------------------------------------------------

23 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/10/12(木) 06:58
3、4年前、インドとかそのあたりで目から水晶が出てくる女の子が
紹介されてた。たしかに数回瞬きしている間に涙が結晶化するの。
いまだそのトリック(?)がわからん。


29 名前: >23 投稿日: 2000/10/12(木) 11:27
おれもニュースでそれ見たことある。
確か、番組終り近くの映像で、
おれの場合は目からダイヤモンドの涙が流れる、
って言っていた気がする。
あんまり覚えていないから、水晶かもしれないけど。
六時ごろのニュース映像で、とにかくインパクトはあった。


31 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/10/12(木) 12:39
>23 俺の記憶ではインドじゃなくてイスラム圏の国だったような。


32 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/10/12(木) 12:52
>>23、29
それイスラエルで目から出てきたのはガラス片だったと思う。
後日追加報道があり、結局女の子が父親の気を引くためにはじめたそうで
途中で引っ込みが付かなくなったそうです。目の中に異物を入れていただけ。

---------------------------------------------------------

45 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/10/13(金) 01:28
2年くらい前に新聞で読んだんだけど、殺人事件の犯人が自首してきて、
その理由は「毎晩殺した人が枕元に出てくるから」って言うのがあった。


49 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/10/13(金) 01:59
>45
そういうの結構あるよ
被害者の幽霊に悩まされて自首するってパターンね。
こりゃまぁ加害者のわずかにでもある良心が見せるんでしょうね。

ほんでも過去あった事件に幽霊が出るって噂が出て
そこ調べたら目撃談通りの遺体が見つかったってのがあったな・・・
こりゃ摩訶不思議だ。


50 名前: >49 投稿日: 2000/10/13(金) 02:57
ソースはあるのか?
かごめじゃないぞ。


52 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/10/13(金) 06:25
>49

昭和50年代初期に埼玉で井戸の中から
女性の腐乱死体が見つかったってニュースの奴かな?


56 名前: 49 投稿日: 2000/10/13(金) 18:32
>50
「かごめじゃない」の意味分かるのに結構かかりました(w
うう~んソースは記憶だけですねぇ
たしかテレビでなく新聞で読んだはず。
20年くらい前の朝日新聞か西日本新聞かな。

>52
場所は土手だったはず。
おそらく違う事件だと思います。


54 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/10/13(金) 12:59
>>52
ソースきぼーん!


65 名前: 52 投稿日: 2000/10/14(土) 08:54
>54

昔何かの本で読んだんだけど・・何だったかな
覚えてるのは昭和50年11月に行方不明になった
21歳の女性(恋人に殺害された)が1年半ほどたってから
埼玉西部の町の井戸か浄水槽で発見されたんだけど
発見場所の近くでは幽霊騒ぎが起きまくって
最終的に異臭から死体は発見されたってことくらいだな
もうちょっと調べてみるよ

---------------------------------------------------------

53 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/10/13(金) 11:18
半年くらい前にエジプト沖の海底で古代の遺跡が見つかった
というニュースが各局で流されたが、
NHK(だったと思う)の映像でだけ変なものがうつってた。
ヘレニズム期の石像が海底にごろごろ転がってたんだが、
その中の一つに柱の下敷きになってるヤツがあって、
その石像が気味の悪いことに苦悶の表情を浮かべてたんだよ。
他の石像が無表情だった分、妙に怖かった。

---------------------------------------------------------

67 名前: ツカドン 投稿日: 2000/10/14(土) 15:33
オカルトチックな記事が大新聞に掲載されることは、実はそう珍しいことではありませんよ。
「朝日新聞戦後見出しデータベース」で検索すると、オカルトな見出しが結構多いんです。
試みに「雪男」で検索したら70件のヒットでした。
「雪男の足跡 ヒマラヤで日本隊発見」(1960年5月9日)
「雪男? 歩幅1mの跡」(1980年3月9日)という見出しが、ずらりと並んでます。
もっとも「雪男って呼び続けてゴメンね 死んでメスと分かる 動物園」という、
イェティーとは関係のない記事もありますが。


また、別冊宝島の『怖い話の本』の巻末には、
「事件になった戦後の怪談・奇談年表」が添付されてます。
タクシーに乗る女の幽霊(読売新聞)、於岩稲荷詣でを怠った講談師が急死(東京新聞)など、
興味深い記事が満載です。
同年表中の「1977年12月 埼玉県秩父市の防火用貯水槽から女の死体が発見された。
現場付近ではかねてから幽霊が目撃されており、
事件解決後も怪異は続いたという(『毎日新聞』『微笑』『週刊平凡』)」は、
52さんのカキコのソースかもしれません。
ただ、この年表、肝心の月日の正確性に難ありです。
年表片手に新聞の縮尺版、雑誌のバックナンバーに当たってみたのですが、
記事を見つけられないことも、しばしばでした。
ちょっと実用性に欠けます。あくまでもネタとして遊ぶための年表のようです。


 ではでは。

---------------------------------------------------------

71 名前: ライトガード 投稿日: 2000/10/15(日) 00:37
今日TVでやってた。

山形市では現在下水の普及率が七割ぐらいで市は急ピッチで作業を
進めているのだが、各家庭が下水を引くのに応じないらしい。
その理由は「大将軍の祟り」を恐れての事らしい。大将軍とは
陰陽道の1神であり、方角を司っている。3年ごとに各家庭の
東西南北に現れ、大将軍がいる方角を無闇に弄ってはいけないのだ。
今年は北の方角にいるので、下水が引けないそうだ。実際(?)
大将軍の祟りに合って何人もの人が死などの災いに見まわれている。

---------------------------------------------------------

77 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/10/15(日) 02:34
霊能者が死体の場所を言い当てた事件あったよね。
2~3年ぐらい前、朝のワイドショーでやってた。
コンビニだかクリーニング屋か忘れたが
バイトを終えた女子校生が男の車に乗り(目撃者あり)
そのまま何日も帰宅せず広範囲を警察が捜索したが見つからず
最終的に家族が、評判の霊能者に占ってもらう。
霊能者曰く「あなたの娘は○○山のどの辺に埋まっている!」
で、捜索するとそこに娘の死体。
しかも完ぺきに言い当ててた。

「警察は霊能者に事情を聞く事になりそうです」
と言う締めくくりで番組が終わったけど、
その後の顛末が死ぬほど気になる今日このごろ。
事件の真相、知ってる人いる?


142 名前: ゆっけ 投稿日: 2000/10/18(水) 10:28
四国(高知)で起こった女子高生殺害事件で、死体遺棄現場を霊能者が言い当てた
という件は、地元の新聞にも紹介されていました。事実のようです。
実際に発見された場所のみをピンポイントで言い当てたわけではなく、霊能者が
示したいくつか(数は定かではないです)のうちのひとつで実際に遺体が見つかっ
たとのことでした。
その後、続報は無かったと記憶しています。


170 名前: 本があったよ 投稿日: 2000/10/20(金) 11:33
>>77~
「報道できない心理捜査事件ファイル」 竹書房文庫
って本に詳しく載っています。

事件は1997年4月 霊能者は、和田良海 と言う人。
写真を見ながら、その人の声を聞くらしい。20日位霊視して遺体の場所を突き止めたそう。
なを、高知県警から謝礼が振り込まれた、と書いてあります。
その後、奈良県の月ヶ瀬村の事件も霊視してますが、家族や警察が前面的に協力してくれないと
上手くできないようです。
うーん 確かにこの人、その後もテレビ番組じゃ見かけませんよね・・・
それから、この本にはクロワゼ(ットはいらないみたい)の事件も載っています。1976年
だって・・・私もこの時のニュース、リアルタイムで見ましたが・・・年がわかっちゃいますね。

---------------------------------------------------------

94 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/10/16(月) 00:59
ニュースではなく新聞に掲載された物なんだけど地元の漬物工場に
男の幽霊が出てきて目撃者も多数..なんてのがありました。
もう10年くらい前なので詳細を忘れたけど事件面のところに
でっかく載ってたので覚えてる。
取材によると下半身がうっすらとした男がぼーっと
工場内に浮かび上がるそうなで従業員や守衛が何度も目撃してるらしい。
ローカルですんません。

---------------------------------------------------------

115 名前: rain 投稿日: 2000/10/16(月) 14:37
20数年前の読売新聞に「心霊写真?」ってデカいタイトルつけて
社会面に大きく心霊写真風のものが紹介されていたのを覚えている。
どこかの農村で撮ったと思われる6-7人の農民たちの集合写真で
人と人の間に不自然に読売ジャイアンツの野球帽が宙に浮いているもの
だった。


128 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/10/17(火) 05:21
>115
それ、尾瀬で撮られた観光客の記念写真じゃない?


130 名前: 115 投稿日: 2000/10/17(火) 11:04
あ、ジャイアンツ帽を覚えてそうな人がいた>128
背景は田舎町のような記憶しかありませんです。
そうですか、尾瀬ですか。あれは心霊写真として新聞に取り上げられてましたよね。


141 名前: 鴉くん 投稿日: 2000/10/18(水) 05:41
>115
そうそう、尾瀬でハイキングの女性達を撮った写真
「首だけニュ~?」みたいなタイトルが付いていたような?

---------------------------------------------------------

127 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/10/17(火) 03:55
10年くらい前、長野の青木峠で、バラバラ死体が発見されて
その第一発見者がトラックの運チャンで、道からだいぶ奥まった所で
小用をたしていると、突然誰かに足をつかまれたようになって金縛りにあって
しまったらしい。でバラバラ死体を見つけたら金縛りはとけ、ソッコー
警察に連絡したってなことをニュースでやっていた。

---------------------------------------------------------

137 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/10/18(水) 03:34
秩父の「幽霊騒ぎ→女性腐乱死体発見」の事件
http://www.orange.ne.jp/%7Ekibita/jp7/local2.html
に少し紹介されてました。

尚、現在は秩父ミューズパークなる施設が作られたため
事件当時と全く様相が変わっているそうです。

---------------------------------------------------------

97 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/10/16(月) 07:53
数ヶ月前にあった外国の美術館の防犯カメラに
とらえられたあの幽霊みたいなのは
どうなったんでしょうか?


140 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/10/18(水) 04:20
>>97
他スレで既出だけど、本国のオカルト研究チームが原因を突き止めました。
結果は濡れた落ち葉。たしかポプリの葉だったと思う。

研究班が当時の気候や諸条件から推理し、なんども同じカメラの前で実験して
まったく同じ映像の撮影に成功しました。
なんでもオカルトと騒ぐサークルとは違いますな。
こんなチームが何をしても解明不可能と判断した事例は信憑性がありますね。

---------------------------------------------------------

145 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/10/19(木) 01:44
もう、15~20年近く前かな?
新聞に、自衛隊かなんかのヒコーキが、謎の飛行物体とニアミス、
というのが載ってました。
その飛行物体は、とてつもなく大きくて、円盤型、
レーダーには反応しない金属で出来ていた、と書かれていたような記憶があります。

---------------------------------------------------------

147 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/10/19(木) 06:00
10年くらい前だったかな?
日航機がフライト中にUFOにしつこく追跡されたって報道があったよね。
あれは機長ら乗務員のインタビュー、機長が書いたUFOの絵など
(確か正方形の板で、サイコロの4か5の面ような外見。
 サイコロで言う●の部分が強烈に光る。しかも2体ね)
当時は結構細かく、テレビ・新聞などのメディアで報道されたよね。


148 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/10/19(木) 06:23
>>147

その後、「金星の見間違いで」ってならなかった?

---------------------------------------------------------

164 名前: おしえてくりくり 投稿日: 2000/10/20(金) 03:28
確か1~2年前東京のとある駅で女性が白昼の面前で飛び込み。
目撃者多数。
駅員と警察両方で探しに探したけれど遺体はどこには発見できなかったそうだ。
ホームにいた人は衝撃音を聞き、電車に乗っていた人もぶつかる瞬間の衝撃を
かんじたそうだ。
新聞・ニュースどちらでも見たが、その後のニュース情報知ってる方いませんか?


169 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/10/20(金) 08:48
> 164
その事件は知らないけど、多分勢い余って車線を飛び越えほとんど無傷
(ちょくちょくケースあるらしい)、そのまま逃亡、というパターンでしょう。

人間一人くらいでは質量差からいって車内の人間はほとんど衝撃を感じないので
衝撃&衝撃音は急ブレーキによるものかと。


171 名前: >164 投稿日: 2000/10/20(金) 12:22
知ってる知ってる
確か御徒町あたりのJR山手線の駅じゃなかったっけ?
田舎の駅じゃないですからね、、ましてや白昼の出来事ですから
死に損なって逃亡、なんてのも考えにくいですよね。


174 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/10/20(金) 12:58
164,171>
御徒町から日暮里ぐらいまでで聞いた事ある。
常磐線(だったかな?)が日暮里付近で停止信号で止まるのは、
運転手が人影見て止まるとか言う噂も聞いた事ある。


175 名前: 164 投稿日: 2000/10/20(金) 13:05
>169
 飛ばされて無傷ってのもあるんですね。それかもしれないですね。
ただ、電車が駅に入ってきたところなので飛んでいってしまうということは無いと思うんです。
現場で見ていた人も 数人とか言うレベルではなかったと記憶しています。
>171
 おぉぉ!覚えてる方がいらしてよかったです。嬉しいです。
 結局答えはでていないんですね。
 うーむ・・・、どうなったのかなぁ。


179 名前: 169 投稿日: 2000/10/20(金) 17:30
> 175
ごめん、ちとわかりずらかったか。
さすがに一部でも触れれば、例えば腕ならちぎれるか、難度ウルトラG級のひねり技でとばされるか
なんで無傷って事はそうそうないでしょう。
ちょくちょくあるケースってのは早めのタイミングで勢い良く飛び込んだあまり
電車にあたらず車線の向こうまで飛び越えちゃうって事。

そのときのホームの位置関係にもよるけど、向かいにホームが無い場合は電車が入ってきたら
向こう側はほとんど誰にも見えないんで(電車の中の人は何起きたか知らないし)、
その間にフェンス越えとかは十分あり得るかと。
自殺者の心理を推測すると端っこのホームを選びそうじゃありません?
御徒町だとやや高架っぽいけど駅員が捜索を始めるまで数分間のうちにどこか
目立たないところに逃げるのは可能じゃないかな。

もちろん現場の状況を見てないんで楽観的な推測ですが、それで死にそこなった彼女が
生まれ変わったつもりで元気に今も生きてることを願いたいなと。

---------------------------------------------------------

178 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/10/20(金) 15:48
かなり前の話だけど、宮城県気仙沼の幽霊事件。
地元女性が散歩中に、空き地の草むらに佇む中年女性を、度々目撃。
いつも同じ場所にいるのを不審に思っていたが或る日、目前で忽然と消えたので、
その場所にいってみたところ完全に白骨化した死体を発見。
行方不明になっていた同県の女性で、死因は自殺と判明した…って、ここまではいいんだけど、
後日、気仙沼のおじちゃんと共にレポーターが現地に赴き、説明を受けていたところ、
「ああ、ここにまだ骨が残っていますね…」おじちゃん骨を拾いあげるんだもん。
「足の骨ですね」なんて淡々と言いながらレポーターにそれを渡して、
受け取ったレポーターも「ああ、本当に足の骨ですね」と呆然と答えていた。
骨の欠片なんてモノじゃなくて、ニョキっと長い足一本の骨だよ。
なんでそんなもの現場に残していくのか未だに謎。
現地リポートを終えてスタジオで「よく手に持てましたね~」と司会者に聞かれて、
「渡されたので思わず持ってしまいました」と言っていたけど、
司会者は、骨を現場に忘れていた失態は叩かずに、
「気仙沼のひとも警察もおおらかですね~」と呆れながら結んでいた。
“冬枯れの草地に象牙色の骨いっぽん”の光景が心霊話よりも強烈な印象だった。

---------------------------------------------------------

202 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/10/26(木) 23:12
昔、原子力潜水艦が日本近海で座礁したという
ニュース速報が流れたんだけど(ヘリからの座礁した潜水艦の映像つきで)
その日の夕方のニュースや翌日の新聞には、この事件のことは
全く触れられていなかった。

---------------------------------------------------------

223 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/10/30(月) 17:55
子どもの頃、東海三県に住んでましたが、中日新聞やCBCテレビでは、
超常現象関連のニュースがたまに扱われてました。
どこの街にUFOが現れたとか、どこの河口にUMAが出たとか。
今でも、そうなのかは知りませんが。

---------------------------------------------------------

224 名前: バター犬 投稿日: 2000/10/31(火) 13:55
8年ほど前、刃物を持った精神病の女性がTV局に侵入して警備員を刺した
というニュースが早朝(5時くらい)にやっていた。
その後、2時間ほど寝て目が覚めて大ニュースになっているかな?と思いつつ、
朝のニュースを見たけど、どの局もやっていなかったし次の日の新聞にも
のっていなかった。
あれは夢だったのかな??それとも、マスコミの裏事情があったのかな??
この情報に関して知っている人がいたら教えて下さい。


233 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/11/03(金) 00:46
224>
その事件おぼえています。
ニュースではそれ一回しかながしてません。
なんでも、テレビ局側の警備員の体制が悪かった(でもさされたんじゃ
しょーがないとはおもうけど、止めるのが、警備員の仕事ということで)
ので、はずかしくなった局側がながさなかったみたい。
んで、その女性は、屋上からテレビ塔(が、あるんです)にのぼって、
自殺しちゃいました。
血のついたナイフは、6階のテラスのところにおちていたそうです。
女性の落ちた場所は、7階のテラスで、
7階のテラスには、ちっちゃい神社みたいなのがあって、
そこに命中しておちたというような話をおもいだした。

---------------------------------------------------------

253 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/11/16(木) 12:13
10数年前(?)山梨県忍野村の忍野八海にもぐったTV局のカメラマン2人が
行方不明になった事件。遺体は見つかったんでしょうか?
なんか行方不明のままだったような気がするんですけど。


254 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/11/16(木) 14:30
>253
その話覚えているうぅぅ。
確か未だ、見つかっていなかったと思う。
行方不明当時に、捜索するのが非常に困難だということを言っていたし・・・。
(池の底は迷路のようになっていると説明していたにゃ)

ただ、どの池に潜ったのかは知らないにゃ。


256 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/11/16(木) 14:58
>>253
たくさんある横穴のひとつに入ったとかいう話だったね。
2人ともだったから不思議な事故ではあったな。
局の名前と番組名は忘れたけどワイドショーじゃなかった?


259 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/11/16(木) 18:08
>253
忍野八海は地元では絶対にもぐってはいけないと言われてる。
底なし迷路だから、遺体もあがらないらしい。
それを振りきって入ったと聞いたが・・・


260 名前: 一郎 投稿日: 2000/11/16(木) 18:12
迷路って湖の底が迷路みたいになってるの?


273 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/11/16(木) 19:05
>260
そう。忍野八海は底がつながってるんだよ。
湖というか、ほとんど池だけど深い。
しかしまわりがみやげ物屋だらけで、あんまり怖さがないけど。


306 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/11/29(水) 01:50
忍野八海のダイバー遭難事故は“湧池”でした。
池の周辺のみやげ物店のひとに聞いてきたので、間違いないと思います。
一見すると小さい池だけど池の側面にいくつもの穴があり、他の池ともつながっているそうです。
素人が潜ったりしたらまず、抜け出て来ることは不可能だということでした。

---------------------------------------------------------

304 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/11/28(火) 19:38
華厳の滝に引っかかっていた自殺死体が怖かった。
落下途中で引っかかってしまったんだけど、頃は真冬で氷柱などに阻まれて
春まで回収出来ないものだから、そのまま数ヶ月さらしもん状態・・・
青いビニールシートをなんとか掛けてやり過ごしたけど、
シートを掛ける前の状態はしっかり報道されていた。

それと、華厳の滝の滝壺をダイバーが水中カメラで写した物が、グロかったよん。
たくさんの毛髪が海藻のように束になって、随所でゆらめいている映像。
今、思い出しても気持ち悪い・・・。


309 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/11/30(木) 00:42
>>304
華厳の滝…20年位前、土曜だったか日曜だったかのその手のTV番組。
自殺の絶えないこの滝、滝壷に落ちて上がって来ない遺体を捜索する
事があったらしいんだが、その中の映像に滝壷の底の岩影に下半身だけが
見えているのがあって、子供ながらひどくブルーな気分になりながら
見ていた記憶がある。その映像自体撮影時期が昭和20年代後半~30年代
前半と古いもので当然白黒、そのへんが余計雰囲気を醸し出していたな…。


313 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/12/01(金) 03:16
304>309
309さんの書き込みを見て思い出した・・・
髪の毛ゆらゆらの映像に対しての説明で、滝壺に落下した時の衝撃で
“毛”がばさーっと抜けるって言っていた。(衣服もらしい)
(全身の毛が殆ど抜けるというわけではないだろうけど)
そいでもって後日に、滝壺に揺らめく死体がテレビ放映されたのを見たのだけど、
着衣はなく、全身がつるっとした印象で(ああ、毛が抜けちゃっているんだな)って
妙に納得しながらも怖かった・・・。
日テレ・・・番組名は覚えていないけど、日テレだったことだけは覚えている。

---------------------------------------------------------

339 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/12/16(土) 05:18
うろ覚えで、すまそ。
確か京都の方で20年位前に起こった事件だが、
地下鉄の駅のホームに成人式だったかなんだかで、
着物を着た娘さんが歩いていたんだと。
何やら、可愛い娘さんだった上に振袖だったもんだったから、
みんなほ~っと見つめていたそうだ。
するといきなり、その娘さんの体から「ボンッ!」という音が。
娘さんの惨状は凄まじく、右腕がふっ飛び、右脇腹がえぐれる重傷。
あたり一面はそれまでの華やかな景色がうって変わり、
火薬の匂いと立ち登る煙り、そして血の海で壮絶な現場になってしまった
そうだ。
その後、警察は現場検証から、何かの機械のようなパーツを
拾い集め、一体何故このような事が起こったのか、考証した。

その結果、解った事は・・・。
現場に落ちていた機械の破片は、
実は精巧に作られた小型の爆弾だったそうだ。
それは、着物の帯に引っかかるように作られていて、
ある一定の振動が起きると、(これは俺の想像だけど、多分歩いた時の
振動に合わせたものかと思う)
爆発するように作られていたのだという。
警察の見解では犯人は恐らく、地下鉄の車内でこの爆弾を気づかないように、
この娘さんに仕掛けたのではないかという事だそうだ。
で、確か娘さんは一命を取り留め、肝心の犯人の方は・・・。
これが、まだ見つかっていないというオチね!
ガキの頃に読んだんだよな。ケイブン社かなんかから出ていた、
恐い話の本で。コロタン文庫シリーズだったけな?
はっきり言って俺のトラウマ・・・・。
この事件、誰か覚えている人いる?


345 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/12/18(月) 17:56
>>339
20年前京都に住んでたが、そんな事件聞いたことないぞ。
当時は京都には地下鉄はなかったし。
その付近で昔から地下鉄があったのは大阪だが、
大阪でもそんな事件はなかったと思う。


346 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/12/18(月) 18:26
>>345
部分的に地下に潜ってる部分はその頃から阪急にはあるが(河原町~西院間)
同じくそんな話は聞いたことがない。

---------------------------------------------------------

378 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/12/24(日) 01:33
昭和30年代、深夜の動物園に侵入した変態さんがゾウ舎に忍び込み、
寝ていたゾウと無理やりセックスしようとして、
嫌がったゾウに踏み潰されて死んだ事件。
怪事件だ!


379 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/12/24(日) 08:28
378>あぁそれ知ってる知ってる。
なにしようとしたかはわからンけどとにかく朝警備員が来たら、
男が裸で踏みつぶされて死んでたんだよね。
その男が大の象好きだったとか


382 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/12/24(日) 11:52
>>378
死ななかったけど虎に食われようとして重体になったのも
いなかったっけ?


383 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/12/24(日) 13:49
>>382サファリパークでしょ、聞いたことある。
孫だったかが食われたんだっけ?

サファリパークだ、サファリパークで死んでるぞ!


384 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/12/24(日) 18:20
>>383
あ違う違うそりゃ家族連れがやったやつ、グズる子どもを
サファリパークの中で別の車に移動しようとして起きた事故
俺が言ってるのは確か宗教がらみで虎の檻の中にほぼ全裸で入った奴
スポーツ紙の小さな記事だったと思うが後日談もなくTVでもやらなかった
んで不思議に思ってたんだけど

---------------------------------------------------------

391 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/12/25(月) 10:54
10年くらい前のニュースで
ハワイかどっかで着陸寸前の飛行機の屋根がモゲて
スチュワーデスが風に煽られて飛ばされ行方不明ってのを
見たことがある。

そのニュースをを見ながら、頭の中ではスッチーが飛ばされていく光景が
漫画のように繰り広げられていた・・・。


393 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/12/25(月) 21:07
>391
その話は映画にもなってるよ(タイトル失念)
2、3年前に深夜映画で観た。
わりとドキュメンタリータッチで、最後に助かったスチュワーデス達の
顔写真とその後のナレーションで終ってた。
意外にも死んだのは一人だけだったような気がする。
うろ覚えでスマソ。

---------------------------------------------------------

413 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/01/14(日) 02:27
既出かもしれないけど、むかし、ゴミ収集車に自ら飛び込んで自殺した男の人がいたの、覚えてる?
思いつく限りで最悪の死に方なんだけど…なんでこんな死を選んだんだろ?


414 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/01/14(日) 02:42
>413
覚えてるよ~!ゴミをぶちこむとこに犬神家状態の映像がニュースに出てた。
あれってどうやって処理したんやろ?


419 名前: 実話。 投稿日: 2001/01/14(日) 15:39
>413
それって事故で車に巻き込まれたんじゃなかったですか?
確か車の横に穴あけて救出?したんですよね。
たしかにあの犬神家状態はすごかった・・・


420 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/01/14(日) 19:21
その話は、どこか別のスレで読んだべ
多分人を巻き込むと止まるようにできてるから自殺ではないでしょう


421 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/01/14(日) 21:35
ゴミ箱に隠れて遊んでた子供が、収集車にそのまま投げ込まれた、
って事件もあったよね。

---------------------------------------------------------

424 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/01/15(月) 06:26
千日前デパート火災
30年位前に実際に起こった火災。
死者118名の大惨事だった。
しかし、この事件で一番恐いのは死者が118人だった事。


425 名前: でじこ 投稿日: 2001/01/15(月) 06:29
>424
どうして118が恐いのか教えて欲しいにょ。


426 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/01/15(月) 07:23
大阪千日前デパートは江戸時代は処刑場だった。
大阪の奉行所の記録によるとそこで処刑された罪人の人数を合計すると。
118人だった。


428 名前:   投稿日: 2001/01/15(月) 17:52
>426
ちょっとヤバイね。

あと、なんか高速道路かなんかが工事中に丸ごと下に落ちて
下にいた人が何人か死んだって事故が大分前にあったらしんだけど、
その事故の被害者の数が、その高速道路を作る時に邪魔だからって
元の場所から移動させたお墓と同じ数って話を聞いた事がある。


430 名前: 名前 投稿日: 2001/01/16(火) 06:47
>>428
高速道路の建設現場で、数百トンの巨大な鉄骨が信号待ちの車の列に落ちた事件でしょ?
たしか広島の。


431 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/01/16(火) 07:16
もう、下のくるまがスクラップのように跡形もなくつぶれてた。
怖かった。以前ワイドショーで、タッチの差で助かった遠足の
幼稚園のバスの因縁話をやってたよ。


432 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/01/16(火) 07:33
>428
国体用に整備してた道路な


438 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/01/16(火) 10:46
>426
それはデマらしい。別冊宝島「現代怪奇解体新書」に載ってたけど処刑された
人数はそんなもんじゃきかないとか。
千日前って地名の由来は、処刑された人々のためのお経が千日間もやむことが
なかったからだそうな。

---------------------------------------------------------

460 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/01/18(木) 16:49
このスレはオカルト版の中で一番おもしろい。ところで、
よく人が行方不明になるので有名な北海道の湖を
ご存じの方はいませんか?
何年か前、遠足か修学旅行で来た中学生二人が湖で行方不明になって
大騒ぎになった記事を読んだ覚えがある。
アイスランドにはそんな湖があると聞いていたので
なんだか怖かった。
普通、溺死体くらい見つかりそうなものだと思うけど。
それとも水草なんかがからみついて浮き上がってこないのかな?
阿賀野川の河口みたいに。


461 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/01/18(木) 16:56
>>460
知ってる・知ってる
地元でも有名です。この前も
中学生が溺れました
御満湖

---------------------------------------------------------

474 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/01/22(月) 05:46
いつのニュースだったかな
とっても変な雰囲気だったから覚えてるんだけど
結構最近(ここ3、4年の事件)のはず

男の人の遺体が
田舎の山の中の便所のすぐ下からの下水管に
こんな感じで入ってたって話


  ││ ││
  ││ ││
  ││_││
  │><○│
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

しかも体のはばがぴっちり下水管にはまってるから
そのまま入るのはむずかしい
っていう..

絶対こういうニュースがあったはずなんだけど
インパクトが強いから覚えてるけど
だれかこの事件に関して詳しいこと
覚えてる人いるでしょうか

いたらレスお願いします


475 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/01/22(月) 06:05
>>474

それって結局覗きしてた男が事故でそういう悲惨っつーか臭すぎる
死に方をしてしまった、ってどっかのスレに出てたような・・
しかしどうやってその死体は見つかったんだろうね?
バキュームーカーに吸い出されたんだろうか・・?


478 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/01/22(月) 11:32
>>474 それ、おいらがレスしたやつです。
正確に言うと、男が発見された状態はL字型の土管の中。
息子は(表向き?)品行方正で、青年団にも入っていた。
親父には自慢の息子だったらしい。
その息子が駐車場に車をとめて行方不明。
(車は斜めに駐車。一時停車的な駐車に見える)
で、発見されたのが上記の土管ってわけ。
ちょうどL字になっているところで身体が曲がったまま
死んでいたことと、息子の身体に無数の擦過傷があったことから
事故・他殺の両面で捜査。
致命的な外傷がないことと、擦過傷が生きている間のものという
検死結果から、自分で土管に入った、つまりデバガメだった
という結論に達したわけであります。
度々TVで取り扱われるのは親父さんがデバガメを信じたくない
からで、世の中の親父のうちどれだけが息子の性癖を知っているか、
と考えると親父さんがちょっと可哀相になりますな


522 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/02/08(木) 03:04
>478さん
トイレの土管から死体がでてきたやつ。
そこのトイレってもうスデにつかわれなくなっていたところじゃなかった?
なんで入ったのか不明だったような・・。


523 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/02/08(木) 03:09
>>522
そうだよね?
俺も自分の勘違いだったのかと思っていたけど、既に使われていない
土管だったよね?

---------------------------------------------------------

492 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/02/01(木) 22:01
ソビエトが崩壊する少し前頃?
「ケメロボ州」という所に「宇宙人が出た」というニュースがあって、
ラジオ(大槻ケンヂのANN)で聞いたので、
ネタかと思ったら新聞(朝日か読売)にも載っていた。
会った人(子供?)の描いたスケッチも載っていて、
円盤の真ん中に漢字の「王」みたいな模様が入っていた。


493 名前: ななし 投稿日: 2001/02/01(木) 23:27
>>492
それ、当時のオールナイトニッポンできいた話では、
出てきた宇宙人が「地球で一番すばらしいのは日本人で、
日本人は宇宙人に対して友好的であるのに
ほかの国の人は宇宙人を敵と見ている。
だから日本人以外の地球人を滅ぼそうかと思う」
という内容のことを言ったそうな。


496 名前: 名無しさんi486 投稿日: 2001/02/02(金) 12:13
>493
そんなこと日本人に言えばいいじゃないかよな?
わざわざロシアの片田舎に行って言うことじゃないよな。


499 名前: はにゃりん 投稿日: 2001/02/03(土) 06:55
492さんの話に近いかな?
30せんち?だかの宇宙人の子供を育ててた母親っていうのも
テレビで放送してなかった?


500 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/02/03(土) 06:59
>>499
あったね。捨て子か動物でも保護するみたいに、
ロシアだかのスカーフかぶったお婆ちゃんが拾って世話するの。
多分ビデオに録画してあるよ。

---------------------------------------------------------

507 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/02/04(日) 14:10
そういや、札幌で修学旅行中の女子構成が
部屋で死んでて、なにやら儀式めいた跡があった事件は
片付いたの?


508 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/02/04(日) 15:47
>507
おおっ!!そういえば思い出した。
北海道修学旅行で札幌のホテルに泊まっていた女子高校生が焼死した
事件だよね。燃える物がなかったのに一気に部屋が燃え上がったんで
調べてみたら、なにやら儀式めいたことを行っていて、そのときのろ
うそくの火と油が原因だったって事件ですよね。
たしか時期は神戸さかきばら事件のころだったような気がする。
その高校も兵庫県の高校だったような気がする。

いったい、儀式って?
黒魔術?こっくりさんめいたもの?
情報きぼんぬ。


510 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/02/04(日) 21:40
>>508
たばこの火の不始末と最初報道してませんでしたか?


511 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/02/04(日) 23:00
>510
そうそう。最初はたばこ原因と言われてましたが、
時間がたつにつれて、その部屋にはたくさんの人
がいて、焼け死んだのは一人か二人だけで、部屋
全体が燃え上がったわけではないと消防も不審を
抱き始めたところから、儀式とか報道され始めました。

---------------------------------------------------------

525 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/02/08(木) 04:00
俺は有珠山(?)噴火の第一報のニュースで、
地元消防団の人がモロに火砕流受けて泥だらけの体で
カメラににじり寄ってくるところを見たよ。
なんか原爆食らった人が歩いてるみたいなヨチヨチ歩き。
「マジでこんなの写すか??」
って思ってみてたけど、その後その映像が流されているのを見なかった。

あれはホンマひどい映像だったよ。オカルトじゃないけど。


535 名前: あなたの前にも名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/02/08(木) 14:52
>>525
その映像は私も見ました。
泥だらけで手を前に出しブラブラさせながら歩いて来て咳き込む人の映像でした。
頭髪はヘルメットで保護されていた部分以外は焼け、刈上げの様な髪型になってしまっていました。
で、その人は後日火砕流をまともに吸い込み、気道の火傷で死亡した方と判明したそうです。
で、TV局側が放送自粛を決めたそうです。

---------------------------------------------------------

538 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/02/08(木) 18:24
何年も前に下水道から死体(白骨化)がでてきた事件もあったよね。
マンホールから水があふれてきて発見されたとか・・。


539 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/02/08(木) 18:31
>>538
それっていつの話?小さいころマンホールから水か溢れてて
大変だったことあったなあ、あんまり覚えてないけど。


540 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/02/08(木) 18:57
>539
5年かそこら前だと思うけど・・。
その見つかった下水道からほんの近くの1人住まいの女性が
被害者だった。マンホールをあけて女性の死体がなげこまれた
らしいけど、マンホールってマンホールをあける工具?(道具?)
がないとあかないらしい。警察がその線をしらべたらしいけど
犯人、未だにわからずじまい。
ちなみに何故マンホールから水があふれたのかは、その被害女性
の死体が下水道の中でつっかかって水がマンホールの外へ流れ
だしたらしいんです。


541 名前: 名無しさん 投稿日: 2001/02/08(木) 19:04
>>538
あ、それ覚えてる。確か保母さんじゃなかったっけ?その女性。

---------------------------------------------------------

544 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/02/08(木) 20:51
「オフィス街の植え込みの中に、白骨化した両足が生える!」
それは後に、ビルから飛び降り自殺したOLと判明。
植え込みの土が軟らかかったので、頭からひざあたりまで地中に
埋まってしまい、ひざ下の部分は植え込みの植物によって隠れ、
秋に植物が落葉するまで発見が遅れてしまったという事件が
ありました。覚えてる人いる?20年ぐらい前かな。


789 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/03/07(水) 14:05
>>544
まあ20年は経っていないと思うけど、可愛そうな女性だったんだよね。
社会人になって実家から離れた町で一人暮らししていたんだけど、
親が働かないでこの娘に無心していて、
もちろん貯金もないし、毎日カップラーメンとかの昼食とっていたとか。
お金はないっていう娘に親がしつこく無心してすごく悩んでいた挙げ句の自殺だった。
小柄な女性だったので身体のほとんどが土にもぐっちゃって発見が遅れたんだ。

---------------------------------------------------------

605 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/02/17(土) 17:05
怪事件と言うので思い出したけど、
何年も前の新聞に載っていた記事で、
とあるサウナで客の一人が服や持ち物を残したまま行方不明になったらしい。
で、数ヵ月後にサウナ室の熱を発生させる部分と壁の隙間に挟まっているのが
見つかったんだって。
見つかった時には遺体はすっかり水分が抜けてミイラ状態になってたそうな。
その人が何でそんなとこに入りこんだのかは不明と書いてあった。

しかし、何ヶ月も誰も気が付かないっていうのもなぁ…(^^;


606 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/02/17(土) 17:17
>605
ああそれ遠い記憶の中にあったなぁ
妙に様子が思い浮かぶようで怖かった。

---------------------------------------------------------

641 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/02/22(木) 00:55
10年くらい前だろうか、老人が風呂場の湯船の中で
死んでるのが発見されて、発見されるまでの数日間
風呂の湯が沸きっぱなしになっていて、死体の湯に浸かっていた
肩から下がほとんど溶けてて、湯船のお湯がどろどろの
シチューみたいになってた事件。
たしかワイドショー系で見たような。

それからこれも10年以上前だったと思うけど
風船にタイマーみたいなのがぶら下がったものが何十個も
日本の上空に浮遊してきた事件があったような。


644 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/02/22(木) 11:50
>>641
その話で思い出したんだけど、
父親が浴室で原因不明の心臓発作みたいなので亡くなって
その次の日くらいに同じ浴室で息子が同じ原因不明の
心臓発作みたいのでなくなった、っていうのニュースで見た。
あれってなんだったんだろう。


645 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/02/22(木) 12:13
>644
風呂場の排気管が逆に設置されてたのが原因で
一酸化炭素中毒起こして死んだんだよ。
んで、そのまま翌日葬式に来た息子がまた風呂に入って
一酸化炭素中毒起こして亡くなったの。


697 名前: ミツカン酢 投稿日: 2001/03/03(土) 01:19
お風呂で煮えちゃった話は確かに存在します。私は昔愛知県の半田市に住んでいました。
そこで、一人暮らしの女性(30代)がいたんです。
ある日トリガラスープにしては少し生臭い臭いが鼻を突きました。
臭いの元はあるアパートの一室から出ているものでした。
しかし料理しているなら、台所の換気扇からその臭いが出てくるはずなのですが、おかしなことに
浴室の換気扇から出ているのです。
大家の本田さんが、念のためドアのチャイムを鳴らしているのですが、レスポンスがありません。
その時本田さんの奥さんが妙な物音に気づいたのです。
ボコッ。ボコボコボコボコ・・・・。
浴室の湯沸器から、追い炊きをしてる音が聞こえたらしいのです。
これは、危ないと判断した本田さんは、隣に住む今枝さん夫婦に立会いを求め、その部屋にマスターキー
を使い、確認に為踏み込んだのです。部屋に入ると湯気が充満していて急いで浴室に入ったのです。
するとどうでしょう、部屋の住人である女性が湯船で田入れているではないですか。
しかも胸から下がタダれおちそうになっているではありませんか。
今枝さんが、110番と119番にすかさず電話し、すぐに警察・消防の方が急行したのでした。
それからそのアパートでは1年間部屋を空室にするとともに、ユニットバスもすべて取り替えたそうです。

---------------------------------------------------------

735 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/03/03(土) 12:47
昔、市役所の臨時職員してたときの話なんだけど、
仲のいい人が、援護課(生活保護)に勤めていて、
生保もらってる人らって、身よりのない一人暮らしの病人も多いらしい。
援護課って、そおいった人のめんどうもある程度見ないといけないんだって。
ほんである日、生保の人が亡くなったって警察から連絡があって、
身元を引き取りに行ったら、その人コタツに寝てて、さー運ぼーって
引き抜いたら、コタツで暖まってか腐ってて、足から下がずぼって骨だけ・・・
上半身は普通(?)だったらしい。
そしてその残った肉も毛布にくるんで運んだって。
3回吐いたって言ってた・・・
ほかにも、生保の人が自殺したって、線路にマグロを拾いに・・・
山にハイキングに行ったり、ダムに水泳に行ったり・・・
まぁ担当で当たりはずれが多くて、その人は特別多いらしい。
でも、い~や~ そんな職場(でも公務員)

---------------------------------------------------------

744 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/03/03(土) 23:47
何年か前に海外のどこかの海で戦時中の零戦か何かが発見され(バミューダ海域か?)
それが何故かタイムスリップしてきたかのように新しいままで、分解して調べてると
いう記事を週刊プレイボーイで読んだ。あれ、どうなった?それから数年前、自衛隊の
戦闘機が領空侵犯したどこかの国の航空機を追ってスクランブル発車するも
行方不明となり、パイロットもろとも行方不明という事件。TVニュースでガンガン
やっていたのにその後、音沙汰なし。あれ、どうなった?


792 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/03/07(水) 23:01
>>744のスクランブル発進後行方不明はその後一人は発見されてます。
(何人行方不明になったんだっけ?二人?)
身内の同僚のご兄弟(要は赤の他人)だったんだよねそのパイロット。
って事で他人ながら、我が家の話に上った事があります。


805 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/03/10(土) 01:28
>>744
自衛隊機がスクランブル発進したまま、行方不明になった事件について

あの事件については、すでに事故調査報告がでています。
99年の8月中旬に、東シナ海の領海に侵入した国籍不明機(100%中国軍機)を、
追い払うために航空自衛隊のF-4戦闘機が2機九州から離陸しました。
しかし自衛隊機はそのまま消息を絶ちました。
調査の結果、撃墜などではなく、落雷のため墜落したことが確認されたそうで、
機体の一部、並びにパイロットの遺体も発見されたそうです。

しかしこの事件は、同時に起きていた、神奈川県玄倉川でキャンパーが再三の警告にも関わらず、
居残りつづけ、結局激流にのまれた、ドキュソが起こした事件のため、
一般マスコミにでることはありませんでした。

---------------------------------------------------------

769 名前: カワイイ冒険者 投稿日: 2001/03/05(月) 14:11
突然お邪魔します、たぶん既出ではないと思われるのでお尋ねします。
何年か前、井の頭公園だったか、サラリーマンがバラバラ遺体で発見された事件
についてです。
その後、法医学でそこそこ名の知れているらしい人が
「切断は粛々と行われたようだ」とコメントしてたのが印象で・・・
まだ解決されてないですよね?


788 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/03/07(水) 03:38
>>769
すごい近所なのであの当時は震え上がった思い出が。
公園で殺したのではなく遺棄しただけらしいので、
犯人はともかく、夜中に公園の中を通り抜けるときもついつい
「見つかってない部分はまだこのどこかに…」と目で探してしまう。
ああいうのって、いかにも捨てそうな所ではなく、
例えば木の枝とかにひょいってひっかかってたりしてそうで。
あまりにもおおっぴらに置いてあるから気付かない、みたいなさ。

---------------------------------------------------------

930 名前: 1 投稿日: 2001/04/01(日) 10:30
数年前(と言っても結構最近)女子高生を婦女暴行して殺して
ダムだったか池だったかに捨てた男がいたんですが
その年の夏は異常に暑くて、例年水が無くなる事なんてないのに
その年に限って水が干上がってしまい、女子高生の死体が発見され
逮捕に至ったってことがありました。(実話!!)
 それをテレビで見たとき、なんかその女子高生の怨念というか
なにか因果なものを感じました。

---------------------------------------------------------
あとがき
とりあえず俺は生きてます。
ちょっと遅れただけさ

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。