週刊弐式(ry

今年はみんなに明るいことがあればいいな

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実際に体験した事がある身近なSF Part8.1

実際に体験した事がある身近なSF Part8.1

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/10/26(水) 04:12:20
こんな体験したことがあるけど、こりゃーまぎれもなくSFだぜ!!
っていう事を報告するスレッド。
SOW は案外身近にあるのかもしれません。

------------------------------------------------------------

...続きを読む

スポンサーサイト

人類滅亡を扱ったSFおしえ

人類滅亡を扱ったSFおしえ

1 名前:メメくらげ []: 02/01/04 05:54
「渚にて」のように最終的に滅亡してしまうようなSFが読みたいのだが。
「復活の日」のように生き延びるのでも良い。
テッテ的におしえれ。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

...続きを読む


外国の怪獣映画

外国の怪獣映画

1 :モンスターの卵 :2007/03/17(土) 23:07:44 ID://dYJSiL
外国製のモンスター映画、怪獣映画でお勧めのがあったら教えてください。
ちなみに年代は古いやつがいいです。


4 :どこの誰かは知らないけれど :2007/03/17(土) 23:32:19 ID:/aSnPlTE
>>1
DVDが国内で安価に買えるやつだと、
 キング・コング(1933)
 原子怪獣現わる(1953)
 放射能X(1954)

まぁ、さすがにもう品薄かもしれんけどw

---------------------------------------------------------

2 :bonten :2007/03/17(土) 23:16:44 ID:HqjrJrjc
イギリスの『怪獣ゴルゴ』。日活の『大巨獣ガッパ』の元ネタであり。日本と同じ着グルミ製の怪獣映画。
『ゴジラ』の影響を強く受けた作品ながら、ミニチュアワーク、逃げ惑う群集シーンなど、日本の怪獣映画以上の迫力があり、必見。

---------------------------------------------------------

5 :(*´Д`) ◆73WIRNrboA :2007/03/18(日) 01:27:03 ID:ZJDPI9er

コングの復讐を忘れ℡ぞ・・・

(・∀・)


16 :どこの誰かは知らないけれど :2007/06/02(土) 17:19:04 ID:uK131bRv
コングの復讐ってどんな映画?


17 :どこの誰かは知らないけれど :2007/06/02(土) 18:35:08 ID:9YqB3wPE
もう一度あの島へ行ったところ、実はコングの息子がいたって話かな。
内容はよく覚えていないけど、たしか人間に対して友好的だったような。


18 :(*´Д`) ◆73WIRNrboA :2007/06/02(土) 20:25:05 ID:O/bwh0MF
>>16

大まかなあらすじは>>17の説明であってまつYO・・・

主人公が、前作で一緒にコングの島に行った船長と売れない曲芸師の女と3人で、またもコングのいた島へ宝探しのため旅に出る。
そこにいたのは銀色の毛並みをした親とは二回りは小さいコングの息子だった。
3人の前には前作と同じく太古の恐竜が行く手を阻む。
しかし、コングジュニアが体を張って恐竜たちと戦うのだ。(まあコングジュニアの身長に合わせた小さい恐竜とか熊だと記憶している)

しかし突然、島は大爆発を起こす。
沈んでゆく島に取り残されたコングジュニアは島と共に海に沈んでいくのだった。

。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン

---------------------------------------------------------

14 :どこの誰かは知らないけれど :2007/06/02(土) 17:14:30 ID:e/N0jBnX
原始怪獣ドラゴドン
空の大怪獣Q
冷凍凶獣レプティリカスの惨殺
デッドリーマンティス(死の大カマキリ)
ジャイアントビヒモス

---------------------------------------------------------

21 :どこの誰かは知らないけれど :2007/06/16(土) 18:24:26 ID:lwK2U3Pe
「最後の海底巨獣」
癒されるぞう

---------------------------------------------------------

26 :どこの誰かは知らないけれど :2007/06/22(金) 17:18:31 ID:i5882Ydr
大昔に「アトランティスと七つの大陸」って映画をテレビで見たことあるんだが怪獣がたくさん出てきてガキの頃楽しかった記憶がある


27 :どこの誰かは知らないけれど :2007/06/22(金) 18:55:11 ID:q51JPqgZ
↑「アトランティス 七つの海底都市」では?
この映画も楽しい作品ですが、「アトランティス~」とはプロデューサーや監督、主演俳優など
主要スタッフがかぶる「恐竜の島」もチェックしてみてください。私見ですが「名作」です!


34 :どこの誰かは知らないけれど :2007/06/23(土) 02:06:42 ID:27DHHxSZ
>27
「恐竜の島」が名作である事には、なんの異存もないんだけど
良いのは全部怪獣(恐竜)以外のところなんだよね。

---------------------------------------------------------

32 :どこの誰かは知らないけれど :2007/06/23(土) 01:01:29 ID:1mpRnqCt
ヒレを貼り付けたトカゲとワニが戦うやつ何だっけ?


33 :どこの誰かは知らないけれど :2007/06/23(土) 01:33:45 ID:fZLlObGV
>>32
失われた世界(1960 米)監督アーウィン・アレン ←たぶんコレ

---------------------------------------------------------

39 :どこの誰かは知らないけれど :2007/06/28(木) 18:23:52 ID:Pr4L/ttc
映画の歴史上、最初の怪獣がキングコングということでいいのですか?
それ以前に映画に怪獣が登場したことはあるのでしょうか?


40 :どこの誰かは知らないけれど :2007/06/28(木) 20:46:10 ID:gUiFcE5N
何を以て「怪獣」もしくは「怪獣映画」と定するかは難しいところではありますが、

極地征服(1912/仏・監督ジョルジュ・メリエス)の人を喰う巨大な雪魔神。
ジークフリード(1924/独・監督フリッツ・ラング)の巨竜。
ロストワールド(1925/米・監督ハリー・O・ホワイト、モデルアニメ=ウィリス・H・オブライエン)の恐竜達。

これらの作品が、一般的に、最古の「怪獣」もしくは「怪獣映画」と呼ばれているようです。


44 :どこの誰かは知らないけれど :2007/06/28(木) 22:47:08 ID:Pr4L/ttc
>>40
レスありがとうございます
メリエスの映画には「怪獣」のルーツみたいなものが出ていたようですね
現在の怪獣のイメージに近いものは「ロストワールド」の恐竜であるようですね

---------------------------------------------------------

43 :どこの誰かは知らないけれど :2007/06/28(木) 22:44:53 ID:Pr4L/ttc
テレビも映画もない時代は妖怪が現代の怪獣みたいなものだったんだろうな


45 :どこの誰かは知らないけれど :2007/06/29(金) 00:14:51 ID:nB8iXEUm
妖怪は怪獣とはかなり性質が違うような。
妖怪が怪獣的な物理破壊をするようになったのは鬼太郎以来のことで、
昔の民話の妖怪は精神的に怖がらせたり狂わせたりするのが大部分。
物理攻撃は子泣きじじいなど少数派で、ぬりかべも元々の民話では
通せんぼするだけで塗り込めたりはしない。


46 :どこの誰かは知らないけれど :2007/06/29(金) 00:28:55 ID:o4LL7jxk
印旛沼に現れた怪獣が13人を即死させた・・・という与太話があるそうな


47 :どこの誰かは知らないけれど :2007/06/29(金) 01:55:01 ID:w1zGv/Sz
>>45
妖怪と怪獣は性質が違うのはわかるけど、怪異なるもの、物の怪の現代の姿が怪獣なんだと思う
性質の違いは時代性の違いと言えるのではないか?
いつの時代でも人間は怪異なるものの存在を心の底では求めているのだと思う
大昔はそれを妖怪として語り継ぎ、現代においては映画、テレビ等のメディアの中にそれを求める
ということではないだろうか?


48 :どこの誰かは知らないけれど :2007/06/29(金) 08:16:40 ID:PaGMu7Ld
>>47
怪獣とは文字通り「怪しいけもの」であり、ツチノコやネッシーなどの
「未確認動物=UMA」をあらわす。
妖怪は実体も不明な「現象」に対して、名前と性質をつけることで
その現象を「説明」するための「装置」であるという。

ゆえに、怪獣と怪異・妖怪はまったく意味が異なる。
「怪獣」がゴジラのような巨大生物の代名詞に使われるようになったのは
1954年の『水爆大怪獣映画/ゴジラ』および前年の『原子怪獣現わる』
のイメージが強すぎたためと言われている。


49 :どこの誰かは知らないけれど :2007/06/29(金) 13:06:32 ID:mF/X/zmI
>イメージが強すぎたためと言われている。
それ以前は「怪獣」も「妖怪」(というか怪物)のような意味合いだよね
半七捕物帳なんかにも単語は出てくるし

---------------------------------------------------------

52 :どこの誰かは知らないけれど :2007/07/09(月) 18:26:49 ID:/3CHNu1o
フランスやドイツあたりは怪獣映画
作ってないのかな?


55 :どこの誰かは知らないけれど :2007/07/10(火) 00:20:12 ID:Gn5ugrMV
ヨーロッパは何百年前の石造りの教会や家がそのまま
残っているじゃない。あれは地震がないからじゃないか。
大地が揺れないところは大怪獣が現れにくいと思うよ。


56 :どこの誰かは知らないけれど :2007/07/10(火) 07:40:39 ID:K+NRlcwC
たしかに、フランス製やドイツ製の怪獣映画って聞いたことないなー。
フランス映画では「ジェボーダンの獣」(2001)って映画があるけど、これを怪獣映画と呼ぶのはチトつらい…。
イギリス製の怪獣映画は珍しくないんだけどねぇ。


58 :どこの誰かは知らないけれど :2007/07/10(火) 22:25:34 ID:aBCM8ox2
ヨーロッパはファンタジーのドラゴンに馴染みが深くてゴジラのような日本的な怪獣映画はあんまりピンとこないんじゃないかな?
イギリスのゴルゴは例外みたいだけど

---------------------------------------------------------

61 :どこの誰かは知らないけれど :2007/07/11(水) 14:29:16 ID:lNitpzY1
比較的最近の映画だがロックネスは
「実はネス湖にはネッシーのほかに真・ネッシーが居まして…」
という話でなかなか面白かった

---------------------------------------------------------

75 :どこの誰かは知らないけれど :2007/07/16(月) 08:11:42 ID:VYJwZPTC
恐竜映画で好きなのは「恐竜グワンジ」
ガキの頃見たときはストップモーションアニメなんて知らなかったから、本物の恐竜だと思いこんでビビってた
なぜ絶滅したはずの恐竜が映画に出ていたのか不思議で1ヶ月くらい悩んでたなあw


76 :どこの誰かは知らないけれど :2007/07/16(月) 09:35:32 ID:9KlCyGrf
>>75
恐竜グワンジ・・・・
続・猿の惑星にも出たジェームス・フランシスカス(ブルース・リーとTVで共演した事もある)が主演。
ラストあたりでグワンジにやられてしまう象がかわいそうでした(金星竜イーマにも象はやられてしまう)


77 :どこの誰かは知らないけれど :2007/07/16(月) 15:23:01 ID:VYJwZPTC
象より強い、っていうのが昔の海外の怪獣の強さ基準だったんだろうなあ

---------------------------------------------------------

101 :どこの誰かは知らないけれど :2007/07/23(月) 17:46:05 ID:nBitCdz4
「吸血怪獣ヒルゴンの猛襲」
つまんないらしいけどなんか見てみたい


102 :どこの誰かは知らないけれど :2007/07/23(月) 22:45:40 ID:IHBEguI0
確かお持ち帰りする奴じゃなかったっけ?>ヒルゴン


103 :どこの誰かは知らないけれど :2007/07/23(月) 22:57:16 ID:nBitCdz4
>>102
おもち帰りというと?


104 :どこの誰かは知らないけれど :2007/07/23(月) 23:01:53 ID:Nc0SZhVp
何言ってんだよ。メチャクチャ面白いじゃん、ヒルゴン。 とっても笑えるんだから。


105 :どこの誰かは知らないけれど :2007/07/23(月) 23:31:18 ID:IHBEguI0
>>103
人間を捕えて巣にお持ち帰り。

なんかの本に書いてあった。

---------------------------------------------------------

117 :どこの誰かは知らないけれど :2007/07/27(金) 23:35:19 ID:G+actBGm
「原子怪獣と裸女」に騙されたのが懐かしい
怪獣というより怪人だし
てゆーか裸女出ねーし

---------------------------------------------------------

150 :どこの誰かは知らないけれど :2007/08/14(火) 18:22:39 ID:gZuLdO8K
サンダーバード6号と同時上映された
大怪獣メギラ

巨大なカタツムリの怪獣が暴れる作品
見てみたいなぁ。


151 :どこの誰かは知らないけれど :2007/08/16(木) 00:58:04 ID:krCu0j8r
カタツムリと言われてもゴーガしか思いつかない

原題とrapidshareでググると出てくるぞ


152 :どこの誰かは知らないけれど :2007/08/16(木) 01:56:19 ID:R5iHp1Uo
http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/B00005K3O9/jphogansocie
海外でDVD化されていました。

The Monster That Challenged the World

「大怪獣出現」という邦題の方が有名な模様ですね。


153 :どこの誰かは知らないけれど :2007/08/16(木) 11:10:41 ID:n39eNI0P
あれはカタツムリだったのか!!!!


154 :どこの誰かは知らないけれど :2007/08/16(木) 14:28:28 ID:0APBXlWw
人間を襲撃した後、カラに戻るんだよね。
原題の直訳は「世界に挑戦した怪物」か。大げさだなあw


155 :どこの誰かは知らないけれど :2007/08/16(木) 18:07:29 ID:hzX58jBO
カラがスゲェちっさいのな。 胴体の大きさの割りに。
 しかし、海から現れたのに、カタツムリなのか?


156 :どこの誰かは知らないけれど :2007/08/16(木) 20:29:47 ID:L6+WhnWT
ナメゴンなら海に入ったら溶けるんだがな
カタツムリはナメクジじゃないから塩水は平気と言う理屈か?

---------------------------------------------------------

178 :どこの誰かは知らないけれど :2007/08/31(金) 12:17:50 ID:GRHKbD27
特撮シーンは円谷だが、香港版キングコング映画
「北京原人の逆襲」
は面白かった
特撮は安心して見れるし、エロシーン満載のなんちゃてストーリーもいいと思うが

---------------------------------------------------------

188 :どこの誰かは知らないけれど :2007/09/06(木) 13:43:40 ID:r5wI5Ids
こんなのが観れる時代になったんだなぁ…
http://www.alann.net/forward/index01.html


189 :どこの誰かは知らないけれど :2007/09/06(木) 20:12:50 ID:Rz4di5Q6
>>188
何本か購入したよ、マニア向けセレクションゆえに発売数が少ないのか
販売してる店が少ないんだよねえ。

旧ソ連製SF映画「火を噴く惑星」の改訂版の「原始惑星への旅」を
出してくれたのなら、もう一本の改訂版「金星怪獣の襲撃」も出して
ほしいよね。

「地球最終戦争」はジャケットの雰囲気からイタリア版「宇宙大戦争」?
と思えるけど、実体は・・・・・だね。

---------------------------------------------------------

197 :どこの誰かは知らないけれど :2007/09/10(月) 11:54:56 ID:vW+BxXr6
厳密には外国で制作した巨大怪獣モノは殆どないみたいだな。
折れNOVAの生徒なんだけど講師に「Gigantic Monster?」と聞いてみても
キングコングや恐竜モノ以外に思いつかないと言ってた。


198 :どこの誰かは知らないけれど :2007/09/10(月) 16:48:43 ID:6HLtwA/W
何を基準にしているのやら。
NOVAの講師がたまたま怪獣ヲタだったら、驚き桃の木ですがな。


205 :どこの誰かは知らないけれど :2007/09/12(水) 22:12:27 ID:aXCgAWE6
>>197
巨大怪獣というか巨大モンスター物ならそれこそ腐るほど有る訳だが。


208 :どこの誰かは知らないけれど :2007/09/13(木) 11:52:09 ID:08eVU3Kk
外国で作られる怪獣映画の怪獣は所謂巨大生物が多いからねえ。
日本の怪獣のように熱線や光線を発射したり、マッハの速度で
飛行したりする奴は少ないでしょ?あと通常兵器が通用しない
とかね。エメリッヒ版ゴジラにしてもデザイン以上に戦闘機の
攻撃で死んじゃう辺りに日本のファンの多くは嫌気を感じた
みたいだもんね。


209 :どこの誰かは知らないけれど :2007/09/13(木) 13:43:04 ID:JQNgYQeL
あんまり海外のB級以下の映画を知らないんだね…


210 :どこの誰かは知らないけれど :2007/09/13(木) 23:54:33 ID:K4u3q1G3
>>209
よほどの好き者じゃないと海外のB級以下の映画なんて普通は興味持たないからw

俺は大好きだけどなw

---------------------------------------------------------

213 :どこの誰かは知らないけれど :2007/09/14(金) 18:21:04 ID:AD9iL7Rh
ペギラのようなダサいような、かつ、恰好いいデザインの怪獣ありません?


214 :どこの誰かは知らないけれど :2007/09/14(金) 20:28:17 ID:c5wOAVap
>>213
「ダサ格好いい」という分野でアメリカに敵う者はないぜ!
「ペギラのような」という条件に当てはまるかどうか微妙だが
金星ガニとかロボットモンスターとかコウモリグモなんかは凄く魅力的だぞ

---------------------------------------------------------

221 :どこの誰かは知らないけれど :2007/09/18(火) 02:04:37 ID:jnod3/ZU
スカパーのホラーTVで「吸血怪獣ヒルゴンの猛襲」を見た。(放映題は「巨大ヒルの襲撃」)
なんか、怪獣映画っていうより、害虫駆除映画って風情の作品だったよ。
でっかいヒルが出て来て人を襲って困るので、村の有志が退治しておきました、んじゃ…ってな感じで終わっちゃった。
外国の怪獣映画には、こんな感じのローカル・ニュースみたいな内容&スケールの作品が多い、っていう印象があるよ。


222 :どこの誰かは知らないけれど :2007/09/19(水) 22:16:59 ID:NaGeAvZu
>>221
>ローカル・ニュースみたいな内容&スケールの作品が多い

なかなかうまいこと言うねえ。まさにその通りだね。

---------------------------------------------------------

あとがき
あの寄生虫に寄生されたカタツムリが巨大化したら
相当怖いと思う。

---------------------------------------------------------

SF的すごい死に方・殺し方

SF的すごい死に方・殺し方

1 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/17(火) 20:57:29
理論上はありえても物理的にありえない死に方とか(笑)

例えばブラックホールに落ちた人は一瞬で何キロもの原子の糸状になるとか(笑)

---------------------------------------------------------

8 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/17(火) 23:09:31
グレッグ・ベアの「天空の殺戮」の中で出てくたが、反物質になって死
ぬのは嫌だな。反物質に変わったがゆえ、人体にも色々悪影響が出て辛
そうだったし、自分自身が敵の武器になってしまうという空しさ。

---------------------------------------------------------

9 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/17(火) 23:20:20
「スター・ウォーズ」に出て来るサルラックは、
「千年かけて獲物を消化する」とかいう脅し文句があったけど、
その前に数日で餓死するだろ。


10 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/17(火) 23:27:58
>>9
その前に窒息死しないか?


11 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/17(火) 23:31:24
>9
強制的に生かしておいて、じわじわ消化していく、とかだとイヤだな。

---------------------------------------------------------

12 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/17(火) 23:36:26
転送機がらみとか嫌だな。
なんかと融合しちゃったり、体が四次元的に裏返しになっちゃったり、
行方不明になったままま永遠に亜空間をさまよったり…


13 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/17(火) 23:48:45
>>12
ハエが混じったり?


16 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/18(水) 13:13:00
>>12
猫が混じったり?


20 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/19(木) 03:01:20
>>16
萌え死ぬ

---------------------------------------------------------

21 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/19(木) 06:33:12
改造手術中に死ぬのがオツ


24 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/19(木) 15:32:21
>>21
改造じゃないが、「レインボーマン」に、死ね死ね団の団員(全員外人)を
日本人に化けさせる変身マシンが出て来た。
訓練が足りないと、なぜか全身黒こげになって死ぬ。
その様子をみて尻込みしたりすると、粛正されちゃう。
子供心に、どっちもヤな死に方だと思ったもんだ。

---------------------------------------------------------

30 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/20(金) 18:05:48
ミクロ化して進入した体内で、白血球に食われるってのもヤだな。

---------------------------------------------------------

31 :B@a :2007/04/20(金) 21:54:24
なんかB級ハリウッド映画で「ライブワイヤー」ってのが5~6年前の深夜放送されてた気が。
見た目は無色透明だが、人間が飲み干すと体内の水分と化学反応して1分後に爆裂する
薬剤を(Pang!)

---------------------------------------------------------

38 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/20(金) 23:53:29
北斗の拳のヒデブとか

---------------------------------------------------------

47 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/21(土) 09:26:03
死んでも瞬時に生き返る人が電車に轢かれる。
車輪に巻き込まれ、ちぎれてはくっつき、ちぎれてはくっつき。
星新一だったかな?


48 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/21(土) 12:32:45
>>47
それで開かずの踏切だったら嫌だね。

---------------------------------------------------------

64 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/23(月) 19:13:43
“世界の定説”通り、体温が0℃になるまで死んでない。
くさっても干からびても死んでない。
そんな状態で意識があったら、嫌だなぁ。


65 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/23(月) 21:08:26
>>64
意識がなくなるかどうかは死んでみなくちゃわからないじゃないか。
実際は火葬にされても骨だけになっても意識が残ってるかも知れないぞ。
…それで壷に入ってずうううっとお墓の中だったら嫌だなあ。

---------------------------------------------------------

84 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/05/28(月) 12:17:09
SF的かは微妙だが、すごい死に方リスト

・ゴミ集積場に落ちてメタンガスで窒息死             
・エレベーター天井で圧迫死
・冷凍マグロ切断機で事故死                    
・ゴミ収集車の圧縮鉄板で圧迫死
・高階層エレベーター上下実験中に落下死            
・溶けた鉄を浴びて焼死
・チョコレートのタンクに落ちて溺死                 
・スズメバチの大群に全身200ヵ所以上刺されショック死
・沸騰した水酸化ナトリウムを浴びて死亡             
・臨界で放射能を浴びて数週間後に内臓出血で死亡
・プレス機にプレスされ出血多量死                 
・木材を切断の製材機にまきこまれ死亡
・おがくずのサイロに落ちて窒息死                 
・タイヤ交換中破裂、風圧で頭部吹き飛ばされ即死
・製麺機で巻き込まれ圧死                      
・鮭を切り身にする機械に巻き込まれて死亡
・コイル切断機(重さ約三トン)の刃に頭を挟まれ死亡      
・塩酸タンクの上を歩行中、足場が破れて転落、死亡
・ダンボール粉砕機に巻き込まれ死亡               
・50度の油タンクの中に沈んで死亡
・ローラーに腕から巻き込まれ、胸を圧迫されて死亡       
・ジェットコースターに髪引っぱられ、墜落死
・あめ練り混ぜる機械に頭挟まれ即死               
・伐採中チェーンソーで自分のクビ切断、即死
・エレベーター式供給機と鉄製の横枠に挟まれ死亡       
・バンパー成形用プレス機に上半身を挟まれて死亡
・重さ約4トンのロール紙に挟まれ死亡              
・落下してきた200トンの鉄塊に潰され死亡
・養豚場のし尿処理施設の排水溝で社長が窒息死

---------------------------------------------------------

96 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/06/10(日) 01:59:56
筒井だったか、加速剤で素早く動ける(周りが遅く見える)のは良いが
車に轢かれるときもゆっくりゆっくり、苦痛を味わいながら死んでいくってネタがあったな


97 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/06/10(日) 23:58:20
ああ、車道で寝てしまったんだったっけ。あまりに世の中の動きが鈍くて退屈して。
でも、近づいてきた時点で、寝返りうてば逃げられる程度の動きでしかなかったはずだが。


98 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/06/11(月) 23:21:52
あれだ、だんだん茹だって来る湯の中で、カエルが死ぬみたいなもんだろう。

---------------------------------------------------------

105 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/08/03(金) 18:37:27
やっぱり転送が怖いな。元ネタはアニメなんだけど
人間は粒子で書き表せることが出来るが不可逆なものであるからコピーなどは出来ない。
だけどその粒子のデータを移動させ人間を違う場所に転送することは出来る。
人のデータとは記憶や一般常識など多岐に渡り膨大な量であるので
転送するたびに少しエラーが起こり、記憶が少しずつ欠損していく。
そして最後には自分を保てなくなる。
それを分かった上で転送して戦い続けなきゃってとこがな…

---------------------------------------------------------

106 :sage :2007/08/04(土) 01:04:38
既出&スレチだったらごめそ、会社の教育で聞いた話。

プラスチック破砕機にまきこまれて体の端から順に木っ端微塵。

遺族に「遺体を返してくれ」と迫られた会社側、
みんなでミンチ状態の被害者を回収。
人間の形した型にそれを収めてなんとか許しを得たらしい。

---------------------------------------------------------

117 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/08/04(土) 21:21:46
タイムマシンで過去に旅行中、そうとは知らずに自分の祖先を殺してしまい、
誰にも気付かれぬまま、「いなかったこと」になる。

---------------------------------------------------------

119 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/08/04(土) 22:31:28
SFといえば、宇宙船で航行中の空調系トラブルも怖いよなー

残り少ない酸素を奪い合って、血みどろの殺しあいを繰り広げた挙句、
最後の一人は引き出しに頭を突っ込んで息絶えてたりとか。

---------------------------------------------------------

140 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/08/09(木) 23:22:33
http://x51.org/x/05/02/0506.php

お葬式の参列中、冷凍ウンコで頭蓋骨貫通なら泣けない。

---------------------------------------------------------

あとがき
ん~、特に何もなし
---------------------------------------------------------

巨大な怪獣や動物に飲み込まれるシーン

巨大な怪獣や動物に飲み込まれるシーン

1 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/04/23(日) 23:50:24
怪獣や鯨などの巨大な怪獣や動物に飲み込まれるシーンに
ゾクゾウ(ワクワク)しちゃうスレです
飲み込まれた後の胃や腸の中のシーンも歓迎
小説やアニメや特撮のシーンがあれば報告よろしく

---------------------------------------------------------

10 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/04/24(月) 21:29:44
外人さんのサイト。
ttp://www.vore.net/rodent/mpgs/
ttp://www.darklands.cx/~kodisoa/index.html

---------------------------------------------------------

17 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/04/27(木) 22:55:28
グリードは…(以下ネタバレ)
500人食い放題!とかいうCMでワクワク(・∀・)しながら観てみたら
船室に500人分の食べかすがあっただけ('A`)
最後のでっけぇ奴に喰われて欲しかった

---------------------------------------------------------

28 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/05/04(木) 14:54:07
映画「アナコンダ」で人間を丸呑みにしたアナコンダのお腹辺りが人間の形になってて、
お腹の皮からうっすら人間の顔とかが分かる・・・ってアレもアリだよね

---------------------------------------------------------

83 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/05/31(水) 20:20:20
魚の世界では、否応無く大きいのに小さいのが呑まれる。
人間が5cmくらいしかなくて、ダイビングしていたら、すぐに胃袋の中だな。
サメの胃酸は強力らしい・・・

---------------------------------------------------------

108 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/06/25(日) 00:08:50
そういやレナスっていうRPGで、ドラゴンのケツの穴から体内に侵入して
ゲロと一緒に吐き出されるダンジョンがあったなw
地形は一応消化管の形をしているものの、
グラフィックが普通の洞窟っぽいのが残念。


111 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/06/27(火) 01:16:26
>>108
すごいなそれw
2DCGの頃は体内ダンジョンて結構あったね。
メガテンだと、
・Ⅱでザラタン(亀?)に海で飲み込まれたり
・ifでオーカス(豚?)にご飯と一緒に食べられたり
・真Ⅱでアバドンに吸い込まれたり
と喰われすぎ。消化液=ダメージゾーンてのが痛いけど良かった。

---------------------------------------------------------

131 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/07/18(火) 02:39:30
ガイシュツだろうけどワニの腹の中の映像。もっと奥が見たい
http://www.voravision.net/index.php?action=showclip&id=339

画像クリックで動画が落ちてくる。
寄生虫とか苦手な人は見ないほうがいいかも

---------------------------------------------------------

135 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/07/24(月) 02:26:41
直接食われるシーンは無いが、「ウルトラマンレオ」で怪獣に基地ごと
地球防衛チームが食われちまう描写があったな。その時の隊員たちの
悲鳴と表情はトラウマもの。

---------------------------------------------------------

159 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/08/06(日) 22:07:10
クジラに丸呑みしてもらう為にはどうすればいいだろう?
もし病気とかで死期が迫るようなことになった時は、どうせなら
そのまま病死するよりも是非クジラに丸呑みされて消化されて死にたいものだ。


160 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/08/07(月) 02:30:07
正直鯨の中ってアニメとかでしか見たことないから実際どうなってるのか分からない。

あんだけ大量の魚呑みこんでどうやって消化するのやら。



161 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/08/07(月) 02:40:55
そんでクジラについて調べたらHPでこんなのが載ってた。


知識:体内冒険
クジラの出てくる物語と言えばピノキオがあります。
あの話の中ではクジラに飲み込まれたピノキオ達は体内を冒険して帰還しますが、普通に考えたら胃液で溶かされてしまいます。
では、胃液にも耐えることの出来るカプセルを使って体内冒険が出来ないか?と考えたりするワケですが、残念ながらその冒険は一番最初の処で断念しなくてはいけません。
実は、あれだけ巨体のクジラは何でも飲み込んでしまいそうに見えるのですが、実際の処ノドはかなり細く人間が通るどころか、餌のオキアミや小エビを吸い込む程度の細さしかないそうです。


162 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/08/07(月) 22:37:04
ザトウクジラは魚の群れを泡で追い込んで、一気に丸呑みにする。
喉の大きさは種類によるのかも・・・


166 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/08/14(月) 22:03:15
>>161
アニサキスの成虫がいっぱい...。
(目黒寄生虫博物館のガイドブックより。)

---------------------------------------------------------

210 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/09/08(金) 00:15:40
羊を丸飲みのニシキヘビ、動けなくなり御用
http://image.infoseek.co.jp/news/photos/reuters/2006-09-06T195143Z_01_NOOTR_RTRJONP_2_JAPAN-227391-1-pic0.jpg

マレーシアの首都クアラルンプールから東に約200キロ離れた村で5日、羊を丸飲みした大きなニシキヘビが路上に現れた。
現地紙によると、体長6メートルのこのヘビは、お腹が膨らみ過ぎて動けなくなっており、消防隊員らによって簡単に捕獲されたという。

---------------------------------------------------------

265 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/10/01(日) 18:32:31
オオナマズっていうのもアリかな。
http://big_game.at.infoseek.co.jp/catfish/catfish.html

このページの一番下の一行が逆だと思ったw

---------------------------------------------------------

301 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/10/09(月) 03:48:27
ここ行けばいっぱいあるよ
http://www.gapingmaws.com/

---------------------------------------------------------

352 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/10/27(金) 15:41:20
http://blog.livedoor.jp/parumo_zaeega/archives/50270251.html
ペリカンがハトを丸呑みに。
飲み込む過程は撮られてないが、口の中で弄ばれる様子がナイス。
頭から飲み込まないと喉に詰まるために何度も咥えなおされる。
出してくれーとハトが抵抗しているようにも見える。

ペリカンに飲み込まれるのも悪くないね(*´д`)

---------------------------------------------------------

478 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/02/06(火) 11:04:00
http://www.nhk.or.jp/darwin/program/program040.html

口を目いっぱい開けると、ジャンボジェット機がそのまま入るくらい開くらしい。
中に入って遊びたい(*´д`)


479 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/02/06(火) 22:08:50
>>478
実は6~7年前の古いBigGulpユーザーが昔それを実践した人がいるのはご存知かな。
ボンベとか懐中電灯とかいろいろ準備してオキアミの群れの中に飛び込んで
本当にヒゲクジラの口の中に忍び込んだ人の話。
実際にヒゲクジラの口の中に入ってすぐ懐中電灯をつけて口の中を照らしてみると
オキアミだらけで何も見えなかったらしい。
人間を飲み込めるほど食道は太くないことを知ってても
あまりに激しい水流と舌の圧力と上下の感覚がまったく分からない恐怖があって
口の端にずっとしがみついてるしかなかったという。
オキアミがほとんど飲み込まれると口の中の異物を感じたのか
口を何度も開閉して取り出そうとするが、クジラは起用なことができず吐き出せない事も判明。
(飲み込みきれなかった口内のオキアミが意外に多い事も判明。)
その時にようやく視界がまともになって喉の奥の様子を懐中電灯で照らして
本当に間近でクジラの喉を見れたそうです。
聞いたとおり大人の人間の腕が入るくらい細い喉でした、とのこと。
最後は異物を吐き出そうと下を向いて口を開閉してる時に急いで抜け出したそうです。


480 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/02/09(金) 07:31:28
>>479
へぇ~ そんな事も出来るんだぁ
本当にやってみたいなぁ

マッコウクジラとかジンベイザメだったら
胃の中まで入れるのかなw


481 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/02/09(金) 13:11:48
ジンベイザメは噛まれても痛くないから頭突っ込むくらいのことはできるけど
人間サイズの獲物は飲み込んではくれませんです。
マッコウクジラとかはダイオウイカも丸呑みにできるから可能だろうけど
噛む力はかなりあるのでとてもとても痛いです。


485 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/02/10(土) 23:33:57
オキアミとか小魚とかの小さい獲物を大量摂取する海の大型動物の食道ってのは
極端に細いので人間が通過するのはほぼ不可、NG。
最大級のシロナガスクジラの食道も太いもので人間の頭がはいるくらい。
伸縮性は皆無じゃないからなんともいえないけど。
歯クジラなら人間を丸呑みにできるけどまず噛み砕かれちゃうのでNG。
無傷で胃の中に入れるチャンスがあるとしたら、浜辺に打ち上げられて弱っている歯クジラくらい。

でもどうせ胃の中に入るのなら、変温の魚類より哺乳類のクジラ系がいいな。
恒温動物だからたぶんものすごくあったかいだろうし。

---------------------------------------------------------

489 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/02/14(水) 01:12:19
クジラとか海洋生物とかどうかはともかく、陸上生物でも何でも胃の中って実際に臭いのかな?


490 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/02/14(水) 02:15:38
草食の胃の中の臭いならまだ耐えられるけど、肉食の胃の中の臭いはヤバいです。ホント。

胃液はすっぱい臭いとかよく言われるけど、実は胃液も唾液も本来は無臭の液体。
ただ少しでも空気に触れると臭いが発生するので結果胃の中もくさくなる。
胃の中にも空気はあるので、そん中に長時間消化液を溜め込んでいれば更にくさくなる。
特に野生の動物は消化液の中の細菌が多かったりするので腐敗臭も混ざってます。

まさに死の香りといったところ

---------------------------------------------------------

501 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/02/26(月) 17:17:25
ゲームの話題。あんまり出てないようだし、紹介してもいいよな?
有名どころもあるが

・Splash Down(PS2)

水上モーターボートのレースゲーム。
コ^スから外れて自由気ままに走っていると
突然水中から巨大クジラの手らしきものが現れ、引きずりこまれた上で
コース内に投げ戻される
丸呑みされるわけではないが、突然水中からあらわれる手は迫力あった

・バイオハザード4
湖に向けて、銃を乱射しているととつぜん巨大生物が水中からあらわれ
丸呑みにされる。
その動画ではないんだが、一応、関連映像
http://www.youtube.com/watch?v=itz8tAihpv4

・ワンダと巨像

有名な作品なので、知ってる人も多いだろうが、まぁ巨大な敵と戦うゲーム
巨大さというか、重厚感の表現はすごい

このスレ向きには、7体目と10体目の巨像がいい

7体目は巨大ウナギ。
湖面で思うように動けないプレイヤーに
水中から巨大な影がグングン迫ってくる構図はたまらんものがある
どんなに攻撃を食らっても丸呑みされないのが残念。
タイムアタックなので、時間は短いが、いちおう動画
http://www.youtube.com/watch?v=9jRLoKwLCJw

10体目は砂漠の竜、
馬に乗って逃げても、グングン追いつかれる、そのスピードは圧巻
こちらは一応、プレイヤーを丸呑みにしようとしてくる
http://www.youtube.com/watch?v=Gxafi97j4bQ

・大神(ps2)

主人公が狼の、人気作なんだが、巨大な水竜が現れるシーンが2度ある

一度目は、突然水中からあらわれた竜にのまれ、砂浜に放り出される
迫力あるシーン
二度目は自分から、寝ている水竜のなかに飛び込み
体内で腸を刺激したりと、一寸法師的な冒険をする。面白いがあんまり迫力はない

・God of War(ps2)

最初の水上でのボス戦だが、巨大なヒドラにのまれるシーンがある
大変こわい。というか初めて遊んだときガクブル
一番のオススメか

まぁ知ってたらすまんかったな

---------------------------------------------------------

532 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/03/12(月) 01:22:50
もう誰かが挙げてるだろうけど、
デビッド・リンチ版の「デューン砂の惑星」の
サンドウォームがハルコネン男爵飲み込むシーンは良かったです。


533 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/03/12(月) 21:56:13
>532
これも砂虫らしいが・・・・
Children of Dune とはTVシリーズか何かだろうか・・・
http://www.darklands.cx/~kodisoa/video20030405.html


---------------------------------------------------------

537 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/03/14(水) 19:11:59
洋物アニメで、龍の体の中を探検するシーン。結構よく出来てる
Xiaolin Showdown - 20.2
http://www.youtube.com/watch?v=JlU3QJb1cXg


539 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/03/14(水) 23:54:54
>>537
汗腺から出るってのは新しいなw

洋物アニメで思い出したけれどこれの3:10位からの表現が凄い
http://www.youtube.com/watch?v=_3AbAJjPfqc

---------------------------------------------------------

542 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/03/17(土) 04:24:44
この前のNHK教育の『地球ドラマチック』で、カバに襲われて上半身飲み込まれた人の話あったよ。


543 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/03/17(土) 09:03:16
カバって口が大きいだけに、アニメとしてはあり得るのだけど、
リアルだと、草食動物だけに意外。


544 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/03/17(土) 21:04:52
>>543
便宜上は草食だけど、カバは普通に肉も食べるよ。

---------------------------------------------------------

582 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/08(日) 11:48:53
捕食が丸呑み式なのは、水中が多いな。
地上は鳥や爬虫類、両生類位だな。
あとは、ほとんどが噛んで捕食する


583 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/08(日) 13:06:57
アリクイとかはどうだろう
あとモグラってミミズ喰うとき噛むっけ?


584 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/08(日) 14:30:34
爬虫類と両生類はよく噛んで咀嚼できる作りの顎を持つのはいない
爬虫類は喉の伸縮性がいいから丸呑みできるものは基本的に丸呑み

あと哺乳類のかの唾液とかの粘液はやんわりとしてるけど爬虫類の粘液はすごく固め
全身に塗されながら丸呑みにしてやればかなり自由を奪うから
元気なエサであっても胃の中じゃほとんど抵抗できないと思う

・・ので爬虫類に飲まれたいハァハァ


585 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/04/09(月) 05:32:50
>>583
噛んでミミズ体内の泥を押し出しながら食う

---------------------------------------------------------

617 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2007/05/06(日) 23:33:06
新しいキングコングにこんなシーンがあるらしい。
http://www.youtube.com/watch?v=f9NzYbNserw&mode=related&search=

---------------------------------------------------------

あとがき
あとこれね
http://www.vore.net/missing.html

スレのローカルルールがあるようなので、書き込もうというひとは十分注意。

---------------------------------------------------------

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。